TOP > ミリオンライブ! > 【グリマス】響「最近、貴音が冷たい…」【復興委員会】

【グリマス】響「最近、貴音が冷たい…」【復興委員会】

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 22:33:50.95 ID:8MclSJpPo

グリP「なんだ?やぶからぼうに…」

響「シアター組が765に来てから貴音、自分と遊んでくれなくなった」

グリP「ああ見えて貴音は面倒見がいいからなぁ…新人が沢山いるから、まあそんな事もあるだろうさ」

響「そんな訳だからプロデューサーも手伝ってよ!」

グリP「…何を?」

響「新人イビリさー!」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 22:41:46.54 ID:8MclSJpPo

グリP「し、新人イビリだと…響!そんなのオレは許さんぞ!」

響「大丈夫!軽く世間の厳しさを深く刻み込むだけだから」

グリP「みんな仲がいいのが売りのウチの事務所に波風立てんな!」

響「大体、トップアイドルになるならこれくらいの障害、簡単に乗り越えられるはずさー。961プロなんか通勤初日で新人アイドルにチョーク黒板消しトラップ仕掛けるんだから」

グリP「よそはよそだ!」

響「とにかく、もう決めたの!」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 22:48:44.71 ID:8MclSJpPo

事務所 談話室
キャハハウフフ

グリP「貴音、すごい打ち解けてるな…」

ギリギリギリギリ

グリP「響…アイドルなんだから歯軋りは止めなさい…」

響「憎い!痛い!なんだこのどす黒い感情は!」

グリP「嫉妬だろ」

響「プロデューサー…いきなり英語で大便宣言か?トイレはあっちだぞ」

グリP「今日の響はいつも以上にめんどくさい…」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 22:57:40.78 ID:8MclSJpPo

エミリー『貴音お姉様は、幼少の頃どのようなお稽古事をされていらっしゃっていたのですか?』

グリP「なんだかエミリーが一番懐いてるなぁ…やっぱり和のテイストが強いからかな?」

ギリギリギリギリ

響「貴音に…貴音にお姉様とか…カマトトぶりやがってあのエゲレス野郎がぁ…」

グリP「響…野郎ちがうから、あと言葉悪いぞ」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 23:07:44.76 ID:8MclSJpPo

響「だけど貴音は教えてくれないぞ、エミリー…残念!」

グリP「確かに…貴音は何でも秘密だからなぁ」

貴音『そうですね…お稽古事とは違いますが、武芸、読み書き、算盤等大抵の事はじいやから教えて頂きました』

グリP&響 エエエエエエエエエエエ(゚Д゚)エエエエエエエエエエ!

グリP「意外にもちゃんと答えたぞ…」

響「エック、ヒック、貴音ぇ…なんでなのさ…」

グリP「うわ!マジ泣きだぁ…」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 23:17:48.03 ID:8MclSJpPo

響「な、自分、泣いてなんかないさー、これは目からシークヮーサーがこぼれただけなんだからね!」

グリP「それはなにより」

サワサワサワ

ひなた『はぇ~、それにしても貴音姉さまはなぜにこだら髪さきれいさ?なんかしとるんけ?』

グリP「貴音の髪は確かに綺麗だよなぁ…ん?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

響「あ、の、田舎蕎麦林檎ぉ!私の貴音の髪になにをしおるんかゴラァ!」

グリP「なにその新メニュー」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 23:27:11.15 ID:8MclSJpPo

貴音『ふふふ、ひなたの髪もちゃんと櫛で手入れをすればもっと良くなりますよ。』

ひなた『はぁ~なんだか気持ちよくって、田舎のばあちゃん思い出したよ、貴音姉さま、ありがとな』

ギリギリギリギリ
響「ドキヤガレイナカイモ…ソコハワタシノバショダ…ハイジョハイジョ、ケサナキャジャガイモケサナキャ」

グリP「もしもし、ひなたの寮の寮長さんですか?今夜から警備の増強お願いします。」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 23:32:25.58 ID:8MclSJpPo

響「安心して、プロデューサー、ひなたの寮には迷惑かけないから!」

グリP「できれば俺にも迷惑かけるなよ」

まつり『ほ…』

貴音『ほ?』

まつり『ほ?!』

貴音『ほ!ほ!』

グリP「なにか始まった…」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 23:36:34.15 ID:8MclSJpPo

まつり『ほ?ほ?』

貴音『…ほ…ほ!ほ…』

まつり『ほ!ほぁ!ほー!ほー!』

貴音『ほー!ほー!ほ!ほぁ!ほー!』

貴音&まつり『ほぁ!ほぁ!ほー!ほ!ほぁ!ほー!ほ!!』

グリP「ほ!がゲシュタルト崩壊しちゃうよ」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 23:42:01.26 ID:8MclSJpPo

響「貴音…なんで…あんな奴と…」ツツー

グリP「わ!血の涙なんて初めて見た!」

響「プロデューサー…これは涙じゃ無いってば。今日はあの日だから経血がちょっと漏れちゃっただけさー。」

グリP「なら目にウィスパーウルトラスリム夜用でも貼って寝てこい!」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 23:52:20.43 ID:8MclSJpPo

ありさ『ムフフ、貴音さんのいい角度発見!』パシャパシャパシャ

カメラマン『貴音さーん、キャーかわいい!否!美しーい!こっち見て!流し目で!あ…一枚いいですか?』パシャパシャパシャパシャパシャ

ありさ『秘技回転シャッター乱舞六連!』

カメラマン『もう一枚、いいですか?OK?覚悟はできてるか?俺はできてる…』パシャパシャパシャパシャパシャパシャ

グリP「悪用させないために、後でありさのカメラ没収しなきゃならんなぁ…あれ?響がいない?」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 23:59:44.77 ID:8MclSJpPo

響「あの…松田ありささん、ちょっといいかな?」

ありさ「やや!アナタは765プロの切り込み隊長、我那覇響さん!どうかしたんでしゅか?なんだか顔中から血ぃがででいますが?」

響「これは元からさー!完璧な自分はこれくらい朝飯前さー!」

ありさ「確かに朝飯前にはこの世にいない気がしましゅ、して用事とは?」

響「これを…」ピラ

ありさ「こ、こりは?通帳」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 00:06:36.55 ID:KPIO3sAeo

響「ありさ、私の全財産をあげる。だから…そのカメラの…データを私にちょうだい!」

ありさ「しょえー!?何を言っているんでしゅか!サラリーマンのちょっとした年収くらいあるじゃないでしゅか!」

響「足らないのか!この強欲ゴキブリツインテールめ!仕方ない、プロデューサーが組んでくれた定期預金も崩すよ。」

ありさ「しぇぇぇ!なんだか変な事言ってましゅ!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 00:16:24.43 ID:KPIO3sAeo

貴音「響…」

響「あ…貴音」

パシーンッ

響「…え?」

エミリー「お姉様が…」

ひなた「我那覇さんの…」

まつり「頬…」

ありさ「を叩いた!?」

カメラマン(しまった…シャッターチャンスだったのに…)


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 00:24:42.06 ID:KPIO3sAeo

響「た、貴音…なんで…」

貴音「響…目を覚ましなさい。」

響「ほぇ?」

貴音「響…貴女は私が最近冷たくしていると、そう言ったそうですね」

響「…」

貴音「違うでしょう?響…貴女が私を避けていたのではないですか!」

ありさ(ナ、ナンダッテーって言いたいでしゅが、そんな空気ではないでしゅ…)


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 00:32:07.50 ID:KPIO3sAeo

貴音「響、この数ヶ月間どれだけ私が心寂しかったか、わかりますか?」

響「た、貴音ぇ…だって、だって貴音がみんなと急に仲良くなって…遠くにいっちゃったみたいで」

貴音「響…私はいつだって貴女の一番の親友ですよ」

響「いっいちばん!?」

貴音「響」ダキ!


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 00:39:58.46 ID:KPIO3sAeo

ありさ(キャー!生キマシタワーきましたわー!ああアイドルになって良かった!)

エミリー「あれが大和撫子奥義が一つ『キマシタワー』なのですね?松田お姉様」

グリP「ゴラ松田!エミリーになに教えとるんじゃ!」


ありさ「しょええ!」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 00:47:07.81 ID:KPIO3sAeo

響「貴音ぇ…貴音ぇ!」

貴音「ああ、響…」

ひなた「うひゃあ、なんだかあたしらおじゃまみたいでないかい?」

まつり「こうなったら、まつりたちもまざるのです!」

エミリー「まつり姫様、真に良き提案でございます」タタタ ダキ!

エミリー「響お姉様、これからよろしくお願いします!」

響「エミリー…こっちこそよろしくだぞ!」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 00:53:24.43 ID:KPIO3sAeo

まつり「まつりは姫なのでこの状況がよくわからないですが、とりあえず抱きつきます。っほ!」ダキ!

ひなた「なんだかおしくらまんじゅうみたいでたのしそうだねー」ダキ!

ありさ「まさか幻のキマシキマシキマシキマシタワーが拝めるとは」パシャパシャパシャパシャ!

グリP「はい没収ー」

ありさ「あーん、あちしの大事なコレクションがー」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 00:57:56.88 ID:KPIO3sAeo

グリP「まったく、響の奴…いい友達を持ったな」

ピピピピピピピピピ!

グリP「電話…千早から?もしもし…」

千早『プロデューサー…実は相談したいことが…最近春香が私を避けてるみたいなんです…』

グリP「Oh!」


おしまいだっぺ





『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿