TOP > 這いよれ!ニャル子さん > 真尋「童貞を捨てたのに童貞臭さが拭えない」

真尋「童貞を捨てたのに童貞臭さが拭えない」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:34:34 ID:bgsqAJTs

真尋「童貞捨てたのに」

ハス太「へぇ」

真尋「ニャル子とヤって童貞捨てたのに」

真尋「何が足りないんだ」

ハス太「心当たりはないの?」

真尋「ありすぎて現実逃避するために話している」

ハス太「逃げちゃ駄目だよ」

真尋「そうだな、新世紀エヴァンゲリオンの碇シンジも言ってるもんな」

真尋「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ」

真尋「大山倍達(談)」

ハス太「何で最後空手バカ一代にしたの」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:35:16 ID:bgsqAJTs

真尋「もっともな原因は夜の誘いを自分からした事がない」

真尋「全部ニャル子から」

ハス太「受け身なんだね」

真尋「消力(シャオリー)だな」

ハス太「流すのはもっと駄目だよ」

真尋「参考に聞きたいんだけどお前はルーヒーを夜のお誘いする時、いつもどうしてる」

ハス太「まだそこまでいってない」

真尋「知ってた」

ハス太(サイクロンエフェクト声)「イヤミか貴様ッッ」

真尋「ごめんなさい」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:37:31 ID:bgsqAJTs

ハス太「友達に童貞捨てた人いないの?」

真尋「友達が邪神関連除くと余市しかいない」

真尋「結果いない」

ハス太「話ずれるけどくれいさんは友達じゃないの?」

真尋「暮井は友達というより、ニャル子の友達」

真尋「ニャル子がいなかったら関わりすらなかったと思う」

ハス太「あれ? 田中くんとは仲良くないの?」

真尋「級友としか思われてないし関わりがない」

ハス太「そうだったの?」

真尋「お前は思いのほか田中と仲良いからわからないんだろ」

ハス太「言うほどでもないよ」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:38:45 ID:bgsqAJTs

真尋「僕から見たら仲良い方だ」

ハス太「そうなの?」

真尋「原作のお前と田中ってお前が無自覚に田中ふっとばすところしか関わりないけど」

真尋「同作者の別作品でルーヒーとシャンタッ君と一緒に田中の兄弟の学校祭手伝ってただろ」

真尋「頼まれ事を引き受ける程度には仲良いんじゃないのか」

真尋「まさか原作とは別作品で新しい人間関係を築いているとは思わなかった」

ハス太「確かに」

真尋「思いのほかコミュ力高いな」

ハス太「えっ、この程度で?」

真尋「今でも前の職場のお手伝いとかしてるんだろ?」

ハス太「飲み会にもたまに誘われるよっ」

真尋「良好な関係だな、そういえば田中の学校の学校祭手伝った時隣のクラスでやきそば出してた人とも仲良くなったって話だし」

ハス太「蕎麦ットバット三世さんの事?」

真尋「言いたい事は理解できるけどそれは名前じゃないと思う」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:41:00 ID:bgsqAJTs

真尋「人間の友達の数ならお前の方が多い気すらする」

真尋「というかお前は蕎麦ットバット三世(仮)と田中、僕には余市だけ、すでに負けてた」

ハス太「友達は人数じゃないよ、お互いの関係が大事だよ」

ハス太「浅く広くあっさりとした関係も良いと思うけど」

真尋「……別に小さい頃からボッチだったって訳ではない」

真尋「余市も、学級委員の責任としてボッチの僕を気遣って友達を演じているはずがない」

真尋「小さい頃は普通に外で友達とサッカーや雪合戦をして遊んでた」

真尋「普通に友達もいたし、1人で遊ぶこともなかった」

真尋「だが卒業する度その人間関係が絶え、新しい人間関係を築きはじめていた」

ハス太「環境が変わると前の環境の人間関係を絶つタイプなんだね」

真尋「その理屈だと高校を卒業したら余市との友人関係もなくなるってことか」

真尋「ニャル子、クー子、お前を除いた邪神関連もニャル子ありきの関係だし」

真尋「浅く狭いじゃねぇか!」

ハス太「ぼくたちとは深いからだいじょうぶだよっ」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:42:47 ID:bgsqAJTs

真尋「僕の中で余市、友達演じてる説が濃くなってきた……」

ハス太「だいじょうぶだよっ」

真尋「ハス太……」

ハス太「きっと卒業までは友達を演じきってくれるはずだよっ!」

真尋「……邪神と関わらなかった場合ボッチなのか……」シクシク

ハス太「ごめん、つい口が滑っちゃって……」

真尋「僕達の作品、ボッチが題材じゃないだろ、パロディが主だろ」メソメソ

ハス太「大丈夫、まひろくんならぼくたちすらいないボッチが題材のラノベでも似合うからっ」

真尋「お前のフォローが全部0点……」エッサッサー

真尋「それとボッチを題材にしているラノベってだいたい妹キャラがいるだろ、僕の勝手なイメージで具体的にどんなラノベがそうなのか思い浮かばないけど」

真尋「逢空万太作品で主人公の妹キャラが1人もいない」

ハス太「まひろくんにはおかあさんがいるでしょっ」

真尋「確かに逢空万太作品は主人公の姉妹キャラの代わりを母親で代用してる節があるけど、ボッチでその場合変にリアルで気持ち悪いわ」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:43:49 ID:bgsqAJTs

ハス太「……オエッ」

真尋「どうした、急に顔色悪くなって」

ハス太「妹キャラで思い出したけど千葉県の兄妹って近親相姦してるでしょ」

真尋「千葉県に謝れ、ラノベとアニメにおいての兄妹だけだ」

ハス太「それで逢空万太作品は妹キャラの代わりが主人公の母親であるのを重ねて想像したら気持ち悪くなってきた……」

真尋「母親と一線を越えかけてる主人公が逢空万太作品にはいるから仕方ない」

ハス太「確か風呂場で抱きしめあった後ディープキスしたんだっけ」

ハス太「そうでなくても逢空万太作品の母親キャラは息子と一緒にお風呂に入りたがってるか完全に入っちゃってるし」

真尋「舞台はほとんど北海道」

真尋「そのうち兄妹相姦の千葉県という柱の隣に母子相姦の北海道が並び立つのか」

ハス太「並ばない並ばない」

真尋「つまり兄妹相姦(ちばけん)VS母子相姦(ほっかいどう)」

ハス太「その漢字でそのふりがなやめて」

真尋「ファイトっ!」

ハス太「ファイトじゃない」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:45:36 ID:bgsqAJTs

真尋「まぁぼっちの気があっても今はお前達がいるし大丈夫だ」

真尋「高校卒業した程度で終わるような関係でもないし」

ハス太「童貞卒業してもニャル子ちゃんとの関係は続いてるしだいじょうぶだねっ」

真尋「でも積極性がないんだ」

真尋「言うのは簡単だが対策が思いつかない」

ハス太「んー、自分に自信を持つとか?」

真尋「どうやって持つかだ、自意識過剰だとそれはそれで問題だし」

真尋「この前逢空万太作品メイン男子で集まって男子会を開いて話した事を思い出して参考にしようと思う」

ハス太「男子会開けるくらいの積極性があるなら心配しなくてもだいじょうぶじゃない?」

真尋「提案及び幹事は全部高原耕平がやってくれたから僕は何もやってない」

ハス太「そこは率先してやろうよっ年上なんだから」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:49:38 ID:bgsqAJTs

ハス太「男子会に行ったって事はその人達とは友達でいいんじゃない?」

真尋「どうだろう、作品的にも年齢的にも一番上だから呼ばれてるって感じでそれ以外でかかわりがない」

真尋「大神は同年代で同じ身長の支倉とよく喋るし、耕平は同作品の深山とラブラブだし」

真尋「宗方は……後で言うけど関わりたくない」

真尋「建て前のために呼んでる感が否めない」

ハス太「あぁ……」

真尋「とはいえ腫れ物扱いされたくないから誘われたら行ってるくらい……」

真尋「あえて言うなら作品的にも年齢的にも一番上だから奢らされた」

ハス太「ていよく金づるにされてない?」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:51:30 ID:bgsqAJTs

ハス太「ってちょっと待って、メイン男子、しかもこうへいくんが幹事やったって事は主人公だけじゃないよね」

ハス太「メインキャラの男子なのにぼく呼ばれてない」

真尋「ごめん、僕が呼び忘れた」

ハス太「次は忘れないでよ」

真尋「大丈夫、三度目の正直って言うだろ」

ハス太「今まで男子会2回やって2回ともぼくのこと忘れてたって事だよね、それ」

真尋「大山倍達(談)」

ハス太「誤魔化せてないよっ」

真尋「大山倍達が2人、来るぞハス太」

ハス太「何も来ないよ、まひろくんっ」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:54:27 ID:bgsqAJTs

真尋「という事で男子会の時に相談した時に言われた事を思い出して参考にしてみようと思う」

ハス太「はぶられたぼくにとっては嫌味に聞こえかねないねっ」

真尋「まずは逢空万太最新作の『出番ですよ! カグヤさま』の支倉結太に相談した時を思い出してみよう」


結太『アンドレ・ザ・ジャイアントを超えろ』


真尋「……アンドレ・ザ・ジャイアントの身長を超えたとして自信が付くと思うか」

ハス太「アンドレ・ザ・ジャイアントを超える相応の努力をすれば嫌でも付くと思うよ」

ハス太「アンドレ・ザ・ジャイアントを対象にした意味がわからないけど」

ハス太「というかアンドレ・ザ・ジャイアントを超える努力ってもうジャック・ハンマーだし意味がわからない」

真尋「支倉は身長コンプレックスでさ、15、16歳くらいにも拘らず12歳のサクヤ・Χ・ハインラインに同年代だと思われてた事をこの相談の後ずっと愚痴ってた」

真尋「だからアンドレ・ザ・ジャイアントを超えてやっと人並みの身長になれると思ってるんだろ」

ハス太「身長の望みが高すぎるよっ」

真尋「何の参考にもならなかった」

ハス太「だろうね」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:56:55 ID:bgsqAJTs

真尋「続いて『深山さんちのベルテイン』の主人公の幼馴染の男、高原耕平の時を思い出してみる」

ハス太「そっちの主人公(深山琥太郎)よりまともだから良い答えが期待できそうだねっ」


耕平『やっぱり割り勘とか駄目だと思う、本命なら特に』

耕平『奢らないと、奢って男らしい所見せましょうよ』


ハス太「そういえばデート代全部ニャル子ちゃんが払ってるんだっけ、これは正論だよっ」

真尋「そうは言っても毎回事件ばっかでアルバイトしている暇がないし」

真尋「母さんからお小遣いを前借りしてもらうのも示しが付かないだろ」

ハス太「そう言われるとぼくたちにも責任あるから何とも言えない」

真尋「これ話した後、実際に奢る練習をした方が良いと全員に勧められて」

真尋「毎回奢ってる現状である」

ハス太「完全にサイフ代わりだね」

真尋「実年齢一番高いし男子会に来たら次の犠牲者はお前じゃないか」

ハス太「でもその程度なら奢ろうかな、奢ってあげるからには相応に先輩扱いしてもらうけど」

真尋「何それ男らしい」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 21:59:47 ID:bgsqAJTs

真尋「続いて『勇者が魔王を倒してくれない』の主人公、宗方閑也の時だ」

ハス太「あれ、『深山さんちのベルテイン』の主人公の深山琥太郎くんは?」

真尋「アレに聞いてまともな意見が言えると思うか、男なのに三つ編みしてるんだぞ、ツッコミ役もこなすけど存在がボケだろ」

ハス太「間接的にぼくをばかにしてるでしょ」


閑也『ふぁふぁたにょしにょ~』


ハス太「日本語喋ってないよっ」

真尋「自棄酒して呂律が回ってなかった」

ハス太「呂律が回ってないような人に聞くならみやまくんにも聞こうよっ」

真尋「宗方の作品事態いろいろアレだったじゃん」

ハス太「いろいろアレだったね」

真尋「挑戦的だったのか単なるやる気のない悪ふざけなのかと思うくらいアレだから同情しちまった」

ハス太「あー……」

真尋「ちなみに素面の時何て言ってたのか確認したら『伯方の塩』って言っていたらしい」

ハス太「どの道意味がわからないねっ」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 22:01:00 ID:bgsqAJTs

真尋「そして最後の難関」

真尋「曰く草食系男子(終わらない発情期)、曰く肉欲系男子、曰く総食系男子」

真尋「逢空万太作品一、ラノベ主人公じゃなくても普通に童貞と処女を卒業している男ナンバーワン」

ハス太「男で処女は卒業しなくていいと思う」

真尋「狂気の沙汰ほどおもしろい、その母親が母子相姦が主体の官能小説という立場上ちょっとヤバいものを書いており」

真尋「母親に『私をお嫁さんにしたくない?』と聞かれ即『超したい』と答え、一緒に入浴した時抱きしめあった後ディープキスして」

真尋「さらに自らの意思で5股して手篭める気満々」

真尋「こいつが作品始まる時から童貞である事がもはやご都合主義、『ヴァルキリーワークス』の大神理樹の時だ」

ハス太「無駄に前振りが長いね」

真尋「5股するような男が逢空万太作品1体力がない主人公なのはどうかと思う」

ハス太「散々上げておいて落とすんだ」

真尋「ちなみに僕、肺活量に関してはクラス1位だ」這いよれ!ニャル子さん原作1巻6ページ参考

ハス太「それを自慢するために後輩をけなすなんて底が知れるよっ」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 22:02:23 ID:bgsqAJTs

理樹『女性から誘ってもらうのを待ち続けるのって男としてどうなんですか、そういう関係になっているならなおさら男性がリードしましょうよ』

理樹『受身の人特有の責任を押し付けてる感じが出てるし、相手も恥を忍んで誘っている事貴方も理解出来ますよね』

理樹『ならば貴方も恥を覚悟で誘いましょうよ、いつまでも女性に恥欠かせてられませんよ』


真尋「論破された」

ハス太「正論だね」

真尋「理解しているのに出来ない自分が恥ずかしい」

真尋「一度出来るようになれば後は躊躇いなく誘えるはずなのに……」

ハス太「消極的になりすぎてるんだねっ」

ハス太「確かに邪神と関わって積極的になるのは危ないけど」

ハス太「男女の関係なら積極的にならないと」

ハス太「人にフォーク刺すような人が消極的なのもどうかと思うけど」

真尋「何かきっかけがあるといいんだけどな」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 22:03:31 ID:bgsqAJTs

ハス太「ニャル子ちゃんとの関係だけじゃなくて普段の生活から常に積極的になる事を心がけたらどう?」

ハス太「ほどよく悪戯心があるとそのノリで自分から誘えるようになるかもよっ」

真尋「普段から積極的に、なおかつ悪戯心か……」

真尋「ニャル子に対してじゃなくても、普段から積極的に悪戯心を……そうだ」

ハス太「いい事思いついた?」

真尋「『ヴァルキリーワークス』で大神が友達の露口令にメールで『避妊し忘れちゃった♪』って送った話があっただろ」

ハス太「あったけど人が本気で信じるような嘘って冗談にならないよ」

ハス太「悪質だよっ」

真尋「それを真似して今から余市にメールで『ニャル子を妊娠させちゃった』って送ってみるよ」

ハス太「よいちくんのメールアドレス知ってるの?」

真尋「アニメ版の場合なら知ってたっぽいからセーフ」ピピピッ

ハス太「というか後輩のネタを堂々とパクるなんて先輩としての気構えがまったくないねっ」

真尋「よしっ、送信っと」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 22:05:39 ID:bgsqAJTs

真尋「おっ届いた、何々、『もう俺に関わらないでください』だって……へ?」

ハス太「絶交って事でしょ」

真尋「ちょっと待て、洒落になってない、直接電話するわ、余市ー! さっきのメール冗談だから――」

真尋「本気にしないで頼むから」

真尋「え、本当かそれ本当か、そりゃお前学級委員だろうけどそこまで責任感じなくても――」

真尋「友達の振りやめる!? 考え直せ、せめて卒業まで我慢して余市、余市ーー!」プツッ

真尋「」

ハス太「本当に友達の振りしてたんだ」

真尋「……もう駄目だ、僕の高校生活」

ハス太「どんまい」

真尋「もう嘘から出た誠にするためニャル子を孕ましてくる」

ハス太「本来の目的を達成できるならそれで満足だねっ」

真尋「だな」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/16(土) 22:07:00 ID:bgsqAJTs

その後学校中にニャル子を妊娠させた事が広まり八坂真尋の高校生活は悲惨なものとなった
余市健彦からは無視され
独身の先生から妬まれ
田中からは兄弟姉妹連れてきてトライアングルアタック(四人)を食らい
原作二巻137ページの2回しか台詞がない斉藤さんからタイキックされ
暮井珠緒からは腫れ物扱いされ
新田奏子が御迎えに来て
フードマンから殴られ
ぬーこから邪神ハンターとしての修行を一日30時間要求され
大神理樹から母子相姦の官能小説を渡され
支倉結太から真月譚を食らう等した
だがニャル子を妊娠させる事に成功し、ついでにクー子とアト子も妊娠させたのでプラマイプラスだった







『這いよれ!ニャル子さん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿