TOP > その他 > スライサー「もう肉なんか切りたくない!!」

スライサー「もう肉なんか切りたくない!!」

2018/10/22 22:54 | その他 | コメント(0)
1: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:41:24.58 ID:2heYXViIO

男「は!? 急に何言ってんだお前!!?」

スライサー「だって……私を好きになってくれる子は……みんな私の所為で……」












モモ肉『お嬢さん、貴女に会った時からずっと好きでした……』

スライサー『モモくん……///』

モモ肉『キスを……』

スライサー『うん///』

ギュイイイイイイイイイイイイン!!!

モモ肉『ぎゃああああああああああ!!!』

スライサー『嫌ああああああああああ!!!』


2: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:42:35.19 ID:2heYXViIO


















スライサー「私の所為で……何人も死んじゃったの!!」

男(生肉の時点で死んでるんだよな)

スライサー「兎に角私は二度と切らない!! 仕事しない!!」

男「そんな事言わずに……クソ、スイッチ押しても動かねえ」

スライサー「べーだ!!」

男(舌出してんのか分かんねーよ)


3: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:43:07.49 ID:2heYXViIO

女「おはようございまーす……あれ、どうしたんですかマネージャー」

男「スライサーの奴がもう肉切りたくねーってさ」

男「クソ……うちは小型店だからスライサーが一台しかねぇ。 こいつが止まったら商品が出せねえよ」

スライサー「この店なんか赤字になっちゃえばいいのよ!!」

スライサー「そうすればお肉さん達はほかの家に拐われる事もなくなるわ!!」

男「クソ……こうなったら一か八かだ」

男「今日の午後から来るバイトくんを今呼ぼう」

女「え?」


4: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:43:35.64 ID:2heYXViIO















バイト「おはようございまーす」

男「ごめんね、こんな朝早く来てもらって」

バイト「家近いからいいっすよ」

バイト「……で、何かあったんですか?」

男「率直に言うぞ」

バイト「はい」

男「スライサーと付き合ってくれないか?」

バイト「は?」


5: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:44:02.41 ID:2heYXViIO

女「ちょ……マネージャー!!?」

男「あいつは今までの傾向を見る限り惚れやすいタイプだ」

男「だからお前が好きと言えばすぐ付き合ってくれるだろう」

バイト「あの……なんでそんな事を?」

男「スライサーがボイコットを始めたんだ」

男「だからお前が彼氏になって『俺の為に動いてくれ』って言えば言う事聞くと思ってな」

男「ウチの部門は男は俺とお前しかいないからな」

バイト「嫌ですよスライサーと付き合うなんて!!」

女(まぁ拒否るよね……)

バイト「マネージャーが好きって言えばいいじゃないですか!」

男「俺は結婚してんだよ」

男「つーかさ、このままだとお前の年齢=彼女いない歴という事実は変わらんぞ?」

バイト「!!」


6: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:44:45.37 ID:2heYXViIO

バイト(そうだ……気がつけば周りの奴は付き合ってる奴ばっかりだ)

バイト(けど……スライサーと付き合うなんて惨めすぎだろ!!)

バイト「……すいません、やっぱり嫌です」

男「時給上げるから」

バイト「任せてください!!」

女「切り替え早!!」

スライサー「ねーえー。 さっきから何話してるの?」

男「よし、行ってこい」

バイト「はい!!」


7: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:45:14.23 ID:2heYXViIO

バイト「……スライサーさん」

スライサー「何? いつもボケーっとしてるバイトくん」

バイト(うぜえ……)

バイト「実は……言いたいことがあって」

スライサー「?」

バイト「貴女の事が……好きなんです」

スライサー「え!!?///」ドキッ

バイト「実は……このバイトを始めたのも……」

バイト「売場の窓から見える……貴女に惚れたからなんです」

スライサー「バイトくん……///」

バイト「だから俺と……付き合ってください!!」

スライサー「はい! 喜んで!!」

女「うわーチョロ……」

男「さて、問題はここからだ……」


8: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:45:45.17 ID:2heYXViIO

バイト「スライサーさん、それで頼みが……」

スライサー「何!? バイトくんの言う事だったら何でも聞くよ!!」

バイト「君はもう……肉を切りたくないんだよね?」

バイト「けど俺は……働いている君の姿が見たいんだ」

バイト「だから……もう肉を切らないなんて……言わないでくれ。 俺の為に動いてくれ」

スライサー「バイトくん……」

スライサー「……」

スライサー「分かった!! 私、バイトくんの為に働くね!!」

バイト「本当か!? ありがとう!!」

スライサー「……!! その前にね、頼みがあるんだけど」

バイト「? 何?」

スライサー「キス……してくれる?」

バイト「は!!?」


9: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:46:23.03 ID:2heYXViIO

バイト(お前とキスしたら口が裂ける!!)

女「マネージャー、あれ……」

男「まずいな……」

スライサー「誓いのキス……しよ?」

バイト「ま、待って!! それは今日働いてから……」

スライサー「私の事……嫌いなの?」

バイト(当たり前だろ!!)

バイト「ぎゃ、逆に彼氏の言う事聞けないのか!?」

スライサー「!!! で、でも……私、一回もキスした事なくて……しようと思ったら殺しちゃって……」

バイト「俺だってねぇよ!!」

スライサー「……!! そうなの!? じゃあお互い始めてだね!!」

バイト「なんで嬉しそうなんだよ!」

バイト「……!!」

バイト(これはもしや……使えるのでは?)


10: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:47:02.71 ID:2heYXViIO

バイト「な、なぁ。 俺達キス始めてだろ?」

スライサー「……? うん!」

バイト「だったらさ……仕事を頑張った後の始めてのキスってのは……」

バイト「格別な物だとは……思わないか?」

スライサー「!!!!」

女(こいつ何言ってんだ)

バイト「だからキスは仕事の後……いいかい?」

スライサー「うん!!!」

バイト「……マネージャー!! 動いてくれるみたいです!!」

男「よくやった!!」


11: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:47:29.29 ID:2heYXViIO

パート「こんにちはー」

パート「今日もみんな朝早いわねー」

パート「あら? どうしてバイト君がこんな朝早く?」

女「あ、パートのおばさん達」

男「バイト君とスライサーが付き合う事になったんだ」

パート「まぁ!! 社内恋愛じゃな~い!!」

パート「おめでとう二人とも!!」

バイト「あ、ありがとうございます!!」

バイト(全然嬉しくねぇ……)

バイト(仕事終わった後どうしよう……何も考えてなかった。 まぁここは上手い具合誤魔化して日にちを伸ばそう)

バイト(これも時給アップの為だ)

男「それじゃあスライサー、早速こいつを切ってくれ」ドサッ

ロース「俺は貴女が好きです」

スライサー「ごめんなさい、私にはバイト君が……」


12: ◆LYNKFR8PTk 2018/10/22(月) 22:47:59.88 ID:2heYXViIO

スライサー「……」

スライサー「……」

スライサー「……あれ?」

女「どうしたの?」

スライサー「なんか……動かない」

男「! お前まさか……」

男「……」ガタガタガタガタ

男「……」

男「……」

男「ごめん普通に壊れてるわ」

バイト「ふざけんな」

終わり





『その他』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿