TOP > シンデレラガールズ > 森久保「プロデューサーさんがP×乃々モノのえっちな本を隠し持ってたんですけど…」

森久保「プロデューサーさんがP×乃々モノのえっちな本を隠し持ってたんですけど…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 18:56:45.72 ID:wZCaqhe20

・デレステ二次創作
・キャラ崩壊
・書き溜め
・深夜テンションのものをそのまま
・えっちぃ
・母子相姦パロ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:01:04.86 ID:wZCaqhe20

森久保乃々(以下、森久保とする。)「プロデューサーさんがぁ、プロデューサーさんが怖いぃ!」ガタガタ

モバP(以下、Pとする。)「誤解だから!誤解だから!」

森久保「プロデューサーさんに犯されるんですけど…!」ブルブル

P「やめて!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:01:40.37 ID:wZCaqhe20

P「ご、誤解なんだよ!」

森久保「そうなんですか……?」

P「うん」

森久保「じゃああの本、プロデューサーさんのじゃないんですか…?」

P「いや、それはまぁ、俺のなんだけど……」

森久保「犯されるぅ! プロデューサーさんに犯されるぅ!」ガタガタ ピロリン

P「ち、違うんだ!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:02:36.79 ID:wZCaqhe20

森久保「あの、プロデューサーさんも大人の男の人ですから、そういう事に興味を持っている事自体は普通の事だと思いますし…。」ビクビク

P「……うん」

森久保「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないんですけど……」ブルブル

P「……あの、森久保?」

森久保「な、何ですか!?」ビクゥッ

P「な、なんで距離とってるの?」

森久保「あうぅ…。怖いんです…。か弱い森久保は犯されてしまうんです…。」ガタガタ

P「やめて!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:03:20.28 ID:wZCaqhe20

森久保「超マニアックな方法で犯すつもり、ですよね…。」

P「しないよそんなの!」

森久保「夜、レッスンルームの片隅で『夜のレッスンも頑張らないといけないぞ森久保ォ!』とか言われながら犯されるんですね…あうぅ…。」

P「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:04:05.41 ID:wZCaqhe20

森久保「なにかP×乃々モノ特有のマニアックな言葉責めとかするつもりなんですよね…。」

P「しないよ!やめて!」

森久保「『アンダーザデスクのみんなも使う机の下でこんなことになってるなんてえっちだな森久保ォ!』とか言いながら犯すんですね…。ヒドイです…。」 ビクッ


P「抜粋やめて!音読やめて!」

森久保「プロデューサーさんがマニアックな言葉責めを身につけてるんですけど…むぅーりー…。」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:04:54.84 ID:wZCaqhe20

森久保「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんですよね……?」

P「違うから!そういうんじゃないから!」

森久保「さ、さらにマニアックな……?」

P「違うよ!ていうかさっき森久保が言ったみたいのはP×乃々ものでは全然マニアックの範疇じゃないよ!」

森久保「……え?」

P「……あ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:05:34.31 ID:wZCaqhe20

森久保「……あ、あれくらいは、基本なんですか…?」

P「なんでもない!さっきのなんでもない!」

森久保「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんですけど……」

P「聞いて!さっきのは間違いだから!」

森久保「もうあれくらいじゃ、満足できないんですね……?」

P「やめて!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:06:22.40 ID:wZCaqhe20

森久保「プロデューサーさんがどんどん遠くに……」

P「遠くに行ってるのは森久保じゃないか……物理的に距離とってるじゃない……」

森久保「だ、だって犯されますしおすし……」

P「しないよ!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:07:43.44 ID:wZCaqhe20

森久保「普段のコミュニケーションが悪かったんでしょうか……
知らず知らずの内に、劣情を煽るような振る舞いをしてしまっていたんでしょうか……」

P「やめて!重い感じにしないで!」

森久保「ちゃんと下着とかも、万が一見えても大丈夫なように刺激の少ないものにしてたのに……」


P「聞きたくないよ!思春期の女の子の口からそんな気遣いしてること聞きたくなかったよ!」

森久保「で、でもそういう飾らない下着の方が、むしろマニアックな興奮ポイントに……?」

P「やめて!嗜好を探るのやめて!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:08:34.17 ID:wZCaqhe20

森久保「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんですよね…?」

P「間違いでした!さっきの無しで!」

森久保「とすると無知シュチュとかそっち系に行かざるを得ないじゃないですか……?」

P「っていうか何でちょっと協力的なの!?
さっきまで犯される!とか言ってたよね!?」

森久保「さ、逆らったらもっとひどい目にあいます…。非力な森久保は逃げられません…むぅーりー。」

P「そ、そういうことか!いや、しないから!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:09:12.16 ID:wZCaqhe20

森久保「じゃ、じゃあ面と向かって言っていただけませんか……?」

P「何を?」

森久保「『私は自分の担当アイドルを犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」

P「何その宣言!?」

森久保「言わなきゃ信用できません…。獣にプロデュースをしてもらうとか無理無理むぅーりー!」

P「ケモノとか言わないで!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:10:07.90 ID:wZCaqhe20

森久保「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないんですけど……」

P「……うーん……」

森久保「や、やっぱり虚偽の申告はできなませんか…?」ビクビク

P「虚偽じゃないから!」

森久保「いいんです…。森久保はプロデューサーさんを嘘つきにしたいわけじゃないんですし…。」

P「その感じやめて!年下にそんな気の使われ方するのキツイ!」

森久保「プロデューサーさんにその場限りの嘘をつかせるくらいなら、森久保はプロデューサーさんの嗜好と向き合います!」

P「言うから!というか、そんな堂々とした森久保もっと他のところで見たかったぞ森久保ォ!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:10:51.23 ID:wZCaqhe20

P「え、な、なんだっけ……『私は』……」

森久保「『私は自分の担当アイドルを犯したいと思っていないし』

P「そ、そうだったな。『私は自分の担当アイドルを』……」

森久保「……ど、どうかしましたか?」ビクビク

P「あ、あのー、一応、一応確認ね?」

森久保「な、なんですか?」

P「こ、この『犯す』の範囲って……?」

森久保「!!」

P「い、一応だよ!!」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:11:32.84 ID:wZCaqhe20

森久保「そ、それはつまり範囲によっては……」

P「一応だって!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃん!」

森久保「範囲によってはありえるってことですか?」

P「いやだからその確認!」


森久保「そ、そうですよね。プロデューサーさんの基準はちょっとアレですもんね。」


P「アレとかやめて」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:12:35.91 ID:wZCaqhe20

P「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこうな?」

森久保「は、はい。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」

P「……うん」

森久保「プロデューサーさんがさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるってことですよね…。」


P「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね!!」

森久保「…。」

P「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」

森久保「…まずは『キス』。」

P「えッ!?」

森久保「えッ!?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:13:16.04 ID:wZCaqhe20

P「ストップで! 一旦ストップで!」


森久保「無理無理むぅーりー!!」

P「違うって! 普通にするじゃん! キスってするじゃん! 担当アイドルと!」

森久保「しないしないしない怖い怖い怖い」

P「俺がするかどうかじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、プロデューサーとアイドルでキスはセーフだよ!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:13:56.13 ID:wZCaqhe20

森久保「しないですよぉ……」

P「アレだよ? キスって唇同士の奴だよ? 『森久保の子宮(コオォォォ)と』とかそういうんじゃないよ?
 そのつもりで俺はOKにしたんだよ?」

森久保「当たり前なんですけど…… ていうか今言った方OKにしてたら本当にアイドル辞めてたんですけ……」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:14:38.85 ID:wZCaqhe20

森久保「あの、ということは、キスが基準だとアウトなんです… よね? あの、言わなくていいですけど」


P(心底屈辱的……)

森久保「……というかもう、聞きますけど……
 ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるんですか?」

P「……えー?」

森久保「…プロデューサーさんが決めてくれていいです。それを聞いて対処しますから…。」

P「……う、ん・・・…」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:15:41.89 ID:wZCaqhe20

(五分後)


P「……」

森久保「……」ドキドキ


P「……あの」

森久保「ひっ!?」ビクゥッ

P「そ、そこまで怯えなくても!」

森久保「ひぃ…ご、ごめんなさい! 驚いちゃっただけだなんです!ごめんなさい!犯さないでください!」

P「やめて!」

森久保「……ていうか、これ長考した時点で相当……」


P「言う!今すぐ言う!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:16:36.81 ID:wZCaqhe20

P「え、えーと……」


森久保「…覚悟はできてます。言ってください!ドンと!」

P「えーと……」

森久保「もう驚きませんから!…たぶん。」


P「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」


森久保「え」

P「あの、だって、したいし……」



森久保「うわああああああやっぱりガチじなんですけどぉぉぉぉぉぉ!!!」

P「ご、ごめぇぇぇぇん! でもしたいんだよぉぉぉぉ!!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:17:51.14 ID:wZCaqhe20

森久保「最初ので合ってたんですけどぉぉぉぉぉぉ!! 最初のリアクションでむしろ正解だったんですけど!!!!」


P「ごめん! 本当にごめん! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたい!」

森久保「それは聞いてないんですけどおおお!! 無理無理むぅーりー!!」 グルグル


P「し、静かにしろぉ!! 犯すぞッ!?」

森久保「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:19:24.12 ID:wZCaqhe20

森久保「事務所の机の下プレイは?」

P「基本」


森久保「レッスンと書いて?」

P「調教セックス」


森久保「無知シュチュは?」

P「極上」


森久保「背徳感は?」

P「正義」


森久保「こわいんですけどぉぉぉ! プロデューサーさんが怖いんですけどぉぉぉ!」


P「う、うるさい! 下着口に詰めるよ!?」

森久保「なんですかそれ!?」

P「よくあるんだよ!」

森久保「よくあるんですか!?」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:20:20.85 ID:wZCaqhe20

P「色々装着したままライブさせたりしたい!」

森久保「急になんなんですか!?」

P「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」

森久保「怖い! そんなことを内に秘めてたとかむぅーりー!」

P「ちひろさんと話してる時に机の下で咥えさせたい!」

森久保「やめて怖い!」

P「こういう時ちひろさんは『森久保ちゃんもなんだかんだ言って頑張ってくれてますよね。』とか言って森久保をひたすら褒める!」


森久保「細かな設定とか怖い!」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:21:03.05 ID:wZCaqhe20

P「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」

森久保「落ち着いてください! もうやめて欲しいんですけど!」


P「他のアイドルに見られない事務所の死角でキスしたい!」


P「レッスン予定の連絡網回すために電話してる後ろから胸揉みたい!」

P「トップアイドルにしたい!ていうかする!」

森久保「最後のは普通に格好いいこと言ってるはずなのに怖い!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:21:51.93 ID:wZCaqhe20

P「そういうことだから!よ、よろしくな!」

森久保「何をヨロシクするんですかぁ…?」

P「……じゃ、じゃぁ俺帰るから!もう帰るから!」

森久保「このタイミングで引き上げられるとより怖い!
  ていうかなにをヨロシクすればいいんですか?」

P「お休みなさい!森久保もはやく帰るんだぞ!」ダッガシッ


P「ん?」


早苗「はぁい。」


P「」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:23:09.95 ID:wZCaqhe20

早苗「ライングループで乃々ちゃんが叫んでいたので、とんずらを使って普通ならまだ付かない時間できょうきょタイホしに来ました♪」


森久保(もうついたんですね)(はやい)(きた!ポリスきた)(メインポリスきた!)(これでかつる)


P「待ってくだしぁ。」


早苗「問答無用。シメる♪」


P「ちょ、ちょ、ちょっと待って下さい!待って!助けて!待って下さい!お願いします!痛アアアアアアアア!」メキメキ


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:23:51.33 ID:wZCaqhe20

おしま

――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
―――――


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:24:34.77 ID:wZCaqhe20

森久保(まさかプロデューサーさんが森久保をえっちな目で見ていたなんて…。)


森久保(ちょっとびっくりしましたけど…けど…。)



森久保「そういえば、さっきはちゃんと確認できなかったんですけど、P×乃々モノってどんな感じなんでしょうか…。」




P×乃々モノエロ本<(読んでも)ええんやで。


森久保「……。」


森久保「…一応、一応確認するだけなんですけど…。」ドキドキ


おしり


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:27:05.57 ID:wZCaqhe20

以上です。
お目汚し失礼しました。


森久保の母子相姦パロ読みたかったので…。


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:45:05.94 ID:MrcR8HmW0

俺は机下同盟の中ではまゆが一番股間にくる

包丁入れられてもいいからまゆに挿れたい


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/23(火) 19:51:26.38 ID:wZCaqhe20

まゆにはうっとりした顔で首絞められたい。
ちっちゃい手で絞めてほしい。リボンでもいいかも、です。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿