TOP > 少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト > 【少女歌劇SS】なな「エチュード(即興劇)」

【少女歌劇SS】なな「エチュード(即興劇)」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:14:40.41 ID:/E9i7M220

キャラ崩壊注意



純那(お小遣いが少ないわ……本を買い過ぎたかしら)ムムム

純那(何かバイトでもしようかな……でも舞台を疎かにするわけにはいかないし……)

純那(舞台のスキルアップも兼ねたお仕事……)

純那「レンタル彼女とか……?」ボソッ

なな「私のお小遣いがなくなっちゃうからやめて」

純那「何の因果が……?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:42:43.29 ID:/E9i7M220

純那「まぁ、元々本気でやるつもりじゃないわよ。知らない男の人と話すのって……なんか怖いし」

純那「でも、レンタル彼女って要はお客さんの理想の彼女を『演じる』わけでしょ?」

純那「これからそういう役をオファーされることもあるかもしれないし……勉強になるんじゃないかなって思ったの」

なな「そういう役は全部私が断っておくね」

純那「やめて」


華恋「分かる~。なんか楽しそうだよね!」

まひる「楽しいかなぁ……」

なな「華恋ちゃんにまひるちゃん」

レンタル彼氏役の華恋「すいませーん。待たせちゃいましたか?」タッタッ

まひる「え?」

純那(なんか始まった)


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:46:56.28 ID:/E9i7M220

まひる「あ、あぁ。そういう……んんっ!ううん。今来た所です」

華恋「あ~良かったぁ。それじゃあ、自己紹介させていただきますね。ご指名頂いた愛情枯太郎です」

純那(ひっどい名前。っていうか男なんだ)

華恋「露崎さんは、どうしてレンタルを?」

まひる「あの……恋愛とか、興味あるんですけど、私そういうのよく分からなくて……まずは男の人に慣れる所が始めてみようかなって」

純那(それっぽい)

まひる「ですので、あの、できれば、まひるちゃん。って呼んでほしいなぁ……なんて」

華恋「おっ。まひるちゃん積極的だなぁ~。男慣れしてないなんて本当は嘘なんじゃないの?」

まひる「そ、そんな……からかわないでください」

まひる(あ……何かすごい。華恋ちゃんが彼氏……いい!すごくいい!お金の関係っていうのもすごい興奮する!)

純那(まひるさんが良くない顔をしている)

華恋「オッケーまひるちゃん。今日はどこ行こっか。一応プランは……」

ひかり「……おいまひる。そいつ誰だよ」

華恋「!?」

まひる「!?」

純那(なんか混ざってきた)


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:47:26.21 ID:/E9i7M220

ひかり「なぁ……まひる!どういうことだよ!」

まひる「えー……?」

華恋「……あなたは?」

ひかり「まひるの彼氏だよ!」

純那(よくやるなぁ)

ひかり「そういうお前は誰なんだ!」

華恋「まひるちゃんに依頼された、レンタル彼氏です」

ひかり「レンタル彼氏……?わけ分かんねぇよ……」

ひかり「くそっ、まひる!説明してもらうぞ、こっち来い!」ガシッ

まひる(あっ。乱暴なひかりちゃんちょっとかっこいい……)キュンッ

華恋「待ってください」バシッ

ひかり「あぁ……?」

華恋「今日一日、まひるちゃんは僕の大事な彼女だ……あなたには、渡さない!」ギュッ

まひる(華恋ちゃんに守ってもらうの好き……)キュンッ

純那(レンタルが出しゃばっちゃダメでしょ)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:47:51.64 ID:/E9i7M220

ひかり「なぁ……まひる!どういうことだよ!」

まひる「えー……?」

華恋「……あなたは?」

ひかり「まひるの彼氏だよ!」

純那(よくやるなぁ)

ひかり「そういうお前は誰なんだ!」

華恋「まひるちゃんに依頼された、レンタル彼氏です」

ひかり「レンタル彼氏……?わけ分かんねぇよ……」

ひかり「くそっ、まひる!説明してもらうぞ、こっち来い!」ガシッ

まひる(あっ。乱暴なひかりちゃんちょっとかっこいい……)キュンッ

華恋「待ってください」バシッ

ひかり「あぁ……?」

華恋「今日一日、まひるちゃんは僕の大事な彼女だ……あなたには、渡さない!」ギュッ

まひる(華恋ちゃんに守ってもらうの好き……)キュンッ

純那(レンタルが出しゃばっちゃダメでしょ)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:48:24.41 ID:/E9i7M220

ひかり「……っ、おいまひる!もう俺には飽きちまったのかよ!だからレンタル彼氏なんて……」

まひる「ちっ、違うの!これは……」

華恋「まひるちゃん。無理することはないですよ……僕を、選んでください」

ひかり「まひる!」

華恋「まひるちゃん!」

まひる(二人に迫られたら、私……!)

まひる「幸せ……っ!」バタンキュー

ひかり「まひる!?」

華恋「まひるちゃん!?」


なな「ハッピーエンドだね」

純那「んー……?」



  -終わり-


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:53:15.04 ID:/E9i7M220

純那「あっ、この写真懐かしい」

なな「私が男装した時の写真だね」

純那「ななは背が高いからよく似合ってて、かっこよかったなぁ」

なな「ふふっ、ありがとう」

香子「その理論で行くと、背の低い双葉はんに男装は無理やな」

双葉「なんだと!」

香子「いや、がさつで乱暴やからガキ大将の役ならできるかもなぁ」

双葉「なんだと!あたしだって大人の男の役くらいできらぁ!」

香子「ふんっ。ほんならやってみぃや」

ホスト役の双葉「あっ、香子ちゃん。また指名してくれたんだ。ありがと」サラッ

純那(双葉さんの中の『大人の男』のイメージはホストなんだ……)


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:54:12.08 ID:/E9i7M220

香子「うっ」ドキッ

香子(双葉はんのイケメンスマイルに結構ドキッとしてもーた……けど、それを顔に出したら負けたも同然!)

香子(ここはあえて双葉はんの即興劇に乗って、相手のボロが出るのを待つ!)

双葉「ほら、ワイン持ってきたよ。いっつもこれ飲んでるもんね」(ファンタで代用)

香子「ありがと~双葉くんは気が利くなぁ」

双葉「それじゃ、乾杯する前に手ぇ繋ごっか」キュッ

香子「えっ」ドキッ

双葉「ふふっ。何驚いてんの?いつもやってることじゃん。俺だけのお客様が、他の奴に取られないように。ね?」

香子「うっ」キュンッ

香子(ホストクラブという妖艶な雰囲気の中での、この無邪気な仕草のギャップ!手ぇ繋いでるだけやのにドキドキする!)


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:54:39.01 ID:/E9i7M220

双葉「はははっ!香子ちゃんの話、いっつも楽しいなー」

双葉「香子ちゃん、すっごく可愛いよ」

双葉「うんうん。香子ちゃんは頑張ってる。偉い偉い」

双葉「何か辛いことがあったら言ってね。俺はいつでも香子ちゃんの味方だから」

香子(あぁ……気持ちいい……イケメンにちやほやされるんめっちゃ気持ちいい……)

双葉「あー、何か俺喉渇いちゃったなー」

香子「ドンペリもらおかな」

双葉「はいドンペリ入りましたーぁあっ!」パンッ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:55:12.77 ID:/E9i7M220

双葉「……っと、まぁ、ざっとこんなもんだ。どうだ香子。あたしだってやればできるん……」パッ

香子「……何言うてんの?手ぇ放さんとってや」

双葉「ん?」

香子「うちは双葉くんだけのお客様なんやろぉ?もっとお話しようやぁ……っ、双葉くぅん……!」グルグル

双葉「……え、いやいや待て待て。これただのファンタだよな?ガチのワインだったりしないよな?」

香子「双葉くんっ!!」ガバッ

双葉「うわあああっ!もうあたしの負けでいいから元の香子に戻ってくれーっ!」


なな「ハッピーエンドだね」

純那「んー……?」



  -終わり-


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:55:56.27 ID:/E9i7M220

真矢「くんくん。何やらいい匂いがしますね」フラフラ

純那「あっ、真矢さん」コトコト

真矢「これは……おかゆ。ですか」

純那「うん……ななが風邪を引いちゃったみたいで」

真矢「それでおかゆを……」ジュルリ

純那「……ごめんなさい。真矢さんの分はないの」

真矢「ええ、もちろん。それは純那さんからななさんへの想いが籠ったおかゆなのですから」ションボリ

純那「想い……何か、そういう言われ方すると、照れるわね」

真矢「ふふっ。ななさんも手厚く看病してもらえて、風を引いて良かったなんて思っているかもしれませんね」

純那「もうっ、からかわないでよ……それじゃ、おかゆもできたみたいだし部屋に戻るわね」

真矢「ええ。お大事に。と、ななさんによろしく」

純那「うん」スタスタ


真矢「看病……」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:56:31.80 ID:/E9i7M220

真矢「クロディーヌ」

クロ「ん?何かしら」

真矢「私は今から風邪を引きます」

クロ「……?」

真矢「そしてあなたは私を看病します」

クロ「!」

クロ(さては天堂真矢、ここで即興劇を始めるつもりね!そして私のアドリブ力を試そうというのだわ!)

真矢「ごほっ、ごほっ」フラフラ

クロ(やってやろうじゃない!負けないわよ天堂真矢!)

クロ「ちょっとあなた、大丈夫?」スッ

真矢「うぅ……少し横になりたいのですが……膝枕してくださいませんか?」

クロ「!? なんでそうなるのよ!」

真矢「おや……?してくださらないのですか?」

クロ「……!いいえ。膝枕ぐらい安い物よ」ポンポン

真矢「助かります」コテン

クロ「これで少しは楽になったかしら」ニコッ


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:57:01.05 ID:/E9i7M220

真矢「心細いので、手を握ってくれませんか……?」

クロ「はい」キュッ

真矢「落ち着けるように、頭をなでなでしてくださいませんか……?」

クロ「もちろん」ナデナデ

真矢「あぁ……なんだか眠くなってきました……zzz」スヤァ

クロ「えええええ」

クロ(ね、寝るの!?劇中なのに!?)

クロ(寝てるって言う体で進行するなら会話はできないし……私の独白で進めるしかないわね……)

クロ(けど、独白が終わったら?どうやってこの劇を終わらせるの?)

クロ(いったいどんな独白をすれば……?)ナデナデ

真矢(幸せ)


こうして真矢はクロディーヌの膝枕を堪能し続けた……!(晩ご飯の時間になるとやめた)



  -終わり-


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:57:49.62 ID:/E9i7M220

なな「純那ちゃん。最近は即興劇が流行ってるみたいだよ?」

純那「確かに、皆やってるわね。アドリブ力も大事だものね……。ねぇ、なな。私達も何かやってみましょうか」

なな「私ずっとやってみたかった設定があるんだ~。純那ちゃんは私のことが大好きでー……」

純那「却下」

なな「あっ、はい。ごめんなさい……」

純那「だってそれだと、演技の必要がないじゃない」サラッ

なな「……は、ハッピーエンドだね……!」

純那「? まだ始まってないでしょ?」



  ー終わりー


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/28(日) 00:58:34.09 ID:/E9i7M220

以上になります。

このSSは「聖翔音楽学園 放送局」でキャストの皆さんが即興劇をしているのを見て思いつきました。
アニメ放送直前パーティーの生田さんがホストにしか見えないの好き。

もし双葉はんが交通事故で死んだら、香子はめっちゃ虚ろな眼になりそう。
そして双葉はんの代わりになるような自分をちやほやしてくれるイケメンを探してホスト通いになって満たされないまま身も心も毟られるようになるから双葉はんは安全運転を心掛けろ。

スタリラの配信が始まりましたが、バトル以外の少女歌劇のゲームがやりたいな。セリフ指定して短い劇作れるゲームとかできないかな。できないだろうな。
だから好きなキャラを好きなように動かしたいという欲求はSSを書くことでしか満たされないんだな。皆も少女歌劇SS書こうな。

ありがとうございました。





『少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿