TOP > SSSS.GRIDMAN > 俺「アカネちゃん、お話ししよぉ」新条アカネちゃん「え、キモっ」

俺「アカネちゃん、お話ししよぉ」新条アカネちゃん「え、キモっ」

2018/11/04 01:09 | SSSS.GRIDMAN | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:29:29.377 ID:RvpGv24Nd

早朝 アカネの部屋

アカネ「ふふふ~ん♪おはよ、アレクシス!」

アレクシス「おはようアカネくん!休日なのに早起きだねぇ、それに何だか上機嫌じゃないか」

アカネ「今日はね、新しい怪獣ソフビの発売日なんだ~!」

アレクシス「それは良かったねぇ!」

アカネ「2匹も出るんだよ!しかも1匹はウルトラ怪獣DXなんだよ!ギルバリス以来だから半年以上ぶりだよ~」

アレクシス「大きいサイズのソフビ人形だねぇ」

アカネ「子供とかキモオタにベタベタ触られる前に買ってくるね!」

アレクシス「気をつけて行っておいで~」


3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:30:29.360 ID:RvpGv24Nd

家電量販店 玩具売り場

アカネ「ふんふふ~ん♪……うわっ」

俺「これは塗装が汚い……こっちは羽根が歪んでる……これは……」ブツブツ

アカネ(最悪……ソフビ選別するキモオタじゃん)イラッ

俺「これは……接着がズレてる……なかなか合格点のソフビがないなぁ……」ブツブツ

アカネ(ああもう!あんなにベタベタ触って!早くどいてよ!)イライラ

俺「よし、ルーゴサイトはこれでOK……次はグルジオレギーナだ」ニチャア

アカネ(死ね!!!!!)イライラ


4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:31:45.128 ID:RvpGv24Nd

10分後

俺「ふふっ、満足満足」ニチャア

アカネ(やっと消えた……さてと)

ガキ「あ!!!怪獣の人形だ!!!!!」

アカネ「……」ギロッ

ガキ「ヒェッ!?ママーーーーー!!!!!」ビューン

アカネ「ふぅ……待ちに待ってたよぉ、ルーゴサイト!」パァァ

アカネ「サンプル画像で分かってたけど、デザイン画と比べてやっぱり色が少ないなぁ」ブツブツ

アカネ「やっぱり怪獣は顔が大事だよね……うーん、鼻先の塗装がハゲちゃってる」ブツブツ

アカネ「首の接着と胴体の接着と、あとは尻尾の接着部分がズレてないやつは……」ブツブツ

俺「おや、あの娘は……?」


5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:32:33.811 ID:RvpGv24Nd

20分後

アカネ「よし、よしよし!このソフビに決めた!」

アカネ「あぁ、やっぱり大きいソフビは良いなぁ」ウットリ

アカネ「ふふっ、すっごく(尻尾が)太ぉい❤︎」

俺「!」

アカネ「こんな大きいの(部屋のショーケースに)入るかなぁ❤︎」

俺「!?」

アカネ「さーてと、リペイントする用にもう1個買っちゃおーっと♪」ルンルン

俺「やはり……!」


6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:34:06.010 ID:RvpGv24Nd

アカネ「買った買った~♪ふふっ、どこに飾ろっかな~?」ルンルン

俺「あ、あの」

アカネ「はい?うわっ⁉︎」

俺「き、キミ、もしかして怪獣好きなの?」ニチャア

アカネ「え、いや、ちょっと何言ってるか分からないんですけど」イラッ

俺「今、ソフビ買ってたよね?め、珍しいよね、女の子で怪獣好きなのって」

アカネ「人違いじゃないですか」イライラ

俺「よ、良かったら俺とお話しでも」

アカネ「私急いでるので」イライライライラ!!!!!!!!


7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:34:55.671 ID:RvpGv24Nd

新条邸前

アンチ「……」

アカネ「邪魔!!!!!!!」ブゥン!

アンチ「……」バシンッ!

スマホ「バキィッ!」

アカネ「……チッ」


8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:35:51.209 ID:RvpGv24Nd

アカネの部屋

アカネ「ただいま、アレクシス」イライラ

アレクシス「おかえりアカネくん!おや?ずいぶんと機嫌が悪そうだねぇ、何か嫌な事でも」

アカネ「聞いてよアレクシス!ソフビ買いに行ったらキモいキモオタに話しかけられたの!」

アレクシス「なんだって!キモオタは身の程をわきまえるべきだよねぇ!」

アカネ「あーもう、楽しい気分が台無し……」イライラ

アレクシス「おや、お客様のようだねぇ」

アカネ「グリッドマン!グリッドマン倒して気分転換する!アンチに電話を……」

アレクシス「いや、グリッドマンじゃないねぇ」


9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:37:03.299 ID:RvpGv24Nd

アカネ「え?それってどういう意味?」

アレクシス「そのままの意味さ……この家に誰か入ってきたみたいだねぇ」

アカネ「は?え、待って、意味分かんない」

ドア「ガチャ」

アレクシス「アカネくん!後ろだ!」

アカネ「え?ひぇっ!?」

俺「す、すごい部屋だねぇ、えっと、アカネちゃん?」

アカネ「」


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:37:38.846 ID:RvpGv24Nd

アカネ「な、なんでキモオタがここにいるの!!!!!」

俺「き、キモオタだなんて酷いなぁアカネちゃん」ニチャア

アカネ「なんなのこいつもう最悪最悪最悪最悪」ブツブツ

俺「やっぱり怪獣が、す、好きなんじゃないか」

アカネ「殺す殺す殺す殺す」ブツブツ

アカネ「アレクシス!怪獣!!!!!」

アレクシス「それは無理だねぇ」


12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:38:27.880 ID:RvpGv24Nd

アカネ「なんで!!!!!!」イライラ!!!!

アレクシス「出せる怪獣が完成していないし、出せたとしてもアカネくんを巻き込んでしまうじゃな」

アカネ「死ね!!!!!!」バキィッ!!!

モニター「バキィッ!!!!」

俺「あ、アカネちゃん、もっとよく(怪獣ソフビを)見せておくれよぉ」ニチャア

アカネ「ひっ!?く、来るな!なにか、なにか……そうだアンチ!アンチに電話!」


13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:39:17.479 ID:RvpGv24Nd

スマホ「Prrrrr」ピッ

アカネ「アンチ!助けて!」

アンチ『グリッドマンか?』

アカネ「違うけど助けて!」

アンチ『グリッドマンではないのか……』ピッ

スマホ「しーん」

アカネ「……は?」

アカネ「はぁぁぁあ!!!!?」イライライライラ!!!!!!!


14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:40:31.452 ID:RvpGv24Nd

俺「あ、アカネちゃん、電話は終わった?じゃあ次は俺とお話ししよぉ」ニチャア

アカネ「ひぇっ!?どうするどうするどうするどうする……あっ」

俺「アカネちゃぁぁぁあん!!!!!」ガバッ

アカネ「うわぁぁぁああ!!!!!」

グサッ!

俺「……え?」

アカネ「死ね!死ね死ね死ね死ね!!!!」

グサッ!グサグサッ!!!グサッ!!!!!

俺「おごふっ」ガクッ


16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:41:12.366 ID:RvpGv24Nd

俺「」

アカネ「ハァ、ハァ、ハァ……あ、あぁ」ガタガタ

アレクシス「やってしまったねぇ、アカネくん」

アカネ「ど、どうしようアレクシス……助けてよ」ガタガタ

アレクシス「うーん、実体のない私ではどうしようもないねぇ」

アカネ「そうだ、そうだ怪獣!怪獣が殺した事にすれば明日には消えてなくなるよね!」

アレクシス「すでに死んでしまった後では、それは無理だねぇ」

アカネ「」


17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:41:55.714 ID:RvpGv24Nd

俺「オ〝…」

アカネ「!?」ビクッ

俺「オアァ…」

アカネ「生きてる……こいつまだ生きてる!」

アレクシス「ホントだねぇ!」

アカネ「怪獣で殺せるじゃん!やった!やったやった!!!!!」

アレクシス「良かったねぇ……でも早くしないと今度こそ本当に死んでしまうよ?」

アカネ「そうだった!アレクシス!怪獣……あ」


19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:42:37.604 ID:RvpGv24Nd

アレクシス「出せる怪獣がいないねぇ」

アカネ「どうしようどうしようどうしよう……!」ブツブツ

アレクシス「とりあえずアンチの所へ連れて行ったほうが良いんじゃないかな」

アカネ「うん……うん、そうだね、そうする!」

俺「ウア…」

アカネ「んもう!こいつ重い!!!」

ズル…ズル…ズル…


21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:43:57.012 ID:RvpGv24Nd

新条邸前

アカネ「アンチ!こいつ殺して!」

アンチ「断る!俺はグリッドマンを倒す為に」

アカネ「そういうのいいから!早くしてよ!!!!!」

俺「」

アカネ「ヤバイ、息してない!アンチ早く殺して!!!!!!」

アンチ「?」

アカネ「あーもう!だったら……こいつがグリッドマンなの!だから殺して!!!!!」

アンチ「!!!!?」


22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:45:29.582 ID:RvpGv24Nd

アンチ「それを早く言え!うがぁぁあ!!!!」

ゴゴゴゴゴ…

アカネ「ちょ、バカ!近すぎぃ!早く逃げないと!」タタタッ

俺「ウ」

アンチ「グリッドマン!!!早く変身しろ!!!!このまま踏み潰してしまうぞ!!!!!!」

俺「ガァ」

アンチ「うがぁぁあ!!!!!」

ズドーン!!!!!

俺「」グチャア

アカネ「やった……やった!死んだ!怪獣に殺されて死んだ!やったやったやった!!!!!」キャッキャ


23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:47:31.677 ID:RvpGv24Nd

アカネの部屋

アカネ「いやー、一時はどうなるかと思ったよ~」

アレクシス?「そ、それは良かったね」

アカネ「あれ?なんか声が違うくない?アレクシス?」

アレクシス?「アレクシスじゃないよ……」

アカネ「……え?」

俺クシス「お、俺クシスだよ」

アカネ「!!!?!!?!?」


24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:48:31.330 ID:RvpGv24Nd

アカネ「えっ……えっ!?」

俺クシス「あ、アカネちゃんとお話ししたい気持ちが強すぎて、パソコンに魂が乗り移っちゃったのかなぁ」ニチャア

アカネ「ひっ、ひぃっ!!!!」ガタガタ

俺クシス「ね、ねぇアカネちゃん、俺の話聞いてくれる?」

アカネ「なっ、なんなの!?そこまでして聞いて欲しい話ってなんなの!!!?」

俺クシス「今日、玩具売り場でのことだよ、アカネちゃん」

アカネ「玩具売り場?ソフビ買った時のこと……?」

俺クシス「キミは、子供を睨みつけたよね」


25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:49:34.370 ID:RvpGv24Nd

アカネ「そ、それが何だっていうの!!!!?」

俺クシス「俺はね、思うんだ……俺達みたいな大きいお友達も玩具を買うけど、でもやっぱり、玩具は子供のためにあるんだって!」

アカネ「!」

俺クシス「確かに売り場を荒らすだけ荒らして帰るクソガキもいるけど、そのクソガキはきっと昔のキミや俺なんだ」

アカネ「……」

俺クシス「結構じゃないか!ウルトラ怪獣に興味を持つ子供が増えるのは!」

アカネ「……うん」

俺クシス「新たな世代が怪獣ソウルを受け継いで、また新たな怪獣を生み出す……どうかそれをザー見守ってザザーあげて欲しいんザザーだ」


26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:50:06.184 ID:RvpGv24Nd

アカネ「俺クシス?なんだか画面が変だよ?」

俺クシス「あはは、どうやら限界みたいだ……最期にキミと話せて良かったよ」

アカネ「嫌……嫌だ!もっと話したい!」

俺クシス「さようなら、アカネちゃん」

アカネ「俺クシス!俺クシスぅ!」

俺クシス「怪獣を愛してくれて、ありがとう……!」

アカネ「俺クシスぅ!!!!!」

俺クシス「」


27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:51:15.106 ID:RvpGv24Nd

数日後 家電量販店 玩具売り場

ガキ「いけー!バルタンせーじん!ふぉっふぉっふぉー!」

アカネ「……」

ガキ「ヒェッ!」ビクッ

アカネ「違うよぉ~、これはバルタン星人じゃなくてジャグラスジャグラーっていうんだよ~」ニコッ

ガキ「ジャグジャグせーじん!ふぉふぉふぉー!」

アカネ「え~、なにそれ~」ニコッ

ーー1人のキモオタが消えたことで、いくつかの子供の笑顔が守られた。

そしてその子供達の笑顔が、未来の怪獣を作ってく。

ありがとう俺クシス、さようなら俺クシスーー。

HAPPY END


35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:54:59.556 ID:RvpGv24Nd

怪獣大好きなアカネちゃん可愛い
いつか自分が作った怪獣に襲われて絶望してほしい





『SSSS.GRIDMAN』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿