TOP > 魔法少女まどか☆マギカ > マミ「おいしい!おいしい!」

マミ「おいしい!おいしい!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 21:52:52.97 ID:8VxqEDd+O

マミ「ぶた肉いためとライスください。あとおしんこ」

店員「はい」

マミ「あ……あとスイマセン、とん汁ひとつ」


常連「持ち帰り。ライスととん汁」

マミ(持ち帰り! そういうのもあるのね)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 21:56:03.80 ID:8VxqEDd+O

マミ(ぶた肉ととん汁でぶたがダブっちゃったわね……)

マミ(とん汁も具とお肉がいっぱい)

マミ(なるほど……この店はとん汁とライスで十分なのね)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 21:58:26.03 ID:8VxqEDd+O

ハフハフ

マミ「おいしい」

ズズー パリポリ

マミ(このおしんこは正解だったわね)

マミ(漬かり具合もちょうど良くて……ぶたづくしの中ですごく爽やかな存在だわ)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:01:22.66 ID:8VxqEDd+O

常連「おばさん。ウィンナ炒めとライス」

店員「はーい」


マミ「……」

マミ(あったかくていいお店ね)

マミ(……でもお店で食べてるお客さんって、ほとんどご飯よりお酒のお客さんなのね)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:02:32.67 ID:8VxqEDd+O

マミ「おいしかった……」

マミ「お勘定お願いします」

店員「800円です」

マミ「ごちそうさま」チャリン

店員「ありがとうございます」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:04:51.90 ID:8VxqEDd+O

マミ(お腹がパンパンだわ……食べすぎちゃったかしら)

マミ「……」チラ

店員「……」常連「……」

マミ「……」フゥ…

マミ(やっぱり、私みたいな中学生が一人で入るには不釣り合いなお店だったかしら)

マミ「……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:08:14.33 ID:8VxqEDd+O

「おーい、ヤスさんいるかー」

マミ「……!」

マミ(なるほど……あれがさっきのお持ち帰りね)


「おう、ヤマさん」

「いっしょにメシ食うべえよォ」

マミ「……」


マミ(……駄目よね)

マミ(持って帰ったって、どうせ一人だもの)


《第一話・了》


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:16:35.97 ID:+h74pt0F0

キュルルル

マミ(……お腹すいたわ)

マミ(もう4時半……平日の魔女退治はこれだから困るわね)

マミ「……」

マミ(ハンバーガーって気分じゃないわね……油の匂いが今はちょっと)

マミ(牛丼屋……なんだか入りづらいわ)


マミ「あ……回転寿司」

マミ「……うん、今日はここでいいわ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:19:30.91 ID:+h74pt0F0

店員「いらっしゃーい」

マミ(パッと食べてサッと出ちゃいましょう。面倒じゃなくていいわ)

マミ(この時間じゃ学生なんていないけど……その方が気が楽でいいし)

マミ(……)コポポ… 

マミ「さて、何からいこうかしら」パキッ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:21:50.04 ID:+h74pt0F0

マミ(とりあえず順当に、定番のマグロから)カチャ

マミ(……いかにもって色してるわね)

モグ モグモグ

マミ(これで全品……130円。案外安いかしら)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:23:47.35 ID:+h74pt0F0

マミ(次は……ああ、きたわね。イカイカ)カチャ

モグ モグ

マミ(エビ……ネギトロ……)カチャ カタン

マミ(アナゴ……イワシ……)カチャ カタン


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:26:56.36 ID:+h74pt0F0

マミ(……?)

マミ(よく見たらこの店、女の人ばっかりね)

マミ(それもオバサンばっかり……)


おばさん「大トロ2枚くれる?」

店員「はい」

「こっちも大トロ」 「それとエンガワ」


マミ(大トロ……)

マミ(何かしら、みんな流れてないものばかり注文してる)


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:30:21.83 ID:+h74pt0F0

マミ「ん……?」


『タイムサービス(1時半から5時まで) 大トロ1皿130円』


マミ(なるほど、これね……)


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:33:14.40 ID:+h74pt0F0

おばさん「ここ、いいかしら」

マミ「えっ……ああ、どうぞ」カタン

マミ(またオバサンの一人客……)


おばさん「こっちも大トロ2枚」

店員「はい」


マミ(大胆にいくわね……)


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:35:35.10 ID:+h74pt0F0

マミ(まいったわね……)

マミ(なんだか私だけ損してるような気がしてきたわ)

マミ(気がついたらみんな回ってない大トロ中心に食べてる……)

マミ(……よし)


マミ「スイマセン、大トロと……それとアワビを」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:38:03.22 ID:+h74pt0F0

店員「……」


マミ(……)

マミ(……?)

マミ(返事がない……聞こえなかったのかしら)


店員「はいおまち、大トロと2枚とこちらアワビ」クルッ

マミ(まずいわね……この席、店員さんに声が届きにくいんだわ)


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:42:14.22 ID:+h74pt0F0

おばさん「スイマセン、大トロ2枚とエンガワちょうだい」

「こっち大トロ2枚と赤貝!」

「エンガワと大トロ」 「こっちも大トロとイクラ」


マミ(何なのかしら、この店……みんなサービスタイム狙いなの?)

マミ(あ……もう5時10分前)

マミ(やだ、なんだかろくなもの食べてない気がしてきた……ぼやぼやしてられないわ)


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:45:11.39 ID:+h74pt0F0

マミ「スイマセン、あの大トロ2枚と……」

「こっち大トロ2枚通ってる?」

店員「はい、ただいま」

「大トロ2枚ね」

マミ「……」


マミ(いけないわね、タイミングがずれてる……)

マミ「……!」


『ご注文のお客様へ カウンターからは声の方角がわかりにくいため、少し大きい声でご注文お願い致します』


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:50:00.34 ID:+h74pt0F0

おばさん「スイマセン! さっきから注文してるんですけど!」

店員「ハーイ、注文は大きい声でよろしくっ!」

おばさん「あたくし喉が悪いんです……スイマセン、大トロ2枚とエンガワちょうだい」

おばさん「あと、こっちの方もさっきから注文してるんですよ。もう少し聞こえるようにならないかしら」

マミ(……!)


店員「はいスイマセン、混んじゃうとどうしてもそっちの声が通らなくて……えっと、お客さん何でしたっけ?」

マミ「あ、えっと……大トロとウニ、それと……アワビください」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:53:44.79 ID:+h74pt0F0

マミ「なんだかどうも……すみません」

おばさん「いいえ、困ったときはお互い様ですよ」


マミ(……なんで注文するくらいでこんな思いしなくちゃならないのかしら)


店員「ハイ、おまち」

マミ(あ……やっと大トロにありつけるわ)

マミ「これが大トロなのね……」ヒョイ パク

マミ「うん、おいし……」モグモグ


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:57:14.68 ID:+h74pt0F0

店員「ハイ終わり! タイムサービス終わりです!」

マミ「……」モグモグ

「お勘定」 「こっちもお勘定してください」

マミ「……」モグ コクン

おばさん「じゃ、お先に」

マミ「あ……どうも」


マミ「……」ポリポリ

マミ「……」ズズー

マミ「ふう……お勘定お願いします」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 22:59:12.74 ID:+h74pt0F0

店員「11枚……1472円になりまーす」

店員「毎度ありがとうございまーす」


マミ(お寿司にしては安いわよね……)

マミ(ちょっと食べすぎたかしら)

マミ(ラストの2枚……あれがきいたわね)


91: >>87 ガリ 2011/12/21(水) 23:03:42.45 ID:+h74pt0F0

マミ「……」

ガヤガヤ…

マミ(不釣合いよね、こんな時間に……回転寿司のお店から出てくる中学生なんて)

マミ(だけど……)

マミ(あのオバサンたち……帰ってから普通にお夕飯の準備して、「いいの、お母さんは少しで」とか言うのかしら)

マミ(家族はそんなオカアサンの顔、知らないんでしょうね……)

マミ(だったら、私もオバサンたちもお互い様かしら)


≪第二話・了≫


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:15:24.13 ID:+h74pt0F0

まどか「マミさん知ってます? 近くにすっごい美味しい甘味屋さんがあるんですよ!」

マミ「そうなの? でも私は……」

まどか「絶対に気に入りますから! 行ってみてください!」

マミ「え、ええ……」


マミ(困ったわね、確かに甘いものは好きだけど……)

マミ(どちらかというと洋菓子系の方が好みなのよね)

マミ(それに、今は甘いものよりお腹が空いてるし)

マミ(……でも甘味処ならお雑煮とか煮込みうどんとか、お腹にたまるものもあるかしら)


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:19:50.17 ID:+h74pt0F0

マミ「あ……ここかしら」

マミ(「高級甘味」ってわりには小さなお店ね)

マミ(……いえ、かえってこういうお店の方がいいのかしら)

マミ(でも甘味ってお店はやっぱり入りづらいわ……なんだか敷居が高くて)ガラッ


店主「いらっしゃい」

マミ(あら……内装は純和風ってわけでもないのね。庶民的で)

マミ(これなら変に緊張しなくてすみそうね)


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:23:16.49 ID:+h74pt0F0

マミ(何にしようかしら)

マミ(鹿目さんのおススメは「豆かん」だったわね)

マミ(……それよりも空腹を満たすのが先ね)キュルル…

マミ「ん……?」

マミ(煮込み雑炊……うん、お腹いっぱいになりすぎるのも嫌だし、雑炊って気がきいてるわね)

マミ「スイマセン、この煮込み雑炊をひとつください」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:26:14.49 ID:+h74pt0F0

店主「あ……ごめんなさい、それ来月からなんですよ」

マミ「……」

マミ(がーんだわ……出鼻をくじかれた……)


マミ「じゃあ、この煮込み雑煮を」

店主「ですからごめんなさい、雑煮も来月からなんですよ。冬場だけのメニューでしてどうも」

マミ「……」


マミ「じゃあ……豆かんください」

店主「ハイ、豆かん一丁」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:29:17.77 ID:+h74pt0F0

マミ(それにしても……お腹すいたわ)キュルルルー


店主「ハイどうも、お待ちどうさま」コトッ

マミ(……シンプルね)

マミ(本当に豆と寒天だけ……かかってるのは黒蜜かしら)

マミ(……)

パク


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:32:08.47 ID:+h74pt0F0

マミ「!」

マミ(これ……これ、おいしいわ!)

マミ(豆が違うのかしら……身がぎっしりしてて、皮も邪魔にならない)モグモグ

マミ(黒蜜もべったりした甘さじゃない……香ばしいくらいだわ)パク

マミ(豆と寒天だけなのに、全然飽きない……)モグモグ


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:38:07.07 ID:+h74pt0F0

ガラ…

「いらっしゃい」

「豆かんひとつね」

「ハイ、豆かん一丁」


マミ「……」モグモグ


「昨日の火事さあ、知ってる?」

「ああ、CD屋の? ボヤだっていうじゃない。野次馬行ったの?」

「うん……いやそれがさ、あそこのオヤジおかしくてさ、笑っちゃうんだよ」

「なにさ、どうしたのよ」

「消火器使ったららしくてさ、モクモクしてんのにぼんやりしてさ」

「凄いキラキラした格好の女の子が走ってったっていうんだよ」


マミ「」ブフォッ!!


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:42:29.01 ID:+h74pt0F0

「アハハハハ」

「それがホーントなんだって。まだ子供……つっても中高生だからいい年だけどさ」

「なんか天使様を見たとか、てろふいなれ? とかブツブツ言っちゃってさあ」

マミ「……」フキフキ


「んで、ボヤはたいしたことなかったんだろ?」

「そりゃな。ほとんど火は出てなかったっていうし」

「おおかた消防車呼んどいてほとんど火も出てないんじゃ話になんないからさ、盛ってんじゃないの?」

マミ「……」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:45:21.40 ID:+h74pt0F0

マミ(なんていうか……違うわね)

マミ(ここの人たちは魔女と魔法少女の起こす現象なんて、想像することすらない)

マミ(私みたいな魔法少女とは、違った時間を生きてるのね)

マミ(私、もうこんなふうには生きられないんだわ)

マミ(……)


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:48:13.13 ID:+h74pt0F0

「すいません、お土産にあんみつ3つ。あと勘定ね」

「ハーイ」

マミ「あ、こっちもお勘定お願いします」


ガララ…

マミ「……」フゥ…

マミ(でも本当においしかった)

マミ(できれば腹ごしらえしてから食べたかったわね)


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:50:44.96 ID:+h74pt0F0

「あれ、マミさん?」

マミ「あ……」

さやか「やっぱりマミさんだ! 偶然ですね」

まどか「あっちから来たってことは……マミさん、あの甘味のお店行ってきたんですか?」

マミ「え、ええ。鹿目さんたちはこれから?」

さやか「あ、はい。まどかのおススメってことで」

マミ「そう……」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:55:10.23 ID:+h74pt0F0

マミ「じゃあ、楽しんでくるといいわ」

マミ「あ、鹿目さん。豆かんはおいしかったわよ」スッ…

まどか「……」



まどか「マミさん、待ってください!」グイ

マミ「……どうしたの?」

まどか「さやかちゃん、甘味はまた今度にしてご飯にしない?」

さやか「……あー、うん。そうだなー、さやかちゃん本格的にお腹空いちゃったかなー」

まどか「ね。マミさんも一緒にどうです?」

マミ「……」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/21(水) 23:59:01.58 ID:+h74pt0F0

『おおかた消防車呼んどいてほとんど火も出てないんじゃ話になんないからさ、盛ってんじゃないの?』

マミ「……」

まどか『ね。マミさんも一緒にどうです?』

マミ「……」


マミ「……ええ、ご一緒させていただこうかしら」

まどか「やった、じゃあおススメの洋食屋さんに案内しますね!」

さやか「っと、待ってよまどか! 走らないのー!」


≪第三話・了≫


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 00:28:54.92 ID:MEcpUSyP0

マミ「……っ」クシュン

マミ「もうすっかり冬ね……」


「ほら、もっとくっついていいよ?」 「や、ちょっと……恥ずかしいよ」


マミ「……」イラッ

マミ(ああいうのが手編みのマフラーとか、セーターとか作って見せびらかすのね……使い魔に食べられちゃいなさい)

マミ(ああ、いけない。いけないわ……)

マミ(……)

マミ「手編みのマフラー、か……」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 00:35:33.29 ID:MEcpUSyP0

マミ「寒いでしょ、ほらちゃんと上着着て」

杏子「平気だっつってんだろ……あんたが着てなよ、寒がりなんだからさ」

マミ「私は大丈夫だから……さあ」

杏子「いいってば。それよりさ、風見野に残れよ……こっちの方が魔女も多いだろ?」

杏子「たくさん狩れば魔法も使い放題だ! そしたらあんたも、自分のために魔法使うななんて言わないだろ?」

マミ「……」

杏子「そしたら広くてあったかい部屋に引っ越して、二人で美味いもの食ってさ……」

マミ「……ほら、着てちょうだい。風邪引くわよ」

杏子「……意気地なし!」

マミ「……」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 00:39:53.99 ID:MEcpUSyP0

マミ「そんなこというけど……わかるでしょう、他の人にも暮らしがあるの」

マミ「私たちに力があるからって好き放題したら、そういう人たちにしわ寄せがいくのよ」

杏子「……やめろよ」

杏子「あたしたちは散々報いを受けたはずだろ……今さら他の奴のことなんて」

杏子「そうやって……こんな目にあってんのにまだ窮屈に生きてくのかよ……!」グスッ

マミ「……」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 00:46:28.42 ID:MEcpUSyP0

杏子「気がついたらもう魔法少女になって何ヶ月だ? 何年だ? 冗談じゃねー……」

杏子「明日死ぬかもしれねーってのに遠慮なんかすんなよ、寂しい人生じゃねーか……!」

マミ「落ち着いてよ……ほら、日も暮れてきたわ」

マミ「何かあったかいものでも食べながらゆっくり話しましょう」

杏子「もういいよ!」バッ

杏子「あたしは今まで……落ち着いて食い物食ったことなんてないんだ!」ダッ


マミ「待ってよ……」

マミ「待ってよ、佐倉さん……!」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 00:51:03.45 ID:MEcpUSyP0

マミ(……)

マミ(マフラー、編んでた途中だったのにね)

マミ(……)

マミ(……? 甘い匂い)クンクン


『やきそばチトセ 風見野名物焼きまんじゅう』


マミ(……)

マミ(……今の私にお似合いなのって、こういう寂しい店よね)


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 00:56:09.81 ID:MEcpUSyP0

マミ(でも変な店……焼きまんじゅうと焼きそば、どっちがメインなのかしら)

マミ(不思議な組み合わせ……試してみましょうか)ガララ…

店主「いらっしゃい」

マミ「焼きそばと焼きまんじゅう、ひとつずつお願いします」

店主「あ、ごめんなさい。焼きそばやってないんですよ」

マミ「え……」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 00:59:15.22 ID:MEcpUSyP0

店主「前やってたんだけどね。ウチのが具合悪くなっちゃって、一人だと手が足りなくて……」

マミ「そうですか……じゃあ、焼きまんじゅうを」

マミ「えーと、焼きまんじゅうとアン入り一本ずつください」

マミ(本当は食べたいのは焼きそばの方だったんだけどね……)


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:03:55.84 ID:MEcpUSyP0

ジジジ… パタパタ

「おじさん、焼きまんじゅう3本とアン入り3本」

「ハイ、まいど」

「駅前でも買ってみたんだけどね、やっぱりここのが美味しいから」

「ああ、ミソが違うんだね。うちのミソ、焼き鳥みたいで美味しいでしょ」


マミ(……ミソ?)

マミ(タレのことかしら……でも焼き鳥みたいで美味しいって、どういうこと?)

マミ(それにアンコが入ってて……ミソとアンコってでたらめな組み合わせすぎて)

マミ(頭がティロティロしてきたわ)


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:07:23.90 ID:MEcpUSyP0

店主「はい、おまちどうさま」コトッ

マミ「どうも」

マミ(へえ……おいしそうじゃない)ホカホカ

マミ(まずはアンの入ってないほうから……)フーッフーッ ムニ

モグモグ

マミ(思ったより軽くて、淡白な味ね)

マミ(焼き鳥とは違って、香ばしいけど甘い。素朴な味……)ムグムグ

マミ(なんだか、時間が止まってるような味ね……)


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:10:05.13 ID:MEcpUSyP0

マミ(さて、アン入りは……)

マミ「ん」

マミ(これは)

マミ(複雑な甘さね……いえ、凄い甘さとも言えるわね……)ムグ ゴクン

マミ(……)ズズー


マミ「ごちそうさま」

店主「はい、290円になります」


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:15:16.33 ID:MEcpUSyP0

ガララ…

マミ「……っ」クシュン

マミ「寒っ……風見野は風が乾いてて嫌ね、骨身にしみるわ……」

マミ「……」

マミ「確かに、誰かにくっつきたくなるのもわかるわね……」

マミ「……」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:18:08.17 ID:MEcpUSyP0

杏子『明日死ぬかもしれねーってのに遠慮なんかすんなよ、寂しい人生じゃねーか……!』

マミ(……)

マミ(そうね、寂しいかもしれないわね)

マミ(でも、あの焼きまんじゅう屋さん……店主のおじいさんも)

マミ(この先どうなるのかしら……おばあさんが悪いって言ってたけど)

マミ(これから5年、10年経って、一人で……この街で……)

マミ(一緒よ……私たちも、他の人も)


≪第四話・了≫


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:25:31.33 ID:MEcpUSyP0

「で、あるからして……例題3の意味するところは……」

マミ「……」

ムシャ… ムシャ…

マミ「……」チラ

男子生徒「……」モグモグ

マミ(早弁ね……)

マミ(どうしてああせっかちなのかしら。昼休みにゆっくり食べればいいのに)

マミ(私は昼休みまでは我慢だわ……今日はお弁当じゃないから早弁のしようもないけど)

マミ(少しでもゆっくり、味わって食べたいじゃない)


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:30:49.90 ID:MEcpUSyP0

キーンコーンカーンコーン…

マミ(さて、どこで調達しようかしら)

マミ(学食は……人でごった返してるもの、行きたくないわね)

マミ(購買も同じ)

マミ(学校の外に買いに行こうかしら……少しならいいわよね)


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:34:43.05 ID:MEcpUSyP0

ほむら『お弁当を売ってる場所……?』

マミ『ええ、今朝は用意してる暇もなくて』

ほむら『そうね。同じ一人暮らしとして、理解できるわ』

ほむら『……どうせなら、学校の外がいいわね。二丁目の角に「お弁当公園」ってお店ができたの』

ほむら『そこの「猿老手軒シウマイ弁当」をおススメするわ』


マミ「ここね」

マミ「さすが暁美さん、いいお店知ってるわ」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:40:12.51 ID:MEcpUSyP0

マミ「……これかしら。コンパクトでおいしそうね」カサ

「今日ジェットある?」

「ありますよ、いくつ?」

「じゃあふたつ」

マミ(ジェット……?)


「いやあ、ラッキーだなあ。いつ来てもないから」

「こいつがウマいんだよ、あったかくて。水割りセットでも買って晩酌にもいい」

「へえ、さすが常連だなあ」

マミ(……)


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:43:08.12 ID:MEcpUSyP0

マミ「あの……これ、ごはんはついてないんですか?」

店員「ジェットですか? これはついてません」

店員「もしあれでしたら、隣でごはんだけっていうのも売ってますよ」

マミ「そうですか……じゃあ、これひとつ」

店員「はい、600円ね」

マミ(ごはんが230円……お茶も買って、千円でお釣りがくるわね)


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:46:27.92 ID:MEcpUSyP0

マミ(思ったより早く教室に戻れたわ……時間にも余裕はあるわね)ガサガサ

マミ(なになに……ビニールテープを引き抜く)ズズ…

ズルズルズル…

マミ「……」シュウ…

マミ「……」シュウウウ

マミ「わ……」シュウウウウウウ


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:49:05.68 ID:MEcpUSyP0

マミ(これは……まいったわね)

「うわ……」 「シュウマイくっせぇ~……」

「あ……ホント」 「教室でやるか? 食堂行けよ……」


マミ「……」

マミ(移動したほうがいいかしら)ソー

マミ「……あつっ!」

マミ(ああ……もう駄目ね。取り返しがつかない……)


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:52:15.75 ID:MEcpUSyP0

ザワザワ… ガヤガヤ…

マミ(やっとおさまったわ)

パカ モワッ

マミ(う……フタを開けるとよりいっそう)

「……」 「……」 「……」


マミ(クサイかしら。不快かしら……?)

マミ(さっさと食べてしまいましょう……)パク


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:55:37.19 ID:MEcpUSyP0

マミ(うん……おいしい)モグモグ

マミ(でも本当、これでもかってくらいのシュウマイね)ゴクン

マミ(暁美さんの言う通り、シウマイ弁当にしておいたらよかったかしら……あれには色々おかずも入ってたし)

マミ(デザートにアンズまで入ってたわよね……)

マミ(まあ、今さら言っても始まらないわね)パク


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 01:59:26.13 ID:MEcpUSyP0

キーンコーンカーンコーン…

マミ(ふう……)

マミ(完食したはいいけど、口の中が完全にシュウマイね)

マミ(お茶、もう一本買っておくんだったわ……)


ガララ…

「きりーつ、れい」 「お願いしまーす」


教師「よーし、今日の授業は……何だ、この匂い? シュウマイ?」

マミ「……!」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 02:02:36.17 ID:MEcpUSyP0

教師「あー、ダメだ。こりゃたまらん。窓開けろ、換気だ換気」

ガヤガヤ… カララ…


マミ「……」ブルルッ

マミ(……入ってくる風とみんなの視線、どっちが冷たいかしら)

マミ(私のあだ名、明日からドリルジェットとか金シュウマイとかかしらね……)

マミ(ジェットで歯車がズレたか……)


≪第五話・了≫


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 02:08:55.16 ID:MEcpUSyP0

ジェットも書けて切りがいいので、今夜はここまで。
おやすみなさい。


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 02:17:29.19 ID:TudNefTU0

乙マミ!





『魔法少女まどか☆マギカ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿