TOP > ミリオンライブ! > 横山奈緒「暇な話」

横山奈緒「暇な話」

1: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:12:38.00 ID:fHc8FUzx0

・キャラ崩壊注意

よろしくお願いします。


2: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:17:46.73 ID:fHc8FUzx0

~~事務所~~

横山奈緒「ひまっひまっひまっ~」

北沢志保「……」(台本熟読中)

奈緒「ひまぁーやなぁー」

志保「……」ペラッ

奈緒「ひぃ~まぁ~やぁ~なぁ~~~~~~~~~~~~~」

志保「……」イラッ

奈緒「ひぃ~~まぁ~~やぁ~~なぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」

志保「……奈緒さん」

奈緒「はい! はいはいはい!! この奈緒に何か御用でしょうかお嬢様!!」

志保「生命活動停止してください」

奈緒「あたりキツない?」


3: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:18:23.30 ID:fHc8FUzx0

志保「奈緒さん、ここにいるのはあなただけじゃないんですよ?」

奈緒「せやな」

志保「どういう意味か分かりますよね?」

奈緒「私が分かると思う?」

志保「質問に質問で返すなって学校で習いませんでしたか?」

奈緒「私が分かると思う?」

志保「つよい」


4: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:19:02.10 ID:fHc8FUzx0

奈緒「だって暇なんやもん~!」

志保「待機時間でもできることはあるでしょう。台本読んだり」

奈緒「もう私の頭の中に台本は全部入っとる」

志保「そういうハイスペックなところもむかつくんですよね」

奈緒「浪速のペッパー君の異名は伊達やないで」

志保「凄いですね。浪速のペッパー君」

奈緒「……ごめん。このあだ名むっちゃ恥ずかしいわ」

志保「どうかしましたか? 浪速のペッパー君」

奈緒「ああっ、もう!」

志保「ふふっ」


5: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:19:39.02 ID:fHc8FUzx0

奈緒「大体待機時間が長いのが悪いねん! 何で事務所でこんなに待たされなあかんねん!」

志保「しょうがないじゃないですか。収録が長引いて、送迎役のプロデューサーが来れないんですから」

奈緒「……よし、志保。暇つぶしに歩いて行こう」

志保「嫌ですよ。どれだけ距離があると思ってるんですか」

奈緒「分かった。車で行こう」

志保「タクシー代持ってます?」

奈緒「まずお金自体ビタ一文持ってへん。だから――」

ガバッ

奈緒「手押し”車”や! さぁ、志保! 私の足を持っ――あたたたたたたっ!! ちょっ痛い! 志保痛いって!」

志保「……”車”椅子もありよね」ボソッ

奈緒「分かった! 悪かった! もう悪ふざけはせんから!!」


6: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:20:24.91 ID:fHc8FUzx0

奈緒「いつつ、ほんの悪ふざけやん」

志保「はぁ、奈緒さんには緊張感がないんですか? 本番前の待機時間なのに――」

奈緒「よっしゃ! どうやって暇潰す?」

志保「鳥頭なんですか?」

奈緒「まぁ、トサカっぽいんは生えとる」

志保「そのアホ毛引っこ抜きましょうか? アホが治るかもしれませんよ?」

奈緒「すんませんした!!」


7: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:21:11.64 ID:fHc8FUzx0

志保「じゃあ私台本読むんで。静かにしててください」

奈緒「えー、じゃあ私はどうやって暇を潰したらええのん?」

志保「一人で物真似でもしてたらどうです?」

奈緒「分かった」

志保「分かっちゃうんですか」

奈緒「『足を滑らせて浴槽に落ちる猫』」

志保「あっ! くくっ、奈緒さんちょっとタンマ――」

奈緒「ナー、ンニャー、ナーオ、ナ――ナナナナナナナナナナナ!! パッシャーン ンナーオ!! ナーオ!!」

志保「くっ、くくっ、それ私ツボなんですって――」プルプル

奈緒「ンニャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

志保「あははははははははははははははははは!!」


8: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:22:26.53 ID:fHc8FUzx0

志保「静かにしてください」

奈緒「はい、先生。しつこかった私も悪いと思いますが、体罰は校則で禁止されていると思います」ヒリヒリ

志保「10分間も笑わせ続けるのもいけないと思います。私も笑い過ぎて腹筋が痛いのでお相子です」

奈緒「確かに10分はやり過ぎやと思いましたが、物真似をしろといった先生にも責任があると思います」

志保「私は静かにしろと言いました。それに暇なら台本読めばいいじゃないですか」

奈緒「いや、それは私のポリシーに反する」

志保「そんなポリシー捨ててください。全く本当にアホですね。空気読めないんですか? 大体、奈緒さんには緊張感というものが――」

奈緒「……」

志保「……奈緒さん?」

奈緒「…………」

志保「……少し言い過ぎました。ごめんなさ――」

奈緒「なぁ志保! ポリシーって燃えるゴミと燃えないゴミ、どっちやと思う!?」

志保「……焼却炉にポリシーごと身投げすれば解決しますよ」

奈緒「あたりキツない?」


9: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:23:18.40 ID:fHc8FUzx0

志保「……」(台本熟読中)

奈緒「なぁ、志保」

志保「……何ですか?」

奈緒「うわぁ、凄い嫌そうに返事するなぁ」

志保「返事するだけありがたいと思ってください」

奈緒「まぁ、ええわ。志保って恋したことある?」

志保「星の球団が好きなので」

奈緒「そっちやのうてラブの方や、R・O・V・E」

志保「ラブの綴り間違えてますよ」

奈緒「……大阪ではこっちやから」

志保「ここは東京なので郷に従ってください」

奈緒「嫌や! 例え何度生まれ変わっても私はマクドって言い続ける!!」

志保「……」(台本熟読中)

奈緒「無視はやめよ? な? 私泣くで? すぐ泣くで?」

志保(……豆腐メンタル)


10: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:24:37.33 ID:fHc8FUzx0

志保「はぁ、何で急に恋の話なんです?」

奈緒「ふっふっふっ、志保、自分が演じる役をもう一度よく見てみい」

志保「? ……特に恋の要素なんて見あたらないですが」

奈緒「そうやで。恋の話は私の趣味や」

志保「ははっ」

奈緒「あっ、人間って笑いながらこんな冷たい表情できるんやね」


11: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:25:56.07 ID:fHc8FUzx0

奈緒「でも実際おかしいと思わへん?」

志保「奈緒さんの頭がですか?」

奈緒「私の頭の話やなくてな? これだけべっぴんさんがおりながら浮いた話の一つも無いのが私はおかしいと思う」

志保「そりゃアイドルなんですから浮いた話があれば困るでしょう」

奈緒「でも一人もおらんのはおかしいやろ。絶対誰かは隠れてラブラブしよるって!」

志保「はぁ」

奈緒「……志保はあんまりこの手の話に興味がなさそうやな」

志保「いえ、興味ありますよ」

奈緒「いや、そういう優しさはいらんで。興味がないならないと――」

志保「興味がないのは奈緒さんに対してなので」

奈緒「いるいるいるいる!! 優しさめっちゃいるわ!! やっぱり優しさって大事やな!! うん!」


12: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:26:56.97 ID:fHc8FUzx0

奈緒「さて、お迎えが来る気配が微塵もしない今、どう暇を潰すかやな」

志保「私は台本読んでるので交差点を通る車の数でも数えててください」

奈緒「うん、何かそのバイト知っとるわ。私一回やったことあるし。そのとき目の前で事故起こったから鮮明に覚えとる。割とトラウマ」

志保「急に重い話するのやめてくれます? なんだか申し訳なくなってくるので……」

奈緒「ああ、いや、気にせんでええで。誰も怪我なかったし、それに暇つぶしにちょうどいいグッドアイデアや」

志保「それならいいんですが……」

奈緒「うーん、でもなー私は志保と暇を潰したいねん」

志保「トラウマって言ってたのに自分から巻き込み事故起こすんですか? 最低ですね」

奈緒「あたりキツない?」


13: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:28:09.32 ID:fHc8FUzx0

志保「……」(台本熟読中)

奈緒「なぁ、志保~。車数えるん飽きた~」

志保「……」ペラッ

奈緒「なぁ志保~」

志保「……」ペラッ

奈緒「志保ってば~」

志保「……」ペラッ

奈緒「……」

志保「……」

奈緒「……」

志保「……」


















奈緒「1番、横山奈緒。『足を滑らせて浴槽に落ちる猫』の物真似」

志保「待って待って待って待って」


14: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:29:25.04 ID:fHc8FUzx0

志保「ズルイ。それはズルイ」

奈緒「ええやんか。さっきにみたいに無視しよったら」

志保「無視できたら言いませんよ! いや、ホントにツボなん「ニャッ」くくっ!」

奈緒「ニャ、ニャーオ、ニャー」

志保「くっ……」プルプル

奈緒「ニャッ、ニャニャー、ニャッタラニャー」

志保「…………ふっ」プルプル

奈緒「ニャー、ニャラニャーニャッ!? ズルッ ニャママママママママママママママママママママ!!!! パッシャーン ギニャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

志保「あははははははははははははははははははははははははははははははははははは!!!!!!」


15: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:30:31.13 ID:fHc8FUzx0

志保「あー、もう駄目!! ホントお腹痛い!!」

奈緒「鍛え方が足りてへんのちゃう?」

志保「誰のせいだと思ってるんですか! 誰の!」

奈緒「元はといえば無視した志保が悪いと思う」

志保「……」

奈緒「……」

志保「…………」

奈緒「…………」

志保「……ンマーオ」

奈緒「くっ!」プルプル


16: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:31:32.66 ID:fHc8FUzx0

志保「ンナーゴ、ゴロニャーン」

奈緒「ちょっ、それは卑怯やで! いきなり人のネタパクるんはズルイ!」

志保「ニャッ? ニャニャッ?」トコトコ

奈緒「あっ、そっち行ったらあかん! そっち行ったら絶対――」

志保「ンニャー? ニャッ!? ンマママママママママママママ!!!! パッシャーン シャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

奈緒「あはははははははははははははは!! ほら落ちたやん!! あはははははははははははは!!」

志保「ンニャアー!! ニャアアアアアアアア!! マオウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!」

奈緒「ぷっ、くくっ、あかん!! ごっつおもろいわ!! 物真似の物真似上手すぎやろ!! ぷっ、わはははははははははははははは!!」

志保「ニャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

奈緒「あははははははははははははははははは!!!!!!」


17: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:32:34.86 ID:fHc8FUzx0

――――――――

P「あー、前の収録長引いちゃったな。あの二人、待ちすぎて怒ってないといいなー。……特に志保」

ガチャ

P「すまん! 待たせた! さぁ、二人とも急いで現場に――ってあれ?」

奈緒「ハァハァ」

志保「ゼィゼィ」

P「……何でお前らは息も絶え絶えなんだ?」

奈緒「いや、あのな、ちょっとわらかし合戦してて」

志保「少し熱が入りすぎちゃいました……ニャ」

奈緒「ぷっ、くくっ、あかんて志保……。もう無理やって」プルプル

志保「いーや、絶対奈緒さんの方が笑う回数少なかったですから! 後数回は笑ってもらいますからね!」

奈緒「『宇宙人に連れ去られるニワトリ』」

志保「あっ、ちょっ、それホント駄目ですって!! それ、猫のやつよりツボなんですから!! ふっ、くくくっ……!!」

P「……何だこれ」



END


18: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:33:13.87 ID:fHc8FUzx0

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

オチ? ないよ!





『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿