TOP > シンデレラガールズ > モバP「今時幸子に腹パンなんて…」

モバP「今時幸子に腹パンなんて…」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:03:55.98 ID:uZUv6XNt0

…短ギャグSSです。

 ※キャラ設定で不快になられてしまいましたら申し訳ございません


モバP「よし、OKだ。 お疲れ、幸子」

幸子「ふふーん!ボクにかかればこんなお仕事朝飯前ですね!」(ドヤァ)

モバP「頼もしいな。次の仕事まで一時間以上空いてるのか…朝飯前だそうだし、茶店でも行くか?」

幸子「本当に朝ご飯食べてない訳じゃないですよ…こんなカワイイ女の子をお茶に誘うならもっとですね…」(テレテレ)

モバP「へーい、そこの可愛いアイドルちゃーん、おちゃしなーい (棒読み)」

幸子「もっと感情を篭めてくれてもイイんですよ!?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:05:39.34 ID:uZUv6XNt0

──────────

モバP「んじゃ行くか」

幸子「あ、ちょっと…靴ひも…」


幸子「ま、待って下さいよ!プロデュー…」

 ズルッ

幸子「わ…わっ!?」

モバP「幸子危ない!」

 バッ



 ドスッ

モバP「………(うっわ…)」

幸子「………(声にならない)」

モバP「幸子…」

 ガクゥ

モバP「わざとじゃ…無いぞ…?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:06:55.34 ID:uZUv6XNt0

──────────

 ─控室

幸子「うぅ…プロデューサーさんに当て身された…」

モバP「いやホント、わざとじゃないってば…」

幸子「どうだか…大方カワイイボクの名前をインターネットで検索したら“輿水幸子 腹パン”とか出たからスキがあったらやってみようとか、そんなこと思ってたんじゃないんですか?」

モバP「何故そんな陰湿な事をせにゃならんのだ…というか俺は幸子の中じゃそんな奴だと思われてたのか…」

幸子「じょ、冗談ですよ…」


??「(あらぁ…? 控室にプロデューサーさんと…誰か居ますねぇ…)」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:08:29.35 ID:uZUv6XNt0

──────────

モバP「ホントにゴメンな。 まだ痛むか?」

幸子「うぅ…まだ…。 痛いですよ…あんなの…」

モバP「(ボディーブローが) 完全に入ってたからなぁ…」

幸子「(靴紐が解けてるのに) 無理に動いちゃったボクも悪いですけど…うー…痛いよぉ…」

モバP「あそこで中身が出なかっただけでも良かったな、あっはっは」

幸子「笑い事じゃないですよね? それ」(ジトー)

モバP「すいませんでした」


??「(え…っと? 何の…話…ですかねぇ…?)」

??「(今…入って…動いて…出たとか…そんな…)」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:10:11.59 ID:uZUv6XNt0

──────────

幸子「カワイイボクにこんな真似してどう責任取るんですか…」

モバP「とりあえず、責任でも何でも取るから機嫌直してくれよ…」

幸子「じゃあ、お仕事終わったらお夕飯連れて行って下さい」

モバP「やっす…安いなぁ幸子、別にいいけどさ」

幸子「あ、あと、お腹摩ってください…ボクがイイって言うまでですよ!」

モバP「あぁ………大丈夫か? 気持ち悪くなったら言ってくれよ?」ナデナデ

幸子「………(プロデューサーさんが言うこと聞いてくれる…)」

幸子「ひ、膝の上…に…」

モバP「はいはい、撫でやすいしな」

幸子「ふ、ふふーん!ボクの従順な家来って感じですね!」(ニコニコ)


??「(あ、幸子ちゃんの…下腹部を撫で始めましたねぇ…これはもう…)」

??「(責任も…取っちゃうんですかぁ…うふ…うふふふふ…)」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:11:30.31 ID:uZUv6XNt0

──────────

 ガチャ

モバP「んお…? あぁ、ま………ゆ………?」

幸子「こんに………」

まゆ「うふ…」ズズズズズ

モバP「(あ、これ)」

幸子「(ヤバい奴ですよ)」

 ユラァ

まゆ「プロデューサーさぁん…?」

モバP「(お、怒ってる…でも俺がアイドルに暴力を振るった事になったのは事実だし…)」

モバP「いや、待て、まゆ、確かに俺が悪かったのは事実だ、事実だが、これは事故…」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:12:41.49 ID:uZUv6XNt0

──────────

まゆ「いいんですよぉ…プロデューサーさんは悪くないですからぁ…そこのちんちくりんが無理矢理やらせたんですよねぇ…?」

幸子「なんかボクがドMにされてるんですが」

モバP「幸子は被害者だよ…」

まゆ「なんで…なんでそんな泥棒猫の肩を持つんですかぁ…? お腹に子供がいるからですかぁ…?」

モバP「(え、子供って…え? 何故そんな事になってるんだ…)」

モバP「(考えろ…何故…えーと、傍から見ると…痛い痛い言ってる幸子のお腹辺りを撫でて責任を取る発言…あ、今気づいた。駄目だこれ)」

幸子「?」

まゆ「やっぱり…そうなんですねぇ…」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:14:13.12 ID:uZUv6XNt0

──────────

モバP「いや、違う違う違う違う違う」

まゆ「大丈夫ですよぉ…責任を取るべき相手が居なくなれば…責任は消失するんですから…」

幸子「(あれこれボクにしぼうふらぐがたってませんか)」

モバP「(幸子…言葉は慎重に選べよ。 これ、選択肢一つミスったら死ぬタイプだぞ)」

幸子「(えぇ、解ってますよ…)」

まゆ「テレパシーまで使える仲なんですねぇ…」ギリ

幸子「(え、拾っちゃうんですか!? 選択してないのに死亡確定じゃないですか!王大人もビックリですよ!)」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:15:48.27 ID:uZUv6XNt0

──────────

モバP「(だ、誰か…助けてくれ…!神でも悪魔でもいい…!この窮地を救ってくれ…!)」

 コンコン…  ハイルヨー

 ガチャ

まゆ「………どなたですかぁ?」

凛「プロデューサーの声(心の)がしたけど、居るの?」

モバP「た、助かった!凛!」

幸子「(何なんですかこの事務所…)」

凛「何? …佐久間さんがハンター×ハンターの登場人物なら軽く心折れる程度の殺気出してるけど、どうしたの?」

モバP「幸子に事故で腹パンしちゃって、腹撫でてる所を子作りしたと勘違いされた」

幸子「どんな勘違いですかそれ!? ボクが知らない事で命の危機だったんですか!?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:18:03.68 ID:uZUv6XNt0

──────────

凛「あぁ…災難だったね…ほら、佐久間さん、落ち着こうよ」

まゆ「凛ちゃん、ダメですよぉ…悪い事をした子にはお仕置きしないと…」

凛「もう…幸子ちゃんがお腹押さえて痛そうにしてるのは本当だけど、痛そうにしてるならここ近場で済ませたはず、の割に血の匂いしないし、石鹸とかの匂いもしないのにそこまでプロデューサーの匂いが染みついてないから本当に何も無かったんだよ。それに14歳はアウトだし、15はセーフだけど14はね。佐久間さんもプロデューサーが分別の無い人間だとは思ってないよね?」

モバP「」

幸子「」

まゆ「………本当、ですねぇ…」

モバP「」

幸子「」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:20:06.93 ID:uZUv6XNt0

──────────

まゆ「うふ…まゆの早とちりでしたぁ…」ペコリ

モバP「え、あぁ…え…?」

まゆ「膝の上に乗せてもらって撫でられてたのは大目に見ますねぇ…」

凛「今度私にもしてね」

まゆ「抜け駆けは駄目ですよ…?」

凛「幸子ちゃん、お大事にね」

幸子「あ、はい…」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:21:16.16 ID:uZUv6XNt0

──────────

まゆ「それじゃあ、失礼しましたぁ」

凛「じゃあ、私も行くね」

 ガチャ  バタン

モバP「なにこのじむしょのあいどるたち」

幸子「こわい」


おわれ


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:26:47.88 ID:uZUv6XNt0

短くてすいません…
それ以上に、まゆと凛を変なキャラにしてしまい、大変申し訳ございません。
今後この二人を書く機会がありましたら可愛らしく書けるように努めさせて頂きます…。


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:28:04.72 ID:y/VkezQ70


15もアウトだと思うがそれをいうと命が危ないのでセーフで良いですww


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 23:32:22.08 ID:XFBKqcBAo

乙でした
15はセーフやろ(白目





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿