TOP > シンデレラガールズ > こずえ「こずえはねー……宇宙なのー……」

こずえ「こずえはねー……宇宙なのー……」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:20:59.87 ID:VR/T8hlo0

深夜テンションで書いたので多分意味がわかりません


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:22:02.05 ID:VR/T8hlo0

―――事務所―――

泰葉「あの、Pさん」

P「ん?どうした泰葉」

泰葉「その、こずえさんがPさんとお話がしたいと……」

こずえ「ぷろでゅーさー……」

P「どうしたんだこずえ?」

こずえ「あのねー……こずえはねー……宇宙なのー……」

P「……えっと?」


3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:22:27.15 ID:VR/T8hlo0

泰葉「あの、私にもよくわからなくて……」

こずえ「こずえはねー……うーんと……」

P「もしかして、この前のライブカーニバルの事か?」

泰葉「あの、スペースの?」

P「ああ」

こずえ「そうじゃなくてー……えーっとー……」

P「(こずえは何を言いたいんだ?)」


4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:23:08.25 ID:VR/T8hlo0

こずえ「こずえはー……宇宙なのー……」

P「うん、それはわかっ」

こずえ「あるいは全……あるいは一……」

P&泰葉『!?』

P「……あ、あの。こずえ?」

こずえ「宇宙……全……一……ううんー……それよりも上の視点にいるのー……」


5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:24:12.53 ID:VR/T8hlo0

泰葉「ど、どうしましょうPさん。こずえちゃんが何か」

P「とりあえず落ち着け泰葉。整理して考えるんだ……」

泰葉「整理するって……」

P「こずえは何を言いたいんだ……?あるいは全?あるいは一?何の事だ?」

泰葉「あの、もしかして鋼の錬金○師では……」

P「ふむ、だがそうなると宇宙と鋼の錬○術師には何の関係が……?」

こずえ「違うのー……」

P「違うのか?」

こずえ「えっとー……えっとー……」


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:24:45.09 ID:VR/T8hlo0

P「……もしかして、熊本弁か?」

泰葉「熊本弁?」

P「蘭子が使ってる言葉の事だよ」

泰葉「ああ、なるほど。確かに蘭子さんの言葉に通ずる物を感じますね」

P「ちょっと待ってろ。蘭子呼んでくる」

泰葉「え?蘭子さんって今日は……」

P「じゃ、行ってくる」ダッ

泰葉「え?Pさん!?Pさーん!?」


7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:25:18.89 ID:VR/T8hlo0

―――数分後―――

P「すぐそこの喫茶店で美穂と話してたから連れて来た」

泰葉「えっ」

蘭子「我が眷属よ!!その禁断の書を我に返すのだ!!」

美穂「あ、あの、プロデューサーさん……?」

P「蘭子、突然だがこのスケッチブック返して欲しかったらこずえの言葉を翻訳してくれないか?」

蘭子「我が同胞の言霊を……?」

美穂「あのー、それ脅迫って言うんじゃ……」


8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:26:02.22 ID:VR/T8hlo0

P「いや違うぞ。これはそう、蘭子にとっての試練だ」

蘭子「試練……?」

P「ああ、普段だって不思議なこずえの言葉をお前が訳すことができたなら……そうすれば、その時蘭子は真の言霊使いとなる事ができるだろう」

泰葉「プロデューサーさん。流石にそれは……」

蘭子「……ふ、フフフ、ハーッハッハッハ!!」

泰葉&美穂『?!』ビクッ

蘭子「成程……これは真の能力に目覚めるため、我に与えられた神からの試練というワケか……」

泰葉&美穂『(ええ……)』


9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:26:30.08 ID:VR/T8hlo0

蘭子「よかろう、なればその試練……乗り越えてみせようぞ!」

P「よく言った。じゃあ頼むぞ」

こずえ「……えーっと、らんこ?」

蘭子「如何した、我が同胞よ」

こずえ「こずえはねー……宇宙なのー……」

蘭子「ふ、ふむ……?」

こずえ「あるいは全……あるいは一……」

蘭子「……」


10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:27:30.80 ID:VR/T8hlo0

こずえ「……わかったー……?」

蘭子「し、暫し待たれよ」

こずえ「うんー……」

蘭子「……宇宙……全……一……」

P「蘭子、わかったか?」

蘭子「……馬鹿な。この我を以てしても、理解できないだと……?」

P「やっぱり蘭子でもわからないか……」

蘭子「ま、待て眷属よ。時間があればこの程度……」


11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:27:56.40 ID:VR/T8hlo0

こずえ「時間はー……ないのー……」

蘭子「……時間が、ない?」

P「それは……どういう……」

こずえ「こずえはねー……知っちゃったの……」

P「何をだ?」

こずえ「それ、はー……」

プルルルルル!!

P「うわっ!?」

泰葉「で、電話みたいですね」


12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:28:24.39 ID:VR/T8hlo0

P「びっくりしたな……はい、もしもし」

柚『もしもし?!Pサン!?』

P「柚か。一体どうし―――」

柚『あ、ありすちゃんが。ありすちゃんが!』

P「なんだ?ありすがどうかしたのか?またゲテモノなイチゴ料理を作ったのか?」

柚『違うの!ありすちゃんが、ありすちゃんが……目の前で、消えちゃった……!』

P「……は?」

こずえ「……始まったの」

蘭子「わ、我が同胞……?」


13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:30:18.38 ID:VR/T8hlo0

柚『今まで、本当にすぐ目の前でお話してたんだよ!?で、でも風景と同化するみたいに、スーってどこかに消えちゃって』

P「柚、まずは落ち着くんだ。深呼吸してその時の状況を詳しく」

柚『へ……い、嫌、嫌!!』

P「柚?!柚!!」

柚『きえ、消えたくない。嫌だよPサン!私、消えたくなんか』ブツッ

P「ゆ……柚!!柚!!!」

こずえ「二つ、消えちゃったのー……」

泰葉「P、さん?」

美穂「どうしたんですか?柚さんが……何か……?」

P「……なん、だよ、これ」


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:31:42.74 ID:VR/T8hlo0

こずえ「こずえは……知ってたのー……いつか、終わりはやってくるんだって……」

P「……終わり?終わりって、なんだよ?この世界のか?」

こずえ「うん……この世界の……おしまい」

蘭子「我が同胞よ、貴様は何を知っている……?」

こずえ「……」

P「こずえ、お前は一体……」


瑞樹「……そう、始まってしまったのね。こずえちゃん」ガチャ


P「瑞樹さん……?どうしてここに?」


15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:32:24.79 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「……何となくわかったから、かしら。こずえちゃん」

こずえ「……何ー?」

瑞樹「……本当に、この世界は終わるの?」

こずえ「……うん、おしまい」

瑞樹「……そう」

P「瑞樹さんも、こずえも、何を言っているんだ?世界が、終わる?意味が……わからない……」

瑞樹「……そうね、あんまり詳しくは話せないけど……話せる事は話しましょうか」

泰葉「瑞樹さんは、何か知っているんですか……?」


16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:33:41.27 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「ええ、わかるわ。……最初から、わかっていたわ」

美穂「最初、から?」

瑞樹「ええ、それにはまず……これを言っておかないと話は進まないわね。こずえちゃん、いいかしら」

こずえ「……うん」


瑞樹「私達……ううん、この世界は……誰かによって、作られたのよ」


P「……瑞樹さん、こんな時に冗談は―――!!」

瑞樹「冗談じゃないわ。私の他にも……この事実に気づいた子はいるハズよ」

P「だったら……俺の、俺が今まで生きてきたこの世界、は」


17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:34:58.43 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「全部、誰かに作られたモノ、ね」

P「……ふざけんな!!」ガシッ

美穂「Pさん!!」

P「俺が、俺が今までやってきた事全部、誰かによって仕組まれてたってのか?!」

瑞樹「……ええ」

P「みんなをスカウトしたのも!今まで過ごしてきた思い出も!!全部、全部、無駄って事かよ!!」

瑞樹「……」

P「そんなの、そんなの……!!」

蘭子「プロ、デューサー」

P「……」


18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:35:35.61 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「……P君。今はこんな事をしている場合ではないのよ。こずえちゃん。消えたのは何人?」

こずえ「まだ……二つー……」

瑞樹「ありすちゃんと柚ちゃん、ね」

こずえ「うん……でも、あと三分後にまた……」

泰葉「そ、そうです。柚さんとありすさんは一体」

瑞樹「……消された、のね」

泰葉「消された?」

瑞樹「ええ。……あの二人は、どこで仕事だったかしら」

泰葉「え、えっと……二人で無人島サバイバル企画だったような……」


19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:36:09.93 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「……テレビ、つけていいかしら」

泰葉「は、はい?」

瑞樹「……」ピッ

『緊急ニュースです。○○島が一瞬で消えてしまった現象について―――』

泰葉「○○島って……ありすさんと柚さんが行った……」

瑞樹「次に消えるのは……沖縄かしら」

こずえ「うんー……沖縄には……きよみと……せながご当地ロケに行ってる……」

瑞樹「……あと何分?」

こずえ「……あと、23秒」


20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:37:02.99 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「P君!!」

P「……」

瑞樹「……もう!蘭子ちゃん!美穂ちゃん!泰葉ちゃん!」

蘭子「な、なんですか?!」

美穂「は、はい!」

泰葉「え、えっと……」

瑞樹「可能な限りのアイドルをこの事務所に集めて頂戴!!早く!!説明はその後!!」

蘭子「りょ、了解した」

泰葉「わ、わかりました!」

美穂「え、えっとまず誰から……」


22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:38:23.51 ID:VR/T8hlo0

こずえ「……今、二つ、消えた」

瑞樹「っ……早く!!」

プルルルルルル

瑞樹「! もしもし?!」

のあ『……瑞樹ね』

瑞樹「のあ。貴方は今どこに?」

のあ『……事務所に向かってる。みくとアナスタシアは無事よ』

瑞樹「そう……」

のあ『……始まったのね』

瑞樹「ええ。この事実を知ってそうなのは?」

のあ『……こずえ、瑞樹、晶葉、ちひろ、マキノ、菜々ね』


23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:39:09.51 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「……こずえはこっちにいるわ。他の人達は?」

のあ『菜々も異変に気づいたのかそちらに向かっている。晶葉も……大丈夫そう。マキノも大丈夫でしょう。ただ……ちひろが心配ね』

瑞樹「あの人に限ってそういうヘマはしないでしょう。とりあえず、のあもその調子でこちらに向かって頂戴」

のあ『ええ』ブツッ

瑞樹「……さて」

こずえ「……」

瑞樹「こずえ、消失が事務所に届くまで……あとどれくらいかしら」

こずえ「あと……24時間」

瑞樹「……ジャスト一日、か」


24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:39:55.03 ID:VR/T8hlo0

泰葉「あの……とりあえず、連絡網みたいな感じで回したんですが……」

瑞樹「ありがとう。それで……ここにいるみんなには説明しないといけないわね」

蘭子「……全知全能の主よ、貴方は何を知っている?」

瑞樹「……そうね。まずはこの世界が始まった瞬間についてお話しましょう」

泰葉「始まった瞬間?」

瑞樹「この世界は今から2年と3ヶ月、そして13日前に始まったわ」

美穂「え?それじゃあ私達、その前は……」

瑞樹「存在していないわね、確実に」


25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:40:23.88 ID:VR/T8hlo0

蘭子「ま、待たれよ。それでは我らの記憶は……」

瑞樹「みんなは世界5分仮説を知っているかしら。それよ」

泰葉「では、私達はその日付に……作り出された?」

瑞樹「そうよ」

美穂「そ、そんなの嘘です。だって私達にはちゃんとその日付より前の記憶がありますし……」

瑞樹「それすらも、作り出されたのだとしたら?」

蘭子「つまり、我らは……偶像であったという事か……?」

瑞樹「偶像……アイドル……ふふ、そうね、その通りじゃないかしら」

泰葉「……信じられません」


26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:41:33.00 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「信じなくても構わないわ。現にこの世界は消えているけれどね」

美穂「あ、あの。じゃあ私達を作ったのは一体……」

こずえ「それはー……」

瑞樹「それは私達にもわからないわ」

こずえ「……みずき?」

美穂「そんな……」

瑞樹「少なくとも……あと24時間後……いえ、もしかしたら数分後には、この世界はなくなっている。そうよね、こずえちゃん?」

こずえ「うんー……」


27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:42:32.10 ID:VR/T8hlo0

泰葉「そんな……急すぎます!なんとかならないんですか!?」

瑞樹「……どうなの?こずえちゃん」

こずえ「私達じゃ……どうにもできないー……」

瑞樹「ですって」

美穂「その、先程から瑞樹さんはこずえちゃんに確認を取ってますが……こずえちゃんは一体……」

こずえ「こずえはー……えっと……」

瑞樹「さっきから言っているように、この子がこの世界の宇宙なのよ」

蘭子「……全知全能の主よ、貴方の言霊は我には理解できない」

瑞樹「この世界の宇宙、つまり、外側」


28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:43:16.47 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「この子はこの世界を外側から見ることができる存在なのよ」

こずえ「そういう事……」

美穂「外側、から?」

こずえ「うんー……こずえには、この世界を普通の視点と……世界地図みたいな視点で見る事ができるのー……」

瑞樹「こずえちゃん、今どの辺まで消えてるかしら」

こずえ「沖縄が消えてから……まだ陸地には届いてないー……」

瑞樹「そう……」

P「……俺からも、質問いいか」

瑞樹「……起きたのね」


30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:44:19.97 ID:VR/T8hlo0

P「起きてました。ですが、あんま考えがまとまるような状態ではなかったので」

瑞樹「もう大丈夫?」

P「ええ……それで、質問」

こずえ「何ー……?」

P「世界が消えるってのは一体なんだ?」

瑞樹「多分、作った人間にとってこの世界がいらなくなったんでしょうね」

こずえ「……」

P「……俺らは、一方的に消されるしかないんですか?」

瑞樹「……そうね」


31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:45:24.28 ID:VR/T8hlo0

P「……っ」

瑞樹「抵抗になるかはわからないけど……ここが一番最後に消えるみたいだから、ここに集まればこの世界に一番長く留まる事はできるわね」

P「……なんでこの場所が最後に?」

瑞樹「……この場所が世界の中心だからじゃないかしら」

P「だから、日本の外側の方にある無人島や沖縄から消えていったと?」

瑞樹「恐らくはそうね」

P「……そうですか」

瑞樹「心配なのは……何人がここまで戻ってこれるか、ね」

P「……」

瑞樹「……とりあえず、みんなが戻ってくるまでは自由行動という事にしておくわ」


32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:46:00.28 ID:VR/T8hlo0

―――屋上―――

こずえ「……」

瑞樹「こずえちゃん、話があるの」

こずえ「何ー……?」

瑞樹「この世界作ったの、貴方ね?」

こずえ「うん」

瑞樹「……どうしてか聞いてもいい?」


34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:48:10.51 ID:VR/T8hlo0

こずえ「この世界は……こずえの意志で作ったんじゃないよー……?」

瑞樹「……つまり、この終わりも?」

こずえ「こずえの意志じゃない……」

瑞樹「つまり、貴方が無意識化で作った世界が無意識化に終わろうとしているって事かしら」

こずえ「そういう事……」

瑞樹「……まるで、夢のようね」

こずえ「夢……うん……その通り……」

瑞樹「その通り、って?」

こずえ「ここは……こずえの夢……」

瑞樹「……」

こずえ「多分……あっちのこずえが、目を覚まそうとしてるんだと思う……」

瑞樹「……そう」


35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:49:27.64 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「……本当は、24時間なんて嘘でしょう?」

こずえ「みずきは何でも知ってるね……」

瑞樹「何でもはわからないわ。わかる事だけ。どうしてそんな嘘ついたの?」

こずえ「……それが、こずえがこの世界を維持できる限界だったから。神様から許された、制限時間だったから」

瑞樹「そう……じゃあ、今すぐに終わらせる事もできるのね?」

こずえ「こずえが望めば……できる、と思う」

瑞樹「だったら、終わらせたらどうかしら」

こずえ「……どうして?」


36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:51:48.21 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「何となく、ね。わかっちゃったのよ。あっちの貴方が帰りたがってるんだって。あっちの貴方が、もうやめようって言ってるんだって」

こずえ「……」

瑞樹「P君や他のみんなには謝らなきゃだけど……」

こずえ「……ぷろでゅーさーや、みんなは、まだこの世界にいたがってる」

瑞樹「でも、早くあっちに戻りたいんでしょ?」

こずえ「……うん」

瑞樹「だったら……そう、全部の責任は私が持つわ」

こずえ「……みずきは、どうしてそこまでしてくれるの?」


37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:54:48.65 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「私達は貴方がいなかったらここにはいないから。それに」

こずえ「それに?」

瑞樹「貴方は私がそういう風であるように望んで作ったから……」

こずえ「……」

瑞樹「きっと、この世界にいる人間にはみんなモデルがいるのね」

こずえ「……うん」

瑞樹「みんな、元の世界での貴方と関係のある人」

こずえ「……やすはは、幼稚園で一緒だったの。らんこは、小学校のお友達。みほは……優しい、6年生の先輩」

瑞樹「その中でも私は……ううん、これ以上の詮索はやめましょうか」


38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:55:20.18 ID:VR/T8hlo0

瑞樹「ねぇ、こずえちゃん……ううん、こずえ」

こずえ「……何ー?」

瑞樹「例え貴方の夢の中だけでも、こうやってアイドルができた事、嬉しく思うわ」

こずえ「……そう」

瑞樹「だからあなたに感謝こそすれ……恨んだりなんかしないわ」

こずえ「……」

瑞樹「このまま引き伸ばすも、このまま終わらせるのも、貴方の自由」

こずえ「うん……」


39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 13:59:21.81 ID:VR/T8hlo0

こずえ「……みずきは、これからどうするの?」

瑞樹「私?私は……そうね、ここから眺めていようかしら。私達の世界が消えていくのを。もしかしたら一瞬かもしれないけどね」

こずえ「……みずきは、ここにいたくないの?」

瑞樹「今更ね。私はこの世界の終わりが始まった瞬間から覚悟してたわよ」

こずえ「……そう」

瑞樹「それじゃあさよなら。こずえ。どこかでまた逢いましょう?」

こずえ「うん……バイバイ、みずき」


こずえ「……ごめんね、ぷろでゅーさー。みんな」

こずえ「こずえは……元の場所に帰るよ……」


40: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 14:00:00.82 ID:VR/T8hlo0

―――病院―――

こずえ「……」

医者「お、起きました!!2年間植物状態だったこずえちゃんが起きました!!」

父「そ、それは本当か!?」

こずえ「……」

母「こずえ。おかえりなさい」

こずえ「……ただいま」

母「夢を見てたのね?どんな夢だった?」

こずえ「あのねー……こずえが、アイドルやってた……」


41: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 14:00:30.84 ID:VR/T8hlo0

母「……そう」

こずえ「変な夢だったけど……楽しかった……」

母「何となく、わかるわ」

こずえ「……心配かけてごめんなさい」

母「いいのよ。でもその前に言う事があるでしょう?」

こずえ「……うん」


こずえ「ただいま……みずきお母さん」


42: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/11(火) 14:01:09.45 ID:VR/T8hlo0

お疲れ様でした。

自分でもワケがわからないので解釈などはご自由にどうぞ。

ここまで読んでくださってありがとうございました。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿