TOP > 生徒会役員共 > 津田「萩村、二人で出かけない?」スズ「ふぇ!?」

津田「萩村、二人で出かけない?」スズ「ふぇ!?」

2018/10/27 23:03 | 生徒会役員共 | コメント(0)
1: 名無しさん 2014/04/04(金)22:16:38 ID:OUwCSsAEi

スズ「ど、どうしたのよ急に?」

津田「実はさ、こないだ七条先輩から映画のチケットもらったんだ」

スズ「七条先輩から?」

津田「うん、貰い物なんだけどその日は用事があるから、って」

スズ「ふーん、いつ?」

津田「明後日の土曜日」

スズ「意外と近いわね」

津田「で、どうする?」


2: 名無しさん 2014/04/04(金)22:18:23 ID:OUwCSsAEi

スズ「そうね、行きましょう」

津田「良かったー、じゃあ土曜日にな」

スズ「うん、アンタの家に迎えに行くわ」

津田「そうか、悪いな」

スズ「ううん、それじゃあね」タッ

スズ(うわー!!津田とデートだ!!どうしよう!?何着ていこうかしら!?)

ーーーーー

アリア「つーだ君」

津田「あ、七条先輩」


3: 名無しさん 2014/04/04(金)22:19:57 ID:OUwCSsAEi

アリア「私のあげたチケット、誰と使うかもう決めた?」

津田「ハイ、萩村と使う事にしました」

アリア「まぁ、じゃあ土曜日はスズちゃんとデートだね」

津田「まぁ、そうなりますね」

アリア「映画館暗いからって、露出プレイとかしちゃ駄目だよ?」

津田「うん、絶対にしないから安心して下さい」

アリア「私もよくしちゃうんだよねー」

津田「いや聞きたくねーよ!」


4: 名無しさん 2014/04/04(金)22:20:41 ID:OUwCSsAEi

アリア「でも、スズちゃんとかー、ふふふ」

津田「? どうかしましたか?」

アリア「いや、何でもないよー。でもね、津田君」

津田「はい?」

アリア「あんまり鈍感なのも、罪なものだよ?」

津田「は、はぁ?」

アリア「まぁ、童貞の津田君には分からないかもねー」

津田「一言余計だよチクショウ」


7: 名無しさん 2014/04/04(金)22:33:44 ID:OUwCSsAEi

ーーーーー

津田「とうとう萩村とデートか」ソワソワ

津田「………ちょっと緊張するな」ソワソワ

コトミ「タカ兄ー、入るよー」

津田「入ってから言うな」

コトミ「いやー、タカ兄がソワソワしてたから自家発電中かと思って入っちゃった」

津田「なおさら入るんじゃねえよ。いやしてねぇよ」

コトミ「でもどうしたのタカ兄?なんだか緊張してるみたい」

津田「いやぁ、実は今日萩村とデートなんだよね」

コトミ「ほほう、金髪ロリ先輩とデートとな?」

津田「それ本人の前で絶対に言うんじゃねえからな」


8: 名無しさん 2014/04/04(金)22:37:58 ID:OUwCSsAEi

ピンポーン

コトミ「はーい!」

津田「もしかして萩村かな?」

コトミ「窓から見てみればー?」

津田「だな」ひょい

スズ「っ!」ノシノシ

津田「じゃ、コトミ、行ってくるな」

コトミ「ゴムはちゃんと持った?」

津田「使う場面来ねえよ」


9: 名無しさん 2014/04/04(金)22:44:49 ID:OUwCSsAEi

スズ「おはよう、津田」

津田「おう、おはよう。それじゃ行くか」

スズ「うん、行きましょ」

津田「それにしてもちょっと早くないか?」

スズ「何言ってるの、十分前行動は基本よ」

津田「ははは、俺は五分前行動が限界だよ」

スズ「まったく、だらしないんだから」

津田「そうだな」

ーーーーー

畑「おやおや、アレは津田副会長に萩村さんでは」

畑「二人で仲良さげに歩いちゃって………」

畑「後をつけるしか無いじゃないですか」ササッ


10: 名無しさん 2014/04/04(金)22:50:11 ID:OUwCSsAEi

スズ「ところで、今日は何を見るの?」

津田「わかんないけど、多分恋愛物じゃないかな?タイトルからして」

スズ「『学園恋愛物語』………もの凄いまんまのタイトルね」

津田「まぁ面白そうだし、早く行こうぜ」

スズ「そ、そうね」

スズ(津田と二人で映画で、それも恋愛物なんて………ダメダメ!!しっかりしなきゃ!!)

ーーーーー

畑「あらあら顔真っ赤ですねぇ、萩村さん」パシャパシャッ

畑「しかしチケットが無いから中には入れませんねぇ………」


11: 名無しさん 2014/04/04(金)22:57:11 ID:OUwCSsAEi

ーーーーー

津田「………………」

スズ「………………」

『でも、俺は生徒会なんて柄じゃ』

『私は君がいいんだ……ダメか?』

『あ………いえ』

スズ(なんだかあの女優さん、会長みたいだなー)

スズ(それで、主人公の待遇がちょっと津田に似てるわね………)

スズ(……………)


『きゅ、急な雨でしたね……』

『そうだな。天気予報が外れたみたいだな……』

『…………』

『………寒い、な』

『………はい』

『…………もう少し、寄り添わないか?』

『………はい』

スズ(だんだん仲良くなってる……)

スズ(……津田も、やっぱりああいうのがいいのかな………)


12: 名無しさん 2014/04/04(金)23:02:20 ID:OUwCSsAEi

『………ねぇ、アナタって、会長が好きなの?』

『………分からない』

『………ズルいよ』

『私だって、アナタが好きなのに』

『………え?』

スズ(この子の気持ちに気づかないなんて、ホント、鈍感な主人公だなぁ)

スズ(まるで、津田みたい………)

スズ(………)チラッ

津田「…………」

スズ(津田、真剣だな………)

スズ(……今なら手とか繋げちゃいそう)

スズ(………そーっと)ドキドキ


14: 名無しさん 2014/04/04(金)23:08:05 ID:OUwCSsAEi

スズ(………もうちょっと)ドキドキ

津田「………」スッ

スズ(あっ……)

津田「………」ポリポリ

スズ(あーぁ、もうちょっとだったのにな)

津田「………」スッ

スズ(…………!!?)

スズ(つ、津田の手が、わわ、私の手の上に!!)

スズ(どど、ど、どうしよう!汗書いてないよね!?)

津田「!」チラッ

スズ(あ、気付いた!どうすんだろ。離されちゃうかな………)

津田「………」ニコッ

ギュッ

スズ(キャーーー!!!)

スズ(つ、つ、つ、繋が、手、繋いで)

スズ(どうしよう……嬉しいけど、緊張しちゃう!!)


16: 名無しさん 2014/04/04(金)23:16:35 ID:OUwCSsAEi

スズ(………津田の手、おっきい………)

『そろそろ文化祭ですね』

『あぁ、今年もハデにやってこう!』

『ふふ、ハデなのは私も好きよ』

スズ(………………)ドキドキドキドキ

津田(……萩村、手汗すごいな。暑いのかな?)

スズ(話が入って来ないよー!!)ドキドキドキドキ

スズ(落ち着け、落ち着くんだ私)

スズ(そうだ!素数を数えよう)

スズ(えーっと、2、3、5、7…………)


17: 名無しさん 2014/04/04(金)23:22:46 ID:OUwCSsAEi

『俺は、会長が好きです!!』

『………そうか』

『返事、聞かせて下さい』

『…………私も、君の事が好きだ』

『しかし、私はもうすぐ海外に行く』

『だから、君が私と付き合っても、苦しませるだけだ』

『待ちます!!何年だって!!会長が好きだから!!会長を待ちます!!』

『………そうか、ありがとう』

スズ(…………凄いイイ話)

スズ(………なのに)

スズ(……………感動、出来ないなぁ)

ギュッ

津田「………………?」

津田(………萩村?)


18: 名無しさん 2014/04/04(金)23:28:12 ID:OUwCSsAEi

ーーーーー

スズ(終わった……)

津田「………萩村」

スズ「ふぇ!?にゃ、何?」

津田「いや、手………」

スズ「っ!!?」バッ

津田「いや、そんな大袈裟な…」

スズ「ご、ごめんね?勝手に握っちゃって」

津田「いや、握ったの俺だったから。こっちこそごめんな?」

スズ「あ……うん……」

スズ(………謝ること無いのに)

スズ「………馬鹿」ボソッ

津田「どうした?早く出ようぜ?」

スズ「そうね、今行くわ」


19: 名無しさん 2014/04/04(金)23:35:27 ID:OUwCSsAEi

津田「いやー、いい映画だったな」

スズ「そ、そうね」

津田「ラストシーンなんて、俺ちょっとうるっと来ちゃったよ」

スズ「そ、そう」

津田「で、この後どうする?」

スズ「そうね、今お昼だし、どこか入りましょ?」

津田「だな。そうしようか」

ーーーーー

畑「おやおやあ?なんだか萩村の表情が優れませんねぇ」

畑「もしや、中でなにかあったんですかねえ?」

畑「とりあえず、尾行を続けますかね」ササッ


20: 名無しさん 2014/04/04(金)23:44:45 ID:OUwCSsAEi

ーーーーー

ワイワイガヤガヤ

津田「それにしても、いい話だったな」

スズ「……そうね、いい話だったわね」

津田「ラストの再会のシーンは俺やばかったわー」

スズ「私もちょっとうるっと来たわ」

津田「会長と再会した主人公がもう一度告白するシーン、かっこよかったなぁ」

スズ「………ねぇ、もし津田が主人公だったら、どうする?」

津田「俺が主人公だったらかー、そうだなー」


31: 名無しさん 2014/04/05(土)00:08:29 ID:dLMslvK1U

津田「多分、会長を待つかな」

スズ「っ!」ズキッ

津田「好きな人の為なら、いくらでも待つかな」

スズ「っ!っ!!」ズキッ

津田「こお見えても俺一途なんだぜ?………萩村?」

スズ「へ、へ?どうしたの!?」

津田「大丈夫か?何か、怖い顔してたぞ?」

スズ「う、うん。大丈夫。ごめんね、ちょっとトイレ」ガタッ

津田「あ、ああ」

ーーーーー

スズ「………」バシャバシャ

スズ「………」バシャバシャ…

スズ「………会長を、選ぶんだね………」

スズ(………なんだろう。胸にぽっかり、穴が空いたみたいな、この気持ちは……)


41: 名無しさん 2014/04/05(土)00:17:27 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

津田「あ、萩村、大丈夫か?」

スズ「うん、ごめんね」

スズ(そうだ、期待しちゃいけないんだ)

津田「萩村、次、どこ行きたい?」

スズ(望んじゃいけないんだ)

スズ(今以上の関係を)

スズ「うん、私、体動かしたいな!!」

津田「それじゃ、移動するか!」

スズ「うん!」

スズ(思えるだけで、十分幸せなんだから………)


43: 名無しさん 2014/04/05(土)00:25:47 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

アリア「津田くーん」

津田「あ、七条先輩、おはようございます」

アリア「どうだった?映画は?」

津田「よかったですよ、感動しましたよ」

アリア「そう?よかったー」

津田「でも……」

アリア「でも?」

津田「あの後、萩村の様子が少しおかしくて……」

アリア「………あらあら」


45: 名無しさん 2014/04/05(土)00:34:28 ID:dLMslvK1U

津田「色々考えたんですけど、理由は分かんなくて……」

アリア「………津田君、もしかしてスズちゃんに映画の感想とか聞かれた?」

津田「え?はい、聞かれました」

アリア「………あらあら、なるほどね」

津田「………何か分かるんですか?」

アリア「………ねぇ、津田君」

津田「はい」

アリア「津田君は、誰が好きなの?」

津田「………それは」

アリア「ふふ、聞かなくても分かるけどね」

津田「…………っ」


46: 名無しさん 2014/04/05(土)00:42:52 ID:dLMslvK1U

アリア「ねぇ、津田君」

アリア「鈍感なのも、度を過ぎるともはや犯罪だね?」ニコッ

津田「………そうですか?」

アリア「うん、死刑執行ものね!」

津田「………スミマセン、ツッコミ出来ません」

アリア「ふふふ、別にいいのよ、ツッコんでくれても」

津田「今イントネーションおかしかったぞー」

アリア「ふふふ、それでこそいつもの津田だね」

津田「………ありがとうございます。七条先輩」

アリア「どういたしまして」


48: 名無しさん 2014/04/05(土)00:55:11 ID:dLMslvK1U

津田「………でも、まだ自信が出ません」

アリア「大丈夫。私が保証するわよ!!」

津田「………そうですか。ありがとうございます」

アリア「うん、頑張ってね!!」

津田「本当に、ありがとうございます」

アリア「はい、行った行った」

ーーーーー

畑「さてさて、さっそく新聞を作らなくては……」

畑「えーっと、見出しは『副会長、萩村会計とスキャンダル発覚』っと」

畑「ふむふむ……ちょっと証拠不足ですね……」

畑「もちょっと取材しますかね……」


51: 名無しさん 2014/04/05(土)01:01:41 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

津田「は、萩村あああ!!」ダダダッ

スズ「へ?へ!?へええ!?」

津田「ハァ……ハァ……は、萩村」

スズ「つ、津田、ちょっと落ち着きなよ!!」

津田「お、おう。なぁ、萩村」ガシッ

スズ「な、なに?」ドキッ

津田「なぁ、今度俺に勉強教えてくれ!!」

スズ「………へ?」


52: 名無しさん 2014/04/05(土)01:07:42 ID:dLMslvK1U

津田「だ、駄目か?」

スズ「いや、駄目じゃないけど……」

津田「俺、萩村と一緒にいたいんだ!!」

スズ「っ!!」ドキッ

津田「だからさ、二人でさ、な?」ニコッ

スズ「~~~~~~~!!」ドキドキッ

ーーーーー

畑「おやおやまあまあ」

畑「これは面白い状況ですねぇ」


54: 名無しさん 2014/04/05(土)01:15:36 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

シノ「なぁ、アリアよ」

アリア「なぁにシノちゃん?」

シノ「最近、津田と萩村の距離が近くないか?」

アリア「そーかな?ウフフ」

シノ「………何故だろうか、嫌な予感がするんだが……」

アリア「そうかしらねぇー」

シノ「なぁ、アリア」

アリア「ん?」

シノ「私も津田とくっつきたいー」

アリア「素直ねぇ、シノちゃん」

シノ「うぅー」

アリア「でも、ちょっと遅かったかなー?」

シノ「?」


57: 名無しさん 2014/04/05(土)01:24:47 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

津田「なぁ、萩村。ここ教えて欲しいんだけど」

スズ「ん?そこはね……」

津田「なるほど、サンキュー」

スズ「ん」

スズ(あれから、私と津田は二人で勉強する機会が増えた)

スズ(なんでも、志望校のレベルを上げたいんだそうで)

スズ(津田は飲み込みも早く、次第に成績も上がっていった)

スズ(この調子なら、会長が志望する学校にも………)

スズ(なんて、これは私の呪文)

スズ(津田と二人きりになっても、誤解しない為の、呪文)


60: 名無しさん 2014/04/05(土)01:37:16 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

シノ「ーーーと言うわけだ」

シノ「私の後は、任せたぞ。津田」

津田「はい、俺、頑張ります!」

アリア「スズちゃんは副会長だねー」

スズ「はい!しっかりと津田をフォローしたいとおもいます!」

津田「なんだか逆に俺がフォローされる事になりそうですけどね」

シノ「それはいかんぞ!これからは生徒達の見本となれるようキチッとするんだぞ!!」

津田「は、はい!」

アリア「ということは全校集会で興奮出来ないねー」

津田「したことないんでご安心を」


63: 名無しさん 2014/04/05(土)01:43:20 ID:dLMslvK1U

アリア「しかし、私達もそろそろ卒業だねー」

シノ「あぁ、この学校を離れるとなると、寂しくなるな」

津田「俺も寂しくなりますよ」

スズ「…………」

アリア「………津田君、引き継ぎ作業のお手伝い頼んでいいかな?」

津田「はい、いいですよ?」

アリア「それじゃ、資料室行きましょ」

津田「はい!」

ガラガラッ

シノ「………萩村、ちょっといいか?」

スズ「はい、なんでしょうか?


65: 名無しさん 2014/04/05(土)01:49:25 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

アリア「津田君、まだ伝えてないんだね」

津田「………はい」

アリア「二人で勉強会とかしてるみたいだけど、どうして進めないのかな?」

津田「………笑いませんか?」

アリア「笑うって言ったら?」

津田「………それでも話します」

アリア「ふふふ、笑わないよ」

津田「ありがとうございます」

アリア「で、どうしてなの?」

津田「実はーーーーー」


66: 名無しさん 2014/04/05(土)01:56:45 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

シノ「萩村」

スズ「……はい」

シノ「私は、津田が好きだ」

スズ「…………はい」

シノ「卒業する前に、心残りは無くしたいんだ」

スズ「…………はい」

シノ「私は津田に告白する」

スズ「……………」

シノ「萩村、お前は私を応援してくれるか?」

スズ「……………っ」


68: 名無しさん 2014/04/05(土)02:08:54 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

津田「俺、萩村に似合う男になりたいんです」

アリア「うん」

津田「俺、ちゃんとアイツの横にしっかりと立てる立派な男になりたいんです」

アリア「うん」

津田「勉強でも、萩村に勝てないまでも、アイツに並べるくらいにはなりたいんです」

津田「生徒会でも、しっかりと萩村を引っ張っていける男になりたいんです」

津田「横にいて、萩村が恥ずかくない男に」

アリア「………津田くん、あのねーーーーー」


69: 名無しさん 2014/04/05(土)02:13:23 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

シノ「………分かっている。萩村、お前が津田の事が好きなのは」

スズ「っ!」ドキッ

シノ「相変わらず、分かりやすい奴だ」

スズ「わ、私は!」

シノ「萩村」

スズ「っ!?」

シノ「応援、してくれるか?」


72: 名無しさん 2014/04/05(土)02:25:29 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

アリア「スズちゃんは、津田君の横にいるだけで、十分幸せなんだよ?」

津田「え?」

アリア「津田君は知らないだろうけど、津田君の横にいる時のスズちゃんの顔、すっごくいい顔なんだよ?」

津田「そ、そうなんですか?」

アリア「うん、スズちゃんは我慢してるんだよ」

津田「が、我慢?」

アリア「スズちゃんは、津田君の為に、自分の心を伝えずにいる。そういう我慢をしてるんだよ」

津田「七条先輩………俺………」

アリア「うん、なあに?」


73: 名無しさん 2014/04/05(土)02:28:02 ID:dLMslvK1U

津田「萩村に、好きだって伝えます」

アリア「うん、期待してるよ」

ーーーーー

萩村「…………会長を、応援、します」

シノ「…………ありがとう。期待しているぞ、萩村」


74: 名無しさん 2014/04/05(土)02:37:55 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

津田「………静かになったな、萩村」

スズ「そうね、先輩達いなくなって、二人きりだからね」

津田「………」

スズ「………」

津田「………早く、新しい役員見つけなきゃな」

スズ「そうね」

津田「……………」

スズ「……………」

津田(………早く伝えないと、早く伝えないと!!)

スズ(…………私は、どうすればいいんだろう)


75: 名無しさん 2014/04/05(土)02:43:44 ID:dLMslvK1U

津田「は、萩村!」

スズ「え!?何!?」ビクッ

津田「いや、えっと………」

スズ「何よ、ハッキリ言いなさい」

津田「………いや、いいよ」

スズ「………何よ、気になるじゃないの」ズイッ

津田「ちょ、萩村!!近い!!」

スズ「ハッキリ言いなさいよ」ズイッ

津田「ちょ!危ない!」グラッ

ズドーン!


76: 名無しさん 2014/04/05(土)02:50:44 ID:dLMslvK1U

スズ「イッタタ、っん?」

津田「は、萩村……」

スズ「」

津田「」

スズ(つ、つつつ、津田を、お、お、おし、押し倒し!!)

津田「は、萩村…!」グイ

スズ「え!?ちょっ!?津田!?」

津田「………萩村」ドキドキ

スズ(か、顔が!顔が近い!!)

スズ「つ、津田………」


78: 名無しさん 2014/04/05(土)03:03:23 ID:dLMslvK1U

コトミ「タッカにーい!!」

津田「!? コトミ!?」

スズ「!?」

コトミ「おやおやー?これはお邪魔したかなー?」

津田?スズ「してねえよ!!」

コトミ「おぉ、ツッコミダブルス」

津田「ダブルスってなんだよ!………で、なんか用か?」

コトミ「いえいえー、一緒に帰ろうかなーって」

津田「ハァ、分かったよ。ちょっと待ってな。カバン取ってくるから」

コトミ「はいはーい、待ってるねー!」ノシノシ

スズ「ここで待つのね………」

コトミ「へへー、スズ先輩、ガールズトークしましょーよー」

スズ「ハイハイ」


81: 名無しさん 2014/04/05(土)03:10:19 ID:dLMslvK1U

コトミ「それでスズ先輩」

スズ「なあに?」

コトミ「タカ兄のどこが好きなんですか?」

スズ「っ!?ゴホッ、ゴホッ!」

コトミ「お、図星ですな?」

スズ「っ!」カーッ

コトミ「スズ先輩顔真っ赤ー」

スズ「ちょ、コトミ!!」

コトミ「好きなんですよね?」

スズ「…………」コクンッ

コトミ「あははは、スズ先輩かわいー!」


84: 名無しさん 2014/04/05(土)03:19:04 ID:dLMslvK1U

スズ「まったく、茶化さないでよ」

コトミ「茶化してませんよ。私、心配なんです」

スズ「心配?」

コトミ「えぇ、最近タカ兄によく相談されるんです。スズ先輩の事」

スズ「……え?」ドキッ

コトミ「様子がおかしいって、何かあったのかなって」

スズ「………」

コトミ「ねぇ、スズ先輩。一つ、タカ兄の秘密、教えてあげますよ」

スズ「秘密?」

コトミ「私タカ兄に聞いたんです。スズ先輩が好きなのって?」

スズ「………」

コトミ「………タカ兄、スズ先輩みたいに、黙って、恥ずかしそうにうなづきました」

スズ「………津田が?」

コトミ「スズ先輩」

コトミ「タカ兄にツンデレは、効きませんからね?」ニコッ

スズ「………そうね」ニコッ


85: 名無しさん 2014/04/05(土)03:27:54 ID:dLMslvK1U

津田「コトミー、帰るぞー」

コトミ「あ、タカ兄!じゃーねー!スズ先輩!」

津田「またな、萩村」

スズ「うん、バイバイ」

スズ「…………」

『応援、してくれるか?』

『タカ兄にツンデレは、効きませんからね?』

スズ「………そうよね」

スズ(どうすればいいか、じゃない)

スズ(どうしたいか、を考えればいいんだ)

スズ(私は、映画と現実をごっちゃにしちゃってたんだ)

スズ(津田は、自分が主人公なら会長を選ぶと言った)

スズ(でも、自分は天草会長を選ぶって言ったわけじゃないんだ)

スズ(………スミマセン、会長)

スズ「約束、守れそうにないです」


86: 名無しさん 2014/04/05(土)03:43:58 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

津田「お、萩村。早いな」

スズ「津田が遅いのよ10分前行動は基本でしょ」

津田「ハハハッそうだな」

スズ「………ねぇ、津田」

津田「ん?」

スズ「そろそろ私達も進級じゃない?」

津田「そうだな」

スズ「私ね、進級する前に決着つけたいことがあるの」

津田「へぇ、何?」

スズ「うん、津田。私ね」



スズ「私、津田の事が好き!!」


87: 名無しさん 2014/04/05(土)03:58:57 ID:dLMslvK1U

ーーーーー

シノ「そうか、津田は萩村を選んだか」

津田「スミマセン、会長……」

シノ「そして、萩村から告白したとはな………」

スズ「スミマセン………」

シノ「…………まったく」

津田「………」

スズ「………」

シノ「最後まで手を煩わせてくれたなぁ!!」

津田「………」

スズ「………へ?」

アリア「まだ気付かないのねー」

津田「……もしかして」

スズ「………ハメられた?」

シノ「ハハハッ、ハメるのは津田の役目だろう!?」

津田「そういう事じゃねえよ!!」

スズ「全部仕組んでたんですか!?」

シノ「あぁ、畑に聞いてな!!」

コトミ「私も協力したんだよ!!」

津田「せ、先輩達ー!!」

ワーワー

スズ「………ハァ、まぁいっか」

スズ(これからは、津田が側にいてくれるからね)


88: 名無しさん 2014/04/05(土)04:03:25 ID:dLMslvK1U

これにて終わりです

昨日はウオミーエンド
今日はスズルート

保守してくれた人、こんな時間まで読んでくれた人、ありがとうございます!

何か質問などあればどうぞ





『生徒会役員共』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿