TOP > 笑ゥせぇるすまん > 喪黒福造「あなたもジビエ料理の奥深さを味わってみませんか?」 作家「喪黒さん、何だか興味が湧いてきましたよ……」

喪黒福造「あなたもジビエ料理の奥深さを味わってみませんか?」 作家「喪黒さん、何だか興味が湧いてきましたよ……」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:44:59.415 ID:pmsoaP+cD

喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。

    ただの『せぇるすまん』じゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。

    この世は、老いも若きも男も女も、ココロのさみしい人ばかり。

    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

    いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

    さて、今日のお客様は……。

    苅部房雄(58) 作家

    【ジビエ】

    ホーッホッホッホ……。」


6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:47:08.108 ID:pmsoaP+cD

夜。東京、神田。会員制料亭『美食連盟』。机の上には、高級そうな日本料理が並んでいる。

和室の中で、酒を酌み交わし談笑する年配の男たち。彼らは金と地位を持った人間ばかりだ。

鈴置「我々『美食連盟』の初期の会員が、こうやって揃うのも久しぶりですね」

テロップ「鈴置吾郎(63) 陶芸家」

鍋島「いやぁ、主催者の俺ももう年だからな。だから、元気なうちに君たちに会っておこうと思ったんだよ」

テロップ「鍋島弘道(92) 読朝新聞本社・代表取締役主筆 『美食連盟』主催者」

佐村「会員制料亭の『美食連盟』は、鍋島主筆が設立したのですよね。何しろ、主筆は健啖家として有名なお方ですから」

テロップ「佐村信彦(72) カントリーホールディングス代表取締役会長」

苅部「鍋島主筆は、料理に対する関心が深いですからね。私が読朝新聞にエッセイを連載できるのも、主筆のおかげ」

テロップ「苅部房雄(58) 直島賞作家・エッセイスト」

竹村「鍋島主筆がお作りになった『美食連盟』は、日本の食文化を残すための宝。今後も存続させるべきですよ」

テロップ「竹村紀夫(75) カメラマン」


9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:49:19.106 ID:pmsoaP+cD

朝。東京、世田谷区。高級住宅街の中に苅部の自宅がある。書斎で机に向かい、原稿を執筆する苅部。

苅部(今の俺は、地位も仕事も保証されている。だが、たまには違ったことをやってみたいものだ……)


昼。喫茶店。席に座り、仕事の話をする苅部と雑誌編集者。苅部は、雑誌編集者に原稿を渡す。

苅部「来月号の原稿ができました」

半藤「ありがとうございます。それにしても、先生の食通ぶりは大したものですね」

テロップ「半藤誠彦(43) 月刊雑誌『文藝隆盛』編集者」

苅部「まあ、私は若いころからグルメに興味がありましたから……。気が付いたら、こうなっていたんですよ」


夜。新宿。とあるホテル。高級レストランの中で、客たちが食事をしている。

店内にいる客たちは皆、裕福で品がよさそうな人間ばかりだ。ここには苅部もいる。

苅部の持つグラスにワインを注ぐ給仕の男性。ワインの匂いをかぎ、これを口にする苅部。

苅部「これは切れのいい酸味ですね」


11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:51:20.194 ID:pmsoaP+cD

レストランの端のテーブルで、フルコースを食べる喪黒福造。喪黒は遠くから、苅部と給仕の姿を眺めている。

喪黒「…………」

どうやら、喪黒はまたしても何かの企みを思いついたようだ。


レストランを出て、エレベーターを待つ苅部と喪黒。2人はエレベーターに乗り込む。

喪黒「これはこれは……。もしかして、あなた……。苅部房雄先生ではないですか?」

苅部「ええ。私が苅部ですけど……」

喪黒「私、先生のファンなんですよ」

苅部「ああ……、あなたファンの方なんですか」


ホテルを出て、街を歩く喪黒と苅部。

喪黒「苅部先生……。あなたのエッセイストとしての文章の質の高さや、安定感は大したものですよ」

苅部「お褒めにあずかり、光栄ですが……。まあ、たまには違ったことをしたいという気持ちもどこかにあるんですよ」


12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:53:15.982 ID:pmsoaP+cD

喪黒「実はですねぇ……。そんな先生にいい話があるんですが……」

喪黒が差し出した名刺には、「ココロのスキマ…お埋めします 喪黒福造」と書かれている。

苅部「……ココロのスキマ、お埋めします?」

喪黒「私はセールスマンです。お客様の心にポッカリ空いたスキマをお埋めするのがお仕事です」

苅部「は、はあ……」

喪黒「今後の先生のお仕事のために、役に立つかもしれない話があるんですよ」


BAR「魔の巣」。喪黒と苅部が席に腰掛けている。

喪黒「先生は料理に対する造詣が深いですし、文章もなかなか面白いですねぇ……」

苅部「あ、ありがとうございます……」

喪黒「もはや、先生は料理評論の権威といっても過言ではないでしょう」

苅部「でも、私はもともと小説家として出発した人間ですよ」
   「本業の小説で大成できなかったから、今こういう仕事をしているんです」


13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:55:16.415 ID:pmsoaP+cD

喪黒「まあまあ……。先生は一応、直島賞を受賞したプロの作家ではないですか」

苅部「直島賞の受賞はもう、30年近くも前の話ですよ。でも、直島賞受賞の後は小説が全く売れなくて……」
   「気が付いたら……。副業だったはずの料理のエッセイの執筆が、すっかり本業になりました」

喪黒「小説で新作を発表したいというお気持ちはありますか?」

苅部「いやぁ、その……。小説に関しては、私は才能の限界を自覚して久しいですから……」
   「あまり、そんな気持ちはないですね」

喪黒「では、『たまには違ったことをしたい』とはどういうことなんですか?」

苅部「まあ、何というか……。料理のエッセイの仕事に飽き始めているんですよね……」

喪黒「どうしてです?先生はグルメが趣味であり、そのおかげで料理評論の大家になれたのでしょう?」

苅部「だからですよ……。私は料理に対して全方位で知識を身につけ、ありとあらゆるグルメを究めました」
   「そのせいもあってか……。料理のエッセイや評論の仕事に、前ほど熱が入らなくなったんです」

喪黒「なるほど……。知識をつけすぎて、好奇心がなくなってしまったというわけですなぁ」

苅部「その通りです」


14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:57:17.312 ID:pmsoaP+cD

喪黒「ですがねぇ……。先生が知らない未知の分野がまだどこかにあるはずです」

苅部「一体何ですか、それは?私が教えて欲しいくらいですよ」

喪黒「例えば、ジビエ料理とかはどうです?」

苅部「ジビエ料理ですか……。ジビエとはフランス語で、狩猟で捕獲された野生の鳥獣を意味する言葉ですよね」

喪黒「お詳しいですねぇ、先生。実は最近、日本国内でジビエ料理が密かなブームになっているらしいですよ」

苅部「昨今のジビエブームの件も、もちろん存じていますよ」

喪黒「いやぁ……。料理評論を生業としているだけあって、なかなかの情報通でいらっしゃる」
   「しかしながら……。先生は、ジビエブームについては、あくまでも情報として知っているだけでしょう」

苅部「言われてみれば、そうですよね……。私はジビエブームについて、ほんの少し知識はあるものの……」
   「実際に、ジビエ料理を本格的に味わったわけではないのですから……」

喪黒「じゃあ、苅部先生。あなたもジビエ料理の奥深さを味わってみませんか?」

苅部「喪黒さん、何だか興味が湧いてきましたよ……」
   「もしかすると、ジビエ関係で何かいい店を知っているのですか?」


15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:59:15.085 ID:pmsoaP+cD

喪黒「もちろん……と言いたいところですが……。先生にはもっといい形で、ジビエの奥深さを味わっていただきたいのです」

苅部「……ということは、まさか」

喪黒「その『まさか』ですよ。実際に山へ行って、狩りを行うのです!」


長野県、佐久高原のとある山。秋を迎えたこともあり、木々の葉は赤や黄色に色づいている。

森の中には、猟師たちと喪黒、苅部がいる。彼らは皆、猟銃を担いでいる。

喪黒「苅部さん。ここにいる人たちが、今日の私たちの案内役です」

苅部「よ、よろしく……」

猟師たち「こちらこそ、よろしくお願いします」


猟師たちに案内され、森の中を歩く喪黒、苅部。

苅部「喪黒さん。私は狩りの初心者だから、不安もありますよ」

喪黒「大丈夫ですよ。プロの猟師さんたちが、私たちをちゃんと案内してくれますから……」


16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:01:15.178 ID:pmsoaP+cD

猟師A「一応、俺たちは猟友会と日本鳥獣捕獲協会に加入していますよ」

猟師B「猟師の仕事は、社会のために必要なんです。農業に害をもたらす鳥獣を捕獲するためですよ」

猟師C「そうです。増えすぎた野生の鳥獣は、農地を荒らして被害をもたらしますからね」

苅部「なるほど……」

歩みを止める猟師たち。

猟師A「いたぞ……!!」

一同は、獰猛そうな一頭の猪を目にする。猪に対し、猟銃を構える猟師。猟師の発砲により、猪は草むらに倒れる。


狩りを続ける一同。もう一人の猟師が、鹿に向けて猟銃を発砲する。喪黒も野兎に対して猟銃を撃つ。

そして、一同が森の中をさらに進んだ時――。池の水面と周囲に鴨がいるのを目にする。

鴨に向けて、猟銃を構える苅部。苅部は緊張した様子だ。

猟師B「苅部さん。もう少し、肩の力を抜いてください」


17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:03:21.980 ID:pmsoaP+cD

苅部「はい……」

狙いが定まり、猟銃の引き金を引く苅部。パアンッ……!!!鳴り響く銃声。鴨に命中する銃弾。


苅部「あ、当たった……」

猟師C「いやぁ、よくやりましたね……」

自らがしとめた鴨を、恐る恐る手にする苅部。苅部は感極まった表情になる。

苅部「こ、この鴨は私がしとめたんだ……」

喪黒「おめでとうございます。苅部先生……」


翌日。山の中のとあるレストラン。喪黒と苅部は、ジビエ料理を食事している。

苅部「鹿のブラッドマカロン。猪のパイ包み焼き。鴨のロティ。兎の出汁のスープ……」
   「本格的なジビエのフルコースじゃないですか!まさに芸術的ですよ……!!」

喪黒「この店で料理された野生動物は、私たちが捕まえたものですよ」

苅部「えっ!?そうなんですか……」


18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:05:18.483 ID:pmsoaP+cD

喪黒「自分の手で野生動物を捕まえて、自ら味わうのは何とも感慨深いですなぁ」

苅部「ええ……!その手ごたえと感動は、体験した人間でなければ分かりませんよ!」


東京、世田谷区。自宅で原稿を執筆する苅部。

苅部(よし……。今回は、ジビエ料理をテーマに執筆しよう)


ある日。スーツ姿の苅部が街の中を歩く。とあるレストランの中に入る苅部。

苅部(喪黒さんによると、この店はジビエ料理で有名なところらしいな)


とある大型書店。ベストセラー本のコーナーに、苅部の新著が山積みにされている。苅部の著書を手に取る喪黒。


BAR「魔の巣」。喪黒と苅部が席に腰掛けている。

喪黒「苅部先生。ジビエ料理について扱ったエッセイ集、なかなか読みごたえがありましたよ」


19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:07:14.774 ID:pmsoaP+cD

苅部「ありがとうございます。この私も、ジビエ料理の奥深さをようやく知ることができました」

喪黒「それはそうと……。先生が久しぶりに発表した小説も面白かったですよ」

苅部「いやぁ……、お褒めいただき恐縮です。小説を発表したのは久しぶりですから……」

喪黒「山で暮らすマタギを主人公にした物語で、実に読みが絶えがありました」

苅部「喪黒さんたちと一緒に、狩りを体験したおかげでこの小説が書けました」
   「このたびは貴重なご経験、本当に感謝していますよ」

喪黒「どういたしまして……。苅部先生」

苅部「狩猟の面白さも実感しました。私はこの間、山で自ら狩りを行ったくらいです」

喪黒「そうですか……。先生。私の方から、ちょっと忠告しておきたいことがありましてねぇ……」

苅部「どういうことですか?」

喪黒「苅部先生ならご存知かと思いますが……。ジビエ料理の精神とは、動物の命に対する感謝ですよねぇ」


20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:09:14.817 ID:pmsoaP+cD

苅部「はい……。動物の命を奪う代わりに、あらゆる部位をくまなく使い、命そのものに感謝を捧げる精神……」
   「それがジビエ料理の根底にあります」

喪黒「狩猟もジビエ料理も、共通しているのは動物の命を奪うということです」
   「動物の命を奪い、動物を食べることによって生かされている存在……。それが人間なのですよ」

苅部「確かに……」

喪黒「だから、先生には約束していただきたいことがあります」

苅部「約束!?」

喪黒「そうです。苅部先生、狩猟はそろそろ止めておくべきなのです」
   「なぜなら、動物の命をむやみに奪うのは罪深いことですから……」

苅部「わ、分かりました……。喪黒さん」


とある山。苅部は猟銃を担ぎ、森の中を一人で歩いている。目の前に鹿を見つける苅部。

鹿に対し、猟銃を発砲する苅部。鳴き声を上げ、そのまま倒れる鹿。


21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:11:13.761 ID:pmsoaP+cD

とある居酒屋。作家の苅部、カメラマンの竹村、編集者の半藤がカウンターで酒を飲んでいる。

半藤「最近の苅部先生は、狩猟に夢中になっているそうですね」

苅部「はい。動物を自分の手で捕まえるってのは、これ以上ない快感なんですよ」
   「この間も、私は自らの手で大物の鹿をしとめました」

半藤「やりますね、先生……」

竹村「苅部さん。狩猟なら、私も何度か経験しましたよ」

苅部「竹村さん。狩猟は楽しかったでしょう」

竹村「もちろんですよ。時間ができたら、一緒に狩りに行きましょう」

苅部「それはいいですね」

半藤「苅部先生。よろしかったら、私も狩りに加えてくださいよ」


どこかの山。猟銃を担いだ苅部、竹村、半藤が森の中を歩いている。

半藤「いやぁ……。この山は素晴らしい大自然ですね」


22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:13:18.476 ID:pmsoaP+cD

竹村「ここは野生の鳥獣が数多く生息しているらしいですよ」

苅部「野生動物の天国ですか……。狩りをするのに手ごたえがありそうですね」

山道を歩き続ける苅部、竹村、半藤。しかし、森の中は次第に霧が立ち込めていく。

半藤「うわあ……。よりによって霧が出るとは……」

苅部「山は霧が発生しやすいですからね」

霧は次第に濃くなっていく。竹村や半藤の姿を見失い、必死に2人の名前を呼ぶ苅部。

苅部「おーーーーい!!竹村さーーーん!!半藤さーーーん!!」

苅部の大声は、こだまになってそのまま返ってくる。途方に暮れる苅部。しかし、聞き覚えのある声が苅部を呼ぶ。

喪黒「やあ、苅部先生……」

苅部「もしかして、半藤さんですか!?」

自分の名前を呼ぶ声の方へ近づく苅部。苅部が目の前を見ると、そこには喪黒が立っている。

喪黒「苅部先生……。あなた約束を破りましたね」

苅部「も、喪黒さん……!!」


23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:15:35.178 ID:pmsoaP+cD

喪黒「私は先生に忠告したはずですよ。狩猟はそろそろ止めておけ……と」
   「それにも関わらず、先生は狩猟のためにこの山へ訪れましたねぇ」

苅部「すみません、喪黒さん……。ですが、私は狩りの楽しさを知ってしまいました!」
   「もはや病みつきになってしまいましたから、そう簡単にはやめられませんよ!」

喪黒「弁解は無用です。約束を破った以上、あなたには罰を受けて貰うしかありません!!」

喪黒は苅部に右手の人差し指を向ける。

喪黒「ドーーーーーーーーーーーン!!!」

苅部「ギャアアアアアアアアア!!!」

喪黒のドーンを受け、うつ伏せに倒れる苅部。苅部の身体が茶色く変色し、衣服が破れる。

彼の肉体は、人間の姿から野生の鹿へと変わっていく……。次第に霧が晴れる森。


苅部「ケーーーーン(竹村さーーーん)!!ケーーーーン(半藤さーーーん)!!」

竹村と半藤の名前を呼ぶ苅部。しかし彼の口から出たのは、2人の名前ではなく鹿の鳴き声だ。


25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:18:40.763 ID:pmsoaP+cD

前足を蹴って、前へ進もうとする苅部。この時、彼はようやく自らに起きた異変に気がつく。

苅部(これが俺の身体……!?ということは、まさか……)

苅部の前に、竹村と半藤が姿を現す。鹿となった苅部に猟銃を向ける竹村と半藤。

半藤「竹村さん、大物の鹿がいますよ!!」

竹村「よーーし。こいつは俺たちの手でしとめてやる!!」

苅部「ケーーーン……(やめろ……)、ケーーーーーン(撃たないでくれ)!!」

猟銃を撃つ竹村と半藤。パアン!!パアンッ!!大物の鹿となった苅部に、銃弾が相次いで命中する。


山の中にいる喪黒。

喪黒「近年の日本では……。天然物の野生動物を食べるジビエ料理が、至るところでブームになりつつあります」
   「野生の鳥獣を捕まえ、全身の部位を食べるジビエ料理は……。動物を食べる文化の極みとも言えましょう」
   「とはいえ……。ジビエ料理は動物の命の犠牲の元に成り立っている、という事実を無視してはなりません」
   「何しろ……。人間とは、動物の命や植物の命を食べることによって生きている罪深い生き物なのですから……」
   「だから、人間に食べられる動物の命には心から感謝すべきなのでしょうねぇ。そう、鹿として死んでいく苅部先生に対しても……」
   「オーホッホッホッホッホッホッホ……」

                   ―完―





『笑ゥせぇるすまん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿