TOP > 咲-Saki- > 美穂子「上埜さんとお留守番」

美穂子「上埜さんとお留守番」

2018/10/28 00:03 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:32:40.71 ID:EviwrP2d0

池田家

華菜「……城菜、本当にいいの?」

城菜「うん!」

星夏「私たちが残った方がいいんじゃ……」

純代「」ウン

華菜「そうそう。緋菜も菜沙も一緒にお出かけだよ?」

城菜「だいじょぶ。わたしはおうちでみほこおねえちゃんとあそぶ」ピース

華菜「まぁ、夕飯までには帰るけど……」

城菜「いてらっしゃい!」

華菜「……すいませんキャプテン。悪いですけど、城菜をお願いします」

美穂子「ええ。任せて」ニッコリ

華菜「ありがとうございます。それじゃ行ってきます。城菜、また後でね」

城菜「はーい!」

美穂子「いってらっしゃい」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:34:48.76 ID:EviwrP2d0

ガチャ..バタン

城菜・美穂子「…………」

美穂子「さ、城菜ちゃんは何して遊びたい?」

城菜「んとねー………おえかき!」

美穂子「あら、楽しそう。では一緒にお絵かきしましょう」

カキカキカキカキ..

城菜「~♪」

美穂子「城菜ちゃんは何を描いたの?お姉ちゃんに教えてくれないかしら?」

城菜「いいよー♪じゃじゃ~ん!わんちゃん!」

美穂子「すごい!上手に描けてるわ。城菜ちゃんは将来画家さんになれるかも」ニコリ

城菜「いえーい!」ピース


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:37:03.86 ID:EviwrP2d0

♪~

美穂子「あら?この音は……私の携帯電話?誰からかしら?」

『竹井 久』

美穂子「っ!」

美穂子(上埜さんから……)ドキドキ

美穂子「あ、あの……城菜ちゃん?ごめんなさい、今お電話が…」チラ

城菜「がか~♪がか~♪」カキカキ

美穂子(夢中になって絵を描いてる。可愛い……あ!電話に出ないと。ここのボタンを押して……」ピッ

美穂子「も、もしもし?」

久『あ、もしもし、竹井ですけど』

美穂子「わ、私は福路美穂子ですっ!!!」

久『わぁ!』ビクン!

美穂子「えっ……あ、ごご、ごめんなさい」

久『あ、ううん、謝らなくても大丈夫よ。ちょっとビックリしただけだから』


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:39:30.92 ID:EviwrP2d0

美穂子「は、はい。あの……それで、お電話くれたのは一体?」

久『んーと、今日って暇?』

美穂子「え?」

久『暇だったら一緒に遊びたいなって思ってさ』

美穂子(それって……で、デート……でしょうか…///)

久『どう?それとも何か用事ある?』

美穂子「あ……そう、ですね。今日は夕方まで城菜ちゃ……華菜の妹さんと華菜の家でお留守番する事になってまして……」

久『あー、そうなんだ。それじゃしょうがないわよね……』

美穂子「う……えと……そうなってしまうのでしょうか……」

久『そりゃね。私としては子供好きだから美穂子と妹さんの三人で遊ぶのは魅力的だけど…』

美穂子「え?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:41:40.13 ID:EviwrP2d0

久『華菜って池田さんでしょ?面識あるとはいえ、大して仲良しでもない私を家にあげるのって嫌だと思うし』

美穂子「………あ!」

久『だからまた今度…』

美穂子「あ、あのっ!後で掛け直しますので、少しお待ちください!」

久『え?……わかった。待ってるわ』

美穂子「ありがとうございます。それでは失礼します」ピッ

美穂子「……………」

城菜「わたしのえはいちまいさんびゃくまんえん~♪」カキカキ

美穂子(上埜さんは子供好き。だったら一緒にお留守番してもらえるかもしれない。後は華菜に許可をもらえれば……)ピピッピ..


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:44:26.32 ID:EviwrP2d0

商店街

華菜「ん?キャプテンから電話だし……はいもしもし」

美穂子『あ、華菜?ちょっと聞きたい事があるのだけど』

華菜「なんでしょう?」

美穂子『う、上埜さんも一緒にお留守番する、とかって可能かしら?』

華菜「はいぃ!?」

華菜(上埜って……清澄の部長の竹井さんだっけ?なんでそんな話になるんだし!)

美穂子『あ、ご、ごめんなさい……実は上埜さんから電話があって……―――』

華菜「なるほど、そういうわけでしたか」

美穂子「ええ」

華菜(竹井さんとは会った事あるし、家にあげるのは全然いい……けど、キャプテンにちょっかいかけそうなのが気になるし……)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:47:08.15 ID:EviwrP2d0

美穂子『……ごめんなさい。わがままを言ってしまったわ。そうよね、城菜ちゃんは上埜さんを知らないし、いきなり会わせるのは不安よね』

華菜「あ……」

華菜(私の沈黙のせいでキャプテンが落ち込みかけてる!そんなのダメだし!)

華菜「いえ!大丈夫です!城菜は人見知りしないっていうか、むしろ色んな人と会った方がいい思い出になると思います」

美穂子『……そうなの?』

華菜「はい!ですので、竹井さんが良ければ私は構いません!」

美穂子『華菜……ありがとう』

華菜「いえいえ。それでは//」ピッ

華菜「…………」

華菜(まぁ……さすがの竹井さんでも今日一日で、しかも城菜もいる状態でキャプテンと親密になるのは無理だし!大丈夫だな)ヘヘン!


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:49:23.95 ID:EviwrP2d0

池田家

久「おじゃまします」

美穂子「こ、こんにちは」

久「ごめんね?そっちの都合に割り込んじゃって」

美穂子「い、いえ……私もうえ……竹井さんと一緒に遊びたかったので……//」

城菜「おおー!しらないひと!」タタタ

久「わぁ!かっわいい~!池田さんに似てるわ~!ねぇねぇ、お名前教えてくれない?」

城菜「しろな!」

久「城菜ちゃんか~!イイ名前ねぇ……あ、初めまして。私の名前は久、よろしくね♪」

城菜「よろしく!ひさ!」

久「うん!あ~、可愛い♪」ニコニコ

美穂子(上埜さんの笑顔も可愛くて素敵です…///)

久「それじゃあ何して遊ぼうか?今までどんな事してたの?」

城菜「おえかき!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:52:11.92 ID:EviwrP2d0

美穂子「城菜ちゃん、絵が上手なんですよ」

久「そうなの?わ、本当だ。これは犬ね?上手に描けてる。すぐわかったもん」

城菜「がか!」フムン!

久「ふふっ、そうね。画家さんになれるかも」ナデナデ

城菜「えへへ」

美穂子「城菜ちゃん、もっとお絵かきする?それとも他に何かしたい事ある?」

城菜「あ!えほんよんで!」

美穂子「絵本ね、わかったわ。どれにしようかしら……あ、これにしましょう」ガサゴソ

久「浦島太郎か~、懐かしいわね」ウフフ

城菜「」ワクワク

美穂子「では、読むわね」ニコリ

城菜「はーい!」

美穂子「昔々あるところに、若い男がいました。ある日、その男が道を歩いていると、砂浜に小さな子供たちが集まって亀をいじめていました」

美穂子「優しい男は、子供たちから亀を助けました。しかし子供たちにいじめられていた亀は、甲羅の中に手足と頭を引込めたままです」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:54:43.35 ID:EviwrP2d0

美穂子「男が『もう大丈夫だよ』と声をかけると………その……亀は……っ…」

久・城菜「?」

美穂子「手足と顔を………甲羅の外に出して……『あ、ありがと………う……ござい……ます……』……と………うぅ」グス

久「ふ、福路さん?どうして泣いてるの?」

美穂子「あ、す、すみません……この男の人が……自分を知っている人が誰もいないという悲しい結末を迎えると思うと……うぅ」

久「ちょ、ちょっと!結末を言っちゃ……」

城菜「…………」

美穂子「はっ!ご、ごめんなさい。城菜ちゃん……」

城菜「しってる!」ニコリ

美穂子「え?」

城菜「おうちのえほん、ぜんぶしってる」ピース

久「あー……それもそうか」

城菜「しらないえほんよんで!」

美穂子「え……知らない絵本……」

美穂子(どうしましょう。今から買いに行った方が……いえ、それより図書館で借りて……)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:56:57.40 ID:EviwrP2d0

久「それなら、私がお話をするわ。城菜ちゃんが聞いた事のないお話を」フフフ

美穂子「え」

城菜「わー」パチパチ

美穂子(すごい。さすが上埜さん……絵本の事まで頭に入ってるなんて……)

久「昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました」

美穂子(あれ?これって桃太郎では……?桃太郎は棚に入っていたから城菜ちゃんも知ってるお話だけれど……)

城菜「?」

美穂子(上埜さんは気付いてないみたい。私が止めないと……)

久「おばあさんが洗濯をしているとドンブラコッコ、ドンブラコッコと、子供たちにいじめられていた亀が流れてきました」

美穂子「え?」

城菜「!」

久「おばあさんが亀を助けると、亀は『竜宮城へ行く途中、鬼が島に寄って鬼を退治してあげる』と言いました」

城菜「おおおー♪」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 21:59:18.06 ID:EviwrP2d0

久「きびだんごを食べてお腹いっぱいになった亀は、元気よく出発。道すがら、力自慢の金太郎とペットの犬、猿、きじと、ほっぺたに大きいこぶをつけたおじいさん
を仲間にしました―――」

美穂子(これって……色々な絵本を混ぜて……)チラ

城菜「♪」ワクワクワク!

美穂子(城菜ちゃん喜んでる……さすが上埜さんだわ)キュン

久「――……鬼を倒したこぶのあるおじいさんは、許すかわりにこぶをとってもらって嬉しそう。大きな豆の木を登り、巨人に会いに行きました」

久「一方その頃、山へ芝刈りに行ったおじいさんは、竹の中から小さなお姫様と一寸法師と親指姫を見つけ、罠にかかった鶴も助けて家へ帰ります」

久「家に帰ると、隣の家から蜂や臼が猿を懲らしめている音が聞こえましたが、おじいさんには関係ありません」

久「それはともかく、鶴が機織りしている間にかぼちゃの馬車で作ったスープを飲むと、おじいさんの体から大量の垢が出ました」

久「その垢が集まり、命が吹き込まれ、小さな男の子になりました。おじいさんとかぐや姫と一寸法師と親指姫で相談した結果、その子の名前は垢太郎に決まりました
―――」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:01:48.84 ID:EviwrP2d0

10分後

久「―――…そう、最初に川を流れてきた亀こそが、未来から来た桃太郎だったのです!そして、再びおばあさんに助けられ、鬼退治へ行くのでした。めでたしめでた
し」

城菜「わあああああ!すごーい!!」パチパチパチパチ!

美穂子「悲しみもありましたけど、感動しました!物語に関係ないと思われていた上に、犬猿の仲の猿とカニが協力して魔女からこぶとりじいさんを救うところなんて
最高でした!」パチパチパチ

久「ありがと」ウフフ

城菜「ひさ!こんどはひーろーごっこ!」クイクイ

久「わかったから、引っ張らないの」ニッコリ

美穂子(城菜ちゃん……あっという間に上埜さんに懐いたみたい)

城菜「ひさはおうじさまで、みほこおねえちゃんはわるものね!」

美穂子「悪者……わかったわ。出来るかしら」フーム

久「城菜ちゃんは?」

城菜「おひめさま!ひさがたすけにきてくれるの!」ニコー


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:04:48.03 ID:EviwrP2d0

久「そうよね。こんなに可愛いお姫様なら、絶対助けないとね」

城菜「うんっ!」

久「それじゃ、悪者に捕まってるところからかな?」

城菜「そうする!」タタタ

美穂子「え、えーと」

美穂子(悪者……?どうしたら……)ウーンウーン

城菜「よーい、どん!」

久「……城菜姫!今すぐ助けに行きます!」

城菜「ひさ!おねがい!」

美穂子(悪者っぽい感じの人……悪者っぽい感じの………あ!)

美穂子「………お、おーほっほっほ!あなたなど、わたくしのお相手になりませんわ!」

久「そうはさせない!私の命に代えても、城菜姫を助けてみせる!」

美穂子「おーほっほっほ!でしたら、どうぞご勝手に!命を捨てにいらっしゃいまし!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:07:08.06 ID:EviwrP2d0

城菜「ひさ!おうじさまぱんち!いっぱつだーっ!」

久「くらえっ!王子様パーンチ!!」ペチッ

美穂子「う、うわーっ……ありえませんわっ………がくっ」ペタン

城菜「やったー!」ワーイ

美穂子(なんとかなったみたい)ホッ

久「城菜姫……よくぞご無事で……」ギュッ

美穂子(あ……上埜さんが城菜ちゃんを抱きしめてる……)

城菜「ほうびをとらす。ん」

久「?」

城菜「ちゅーするがよい」

久「へ」

美穂子「!?」

城菜「ひめからのほうびじゃ。んー……ほれはやく」

久「あ、う、うん……それじゃ……」

美穂子(え?え?ええええ!?)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:09:39.68 ID:EviwrP2d0

チュッ

城菜「ごくろうだった!」

久「ありがたき幸せ」クスッ

美穂子(おでこ……口でなくてよかった……けど……胸がモヤモヤするわ)

城菜「もういっかいさいしょからやろう!」

久「あら、じゃあ…」

美穂子「ま、待って下さい!」スクッ

城菜「?」

美穂子「その……次は役を変えてもらいたいのですが……」

久「意外と悪者似合ってたわよ?誰かに似てる気がしたけど」クス

城菜「どうするの?」

美穂子「た、竹井さんは王子様のままで、私と城菜ちゃんが交換するのはどうかしら?」

城菜「いーよ!がおー!」

美穂子「あ、ありがとう」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:11:59.14 ID:EviwrP2d0

久「うふふ……お姫様になりたかったんだ?」

美穂子「う……そういうわけでは……っ///」

久「ま、いいわ。それじゃ始めましょう。よーいどん!」

城菜「がおー!しくだいやってるからだめだし!」

美穂子「た、助けてー」

久「美穂子姫!」

美穂子(あ……美穂子って……下の名前で……///)

城菜「ごはんこぼしてるし!ふきなさい!がおー!」

久「王子様パーンチ!」ペチ

城菜「うがー!やられたー!」コテーン

美穂子(い、いよいよ……上埜さんとキス……)ドックン..ドックン..

久「美穂子姫……」

美穂子「お、王子様……ほうびを……とらす。き、キスを……///」

久「…………」スーッ..


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:14:15.87 ID:EviwrP2d0

美穂子「////」ドクン..ドクン..

久「ちゅっ………っと。こんな感じね」

美穂子(え?今……口で音を出しただけで、どこにも触れてない……)

久「城菜ちゃん、次はどうする?ヒーローごっこ続ける?」

城菜「んー……おままごとする!」

美穂子(上埜さんは……私にキスをするのが嫌、だった……?)

城菜「わたしがおかあさんでひさがおとうさん!みほこおねえちゃんがこども!」

美穂子(つまり、私の事が嫌い……?)グスッ..

城菜「みほこおねえちゃん?」

美穂子「あ、ごめんなさい」

美穂子(それは悲しすぎるけど……今は城菜ちゃんと一緒……落ち込んだ顔を見せて心配させちゃダメよね)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:16:34.67 ID:EviwrP2d0

10分後

城菜「たのしー!」ワー

美穂子「よかった」

久「………ねえ、城菜ちゃん。今度は私がお母さんで、福路さんがお父さんで城菜ちゃんが子供でやっていい?」

美穂子「え?」

美穂子(一体何を……)

城菜「いーよ!わたしいいこのやく!」

久「ありがとう。それじゃ始めましょ、ね?」

美穂子「は、はい」

久「……あなたが落ち込んでるのは私の責任よ。ごめんなさい」

美穂子「え?ええと……」

美穂子(ケンカ中の設定かしら)

久「だけど私の気持ちもわかってほしい。私はあなたが大切だから、あなたの気持ちを無視して……あなたに触れる事は出来ないの」

美穂子「あ……」

美穂子(これってもしかして……ヒーローごっこの時の……)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:18:43.32 ID:EviwrP2d0

久「……ただするだけならいつでも出来るけど、それじゃあまりにもじゃない。そう思わない?」

美穂子「…………はい。その通りですね」

久「でしょ?」

城菜「でしょー?」

久「……あなたは付き合う前からそうだった。私がどれだけあなたからの告白を待っていたか、気付いてた?」

美穂子「!!」

美穂子(……それって)

久「きっと、自分の事でいっぱいいっぱいで……私の気持ちが誰に向いているのか気付いてなかったんでしょうね」

美穂子(上埜さん……)

久「…………//」プイッ..

美穂子(…………っ!)

城菜「?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:21:12.03 ID:EviwrP2d0

美穂子「うえ……ひ、久さん」

久「は、はい」

美穂子「本当に久さんの言う通りでした……」

久「………!」

美穂子「私は………久さんと会えるだけで……話せるだけで嬉しかった」

美穂子「なのに……だんだん我慢できなくなった。会えるだけで幸せだったのに、触れたいと思ってしまった。話すだけでなく、笑ってほしいと思ってしまった」

久「……うん」

城菜「そうかー」

美穂子「でも私……何も出来なかったんです。久さんと仲良さそうに話している加治木さんを見て羨んだりしただけで……」

久「…………」

美穂子「怖かった……私の事なんてなんとも思ってなかったとしたらどうしよう、会う事すら出来なくなったら……そんな風にばかり考えてしまって」

久「…………」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:23:21.93 ID:EviwrP2d0

美穂子「結局、自分の気持ちを告げる事なく、ただそばにいようとしました。そうすれば、久が私の気持ちに気付いてくれるかもしれない…そんなずるい事を思いなが
ら……」

城菜「んー?」

久「…………」

美穂子「本当に意気地なしですよね……幸せになりたいと願っているくせに……」

久「……もう!」

美穂子「え?」

久「私が聞きたいのは……反省じゃないのよ?」

美穂子「あ……」

久「…………//」

美穂子「…………久さん」

久「は、はい……」

美穂子「私、福路美穂子は……久さんが好きです。大好きです」

久「っ///」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:26:19.05 ID:EviwrP2d0

美穂子「私と…………付き合ってください」

久「ぅ…………うん。その……わ、私も…………好きだから……あの……付き合う//」カァァ..

美穂子「久さん……嬉しい…///」

城菜「ふたりはけっこんしてるよ?」

美穂子「え?あ、そ、そうでした///」

久「あ……あははは……昔の話だったわね~///」

城菜「ちゅー!」

久・美穂子「え?」

城菜「けっこんしてるから……ちゅーする!」

久「あ……」

美穂子「う……」

城菜「??」

久「えと……」チラ

美穂子「では私から……」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:28:46.72 ID:EviwrP2d0

久「えっ?美穂子から?」

美穂子「はい。もう……気持ちが抑えられなくて」

久「ぁ……そ、そなんだ//」

美穂子「久さん…………ん……」チュ

久「ん……」

城菜「ちゅー!」ワーイ!

久「……はぁ……夢みたい」ポーッ..

美穂子「はい。私もです」

久「なんかお姫様になったみたいで……はぁぁ」

美穂子「お姫様……ですか?」

久「え?……あっ!!!」ハッ

美穂子「?」

久「い、今の無し!ボーっとしてて変な事言っちゃったから!」

美穂子「無しと言われても……気になります」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:31:26.08 ID:EviwrP2d0

久「で、でも……」

美穂子「教えてください……ちゅ」

久「っ…………」

美穂子「ちゅ……お願いします」

久「わ、わかった。言うから……キスはもう……ね?また後でというか……///」

美穂子「はい///」

久「えーと……私ってさ、城菜ちゃんもそうだったけど、王子様みたいなイメージもたれてるらしくて……颯爽と現れて愛を告げる、みたいな感じの」

美穂子「確かにそうですね」

久「でもさ、私も女だし……好きな人から求められたいというか……好きって言ってほしくて……」

美穂子「…………」

久「……って私、何言ってるの!?ああ……恥ずかしい……///」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:33:39.70 ID:EviwrP2d0

美穂子「………すぎます」ギュ

久「え?」

美穂子「久さん、可愛すぎます!!」ギュゥゥウ..

久「ぅわわ……ちょ、ちょっと……///」

美穂子「本当に可愛いです!久さん!」ギュウウ..

城菜「ぷろれす!わたしもやる!」ダキッ!

久「ああっ、もう……くすぐったいわよぉ…//」

城菜「ぎゅー!」

美穂子「ふふっ…//」

美穂子(ああ……幸せ……)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:36:10.54 ID:EviwrP2d0



華菜「城菜、お留守番どうだった?楽しかった?」

城菜「うん!すごく!」カキカキ

華菜「そっか」

華菜(竹井さんがキャプテンにちょっかいかけるんじゃないかって警戒してたけど、変な事はされてないってキャプテン言ってたし、城菜も楽しかったみたいだし、よ
かったよかった)

城菜「ふんふふーん♪」

華菜(今度竹井さんに会ったらお礼言っておかないと)

緋菜「いっぱいかいたな!」

菜沙「すごいね!」

華菜「ん?ああ、絵か。本当だ、いっぱいあるし」ペラ..ペラ..

華菜(犬、猫、象……これは私かな?なんかニャーとか叫んでるし…)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:40:14.50 ID:EviwrP2d0

城菜「できた!」

華菜「お、新しいの?見せてよ」

城菜「はい!」

華菜「ありがと…………え?」

緋菜「わあ!」

華菜(この絵……キャプテンと竹井さんが抱き合ってる……こっちの絵は指を絡めて………こ、こっちはキスしてる!!)

菜沙「らぶらぶ!」

華菜「こ、これは?城菜が想像したの?」

城菜「ううん。ふたりをみてかいたの」

華菜「っ!!!???」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:42:56.05 ID:EviwrP2d0

菜沙「いいなー!」

緋菜「ちゅーしたいなー!」

緋菜・菜沙・城菜「ねー!」

華菜「ちゅ、ちゅー……きゃ、キャプテンと……竹井さんが……」ゴゴゴ..

城菜「あ!そうだ!ふたりってこいびとになったんだって!」

華菜「!?」

緋菜・菜沙「わー!すごーい!」

華菜「こ、こここ……恋人……ああ……あああああ……」ゴゴゴゴゴ...

緋菜・菜沙・城菜「?」

華菜「………………っ!」

華菜「ニャーーーーーーーーーー!!!!」

緋菜「わあ!」

城菜「でたー!」

菜沙「しろなのえとそっくりだ」

終わり


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:45:18.44 ID:EviwrP2d0

読んでくれた人、支援してくれた人、どうもありがとう


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/01(木) 22:50:24.39 ID:bnJprQFB0

乙乙
綺麗なキャプテンで安心した





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿