TOP > アイドルマスター > P「真美……?寝てるのか」

P「真美……?寝てるのか」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 21:11:55.59 ID:Ngh+TKCSo

時計を見ると、もう九時を回っていた。
相変わらず窓の外はしとしとと雨が降っている。
湿った空気は、気温が高くない今は不快ではない。

切りの良いところまで済ませたし、そろそろ帰ろう――。

パソコンの電源を落として、荷物を纏める。
電灯を消しかけたところで、ソファーに寝そべる人物に気付いた。

「……真美、何してんだ。こんな遅くに」

返事が無い。傍に寄って見ると、真美はソファーに仰向けに寝そべり、
心地よさそうに寝息を立てていた。


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 21:12:39.16 ID:Ngh+TKCSo

無意識に――

規則正しく上下する胸に目がいった。
薄手のトレーナーをわずかに押し上げている膨らみ。
唾をのむ。瞬間、我に返り、慌てて目を逸らす。

俺は何を考えているんだろう。
こんな子供に、自分の担当しているアイドルに劣情を抱くなんて。

気の迷いだ。無理やり頭からかき消して、真美の肩を優しく揺すった。

「おい、起きろ」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 21:13:42.56 ID:Ngh+TKCSo

真美は、んぅ、と声を上げ、身じろぎをした。
汗の匂いの混じった、独特の甘い香りが鼻をつく。

その一瞬間で五感が鋭敏になる。
よこしまな考えが、頭を、身体全体を満たした。一つ深呼吸をして、目を瞑る。

聴こえるのは雨音と、時計と、真美の静かな呼吸と、自分の荒くなり始める呼吸、鼓動。騒がしい。

顕在の思考が停止し、代わって、潜在の思考が勝手に打算を始めた。

目を開ける。真美の胸は変わらず、規則正しく上下していた。


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 21:17:46.45 ID:Ngh+TKCSo

震える手を伸ばす。真美の膨らんだ胸元へ。

これまでに感じたことのない緊張と、背徳感、性的な高揚に、
全身が揺さぶられるような感覚に陥る。

吐き気がしたが、それすら自分を耽溺へと後押しする。

息が詰まり、絶えず分泌される唾液が口の端から零れそうになる。
彼女の柔かい身体の感触を、想像する。

胸、腹、首、二の腕。視線が落ち着かない。


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 21:18:16.97 ID:Ngh+TKCSo

後――

数センチで手が届く。胸の高鳴りは最高潮に達した。


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 21:18:42.76 ID:Ngh+TKCSo

瞬間。

クラクションの大きな音が事務所に響く。文字通り、俺は飛び上がった。
間を置いて、外で、車が乱暴に走り去っていく音が聞こえた。


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 21:19:49.15 ID:Ngh+TKCSo

俺は破裂しそうな心臓を抱えて、息も絶え絶えにその場にへたり込んだ。
そして、全身の力が抜け、気味の悪い冷や汗がじわりと肌着を濡らす。

色々な感情のないまぜになった溜息を吐き出す。
同時に襲ってくる自己嫌悪。最悪だ。

真美はと言うと、先ほどのクラクションで目を覚ましたらしい。

「くぁ……んむ。にいちゃん、何してんの?」
のんきに目を擦りながら身体を起こしてあくびを一つ。


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 21:20:30.69 ID:Ngh+TKCSo

「……起こそうと思って」一応、事実だ。

「あっそ」

興味なさげに言って、真美はもう一回、あくびをした。

「……真美、何してんだよ。こんな時間まで」

「雨宿りしようと思って」

「傘持ってないのか?」

「いや……持ってるけど」
真美は頬を掻きながら、すこしばつが悪そうに笑った。


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 21:21:01.78 ID:Ngh+TKCSo

「……待っててくれたのか」

「にいちゃんの傘、無かったから」

「…………ごめん」

「ううん、いいって!もう、お仕事終わりでしょ?一緒に帰ろうよ」

「……そうだな」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 21:21:54.86 ID:Ngh+TKCSo

俺の『ごめん』は、多分、真美の思う『ごめん』じゃない。真美の許した俺の『ごめん』は多分、違う。

重いため息を漏らした俺を見て、真美は少し考えるような素振りをした後、手を握ってきた。

驚いて真美を見る。真美は照れ笑いを浮かべて、
いつもの様なおどけた調子で言った。

「んっふっふ~、にいちゃん、今日はなんだか寂しがり屋さんみたいだから、ね……その……」

真美が言い切る前に、その白い手を無言で握り返す。

少し顔を赤くして笑う真美に、
この劣情をどうか、いつまでも悟られることがないように願った。


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 21:25:19.33 ID:Ngh+TKCSo

終わり。

あんまりに短いけど、すっきりまとまっちゃったんで。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿