TOP > とある魔術の禁書目録 > 一方通行「もォ打ち止めとは風呂に入りません」

一方通行「もォ打ち止めとは風呂に入りません」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:16:12.74 ID:s4JhE52jO

打ち止め「なんで?ってミサカはミサカはクビを傾げてみたり」

一方通行「そろそろ一人で入れるよォにならねェと」

打ち止め「馬鹿にしないで、もう一人で入れるもん!ってミサカはミサカは怒ってみる!」

一方通行「じゃあなにも問題ねェじゃねェか」

打ち止め「あるよ」

一方通行「?」

打ち止め「いっしょにお風呂入るの楽しいんだもん、ってミサカはミサカは告白してみたり」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:19:42.98 ID:s4JhE52jO

一方通行「楽しくねェよ」

打ち止め「水遊びたのしい…ってミサカはミサカは上目遣いで同情心をあおってみる」

一方通行「煽ってンのかよ」

打ち止め「しまったー!」

一方通行「とにかく、もォ一緒には入らねェ」

打ち止め「もしかして恥ずかしいの?ってミサカはミサカは予想してみる」

一方通行「……」

打ち止め「そんなのタオル巻けば…ってあぁ待って!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:22:12.45 ID:s4JhE52jO

一方通行「チッ」

一方通行「もォ一緒に入れるワケがねェ」

一方通行「無理なンだよ」

一方通行「いつまでもいつまでも一緒に風呂入ンのは、おかしいだろ」

一方通行「もし何もしらないヤツに目撃されたらどォなるか…」

一方通行「合意の上でも捕まっちまうンだよ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:25:35.78 ID:s4JhE52jO

上条「それは間違ってるな」

一方通行「なンでだよ」

上条「確かにさ、いつまでも一緒に風呂入るのはどうかと思うよ」

一方通行「あァ」

上条「いつかは自然と消滅させていかなきゃいけない習慣だ」

一方通行「じゃあなンで間違ってンだよ」

上条「打ち止めはまだセーフティゾーンに居るんだよ」

一方通行「……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:28:29.42 ID:s4JhE52jO

上条「だったらまだ入るべきだ」

一方通行「……」

一方通行「つまりまだガキは受け入れてくれているんだから勿体ないことすンなってことか」

上条「ああ」

上条「うらやましいわ」

上条「俺なんか…インデックスなんか、着替えみただけで噛み付いてきて…犯罪者を見る目するんだぜ…?」

一方通行「お前頭大丈夫か?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:33:31.30 ID:s4JhE52jO

上条「今までどれだけ不幸なラッキーに出会ったか…!」

上条「そのたびに俺は、痛め付けられた…!!」

上条「だがお前はなぁ…打ち止めみたいな幼女と、一緒にお風呂に入ることができる!」

上条「それを捨てようとしている…」

上条「そんなのは間違っている!」

一方通行「……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:35:52.50 ID:s4JhE52jO

一方通行「そォかな…」

上条「ああそうだ!幸せを捨てるなんて幸せなヤツにしかできない!!」

上条「お前は今、幸せなんだ!」

上条「それを捨てることは、不幸な人への冒涜だ!!」

一方通行「……ッ!」

上条「……思い直したか?」

一方通行「いや駄目だ!」

上条「!?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:39:44.48 ID:s4JhE52jO

上条「なんでだ!?」

一方通行「俺が幸せであることも…それを捨てることが非道いこともわかった…」

一方通行「だがこの道は間違っているンだよ!進ンじゃいけねェ道なンだ!」

上条「……ちっ」

上条「馬鹿、野郎ぉぉぉぉおおおおお!!」

一方通行「俺の能力はベクトル変換!間違った道を修正するためにあるンだよォ!!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:45:48.94 ID:s4JhE52jO

上条「はあっ!」バキ

一方通行「ぐァ……ッ!」ズシャア

上条「はぁ……はぁ…、まいったか」

一方通行「クソッタレが…身体が、動かねェ…」

上条「意思と意思のぶつかり合いは、正しい方が勝つのさ」フラッ

上条「!?」ドサ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:49:29.25 ID:s4JhE52jO

上条「……く」

一方通行「正しい方が勝つねェ…」

一方通行「じゃあ俺の勝ちだな」

上条「くそ…予想以上にダメージが蓄積していたか…」

一方通行「立てねェか…?」

上条「く、立てないのはお前もだろ!」

一方通行「あァ確かに…」

一方通行「立てねェが、勃つことはできる」グ

上条「!!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:51:26.70 ID:s4JhE52jO

一方通行「……」グ

ググググ

上条「な!」

上条「勃ったアソコを支え棒にして…」

一方通行「……ぐ、ああああああァァァァァァァッ!!」
バン

上条「立ち上がりやがった!!」

一方通行「はァァ…!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 22:55:05.91 ID:s4JhE52jO

一方通行「毎日あのガキと風呂に入っていたンだぜ?」

一方通行「いつ、いかなる時でも鮮明に思い出して、命を吹き込むことができる…!」

上条「だ、だが打ち止めはお前と混浴する時はタオルを巻くと言っていたはず…!そんなのでなぜ!!」

一方通行「いくらタオルで隠しているたってよォ、見えるモンは見えるし…」

一方通行「だからこそイイって思える時もあるしな…」

上条「……!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:01:26.06 ID:s4JhE52jO

一方通行「つか、アイツの身体…発展途上でもねェのにエロいンだよ…」

一方通行「絶妙な肉付き加減、巻き方の雑さ、タオルが濡れると裸よりある意味エロくさせることを知らない無防備さ…」

一方通行「考えるだけでもォ、反射を突き破って発射しそォだぜ?」

上条「……そ、それほどの需要を得ていて、なぜ捨てようとする」

一方通行「……」

上条「お前の目は雄だ、快楽から抜け出せない雄の目をしている…そんなヤツは決してヘブンズゲートを捨てられないはず」

一方通行「……フッ、俺をそこらの脳ミソ空野郎たちと一緒にすンじゃねェよ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:05:49.51 ID:s4JhE52jO

上条「……(ハッ、幼女とは一緒に居てくれるだけで幸せと心の渇きを潤してくれる存在)」

上条(一方通行はすでに末期…そんな状態で打ち止めと風呂に入り続けたら……!)

上条「なるほど…」

一方通行「バレた以上生かしてはおけねェ」

上条「無駄だ」

一方通行「?」

上条「俺を消しても、お前はいつか自爆するよ」

グシャ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:09:59.42 ID:s4JhE52jO

打ち止め「ただいまー、ってミサカはミサカは出迎えてみたり!」

一方通行「おォ」

打ち止め「どうしたの!?すっごいボロボロだけど…ってミサカはミサカは心配してみる…」

一方通行「あァ、なンでもねェよ」

打ち止め「そんなわけ…」

一方通行「どォでもいいから、早く一緒に風呂入るぞ」

打ち止め「え?」

一方通行「……なンだよ?」

打ち止め「もう一緒に入らないんじゃなかったっけ?ってミサカはミサカは確認してみる」

一方通行「」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:13:30.90 ID:s4JhE52jO

一方通行「なンのことだよ?」

打ち止め「あれー?ミサカの勘違いだったのかな?ってミサカはミサカは腕組みしてうなってみる」

一方通行「どォせ夢かなンかと勘違いしてンだろ」

一方通行「一緒に入るのが嫌なのか?」

打ち止め「いや、別にいいよ!ってミサカはミサカは走ってお風呂を沸かしてくる!」

一方通行「………………………」


一方通行(なにしてンだァァァァァァ!?俺はァァァァァァァァァァァ!!)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:16:21.54 ID:s4JhE52jO

一方通行「忘れてた…」

一方通行「混浴禁してるの、完璧に忘れてた」

一方通行「……いや、それだけならいい」

一方通行「最初打ち止めに指摘されたとき…」

一方通行「その時に、混浴を自粛していることを思い出した」

一方通行「なのにしらばっくれたことが問題…!」


一方通行「歯止めがきかねェ…」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:20:11.56 ID:s4JhE52jO

次の日

一方通行「昨日の風呂はマズかった…」

一方通行「もォ常に前屈み、タオル二枚重ね」

一方通行「隠すことで精一杯だった…俺の中のタンクも精が一杯…」

―――『俺を消しても、お前は自爆するよ』

一方通行「クソッタレが」

一方通行「させねェよ!特訓だ」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:23:43.11 ID:s4JhE52jO

一方通行「プール…」

一方通行「土御門からの情報によると」

一方通行「幼稚園や小学生のみんなが団体さンでココに来るのは、この時間帯」

一方通行「いわゆるチラリズム、あれて見えない萌え耐性を作ればいいだけ」

一方通行「さすがに銭湯に侵入するのは無理だからな、クソこンな時海原の能力がうらやましい」

一方通行「行くぜェ!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:25:49.85 ID:s4JhE52jO

キャー キャー

一方通行「……………………」

キャッキャ

一方通行「……………………」

パシャ ピチャ

一方通行「……………………」

アハハ

一方通行「……………………」スタスタ

~トイレ~

一方通行「……」

バタン


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:27:33.51 ID:s4JhE52jO

一方通行「よし」

一方通行「もォ大丈夫」

一方通行「帰ろう」

一方通行「おうちに帰ろう」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:30:36.81 ID:s4JhE52jO

今日、判ったことがある

俺の趣味は駄目なことなンだ

穢れなきカラダを見ているうちに
あンなものを俺の汚れた目で見ることは許されねェ

すべて悟った俺はその日のうちに
黄泉川にすべてを話した

自首した


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:32:08.23 ID:s4JhE52jO

ガチャ

一方通行「!」

上条「よう」

一方通行「無能力者……」

上条「また、会えたな」

一方通行「……」

一方通行「ごめンなさい…!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:32:54.17 ID:s4JhE52jO

おしまい


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:43:59.76 ID:s4JhE52jO

長々と続きましたがおしまいです
途中グダりましたが、なんとか完結しました

ではまたさようなら!


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:45:58.97 ID:h57WiSsa0

乙ー
やっぱりセロリは輝いてるよ





『とある魔術の禁書目録』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿