TOP > 笑ゥせぇるすまん > 喪黒福造「そろそろ優等生キャラをやめて、本能に正直な生き方をしてみませんか?」 ハーフ女性タレント「……分かりました」

喪黒福造「そろそろ優等生キャラをやめて、本能に正直な生き方をしてみませんか?」 ハーフ女性タレント「……分かりました」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:30:23.680 ID:hk3ABUW9D

喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。

    ただの『せぇるすまん』じゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。

    この世は、老いも若きも男も女も、ココロのさみしい人ばかり。

    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

    いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

    さて、今日のお客様は……。

    サンドラ(31) 女性タレント

    【破れかぶれ】

    ホーッホッホッホ……。」


2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:32:23.211 ID:hk3ABUW9D

大阪、HSJ(ハリウッド・スタジオ・ジャパン)。この遊園地の中でパレードが行われている。

鳴り響く音楽とともに、華やかな衣装を着た行列が姿を現す。パレードの行列を眺める一般客たち。

行列には、ドレスを着た女性の姿も見える。黒髪だが、顔つきはどうやらハーフの女性のようだ。

テロップ「サンドラ(31) 女性タレント 本名はサンドラ・優香・タイラー」

一般客に手を振るサンドラ。一般客たちから歓声が上がる。

控室。サンドラがマネージャーを叱り飛ばしている。彼女にひたすら頭を下げるマネージャー。

サンドラの態度はパレードの時のさわやかなものとは違い、傲慢そうなものになっている。


東京。帝国テレビ。テレビ局の中で、バラエティー番組の撮影が行われている。

椅子に座った出演者たちが、笑顔で何かを話す。レギュラー出演者の中にはサンドラもいる。


日曜日の夜。とある大衆食堂。店内にある液晶テレビを見つめる客たち。客の中には喪黒福造の姿がある。

液晶テレビは、バラエティー番組を映している。番組出演者のサンドラと女性芸人が笑顔で何かを話す。


3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:34:30.194 ID:hk3ABUW9D

客A「サンドラも、『イッテGO』の番組レギュラーにすっかり定着したな」

客B「ああ。それにしても、サンドラの需要がどこにあるのかさっぱり分からん」

客C「あえて言うなら、サンドラは優等生キャラだから使い勝手がいいってことだろ」

喪黒「…………」


ある朝。線路を走る満員電車。ドアの近くには、眼鏡をかけて変装したサンドラが立っている。

サンドラの近くには、つり革を持ったまま居眠りをしているサラリーマンがいる。さらに、その近くには喪黒もいる。

つり革から手が離れ、サンドラの身体にぶつかるサラリーマン。

サンドラ「キャアアッ!!」

サラリーマン「あっ……。す、すみません……」

サンドラの悲鳴を聞き、目を覚ますサラリーマン。

サンドラ「みんなーーーっ!!痴漢よーーっ!!痴漢!!」

サラリーマンを指差し、大声で叫ぶサンドラ。


4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:36:15.595 ID:hk3ABUW9D

サラリーマン「ち、違います!!私はやっていません!!」

乗客たちはいぶかしい表情で、サラリーマンを見つめる。青ざめた顔になるサラリーマン。

喪黒「お待ちください!!」

サンドラ「えっ!?」

喪黒「お嬢さん、この人は痴漢ではありません。なぜなら、彼はつり革を持ったまま居眠りをしていました」
   「だから、電車が揺れた時、たまたまお嬢さんにぶつかっただけなのです!」

乗客たち「そうだ、そうだ!!」「彼が居眠りしているとこ、俺も見てたよ!」「この人は悪くないぞー!」


駅。電車を降りたサンドラ、サラリーマン、喪黒がいる。

サラリーマン「ありがとうございます。あなたがいなかったら、私は今ごろどうなっていたか……」

喪黒「いえいえ。私は目で見たままのことを、言ったまでですから……」

サンドラ「さっきは、本当にすみませんでした……」

サラリーマン「分かればいいんです。誤解が解けてホッとしていますよ」

喪黒とサンドラの前から、サラリーマンが立ち去る。


5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:38:26.193 ID:hk3ABUW9D

喪黒「ところで、私はお嬢さんに話があるんですよ」

サンドラ「私にですか?」

喪黒「はい。どうも、気になることがありましてねぇ……。あなた、今回のことは初めてじゃないでしょう?」

サンドラ「な、何のことですか!?」

喪黒「とぼけないでください。あなたはこれまで、痴漢冤罪事件を2回起こしていますよねぇ……」
   「過去に、バラエティー番組でそう話していたでしょう?サンドラさん……」

サンドラ「ああっ……」

喪黒「無実の人を陥れるのは、よくありませんよ。あなたのせいで、善良な市民の人生が狂わされたんですから……」

サンドラ「ご、ごめんなさい!!」

喪黒に頭を下げるサンドラ。

喪黒「どうやら、サンドラさんにも心にスキマがおありのようですねぇ。私の仕事柄、あなたを放っておくわけにはいきません」

喪黒が差し出した名刺には、「ココロのスキマ…お埋めします 喪黒福造」と書かれている。


6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:40:11.585 ID:hk3ABUW9D

サンドラ「ココロのスキマ、お埋めします?」

喪黒「私はセールスマンです。お客様の心にポッカリ空いたスキマをお埋めするのがお仕事です」

サンドラ「人生相談のお仕事なんですか?」

喪黒「どちらかというと、ボランティアみたいなものですよ。何なら、私があなたの相談に乗りましょうか?」


BAR「魔の巣」。喪黒とサンドラが席に腰掛けている。

サンドラ「それにしても、私がサンドラだってどうして分かったんですか?」

喪黒「あなたは、テレビ番組に何本も出演している有名人です」
   「だから、変装をしても芸能人としての雰囲気は隠しきれませんよ」

サンドラ「そうなんですか……」

喪黒「サンドラさん。あなたは日ごろ、ストレスがたまっていますよねぇ?」
   「だから……。見ず知らずの人間に対し、攻撃的な感情を抱いてしまったのでしょう?」
   「そのせいで、わざと痴漢冤罪事件を起こしたのではないですか?」

サンドラ「あ、あの……。さっきの私は頭に血が上ってたものだから……、つい……」

喪黒「はっきり言いましょうか?あなたのストレスの原因は、建前と本音のギャップですね?」


8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:42:12.989 ID:hk3ABUW9D

サンドラ「建前と本音……。どういうことですか?」

喪黒「芸能人としてのサンドラさんは、明るくてクリーンな優等生キャラを演じています」
   「しかし、それは本来のあなたの人格ではありません!」
   「建前でいい子を演じ続けることに対し、ストレスがたまっているのが今のあなたなのです!」

サンドラ「!!!」

喪黒「本音を押し通し、本能のまま、面白おかしく生きてみたい……。それが、無意識のあなたの願望です」

サンドラ「ええ……。その通りですよ。まるで、私の内面を見透かされているみたいですね……」

喪黒「しかしながら、サンドラさんの需要は優等生的なイメージにあるのですから……」
   「あなたが今のキャラをやめるのは、かなりのリスクが伴うでしょうねぇ」

サンドラ「はい。もしも、タレントのサンドラとしてのキャラがぶっ壊れたら……」
     「最悪の場合、私は仕事がなくなるかもしれません」

喪黒「とはいえ、今のあなたはストレスがたまっていますから……。それを何かの形で発散する必要があるのです」

サンドラ「分かっていますよ。でも、どうすればいいんですか?」

喪黒「サンドラさん。今のあなたには、自らを理解してくれる恋人が必要なのです」
   「ありのままの交際によって、あなたは本音を相手に打ち明けることができるでしょう」


9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:44:11.378 ID:hk3ABUW9D

サンドラ「確かに……」

喪黒「本音と本音の関係で、お互いに本能を貫きあえる恋愛……」
   「これはあなたのストレス発散に役立つでしょうし、今までの生き方を変えてくれるはずです」

サンドラ「そうかもしれませんね……」

喪黒「サンドラさん。そろそろ優等生キャラをやめて、本能に正直な生き方をしてみませんか?」

サンドラ「……分かりました」

喪黒は、サンドラに右手の人差し指を向ける。

喪黒「さあ、サンドラさん。本能の赴くまま、思う存分、恋愛を楽しんでくさい!!」
   「ドーーーーーーーーーーーーン!!!」

サンドラ「キャアアアアアアアアアアアア!!!」


とあるホール。ステージの上で、バンドグループが歌を歌っている。男2人、女2人の4人組だ。

このグループのボーカル担当は、茶髪のマッシュルームカットをした若い男性だ。

テロップ「バンドグループ『ゲスなケダモノたち』」

観客席でサイリウムを振るファンたち。サンドラも、ファンたちとともにサイリウムを振っている。


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:46:28.169 ID:hk3ABUW9D

楽屋裏。ライブを終え、休憩をとっている『ゲスなケダモノたち』の4人。

花束を持ったサンドラが、4人の前に現れる。サンドラの姿に気がつくボーカル担当の男。

川中「ああ……。確か君は、日曜の『イッテGO』に出演しているサンドラさんですよね?」

テロップ「川中玲於奈(26) 『ゲスなケダモノたち』ボーカル 本名は川中新一」

サンドラ「はい。私、あなたのファンなんです……」

顔を赤らめたサンドラが、川中に花束を手渡す。


とある街。サンドラと川中が手をつなぎながら、道を歩いている。

雑貨屋の中を歩くサンドラと川中。美術館の中で、日本画を鑑賞するサンドラと川中。

カフェの中でコーヒーを飲むサンドラと川中。2人はお互いにスマホを見せ合う。

川中「じゃあ、LINEのアドレスの交換でもしようか?」

サンドラ「うん。いいよ」


11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:48:19.565 ID:hk3ABUW9D

夜。サンドラと川中がホテルの前にいる。川中に寄りかかるサンドラ。

サンドラ「新ちゃん。お願い、私を抱いて……」

川中「優香ちゃん。僕は君を1人にさせないからな……」

2人はいつの間にか、本名の名前で呼び合っている。ホテルの中に入るサンドラと川中。


ビル街。高層ビルのスクリーンには、『ゲスなケダモノたち』のPV映像が映っている。最新曲を歌う川中。

一方、帝国テレビではバラエティー番組『イッテGO』の撮影が行われている。『イッテGO』の撮影に参加するサンドラ。


北海道総合体育センター。ステージで熱唱をするとあるロックグループ。

恋人同士となったサンドラと川中が、このロックグループのライブを鑑賞している。


夜。あるホテル。客室のダブルベッドで寝ているサンドラと川中。

川中「優香ちゃん。今まで君に内緒にしていたけど……。実は僕、妻がいるんだ……」

サンドラ「えっ!?じゃあ、新ちゃんはすでに既婚者ってこと!?」


12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:50:53.591 ID:hk3ABUW9D

川中「でも、安心してほしい。僕は妻と別居中だし、離婚の協議もしているところだ」

サンドラ「そうなんだ……。新ちゃんも、いろいろ複雑な事情があるんだね……」

川中「離婚話を切りだしてきたのは妻の方だし、僕もあいつを愛していない」
   「今の僕が心から愛しているのは……。優香ちゃん、君だけだよ」

サンドラ「新ちゃん……」


BAR「魔の巣」。喪黒とサンドラが席に腰掛けている。

喪黒「なるほど……。今のサンドラさんは、本音と本音の恋愛関係を堪能しているようですなぁ」

サンドラ「でも、気になることがあるんです……。なぜなら、今の彼は妻帯者ですから……」

喪黒「ほう……。要するに、サンドラさんと川中さんは不倫関係なのですか」

サンドラ「そうなんです。まあ……。今の彼は奥さんがすでに家を出て行って、離婚協議の最中ですけど……」
     「ほら、さすがに不倫はダメでしょう?相手の家庭に迷惑がかかりますし、私もただじゃ済まないでしょうから……」

喪黒「相手に迷惑をかけたくない?今さら何を言うんですか。あなたは、痴漢冤罪で多くの人たちに迷惑をかけたでしょう」

サンドラ「くっ……」


13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:53:05.485 ID:hk3ABUW9D

喪黒「本音を押し通し、本能のまま生きるのがあなたの願望ですよねぇ」
   「不倫の恋は、まさにその最たるもの……。生き方の変化を望んでいるあなたに、実にぴったりですよ」

サンドラ「で、でも……」

喪黒「なぁに……。芸能人なら色恋沙汰の一つや二つ、珍しいことではありませんよ」

サンドラ「そ、それはそうだけど……」

喪黒「ところで、サンドラさん。あなたは、川中玲於奈さんのことを愛していますか?」

サンドラ「もちろん、心から愛していますよ!!」

喪黒「だったら、サンドラさんには私と約束していただきたいことがあります」

サンドラ「約束!?」

喪黒「はい。あなたは本音を押し通し、本能を貫く生き方をこのまま続けるべきなのです」
   「たとえ……。川中さんとの恋愛関係が世間に知れ渡ったとしても、正直に振る舞ってください」
   「いいですね、約束ですよ!?」

サンドラ「わ、分かりました……。喪黒さん」


14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:55:18.867 ID:hk3ABUW9D

テロップ「翌年――」

夜。サンドラを連れて、地元に帰省した川中。自宅マンションで、息子とともにサンドラと初対面する川中の両親。

川中の父「ふーーむ……。君がサンドラさんか」

サンドラ「ええ。そうですよ……」

川中の母「サンドラさん。私、『イッテGO』であなたを何度も見ましたよ」


朝。実家から出て、道を歩く川中とサンドラ。2人の前に、目つきの悪い男――週刊誌記者が現れる。

週刊文隆の記者「あのー、すみません……。私、『週刊文隆』の者ですが……」

週刊誌記者を目にし、思わず目を丸くする川中とサンドラ。2人は動揺した様子で、週刊誌の記者の取材を受ける。

週刊文隆の記者「山本由里恵さんとはどういう関係なんですか?」

川中「な、名前は知っていますよ……。僕とは友達同士です」


新幹線に乗り、東京を目指す川中とサンドラ。

サンドラ「どうして嘘ついたの?新ちゃん、由里恵さんはあなたの奥さんでしょ……」


15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:57:13.060 ID:hk3ABUW9D

川中「実はなぁ……。結婚していることが世間にバレたら、何かとまずいんだよ。僕には女性ファンが多いからな」
   「君だって、今の優等生キャラが壊れるのは嫌だろ?それで飯を食ってるんだから……」

サンドラ「うん……」

川中「このまま嘘をつき通せば、マスコミの追及はいくらでもごまかせるよ。だから、心配するなって」


翌日。マンション。サンドラはスマホを操作している。彼女は川中とLINEのやりとりをしている。

サンドラのスマホ「友達で押し通す予定!」

川中のスマホ「逆に堂々とできるキッカケになるかも」

サンドラのスマホ「ありがとう文隆!」

サンドラ(私は、略奪愛なんかしていない……。なぜなら、新ちゃんは奥さんと離婚協議をしているから……)

サンドラのスマホ「略奪でもありません!」

川中のスマホ「うん!」

サンドラのスマホ「センテンス プロスパー!」


16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 18:59:20.307 ID:hk3ABUW9D

とある芸能事務所。カメラのフラッシュを無数に浴びながら、記者会見をするサンドラ。

サンドラ「お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません」


深夜。不安そうな顔で、住宅街を歩くサンドラ。道には彼女以外に誰もない。

サンドラ(私はこれから一体、どうなるんだろう……)

サンドラが角を曲がった時……。街灯の下には、喪黒と川中がいる。気まずそうな表情の川中。

サンドラ「も、喪黒さん……!!それに、新ちゃん……!!」

喪黒「サンドラさん……。あなた約束を破りましたね」

サンドラ「なっ……!?」

喪黒「私は言ったはずですよ。川中さんとの恋愛関係が世間に知れ渡ったとしても、正直に振る舞え……と」
   「にも関わらず、サンドラさんは記者会見で嘘をつきましたねぇ」

サンドラ「だ、だって……。不倫を正直に認めたら、私は世間から袋叩きにされますよ」

喪黒「略奪愛であっても……。正直な態度を貫けば、メディアもある程度大目に見てくれたでしょうし……」
   「あなたたちの恋も実ったでしょうに……」


17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 19:01:21.527 ID:hk3ABUW9D

サンドラ「略奪愛なんかじゃありません!!それが証拠に、彼は奥さんと離婚協議中で……」

川中「優香ちゃん、ごめん……。僕、嘘ついてた……」

サンドラ「新ちゃん、どういうこと!?」

喪黒「川中さんは、奥さんと別居も離婚協議もしていませんよ。何しろ、彼の奥さんは現在妊娠中なのですから……」

サンドラ「そんな……。私、新ちゃんに騙されていたんだ……」

川中「何もかも喪黒さんの言う通りだよ……。弁解するつもりはない」

喪黒「まあまあ……。今さら後悔してもどうにもなりません。ですが……、私がお二人に解決策をプレゼントしましょう」

川中・サンドラ「えっ!?」

喪黒「いっそのこと、落ちるところまで落ちるべきなのですよ!!自分に正直な生き方をするために……ね」

喪黒は川中とサンドラに右手の人差し指を向ける。

喪黒「ドーーーーーーーーーーーン!!!」

川中「ギャアアアアアアアアア!!!」  サンドラ「キャアアアアアアアアア!!!」


18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/24(水) 19:04:24.452 ID:hk3ABUW9D

テロップ「数年後――」

風俗店が並ぶとある歓楽街。週刊誌の記者が、無料案内所で関係者と話をしている。

週刊真実の記者「すいません、私は『週刊真実』の者ですが……。本当に彼女は、この店で働いているんですか?」

案内所関係者「ええ。間違いありません。しかも、彼女の常連客はあいつなんですよ。ほら、あの……」

とある風俗店。店の奥で信じがたい光景を目にし、驚愕した様子になる『週刊真実』の記者。

SMの女王様の衣装を着たサンドラが、全裸になった川中を鞭で叩いている。全身が傷だらけになり、恍惚の表情を浮かべる川中。

サンドラ「この変態豚野郎!!今日も懲りもせず、あたしに調教されに来たのか!!」

川中「はい、女王様……。僕は変態豚野郎です!!だから、もっと僕をぶってください!!」


歓楽街の前にいる喪黒。

喪黒「何はともあれ……。文明の発達で社会が複雑化した以上、人々は誰もが建前と本音を抱えながら生きています」
   「建前に縛られて生きるのは何かと窮屈ですし……。かといって、本音のみで生きるのは大いにリスクが伴います」
   「だから……。建前と本音を二つ抱え持った上で、両方のバランスを大切にするのが無難な生き方とも言えましょう」
   「しかしながら、自分の心はごまかせませんから……。結局、正直な生き方こそが心の健康にいいのかもしれません」
   「まぁ、それにしても……。サンドラさんも川中さんも、自分に正直な生き方ができて、楽しそうで何よりです」
   「よかったですねぇ……。オーホッホッホッホッホッホッホ……」

                   ―完―





『笑ゥせぇるすまん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿