TOP > アイドルマスター > 亜美「真美が小○製薬みたいになった」

亜美「真美が小○製薬みたいになった」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:17:16.95 ID:rdE+x6jH0

亜美「おはよーりっちゃん…」

律子「おはよう亜美。どうしたの?元気ないわね?何かあったの?」

亜美「うん…それがね…」

亜美「真美が小○製薬みたいになっちゃたんだ…」

律子「何わけわかんないこと言ってんのよ…」

亜美「真美、入ってきていいよー」

真美「あっ、おはよう挨拶!」

亜美「こんな具合に…」

律子「」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:26:33.03 ID:rdE+x6jH0

律子「一体何がどうなったらこうなるのよ」

亜美「亜美だって知らないよ…」

律子「とりあえずいいわ。真美、今日は仕事行かなくていいわ」

真美「あっ、過酷な宣告wwwwwwwwww」

律子「は…?」イラッ

真美「あっ、暴力解決?wwwwwwwwww」

律子「黙りなさい!」ポコッ

真美「あっ、微量の鮮血wwwwwwwwww」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:31:53.13 ID:rdE+x6jH0

律子「亜美、あなたも今日は休んでいいわ」

律子「その代わり真美にずっと付いてあげてね」

亜美「はーい。真美、行こ」

真美「あっ、事務所を出発wwwwwwwwww」

亜美「それやめて」

真美「あっ、不可能災厄wwwwwwwwww」

亜美「」イラッ


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:39:27.71 ID:rdE+x6jH0

亜美「うわ、雨降ってきた!真美!早く帰ろう!」

真美「あっ、提案承諾wwwwwwwwww」

亜美「あっちの土手の方行って近道ね!」

真美「あっ、近道極楽wwwwwwwwww」

亜美「ヒドくならないうちに、早く早く!」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:45:00.49 ID:rdE+x6jH0

真美「あっ、小犬を捨て去る……」

亜美「あ、本当だ…可哀そう…」

真美「あっ、引き取り飼育!」

亜美「亜美たちが?」

亜美「んー、とりあえず連れてってみようか」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:50:38.92 ID:rdE+x6jH0

双海母「ダメです」

亜美「そこをなんとか!」

真美「あっ、見捨てる選択?」

双海母「ダメなものはダメ!あと真美は後で来なさい」

真美「あっ、無慈悲な悪役」

双海母「誰が悪役よ」イラッ


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:54:07.52 ID:rdE+x6jH0

亜美「ダメだったね…」

真美「あっ、失敗契約…」

亜美「明日事務所にも連れてってみようか」

亜美「もしかしたら飼わせてくれるかも」

真美「あっ、賛成計画!」

亜美「真美も明日までに治ってるといいね」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:56:27.77 ID:rdE+x6jH0

亜美「あー!窓にカエルが張り付いてる!」

亜美「こらー!離れろ―!」

真美「あっ、カエルが跳躍wwwwwwwwww」

亜美「離れたね」

真美「あっ、問題解決wwwwwwwwww」

亜美「いや真美の問題は解決してないから」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:59:33.47 ID:rdE+x6jH0

亜美「んー、真美はどうしてそうなったの?」

真美「あっ、危ない丸薬wwwwwwwwww」

亜美「よく分からないお薬飲んで…?」

真美「クチョウカワール」

亜美「名称とか聞いてないしそれ今つけたでしょ」

亜美「つーか喋れんのかい!」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:06:35.65 ID:rdE+x6jH0

亜美「そのお薬はどこにあったの?」

真美「あっ、事務所の雀卓wwwwwwwwww」

亜美「事務所にそんなのあったっけ?」

亜美「で、それ飲んじゃったの?」

亜美「全く困ったねぇ…」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:12:44.52 ID:rdE+x6jH0

パッパパパッパ パーパパッパッパー

亜美「朝だよ!真美!起きて!」

真美「オメザメヨクナール」

亜美「起きていきなり宣伝!?」

真美「うん、亜美おはよー!」

亜美「えっ!?もしかして!?」

真美「治ったっぽいー」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:16:47.00 ID:rdE+x6jH0

亜美「とりあえず事務所行こう」

真美「うん」

亜美「小犬連れてってみようね」

真美「あ、真美が連れてく!」

亜美「!?ビックりしたー!!」

真美「?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:20:18.23 ID:rdE+x6jH0

亜美「おはよー!!」

真美「あっ、おはよう挨拶wwwwwwwwww」

亜美「え…」

亜美「どういうこと…?」

小鳥「説明しよう!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:22:26.97 ID:rdE+x6jH0

亜美「うわっ!どっから湧いて出たの!?」

小鳥「人を虫みたいに言ってくれるじゃない」

小鳥「そう…真美ちゃんが飲んじゃったのね…」

亜美「ってことは…その薬って…」

小鳥「私が取り寄せた物よ」

亜美「やっぱり」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:26:29.78 ID:rdE+x6jH0

亜美「何でこんな物手に入れようと思ったのさ?」

小鳥「961プロにささやかな復讐をしようかと思ったのよ」

亜美「そういうのはやめようって皆で決めたじゃん」

小鳥「いいえ、これは私の個人的な復讐よ」

小鳥「実はこの前、黒井社長とジュピターの北斗君とバーのマスターの4人で麻雀をしたの」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:30:38.36 ID:rdE+x6jH0

小鳥「マスターが、『今度新しい雀卓入れるから負けた人古いの買い取って』って言ったのよ」

小鳥「私は勝ったんだけど、黒井社長が買い取らず逃げたのよ!」

小鳥「おかげで私が買い取るハメに…」

小鳥「だからこの薬で一生わけわからない口調になってもらおうと思ったのよ」

亜美「えー…しょうもな…」

亜美「え?今、一生って言った?」

小鳥「ええ、言ったわよ」

亜美「ええぇぇぇ!!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:32:52.73 ID:rdE+x6jH0

亜美「じゃ、じゃあ真美は一生あのまま!?」

小鳥「落ち着いて、ちゃんと治す方法はあるわ」

亜美「な、何!?」

小鳥「それは…大○製薬の正露丸を飲ませることよ」

亜美「え…?」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:35:05.17 ID:rdE+x6jH0

小鳥「というわけで飲ませて来て!」

亜美「う、うん!」

亜美「真美、これ飲んで!」

真美「あっ、大○製薬wwwwwwwwww」

亜美「はい、あーん」

真美「あっ、あっ、あっ、あっ」ゴクンッ

亜美「やった!」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:42:08.00 ID:rdE+x6jH0

亜美「さぁ、安心して話をもどそう」

亜美「亜美たち犬拾ってきたんだけど、事務所で飼ってもいい?」

小鳥「いいわよ。雪歩ちゃんいるけど」

小鳥「社長達にはなんとか言っとくわ。聞かないようならこれ飲ますし」

亜美「うわっ…真美みたいになるじゃん…」

亜美「とりあえずよかった。名前きめよー」

真美「ドテデヒロッタイヌ」

亜美「治ってない!?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:44:59.79 ID:rdE+x6jH0

真美「ドーテーイヌ」

真美「ヒロッタイン」

真美「ドーテーステル」

真美「ドテイヌα」

真美「ステラレイヌα」

亜美「真美…もうやめて…」

小鳥「やばいわ。いろいろとやばいわ」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:47:46.45 ID:rdE+x6jH0

小鳥「確かに正露丸飲ませたのよね?」

亜美「うん、大○製薬のね」

小鳥「ごめん間違えた。それ悪化させるやつ」

亜美「何をさせてくれたのさ!」

小鳥「やっぱり正露丸といえば…」

小鳥「大○薬品よね!」

亜美「おお!ラッパのマークの!」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:49:47.81 ID:rdE+x6jH0

小鳥「こっちの正露丸飲ませてみて」

亜美「うん!」

亜美「くらえ真美!!」

真美「あっ、それだめ劇薬wwwwwwwwww」

亜美「いや、違うから。飲んで」

真美「あっ、あっ……」ゴクンッ

亜美「今度こそやった!」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:54:53.10 ID:rdE+x6jH0

亜美「あれから…治ったのはいいんだけど…」

真美「亜美!ドテイヌのお水無いよ!」ラッパ「♪~」

亜美「(真美が喋るたびにいちいちラッパなるのがうるさい)」

亜美「そういえばなんであの時一瞬だけ治ってたんだろう?」


「ふふふ…それは……」

「小○製薬を心から理解することができた証拠だよ…」

「あったらいいなをカタチにする…」

「その使命を忘れないで…」

「あっ、終わりの挨拶!」


終わり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿