TOP > シンデレラガールズ > 凛「プロデューサーと既成事実を作りたい」

凛「プロデューサーと既成事実を作りたい」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:01:18.05 ID:lQgBCeAfo

うっすいエロ有 短い キャラ崩壊



奈緒「……は?」

加蓮「凛……暑さで脳に白アリでも湧いたの?」

凛「失礼な。わたしは至って真面目だよ」プンプン

奈緒「できればアタシは暑さでおかしくなったって言ってくれたほうが気が楽だったよ……」

凛「じゃあ二人はプロデューサーのこと好きじゃないの?」

奈緒「なんでそんな話になるんだよ!」

凛「だってこの事務所に所属してる人たちをよく見てよ」

奈緒「あん?」


ワカルワワカルワ
フヒヒヒヒ
コンイントドケコンイントドケ
ニョワーニョーワー
ウフッウフフフッ


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:02:18.44 ID:lQgBCeAfo

凛「……ね?」

奈緒「いやわかんないよ」

加蓮「えっ奈緒わかんないの?」

奈緒「えっ」

凛「流石加蓮だね。わたしを差し置いてプロデューサーとドレスで写真を撮っただけのことはあるよ」ギリギリギリギリ

加蓮「ふふっありがと」ギリギリギリギリ

奈緒「二人ともそんなに強く握手するなよ!」

凛「まあ奈緒に説明すると、ちょっとでも目を話すとプロデューサーはあっという間に奪われちゃうってこと」

加蓮「それも上は31歳、下は小学生低学年まで。競争率が高いってレベルじゃないよ」

奈緒「そ、そりゃあそうだけどさ……」

凛「だから奪われる前に既成事実をね」

奈緒「話が飛び過ぎだろォ!?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:03:29.87 ID:lQgBCeAfo

加蓮「わかってないなあ奈緒は。だから眉毛が太いんだよ」

奈緒「眉毛は関係ないだろ眉毛は! 千鶴に言いつけるぞ!」

奈緒「っていうかさっき加蓮も脳にうんたらいってただろ!?」

加蓮「アレは今更そんなことをわたしに言うなんてどうかしてるのって意味の台詞だよ」

凛「Tシャツくんかくんか」

加蓮「あ、凛それ次かしてね」

奈緒(……あたしがおかしいのか?)

凛「さて話を戻すけどさ」

奈緒「もうずっと戻らないでほしかったよ」

加蓮「……」スーハースーハー

凛「既成事実を作るとして、やっぱりいちばん簡単なのは襲うことだよね」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:05:42.15 ID:lQgBCeAfo

奈緒「アーソーダネー」

凛「それで、わたしたちが襲うのは楽だろうけど、それじゃあプロデューサーの印象が悪くなっちゃうでしょ?」

奈緒「まて」

凛「なに?」

奈緒「わたし『達』? 凛と加蓮のことだよな? あたしは入ってないよな?」

凛「……わたし達はトライアドプリムスでしょう?」ポン

奈緒「いやだあああああたしを巻き込むなあああああああああああ」ジタバタ

加蓮「逃がさないよ一蓮托生だよ」ポン

奈緒「あたしはノーマルだあああドがつくほどノーマルな思考の持ち主なんだああああああああああ」

凛「じゃあ奈緒抜きでやろうか」パッ

加蓮「そうだね」パッ

奈緒「へ?」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:07:33.87 ID:lQgBCeAfo

凛「そこまで言われちゃ無理につき合わせるのも……ね」

加蓮「だね……」

奈緒「お、おいちょっと」

凛「奈緒にはプロデューサーのアヘ顔ダブルピースの写真を送ってあげるよ」スタスタ

加蓮「協力者がいるね。2人か3人ほど」スタスタ

奈緒「ま、待てっ!」

凛・加蓮「何?」

奈緒「……あ、あたしも」

凛「あたしも?」ニコニコ

奈緒「あたしもPさんと……既成事実が欲しいな……って」モジモジ

凛・加蓮(ちょろかわ)

凛「ふふっそれでこそこの事務所で1、2を争う太眉の持ち主だよ」

奈緒「眉毛は関係ないっていってるだろ!?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:08:48.96 ID:lQgBCeAfo

池袋ラボ

凛「そして集まったのが今回の協力者の皆さんです」

留美「今日もPさんからハンコを貰えなかったわ」

晶葉「助手のデータはそろっている。いつでも任せてくれ」

奈緒「留美さんはともかく、晶葉はよく参加したな……」

晶葉「何度もアピールはしかけているが……やはりこの体型のせいかいまいち本気にとってはくれないんだ」

凛「そこをわたしが誘ったの。晶葉の力が加わればずっと成功率は増すし」

加蓮「留美さんは?」ボソボソ

凛「驚異的な聴力でわたし達の会話を聞いてたみたい」ボソボソ

奈緒「よくまゆが気付かなかったな」ボソボソ

晶葉「彼女は先ほど実家に帰った。恐らくばれるだろうが同様のことをさせてやればあまり深手は負わないだろう」ボソボソ


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:09:27.32 ID:lQgBCeAfo

池袋ラボ

凛「そして集まったのが今回の協力者の皆さんです」

留美「今日もPさんからハンコを貰えなかったわ」

晶葉「助手のデータはそろっている。いつでも任せてくれ」

奈緒「留美さんはともかく、晶葉はよく参加したな……」

晶葉「何度もアピールはしかけているが……やはりこの体型のせいかいまいち本気にとってはくれないんだ」

凛「そこをわたしが誘ったの。晶葉の力が加わればずっと成功率は増すし」

加蓮「留美さんは?」ボソボソ

凛「驚異的な聴力でわたし達の会話を聞いてたみたい」ボソボソ

奈緒「よくまゆが気付かなかったな」ボソボソ

晶葉「彼女は先ほど実家に帰った。恐らくばれるだろうが同様のことをさせてやればあまり深手は負わないだろう」ボソボソ


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:10:08.13 ID:lQgBCeAfo

かぶった


留美「で、どうするのかしら?」

凛「やっぱり襲うのは変わらないけれど、こうプロデューサーから愛されるような……」

奈緒(いや無理だろ)

加蓮「わたしがもうあまり長くないからって言って」

凛「この間、ウキウキでもう完治したって言ったばかりだよね」

加蓮「むう……再発……はちょっと厳しいかな」

晶葉「そういえばこの間、Pが使わなくなって貰ったPCを復元したら中にこんなものが」

奈緒(嫌な予感しかしない)

 信じて送り出した彼女がry

奈緒(やっぱりィィィ! ってPさんそっちの趣味持ちかよ!)

晶葉「これは所謂、寝取られ……というジャンルのものらしい」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:14:30.46 ID:lQgBCeAfo

留美「生々しいわね」

晶葉「まああくまで二次元だし、これを弄っている時のPは複雑な表情をした後によく嘔吐してたから、恐らく友人か何かに貰ったのだろう」

凛「つまり……わたし達に寝取られろと?」

加蓮「そんなことやるくらいならPさんの首かっ切ったあとにわたしも死ぬから」

留美「右に同じ」

凛「当然だけどわたしも」

奈緒「い、嫌に決まってんだろ!」

晶葉「まあ落ち着くんだ。別に本当にやれと言っているわけじゃない」

ゴトン

凛「これは?」

晶葉「寝取られ系のAVだ」

奈緒(淡々と語ってるけど晶葉って14だよね? 最近の14歳ってこんなに進んでるの?)


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:17:17.61 ID:lQgBCeAfo

晶葉「このカメラで顔の表情を映像に取りこんで、その取り込んだ人が台詞を当ててもらえば……」

凛「寝取られたように見える!」

加蓮「凄い!」

留美「流石ね晶葉ちゃん」

奈緒(なんなのこの人たち)

晶葉「そしてこれを拘束したPに見せてから乗りこめば……」

凛「プロデューサーと既成事実が作れる!」

奈緒(あたしには理解できないけど他の4人にはそのビジョンがみえたようです)

留美「それで、誰が声を当てるのかしら?」

晶葉「それだがやはり発案者である渋谷さんにいってもらいたいとおもう」

加蓮「あれ晶葉ちゃんはいいの?」

晶葉「体系的にもちょっとな……」ペターン

凛「ありがとう。流石は天才発明家だよ……」

留美「まあ仕方ないわね。用意してくれた人が言うんだから」

加蓮「一夫多妻制の国に行けば問題ないしね!」

奈緒(一夫多妻制ってそんなとこいったらこのプロダクション空っぽになるだろ……)


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:18:52.22 ID:lQgBCeAfo

晶葉「だが、相当に辛いぞ」

凛「負けないッ絶対に台詞当てなんかに負けたりしないッ!」



3時間後



凛「勝った……かったよプロデューサー……」ボロボロ

奈緒(言葉にもないことを言った凛は精神的にボロボロになり、数回血涙と血ヘドと頭痛にダウンしつつも乗りきったのだった)

加蓮「凛……やっぱり凛はすごいよ」パチパチパチ

留美「ええ……貴女になら一番を任せてもいいわ」パチパチパチ

晶葉「感動した……」パチパチパチ

奈緒(なんかしらんが拍手しとこ)パチパチパチ



晶葉「というわけで隣の部屋にウサミンロボでPを拘束してある!」

凛「流石の手早さだね」

晶葉「映像を流すのでスタンバイをしてくれ!」

留美「わたし達もそのうち行くからね」

加蓮「凛……頑張って!」グッ

凛「……うんッ!」グッ

奈緒(こんなに晴れやかな二人の表情を見たのはいつ以来だろう)ボーッ


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:21:05.26 ID:lQgBCeAfo

リーンリーン!ヤメローヤメテクレー!

晶葉「始まったようだな」

留美「流石凛ちゃんが苦しみながら当てた台詞だから本物にしか見えないわ」

クソッホドケコレヲホドケー!

加蓮「でも悲しいかなPさんのpが反応してるね」

奈緒(なんでこうなったんだろう)

晶葉「お、渋谷さんが入るぞ」

リン!リンダイジョウブカ!

プロデューサー・・・ゴメンネワタシヨゴレチャッタ

オレハキニシテナイダカラカエッテコイ!

ダメナノゴシュジンサマガサイゴニプロデューサーヲタノシマセロッテ

晶葉「うーん流石だ……」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:22:52.06 ID:lQgBCeAfo

ダメダリンヤメテクレ!

留美「ついに見れるのねPさんのpくんが」

ジーッ ブルンッ

全員「!?」

凛「えっちょっとデカ」

留美「……実は見たことないんだけど男性ってあのくらいが普通なのかしら」

晶葉「……いや大体13cm前後と噂を聞いたのに明らかに2倍以上あるように見えるが」

加蓮「凛どうするのかな……」

奈緒(なななななんだよアレ! ずっと昔に父さんの見たことあるけどでかすぎだろ!?)

リ、リンヤメルンダ・・・

……イクヨ

加蓮「く、咥えた!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:24:34.97 ID:lQgBCeAfo

晶葉「だが口に入りきっていない。無理もないな」

留美「でも幸せそうね凛ちゃん」

加蓮「しかたないよずっと夢だったんだもん……」

奈緒(うわーうわーうわー……)

クッリンデルハナシテクレッ!

ッ!

ビュービューゴクゴクゴク

奈緒(す、すげえ飲みきった……)

加蓮「……そろそろわたし達も行こうか」

晶葉「そうだな……そろそろネタばらしも含めて」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:26:10.63 ID:lQgBCeAfo

留美「晶葉ちゃん壊れちゃうんじゃない?」

晶葉「ふふ助手になら壊されても構わないさ」

奈緒「……」

加蓮「奈緒怖い?」

奈緒「こ、怖くなんかない!」

留美「じゃあ次は奈緒ちゃんね」

奈緒「はぁ!?」

晶葉「さあいこうじゃないか!」

奈緒「あーやだー!ぜったいこわれりゅうううううう!」


その後、5人に絞られたPだったが、翌日再びまゆを含めた6人に襲われ、
更に次の日また1人増え最終的には事務員を含む全員に襲われた


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:27:36.23 ID:lQgBCeAfo

終わり博士はすまんかった

PがNTRされる話でもしようと思ったけどNTRは書いてる方も精神的につらいからやめた
起きたら依頼だしとく





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

556. YOMICOMER2018年10月28日(日) 20:02 ▼このコメントに返信
このくらいのほうがいいな
557. YOMICOMER2018年10月28日(日) 21:49 ▼このコメントに返信
アニオタを叩かせることで得をするのは誰でしょう
それに協力するアニオタもグル
両方気持ち悪いよね
コメントの投稿