TOP > シンデレラガールズ > モバP「女の子の日って知ってるか?」 晴「知らねーけど」

モバP「女の子の日って知ってるか?」 晴「知らねーけど」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 18:29:24.88 ID:tU3JUWz7o

P「そうかそうか、知らないのか」

晴「なんだよ突然。……ああ、ひな祭りのことか?」

P「それもそうなんだけど、俺が聞いたのはそっちじゃあないな」

晴「ふーん。でもなんでわざわざオレに聞くんだよ」

P「ちょっと聞いてみただけだ。知らなくてもまあ特に問題はないだろうし」

晴「オレをバカにしてるんじゃねーだろうな?」

P「いやいや、健やかに育ってほしいと願ってるよ」

晴「はあ? 何意味わかんねーこと――」

P「おっとそろそろ俺は仕事に戻らんと。それじゃな」

晴「あ、おい! ったくなんなんだよアイツ」

晴「オレがそういう話に疎いってわかってて聞いてきやがったな?」

晴「……ふんっ、面白くねぇ。つーかどういう意味なんだよ女の子の日って」

晴「考えてもわかんねーし、事務所なら女ばっかいるから誰かに聞いてみっか」

晴「お、ちょうどそこに誰かいるな」


ちょうどそこにいたアイドル
>>2


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 18:30:50.33 ID:aKx606tUo

だりーな


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 19:59:06.99 ID:tU3JUWz7o

晴「うーっす」

李衣菜「うーっす! おやおや晴ちゃんさんじゃないですかーへへへ」

晴「うん? なんだよ気持ち悪ぃな」

李衣菜「気持ち悪い!? むぐぐ、と、ところで私に何か用かな? もしかしてお願い事とかあったりして?」

晴「そんなとこだけど、よくわかったな」

李衣菜「だよねー♪ うんうん、やっぱり私のロック魂に狂いはなかった!」

晴(なんだこの人)

李衣菜「前から思ってたんだよね、晴ちゃんってロックな才能あるんじゃないかなって」

晴「ロック?」

李衣菜「そうだよロックだよ! たとえば晴ちゃん、可愛いのよりカッコいい方がいいでしょ?」

晴「まあな。でも別に今はどうでも――」

李衣菜「それにちょっとすれてる感じとかー、フーセンガムをぷくーってしてるとことか絶対ロックだよね!」

晴「アンタは何を言――」

李衣菜「私もまだまだ駆け出しだけど、一応ロックなアイドルとしても先輩になるからなぁ。へへー、照れちゃうなぁ」

晴「だから何を――」

李衣菜「ずばり! 晴ちゃんは私に弟子入りしにきたんでしょ! ロックなアイドルとしt――」

晴「人の話を聞けえええええええええええ!!」

李衣菜「!?」 ビクッ


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 19:59:58.14 ID:tU3JUWz7o

晴「オレは聞きたいことがあっただけで、ロックとか言われてもわかんねーよ」

李衣菜「えー!? でも晴ちゃんには絶対ロックの才能がっ! 素質がっ……!」

晴「駆け出しなんだろ? なんでそんなのわかんだよ」

李衣菜「うぐぅっ! だ、だけどそういうずばっと言えるところもロック……」

晴「そういう話は暇な時に聞いてやるから、また今度な」

李衣菜「はい……」 シュン

晴「んじゃあ本題。さっきアイツが、えっとPのヤツがオレに変なこと聞いてきたんだ」

李衣菜「Pさんが?」

晴「ああ。女の子の日を知ってるか、ってさ」

李衣菜「」

晴「ひな祭りかと思ったんだけど違うみてぇだし、考えてもわかんねーし」

晴「でも知らねーままだとアイツにバカにされてるみたいでなんかムカつくしな」

晴「ってなわけで、女の子の日ってやつの本当の意味を教えてくれると助かるんだけど」

李衣菜「」

晴「おい、聞いてるか?」

李衣菜「え、あ、うん。聞いてる……聞いてる……」

晴(……? 変なこと聞いちまったのかな)


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 20:01:49.72 ID:tU3JUWz7o

李衣菜「うーん……これってセクハラ……でも逆にそういうところがロック……?」 ブツブツ

晴「なにか知ってるのか?」

李衣菜「ふぁいっ!? いや、あの、し、知らないこともないかもーなんて、あはは」

晴「だったら教えてくれ!」

李衣菜「う、うん……でも、えー……? Pさんのことだから他に意味があるのかもしれないし……」

晴「なんでもいいよ、知ってることさえ教えてくれれば」

李衣菜「えっと……晴ちゃんはまだ知らないんだよね? その、お、女の子の日の意味」

晴「おう」

李衣菜「……………………。そのうちわかるんじゃないかなっ! えへっ☆」

晴「」

李衣菜「それよりPさん! Pさんはどこ!? 私たった今Pさんに用事ができちゃったぜ!」

晴「仕事っつってどっか行ったけど……」

李衣菜「ありがとっ! Pさんめー、いくらロックだったとしてもやっていいことと悪いことはあるんですよー!!」

晴「ちょっ、まだ話は――ってもう行っちまったか」

晴「なんか知ってそうな雰囲気だったけど、なんだよ。そのうちわかるって」

晴「知らないほうがおかしいのか? ……まあそれは後で考えるとして」

晴「他の人にも聞いてみっか」


他の人
>>11


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 20:02:45.68 ID:wLZMDRzh0

小日向


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 21:16:36.39 ID:tU3JUWz7o

晴「うっす」

美穂「あ、おはよう」

晴「ちょっと質問していいか? 教えてほしいことがあるんだけど」

美穂「うん、いいよ。わ、私に答えられることかな……?」

晴「答えられると思うぜ。なんつーか、多分知らないほうがおかしいかもしれねーことなんだ」

美穂「そうなんだ。それなら私でも晴ちゃんに教えてあげられそうだね」

晴「頼りにしてる。あのロックロックうるさい人には逃げられちまってさ」

美穂「李衣菜ちゃん? あ、べべべ別にうるさいとまでは思ってないよ!?」

晴「うん? いやそれはいいんだけどさ、とにかく聞いてくれ」

美穂「う、うん……」

晴「女の子の日って何だ?」

美穂「……えっ?」

晴「女の子の日っつーからひな祭りのことかと思ったら違うらしくってよー。他にどんな意味があるのか気になって」

美穂「お、女の子の日……」

晴「Pのヤツが変なこと聞いてくっからさ。知らないままでいるのもなんかつまんねーし」

美穂「Pさんが……」

晴「それで、結局女の子の日って何のことだよ?」

美穂「女の子の日……Pさん……。……Pさんが、女の子の日……?」

晴「いやそれぜってー違うと思う。なんとなくだけど」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 21:17:43.29 ID:tU3JUWz7o

美穂「は、晴ちゃん? ちょっと整……/// えっと、確認していい?」

晴「うん」

美穂「晴ちゃんは、女の子……の日の、意味を知りたいんだよね?」

晴「ああ。なにか知ってるのか?」

美穂「ちょ、ちょっと待ってね? それで、さっきPさんがって言ってたけど……」

晴「おう、言ったな」

美穂「どうしてそこでPさんが出てきたのかな? って思ったの」

晴「ん? だってアイツに聞かれたんだ。女の子の日を知ってるかって」

美穂「」

晴「なんか変か?」

美穂「……えと、……ぴ、Pさんにってところは、うん……」

晴「どう変なんだよ。Pって聞いてあのロックな人も血相変えてたけどさ」

美穂「そ、それは……そのぅ……」

晴(どういうことだ? Pでも知ってるほど知ってて当然ってわけか?)


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 21:18:53.43 ID:tU3JUWz7o

晴「なあ、とにかく知ってるなら教えてほしいんだってば」

美穂「う、うん。でも」

晴「でも?」

美穂「Pさんは、どういうつもりで晴ちゃんに聞いたのかな、って」

晴「そこってそんなに気にするところか?」

美穂「き、気にするよ! 一番大事なところっていってもいいよ!」

晴「うおっ!? お、おう」

美穂「Pさんはそんな人じゃない、と思うけど……。まさか、Pさんは晴ちゃんのことを……?」

晴「いや、それより女の子の日の意味をだな」

美穂「……あの、晴ちゃん」

晴「ん? やっと教えてくれる気になったのか」

美穂「そうじゃないの。ごめんね、ちょっと考えたいことがあって」

晴「……大丈夫か? なんか顔色悪いように見えるぞ」

美穂「う、うん。ありがとう晴ちゃん。私なら大丈夫だから……」 フラッ

晴(いったいどうしたってんだ……。そんなに凄い意味が隠されてるのか?)

晴「ますます知らないわけにはいかなくなってきたぜ……!」

晴「よし、次に通りがかった人にも聞き込みだ」


次に通りかかった人
>>19


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 21:20:58.56 ID:dIOscJwqo

しぶりん


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 23:54:37.20 ID:tU3JUWz7o

晴「ちょっと待った」

凛「? 晴?」

晴「いきなりで悪いんだけど教えてほしいことがある。時間あるか?」

凛「うん、ちょっとくらいなら。それでなにかな」

晴「今からオレが聞くことは多分、誰かに聞くこと自体がまずいことなのかもしれねーんだけど……」

凛「そんなに重大なことなの? ならプロデューサーに聞いたほうがいいんじゃない?」

晴「いや、それがPのヤツには聞けねーんだ。つかPのせいでこうして苦労してるっつーか」

凛「……どういうことかわからないけど、わかったよ。聞くからとりあえず話してみて」

晴「助かる。まずアイツがオレに変なこと聞いてきたところからなんだけどさ」

凛「プロデューサーが晴に?」

晴「そう、んでオレに女の子の日を知ってるか、って言ってきたんだよ」

凛「」

晴「ひな祭りのことじゃないのはわかったんだけど、他に凄い意味が隠されてるっぽいんだよな」

凛「……凄いってほどでもないけど、ある意味その質問は凄いね」

晴(やっぱ人に聞くのがバカらしいほど知ってるのが常識みてーな話なんだろうな……)

凛(プロデューサー……小学生になんてことを……!)


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 23:55:43.53 ID:tU3JUWz7o

晴「それで、知らねーもんは仕方ねぇし、どういう意味なのか聞いて回ってんだよ」

凛「えっ、他の人にも聞いたの?」

晴「うん。前の2人には教えて貰う前に逃げられたけどな」

凛「あー……誰かは知らないけど気持ちはわかるかも」

晴「……やっぱオレっておかしいんだろうな。こんなことも知らねーとか……」

凛「う、ううん違うよ。知らなくても恥ずかしいことじゃないから」

晴「そう、なのか?」

凛「こういうのは個人差があるし、気に病む必要はないと思う」

晴「個人差?」

凛「あっ……う、うん。晴ってその、まだなんだよね?」

晴「? そりゃあまだ(知らない)っちゃまだだけど」

凛「そっか。でも大丈夫だよ。最近は早い子が増えたってだけで、これからでも遅くないし」

晴「何が早いのか遅いのかわかんねーけど、つまり女の子の日ってどういう意味なんだ?」

凛「え……っと、それは……うーん」

晴「やっぱ教えてくれねーのか」

凛「……ごめん。何て説明するのがいいかなって考えたら、大人の人に任せたほうがいいと思って」

晴「そっか、わかった。……悔しいけどPに聞いてくる」

凛「!?」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 23:57:58.50 ID:tU3JUWz7o

凛「ちょっ……だめ! どうしてそこでプロデューサーが出てくるの?」

晴「大人に聞けって言っただろ?」

凛「言ったけど! できれば、っていうか絶対に女の人に聞いて。男の人に聞いちゃだめ」

晴「そういうもんなのか」

凛「そういうものだよ」

晴「そうか。でも、女同士でしたほうがいい話しならなんでPのほうからオレにそんなこと聞いてきたんだ?」

凛「……そこなんだよねぇ」 ピキッ

晴「」 ゾクッ

凛「プロデューサーがどんなつもりで晴に聞いたのか、私はそこが気になるなぁ」

晴(これって……男のPが女の子の日をオレに聞いたから気になるってことなのか?)

凛「晴次第では、プロデューサーと永遠のお別れすることになるかもね」

晴「どういう意味だそれ!? い、いいよ別に。よくわかんねーけどアイツのこと嫌いじゃねーから」

凛「晴が女の子の日の意味を知ってもそう言えたら、まあ……うー、それはそれで困るかも。プロデューサーもそこまで気心を知ってて聞いたってことだし」

晴「困るって誰が?」

凛「っ、い、今のなし! そういう意味で言ったんじゃないから!」

晴「そういう意味?」

凛「~~!!」 

晴(お、珍しく慌ててるっぽいな。理由はわかんねーけど)

凛「…………ふぅ。とにかく、プロデューサーには聞いちゃだめだからね? じゃあ私もう行くから」

晴「おう。いろいろありがとな」

凛「ん。さて、その前にプロデューサー探さないと……」 ボソッ

晴(また意味は教えてもらえなかったけど、男がする話ではないってのはわかった)

晴(じゃあPはなんでまたそんな話題振ってきたんだって疑問が増えちまったけど)

晴「でも少しずつわかってきたぜ。次はあそこにいる人にでも聞いてみっかな」


あそこにいる人
>>27


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/19(水) 23:59:19.36 ID:LEOsTf5Jo

ユッキ


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/20(木) 21:43:16.02 ID:9OCKHauyo

晴「うっす」

友紀「お、やっほー晴ちゃん!」

晴「相変わらずテンション高いな」

友紀「まあねー♪」

晴(ああ、ひいきにしてるチームが勝ったとかそういうアレか)

晴(たしか成人してたよな? なんか頼りねぇけど、まあいっか)

晴「なあ、ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

友紀「あたしに? いいよ! 晴ちゃんは2番ライトとかいいんじゃないかな!」

晴「何言ってんだ? オレは野球の話をしにきたんじゃねーよ」

友紀「えー、でもあたしサッカーはあんまり詳しくないよ?」

晴「スポーツから離れろって。なんか女同士でしたほうがいい話らしいっつーか」

友紀「ほほう。つまりあれだね、晴ちゃんは大人のマウンドを登ろうとしてるんだ?」

晴「大人のマウンド?」

友紀「大人のマウンドのーぼるー♪ 君はまだーブルペンっさー♪」

晴「いやそれ歌詞違うんじゃね、っていいからオレの話を聞いてくれねーかな。おとなしく」

友紀「はーい!」

晴(なんか疲れる……)


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/20(木) 21:43:56.73 ID:9OCKHauyo

晴「――というわけで、女の子の日の意味を知ってたら教えてほしいんだけど」

友紀「女の子の日ねぇ」

晴「やっぱり知ってるのか?」

友紀「もち! でもさー、プロデューサーから誘われたってことだよねーそれって」

晴「まあそうだけど……あん? 誘われた?」

友紀「そうだよ! ほら、聞いたことない? レディースデイってさ」

晴「ああ、女には割引するって日のことだよな」

友紀「プロデューサーはその日を狙って晴ちゃんとご飯食べにいこうとしてたんだよ、絶対!」

晴「そう……かぁ? 違うような気がするんだけど」

友紀「いいなぁ、きっとおごってくれるつもりだよプロデューサー。あたしもおごられたぁい!」

晴(飯食いにいくだけなら別に女同士の話でもねーよな……?)

友紀「あたしんちの近くにレディースデイが設けられてる居酒屋あるんだよねー。みんなで野球も観れるしさー」

晴「アイドルが居酒屋ってどうなんだ?」

友紀「細かいことはいいんだよ! それで、プロデューサーは今どうしてるの?」

晴「仕事っつってどっか行ったけど……あ」

友紀「噂をすればなんとやら! でもなんで肩で息してるんだろう」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/20(木) 21:45:49.30 ID:9OCKHauyo

P「お、おう……晴に友紀か」 ゼェハァ

晴「何してんだよ、そんな汗だくになって」

P「うん、俺にもよくわからないんだが刺客を撒くのに必死だった……」

晴「刺客?」

P「2人ほどな。何か俺悪いことでもしたっけかなぁ……」

友紀「プロデューサー、あたしお腹すいた!」

P「もうそんな時間だったか? はいはい、好きにしてこい」

友紀「えー? でもプロデューサーこれから晴ちゃんとご飯いくんでしょ? あたしも混ぜてっ!」

P「ん? 別に俺は晴と食いにいく予定は……いや待てよ、事務所から離れてるほうが得策か……?」

友紀「ほらほらー、いこうよー。あたしだって女の子だよ?」

P「お前は何を言ってるんだ。まあいい、せっかくだから食いにいくぞ!」

友紀「ほんと? やったー♪」

晴「え、マジ? オレも?」

P「いいか2人とも、時間が惜しい。早くいこう。店はまあ外に出てから決める。異論はないな、レディー?」

友紀「わーいプロデューサーのおっごり~♪」

P「友紀は自分で出せるだろ」

友紀「ちょっ、ボークボーク! いまさらそれはボークだからねプロデューサー!」

P「わかった、わかったって。ほら晴も、遠慮しないでついてこい」

晴「……おう」


 1時間後


晴(いやこれぜってー違うよな、いいもん食えたのはラッキーだったけど)

晴(まあ人選ミスったしな。今回のことはなかったことにするとして)

晴「……お、誰かこっちに来るな」


こっちに来た人
>>50


50: というわけで 2013/06/20(木) 21:46:31.80 ID:xv8khySto

千枝ちゃん


70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/21(金) 22:40:29.86 ID:YiaTrdsDo

千枝「あ、おはようございます」

晴「うっす」

晴(たしかオレより一つ下だっけ。でもやっぱ知ってんのかな) ジーッ

千枝「……? あ、あのぅ」 オドオド

晴「ん?」

千枝「ち、千枝の顔に何かついてます……?」

晴「ああ、そうじゃねーんだ。聞いてみたいことがあって」

千枝「千枝に聞いてみたいことですか?」

晴「ちょっとな。知ってるかどうか気になるっつーか」

千枝「そうですか……よかった。千枝でよければ何でも聞いてください」

晴「そうか? なら単刀直入に聞くけど、女の子の日って知ってる?」

千枝「ふぇっ!?」

晴(一番いいリアクションだな。一瞬で顔が真っ赤になってら)

晴「その様子だと知ってるみてぇだけど」

千枝「ああああの、千枝は、そのっ……!」

晴「落ち着けって。オレは女の子の日の意味を知らないから、知ってたら教えてほしかっただけだ」


71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/21(金) 22:41:18.65 ID:YiaTrdsDo

千枝「えっと…………ひな祭りのことじゃないですか?」

晴「それじゃねーんだ。オレも最初はそう思ったんだけどな、Pのヤツが違うってさ」

千枝「Pさんが!?」

晴「おう。そもそもオレに女の子の日の意味を聞いてきたのアイツなんだよ」

千枝「」

晴「知らねーままなのもなんか面白くねぇから、こうして誰かに意味を教えてもらおうってわけ」

千枝「そう、ですか……。Pさんひどいです……」

晴「ひどい?」

千枝「そうです! もし千枝が同じ事をPさんに聞かれてたら、きゅーってなっちゃいそうです……」

晴「今だって顔赤くしてるしな」

千枝「っ!? そんなに赤いですか?」

晴「一応聞くけど、それって怒ってるからじゃなくて恥ずかしがってるからだよな?」

千枝「あ、あうぅ……」

晴(ふーん……理由はともかく男に聞かれるのは恥ずかしいことなのか。女同士でも恥ずかしそうにしてたけど)


72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/21(金) 22:42:09.26 ID:YiaTrdsDo

晴「話を戻すけどさ、結局どういう意味なんだ?」

千枝「」

晴「他のヤツに聞いてもはぐらかされるんだよなー。大人に聞けとは言われたけど、オレより年下でも知ってるものなのか気になって」

晴(最近は早いうちから知ってるらしいけど本当だったわけだ。ったく、何のことなんだか)

晴「教えてくれるなら正直誰でもいいんだけどな。で、どうだ?」

千枝「えと……千枝からは、その……!」

晴「だめか……。まあ少しずつわかってきたし、どうしてもってわけじゃないからいいんだけどよ」

千枝「ごめんなさいです……」

晴「いいっていいって」

千枝「その、あんまりいいことじゃなくって、でも大事なことで、女の人ならいつかはくるもので……」

晴「ん?」

千枝「……っ、なんでもないですっ! ごめんなさいいぃぃ!!」

晴「ちょっ、そこまで言うなら全部言ってくれ――行っちまった」

晴「……? いまなんつってた? 遠回しに説明してくれたっぽいけど、それだけじゃわかんねーな」

晴「オレでももうすぐわかりそうな気はする……。次、あたってみるか」


次あたった人
>>73


73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/21(金) 22:43:17.65 ID:33jQXrsto

ナターリア


85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/26(水) 01:00:57.72 ID:ySuueFIEo

晴「……」

ナターリア「ハル? そんなトコロで何してるノ?」

晴「……考え事」

晴(日本語は達者だけど知ってるようには見えねぇんだよな。さてどうすっか)

ナターリア「なやんでるコトあるならナターリアがショウダン……相談? 乗るネ!」

晴「気持ちは受け取っとく。でもいいや――」

ナターリア「ナターリア知ってるヨ! こんな時は大きいお風呂で裸のツキアイするんだ!」

晴「いや、いいって。そんな時でもねーし!」

ナターリア「Pが言ってたヨ? 日本の風習なんだっテ」

晴「漫画とかの話だろ。それにそういうのは男同士でやるもんじゃねーの?」

ナターリア「ナターリアとハルは女同士だから大丈夫だネ♪」

晴「何が大丈夫なんだそれ! そりゃ男女でやるもんじゃねーけどさ!」

ナターリア「いいカラ行こうヨ! この近くにお風呂屋さんあるしナターリアにお任せヨ♪」

晴「だからいいってば、別に汗もかいてねーし……っておい、押すな! 押すなってば!」


86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/26(水) 01:02:22.04 ID:ySuueFIEo

ナターリア「カポーン♪」

晴「口で言うなよ」

ナターリア「大きいお風呂はカポーンって音しない?」

晴「連想はするけどな。そのうち自然と聞こえてくるんじゃねーの」

ナターリア「そうなんダ? ハルは物知りネ!」

晴「……つーか結局来ちまったぜ、銭湯」

晴(誰かと風呂入るのいつ以来だったっけ。わざわざ銭湯なんて来ねぇもんなー)

ナターリア「~~♪」 バシャバシャ

晴「おとなしくしてろよ……アンタ、オレより年上だろ」

ナターリア「ナターリアはまだ14才だモ~ン♪」

晴「2つ上か――2つだと!?」

晴(もっと上かと思ったぜ! 中身は歳相応な気もするけど)

晴「……」 ペタペタ

晴(2年後あんなんなる未来が見えねぇ。リオの血がそうさせたってのか?)

ナターリア「ハル……そんなに見つめられると照れるネ」

晴「み、見てねーし! むしろ見えなかったし!」

ナターリア「ホントかナ~?」

晴「それよりアンタに話がある! そのためにわざわざ連れて来られたんだからな、あのな――ニヤニヤすんな!」


87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/26(水) 01:04:25.46 ID:ySuueFIEo

ナターリア「女の子の日?」

晴「Pのヤツがオレに聞いてきたんだよ。意味知ってるか?」

ナターリア「ふーン……」

晴(急に神妙になったなおい)

ナターリア「いいなぁハル。ナターリアもPと結婚したい!」

晴「……は? 結婚?」

ナターリア「女の子の日って、女の子が一番シアワセな日のことに決まってるヨ!」

晴「決まってねーよ! たぶん」

ナターリア「ハルは結婚式アコガレたりしないノ?」

晴「そもそもまだ結婚できねーし、考えたこともなかったな」

ナターリア「ナターリアはPのお嫁さんになりたいナ」

晴「……アンタもまだ結婚できなくね?」

ナターリア「できるかできないかじゃないヨ、お嫁さんになりたいかなりたくないかだネ!」

晴「そういうもんか? そもそもアイツから求婚された気はしねーんだけどな、あの様子だと」

ナターリア「Pはハルみたいな子が好きなのカナ?」

晴「聞いてねーし……」

ナターリア「ナターリアもハルに負けない女の子になるヨ!」

晴「余裕で勝ってると思うぞそれ」

ナターリア「ハルとナターリアは今日からライバル! 握手しよっ、握手♪」

晴「お、おう……」

晴(なんだこれ。スポ根的な展開にみえるのに全然燃えねぇ……!)





晴「――まあ最初からわかってたからいいけどな」 ホカホカ

晴「いい加減教えてくれそうな人いねーかな、おっ」


事務所に戻ってすぐ目に入った人
>>88


88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/26(水) 01:07:49.39 ID:di5n5w2Eo

あべなな


102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 07:57:35.41 ID:rQRGVDp7o

晴「うっす」

菜々「よっこらしょっと、あれ? 今声が聞こえたような」

晴「オレだよ。なんか年寄りみてーに腰掛けたよな今」

菜々「」

晴(……たしか高校生だったっけ? まあでもこれなら逆に大人っぽいのかもしれねーな)

晴「ちょっと聞きたいことがあるんだけど、いいか?」

菜々「い、いいですとも! ナナおねーさんが何でも答えてあげちゃいますよ! ナナおねーさんが!」

晴「じゃあ早速聞くけど、女の子の日ってどういう意味だ?」

菜々「それはですねぇ……えっ?」

晴「女の子の日。かくかくしかじかってわけ」

菜々「ほほう、まるまるうまうまってわけね」

菜々「……?」

菜々「って、えええええ!? プロデューサーが晴ちゃんにそんなことをっ!?」

晴「そのそんなことがわかんねーから調べてるんだよ。知ってるんだな?」

菜々「えっとぉ、そのー……」


103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 07:59:09.82 ID:rQRGVDp7o

菜々(困ったなぁ、晴ちゃんもお年頃だし誰かが優しく教えてあげるべきよね)

菜々(でもナウでヤングなナナとしてはこの手の話題にうぶな方が……?)

菜々(というかプロデューサーは晴ちゃんになんてこと聞いてるんですか! セクハラですよ!)

菜々(まあ晴ちゃんが本当の意味を知ったら、晴ちゃん直々に制裁してくれるだろうからいいとして)

菜々(やっぱりナナが教えてあげるのがいいのかな?)

菜々(うーん、せっかく頼ってもらえてるわけだし……)

菜々(きっと晴ちゃんも年が近い子から聞こうと思ってナナに尋ねてくれたはず)

菜々(ならここで頼れるお姉さんっぷりを発揮しても問題ない!)

菜々「晴ちゃん! ナナがバッチリ教えてあげますよ!」

晴「っ、マジで!?」

菜々「さっき何でも答えるって言ったばかりだし、ナナおねーさんに任せなさい!」

晴「助かる! いやー、誰も教えてくれねーもんだからどうしようかと思ってたんだよ」

菜々「えっ」

晴「大人の人に教えてもらえとも言われたんだけどさ、聞いてみるとオレより年下でも知ってたりするんだよな」

晴「今回もダメ元のつもりで聞いてみたんだが、正解だったぜ!」

菜々「なん……ですと……?」

晴「じゃあさ、せっかくで悪いけど頼んだぜ。菜々さん」

菜々(うわーん、逆効果だああああ!!)

晴「……なんか肩が震えてるけど大丈夫か?」

菜々「なんでもないの……なんでも。それより人のいない部屋にいこっか、あまり堂々と話すことでもないしね……」


104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 08:04:01.73 ID:rQRGVDp7o

 しばらくして


P「今日の仕事も疲れたなっと」

P「おっ、晴まだいたのか。どうだ、送ってくぞ」

晴「……………………」

P「おうふ、そんなゴミでも見るような目で見つめられると照れるぜ」

晴「……。アンタ、今朝オレに何か聞いてきたよな」

P「ん? そうだっけ」

晴「聞いただろ! ……お、女の子の日がどうたらこうたら」

P「あー、そういやそうだったな。それがどうかしたか?」

晴「どうかしたか、じゃねーよ! どういうつもりだこらぁ!」

P「今朝はスルーしておいて今さら何を――なるほど、俺のいない間に意味を調べたんだな」

晴「その通りだ。アンタが何をオレに聞きたかったのかも気になったしな。それがどうだ? おい」

P「ふっ、プロデューサーとして担当アイドルの体調管理をだな……」

晴「うっせー!」 ゲシッ

P「ぐふっ!」 ガクッ

晴「なあ、百歩譲ってそうだったとしても、担当全員にそういうこと聞いてんのか?」

P「……そういうわけでもないぞ。晴には……つい、出来心でげふぅっ!」 ドカッ

晴「そうか。オレがあんまし女っぽくねーからそうやってからかうつもりだったんだな?」

P「それは違う! 俺はお前をちゃんと女の子として見てるぞ!」

晴「なおさらたちが悪いんだよ!」 ゲシゲシ

P「っ……! あ、ありがとうございます!!」

晴(…………ボールを思いっきり蹴っ飛ばすより気分がいいな、これ!) ゲシゲシ

P(やはり俺の目に狂いはなかった!) ハァハァ








菜々(ナナは何も見てないナナは何も見てないナナは何も見てない……) ガタガタ



 こうして2人がパーフェクトコミュニケーションを度々、こっそり行っているのを唯一知ってるあべななさんじゅうななさいでしたとさ


105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 08:05:19.55 ID:rQRGVDp7o

ウサミンは犠牲になったのだエンド

投げやりぽくてサーセン


112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/03(水) 01:32:24.66 ID:ZdIahl4W0

おつ!
亀の甲より菜々の功だね!





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿