TOP > 咲-Saki- > 淡「私ってサキを愛でる権利があるよね」

淡「私ってサキを愛でる権利があるよね」

2018/11/01 00:03 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:10.42 ID:Ktvf0oe70

咲「え?」

淡「テルーの後継者って呼ばれてるくらいだしね!」

咲「確かにそんなこと言われてた気がするね」

淡「でしょ!つまり私はサキの姉にもなれるってことだよね!」

咲「なれないと思うよ」

淡「え?嘘でしょ?だって私はテルーの後継者なんだから」

咲「後継者かどうかは置いといて、なれないものはなれないよ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:13.00 ID:Ktvf0oe70

淡「でも……」

咲「あのね?なれないんだからなろうと思っちゃいけないんだよ?」

淡「もしかしてサキって私のこと嫌い?」

咲「全然嫌いじゃないよ?」

淡「だ、だよねー!うんうん!知ってるよ私のこと嫌いじゃないことなんてね!」

咲「でも私の姉になろうとするのはやめてね?」

淡「なんでー?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:16.00 ID:Ktvf0oe70

咲「いろいろあるからかなー」

淡「むー、これは絶対教えてくれないパターンってやつだね!」

咲「そうだね。それと淡ちゃんそろそろ門限の時間じゃないの?」

淡「うっわ、もうこんな時間か!それじゃ帰るねまた明日来るから!」

咲「うん。またねー」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:17.00 ID:Ktvf0oe70

淡「……さて、なんで私がサキの姉になろうとしたらいけないのか真面目に考えよう」

淡「例えばーサキが私の姉になりたいとかかなー」

淡「これはありえそうだね! サキは末っ子だったからきっと妹が欲しいんだ!」

淡「よっし!明日は妹にならしてって頼みこんでみようか」

淡「って考えに纏まったんで妹にならしてください!」

咲「嫌だよ」

淡「うえぇ!なんでなんで!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:19.00 ID:Ktvf0oe70

咲「あのね? 別に私が姉になりたいとか妹がほしいとかじゃないんだよ?」

淡「え?そうなの?」

咲「そうだよ」

淡「でも姉妹になると一緒に暮らすこともできるよ?」

咲「それじゃダメなの!」

淡「なんでー? 一緒に暮らせるとか最高じゃん!」

咲「確かに私も一緒に暮らせたらうれしいよ? でもね問題はそこじゃないの」

淡「問題? あぁ……テルーがだらしなく生活してるのは知ってるから問題じゃないよ!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:20.00 ID:Ktvf0oe70

咲「いやお姉ちゃんはそこまでだらしない生活はしてないけど……」

淡「テルーが試合のない日は家の中でゴロゴロしてるの私は知ってるから!」

咲「最近はちゃんと菫さんとお外に出かけてるからね?」

淡「あーだから最近私とサキが話してても視線を感じないのか」

咲「とりあえずお姉ちゃんのことは置いておいてね?」

淡「んー……問題かーテルー関係以外思い浮かばないなー」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:21.00 ID:Ktvf0oe70

咲「はい、じゃあ次来るときまでにちゃんと考えてきてね?」

淡「サキが教えてくれるのが一番早いと思う!」

咲「それは恥ずかしいからちょっと……」

淡「それならしょうがないなー。じゃあ帰るねー」

咲「ばいばいー」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:22.00 ID:Ktvf0oe70

淡「でも問題なんてそんな見つかるとは思わないんだけどなー」

淡「あーあとさー……私の後ろコソコソつけてるのばれてるからね?」

和「よく気づきましたね」

淡「全くさー人が考えことしてるのに後ろから痛いほどの視線を感じてしょうがないったらありゃしないよ」

和「そうですか。それはすみませんでした」

淡「で?なにかようでもあるの? 私はサキ以外には特に話したいことはないんだけどさ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:24.00 ID:Ktvf0oe70

和「用なんてほどでもありませんが、私も我慢の限界が近いんですよね」

淡「なんの我慢? もしかして私がサキと仲良いから嫉妬してるとか?」

和「嫉妬とかそんなのじゃありませんよ」

淡「へぇー意外だなー。私てっきり刺されるのかと思ってたよ」

和「はぁ、貴女は私をなんだと思ってるんですか?」

淡「ヤンデレってやつ?」

和「まぁ、昔はそんな風評被害に会ってましたね」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:25.00 ID:Ktvf0oe70

淡「まぁどうでもいいんだけどさー」

和「そうですね。それでは貴女は咲さんと姉妹になった時将来のこと考えてるんですか?」

淡「幸せに暮らせる?」

和「はぁ? なんですかそれ本当に脳みそ入ってるんですか?」

淡「なんか私をバカにしてる?」

和「えぇしてますよ! いいですか姉妹っていうのは結婚できないわけですよ?」

淡「そうだねー」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:30.00 ID:Ktvf0oe70

淡「ん?結婚できない?」

和「そうですよ! 結婚できないんですよ!?」

淡「またまたー冗談でしょ?」

和「本当ですよ!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:31.00 ID:Ktvf0oe70

淡「知らなかった……」

和「いいですか? 私は咲さんのこと諦めてましたが貴女が結婚しないなら私が結婚しますよ?」

淡「ちょ、ちょっと待ってよ! それは認めれないに決まってるじゃん!」

和「ですから! いますぐに咲さんのところに行って早く結婚してきなさい」

淡「わかった! 私が結婚するからサキのことは安心してね!」

和「わかってますから早く行ってきなさい」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/08(木) 19:20:32.00 ID:Ktvf0oe70

淡「サキー!」

咲「淡ちゃん? 門限は大丈夫なの?」

淡「門限とかどうでもいいから! そんなことより問題がわかったよ!」

咲「本当!?」

淡「ほんと! だから後のことは私に任せろー!」

この後淡ちゃんと咲さんは結婚して幸せに暮らしました

めでたしめでたし

カン





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿