TOP > 生徒会役員共 > ネネ「出来たよ、津田君!身体が入れ替わる機械!」

ネネ「出来たよ、津田君!身体が入れ替わる機械!」

2018/11/13 23:02 | 生徒会役員共 | コメント(0)
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:11:43.33 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「もうなんでもありかよ!!」

ネネ「ホントは新しいバイブを作ろうと思ったんだけど」

タカトシ「どちらにせよ、倫理に反してるよ」

ネネ「どうする?使う?」

タカトシ「とは言っても……」

ネネ「はい、じゃあねー」ササッ

タカトシ「あ、ちょっとー!」

タカトシ「これ本当に入れ替わるのかなー」

タカトシ「22世紀の猫型ロボットじゃあるまいし……」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:12:29.16 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「えーっと、何々、この機械の先端の部分を二人で持つと身体が入れ替わります」

タカトシ「んー、どっかで見たことがあるような……」

タカトシ「それにあの言い方も何か違和感が……」

タカトシ「それに微妙にこの機械、あれにみえるんだよな……」

タカトシ「こんなん持ってって言っても嫌がられるよなー、ハハ」

アリア「あ、津田君ー」

タカトシ「あ、この学校の面子忘れてたー」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:13:52.37 ID:ZYmwEcf4o

アリア「どうしたの?津田君?何か隠した?」

タカトシ「い、いえ!何も!!」

タカトシ(まずい、この人はためらいなく持つ、絶対に)

アリア「んー、あ、もしかしてオナ」

タカトシ「違ーーーう!!」バッ

アリア「ん?それなーに?」

タカトシ「い、いや、これは!!」

アリア「……津田君、男の子が自分でお尻の穴を開発するのはおすすめしないな」

タカトシ「あーもうダメだ、この人……」

アリア「でもこれ少し違う?」

タカトシ「だ、ダメです!!それを掴んじゃ!!」

アリア「♪」ギュッ

タカトシ「あ」ギュッ

ピカーッ


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:15:02.98 ID:ZYmwEcf4o

アリア「いたた……、大丈夫ですか?先輩?」

タカトシ「んー、びっくりしたー……って、あれ?」

アリア「ん?なんか胸が重い……」

タカトシ「胸が軽いー♪」

アリア「……あああああああああああああ!!!」

タカトシ(アリア)「あれれ、私が目の前に」

アリア(タカトシ)「お、俺が……まさか本当に……」

タカトシ(アリア)「んー……おぉ、ついてる!」

アリア(タカトシ)「どこの5歳児ですか!!あなたは!!」

以下()は省略


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:15:38.83 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「どういうことー?」

アリア「えっと、それはですね、かくかくしかじか」

タカトシ「なるほど、これで入れ替わっちゃったんだ」

アリア「はい、まさか本当に可能だとは……」

タカトシ「でも、そういうことなら、もう一度掴めばいいんじゃないかなぁ?」

アリア「はっ!なるほど!そうですよ!!ではさっそく」ギュッ

タカトシ「……何も起きないねー?」ギュッ

アリア「……あの、俺のポケットに説明書あるので見てくれますか?」

タカトシ「えっとー……これかな、何々、この機械は試作品なので一回しか使えません」

アリア「お約束すぎるよ!!!」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:16:57.11 ID:ZYmwEcf4o

アリア「お、俺!ちょっと探してきます!!」ダッ

タカトシ「あ、津田君ー、その恰好で行っても……」

タカトシ「んー、……まあいっか」

ムツミ「あれ、タカトシ君?生徒会はー?」

タカトシ「あ、えっと……」

タカトシ(津田君って確か三葉って呼び捨てだったよね?)

タカトシ「うん、今から行くところだよー、三葉は?」

ムツミ「ちょっと部活のことで職員室にね、部員も増えたから部室の申請とか」

タカトシ「そっかー、偉い偉い」ナデナデ

ムツミ「えっ、あ、あのっ!!///」

タカトシ(あ、これはまずいのかな?)

タカトシ「ご、ごめんごめん、そのー三葉が可愛くてついー」

ムツミ「か、かわっ!?」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:17:26.71 ID:ZYmwEcf4o

ロボット研究会

アリア(お、重い、なんだこの身体走りづらい……)

アリア「と、轟さん!!!」

ネネ「あら?七条先輩?どうしました?」

アリア「あ、そっか、俺だよ!津田!」

ネネ「……えっと、生徒会の新しい遊びですか?」

アリア「ちがああああああああう!!」




ネネ「あれ完成してたんだー」

アリア「そう、それでこんなことに!早く治してくれ!!」

ネネ「それならもう一つ作れば……」

アリア「よし!じゃあ作ってくれ!!」

ネネ「その前に新作完成させちゃダメ?」

アリア「どういう思考回路で聞くんだろうか」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:18:51.97 ID:ZYmwEcf4o

ネネ「んー、作りたいのは山々なんだけど、ちょっと時間かかるかも」

アリア「じ、時間ってどれくらい!」

ネネ「……あs、あさ、3日くらいかな」

アリア「うわーすごい不安」

ネネ「だ、大丈夫、試作品を分解して直せばきっと」

アリア「……まさか数日このまま……」

ネネ「……エロゲ展開で震えてる?」

アリア「怒りで震えそうだわ」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:19:17.84 ID:ZYmwEcf4o

道場

ムツミ「タカトシ君ったら、もう何を……///」

トッキー「どうしたんだ、うちの部長」

チリ「職員室から戻ったらもうあんなで」

トッキー「部活にならねぇぞ」

チリ「しょうがないな、ムツミ、そろそr」ガッ

ムツミ「もう!!タカトシ君のバカあああああ!!///」ブンッ

チリ「いやああああああああああ!!」ドンッ!!

トッキー「……近寄れん」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:19:44.13 ID:ZYmwEcf4o

アリア「と、とりあえず先輩と合流しないと……生徒会室かな」

アリア(しかし、さっきまで気付かなかったけど……なんでこんなスースーするんだ……)

アリア(いや、なんとなくわかるけど確認するのが怖い……)

カエデ「ん?七条さん?」

アリア「あ、五十嵐さん」

カエデ「え?……まあいっか、七条さんちょっとスカート短くありません?」

アリア「え、そ、そうかな」

カエデ「生徒会なんですから、そこはちゃんとしてもらわないと」

アリア(んー五十嵐さんとここまで近くで普通に話すのは珍しい)

カエデ「聞いてる?」

アリア「あ、はい、気を付けます!」ダッ

カエデ「……なんか変」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:20:11.57 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「♪」

アリア「い、いた!!」

タカトシ「あ、津田君ー」

アリア「せ、先輩!何普通に生徒会室入ろうとしているんですか!?」

タカトシ「ダメ?」

アリア「ダメですよ!こんな姿で!」

タカトシ「元に戻れそう?」

アリア「それが、2、3日かかるようで……」

タカトシ「あー、そっかぁ」

アリア「すみません、どうしましょう……?」

タカトシ「どうするって、このまま過ごすしかないよね?」

アリア「やっぱりですか……」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:20:38.04 ID:ZYmwEcf4o

シノ「おい、2人とも、なぜ入らんのだ?」

アリア「あ……」

タカトシ「あ、シノちゃーん」

シノ「ふぇ!?」

アリア「ちょっ、こっちに!!!」グイッ

タカトシ「あらら?」ダッ

シノ「し、シノって……ってどこ行った……?」




アリア「ちょっと!ダメですよ!バレちゃいますって!!」

タカトシ「ごめんごめん、つい」

アリア「とにかく他の人にはバレないようにしましょう」

タカトシ「出来るかなー?」

アリア「やるんです!!」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:21:21.72 ID:ZYmwEcf4o

アリア「えっと、呼び方はこうでいいですね」

タカトシ「うん、大丈夫だよー、上の名前で読むのって慣れないなー」

アリア「そこは我慢してください、俺も恥ずかしいんですから」

タカトシ「お手軽羞恥プレイだね」

アリア「すっごい、プラス思考」



スズ「あれ?会長?七条先輩と津田いたのでは?」

シノ「あ、ああ、2人でどこかに行ってしまってな」

スズ「そうですか」

シノ「……シノ……シノか……」

スズ「か、会長?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:22:24.00 ID:ZYmwEcf4o

ガラガラ

タカトシ「すみません、えっと、会長」

シノ「遅いぞ、何をしてたんだ!」

タカトシ「ちょっと野暮用でー」

シノ「そうなのか?アリア?」

アリア「え、あ、うんー、津田君にーどうしてもー頼みがあってー」

タカトシ「ちょっと津田君、私そんなにバカっぽい?」ボソッ

アリア「す、すみません」ボソッ

シノ「どうした?」

アリア「あ、ううん、なんでもないよー」

シノ「そうか?では会議を始めるぞ」

タカトシ「あ、はーい」

スズ「津田、そこ七条先輩の席だけど」

タカトシ「あ」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:23:15.57 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「あはは、つい癖でー」

シノ「癖?」

アリア「し、シノちゃん、そろそろ始めよう?」

シノ「う、うむ、そうだな、ではまず今年度の部費だが、昨年度より大幅に増えてしまっている」

アリア(あ、危ない、大丈夫かな、これ……)

スズ「原因はロボット研究会のようですね」

シノ「やはりあそこか……、少し削減するように言っておくか……」

アリア「し、しばらくは、その、いいんじゃないかなー?」

シノ「ん?なぜだ?」

アリア「そ、その、いろいろとすごいものを発明してるし……」

シノ「まあ、確かにあいつの作るバイブは凄まじいな」

タカトシ「市販のより全然すごいですよねー」

スズ「!?」

シノ「!?」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:24:36.16 ID:ZYmwEcf4o

シノ「つ、津田?」

タカトシ「あ、えっとー……」

アリア「も、もう!それは私のセリフだよー、津田君ー!」

アリア(何言ってんだ、俺ええええええええ)

タカトシ「あ、確かにー」

スズ「津田、今日疲れてるの?」

タカトシ「え?そんなことないよ?」

スズ「なんかキレがないというか……」

タカトシ「俺はいつでもキレキレッだよ!」

スズ(津田が壊れた、やっぱりいつもツッコミさせてるからかな)

シノ「うむ、なんだか漫才みたいなやりとりだな」

アリア「はは……、文化祭で披露しようかなー……」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:25:04.30 ID:ZYmwEcf4o

シノ「次に、生徒からの要望で、男子のロッカールームをつけてくれとのことだが……」

アリア(ど、どうしよう、この格好やっぱりスースーする、トイレに……)ムズムズ

シノ「どうした、アリア?」

アリア「あ、えっと……」

シノ「ダメだぞ、こんなところで発情しては」

アリア「なっ、そんなわけない!」

シノ「え……、アリア?」

アリア「あ、えっと……、昨日のたくさん、し、したから今日は大丈夫だよー」

シノ「なんだ、そうかー」

タカトシ(えーっと、津田君だったら)

タカトシ「もうやりすぎ注意ですよー」

スズ「」

アリア(いわねえええええええええええ)


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:25:35.90 ID:ZYmwEcf4o

アリア「あ、あの、シノちゃん、ちょっと、そのトイレに……」

シノ「なんだ、そうなのか、いいぞ、では休憩にしよう」

アリア「じゃ、じゃあ失礼して……」

シノ「なんだか今日のアリアはおかしいな」

タカトシ「そうですかー?」

スズ「まあ確かに」

シノ「なんというか、アリアと話している気がしないというか……」

タカトシ「あー……なるほどー、えっと俺もちょっとお花を摘みに」

シノ「へ?」

タカトシ「な、なんちゃってートイレいってきまーす」

シノ「お、おう」

スズ「会長、津田も変です」

シノ「お、おう」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:27:24.83 ID:ZYmwEcf4o

女子トイレ

アリア(よかった、洋式なら……)

アリア(えっとー……、……穿いてない、この人)

アリア(こ、この場合って座るだけでいいのかな?)

アリア(す、スカート着いちゃうな、ちょっとめくって……ぶはっ!!)

アリア(ど、どうしよう、見ちゃった!!あわわわわわわわ)



男子トイレ

タカトシ(男の子ってたくさん着るから大変だなー)

タカトシ(えっと、チャックをおろして立ってするんだよね……、ドキドキする!!)

タカトシ(こう、かな……)ボロン

タカトシ(あれ、思ったより大きくない、あ、平常時だからかな?)イジイジ

ケンジ「津田……、お前何やってんだ……?」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:27:51.12 ID:ZYmwEcf4o

女子トイレ

アリア(と、とにかくさっさとすませよう……)

アリア(……は、恥ずかしい……)

アリア(えっと、紙で……ふ、拭くんだよな……)

アリア(……よ、よし、こ、ここ……?)

アリア「んっ!」

アリア(ひゃああああああああああああ!!!)



男子トイレ

タカトシ(ふぅ……、この感覚、癖になるかも?)

タカトシ(紙……あ、男の子は拭かないんだっけ、なんか変な感じ)

タカトシ(んーじゃあ学校プレイだと、そのまま口に入れるのかー)

タカトシ(除菌シートで最初に拭くことを推奨したほうがいいよね)


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:29:28.59 ID:ZYmwEcf4o

女子トイレ

アリア(は、はやく拭かないと……)

アリア「……っ……、くっ……」

アリア(なんで、拭いてるだけなのに!?なんか間違ってる!?)

アリア(よ、よし、これで……、このまま歩けと……)


生徒会室

タカトシ「戻りましたー」

シノ「うむ、よく出たか?」

タカトシ「はい、ばっちりです!」

スズ(津田……)


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:29:57.75 ID:ZYmwEcf4o

アリア(意識するな……意識するな……穿いてる、穿いてるぞ……)

生徒会室

アリア「た、ただいまー……」

シノ「よし、戻ったな」

アリア「はぁ……」

スズ「どうしました?」

アリア「ちょっと、ね」

タカトシ「心配ですねー」

アリア(2割ほどあんたのせいだかんな!)


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:30:44.09 ID:ZYmwEcf4o

シノ「続いてだが」

ナルコ「お、やってるな」

シノ「横島先生、食べ物はないですよ」

ナルコ「私は野良犬か」

スズ「似たようなものかと」

ナルコ「失礼ね、私は男以外は漁らないわよ」

タカトシ(ツッコミツッコミ)

タカトシ「もうー嫌だなー」

ナルコ「ん?」

ナルコ(津田のツッコミ、こいつ、……やれるかな)


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:31:13.04 ID:ZYmwEcf4o

ナルコ「ねぇ、津田ー、私に身体預けてみる気なーい?」

シノ「横島先生、堂々と生徒を誘惑しないでください」

タカトシ「んー、どうしましょうかー」

シノ「!?」

タカトシ「俺じゃ先生を満足させられませんよーハハ」

ナルコ「へぇ、なかなかいい返しするじゃない」

アリア「ちょっ、せn、津田君!そういう冗談はダメ!」

スズ「七条先輩が突っ込んだ……」

ナルコ「珍しい……」

タカトシ「あーごめんなさい、はは」

シノ「むー……」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:32:41.79 ID:ZYmwEcf4o

ナルコ「まあそれはそうと、そろそろ下校時間よ」

シノ「なんか今日は調子が違うせいか、時間の感覚が……」

スズ「同じく……」

アリア(長かった……)

タカトシ「じゃあ帰りましょうか」

シノ「うむ、そうだな、津田少し残ってもらえるか」

タカトシ「んー?いいですよー」

スズ「じゃあ私たち先に外で出てますね」

シノ「あぁ、すぐに終わる」

スズ「わかりました、行きましょうか七条先輩」

アリア「え、あ、うん」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:33:11.15 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「えっと、なんですか、し、会長?」

シノ「うむ、皆行ったな……津田」

タカトシ「ん?」

シノ「……アリアと何かあったか」

タカトシ(さすがシノちゃん、鋭い)

タカトシ「何かって?」

シノ「いや、そのだな……、先輩後輩を超えた何かと言うか……」

タカトシ(そうでもないかも)

タカトシ「俺がわt、七条先輩と付き合ってるってことですか?」

シノ「い、いや、そのだな!アリアがお前のフォローすることが多かったし、何か話し方もだな……」

タカトシ「なるほど」

シノ「そ、その、答えたくなかったらいいんだ!!プ、プライベートなことだし、な、その……」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:33:39.16 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「会長が思っていることはありませんよ」

シノ「そ、そうか」

タカトシ「特に決まった人を好きと意識したことはないですし」

シノ「な、ならいいんだ!悪かったな!!」

タカトシ「俺も気付いてないわけではないですよ?」ボソッ

シノ「へ……」

タカトシ「じゃあ、俺先に行ってますよ?」

シノ「あ、おい!今のは……なんだ……?」

シノ「……///」

シノ「い、いや違う違う!!!」

タカトシ(可愛いなーシノちゃんは)


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:34:50.10 ID:ZYmwEcf4o

スズ「ん?津田、会長は?」

タカトシ「後から来るよー」

スズ「そう」

アリア「あ、あのつ、津田君、ちょっといいかな?」

タカトシ「はいはーい?」

スズ「……」

アリア「あの、忘れてたんですが、例によって今日両親がいなくですね」ボソッ

タカトシ「お決まりだね♪」

アリア「それでですね、おそらくお姉ちゃんが来ているかと……」

タカトシ「魚見さん?」

アリア「はい……」

タカトシ「なるほどね、バレないよう頑張るよ」

アリア「お願いします……」

タカトシ「魚見さんとのフラグはどうしたほうがいいのかな?」

アリア「ギャルゲー要素はいらん!」

スズ「……」

シノ「すまん、遅くなった」

アリア「じゃあ帰りましょうか」

サヤカ「お迎えに上がりました」

タカトシ「あ、はーい……七条先輩またー」

アリア「あ、あー!う、うん、また明日」

サヤカ「……?」

シノ「またな」

スズ「お疲れ様です」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:35:15.69 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ(危なかったー……あれ、津田君の家ってえっと……)

シノ「よし、では帰ろうか」

スズ「そうですね」

タカトシ「あ、うん」

タカトシ(途中まで皆と帰れば思い出すかも……)


車内

アリア「ふぅ……」

サヤカ「今日はいかがでしたか?」

アリア「ちょっと、疲れました……」

サヤカ「おや、そうようですね、しかしそんなに隙だらけだと襲ってしまいますよ?」

アリア「え!?」

サヤカ(……やはりおかしい、今日のお嬢様は……、……ヤレる)


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:37:27.76 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ(あ、ここは通ったことあるかも)

スズ「津田?」

タカトシ「ん?なに?」

スズ「なんで今日はこっちから?」

タカトシ「え、あ、えっとー」

スズ「あっちでしょ?あんたの家?」

タカトシ「あ、そ、そうだったーはは」

スズ「しっかりしなさいよ」

タカトシ「つい別れるのが名残惜しくて、じゃあまたね」

スズ「……う、うん///」

タカトシ(そうそう、こっちこっち)


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:37:55.86 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「着いたぁ……」

タカトシ「ただいまー」

ウオミー「お帰りなさい、タカ君」

タカトシ「あ、うおみ……お姉ちゃん、ただいま」

ウオミー「はい、着替えてきてください、夕飯もうすぐできますから」

タカトシ「え、作ってくれたの?」

ウオミー「ええ、タカ君がそろそろ帰宅すると思って用意しておきましたよ」

タカトシ「ありがとー、じゃあ着替えてくるね」

タカトシ(魚見さんもガンガン来るなぁ、シノちゃんピンチー)

ウオミー「タメ口……」


コトミ「あれ?お姉ちゃん、なんかご機嫌だね」

ウオミー「~♪」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:38:39.65 ID:ZYmwEcf4o

アリア「着いた……し、しかしすごい家だな……」

アリア「……こ、ここが先輩の部屋……」ゴクリ

prrrrrrr

アリア「!?」

アリア「は、はい」

タカトシ『あ、もしもーし』

アリア「先輩?」

タカトシ『もう部屋にはついた?』

アリア「今入ろうとしてたところです」

タカトシ『そっかそっか、えっとね、着替えとか置いている場所なんだけど……』

アリア「あ、はい」

タカトシ『……ってな感じだから、困ったら出島さんに言えば大丈夫だよ?』

アリア「わかりました、ありがとうございます」

タカトシ『あと、おもちゃの場所は』

アリア「それはいいです」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:39:14.66 ID:ZYmwEcf4o

タカトシの部屋

タカトシ「つれないなー、津田君はー」

タカトシ「さてと、私も着替えないと」

タカトシ「えーっと、ここだよね?」

タカトシ「部屋着は確かこんなの着てた覚えが……」ヌギヌギ

タカトシ「津田君の身体、結構引き締まってるかな?筋肉がないわけじゃないし」

タカトシ「んー……これが男の子の身体かー……」ペタペタ

部屋の外

コトミ「……タカ兄、何してるんだろ」ドキドキ


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:40:09.99 ID:ZYmwEcf4o

アリアの部屋

アリア「えっと、服は……こ、これか」

サヤカ「お嬢様」コンコン

アリア「は、はい!」

サヤカ「お風呂の準備が出来ていますので、いつでもどうぞ」

アリア「あ、ありがとうございます」

サヤカ「では」

アリア「風呂か、うーん、先輩の身体だけど入らないわけにも……」

アリア「……い、いくか」

アリア「……なんか下着の数がおかしい気がするな、主に下がない……」

アリア「えっと、こ、これ……?」

アリア「も、もっと地味なの……///」

アリア(……これ風呂なんて入って大丈夫なんだろうか……)


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:40:41.23 ID:ZYmwEcf4o

アリア「……よ、よし、ぬ、脱ぐぞ……」

アリア「……」ゴクリ

アリア「……」ヌギ

アリア(み、見ちゃダメだ、見ちゃ……で、でかっ)ブハッ

アリア(鼻血が……)ポタポタ

アリア「……」ヌギ

アリア(さっと、さっと、脱いでタオルを巻こう、さっと……!!)ブハッ

アリア「……///」バタバタ



サヤカ「お嬢様がおかしい、はぁはぁ……」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:41:26.12 ID:ZYmwEcf4o

アリア(だ、ダメだ、タオルを巻いてるけど、こ、これは……)

アリア「なああああああああああ!!!」ザバッ

アリア(よ、よし、水をかけたら少し落ち着いたぞ……いまのうちの身体を……)

アリア「……やっぱり目隠しをしよう……」

アリア(タオルで目隠ししても身体くらいなら洗えるはずだ……)

アリア(……あれ、でもなんか目隠ししてると何か俺が触ってるみたいで……いや俺が触ってはいるんだけど)

アリア「はぁ……はぁ……」

アリア(……無心だ、無心になれ……これは彫刻、ぬいぐるみ!!)




アリア「はぁ……な、なんとか終わった……」

サヤカ「お嬢様?」

アリア「で、出島さん!?」

サヤカ「いつも私が洗っているのですが、どうしたのですか?今日は?」

アリア(ええええええええええええ!?)


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:43:39.66 ID:ZYmwEcf4o

サヤカ「髪はまだのようですね、失礼します」

アリア「は、はい……」

サヤカ「お嬢様の髪はしっかり手入れをしませんと」

アリア(……なんだろう、すごい恥ずかしい、でも気持ちいいなー……さすがうまい……)

サヤカ「あの、よろしいでしょうか?」

アリア「はい?」

サヤカ「なぜ、タオルで目隠しを?」

アリア(忘れてたああああああああ)

アリア「こ、これは、その……、新しいプレイだよ!!」

サヤカ「なるほど、さすがです」

アリア(いいのかよ!!どうなってんだよ!この家!!)

サヤカ「しかし、そのような姿を見ますと……」

アリア「……?」

サヤカ「誤って触りたく……はぁはぁ」

アリア(え、やばい)


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:44:06.45 ID:ZYmwEcf4o

アリア「だ、ダメですよ!!そんなことしちゃ!!」

サヤカ「わ、わかってます、しかし、出来れば外していただけますか……」

アリア「う……わ、わかりました」

アリア「落ち着け、大丈夫、大丈夫……ぐはっ)ブハッ

サヤカ「お嬢様!?鼻血が…・・」

アリア「大丈夫です、大丈夫ですから……」

サヤカ「は、はぁ……」

アリア(これはもうやばい……)



サヤカ「終わりました」

アリア「ありがとうございます、じゃあ湯船に入ってから出ますので、もう大丈夫ですよ」

サヤカ「そうですか、では失礼いたします」

アリア「……はぁ……」


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:44:39.37 ID:ZYmwEcf4o

タカトシの家

タカトシ「ごちそうさまー」

コトミ「おいしかったー」

ウオミー「お粗末様です」

タカトシ「お姉ちゃんは料理上手だねー」

ウオミー「ふふ、これくらいならいつでも」

コトミ「タカ兄と結婚してくれたら毎日食べれるねー」

ウオミー「それはいい考え」

タカトシ「はは、そうだねー」

コトミ「へ?」

ウオミー「あら……」

タカトシ「あ、え、えっと、俺お風呂入ってくるねー!」バタバタ

ウオミー「タカ君……?」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:46:03.50 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ(ついうっかり、んー難しいんだなー津田君って……)ヌギヌギ

タカトシ(えっとー洗う物はここに入れればいいのかな?)

タカトシ(~♪)

タカトシ(なんだか変な感じだなー、身体洗いやすいー)

タカトシ(ここも綺麗にしないとねー♪)

タカトシ(あ、エッチなこと考えないとそんなに大きくはならないんだ)

タカトシ(ふむふむ)

タカトシ(あ、でもだんだん……)

タカトシ(……え、えと、これってまさかもっと大きくなるの……?)

タカトシ(……はっ!ダメダメ、津田君に怒られちゃう、お風呂なんかでしちゃダメだよね!)



ウオミー「コトミちゃん、タカ君、今日おかしくないかしら?」

コトミ「えっとねー、だいぶ変」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:46:33.85 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ(下着ってつけないとダメかなー)

タカトシ(……んー、ちょっと気持ち悪いかな、やっぱり)

タカトシ(しょうがない、今は穿いておこうっと)

タカトシ「お風呂出たよー」

コトミ「あ、次私はいるー!」

ウオミー「タカ君、今日は泊まってもいいでしょうか?」

タカトシ「えっとーいいんじゃないかな?」

ウオミー「あら、あっさり、では泊まりますね

タカトシ「うん、どうぞどうぞ」

ウオミー「……タカ君、今日はどうかしましたか?」

タカトシ「え、な、なにが?」

ウオミー「反応がタカ君らしくないといいますか……」グイッ

タカトシ「はは、そんなことないよー」

ウオミー「こんなに近づいても平然としてますし……」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:47:33.64 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「い、いやだなー、家族だし?」

ウオミー「家族だけでは物足りないんですよ?」

タカトシ「お姉ちゃんはどうしたいの?」

ウオミー「!?……そ、そうですね……」

タカトシ(シノちゃんよりは手ごわいかも、んーでも津田君の身体だし……)

ウオミー「もう少しタカ君と仲良くなりたいですよ?」

タカトシ「んー、ふふ、それくらいならいつでもいいよ?」

ウオミー「で、では……」

コトミ「お姉ちゃん一緒に入ろう!!」

タカトシ「あらら」

ウオミー「はっ!」バッ

コトミ「ありゃりゃ、お邪魔しちゃった?」

タカトシ「ふふ」

ウオミー「……コトミちゃん、入りましょうか」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:49:50.32 ID:ZYmwEcf4o

アリア宅

アリア「つ、疲れた、出血多量で死ぬ……」

アリア「でもご飯は美味しかったなー、はー食べすぎちゃったかも」

アリア「もう寝ちゃおうかな……」

アリア「……この服、なんか身体のラインが……」

アリア「……」サワ

アリア「な、ダメダメ!!何触ってるんだ!!」

アリア「……ちょっとだけ……、いや、ダメだ!!」

prrrrr

アリア「!?……はい」

タカトシ『津田君ーこんばんはー』

アリア「先輩、ど、どうしましたか?」

タカトシ『んーそろそろ津田君が女の子の身体に耐え切れなくなってるかなーって』

アリア「」


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:50:24.36 ID:ZYmwEcf4o

アリア「い、いや、そんなことは!!」

タカトシ『いいよー無理しなくて、男の子だもんね』

アリア「ぐっ……」

タカトシ『さすがに生殺しも可哀そうかなーって』

アリア「い、いや、その……」

タカトシ『だからね、少しくらいなら私の身体使ってもいいよ?』

アリア「は、はぁ!?」

タカトシ『でもさすがに処女は取っておいてほしいかな』

アリア「え、えっと、その……」

タカトシ『大丈夫だよ、一人でなんて女の子だってほとんどの子はしてるんだからー』

アリア「あ、う……」

タカトシ『じゃあねー、私も少しだけ使うねー』

アリア「え!?サラっとすごいこと言って切らないでえええええええええ!!!」


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:50:51.50 ID:ZYmwEcf4o

アリア「……せ、せっかく固く決心しようと……」

アリア「う……」ゴクリ

アリア「い、いや、ダメだろ……電気を消して、ね、寝よう!!」バッ

アリア「先輩!?か、鏡……か……」

アリア「……本当に七条先輩になっちゃったんだな……」

アリア「……」サワ

アリア「ん……ん……」

アリア「……こ、これ七条先輩の顔……こんな表情……」サワサワ

アリア「……んっ……嫌!!ダメだ!!!それはダメ!!寝る!!!」

アリア(寝る!寝る!!寝るんだ!!!)



サヤカ(今日はなさらないようですね、私も寝ますか)


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:51:19.14 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「んーこれで津田君も少しは罪悪感なくなればいいけど」

タカトシ「さて……私の身体を津田君も少しは使っているとして……」

タカトシ「失礼しまーす……」ヌギ

タカトシ(これが平常状態なんだよね?んー……)

タカトシ(……さっきはえっと、これくらい?)

タカトシ(男の子の身体って、本当にここだけが性感帯なんだなー、少し違う……)

タカトシ(勉強になるー♪)

タカトシ(えっと、もっとエッチな気分に……あ、これが噂のエロ本?)

タカトシ(……んー、あんまり……)

タカトシ(触ってればいいのかな……)シコシコ

コトミ(た、タカ兄なんで下半身全裸で……!!)


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:52:12.95 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ(あ、だんだん気持ちよく……え、まだ大きくなるの!?)

タカトシ(男の人ってこんなに大きくなるの?あれー?)

タカトシ(え、うそ、すごい……どうしよう、ドンドン大きく……)

タカトシ(こ、これを入れられちゃうの?……はぁはぁ……)

タカトシ(シノちゃん、ごめんね……私、ちょっと夢中かもぉ……)

タカトシ(すごいっ、まだっ大きくぅ……男の子のオナニーってこんなにいいのぉ……?)

タカトシ(津田君、津田君のすごいの出ちゃうぅ!んっ!!)

タカトシ(はぁはぁ……あ、ティッシュティッシュ)

タカトシ(すごい、男の子ってハマるって言うけどこれは確かに……もっかい……)

タカトシ「んっ!ふふっ、おっきいぃ……」

コトミ(またっ!?今日のタカ兄すごい……はぁはぁ……)


タカトシ「はぁはぁ……も、もうだめぇ……」

コトミ(よ、4回も……私もちょっと……)バタバタ

タカトシ(男の子ってすごいなー、……ごめんね、シノちゃん)

タカトシ(でも、もうクタクタ、寝ないと……)


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:52:54.32 ID:ZYmwEcf4o

ウオミー「タカ君?」コンコン

タカトシ「あ、はーい」

タカトシ(いけない、服着ないと……)イソイソ

ウオミー「いいですか?」

タカトシ「あ、いいよー」

ウオミー「夜這いに来ちゃったぞ☆」

タカトシ「あはは」

ウオミー(ん……この臭いは)

ウオミー「タカ君……今日は激しいんですね?」

タカトシ「え、あ、あはは……」

タカトシ(やっぱり臭いってわかっちゃうんだ!!)

ウオミー「ふふ、溜まってたんですね」

タカトシ(さすがに津田君らしく……)

タカトシ「嫌だなーイカを焼いた臭いですよー」

ウオミー「……それは無理があるのでは」

タカトシ(あれぇ?)

ウオミー「やっぱり今日のタカ君はちょっと変」

タカトシ「そうかなぁ?」

ウオミー「……一緒に寝てもいい?」

タカトシ「それはどっちの意味で?……あ」


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:54:02.96 ID:ZYmwEcf4o

ウオミー「やっぱりおかしい」

タカトシ「えっーと、これはー……」

ウオミー「私には言えないのことですか?」

タカトシ「なんでもないよぉー!」

ウオミー「……生徒会の方々には言えるんでしょうか?」

タカトシ「え?」

ウオミー「……すみません、なんでもないです」

タカトシ(魚見さん、もしかして……)

タカトシ「お姉ちゃん?」

ウオミー「はい」

タカトシ「お姉ちゃんと、生徒会の人たちで区別なんてしてないよ?」

ウオミー「え?」

タカトシ「心配しなくてもいいんだよ?」ギュッ

ウオミー「タカ君……」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:54:29.61 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「なんだか不安そうだったから」

ウオミー「タカ君に悟られてしまうなんて私もまだまだですね……」

タカトシ「ふふ、隠すのうまいものね」

ウオミー「……私はタカ君といつもそばにいれるわけじゃないから……」

タカトシ「うん」

ウオミー「生徒会の方々と比べてタカ君に信頼されてないって思ったら……不安でした」

タカトシ「うん」

ウオミー「だから家族になったとき嬉しくて、少しやりすぎたかもしれないのが、怖くて……」

タカトシ「……大丈夫だよ、お姉ちゃんのこと大好きだから」

ウオミー「タカ君……」ギュッ

コトミ(も、戻ったらなんかすごい展開になってるううううううううう)


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:55:28.22 ID:ZYmwEcf4o

ウオミー「あ、あの、私……」

タカトシ「うん、わかってるよ、でも、まだ答えは出せないかな」

ウオミー「あ……い、いえ、そうではなく……」

タカトシ「ん?」

ウオミー「……一緒に寝てもいいですか?その、性的ではない方で」」

タカトシ「うん、いいよ」

ウオミー「……失礼します」

コトミ(ええええ!?なんで!?なにこの展開!!)

コトミ(た、タカ兄まさかお姉ちゃんと……でも会長やスズさんは!?)

コトミ(ど、どうしよう、どうしよう!!……あ、電気消された)


ウオミー「タカ君」

タカトシ「ん?」

ウオミー「幸せです」

タカトシ「それはよかった」

ウオミー「……はい」

タカトシ(これ津田君だったら我慢できないんだろうなー)



ウオミー(緊張して眠れません……)

タカトシ(やっぱり服着てると寝れないなぁ……)


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:57:48.71 ID:ZYmwEcf4o

翌朝

サヤカ「お嬢様、おはようございます」

アリア「んー……朝かー」

サヤカ「お支度を」

アリア「トイレ……」

アリア「あれ、トイレこっち……」

アリア「んー……あれ、なんかない……」

アリア「……」

アリア「忘れてたあああああ」

アリア「そうだ、身体入れ替わって……」

サヤカ「どうしましたか?お嬢様?」

アリア「な、なんでもないですーー!!」


54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:58:23.71 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「ん……朝……」

ウオミー「タカ君……おはよう」

タカトシ「あ……そっか」

ウオミー「朝ごはんの支度しますね」

タカトシ「うん」

ウオミー「もう少しだけ寝てても大丈夫ですよ?」

タカトシ「ううん、手伝うよ」

ウオミー「じゃあ、お願い」

タカトシ「うん♪」


55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:58:50.80 ID:ZYmwEcf4o

アリア(結局あのあと気になってほとんど眠れなかった……)

アリア(忘れようと思っても、寝返りを打つたびに胸が……)

アリア(……さて、き、着替えか……)

アリア(……あ、朝でも別に身体は普通なんだな……)



タカトシ(んー下着穿かないとやっぱりダメかなー)

タカトシ(あ、持ち物ってこれでいいのかな?今日の時間割は……)

タカトシ(んーでも男の子は身支度楽だなぁー)


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:59:31.70 ID:ZYmwEcf4o

学校

アリア「眠い……」

シノ「アリア、おはよう、どうした、眠そうだな」

アリア「あー、ちょっと……」

スズ「おはようございます」

シノ「萩村か、おはよう、おや?津田もいるじゃないか」

タカトシ「おはようございまーす」

スズ「珍しいわね、あんたがこんなに早いなんて」

タカトシ「うん、たまにはね」

アリア「あ、えっと……、おはようー」

タカトシ「七条先輩、おはようございます」

シノ(うん、今日は普通のようだな)


57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 01:59:57.75 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「あ、ちょっといいですかー?」

アリア「え、あ」

シノ(でもないか……)

タカトシ「どうだった?昨日は」

アリア「いや、寝不足です……」

タカトシ「そ、そんなに身体を弄り回したの!?」

アリア「ち、違います!!我慢しようとしたんですが、気になってなかなか眠れず……」

タカトシ「え、じゃあしてないの?」

アリア「してないですよ!!」

タカトシ「……ありゃ」

アリア「ありゃってなんですか?まさか……」

タカトシ「あ、えーっと……」

アリア「何もしてないですよね!?」

タカトシ「童貞はとってあるから大丈夫!!」

アリア「oh」


58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:01:07.41 ID:ZYmwEcf4o

シノ「ん?もういいのか?」

タカトシ「あ、はいー」

アリア「……」

シノ「どうした、アリア、浮かない顔して」

アリア「な、なんでもない、よ……」

スズ「ほら、津田、さっさと教室いくわよ」

タカトシ「じゃあまたあとでー」

シノ「ああ、しっかり勉学に励めよ」

アリア(俺が我慢した甲斐って……)


59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:01:53.56 ID:ZYmwEcf4o

教室

タカトシ(んー悪いことしちゃったなーまさか津田君がそこまでの精神力とは……)

タカトシ(さすが次期生徒会長だねぇ)

ナルコ「津田」

タカトシ「あ、はい」

ナルコ「ボーっとするな、次の英文読んで和訳してみ」

タカトシ「はい、すみません、えっと……~~~~~~~」

ムツミ「タカトシ君の発音すごい綺麗……」

スズ(和訳完璧だわ……少し意訳が強いけど、すごい……)

ナルコ「ど、どうした、津田、お前……」

タカトシ(やりすぎちゃったかな?)

ナルコ「まさか外人とやったか!?」

タカトシ「まだ誰ともやってないよー」

タカトシ(あ、今のいいツッコミだよね!)


60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:02:55.10 ID:ZYmwEcf4o

シノ「どうした、アリア、今日はあてられてもボロボロじゃないか」

アリア「あ、寝不足のせいかも……」

シノ「寝不足のアリアはこうなるのか、新たな発見だな」

アリア「あはは……」

アリア(わっかんねー、3年の勉強なんてわかんねぇ……)

シノ「それと、だな、アリア」

アリア「?」

シノ「もう少し歩き方に気をつけないと、さすがにサービスしすぎだぞ」

アリア「え?」

シノ「だから、スカートだ、珍しく穿いてるようだが」

アリア「……なっ!!///」

シノ「アリア?」

アリア「ひゃああああああああああああ!!」バタバタ


61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:03:20.78 ID:ZYmwEcf4o

ネネ「えっと、津田君」

タカトシ「ん?なに?」

ネネ「あの、例の件なんだけど」

タカトシ「あー、ちょっとこっちに」

スズ「?」

ネネ「すみません、ご迷惑をかけて」

タカトシ「あーいいよいいよ、大丈夫」

ネネ「明日にはなんとか完成するんで、きっと戻れるかと」

タカトシ「そっかぁ、じゃあ明日までかー」

ネネ「ただ明日は休みなんで、正午に学校で待ち合わせでもいいですか?」

タカトシ「あ、うん、じゃあ津田君にも伝えておくねー」

ネネ「ありがとうございます、お詫びに新開発使いますか?」

タカトシ「いいの!?」

ネネ「はい!」

タカトシ「えっと、お尻用はあるかなー?」


62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:03:57.92 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ(これは早く戻らないとー)

スズ「津田ー、あんた昨日からどうしたの?勉強も急に」

タカトシ「あーえっと、悪いもの食べたのかもー?」

スズ「相当ね、それは……」

タカトシ「でもスズちゃんには敵わないよー」

スズ「ふぇ!?」

タカトシ「あ、ご、ごめん萩村には敵わないよ」

スズ「……別に呼びやすいならそれでもいいわよ」

タカトシ「あ、そ、そう?」

スズ「ほら、授業よ」

タカトシ(あらら、赤くなって……)

タカトシ(んー、スズちゃんもやっぱり好きなのかぁー)

タカトシ(……あれ?授業中なのに、なんで!?)

タカトシ(エッチなことなんて考えてないのになんで大きくなってるの!?)


63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:04:35.64 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ(なんで?昨日4回もしたから!?)

タカトシ(ど、どうしよう、これ……)

タカトシ(やっぱり大きくなってるんだよね、おトイレとかじゃないよね……)

タカトシ(処理したの方がいいのかな……)

タカトシ(……でも授業中だし……そんな状況じゃ……)

タカトシ(……燃えちゃう)


スズ(どうしたんだろう、津田のやつ)

スズ(スズって呼ぶし……)

スズ(あーもう!!にやける!!)

スズ(今度一緒に出掛けたりできないかな……、ふ、2人で……)

スズ(……あれ、津田がなんかおかしい……)

スズ(……え、あれって……、さ、触ってる……?あ、あれを……)

スズ(な、なんで!?授業中だよ!?先輩たちに毒されて……)

スズ(い、いや、まさか……もしかして何かの病気!)

スズ(そ、それで仕方なく……なんかつらそうだし……)

タカトシ(……どうしようぉ、ドキドキするぅ、ばれちゃうよぉ……)

タカトシ(んっ、男の子ってなんでこんな気持ちいいんだろぉ……)

タカトシ(も、もうやめないとぉ……あんっ……新しい癖出来ちゃうぅ……)


64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:05:06.11 ID:ZYmwEcf4o

キーンコーンカーンコーン

タカトシ(なんだかモヤモヤ……)

スズ「つ、津田」

タカトシ「なーに?スズちゃん?」

スズ「いや、そのちゃん付けはちょっと……じゃなくて!」

タカトシ「なに?」

スズ「もしかしてあんた、何かの病気?」ボソッ

タカトシ「え!?」

スズ「そ、その、さっき苦しそうに触ってたから、その……あれを///」ボソッ

タカトシ(見られてた……うふふ……)

タカトシ「そ、そうみたいなんだ、ちょっとつらくて……」

スズ「やっぱり……わ、私なにか出来ることとかって……ある?」

タカトシ(なるほど、ロリっ子好きの気持ちがわかってきたよ!!)


65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:05:32.82 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「ううん、大丈夫だよ、ありがとう」

スズ「そ、そう……」

タカトシ「そういうのは恋人同士になってからね?」ボソッ

スズ「はうぅ!?///」

タカトシ(津田君モテモテー)


シノ「どうしたアリア、着替えないと体育に遅れるぞ?」

アリア「い、いやっ、その///」

シノ「ん?あの日では……ないはずだな」

アリア「い、いいから、早く着て!」

シノ「お、おう」


66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:05:58.91 ID:ZYmwEcf4o

アリア(体育がまさかここまできついとは……精神的に)

アリア(うぅ、しかし胸が重い……)

シノ「アリア、まだ寝不足なのか?」

アリア「あーいや、胸が重くて……」

シノ「嫌味かー!!!」

アリア「い、いやそうじゃなくて事実を……」

シノ「ほほう、言うな、アリア、この!」モミモミ

アリア「あっ、ちょっ……!!」

シノ「少しは私によこせー!!」モミモミ

アリア(会長何を!?っ……なんだこれ、胸ってこんな気持ちいいの!?)

アリア「はぅ……んっ……やぁ……」

シノ「ず、随分色っぽい声を……」

アリア「こ、これは勝手に声が……」

ランコ「……キマシタワー」パシャパシャ


67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:06:38.57 ID:ZYmwEcf4o

アリア(はぁはぁ……ひどい目に……で、でもこんなに気持ちいいものなのか……)

アリア(耳も……なんでこんな……)

タカトシ「あ、七条先輩ー」

アリア「せn……、つ、津田君」

タカトシ「どうしたの?なんか疲れてるけど」ボソッ

アリア「会長にいろいろされちゃいまして……」

タカトシ「なるほど、揉まれちゃった?」モミモミ

アリア「っ!ちょっと!」

タカトシ「あ、つい」

カエデ「な、なにやってるの、そこ!!!」

アリア(まずいいいいいいいいいいいいい)


68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:07:04.69 ID:ZYmwEcf4o

カエデ「あ、あなた!今のは完全に痴漢よ!!」

タカトシ「あー、えっとー……」

アリア(まずい、このままだと先輩が……っていうより俺が痴漢扱いされる!!)

アリア「ち、違うの」

カエデ「七条さん?」

アリア「そ、その、これは……スキンシップなの!!」

カエデ「は、はいいいいいいいい!?」

アリア「だから、その、スキンシップの一環で……」

カエデ「そんなわけないでしょ!!」

アリア「ほ、ホントなの!……ほ、ほら!!」グイッ

タカトシ「おっとっと」

アリア「こ、こうやって、む、胸くらい……っ……」

カエデ「」

アリア(七条先輩だから指を動かさないでえええ!!)


69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:07:35.18 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「津田君、気絶しちゃってるから今のうちに」ボソッ

アリア「あ、は、はい……」ダッ

タカトシ「ここまでくれば大丈夫だね」

アリア「もう何してるんですか!!」

タカトシ「ごめんごめん、津田君にも少しは気持ちよくなってもらおうかと……」

アリア「いいですよ!そんな!!」

タカトシ「私の身体そんなに興味ない?」

アリア「い、いや、そういうわけじゃ……むしろ……あるというか……」

タカトシ「生徒会までまだ時間あるよね、じゃあ、さ」

アリア「え……?」


70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:08:06.18 ID:ZYmwEcf4o

屋上

アリア「ふぁ……んんっ……っ……」

タカトシ「ふふ、声漏れちゃってるよ?」

アリア「やっ……だ、だめ……ですっ……」

アリア(こ、こんな、でも先輩が自分の身体をいじってるだけだし……あーわけわからなくなってきた)

タカトシ(んー自分の身体をこうやって弄るのって新鮮だなー)

タカトシ「えっとねー、私はここが気持ちいいんだよ?」

アリア「ひゃっ!んんっ!!」

タカトシ(私が津田君にされてるみたいで、なんだか……)

アリア「んっ!あんっ!」

タカトシ(変な気を起きないように、さっさとイカせちゃえ、ごめんね、私の身体)

アリア「んん~~~~~~っ!!!」


71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:08:35.13 ID:ZYmwEcf4o

アリア「はぁはぁ……」クタァ

タカトシ「ごめんね?気持ちよかった?」

アリア「は、はい……」

タカトシ「胸はこれくらいだけど、下はもっといいんだよ?」

アリア「……」

タカトシ「ふふっ」

アリア「先輩……」

タカトシ「だーめ、ホントはキスしてあげたいけど、お預け」

アリア「……あ、お、俺いま……」

タカトシ「すごいキスしたそうな顔してたよ?私ってあんな顔するんだねー」

アリア「あわわ……」

タカトシ「落ち着いたら生徒会室おいでね」


72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:09:05.60 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ(やりすぎちゃったかなぁ?でもあれくらいいいよね、私の身体だし)

タカトシ(津田君に私の弱いとこ全部バレちゃうなぁ……ふふ……)

ガラ

タカトシ「こんにちはー」

シノ「津田……」

スズ「つーだー……」

タカトシ「あ、あれ?」

ウオミー「タカ君、ようやく来ましたね」

タカトシ「お姉ちゃんまで?」

ランコ「じゃ、私はこれで」

タカトシ(あれれー?)


73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:09:32.15 ID:ZYmwEcf4o

アリア(はぁ……どうしよう、俺……責任とるべきなんだろうか……)

ガラ

アリア「こんにちはー……って、あれ?」

シノ「ようやく来たかアリア」

タカトシ「んー!んー!」

アリア「あ、えっと、なんで、お、じゃなくて津田君が縛られて猿轡を……?」

スズ「拷問です」

アリア「ご、拷問!?」

ウオミー「先ほど、このような写真が」

アリア「これは……」

シノ「お前にも聞くことがあるぞ、アリア」

アリア(さ、さっきの!?)

タカトシ(んー!もっと強く縛ってくれないかなぁー!はぁはぁ……)


74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:09:59.17 ID:ZYmwEcf4o

アリア「あ、えっと、これは……」

シノ「まあアリアから言うのはあれだな、津田」

スズ「ほら、外すわよ」

タカトシ「はぁはぁ……」

ウオミー「どういうことか説明してください」

タカトシ「それはその……」

アリア「あの!それは!!」

タカトシ「……七条先輩に無理やりさせられて」

シノ「なっ!?お前、男としてそんな言い訳を!!」

スズ「サイテーね」

タカトシ「……ホントなんです、先輩が無理やり……」

ウオミー「本当なんですか?」

アリア(先輩、なんで!!)

タカトシ(津田君、ちゃんと合わせて、私がやったって)


75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:10:28.91 ID:ZYmwEcf4o

アリア「ち、違う……津田君が無理やりしたんです!」

シノ「津田!!」

タカトシ「違うの!!先輩が誘惑してやらせたの!!」

スズ「ん?なんかおかしい……」

ウオミー「シノっち、少し冷静に聞いた方が……」

シノ「えっと……」

アリア「ごめんなさい、俺やっぱりこのまま先輩を悪者なんてできません!!」

タカトシ「……人が良すぎるよ」

アリア「あの、聞いてほしいことが……」


76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:11:00.31 ID:ZYmwEcf4o

シノ「なっなっ」

ウオミー「なんだってー」

スズ「リアクション薄い!?」

タカトシ「ごめんね、シノちゃん黙ってて……」

アリア「すいませんでした」

シノ「ま、まさかそんなことがあるのか?」

スズ「友人として発言しますが、やりかねません」

アリア「早く言っておけば……」

シノ「いや、仕方ないだろう、私でも黙っていた」

ウオミー「……あの、昨日の夜ももしかして、あれは……」

タカトシ「ごめんねー」

ウオミー「~~~~~っ///」

シノ「ウオミー落ち着け!!早まるな!!」


77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:11:32.05 ID:ZYmwEcf4o

スズ「あれ、さっきのもまさか」

タカトシ「ごめんねースズちゃん」

スズ「があああああああああああ!!」

シノ「昨日……あ……」

タカトシ「はは、ごめんね」

シノ「にゃああああああああああああああああああ!!!」

アリア「何したんだよ!!いったい!!」

シノ「ま、まあ事情は分かった、しかし明日までその状態か?」

アリア「はい……」

シノ「新鮮なアリアだな……」

アリア「ふざけないでください」

シノ「ふむ……仕方ない、アリア!」

タカトシ「こっちだよー」

シノ「あ、そっか、アリア、今日はお前も津田の家に泊まれ」

アリア「え」

シノ「その代わり、私たちも泊まる」

スズ「了解です」

タカトシ「別にいいよー?私だけで」

シノ&スズ&ウオミー「見張らないと危険だ!!!」

タカトシ「あらら」

アリア「ややこしいことに……」


78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:11:57.99 ID:ZYmwEcf4o

タカトシの家

コトミ「わー!今日はたくさんだねー!」

シノ「うむ、お邪魔するぞ」

ウオミー「どうぞどうぞ」

アリア「いや、お姉ちゃんの家では……」

コトミ「お姉ちゃん?」

アリア「あ、えっとこれはー」

コトミ「なるほどー……七条先輩、タカ兄に嫁ぐ気満々なんですねー」

アリア(馬鹿でよかった……)

シノ「それは聞き捨てならんぞ!!」

タカトシ「えっとー、一昨日きやがれー!」

スズ「早く入りましょう」


79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:12:24.62 ID:ZYmwEcf4o

シノ「しかし、コトミには言わなくていいのか?」

アリア「なんかいろいろとまずいと思うんで、多分バレないですからいいですよ」

スズ「いいのかしら」

アリア「いいんだよ」

タカトシ「あ、それじゃあ私着替えてくるね」

スズ「そういえば、着替え」

アリア「さっき出島さんに言ったら皆の分の着替えを……」

スズ「何者……」

シノ「ならば、私たちも……、ん?着替え……?」

アリア「どうしました?」

シノ「そういえば、今日体育で……」

アリア「……あ」

シノ「……っ!!」ポカポカ

アリア「痛いです!会長!!」


80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:12:54.15 ID:ZYmwEcf4o

スズ「とにかく着替えましょう」

タカトシ「じゃあ後でねー」

シノ「……アリアというより津田の着替えは」

アリア「あ、えっと、皆さんが終わった後に……」

ウオミー「一人で七条さんの身体を堪能するというわけですね」

アリア「違う!!」

シノ「そ、それはダメだ!アリアの身体を見ていい権利など!!」

スズ「……津田、あんた昨日お風呂は?」

アリア「入ったけど?」

スズ「会長、こいつ縛っておきましょう」

シノ「うむ」

アリア「待ってー!」


81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:13:20.56 ID:ZYmwEcf4o

ウオミー「というわけで、目隠しをしたので着替えさせましょう」

シノ「おー」

アリア「あの、これはいいのでしょうか……」

スズ「仕方ないでしょ」

アリア「えー……」

シノ「とにかく着替えだな、しかし……」

スズ「……でかい」

アリア「何見てんだ!あんたらも!!」

シノ「改めてみるとすごいな……」

スズ「羨ましい……」

ウオミー「貧乳方々に対してのダメージがオーバーキルですね」

シノ「……ウオミー、お前、それ自分入ってないだろう」

ウオミー「てへ」

シノ「貴様ー!!!」

アリア「寒いから早くしろよ!!」


82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:13:47.86 ID:ZYmwEcf4o

アリア「ふぅ……」

シノ「これでいいな」

アリア「ありがとうございます……あれ、なんか違和感が……」

シノ「あぁ、下着は穿いてないぞ、アリアだからな!」

アリア「何考えてんの?」

タカトシ「終わったかなー?」

スズ「はい、一応」

タカトシ「あ、ちゃんと下着は脱がせてくれたんだね!」

シノ「ああ!」

アリア「わかんの!?」


83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:14:28.57 ID:ZYmwEcf4o

リビング

アリア「んー、これくらいでいいかな」

ウオミー「そうですね、あまり具材を小さくしすぎても美味しくないですし」

コトミ「七条先輩がキッチンに……」

スズ「確かにこの光景は珍しい……」

タカトシ「失礼だなー」

コトミ「タカ兄、なんだか七条先輩のフォローするねー?」

タカトシ「えっとーこれは……」

コトミ「やっぱり繋がった!?」

タカトシ「違うよー、まだ膜はあるよ?」

コトミ「!?」

スズ「はーい、黙りましょうねー」


84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:14:56.31 ID:ZYmwEcf4o

シノ「スープはもう出来たぞ」

アリア「早いですね、ありがとうございます」

シノ「なんだかその姿で敬語を使われると、おかしな感じだな」

アリア「あ、そういえばそうですね」

シノ「うむ、コトミにもバレるといけないからな、今はアリアのように話していいぞ」

アリア「え、えっと、わかったよ、し、シノちゃん」

シノ「……///」

コトミ「なんで天草会長にやけてるんだろう?」

タカトシ「なんだろうねー」

ウオミー「では私に対しても」

アリア「え、えっと、魚見さん」

ウオミー「やっぱりやめましょう」

アリア「えー」


85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:15:27.61 ID:ZYmwEcf4o

イタダキマース

コトミ「んーカレー美味しい」

アリア「人数が多いとやっぱりカレーが楽だからね」

スズ「でも量が多いんじゃ……」

アリア「いやー、でも何杯でもいけちゃうから大丈夫だよー」

タカトシ「だ、ダメー!!」

アリア「え?」

コトミ「七条先輩?」

タカトシ「津田君、私の身体太って返されても困っちゃうよ?」ボソッ

アリア「あ、……すいません、なるべく抑えます……」ボソッ

コトミ「タカ兄、あんな積極的だっけ……」

シノ「いちゃいちゃするなー!」


86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:15:57.12 ID:ZYmwEcf4o

シノ「さて、片づけも終わったな」

アリア(んー、これ後で腹減りそう……)

ウオミー「はい、終わりました」

スズ「完璧です」

タカトシ「あ、会議の前にお手洗い行ってくるね」

シノ「ああ、いいぞ」

タカトシ「ではちょっと失礼」

シノ(……トイレ……?まさか……)

シノ「わ、私も勉強のために行っていいか!!」

アリア「ダメに決まっているでしょう!!」

ウオミー「しかし、気にはなりますね、異性の身体の仕組みは体験しないとわからないことが多いですから」

スズ「……いや、体験はいいのでは」

シノ「そういえば……津田、お前、トイレは……」

アリア「ぐっ……///」


87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:16:25.69 ID:ZYmwEcf4o

ウオミー「お姉ちゃん悲しいわ、そんなに興味があるなら、いつでも……」

スズ「急にエロゲーみたいな台詞になるな!」

シノ「しかし、まあ仕方ないことだが……」

アリア「い、いや、俺も興味ないわけではないですけど、そういう気持ちは……」

ウオミー「まあこれで、初めてでも穴を間違えることはありませんね」

シノ「うむ、確かに」

アリア「なんで納得してんの!?」

シノ「しかし、そっちの穴じゃないよ、というお姉さんプレイは出来ないな」

ウオミー「残念」

アリア「あんたらが残念だよ!」


トイレ

タカトシ(ふぅ……、やっぱりこれ癖になりそうぉ)


88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:17:00.74 ID:ZYmwEcf4o

シノ「よし、戻ったところで会議に入る」

アリア「えっと、そういえば何の……」

シノ「これより、入浴会議を始める!!」

タカトシ「おー!」パチパチ

アリア「え、あの、風呂なら、皆さんが先でいいですよ?」

スズ「何もわかってないわね、あんた」

アリア「え?」

スズ「……」

スズ(七条先輩に偉そうにできるなんて、なんだか新鮮……)

アリア「萩村?」

スズ「はっ!」

ウオミー「タカ君、まさか一人でお風呂に入ろうと思ってましたか?」

アリア「え?」


89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:17:41.29 ID:ZYmwEcf4o

ウオミー「今のタカ君は七条さんの身体、やはり殿方に裸体を見られるのはよくないこと」

シノ「その通りだ!」

スズ「それくらいわかりなさいよ」

アリア「確かに……ごめんなさい」

スズ(津田には刺激が強すぎて、元に戻った後、あっさり七条先輩に落ちてしまう……)

シノ(これ以上アリアの身体を堪能しては、その後も身体の関係を続けてしまう!!)

ウオミー(七条さんの身体のせいで、私の身体を見たときにがっかりされてしまう!!)

タカトシ(わー、皆の心の声が聞こえるー)

タカトシ「別に私は構わないよ?」

シノ&スズ&ウオミー「ダメ、ゼッタイ!」


90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:18:55.80 ID:ZYmwEcf4o

シノ「では、本題だ、そのため身体を洗う者を一人選ばなくてはならない!」

ウオミー「……」ゴクリ

コトミ「あれ?タカ兄?これ何の会議してるの?」

タカトシ「えっとー、七条先輩と一緒にお風呂に入るのは誰かーを決めてるよ」

コトミ「面白そう!私もやるー!」

シノ「コトミはさっさと入ってこーい!!」

コトミ「ええええ!!」

スズ「さて、どうしましょうか」

シノ「ま、まあ、なんだ、ここはやはり生徒会長として私がだな」

ウオミー「いえ、私はお姉ちゃんですから、ここは私が」

スズ「先輩方に任せるのもあれですから、ここは私にお任せを!」

アリア(何、この流れ)


91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:19:24.03 ID:ZYmwEcf4o

シノ(ここは何としてでも、一緒に入る……!!)


シノ「ほら、津田、お前はちゃんと目を閉じていろ」

アリア「あ、はい……」

シノ「しっかりと洗わなくてはな」

アリア「あ、あのっ、会長、触り方が……」

シノ「こんなことで感じるなど、ダメだぞ!津田!」

アリア「は、はい……」

シノ「まったく、ただ洗っているだけだぞ?」

アリア「そ、そうなんですがっ……、なんで手で直に……」

シノ「女の身体はデリケートだからな、ここは特に」

アリア「あんっ!」



シノ(これで津田を落とす!!)


92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 02:19:51.78 ID:ZYmwEcf4o

スズ(二人に任せたら危険だわ……ここは絶対に私が)


スズ「ほら、津田、滑るから気を付けて」

アリア「うん……ごめんな、いろいろと」

スズ「いいのよ、これくらい」

アリア「でも、こうやってお互い裸でいるってなんだかおかしいな」

スズ「そ、そうね」

アリア「でも萩村なら安心できるよ」

スズ「そ、そう、ならよかったわ」



スズ(ふふ……ふふふ……)


96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:10:06.71 ID:ZYmwEcf4o

ウオミー(ここでは私が……)


アリア「やっぱり何も見えないと怖いですね」

ウオミー「大丈夫、しっかり洗ってあげるから」

アリア「ありがとう、お姉ちゃん」

ウオミー「よいっしょっと」ギュッ

アリア「え?」

ウオミー「どうですか、タカ君」ギュッギュッ

アリア「お、お姉ちゃん、む、胸が!!なんて洗い方を!?」

ウオミー「ふふ……私、結構大きいんですよ?」

アリア「お、お姉ちゃん……」

ウオミー「元に戻ってもしてあげるね?」



ウオミー(これで)


97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:10:35.69 ID:ZYmwEcf4o

シノ「よ、よし、選べ津田!!」

アリア「えー!俺が!?」

スズ「当たり前でしょ」

アリア「いや、でも」

ウオミー「では、じゃんけんでいきましょう」

アリア「じゃんけん!?」

シノ「し、仕方ない、いいな、恨みっこなしだぞ」

スズ「ええ」

ウオミー「もちろん」

シノ「最初はグー!じゃんけん!」

タカトシ「あのー、私一緒に入るよ?」

シノ「」

スズ「」

ウオミー「」


98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:11:17.10 ID:ZYmwEcf4o

シノ「な、何を言っているのだアリア!」

スズ「そ、そうですよ!」

タカトシ「だって、私の身体だもんー」

ウオミー「ですが、男女で入浴はやはり」

タカトシ「んーでもほら、間違って津田君に皆の裸見られたら困るでしょ?」

シノ「くっ……」

スズ「っ……」

ウオミー「むっ……」

タカトシ「私なら見られても、問題ないし」

アリア「ま、まあ確かに」

シノ「いやっ!しかしだな!!」

タカトシ「さあ、じゃあ津田君、準備しよっか」

アリア「あ、は、はい……」

シノ&スズ&ウオミー「orz」


99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:11:53.11 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「えっと、これでいいかな」

アリア「あ、はい、見えないです」

タカトシ「皆がうるさくて、ごめんね」


シノ「メカクシー!!

スズ「メカクシー!!」

ウオミー「メカクシー!!」


アリア「いえ、仕方ないですよ」

タカトシ「じゃあ脱がすね」

アリア「はい」


シノ「変なことしないだろうな……」

ウオミー「見えませんね」

スズ「……コトミ、どこか見える場所は!!」

コトミ「え、さ、さすがにお風呂は……」

コトミ(なんで止めないの!?公認!?公認なの!?)


100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:12:23.11 ID:ZYmwEcf4o

風呂

タカトシ「気を付けてねー」

アリア「は、はい」

タカトシ「うーん」

アリア「ど、どうしました?」

タカトシ「こうやって改めて自分のから見ることってあまりないから新鮮だなーって」

アリア「なるほど……」

タカトシ「んーお尻ちょっと大きくないかな?」

アリア「い、いやっ!そんなことはないですよ!!」

タカトシ「そう?あ、こんなとこにホクロあったんだ」

アリア(なぜだろう、すごい恥ずかしい……)


101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:13:29.12 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「じゃあ先に髪洗うね」

アリア「は、はい」

タカトシ「結構時間かかるんだよね、髪の毛洗うの」

アリア「そうですよね、これだけ長いと」

タカトシ「いつもは洗ってもらうんだけど、改めてこうやって洗うことってないからいい経験かな」

アリア「そういうものですか……」

タカトシ「うん、ふふ♪」

アリア「やっぱり人に洗ってもらうの気持ちいい」



シノ「気になる、すごい気になる」

ウオミー「私も」

コトミ「ふ、2人ってやっぱり付き合ってるんですか!?」

スズ「んなわけあるか!!!」

コトミ「怒られた!?」


102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:13:58.43 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「じゃあ次身体ね」

アリア「は、はい」

タカトシ「そんなに緊張しなくていいよ?」

アリア「わ、わかりました」

タカトシ「それとも洗ってて感じちゃう?」

アリア「そんなことないです!!」

タカトシ「ふふ、じゃあ洗うよー」

アリア(……手なんだやっぱり……触られてるのがなんだか……)

アリア「……っ」

タカトシ「あ、ごめんごめん」

アリア「だ、大丈夫です」

タカトシ「んー、やっぱり視界ゼロだろ感じやすいのかなー……」

タカトシ「目隠しとる?」


103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:15:13.15 ID:ZYmwEcf4o

アリア「へっ!?ダメですよ!!」

タカトシ「でも私の身体だし、それにもう見ちゃってるでしょ?」

アリア「いやっ!でも!!」

タカトシ「私が許可するからいいの、えい!」バッ

アリア「あ……、あわわ……///」

タカトシ「目つぶったら一緒だよー」

アリア「で、でも……」

タカトシ「じゃあ前見れば大丈夫だって」

アリア「は、はい……」

アリア(む、胸が視界に……ってか鏡!!)

タカトシ「♪」


104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:15:46.99 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「いいんだよー恥ずかしくないからー」

アリア「いや、しかしですね……!」

タカトシ「ふふっ、洗うよー」

アリア「悪化してる気がするんですが……」

タカトシ「なんだか、こうして鏡見ると津田君が私に悪戯してるみたいだねぇ」

アリア「や、やっぱり!!目隠しします!!///」バッ

タカトシ「もうー、いいのに、それに……」

アリア「え?」

タカトシ「私は鏡見ちゃうから興奮しちゃうよ?」ボソッ


シノ「え、エロ電波だ!エロ電波を感じる!!」

ウオミー「父さん、風呂場からです」

スズ「除霊を開始しますか」

コトミ「この左手の封印を解くときが……」


105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:16:27.89 ID:ZYmwEcf4o

アリア「な、何を!?」

タカトシ「だって、目隠ししてる私が津田君に触られてるんだよ?こことか」

アリア「ひっ!んっ!!」

タカトシ「……こんな体験滅多にないよー」

アリア「だめっ、んんっ!ふぁ……」

タカトシ「弱いところもわかってるし」

アリア「んんっ!!!」

タカトシ「あ、イッちゃった?」

アリア「せ、先輩、ダメですって!!」

タカトシ「ふふ、あとねー」

アリア「~~~~~っ!!!」

タカトシ「ね?お尻って気持ちいいでしょ」


106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:16:59.43 ID:ZYmwEcf4o

アリア「わ、わかりました!もうわかりましたから!!」

タカトシ「そう?」

アリア「は、はい!もう充分!!……あの、先輩……」

タカトシ「なーに?」

アリア「何か背中に当たる熱いものはもしや……」

タカトシ「ふふ」

アリア「俺のあれですか……」

タカトシ「おっきいねぇー」

アリア「うわあああああああああああ!!!」


シノ「ひ、悲鳴!?」

コトミ「七条先輩の悲鳴!!何事!!?」

ウオミー「いきましょうか」

スズ「い、いや、しかし!」


107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:17:34.15 ID:ZYmwEcf4o

アリア「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

タカトシ「生理現象だよ、津田君?」

アリア「いや、なんかホント、あーもう死にたい!」

タカトシ「でもホント大きいよね、昨日あれだけしたのに」

アリア「へ?」

タカトシ「あ」

アリア「……したってまさか……」

タカトシ「……4回だよ?」

アリア「何してんですかー!!!」

タカトシ「つ、つい!」

アリア「あーもう、嫌だーホント死にたい……」

タカトシ「大丈夫!すごい元気だったし!生殖に問題はないよ!」

アリア「きいてねえええええええええ」


シノ「こ、これって悲鳴か……?」


108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:23:22.47 ID:ZYmwEcf4o

アリア「とにかく、鎮めてください!」

タカトシ「え、ここで抜くの?」

アリア「違います!!落ち着けばいいんですよ!」

タカトシ「あ、そうなんだ」

アリア「当たり前でしょ!?」

タカトシ「んーでも、なんだかどんどん大きく……」

アリア「なっ……で、でか」

タカトシ「でしょー?」

アリア「……え、こういう時どういう顔すればいいんだろ」

タカトシ「ねぇねぇ、津田君?」

アリア「なんですか?」

タカトシ「胸で挟んでみてくれる?」

アリア「……は?」


109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:24:13.16 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「いや、その、勉強のために」

アリア「何言ってんですか、あなたは!」

タカトシ「じゃあこれで私の身体見たのをチャラで」

アリア「なっ!?」

タカトシ「ちょっとだけ、ね?」

アリア「……キスもまだなのになんて経験してるんだ、俺の身体……」

タカトシ「まあまあ」

アリア「……こ、こうするんですかね…・・」

タカトシ「もっと屈んで……」

アリア「う……こうかな」

タカトシ「おおおおお、すごい!これがパイズリ!!」

アリア「感動しすぎでしょ!ってか普通反応逆じゃ!?」


110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:24:44.52 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「なるほど、これは確かに、気持ちいいかもぉ」

アリア「も、もういいですよね」

タカトシ「んー、津ー田君っ」

アリア「へっ?」

タカトシ「気持ちいいこと、しよ?」

アリア「ダメですって!!」

タカトシ「いいでしょー、ほらここトロトロだし!」

アリア「中かき回しちゃ……あんっ!!」

タカトシ「津田君のマグナムが私の下のお口に入れたがってるよ!!」

アリア「いやぁ!!」

タカトシ「いただきまーす♪」


シノ「まてええええええええええええい!!」

コトミ「タカ兄が七条先輩を犯してるううううううううううううううう!!!」


112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:25:27.61 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「はは、ごめんね」

シノ「謝ってすむかー!!」

タカトシ「まだ入ってないよー、ホント先っちょだけ」

アリア「うぅ……」

ウオミー「よしよし」ナデナデ

スズ「コワカッタネー」

コトミ(修羅場!)

シノ「津田もちゃんと抵抗しろ!!」

アリア「そんなぁー無理ですよー」

コトミ「?」

アリア「男怖い男怖い……」

スズ「会長ーなんか変なトラウマになったみたいです」

ウオミー「女の子が怖くなるよりはいいのでは?」

シノ「うむ」

コトミ(え、まさか、七条先輩がモテモテ!?)

タカトシ「いやぁ、自分のああいう姿ってあまリ見れないからー」

シノ「しかしだなー……」

ウオミー「やはり私と一緒に入るべきでした……」

シノ「うん、それも怖いんだけどね」

ウオミー「ちぇー」


113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:26:03.63 ID:ZYmwEcf4o

シノ「まあいい……温まったらとりあえず出ろ」

タカトシ「はーい」

アリア「あ、もう出ます……」

ウオミー「ダメです、ちゃんと湯船に入ってください」

タカトシ「洗ってるからその間入ってていいよー」

コトミ(なんだろ、なんかおかしいー)

シノ「うむ、では……」

タカトシ「ん?」

シノ「……」

タカトシ「ほれー」バッ

シノ「うほおおおおおおおおおお」

アリア「やめろおおおおおおお!!」


114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:26:31.42 ID:ZYmwEcf4o

シノ「ふぅ……」

ウオミー「最近の携帯はすごいですね」

シノ「……後で送ってくれ」

ウオミー「b」

スズ(ダメだ、この人たち)

コトミ(なんか、タカ兄が七条先輩っぽくて、七条先輩がタカ兄っぽい……)

コトミ(もしかして!!)

コトミ「スズ先輩!あの二人もしかして!」

スズ「あーさすがに気付くかー」

コトミ「錬金術によって代償を!!」

スズ「……うん、もう寝よっか」


116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:26:52.18 ID:ZYmwEcf4o

リビング

アリア「なんだか疲れた……」

タカトシ「お疲れ様」

アリア「誰のせいですかー」

タカトシ「ふふ」

スズ「お風呂、最後いただきました」

シノ「……」

スズ「あの会長どうしたんですか?」

ウオミー「私と一緒に入ったのですが、それ以来こんな感じで」

シノ「やはり理不尽だ、あのキャラであの胸は……」

スズ「会長ー!!」


117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:27:21.17 ID:ZYmwEcf4o

シノ「まあ落ち着いたことだし、そろそろ寝るか……」

アリア「えっと、部屋割どうしましょう、さすがにこの人数は……」

タカトシ「あーそっかーうーん」

シノ「津田とアリアは同部屋禁止」

タカトシ「えー」

ウオミー「前科は信用性を失います」

コトミ「あ、じゃあタカ兄と私が寝るよー」

スズ「それならいいのではー?」

タカトシ「うーん、じゃんけんで決めたら?」

シノ「じゃんけん……」


118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:27:51.64 ID:ZYmwEcf4o

シノ「じゃーんけん!」

「ポイ!!」

シノ「うおっしゃああああああああああああ!!!」

ウオミー「くっ」

スズ「ちっ」

コトミ「あららー」

アリア「あーまずそうーすごいまずそうー」

タカトシ「じゃあ、会長と、だね」

シノ「ま、まあ仕方ないなー!」

スズ「顔がにやけてるー」

シノ「歯を磨いてくるぞー!」

アリア「す、スキップしてる……」

タカトシ(シノちゃん、さすがにそれはわかりやすすぎるよー)


119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:28:19.26 ID:ZYmwEcf4o

スズ「じゃあ私はコトミの部屋で寝ますね」

コトミ「おやすみなさーい」

ウオミー「では、タカ君行きましょう」

アリア「は、はい」

コトミ「タカ兄は会長とだよ?」

スズ「もういいから寝ようねー」

タカトシ「それじゃあ寝ようか、シノちゃん」

シノ「お、おう……」


120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:29:03.68 ID:ZYmwEcf4o

タカトシの部屋

タカトシ「シノちゃんと寝るのは何度もあるけど、変な感じだねー」

シノ「そ、そうだな」

タカトシ「どうしたの?」

シノ「い、いや、別に」

タカトシ「んー、あー、……シノ」ボソッ

シノ「ひゃっ!!」

タカトシ「ふふ、津田君の声で下の名前は照れるんだー、可愛いー」

シノ「か、からかうなー!!」

タカトシ「ねーシノちゃん、よかったら一緒に寝よ?」

シノ「一緒って……い、いや、それは!!」

タカトシ「おいでー」

シノ「……」スタスタ ポスッ

タカトシ「♪」


121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:29:32.65 ID:ZYmwEcf4o

シノ(こ、これは……ちょっと緊張するとか言うレベルでは……)

アリア「シーノちゃん♪」ギュッ

シノ「だ、抱き着くなー!」

アリア「女の子同士だよーいいでしょー」

シノ「か、身体は津田だろうがー!」

アリア「いいからいいからー」

シノ「ちょっ、そんなとこ触るなっ……んっ……」

アリア「私だけ良い思いしちゃったから、ね?」

シノ「だからと言ってだなっ!」

シノ(つ、津田の声と、津田の手が……だ、ダメだぁ……)



ウオミーの部屋

ウオミー「タカ君、女の子同士ですから」

アリア「いやいや!!ダメですって!!」


122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:30:39.13 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「やっぱり、これも百合なのかな?」

シノ「た、多分、そうだろうな、んっ」

タカトシ「シノちゃん、ここ弱いの?」

シノ「いやっ!くぅ……ずるいぞ、アリア」

タカトシ「ふふ……」

シノ「私もお返しだー!!」

タカトシ「ん?いいよー?」

シノ「はぅ……」

タカトシ「どうしたの?触らないの?」

シノ「う……」


ウオミーの部屋

アリア「やっ……!ちょっ!」

ウオミー「この胸が憎い……」


123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:31:10.34 ID:ZYmwEcf4o

コトミ「な、なんか両隣の部屋から声が……」

スズ「寝なさい」

コトミ「す、スズ先輩!私たちも!!」

スズ「寝なさい」

スズ(私、なんか運がないな……)


124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:32:04.45 ID:ZYmwEcf4o

タカトシの部屋

タカトシ「どうしたのかなー?」

シノ「も、もういい!!」

タカトシ「あー、ごめんってー」

シノ「……アリア、少し聞いてもいいか」

タカトシ「ん?」

シノ「津田のことは、そのどう思ってる……」

タカトシ「どうって?」

シノ「だ、だからだな……」

タカトシ「可愛いと思ってるよ?」

シノ「そ、その、好きとかは……」

タカトシ「……秘密」

シノ「なっ!」

タカトシ「恋愛感情か、ちょっとわからないんだよねー」

シノ「そ、そうか……」


125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:32:32.44 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「うーん、でも好きになったらライバル同士になっちゃうのかー」

シノ「なっ!な!?」

タカトシ「いいよー、隠さなくてー」

シノ「む……うむ///」

タカトシ「それでも友達でいてくれる?」

シノ「……当たり前だろう、私とアリアは親友だ」

タカトシ「ありがとー!」

シノ「だから抱き着くなと……おい、アリア、当たってるんだが」

タカトシ「あ、ごめんごめん、なんか勝手になっちゃうんだよねー」

シノ「そ、そうなのか?」

タカトシ「うんー、ほら」

シノ「お、おぉ……」

タカトシ「見る?」

シノ「見る!!」


126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:33:05.92 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「えっと、これがまだ半分くらいかな」

シノ「半分!?これでか!!」

タカトシ「そうそう、それで、こうすると」

シノ「うおおお、お、大きくなってるー!!」

タカトシ「こ、これがマックスかなぁ」

シノ「す、すごいな、男の身体は」ツンツン

タカトシ「あっ、触っちゃダメだよー」

シノ「す、すまん、つい……」

タカトシ「これって平均サイズなのかなぁー?」

シノ「い、いや、どうだろうか、かなり……」

タカトシ「んー、もっと大きくは……」

シノ「な、なんか出てきた!!これが我慢汁なのか!?」


127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:33:32.23 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「あっ、そうかもー!」

シノ「ほうほう」サワサワ

タカトシ「だからっ、触ると……」

シノ「おぉ、まだ大きく!!」サワサワ

タカトシ「やっ」ドピュ

シノ「のわあああああああああ、出たああああ!!」

タカトシ「あーまたやっちゃった」

シノ「また!?」


ウオミーの部屋

ウオミー「タカ君、この穴が……」

アリア「も、もうっいいですからぁ……んっ、あんっ」

ウオミー「このように濡らしてから入れるんですよ?」

アリア「わ、わかりましたからっ!!んんっ!!」


128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:34:24.19 ID:ZYmwEcf4o

早朝

コトミ「おはよーございまーす」

スズ「まだ暗い……」

コトミ「それではこれより、寝起きドッキリをしようかと……

スズ「私まで付き合わされるなんて……」

コトミ「まあまあ、それでは最初に、お姉ちゃんの部屋からー」

スズ「津田の部屋じゃないの?」

コトミ「メインは最後じゃないと、視聴率視聴率ー」

スズ「どういうことよ」

コトミ「わがままボディの美少女が二人眠る部屋に突入ー……」

スズ「とつにゅー」


129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:34:49.80 ID:ZYmwEcf4o

ウオミーの部屋

コトミ「よく寝てますねー」

スズ(……なんで下着が落ちて……)

コトミ「おや?どうやら二人で同じ布団に入っているようですー」

ランコ「いい寝顔ですねー」

スズ「え、んぐぐぐぐ!!」

ランコ「起きちゃいますよー」

コトミ「どうしてここに?」

ランコ「こんなイベント私を呼ばないとは何事ですか」

スズ(ふ、不法侵入だ!!)

ランコ「ではまず寝顔を」パシャ

コトミ「それでは……おや、これは……パジャマ?」

ランコ「ほほう」パシャ

スズ(布団を開けてはいけない気が!)


130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:35:15.49 ID:ZYmwEcf4o

コトミ「それでは……静かに……」

スズ「……」ゴクリ

ランコ「……」ダラッ

コトミ「……こ、これは!!」

ランコ「ほほう」パシャパシャ

スズ(な、何やってんだこの二人はあああああああああ!!)

コトミ「は、裸で、抱き合ってます……、布団にはし、シミが……」

ランコ「決定的ですねー」

スズ「起きろやあああああ!!!」

ウオミー「ん……」

アリア「……え?」

ウオミー「キャッ」

アリア「どわああああああああああああああああああ!!!」


131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:35:50.25 ID:ZYmwEcf4o

ランコ「ほほう、いいですねー」パシャパシャ

アリア「ふ、服ー!!」

ウオミー「顔を隠さないと……」

スズ「それより、その下かくしてー!」

コトミ「完全に事後ですね、わかります」

ウオミー「昨日は……激しかったです」

アリア「何言ってんのー!?」

ウオミー「本当じゃないですか」

アリア「一方的にやられてただけな……」

スズ(津田ああああああああああああ!!!)

コトミ「女の子同士は最高だぜ!!」

ランコ「いい写真が、これは売れる!」


132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:36:20.97 ID:ZYmwEcf4o

コトミ「はい、それでは次はタカ兄の部屋です」

ウオミー「おはよーございます」

スズ「ノリノリやん」

アリア「なんで関西弁!?」

コトミ「ここは禁断の会長と副会長、何かあるのではないでしょうかー!」

ランコ「お二人の噂は校内でも広まってますからねー、主に副会長に脅迫文はよくあるとか」

ウオミー「大変楽しみですね」

アリア(何もしてませんよーに、何もしてませんよーに!)

コトミ「それではー」

スズ「とつにゅー!」


133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:38:28.98 ID:ZYmwEcf4o

タカトシの部屋

コトミ「さてさて……う、これは……」

スズ「く、臭い」

アリア(この臭いは……)

ウオミー「……ナイススメル」

コトミ「ど、どうしよう、緊張してきた」

ランコ「まずはこのアングルで……」パシャ

ウオミー「おや、隊長、こんなものを」

スズ「わ、私なの?」

コトミ「これは……ティ、ティッシュ!!」

ウオミー「しかも結構な数ですが……」

スズ「あわわわ……」

アリア(え、うそ、やっちゃった!?)


134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:38:55.42 ID:ZYmwEcf4o

コトミ「ふ、二人は……」

ランコ「服は着てますが、やはり、一緒に寝てますね」パシャ

ウオミー「むー」

アリア「もう起こしていいですかね」

スズ「……か、会長から臭いが……」

コトミ「え?……ま、まさか……」

ウオミー「めくりましょう……」

アリア「……」

コトミ「……こ、これは!!」

ウオミー「タカ君のタカ君がこんにちは」

アリア「見るなあああああああああああ!!!」


135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:39:39.00 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「ん……」

シノ「ん……」

ランコ「あら、起きちゃった」パシャ

コトミ「おはよーございまーす」

タカトシ「あ、おはよー」

シノ「……朝か」

アリア「何してんですか!二人は!!」

タカトシ「え?……あぁーこれかー」

ウオミー「シノっち、それはよくないです」

シノ「勘違いするな!私はまだ処女だし、津田の身体は童貞だ!」

アリア「」

コトミ「え、じゃ、じゃあ……」

タカトシ「んー、いっぱい出しちゃったー」


136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:40:11.04 ID:ZYmwEcf4o

アリア「さあ、何をしたか白状してもらいましょうか……」

ランコ「あ、ビデオ回しますねー」

タカトシ「えっとー……」



シノ「まだ出るのか!」

タカトシ「うんー男の子ってすごいよねー」

シノ「うほおおお、出る出る」

タカトシ「あっ、もうっ」

シノ「ひゃっ、ぶ、ぶっかけか!これが!!」

タカトシ「ふふっ、ほれほれー」

シノ「に、苦いな、髪にはかけるなよー!」

タカトシ「ホントこれいいぃ……」



シノ「ってな感じでな」

アリア「あんたら、性に素直すぎるでしょ!!」


137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:40:42.37 ID:ZYmwEcf4o

アリア「俺の身体汚されちゃったよ……」

シノ「いや、汚されたのは私の顔だぞ」

アリア「知りませんよー、もうお風呂どうぞ」

シノ「うむー」

タカトシ「あ、私もー」

アリア「もう好きにしろおおおおおおおお」

スズ「自暴自棄」

ウオミー「萩村さん、いまならいけますよ」

スズ「何かは聞きません」


138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:41:14.90 ID:ZYmwEcf4o

アリア「ホントに今日、元に戻れるんでしょうか……」

スズ「いやーさすがにもう耐えきれない」

ウオミー「私はまだまだ大丈夫ですよ」

ランコ「これはいい絵が撮れました、じゃ」

コトミ(さっきから何の話だろー?)


風呂

アリア「キャッキャ」

シノ「キャッキャ」


139: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:41:47.49 ID:ZYmwEcf4o

アリア「さて、着替えも済んだし、行きますよ」

タカトシ「はーい、元に戻るとなるとちょっと寂しいねー」

アリア「もういいですよ……」

スズ「ちゃんと出来てるのかな、ネネのやつ」

コトミ「どこ行くのー?」

ウオミー「学校ですよ」

コトミ「学校?」

アリア「ギャグ漫画なら、この後また何か起きるんだろうなー」


140: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:42:36.73 ID:ZYmwEcf4o

学校 ロボット研究会部室

ネネ「あ、こんにちはー」

シノ「ちゃんと来てるじゃないか」

ネネ「もちろんですよ!」

タカトシ「あ、これ?」

ネネ「はい、試作品から改良してみました」

アリア「やっと戻れる……」

ウオミー「しかし、どういう仕組みなんでしょう……」

スズ「そこは触れない感じで」

アリア「先輩ではいきますよ」ギュッ

タカトシ「うん♪」ギュッ

シノ「なんだかすごい光景だな」

ピカーッ


141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:43:08.20 ID:ZYmwEcf4o

タカトシ「ん……」

アリア「んー?」

シノ「ど、どうだ?」

タカトシ(タカトシ)「……戻ったあああ!!」

アリア(アリア)「うん、この重み、戻ってるよ」

スズ「なんか喧嘩売られてんなー」

ネネ「お騒がせしましたー」

タカトシ「ホントだよ、まったく」

ウオミー「ようやく自然になりましたね」

コトミ「誰か私に説明を……」

シノ「しかし、この機械危険すぎるな……」

ネネ「とりあえずスイッチ切って保管しときますねー」

タカトシ「はぁ……よかったー……」

スズ「あれ、終わらない?」


142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:43:38.11 ID:ZYmwEcf4o

アリア「ふふ、津田君の身体もよかったけどなー」

タカトシ「な、何言ってるんですか!」

アリア(ふふ、もう少し楽しみたかったなぁ)

タカトシ「ん?」

アリア「どうしたの?」

タカトシ「いえ……」

アリア(シノちゃんには悪いけど、本気で狙っちゃおうかなぁ)

タカトシ「は、はい!?」

アリア「え?」

タカトシ(……これ、もしかして聞こえてます?)

アリア「あ、聞こえるよー」

シノ「何がだ?」

タカトシ「……これ……まさか……」

タカトシ(心の声聞こえてるううううううううう!!)

アリア(おーすごーい!)


143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:44:04.48 ID:ZYmwEcf4o

ネネ「改良の成果かな?」

スズ「はよ直せーーー!!!」

ネネ「ごめんなさーい」

アリア(なんだかおもしろいね)

タカトシ(面白くないですよー)

アリア(さっきの聞かれちゃったかー)

タカトシ(は、はい……)

アリア(ふふっ、それでどうかな?)

タカトシ(どうって……)

アリア(また一緒にいちゃいちゃしてお風呂入る?)

タカトシ「ぐはっ」

シノ「ど、どうした!?」

ウオミー「鼻血が」

コトミ「誰か状況を説明してええええええええ!!」

スズ「終われ!」


144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 10:44:40.67 ID:ZYmwEcf4o

終わりです





『生徒会役員共』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿