TOP > シンデレラガールズ > 北川真尋「!!」 奥山沙織「はえ?」

北川真尋「!!」 奥山沙織「はえ?」

1: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 11:48:55.01 ID:CAmiqhtDO

北川真尋「!」

大石泉「…」

泉「とりあえず、パンを飲み下してから話すといいと思う」

真尋「!!」

泉「あ、うん。構わないわ」

真尋「!!」ングング

泉「どういたしまして」フフ

奥山沙織(この二人、どうして会話が成立してんだべ…?)


(この三人が仲良くするだけの短編です。メンバーに深い意味はないよ)


2: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 11:51:08.78 ID:q9lxcus/o

真尋「ぷはー! へへっ、いずみん助かったよ! おいしいみずをありがとう!」

泉「どういたしまして。ふふ、これでようやくまともにコミュニケーションが取れるから、なによりよ」

真尋「だね!」

沙織(いやべづにパンを咥えながらでもできてたべ?)ホァー

真尋「というわけで、二人ともおっはよ!」

泉「うん」

沙織「お、おはようごぜえます」ペコ


3: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 11:53:15.92 ID:CAmiqhtDO

真尋「いい天気だね!」

泉「真尋はいい元気ね」

真尋「走って来たからねー。充電バッチリだよ」

泉「?? 走って来たら、むしろ体力を消耗するんじゃないかしら…?」

沙織(あ、たぶんもず通りに受け取るとごろじゃな…)ハラハラ

真尋「パンも食べたし!」

泉「ああ、なるほど」ポン

沙織(あ、それで納得するだ…)ワガンネ…


5: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 11:55:59.12 ID:q9lxcus/o

真尋「…」ジー

泉「?」

沙織(…いい天気だー…)トコトコ

真尋「…」

真尋「今さらだけど、珍しい組み合わせだね?」

沙織「へ」

泉「そう? 駅から事務所に向かう道はここ一本だから、奥山さんとはときどき一緒になるけど…」

真尋「ん、そういう意味だけどそういう意味じゃないかなっ!」

泉「??」

真尋「もぉっ…いずみんは頭が固いなー。えいえい」ペチペチ

泉「……、じ、自覚は、あるんだけどね…」

真尋「大石だから仕方ないか!」ペチペチ

泉「ど、どういう意味…?」イタタ

沙織(……奥山……、山奥? へへ、わだすにお似合いだなー……)ハハ…

真尋「?」ペチペチ

泉(……頭、叩いてもらうとやわらかくなるかしら…)フム


6: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 11:58:06.62 ID:CAmiqhtDO

真尋「…」

真尋「えっと」チラ

沙織「?」ビク

真尋「さおりん」

沙織「さ、さおりん?」

真尋「えいっ」ペチ

沙織「いでっ」

泉「こら」ペチ

真尋「いたっ」

泉「どうして奥山さんを意味もなく叩くの」

沙織「……」

真尋「難しい顔をしてたから、つい。へへ」

泉「?」

沙織(……奥山さん…)

泉(あ、難しい顔してる…)

真尋「えいっ」ペチ

沙織「なあっ」

泉「こら」ガツン

真尋「!?」


7: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 12:00:17.31 ID:q9lxcus/o

真尋「……」シュウウウ…

真尋「…ぱ……パソコンは、いたいです……」

泉「つい」

沙織「……な、なんがわだす……変な顔してたかな…?」

真尋「うん。あっ、いや、べつに変とかじゃなくてっ」ブンブン

沙織「?」

真尋「…む、難しい顔をしてたかなっ」

泉「さっきと情報量が変わってないわ」

真尋「う、うるさいなあ。…なんて言ったらいいか、分かんないんだよー…」

真尋「……えっとね、沙織さん」

沙織「は、はあ」

泉「呼称が不安定ね」

真尋「はいいずみん空気読んでー」

泉「う、……、ぜ、善処します…」スミマセン…

沙織「…」クス


8: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 12:02:26.23 ID:CAmiqhtDO

真尋「なにか気になることとか。悩みごととか」

沙織「ぎぐん」

真尋「……、あるんじゃないかなーって。なんとなくねっ」

泉「悩みごと」フム

泉「そうですね。もし自分の力で解決できないなら――きっと、だれかに相談するといいですね」

沙織「そ、相談だべか」

真尋「そうだね」クス

泉「…真尋、口元が緩んでいるように見えるけど…?」

真尋「気のせいだよー」ニヨニヨ

泉「……、そ、そう。ならいいけど」コホン

真尋(いずみんはデフォがいい人だよねー)ニヨニヨ

沙織(…相談……)


9: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 12:04:11.35 ID:q9lxcus/o

沙織「……、」

沙織「あ、…あんの、ですね」

沙織「……んとに、ささいなこどなんだども…」モジ

真尋「うん」

泉「はい」

沙織「……」

沙織「……よ、よびがだ……、ま、真尋ちゃんは、わだすのこと、名前で読んでくれっけど……泉ちゃんは、その…」ゴニョ

泉「……」

真尋「…あー。そういう…」ナルホド

泉「分かったの?」

真尋「分からないの?」

泉「……、ちょっと待って。考えるから」

真尋「ごゆっくり」ニヨニヨ

沙織「…あ、あんまりいじめちゃだめだどー…」


10: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 12:08:13.31 ID:CAmiqhtDO

泉「…………」

泉「…」ムム…

真尋「…」ハハ…

真尋「…まあでも、ほら。それは性格の違いというか。いずみんは几帳面だし」

沙織「そ、それは分かるんだけど…、でも、真尋ちゃんのことは、呼び捨てだべ?」

真尋「……あー。なんでだろーね。そう言えば」

泉「……」ウーン… ←15歳

真尋「…」←17歳

沙織「…」←19歳

真尋「…」

真尋「…」ブニ

泉「ひゃっ……、にゃ、にゃにしゅるにょ?」ブニブニ

真尋「や、ちょっとね。深い意味はないから」グニ

泉「い、いひゃい…」

沙織「いじめちゃ、めっだぞー」ペチ

真尋「いたっ…、ごめんなさーい」テヘ

泉「はふぅ」ヒリヒリ


11: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 12:09:55.88 ID:q9lxcus/o

泉「わ、分かりました」ハイッ

真尋「はい。じゃあ大石さん」

泉「ま、真尋が真尋なのが悪いんじゃないかしら」

真尋「なに? そんなにほっぺをつねって欲しいの、いずみん」

泉「い、いや、私はただ導いた答えが正しいかどうかを…」

真尋「仕方ないなー」ブニブニ

泉「やめふぇー」

沙織「…」クスクス


12: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 12:11:52.18 ID:CAmiqhtDO

ヒリヒリ


泉「……」イタイ…

真尋「いずみんは分かってるけど分かってないよね」

泉「じ、自覚はあるよ?」

真尋「自覚と理解は違うんじゃないかな?」

泉「…、!」

真尋「顔にほっぺつねってって書いてあるよ?」

泉「ま、真尋に教わるなんて…」

真尋「ダウト」


13: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 12:13:46.48 ID:q9lxcus/o

泉「……」イタイヨー

真尋「……まあ、いずみんの言いたいことは分かるけどね」

真尋「さおりん、だから…気にすることないよ。私がこういう性格ってだけ。うん」

沙織「…そ、そだな……」

沙織「……わだすには、真尋ちゃんみたいな明るさはねーし……」ハハ…

真尋(あ、そういう風に取っちゃうのかー)

沙織「……」シュン

真尋(むずかしいなー。…考えるのは苦手…)ウムム

泉「…」

真尋「…」

真尋「ね、いずみん」

泉「うん」

真尋「ちょっと走って来ていいかな」

泉「急ね!」

真尋「充電切れちゃった」

泉「バッテリーが劣化してるんじゃないかしら」

真尋「もともとと違う用途で使っちゃうとねー。ていうかそんなにつねられ足りない?」ワキワキ


14: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 12:15:51.23 ID:CAmiqhtDO

ブニブニ


泉「…」ンアー

沙織「…」

泉「…」ブニブニ

泉「あの…えっひょ」

沙織「? …へ、へい」

真尋「…」パッ

泉「ありがと、……はい」

泉「じゃあ…沙織さんって、呼んでも…いいですか。…呼び捨てはさすがに…」

沙織「……あっ……」

沙織「う、うん。も、もち、もちろん…」

泉「はい」ニコ

泉「えと、沙織さん」

沙織「は、はい」

泉「まだ、ちゃんと話したこともないし、ごめんなさい。べつに沙織さんのことを、友達だと思っていないとか、そういうわけじゃなくて」

沙織「う、うん」

真尋(初々しいねっ!)ナンダコレ

泉「真尋は真尋って感じで、またちょっと特別なので」

真尋「あれどうしていきなりこっちに矛先が?」

沙織「うん」クス


15: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 12:16:50.04 ID:q9lxcus/o

泉「まあ…ゆっくり、仲良くなって行きましょう。…みたいな」アハハ…

沙織「…、う、うん」

沙織「や……、こちらごそ、その、…努力もせずに、わがまま言って……」

泉「そんなことないです」ニコ

沙織「…」チラ

真尋「うん?」

沙織「…」ニコ

沙織「なんだがー…真尋ちゃんが真尋ちゃんだってこどが、よぐ分かっただ。真尋ちゃんだって、ちゃんと真尋ちゃんしてるがら、真尋ちゃんなんだべな」

真尋「??」

真尋「ちょ、さおりん、すとっぷ。いまの説明じゃなにがなんだか…??」

泉「そうですね」フフ

真尋「えっうそでしょ、なんで分かってんの」

沙織「だべなー」フフフ

真尋(急に疎外感がすごいよっ!)


16: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 12:17:45.12 ID:CAmiqhtDO

泉「せっかくですから、一緒にお昼ご飯でも行きましょう」

沙織「いいべなー」ニヘラ


ワイワイ


真尋「…」ポツン…

真尋「…あれー…」



泉「?」

泉「…ふふ、真尋も行く?」

真尋「…! い、行くよぅ! 仲間外れはよくないよ!」

泉「でもさっきパンを食べてたし」

真尋「あ、あれは朝ご飯だもん!」

泉「太るわよ」

真尋「は、走ってるからだいじょぶだし!」

泉「知らないわよー」

真尋「いずみんは意地悪だ! もぉっ!」

沙織「…」クスクス

沙織(へへ……みんなでお昼かー。…楽しいなっ…)ニヘラ



☆おしまい


17: ◆or.ZWvM5pg 2013/07/14(日) 12:21:02.58 ID:q9lxcus/o

以上です。


こう、いずみんは書くのに自分の頭が追いつかず、
おぐやまさんは方言的に難しく、
マヒローはマヒローだから、みたいな。

好きなんだけど個人的に書き辛い三人で短編をやってみました。三人は身長が段々な繋がりがあったりします。
ほっこり的な。はい。して頂ければ。


とくにおぐやまさんが変だったらすいません。
合いの手、報告、ありがとうございました。


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 14:09:29.37 ID:tx8wL+Zio


珍しい組み合わせSSはやはり良い





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿