TOP > 咲-Saki- > 咲「京ちゃんと優希ちゃんのバカップルっぷりがひどい」

咲「京ちゃんと優希ちゃんのバカップルっぷりがひどい」

2018/10/25 00:04 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 21:04:55.73 ID:YDitELla0

――朝・清澄高校麻雀部部室……

優希「京太郎、京太郎!」

京太郎「なんだよ優希、俺は今ネト麻でトップを取れるか正念場で忙しいんだけど」

優希「ほう、そういう事なら私がアドバイスしてやろうか?」

京太郎「アドバイス?」

優希「うむ! 今なら特別にタダで京太郎を勝利に導いてやろう!」

京太郎「普段なら何か取るのかよ……じゃあ頼むわ」

優希「ふふん、それじゃあ京太郎がトップになれるよう優希ちゃんが手取り足取り教えてやるとするか!」

京太郎「おーう、よろしくな」

優希「んしょ……」

京太郎「……ん?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 21:10:44.19 ID:YDitELla0

優希「よーし、いくじぇ!ふむふむ、なかなかいい手牌じゃないか……それじゃあまず第一打は」

京太郎「優希」

優希「じょ?」

京太郎「なんで俺の膝の上に座ってるのか説明を求める」

優希「この方がやりやすいからだじぇ!それにここは私の指定席だからな!」

京太郎「あのなあ……」

優希「それとも京太郎は、私がこうするの嫌だった……?」

京太郎「……」

優希「……」シュン

京太郎「はあ……」ポンッ

優希「わっ……」

京太郎「別に嫌じゃねえって。あんまり騒いだりしないなら、好きにしろよ」ナデナデ

優希「お、おう!……えへへ」

京太郎「……ったく」


咲「……」ジー


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 21:15:52.86 ID:YDitELla0

和「どうしました咲さん?」

咲「京ちゃんと優希ちゃん、仲がいいなあって」

和「そうですね……須賀君とゆーきが付き合いだしたと聞いた時は驚きましたが、ああして見るとお似合いだったみたいですね」

咲「あんまり仲が良すぎるのも考え物だと思うけど……んっ」

和「あっ、痛かったですか?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 21:20:22.89 ID:YDitELla0

咲「ううん、大丈夫……和ちゃん、耳掃除も上手なんだね」

和「ふふっ、良かったです。あまり人に耳掃除をした経験がなかったので不安だったんですが」

咲「膝枕も気持ちいいしこれならお金取ってもいいくらいだよ……」

和「私は咲さん以外にする気はありませんよ?」

咲「私も私以外にはしてほしくないかな……和ちゃんの膝枕も耳掃除も独り占めしたいよ」

和「咲さん……」

咲「和ちゃん……」


久「あの、須賀君はともかく咲と和は部活……」

まこ「……はあ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 21:29:48.00 ID:YDitELla0

――昼休み……


京太郎「ほら優希、約束のタコス3つ」

優希「ご苦労、京太郎! 私もちゃんとレディースランチ買ってきたじぇ!」

京太郎「サンキュー、じゃあ食うか」

優希「いただきまーす」ムシャムシャ

京太郎「合わせようって気が少しくらいないのかよ……いただきます」

優希「タコスうまー」モグモグ

京太郎「相変わらず美味そうに食うなあ……」

優希「美味しいものを難しい顔して食べるなど邪道! タコスにだって失礼だからな!」

京太郎「お前のそういう考え方、素直に尊敬するぜ」

優希「そうか? それならもっと敬ってくれていいじぇ!」

京太郎「調子に乗らなきゃ考えてもいいかもな」ズズッ

優希「むう、素直じゃない奴め!」

京太郎「言ってろ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 21:35:18.95 ID:YDitELla0

――……


京太郎・優希「ごちそうさまでした!」

京太郎「優希がフライングしたわりには食べ終わったのは一緒だったな」

優希「喋りながら食べてたからなー」

京太郎「そんなもんかね……っと優希、口元ソースついてる」フキフキ

優希「ん、ありがとうだじぇ」

京太郎「どういたしまして」


咲「……」ジー


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 21:41:03.05 ID:YDitELla0

和「どうしました咲さん?」

咲「京ちゃんと優希ちゃん、学食であんな事して恥ずかしくないのかな……」

和「当人達は2人の世界にいて恥ずかしくないんでしょうね……はい、咲さんあーんしてください」

咲「あー…んっ」パクッ

和「咲さん、美味しいですか?」

咲「うん、和ちゃんのお弁当やっぱり美味しいよ! 私も頑張らないといけないなあ」

和「そんな……咲さんのお弁当だって十分美味しいじゃないですか。 私の方こそ咲さんに負けないよう頑張りたいと思ってるんですよ?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 21:46:38.13 ID:YDitELla0

咲「そうかなあ……私なんて和ちゃんに比べたらまだまだだと思うけど」

和「それでは食べ比べてみましょうか?」

咲「あっ、それはいい考えだね! じゃあ和ちゃん、あーん」

和「あ、あーん……」パクッ

咲「どう、かな?」

和「……やはり私は咲さんの作るお弁当の方が美味しいと思います」

咲「そ、そんな事ないってば! 絶対和ちゃんのお弁当の方が美味しいよ!」

和「いいえ、これに関しては譲るつもりはありません!」

咲「むうっ、和ちゃんの分からず屋!」

和「咲さんの頑固さには負けます!」


久「……」パクパクパクパク

まこ「……」ガツガツガツガツ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 21:53:15.90 ID:YDitELla0

――放課後……

優希「放課後だ! 部活に向けて京太郎のタコスでタコスパワーを蓄えるじぇ!」モグモグ

京太郎「よくそんなに食えるなお前……それで俺の手作りタコスはどうだ?」

優希「うむ、文句なしだ! また腕を上げたみたいで私は嬉しいぞ京太郎!」

京太郎「そりゃそうだ。 なんせとっておきの隠し味が入ってるんだからな!」

優希「なぬっ、隠し味!?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 21:57:52.45 ID:YDitELla0

京太郎「ああ、優希もよーく知ってるものだぜ?」

優希「ぬうっ、食べた限りでは私の好みに合わせてあるとはいえ、いつも食べるスタンダードなタコスの味なのに……」

京太郎「……」

優希「あー、もう降参だじぇ! タコスマスターである私がわからないなんてどんな隠し味を入れたんだ京太郎!」

京太郎「それはだな……」

優希「うんうん」

京太郎「俺の愛情だ!」ドヤッ


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 22:01:31.54 ID:YDitELla0

優希「……」

京太郎「……あ、あれ?」

優希「京太郎、言ってて恥ずかしくないのか?」

京太郎「……な、なんだよ! いいじゃねえか、一度くらいこんな事言ってみたかったんだよー!」タタタッ

優希「あっ、京太郎!」

京太郎「ちくしょうー!」タタタッ

優希「……ちょっと恥ずかしいけど、嫌じゃなかったのに。 京太郎待てー!」タタタッ


咲「……」ジー


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 22:05:41.27 ID:YDitELla0

和「どうしました咲さん?」

咲「京ちゃんと優希ちゃん、廊下でもあんな事して……もう少し落ち着いた方がいいと思わない?」

和「そうですね……確かに仲がいい事は好ましいですけど、あまり目立ちすぎるのも問題かもしれません」

咲「私達からビシッと言った方がいいかもしれないね。 部室に行ってから京ちゃん達と話してみよう、じゃあ私達も部室に行こう和ちゃん」

和「わかりました、行きましょう咲さん」ギュッ

咲「あっ」

和「どうしました?」

咲「和ちゃん……」ジトー


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 22:10:52.94 ID:YDitELla0

和「えっ、えっ? 私何かマズい事でも……」

咲「手」

和「手……あっ!」

咲「……」ジトー

和「す、すいません咲さん……つい今までの癖で」

咲「もう和ちゃん、約束したよね? 手をつなぐ時は……」

和「指を絡めてつなぐ事、でしたよね。 本当にすいませんでした」ギュッ

咲「ううん、私もちょっとムキになっちゃったから……ごめんね和ちゃん」

和「ふふっ、それでは両成敗という事で」

咲「うん! じゃあ今度こそ部室に行こう和ちゃん!」

和「はい!」


久「……」イライラ……

まこ「……」ムカムカ……


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 22:21:00.33 ID:YDitELla0

――部室……

優希「部室に着いたじぇ!」

京太郎「まだ誰も来てないみたいだな」

優希「うーん、誰もいないってわかったらお腹もいっぱいだし眠くなってきたじぇ。 部室のベッドで寝かせてもらおうかな……」

京太郎「……まんま子供だな」

優希「なんか言ったか?」

京太郎「いいえ、なんでもありません」

優希「それじゃあベッドにダーイブ! ふにゃあ……至福の時だじぇー……」

京太郎「幸せそうな顔しやがって……俺も眠たくなってきたな、どこで寝るか……」

優希「ん……京太郎も一緒にここで寝るんじゃないのか?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 22:26:56.78 ID:YDitELla0

京太郎「……あのなあ、お前そんな事ばっかり言ってるといつか取り返しのつかない事になるぞ?」

優希「どういう意味だ?」

京太郎「お前と俺は一応付き合ってるんだしさ……俺が誘ってるって勘違いするかもしれないって事だよ」

優希「……私、京太郎を誘ってるぞ?」

京太郎「は!?」

優希「だから一緒に寝ようって誘ってるじゃないか」

京太郎「あー……そういう話か。 まあ、そりゃそうだよな、うん」

優希「京太郎、変だじぇ」

京太郎「うっせ、いいからスペース空けてくれ。 ベッド入れねえだろ」

優希「はーいだじぇ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 22:32:33.12 ID:YDitELla0

京太郎「というか、部室のベッドでこんな事しちゃっていいもんなのかね……?」ゴソゴソ

優希「入ってから言う事じゃないじぇ……」ウトウト

京太郎「それもそうだな……」

優希「んうっ、京太郎……おやすみだじぇ」ギュッ

京太郎「ふああ……おう、おやすみ優希」ギュッ

京太郎・優希「Zzz……」


咲「……」ジー

和「これはまた……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 22:37:09.39 ID:YDitELla0

咲「まさか2人で一緒のベッドに寝るなんて……ま、まだ一年生なのに早いよ京ちゃん……」

和「本当にただ寝ているだけみたいですけどね……ゆーき、すごく安やかな顔しています」

咲「それはそうかもしれないけど……」

和「咲さんだって県予選の時私と一緒に仮眠をとったじゃないですか」

咲「で、でもあの時は今みたいな関係じゃなかったし……」

和「私は咲さんさえよろしければ今だって構いませんけど……」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 22:45:52.25 ID:YDitELla0

咲「の、和ちゃん!? え、えっとそれはまあ、私だって和ちゃんならいいよって言うか本当に一緒に寝るだけなら、その……」

和「本当ですか?」

咲「え、えっと……うん」モジモジ

和「それでは早速外のビーチチェアで一緒に仮眠をとりましょう」

咲「えぇっ!? で、でもあれ1人くらいしか寝られないんじゃ……」

和「大丈夫です、お互いに体を寄せ合えば2人でも寝られますよ」

咲「の、和ちゃ~ん……」

和「ふふっ、行きますよ咲さん」

咲「ひ、引っ張らないでー!」


久「ふ、ふふ、ふふふふ……」ガン、ガン、ガンガンガンガン……

まこ「……ロッカーを素手で叩いたら怪我するからやめんさい」ポンポン


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 22:51:15.73 ID:YDitELla0

――帰り道……

京太郎「んー……今日も充実した1日だったなー」

優希「まるでおじさんみたいな台詞だじぇ」

京太郎「言ったなこいつ!」

優希「うわ、逃げるじぇー!」

京太郎「待てやこらー!」

優希「ははは、捕まえられるなら捕まえて……きゃうっ!?」

京太郎「優希!?」

優希「いたた……あ、足捻っちゃったじょ……」

京太郎「大丈夫か?」

優希「ちょ、ちょっと痛むけどこれくらい大丈夫だじぇ……いっ!?」

京太郎「おいおい、あんまり無理しない方がいいぞ……ほら」

優希「えっ?」

京太郎「家まで背負っていくから。 早くおぶされよ」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 22:56:52.07 ID:YDitELla0

優希「……」

京太郎「遠慮するなって」

優希「え、えっと……し、失礼するじょ」ギュッ

京太郎「んな大げさな……よいしょっと」

優希「お、重くないか?」

京太郎「重い」

優希「んなっ!?」

京太郎「あははは! 冗談だよ、これくらいなら余裕だ余裕」

優希「レディーに向かって何てこと言うんだこのこの!」

京太郎「やめい、頭を揺さぶるな!」

優希「ぐぬぬ……あっ」

京太郎「んっ?」

優希「京太郎、上見てみろ!」

京太郎「上って……おぉ、流れ星か!」

優希「あっ、また流れた! 京太郎急げ、タコスの国へ行けるようお願いするのだ!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 23:01:46.74 ID:YDitELla0

京太郎「どこだよそれ!?」

優希「いいから早く! ほら、また来たぞ!」

京太郎「ああ、もうわかったよ!」

優希「出来たか?」

京太郎「たぶんギリギリ……」

優希「そうかそうか! じゃあ早速レッツゴーだじぇ!」

京太郎「レッツゴーってどこにだよ!」

優希「知りたいか?」

京太郎「知らなきゃ行けないからな」

優希「じゃあちょっと耳を貸すんだじょ」

京太郎「なんだよ……」

優希「――――」ゴニョゴニョ

京太郎「……はぁ!?」

優希「そ、そういう事だじぇ……///」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 23:06:30.86 ID:YDitELla0

京太郎「マジか……」

優希「ダメ……?」

京太郎「……」タタタッ

優希「わわっ!? 京太郎、急に走ったら危な……」

京太郎「どうなっても知らないからな! お前が言い出したんだから責任取れよ!」

優希「あっ……す、素直じゃないな京太郎は! 本当は嬉しい癖に!」ギュウッ

京太郎「言ってろ!」


咲「……」ジー


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 23:10:49.89 ID:YDitELla0

和「咲さん?」

咲「ああいうのはちょっと羨ましいかも……」

和「やりとりがですか?」

咲「ち、違うよ! ああやっておんぶしてもらったりとかがって事。 ああいうのは京ちゃんと優希ちゃんくらい体格差がないとやりにくいから」

和「なるほど、そういう事でしたか」

咲(私ももうちょっと小さかったら和ちゃんに……)

和「確かに私達にゆーきと須賀君がしているような事は難しいかもしれません。 ですが……」ギュッ


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 23:16:07.49 ID:YDitELla0

咲「和ちゃん?」

和「私達はこうして一緒に歩いていてもほとんど目線が同じですよね?」

咲「う、うん」

和「これはゆーきと須賀君にはまず不可能な事です。 一緒の目線から相手と同じ景色を見る……それもまた素晴らしい事だと私は思いますよ」

咲「和ちゃん……」

和「それに……」チュッ

咲「ひゃうっ!?」

和「こ、こういう事もしやすいですからね」

咲「も、もう! ほっぺとはいえ不意打ちなんてズルいよ和ちゃん!」


久・まこ「……」ゴゴゴゴゴゴ……


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 23:24:27.79 ID:YDitELla0

――翌日……

久「今日から部室内でのイチャイチャを禁止します!!」

咲「えっ?」

和「はい?」

京太郎「へっ?」

優希「じょ?」

まこ「毎日毎日人の目も気にせずイチャイチャイチャイチャしおってからに……あんたらには慎みちゅうもんがないんか!」

咲「京ちゃん! だから私は少しでいいからおとなしくしてって言ったよね!?」

京太郎「はあ!? おとなしくしなきゃいけなかったのは俺達より咲と和の方だろ!?」

咲「そんな事ないもん! 毎日毎日膝の上に優希ちゃんを座らせたり、手作りのタコス食べさせたり、一緒のベッドで寝てる京ちゃん達より全然マシだよ!」

京太郎「はっ、よく言えたもんだ……毎日毎日そこら中で恋人繋ぎしながら校内を歩き回って、お昼は時間いっぱい使って食べさせ合って、所構わず見つめ合ってるじゃねえか!」

咲「むうう……!」

京太郎「ぐぎぎ……!」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 23:29:55.44 ID:YDitELla0

和「まあまあ咲さん、少し落ち着いて……」ギュッ

優希「京太郎、そんな大声出されたら耳がキーンとするじぇ……」コテッ

咲「ご、ごめんね和ちゃん……」ギュッ

京太郎「わ、悪い優希……」ナデナデ

まこ「わしらが言っとるのは現在進行形で抱き合ったり、膝上に座ったり、頭撫でたりしとるあんたら4人の事じゃ馬鹿者共があ!!」

久「もうやだ……まこ、この子達私達の手に負えるの……?」ギュウッ

まこ「安心せい、わしがきっとみんなを更生させたるからな……」ギュウッ

久「まこ……」

まこ「久……」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 23:39:04.59 ID:YDitELla0

咲「……」

和「……」

久「とにかく、イチャイチャは許さないから! わかった?」

京太郎「……」

優希「……」

まこ「んっ? な、なんじゃその目は……」

咲「いや、あの……」

和「よく考えたら……」

京太郎「部長と染谷先輩って……」

優希「私達よりイチャイチャしてるじぇ……」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 23:47:31.93 ID:YDitELla0

久「なっ!?」

まこ「何を言い出すんじゃ!?」

咲「だって部活中はいつも一緒で……」

和「お昼も毎日一緒に食べてますし……」

京太郎「最近部長が染谷先輩の家に入り浸ってるって聞きましたよ……」

優希「今も抱き合ってるじぇ……」

久「そ、それは……」

まこ「こ、これは違うんじゃ……」

咲「部長、染谷先輩」

和「ルールを作るからには手本を見せていただきたいのですが」

京太郎「もちろん出来ますよね?」

優希「頑張ってほしいじぇ!」

久・まこ「」

――こうして清澄高校麻雀部は後の高校麻雀界にバカップル高校として名を残したとか

カン!


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25(木) 23:49:33.26 ID:Yhybscla0

おつ
バカップル高校に幸あれ!





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿