TOP > Fate/stay night > 士郎「セイバー?!セイバーじゃないか!?」リリィ「はい?」

士郎「セイバー?!セイバーじゃないか!?」リリィ「はい?」

2018/10/27 17:02 | Fate/stay night | コメント(0)
1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 15:53:12.14 ID:6OTMA37a0

通学路

士郎「セイバー!!」

リリィ「あの……」

士郎「聖杯もないのにどうやってこっちに戻ってきたんだ!?」

リリィ「すいません。人違いではないですか?」

士郎「え……」

リリィ「失礼します」

士郎「……そうだよな」

士郎「セイバーはもう……いない……もんな……」


4: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 15:55:44.55 ID:6OTMA37a0

学校

士郎「はぁ……」

一成「衛宮、どうした?」

士郎「一成……」

一成「元気がないようだが?」

士郎「いや、なんでもない」

一成「そうか。では、備品の点検に行こうか」

士郎「ああ……」

士郎(でも……似てたな……セイバーに……)

一成「そうだ。今日、転校生がくると担任からきいたが知っているか?」

士郎「そうなのか」

一成「なんでも留学生らしい」

士郎「へえ」

一成「粗相のないようにな」

士郎「なんで俺にいうんだよ」


8: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 15:58:06.72 ID:6OTMA37a0

凛「おはよう、衛宮くん」

士郎「よう」

桜「先輩」

士郎「どうした?」

桜「あ……」

凛「じゃあね」

士郎「おう」

桜「お邪魔……でしたか?」

士郎「そんなことない。で、どうした?」

桜「今日の晩御飯なんですけど……」

士郎「うん」


リリィ「……」キョロキョロ

リリィ「職員室はどこでしょうか……?」


11: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:01:36.67 ID:6OTMA37a0

リリィ「すいません」

士郎「は―――」

桜「え?!」

リリィ「なにか?」

士郎「あ、朝の……」

リリィ「ああ。今朝の……」

桜「セイバーさん!?」

リリィ「は?」

士郎「桜、よく似てるけどセイバーじゃないんだ」

桜「そ、そうなんですか……。いや、そうですよね」

リリィ「セイバーとか一体、どなたなのですか?」

士郎「い、いや。知り合いに似てるから。えっと、それでなんですか?」

リリィ「職員室に行きたいのです」

士郎「職員室?」

リリィ「今日からここの生徒になるのでご挨拶をしておきたいのです」


15: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:05:36.83 ID:6OTMA37a0

士郎「君が留学生……?」

リリィ「はい」

桜「……よく似てますね」

リリィ「そうですか。一度、お会いしたいですね」

士郎「……」

リリィ「あ……すいません。どうやら、話題にしてはいけないようですね」

士郎「いや、そんなことない。ごめん」

リリィ「こちらこそ無遠慮に踏み込んでしまったようです。申し訳ありません」

桜(話し方も仕草も……瓜二つ……)

士郎「職員室だったな。案内するよ」

リリィ「どうも」

士郎「桜、またあとで」

桜「わかりました」

士郎(セイバー……にしか見えない……)

リリィ「……」


19: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:08:29.30 ID:6OTMA37a0

士郎「ここだ」

リリィ「助かりました」

士郎「……」

リリィ「リリィです」

士郎「え?」

リリィ「私の名前です」

士郎「あ、俺は士郎」

リリィ「シロウですね。覚えました」

士郎「う、うん……」

リリィ「それでは」

士郎「……」

士郎「まずい……」

士郎「セイバーはもういないんだ……」

士郎「彼女はセイバーじゃない……そう思わないと……」


22: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:12:31.19 ID:6OTMA37a0

大河「セイバーさん!??!」

リリィ「は?」

大河「あ。いや違うわよねー」

リリィ「あなたも私のことをそう呼ぶのですね」

大河「ごめんなさい。すっごい似てるから」

リリィ「いえ。あだ名だと思えばいいですし、それほど悪い響きでもありません」

大河「そ、そう?えっと……リリィさんだっけ?」

リリィ「はい。よろしくお願いします」

大河「留学生だし色々と奇異な目で見られると思うけど……」

リリィ「心得ています。それに二週間もすれば皆さんも慣れてくれるでしょう」

大河「……」

リリィ「なんですか?」

大河「本当にセイバーさんじゃ……ないわよね?」

リリィ「残念ながら違います」

大河「そうよね。うん……」


25: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:15:59.03 ID:6OTMA37a0

教室

リリィ「初めまして、リリィと申します。これからよろしくお願いします」

パチパチパチ……

大河「じゃあ、空いてる席に座って」

リリィ「はい」

「きれー」

後藤「かわいい……」

一成「セイバーさん……?」

士郎「違う。そっくりさんなだけだ」

一成「そうか」

リリィ「……」

士郎「……」

リリィ「……?」

士郎「?!」

士郎(目が合った……。駄目だ……どうしても意識するな……)


29: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:20:41.21 ID:6OTMA37a0

「リリィさん、どこの出身なの?」

リリィ「アイルランドからです」

「日本語上手いですね」

リリィ「元から日本という国に興味がありましたので」

「すごーい。ねね、どんな人はタイプ?」

リリィ「タイプ……難しいですね……。堅実な男性なら」

「好きな食べ物はー?」

リリィ「えーと……特には。生の海鮮以外なら好んで食べます」

士郎「……」

一成「気になるようだな」

士郎「え?」

一成「話しかければよかろう」

士郎「そんなんじゃない」

一成「そうか?」

士郎「ああ」


32: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:24:41.58 ID:6OTMA37a0

昼休み

凛「衛宮くん、いくわよ」

士郎「ああ。桜は?」

凛「綾子に連れて行かれたわ」

士郎「そうか」

凛「ほら。早く」

士郎「わかってる」

リリィ「あの」

凛「セイバー!?!?」

リリィ「いえ。違います」

士郎「どうした?」

リリィ「いえ。シロウに学校全体も案内してもらおうかと思いまして」

士郎「なんでさ?ここには一成っていう生徒の鑑が……」

リリィ「あの方もシロウが適任だろうと言っていました」

士郎「一成……」


36: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:28:20.93 ID:6OTMA37a0

凛「……」

リリィ「なんですか?」

凛「セイバーじゃないのね?」

リリィ「違います」

凛「……遠坂。遠坂凛よ」

リリィ「リリィです。リン、とお呼びしても?」

凛「え、ええ。構わないわ」

リリィ「ところでシロウ。案内を頼んでもよろしいですか?」

士郎「あ、ああ。いいぞ」

リリィ「ありがとうございます。シロウ」

士郎「うっ……」

凛(セイバーの生き写しじゃない……。なんなの……?)

士郎「その前にご飯食べるんだけど……セイ、じゃなくて、リリィも一緒にどうだ?」

リリィ「それは嬉しい。よろこんでお供します」

凛「……」


38: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:33:19.22 ID:6OTMA37a0

屋上

リリィ「このような場所で食べるのですか?」

士郎「悪いな。遠坂とはいつもここで食べるんだ」

凛「少し寒いけど、まぁ、嫌なら別に場所を変えてもいいわよ?」

リリィ「いえ。どうやらここはお二人にとって特別な場所なのでしょう。新参の私が意見をいう資格はありません」

士郎「そんな気をつかわなくても」

リリィ「いえ。お気になさらず」

凛「……」

士郎「じゃあ、食べるか」

リリィ「はい」

凛「セイバー、じゃなくてリリィのお弁当、お手製?」

リリィ「はい。今は一人ぐらしですので」

士郎「そうなのか……」

リリィ「ですから、なんでも自分でしないといけませんから。自炊も洗濯も。執事がいれば楽なのでしょうけど」

凛(家事をするセイバーね……。想像できないわ)


40: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:36:46.58 ID:6OTMA37a0

リリィ「……」モグモグ

士郎「……」

凛「……」

リリィ「……あの。見つめられると、食べにくいのですが……」

士郎「あ、わ、悪い!!」

凛「ごめんなさい。どうしても知り合いと貴女を重ねてしまうの」

リリィ「そうですか……」

凛「ところで……そんな小さなお弁当で足りるの?」

リリィ「ええ。問題はありませんが」

凛「ふーん」

リリィ「それがなにか?」

凛「知り合いはもっと健啖家だったからね。少し違和感があるの」

リリィ「そうなのですか?」

凛「うん」

士郎「……遠坂。もういいだろ。リリィはセイバーじゃないんだ」


43: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:40:37.76 ID:6OTMA37a0

リリィ「あの……その方は……?」

凛「死んだわ」

士郎「遠坂!」

凛「いいじゃない」

リリィ「そう……なのですね……」

凛「うん」

リリィ「あの……やはり学校の案内は別の人にお願いすることにします」

士郎「なんでさ?」

リリィ「どうやら私は二人にとって辛い過去を思い出させる要因になっているようですから……」

士郎「そんなことないぞ!」

リリィ「しかし……シロウの顔も……どこか落ち込んでいるようにも見えます」

凛「こいつ、その知り合いに惚れてたからね」

リリィ「え……」

凛「だから、動揺しているだけよ」

士郎「やめろ、遠坂……。リリィが困るだろ」


45: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:43:19.18 ID:6OTMA37a0

リリィ「シロウ……申し訳ありません」

士郎「いや……」

リリィ「それなら尚のこと、他の人に頼みます」

士郎「……」

リリィ「それでは」

凛「……」

士郎「待ってくれ」

リリィ「……?」

士郎「俺にさせてくれ」

リリィ「しかし……」

士郎「頼られて断れない性格だし、乗りかかった船なら最後まで乗っていってくれ」

リリィ「……いいのですか?」

士郎「ああ」

リリィ「……では、お願いします」

遠坂「……ふん」


47: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:45:19.21 ID:6OTMA37a0

廊下

凛「じゃ、またね。衛宮くん」

士郎「ああ」

リリィ「……」

士郎「それじゃあ、案内するな」

リリィ「シロウ?」

士郎「ん?」

リリィ「やはり無理は……」

士郎「気にするなって」

リリィ「……はい」

士郎「まずは音楽室からだな」

リリィ「目の前にありますね」

士郎「うん。そうだな」

リリィ「ふふ……」


49: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:48:22.08 ID:6OTMA37a0

道場

士郎「ここは弓道場。まあ、入部でもしない限り来る機会は無いと思うけど」

リリィ「そうですね。興味はありますが、部外者の足で汚す場所ではないようです」

士郎「……」

リリィ「なにか?」

士郎「いや……」

桜「先輩!」

士郎「桜」

桜「えっと……なにを?」

士郎「オリエンテーション」

桜「ああ……」

リリィ「朝にもお会いしましたね」

桜「は、はい!」

リリィ「リリィと申します」

桜「桜。間桐桜です」


53: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:52:02.64 ID:6OTMA37a0

美綴「衛宮、いきなり転校生をはべらしてるの?」

士郎「あのなぁ……そんな風に見えるのか?」

美綴「見える」

士郎「……」

リリィ「初めまして。リリィです」

美綴「私は美綴綾子。よろしく」

桜「先輩、折角ですし……どうですか?」

士郎「いや。いいよ」

美綴「的に当てる自信がないの?」

士郎「いや。穢したくないだけ」

桜「そんなこと……」

リリィ「シロウ、そろそろ……」

士郎「そうだな。それじゃあ、またな桜」

桜「あ、はい……」

美綴(間桐桜にライバル現る……かな?)


55: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:54:10.47 ID:6OTMA37a0

放課後

一成「衛宮、すまんがまた頼むぞ」

士郎「わかってる」

リリィ「……」

士郎「……リリィ」

リリィ「え?」

士郎「また明日な」

リリィ「はい」

リリィ「……」スタスタ

凛「ちょっといいかしら?」

リリィ「なんですか?」

凛「こっち」

リリィ「……?」


58: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 16:56:23.70 ID:6OTMA37a0

保健室

ガチャリ

凛「ベッドに座って」

リリィ「あの……なにを?」

凛「いいから」

リリィ「はぁ……」

凛「上着脱いでくれる?」

リリィ「どうしてですか?」

凛「調べたいことがあるの」

リリィ「えっと……」

凛「もし貴女がセイバーなら色々と面倒なことが起こってるかもしれないから」

リリィ「ど、どういうことですか?」

凛「早く脱いで」

リリィ「い、いやです……」

凛「―――ぬげぇぇ!!!おらぁ!!」ガバァ


63: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:00:18.30 ID:6OTMA37a0

リリィ「……ぐすん」

凛「ふー……どうやら、本当にセイバーじゃないみたいね」

リリィ「なんでこんなことを……もうお嫁にいけません……」

凛「ちょっと胸を触っただけじゃない」

リリィ「……」

凛「悪かったわよ」

リリィ「あの……そのセイバーさんって……一体……」

凛「……色々あるの」

リリィ「いえないんですね……」

凛「ええ。ごめんなさい」

リリィ「……シロウとセイバーさんは恋人の関係だったのですか?」

凛「……もっと深い関係だったかもね」

リリィ「……」

凛「ありがとう。素敵な体だったわ」

リリィ「それ……フォローのつもりですか……?」


65: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:04:01.58 ID:6OTMA37a0

夜 衛宮邸

士郎「桜ー、出来たぞ。遠坂を呼んできてくれ」

桜「あの、先輩?」

士郎「ん?」

桜「リリィさんのこと……なんですけど……」

士郎「……」

桜「あの……!!」

士郎「大丈夫だよ、桜」

桜「……」

士郎「ちゃんと割り切れてるから」

桜「先輩……」

士郎「セイバーはもういない。リリィはセイバーじゃない……だろ?」

桜「はい……」

士郎「ほら、食べよう。遠坂を呼んできてくれ」

桜「わかりました……」


66: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:06:27.44 ID:6OTMA37a0

士郎の自室

士郎「……」

士郎(リリィ……か)

士郎(桜にはああいったけど……どうしても意識はするな……)

士郎(反則だろ……あれだけ似ているなんて……)

士郎「……」

士郎「はぁ……セイバー……」

士郎「……」ウルウル

士郎「やば……」ゴシゴシ

士郎「寝ないと……」

士郎(セイバー……)

士郎「……会いたいな」


68: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:09:10.34 ID:6OTMA37a0

翌日 学校

士郎「おはよう、一成」

一成「ああ、おはよう」

士郎「ふんふーん……」

リリィ「……」

士郎「……セイバー?」

リリィ「おはようございます、シロウ」

士郎「……っ」

リリィ「どうかしましたか?」

士郎「ご、ごめん……なんでもない……」

リリィ「シロウ……あの……」

士郎「ごめん……本当に……」

リリィ「……」

士郎「ごめん……」

リリィ「申し訳……ありません……」


69: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:11:20.23 ID:6OTMA37a0

昼休み

凛「衛宮くん」

士郎「いくか」

凛「リリィは?」

士郎「……」

リリィ「……」モグモグ

「それ手作り?!」

リリィ「はい」

「すごーい!!」

士郎「友達がもうできたみたいだ」

凛「そう」

士郎「桜は?」

凛「もう待ってるわ」

士郎「待たせるのも悪いな。急ごう」

凛「ええ……」


72: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:14:38.11 ID:6OTMA37a0

放課後

士郎「今日は……ちょっと早めに来て欲しいネコさん言ってたな……」

リリィ「シロウ……?」

士郎「ん?」

リリィ「……また、明日」

士郎「うん」

リリィ「……」

士郎「……」スタスタ

リリィ「……」

士郎「……リリィ!!」

リリィ「は、はい!!」

士郎「あのさ……」

リリィ「は、はい……?」

士郎「今度……うちに来ないか?」

リリィ「え……?」


73: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:19:13.56 ID:6OTMA37a0

士郎「駄目か?」

リリィ「ど、どうして急に……」

士郎「えっと……なんとなく……」

リリィ「は?」

士郎「あ、ごめん……やっぱりいい……」

リリィ「シロウ……」

士郎「忘れてくれ……」

リリィ「いつ、行けばいいですか?」

士郎「え……?」

リリィ「休日なら空いていますが」

士郎「……」

リリィ「貴方が私を誘うにはかなりの覚悟がいるはずです。それに応えないのは不敬にもほどがあるというもの」

士郎「リリィ……じゃあ……日曜日に……」

リリィ「わかりました。では、家まで案内してください。私は貴方の家を知りませんから」

士郎「あ……そっか……うん……今から案内する」


75: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:22:17.91 ID:6OTMA37a0

衛宮邸

士郎「ここだ」

リリィ「立派な屋敷ですね。趣があって私は好きです」

士郎「そ、そうか……」

リリィ「……シロウ?」

士郎「え?」

リリィ「本当に私を招いてもよかったのですか?」

士郎「うん……」

リリィ「……わかりました。それでは日曜日にお邪魔することにします」

士郎「ここまでこれるか?」

リリィ「問題ないでしょう」

士郎「そうか」

リリィ「では、また明日」

士郎「ああ」

リリィ「……」スタスタ


77: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:25:38.60 ID:6OTMA37a0

数日後 日曜日 衛宮邸

ピンポーン

士郎「はーい」

ガララッ

リリィ「シロウ」

士郎「おかえり」

リリィ「え?あ、ただいまもどりました……」

士郎「あ、ご、ごめん!!その……癖で……」

リリィ「ふふ。よくあることです」

士郎「そ、そうか?」

リリィ「お邪魔してもよろしいですか?」

士郎「あ、ああ。構わない」

リリィ「失礼します。あと、つまらない物ですが手土産を……」

士郎「そんな、よかったのに……」

リリィ「いえ。初めての訪問で空手では忍びないですから」


78: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:29:03.44 ID:6OTMA37a0

リビング

士郎「今、お茶を出すよ」

リリィ「お構いなく」

士郎(セイバーが居間にいる……)

士郎「やべ……」

士郎(堪えろ……)

リリィ「シロウ?肩が震えていますが?」

士郎「ご、ごめん……なんでもないんだ……」

士郎(だめだ……口元が締まらない……)

リリィ「……それにしても落ち着きますね」

士郎「え?」

リリィ「まるでずっとここに住んでいたような感覚になります」

士郎「セイバー……」

リリィ「……すいません。私は……」

士郎「こっちこそ……リリィだもんな……」


79: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:32:30.18 ID:6OTMA37a0

士郎「……」

リリィ「……」ズズッ

士郎(話したいこと……いっぱいあったのに……全部、ふっとんだ……)

リリィ「……」

士郎(セイバーがここにいるのが……嬉しい……)

リリィ「ここにはシロウだけが住んでいるのですか?」

士郎「え、あ、いや。遠坂も桜も週に何度かこっちに寝泊りに来る」

リリィ「そうなのですか」

士郎「今日は一人だけど」

リリィ「そうですか」

士郎「……」

リリィ「……」ズズッ

士郎「や、屋敷の中、案内しようか?」

リリィ「ふふ。ここ一週間は貴方に案内されてばかりですね」

士郎「あ、そ、そうだな」


82: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:35:49.30 ID:6OTMA37a0

縁側

士郎「あんまり面白くなかったか?」

リリィ「いいえ。そんなことはありません。どこも私にとっては新鮮で……神聖な場所です」

士郎「……」

リリィ「神聖は少し大げさですか」

士郎「リリィ、この際だ。街も案内する」

リリィ「本当ですか?!」

士郎「やっぱりまだ街は探索してなかったか?」

リリィ「近所は散歩がてらよく見ていますが、新都のほうやこの辺りはまったくの無知です」

士郎「なら案内のし甲斐があるな。俺にまかせろ」

リリィ「はい」

士郎「んじゃ、早速いくか」

リリィ「ええ。お願いします」


85: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:38:50.32 ID:6OTMA37a0

商店街

士郎「ここではよく買い物をするんだ」

リリィ「なるほど……」

士郎「……」

セイバー『シロウ、これはなんですか?』

士郎(セイバー……)

リリィ「シロウ、これはなんですか?」

シロウ「セイバー、それは前に―――」

リリィ「……」

士郎「あ……」

リリィ「……いえ。気にしていません」

士郎「……ごめん。気分、悪いよな」

リリィ「シロウ、やはり……」

士郎「こっちにいこう」

リリィ「はい」


91: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:44:27.04 ID:6OTMA37a0

新都

士郎「これで、大体のところは回ったかな」

リリィ「ありがとうございます」

士郎「色々、ごめん」

リリィ「私が感謝する側です。謝られる所以はありません」

士郎「……」

リリィ「ただ……私はセイバーさんではありませんから……」

士郎「……うん」

リリィ「それだけは……どうしようもありません」

士郎「……」

リリィ「シロウ?」

士郎「なんだ……?」

リリィ「私はセイバーさんになれないですが……貴方が私を心の拠り所にするというなら……私は……」

士郎「リリィ……」

リリィ「……」


95: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:50:50.94 ID:6OTMA37a0

士郎「―――ごめん。そこまで考えてくれて嬉しいけど、そこまで甘えられない」

リリィ「そうですか?」

士郎「でも、説得力ないな。もう家にまで招待してるし」

リリィ「ふふ……」

士郎「リリィ、俺、やっぱりこれからも意識すると思う」

リリィ「……」

士郎「それだけは謝っておきたい」

リリィ「いえ。想い人と似ているのですから、それは致し方ありません。立場が逆なら、私もシロウと同じことを口走っているでしょう」

士郎「そうかな。リリィは気が強そうだから、そんなこと無いと思うけど」

リリィ「なんですか、それは。私が鉄面皮で温情のない性格だと言っているのですか?」ムスッ

士郎「そう聞こえた?その通りだけど」

リリィ「もう、シロウ!!」

士郎「ごめん。おわびにクレープでも奢るから」

リリィ「……ストロベリーでお願いします。クリームはたっぷりで」

士郎「おっけー。クリームたっぷりな」


97: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:55:10.02 ID:6OTMA37a0

リリィ「ふふ……」モグモグ

士郎「美味しいか?」

リリィ「はい」

士郎「口元、クリームついてる」

リリィ「え……?」

士郎「今、とってやるから」

リリィ「あ……ん……」

士郎「よし」

リリィ「あ、ありがとうございます……」

士郎「向こうまで行って戻るか」

リリィ「はい」

士郎「……」

リリィ「……」モグモグ

士郎(セイバー……はいない……割り切らないと、リリィに失礼だ)

士郎(リリィだって……きっと内心では傷ついてるはずだし……気をつけないと)


99: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 17:58:33.51 ID:6OTMA37a0

衛宮邸

士郎「おつかれさま」

リリィ「いえ。有意義な休日になりました」

士郎「そういってくれると嬉しいよ、リリィ」

凛「士郎、戻ったのね」

士郎「ああ」

リリィ「こんにちは、リン」

凛「……うん」

リリィ「なんでしょうか?」

凛「ううん。なんでもない。ごはんは食べてく?」

リリィ「いえ。帰ります。邪魔をしてはいけないでしょうし」

士郎「そんなことは……」

凛「そう。じゃあ、気をつけてね」

士郎「送っていこうか?」

リリィ「気にしないでください。シロウは家主なのでしょう?ならリンとサクラを気遣うべきです。部外者の私ではなく。それでは」


101: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:03:25.54 ID:6OTMA37a0

凛「部外者……だってさ」

士郎「……」

凛「士郎?言いたくないけど……セイバーとしてずっと見てたんじゃないの、リリィのこと」

士郎「それは……」

凛「だめよ。そんなことしたら、リリィだっていい気分じゃないだろうし」

士郎「分かってる」

凛「なら、いいけど。ストーカーだけにはならないでね?」

士郎「ならない!」

凛「なら……セイバーのことは忘れて……私だけを見ていられるかしら?」

士郎「え……」

凛「……」

士郎「と、おさか……?」

凛「……冗談よ。ほら、ごはんの支度をしましょう。藤村先生も来るんでしょ?」

士郎「そうだな……」

凛(まるで失恋したような顔ね……バカ士郎……)


106: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:06:53.96 ID:6OTMA37a0

翌日

士郎「んー……」

桜「おはようございます、先輩」

士郎「おはよう、桜」

桜「お弁当の用意はしてありますよ?」

士郎「ああ。いつも悪いな」

桜「いえ。好きでやってますから。なんでもいってくださいね、エッヘン」

士郎「うん……」

桜「……先輩?」

士郎「なんだ?」

桜「いえ……」

士郎「なんだよ?」

桜「なんでもないでーす」

士郎「そうか?」

桜(先輩……元気ないなぁ……。やっぱり、リリィさんのこと……?)


109: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:10:08.33 ID:6OTMA37a0

学校

桜「それじゃあ、先輩。また放課後に」

士郎「ああ。美綴によろしく」

桜「はい!」タタタッ

士郎「―――さてと」

リリィ「……シロウ」

士郎「え……」

リリィ「おはようございます」

士郎「お、おはよう……」

リリィ「……では」スタスタ

士郎「あ、ああ……」

士郎(はぁ……)

士郎(駄目だな……全然、割り切れてないぞ……俺……)

士郎(どうしたらいいんだ……)


111: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:13:48.49 ID:6OTMA37a0

昼休み

士郎「リリィ……」

リリィ「なんでしょう?」

士郎「一緒に……お昼どうだ?」

リリィ「ええ。喜んで」

士郎「え……」

リリィ「なにか?」

士郎「あ、いや。断られると思ってた」

リリィ「どうしてシロウの誘いを断ることができるのですか」

士郎「……」

リリィ「貴方の頼みを無碍にできるほど、私は非情ではないですから」

士郎「なんだよ、新都でのことまだ根に持ってんのか?」

リリィ「当然です。私を罵ったわけですから」

士郎「あれは冗談だって」

リリィ「いーえ。冗談でも許せません。だから、私が如何に慈愛に満ちているか、シロウの体に染み渡るまで教えてあげます」


112: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:18:04.01 ID:6OTMA37a0

凛「衛宮くん……」

士郎「わかったよ」

リリィ「ふふ……」

士郎「じゃあ、遠坂を呼びにいくか」

リリィ「ええ」

凛「……」

士郎「あ……」

リリィ「リン、来ていたのですか」

凛「仲がいいのね」

士郎「え……あ……そうだな……」

リリィ「私の目にはお二人のほうが鴛鴦に映りますよ?」

凛「はぁ!?」

士郎「ちょ……!!」

リリィ「ふふ……既に将来を誓い合っているとか?」

士郎・凛「「ないない!!!」」


115: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:21:00.05 ID:6OTMA37a0

屋上

凛「……」モグモグ

士郎「あ……遠坂……いるか?」

凛「いらん……」

士郎「そうか……」

凛「は、はなしかけんな……」

リリィ「……あの」

凛「え?」

リリィ「もう少しくっついて食べませんか?」

凛「うるさいわね。一人がいいの」

リリィ「なら、私は別の場所に―――」

凛「ちょっとなんでアンタだけなのよ!?」

リリィ「邪魔では……?」

士郎「いいから、いてくれ!!」

凛「そーよ!!いなさいよ!!」


118: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:24:11.49 ID:6OTMA37a0

リリィ「……」

士郎「リリィ?」

リリィ「なんですか?」

士郎「えっと……これ、食べてみてくれないか?」

リリィ「いいのですか?」

士郎「ああ」

リリィ「では、遠慮なく……」モグモグ

士郎「どうだ?」

リリィ「美味しい。口当たりもよく、味付けも食材本来の味を引き立てるようになされている」

凛「……」

リリィ「美味です、シロウ」

士郎「そ、そうか……」

凛「もーらい!」モグモグ

士郎「あ、こら!!」

凛「まあまあね……ふんだ」


126: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:28:38.60 ID:6OTMA37a0

士郎「リリィ、よかったらお弁当作ってきてやろうか?」

リリィ「え?」

士郎「俺の家、よく食材を余らすから、その……」

リリィ「残飯処理……ですか?」

士郎「そ、そういう言い方はあれだけどな」

リリィ「……」チラッ

凛「……」ムスッ

リリィ「いえ。遠慮しておきます」

士郎「え……」

リリィ「そこまでを手間を省くほど、私は堕落できないので。日本に来るときに自分でできることは自分ですると決めましたから」

士郎「そうか。なら、リリィの信念を曲げるわけにもいかないな」

リリィ「お気持ちだけでお腹一杯です」

士郎「はは……」

リリィ「凛もそれでいいですね?」

凛「……うん」モグモグ


127: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:32:28.10 ID:6OTMA37a0

廊下

士郎「それじゃあ、またな遠坂」

凛「はいはい」

リリィ「……」ペコッ

凛「ちょっと」

リリィ「なんですか?」

凛「変に勘ぐらないでね……。私と士郎は別になんでもないから」

リリィ「ええ。分かっています」

凛「ならいいけど……」

リリィ「でも、なんでもない殿方の家に寝泊りしている事実がある以上、ある程度は勘ぐらせていただきますが」

凛「ちょっと!!!」

リリィ「冗談です」

凛「……もう」

リリィ「それでは、リン。また」

凛「ええ。またね、リリィ」


128: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:35:47.49 ID:6OTMA37a0

放課後

士郎「よし……」

リリィ「シロウ?」

士郎「ん?」

リリィ「よろしければ……一緒に帰りませんか?」

士郎「ああ。いいぞ」

リリィ「……」

士郎「あ、でも―――」

桜「せーんぱい!」

士郎「桜も一緒だけど、いいか?」

リリィ「勿論です」

桜「え……リリィさん?」

リリィ「一緒に帰っても?」

桜「は、はい……」

士郎「よし、行くか」


133: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:41:45.40 ID:6OTMA37a0

通学路

士郎「リリィはいつもどこで買い物とかしてるんだ?」

リリィ「近くにスーパーがあるので。自炊を心がけていますが、あそこはいけませんね。誘惑が多い」

士郎「お惣菜か。でも、一人ならそっちのほうが経済的じゃないか?」

リリィ「でも、料理はある程度こなせるようになっておかないと。意中の男性には喜んで欲しいですから」

士郎「……」

リリィ「なんですか?」

士郎「い、いや……リリィって好きな人とかいるのかなぁって……ほら故郷とかに」

リリィ「いません。何度か交際を求められたことはありますが」

士郎「そうなのか?じゃあ、今まで……」

リリィ「ええ……男性とデートをしたのはシロウが初めてです」

士郎「そ、そうか……」

士郎(耐えろ……にやけるな……)

桜「……」ジーッ

リリィ「……」


138: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:47:40.87 ID:6OTMA37a0

士郎「ならリリィ、今度―――」

リリィ「サクラ?」

桜「は、はい?」

リリィ「サクラも料理が得意だと、シロウから聞きました」

桜「い、いえ……私は……」

リリィ「貴女の手料理もいつか口にしてみたいです」

桜「え……そんな、私の料理なんて」

リリィ「謙遜することはありません。シロウは貴女の腕を大変高く評価しています」

桜「……?」

士郎「おい、リリィ!」

リリィ「もう家事を任せてしまってもいいかもしれないと、言っていましたから」

桜「ど、どういうことですか?」

リリィ「シロウはサクラを台所に立たせて、眺めたいのではありませんか?」

士郎「ぶっ!?」

桜「え?!えぇぇ!?」


140: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:51:07.29 ID:6OTMA37a0

リリィ「おや?違いましたか?」

士郎「おい!!なんでその話をそこまで誇張できるんだよ!!」

リリィ「純粋な感想です」

士郎「あのなぁ……」

桜「あぅ……」

リリィ「しかし、シロウも気が多いですね」

士郎「え?」

リリィ「まるで爆弾の導線を選ぶような……そんな岐路に立たされているのでは?」

士郎「あのなぁ……」

リリィ「今、シロウを支えているのはサクラとリンです。私ではない」

士郎「……!」

桜「リリィさん……?」

リリィ「それだけは忘れないように」

士郎「……ああ」

リリィ「では、私はこっちですので。さようなら」


142: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:54:48.94 ID:6OTMA37a0

士郎「……帰るか」

桜「は、はい……」

士郎「……そうだよな」

桜「え……?」

士郎「ごめん、桜」

桜「先輩……?」

士郎「俺、どっかで不幸な自分に酔って二人が優しくしてくれるのを当然だと思ってたかもしれない」

桜「私は……」

士郎「今まで俺を励ましてくれてたのは……桜と遠坂だもんな……」

桜「……」

士郎「今日の晩飯は何にする?」

桜「とりあえず商店街にいきましょう。そこで決めればいいと思います」

士郎「そうだな」

桜「先輩……」

士郎「……」


144: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 18:58:49.56 ID:6OTMA37a0

衛宮邸

士郎「遠坂、風呂沸いたぞ」

凛「おーっす」

士郎「着替えはもう置いておいたから」

凛「下着も?」

士郎「それは自分で」

凛「はいはい。よっこらしょ……一番風呂いただくわー」

士郎「ああ。ゆっくりしてこい」

桜「せんぱい、片付け終わりました、ビシッ」

士郎「桜軍曹、ご苦労様。では次の任務は俺と談笑することだ」

桜「よろこんで!」

士郎「桜、弓道部はどうだ?部長に選ばれそうなんだろ?」

桜「不安はありますけど、美綴先輩がサポートしてくれるので」

士郎「そっか。がんばれよ。試合は必ず応援にいくから」

桜「はい」


145: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 19:01:23.41 ID:6OTMA37a0

士郎の自室

士郎「さて……と」

士郎「……」

士郎(リリィの言うとおりだ)

士郎(セイバーがいなくなってから、遠坂も桜も……何も言わずに傍に居てくれた……)

士郎(感謝することを……忘れてたな……)

士郎「……」

士郎(でも……)

士郎(セイバー……)

士郎「……」ウルウル

士郎「……っ」ゴシゴシ

士郎「最低だな……俺……」


147: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 19:04:34.29 ID:6OTMA37a0

翌日 学校

士郎「おはよう、一成」

一成「ああ」

士郎「……」

リリィ「……」ボゥ~

士郎「おはよう、リリィ」

リリィ「おはようございます、シロウ」

士郎「……」

リリィ「なんですか?」

士郎「なんでもない」

リリィ「そうですか」

一成「……」

士郎「一成、今日は備品整備しなくてもいいのか?」

一成「ああ。問題は無い」


151: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 19:07:16.03 ID:6OTMA37a0

昼休み

士郎「……よっと」ガタッ

リリィ「……」

凛「衛宮君」

士郎「今行く。―――リリィ?」

リリィ「なんですか?」

士郎「一緒にどうだ?」

リリィ「……いえ。今日は約束がありますから」

士郎「そうか……」

リリィ「リンと二人で食べてきてください」

士郎「ああ……」

リリィ「……」

「リリィさん、ひとり?」

リリィ「ええ」

「一緒に食べよ」


152: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 19:10:57.09 ID:6OTMA37a0

放課後

士郎「リリィ、一緒に帰るか?」

リリィ「サクラやリンは?」

士郎「どっちも用事だ」

リリィ「では、ご一緒します」

士郎「……もしかして、二人に気を遣ってるのか?」

リリィ「……過去が現在に入り込むと色々と思うこともあるでしょう」

士郎「おい……」

リリィ「シロウだけではなく、リンもサクラも……」

士郎「……」

リリィ「分かっています。シロウが私に気をかけてくれるのは―――」

士郎「違う!!」

リリィ「いいえ。それは嘘です」

士郎「……っ」

リリィ「さ、行きましょう、シロウ?」


154: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 19:16:09.98 ID:6OTMA37a0

通学路

リリィ「……」

士郎「……」

リリィ「シロウ……もう……私に声をかけるのは……」

士郎「なんでさ……?」

リリィ「貴方も辛いだけのはずです」

士郎「そんなことない。リリィは……辛いか?」

リリィ「私はセイバーさんではないので……」

士郎「そういうことじゃない……」

リリィ「では、どういうことですか?」

士郎「リリィ自身のことを聞いてるんだ」

リリィ「……それをセイバーさんの気持ちとして受け取る気なのでしょう?」

士郎「そんなわけない」

リリィ「シロウ、自分を偽るのは難しいですよ?」

士郎「俺は……リリィのことが知りたい……」


158: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 19:22:24.81 ID:6OTMA37a0

リリィ「私がセイバーさんではないと割り切るためですか?」

士郎「リリィ!!」

リリィ「すいません。どうしても……そのように聞こえてしまって……」

士郎「……セイバーはもういない……わかってる」

リリィ「では、どうして会って間もない私に固執するのですか?」

士郎「……」

リリィ「シロウ、優しくしてくださるのは大変嬉しいです。ですが、貴方は私のことを見てはいません」

士郎「そんなこと……」

リリィ「遠い……限りなく遠い世界を眺めている……」

士郎「……」

リリィ「その目が見るに耐えないほど脆弱に映ります。私は貴方を悲しませたくはないし、苦痛を与えたくもありません」

士郎「リリィ、俺は別に悲しくもない。辛くもない。ただ、リリィと話したいだけだ」

リリィ「郷国を想うその双眸が……私とセイバーさんを重ねている何よりの証拠です」

士郎「……」

リリィ「シロウ……」


160: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 19:27:28.21 ID:6OTMA37a0

士郎「リリィはリリィだ!!セイバーとなんて重ねてない」

リリィ「……」

士郎「確かに驚いた。リリィを見たとき、セイバーが帰ってきたって思った」

士郎「でも……」

リリィ「話せば話すほど、セイバーさんではないことを思い知る……」

士郎「……!」

リリィ「私が辛いのは、そこです。シロウは私にセイバーさんの影を重ね、でも見えてしまうずれに落胆している」

リリィ「私は貴方の期待を裏切り続けている……」

士郎「俺は……」

リリィ「いつか貴方は絶望し、私を嫌悪するかもしれない。器が同じだけの女に」

リリィ「私は貴方に嫌われたくない」

士郎「……」

リリィ「それだけです……」

士郎「嫌いになんてなるか……。俺はリリィが……リリィのことが……」

リリィ「それ以上、言ってみなさい。私は貴方を軽蔑します」


163: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 19:31:35.75 ID:6OTMA37a0

士郎「え……」

リリィ「……貴方を好きでいさせてください……」

士郎「リリィ……」

リリィ「……」

士郎「どうして……」

リリィ「どうして?貴方……自分が何を口走ろうとしたか、わかっていますか?」

士郎「違う!!本当のことだ!!」

リリィ「……」

士郎「勿論、セイバーと比べてないって言ったら嘘になる。でも、リリィの魅力に惹かれているのも間違いない」

士郎「俺は……多分……いや、きっと……」

リリィ「やめて……」

士郎「リリィが……好きなんだ……」

リリィ「……っ」

士郎「だから……」

リリィ「―――言いたいことはそれだけですか?」


164: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 19:34:22.00 ID:6OTMA37a0

士郎「え……」

リリィ「貴方は……最低です」

士郎「ま、まて……」

リリィ「貴方が愛しているのはセイバーさんであって、私ではありません!!」

士郎「ちが―――」

リリィ「さようなら……シロウ」

士郎「リリィ!!」

士郎「……」

士郎「……そうだな」

士郎「俺は……最低だな……」

士郎「……」

士郎「帰ろう……」

士郎「藤ねえ、来るって言ってたし……」


169: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 19:39:29.10 ID:6OTMA37a0

新都

リリィ「……」スタスタ

リリィ「うぅ……!!」

リリィ「うっ……ぅ……うぅ……」ポロポロ

リリィ「う……シ、ロォ……うぅ……」ポロポロ

凛「……奇遇ね」

リリィ「?!」

凛「……」

リリィ「な、なんですか……?」ゴシゴシ

凛「ハンカチぐらい貸してあげるわよ」

リリィ「……すいません」

凛「いい喫茶店知ってるけど、いく?」

リリィ「え……?」

凛「泣いてお腹すいたでしょ?軽食ぐらいなら奢ってあげるわ」

リリィ「……」


187: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:01:26.65 ID:6OTMA37a0

喫茶店

凛「で、どうして泣いていたのかしら?」

リリィ「……」

凛「士郎となにかあった?」

リリィ「……」コクッ

凛「士郎に告白された?」

リリィ「な、なぜ!?」

凛「一番可能性が低いやつを言ったんだけど……マジか」

リリィ「……でも、断りました」

凛「どうして?」

リリィ「シロウは私のことを愛しているわけではないからです」

凛「そうね。セイバーを想っているだけでしょうね」

リリィ「はい……」

凛「……貴女のこと少しだけ調べさせてもらったわ」

リリィ「え?」


190: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:07:03.81 ID:6OTMA37a0

凛「アイルランド出身で、中々の名家の出ね」

リリィ「あの……」

凛「祖先はアーサー・ペンドラゴン……」

リリィ「それは伝説みたいなものです。恐らく誰かが捏造したのでしょう」

凛「でしょうね……」

リリィ「私の親族にそれを信じている者はいません」

凛「でも、私は信じちゃうわ」

リリィ「は?」

凛「……」ズズッ

リリィ「……」

凛「貴女はたぶん、生まれ変わりなのよ。アーサー王の」

リリィ「生まれ変わりって……私は女ですよ?」

凛「でも、生まれ変わりなのは間違いないわ。だって、セイバーとそっくりなんだもの」

リリィ「意味がわかりません……」

凛「分からなくてもいいの。貴女には関係のないことだもの」ズズッ


193: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:11:07.87 ID:6OTMA37a0

凛「貴女、どうして日本に来ようと思ったの?」

リリィ「以前から日本に興味があったので……」

凛「きっかけは?」

リリィ「は?」

凛「日本に興味をもったきっかけよ」

リリィ「……」

凛「……ないの?」

リリィ「ええ……」

凛「ふーん」

リリィ「気づいたときには……日本に憧れていたかもしれません」

凛「そう……そうなんだ……」

リリィ「リン?」

凛「貴女……士郎のこと好きでしょ?」

リリィ「な、なななにを!?」

凛「正直に……大事なことよ」


196: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:16:02.94 ID:6OTMA37a0

リリィ「……わかりません」

凛「……」

リリィ「だけど……シロウに嫌われたくはないと思っています」

凛「……それで十分よ」

リリィ「リン……?」

凛「やっぱり奢るのはなし!」

リリィ「え?!」

凛「なんかむかつくわ。だからなし!」

リリィ「か、構いませんが……」

凛「それと……士郎と早く仲直りしなさい」

リリィ「……」

凛「あー。そうだ。もう一つだけ。―――どうして冬木に?」

リリィ「……特に理由は。ただ、この街の風景を見たときにいいなと思いまして」

凛「確定ね。じゃ、さよなら」

リリィ「リン!!……一体、どういうことですか……?」


203: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:20:30.36 ID:6OTMA37a0

衛宮邸

士郎「はぁ……」

凛「ただいまー」

士郎「あ、お帰り。遠坂。今日の晩御飯―――」

凛「いらない」

士郎「どうしたんだ?」

凛「私、出て行くから」

士郎「な、なんでさ!?」

凛「士郎?」

士郎「え……」

凛「今まで、ありがとう」

士郎「と、おさか……?」

凛「リリィはセイバーの生まれ変わり。根源となる魂を共有したね」

士郎「え……な、にを……?」

凛「セイバーを大事にしてあげるのよ、士郎?せっかく、何千年も想い続けてくれたんだから」


211: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:25:44.87 ID:6OTMA37a0

士郎「まってくれ!!遠坂!!」

凛「なによ?今の説明じゃ足りないの?」

士郎「急すぎて分からない!!」

凛「……そう」

士郎「遠坂……リリィがセイバーって……」

凛「だから、セイバーが一から現代人として育った結果なのリリィっていうのは」

士郎「……」

凛「普通の……とはいっても名家だけど、お嬢様として育てられたセイバー。一つの可能性が現代にきてくれたのよ」

士郎「そうなのか……」

凛「だから、リリィのところにいきなさい」

士郎「でも、俺は……遠坂に……」

凛「士郎?」

パシンッ!!

士郎「え―――な、なにすんだよ……?」

凛「目は覚めた?私を見つめる前に好きな人のところにいきなさい」


215: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:30:02.55 ID:6OTMA37a0

士郎「……」

凛「私はその間に荷造り済ませて家に帰るから」

士郎「……」

凛「じゃあね」スタスタ

士郎「遠坂……」

凛「……なによ?」

士郎「でも……セイバーじゃない」

凛「……」

士郎「リリィはセイバーじゃないんだ……。仕草も口調も似てるけど、やっぱり違うんだ」

凛「まだそんなことをいうの?!」

士郎「リリィに言われた。いつかセイバーじゃない自分が嫌われるのが怖いって」

凛「な……」

士郎「俺も……そんな気がするんだ。いつか、俺はリリィに……」

凛「……もう知るかっ!!!勝手にしろ!!そのまま悩んで禿げて死ね!!!」

士郎「お、おい……!!」


216: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:33:42.90 ID:6OTMA37a0

士郎「……」

桜「ただいま―――先輩?」

士郎「桜……」

桜「何か……あったんですか?」

士郎「……」

桜「……」

士郎「さ、夕飯の準備を―――」

桜「先輩……どうして黙るんですか?」

士郎「な、にが?」

桜「嘘がつけないからって黙ること無いと思います」

士郎「……」

桜「先輩……リリィさんのことですか?」

士郎「な、ななんで、桜まで……」

桜「この一週間、リリィさんに会ってから先輩の顔……かっこわるいままです」

士郎「そ、そんなわけない!!生まれたときのままだぞ、これは!!」


221: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:38:27.12 ID:6OTMA37a0

桜「私の好きな先輩はいつも前を向いてて、凛々しくて、高い壁も「なんだこれくらい」って顔でいる人です」

桜「でも、今の先輩は下ばかりみて、ウジウジして、自分の中で我慢して……」

桜「とーっても、かっこわるいです」

士郎「……」

桜「先輩の中で答えは出てるんですよね?」

士郎「桜、いや……」

桜「私と姉さんが先輩を支えてきたのは、同情からではありません。愛情でもないです」

士郎「……」

桜「ただ、昔の先輩に戻ってほしいかったからです」

士郎「俺……そんなにだめだったか?」

桜「だめだめです。不合格です。―――でも、結局私じゃ先輩を取り戻せなかった」

士郎「……」

桜「やっぱり先輩はセイバーさんだけを想っていた。私の負けです」

士郎「桜……!」

桜「先輩。私、先輩のこと大好きです。だから、リリィさんのところへ行ってください」


225: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:41:59.90 ID:6OTMA37a0

士郎「……!!」

桜「大好きな先輩に……戻ってから帰ってきてください」

士郎「……わかった」

桜「外は寒いですよ?」

士郎「ああ……行って来る」

桜「……リリィさんなら新都にいます」

士郎「え?」

桜「きっと来るから待っているように伝えておきました」

士郎「桜……悪い」

桜「ありがとう、っていうんですよ?」

士郎「ありがとう……桜」

桜「いってらっしゃい」

士郎「行ってきます!!」

桜「ふぅ……」

桜「バカだなぁ……折角、先輩を奪えるチャンスだったのに……」


229: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:44:52.35 ID:6OTMA37a0

凛の部屋

桜「……姉さん?」

凛「なによ?」

桜「手伝います。荷造り」

凛「一人でやれるわよ」

桜「いいじゃないですか」

凛「……よかったの?」

桜「姉さんこそ」

凛「私は別に……」

桜「そうですか……姉さんは強いですね……」ウルウル

凛「桜……?」

桜「わ、たし……もう……だめです……ね……」ポロポロ

凛「よく退いたわね……」ナデナデ

桜「だって……先輩のこと……だいす、き……だから……」ポロポロ

凛「うん……そうね……」ナデナデ


235: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:48:05.46 ID:6OTMA37a0

新都

士郎「はぁ……はぁ……新都って結構広いぞ……」

士郎「どこに……」

リリィ「……シロウ」

士郎「うわぁ!!」

リリィ「……」

士郎「ごめん……待たせたな」

リリィ「……」フルフル

士郎「……」

リリィ「あのサクラが貴方からお話があると……」

士郎「……ああ」

リリィ「……なんですか?」

士郎「好きだ、リリィ」

リリィ「……」

士郎「この気持ちは嘘じゃない」


238: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:53:07.71 ID:6OTMA37a0

士郎「お前に出会う前から……俺はリリィが好きだった」

リリィ「それはセイバーさんのことですよね?」

士郎「そうだ」

リリィ「なら……私は……」

士郎「でも、リリィが好きなんだ」

リリィ「シロウ……」

士郎「ずっとリリィのことが頭から離れない。それはセイバーと似ているからかもしれない」

士郎「でも、好きって気持ちは本当だから」

リリィ「……」

士郎「リリィ……」

リリィ「私、セイバーさんじゃないですよ?」

士郎「うん」

リリィ「いつか……シロウはそんな私を嫌いになる……」

士郎「……ならない。なるわけない」

リリィ「どうしてですか?」


243: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 20:59:11.29 ID:6OTMA37a0

士郎「だって……お前を愛してるから」

リリィ「……」

士郎「嫌いに……なるわけない……」

リリィ「シロウ……」

士郎「言えるのは……それだけだ……」

リリィ「そうですか」

士郎「……リリィ?」

リリィ「では……私からも……一つだけ伝えないと……」

士郎「え……?」


セイバー『最後に、一つだけ伝えないと』

セイバー『私は―――』


リリィ「―――貴方を、愛しています」

士郎「……セ……イ……」ポロポロ

リリィ「シロウ……?」


249: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 21:03:24.72 ID:6OTMA37a0

士郎「ごめん……なんでもない……」ゴシゴシ

リリィ「どうぞ……」

士郎「あ、りがとう……」

リリィ「リンのハンカチですけど」

士郎「ぶっ!?」

リリィ「ふふ。返しそびれてしまって」

士郎「あ、そうだ……家に帰らないと……」

リリィ「あの……すいません」

士郎「え?」

リリィ「まだ、なにも食べていなくて……」グゥ~

リリィ「よければ……ご馳走してくれませんか?」

士郎「……あはは」

リリィ「な、なんで笑うのですかっ!!」

士郎「いや……うん、じゃあ、うちに来てくれ。夕飯、ご馳走するから」

リリィ「ありがとうございます……シロウ」


252: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 21:07:01.63 ID:6OTMA37a0

衛宮邸

士郎「ただいまー」

リリィ「……お邪魔します」

士郎「桜ー?遠坂ー?」

士郎「……いない、のか?」

リリィ「あの……」

士郎「あ、ああ。上がってくれ」

リリィ「すいません」

士郎(遠坂も桜も……もう帰ったのか……)

リリィ「シロウ?」

士郎「え?」

リリィ「私も手伝います。早く作りましょう」

士郎「うん」

士郎(遠坂、桜……)

士郎「今まで……ありがとう……」


257: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 21:11:41.95 ID:6OTMA37a0

リリィ「はい。全部、切れました」

士郎「ありがとう、リリィ」

リリィ「セイバーでもいいですけど?」

士郎「え!?」

リリィ「……」

士郎「いや……リリィだろ。セイバーは……いなくなった」

リリィ「もうセイバーって呼ばないようにしてくれるのですか?」

士郎「する」

リリィ「じゃあ今後、私のことセイバーと呼んだらペナルティを課します」

士郎「え?」

リリィ「もし、セイバーと呼んでしまったら。私のことを愛していると10回言ってもらいます」

士郎「な、なんでさ!?」

リリィ「私のことを心の隅々まで好きになってほしいから……」

士郎「……」

リリィ「私はきっとセイバーさんを超えられない……。でも、負けたくもないですから」


262: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 21:15:48.49 ID:6OTMA37a0

士郎「わかった……でも、10回ぐらいならペナルティなしでもいえるけどな」

リリィ「そうですね。ペナルティで言うものではないですね」

士郎「……リリィ」

リリィ「シロウ、いつか……私を好きになってください」

士郎「もうなってる」

リリィ「嘘です」

士郎「嘘じゃ……」

リリィ「……」

士郎「がんばる」

リリィ「はいっ」

士郎「ご飯、食べるか」

リリィ「ええ……」

士郎「じゃあ……」

リリィ「いただきます」

士郎「いただきます」


265: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 21:20:00.13 ID:6OTMA37a0

士郎「―――もうこんな時間か、リリィ。送っていこうか」

リリィ「いいえ。大丈夫です」

士郎「いや、送る」

リリィ「あのですね。そこまでの施しを受けるわけにはいきません」

士郎「駄目だ。夜は危ないぞ?」

リリィ「心配要りません」

士郎「駄目」

リリィ「これでも護身術に覚えがありますから」

士郎「だって、セイ―――」

リリィ「……あ」

士郎「……」

リリィ「ふふ……」

士郎「ごめん」

リリィ「じゃあ、送ってもらいます」

士郎「うん……」


268: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 21:23:47.79 ID:6OTMA37a0

住宅街

リリィ「もう一度、お願いします」

士郎「愛してる、リリィ」

リリィ「駄目ですね。もう一度」

士郎「リリィ……愛してる」

リリィ「よし。それで一回目です。あと九回ですよ?」

士郎「き、厳しいぞ……」

リリィ「名前を間違えるなんて、女の子がどれだけ傷つくと思っているのですか?」

士郎「む……」

リリィ「はい。二回目に挑戦してください」

士郎「リリィ……好きだ」

リリィ「愛してるじゃないから駄目です」

士郎「な……」

リリィ「さ、もうすぐ私の自宅についてしまいますよ?」

士郎「くっ……リリィ、愛してる!!」


274: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 21:27:40.35 ID:6OTMA37a0

リリィ宅前

リリィ「着いてしまいましたね」

士郎「また明日か……?」

リリィ「あと6回も余っていますからね……」

士郎「……学校でいうのはなしだぞ?」

リリィ「では……」

士郎「え―――」

リリィ「ん……」

士郎「……!?」

リリィ「今の口付けで……5回分は免除します。最後の一回……心こめてください」

士郎「……リリィ」

リリィ「はい」

士郎「愛してる」

リリィ「私もです……。シロウ、おやすみなさい」

士郎「おやすみ……」


277: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 21:31:08.81 ID:6OTMA37a0

翌日 学校

士郎「ん……?」

凛「……おはよう、衛宮くん」

士郎「おはよう、遠坂」

凛「……衛宮くん」

士郎「なんだ?」

凛「朝、早いのね」

士郎「……まあな」

凛「それじゃあ」スタスタ

士郎「……遠坂」

凛「……」スタスタ

士郎「ありがとう……」

凛「……」スタスタ

士郎「……」

凛(士郎……私も……ありがとう……)


287: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 21:34:09.72 ID:6OTMA37a0

弓道場

桜「―――っ!!」シュバッ

美綴「気合はいってるねー」

桜「……はい」

美綴「なんかいいことでもあった?」

桜「いえ……どちらかといえば……最悪なほうです」

美綴「ふーん……」

桜「……」キリキリキリ

桜「―――っ!!」シュバッ

美綴「おー……命中」

桜「ふぅ……美綴先輩」

美綴「ん?」

桜「次の大会……優勝しますから」

美綴「期待してる」

桜「はい!」


290: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 21:38:32.08 ID:6OTMA37a0

昼休み 屋上

リリィ「シロウ、それ、もらえますか?」

士郎「いいぞ、はい」

リリィ「ありがとうございます……はむっ」

士郎「どうだ?」

リリィ「……はい。美味しいです」

士郎「……リリィ」

リリィ「はい」

士郎「……好きだ」

リリィ「……」

士郎「もう……見えないから」

リリィ「何がですか?」

士郎「リリィの後ろにあった……理想郷。もう見えないから……」

リリィ「……卵焼き、ください」

士郎「いいぞ。どんどん食ってくれ」


292: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 21:43:36.20 ID:6OTMA37a0

放課後 通学路

リリィ「……シロウ?」

士郎「んー?」

リリィ「今度はいつシロウの家にお邪魔してもいいのでしょうか?」

士郎「いつでもいいぞ。リリィなら大歓迎だ。というか鍵でも渡そうか?二つほど余ってるし」

リリィ「いえ……そこまでは……」

士郎「そうか」

リリィ「でもいつか……その鍵は受け取りたいです」

士郎「リリィ……」

リリィ「そして……心からいいたいです」

士郎「ああ、何を?」

リリィ「シロウ―――」

セイバー『―――ただいま戻りました』

リリィ「って。それでシロウはきちんと、おかえりって言ってください。お願いします」

士郎「―――うん。おかえり、リリィ」
                            END





『Fate/stay night』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿