TOP > 咲-Saki- > 穏乃「憧の胸ってどんぐらいなんだろ?」

穏乃「憧の胸ってどんぐらいなんだろ?」

2018/11/17 00:01 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:24:24.94 ID:wdV767dh0

穏乃(合宿とかで見たはずなんだけど…思い出せない…)

穏乃(気になって仕方ないなー…中学の間にやたらとおっきくなってるし…)

穏乃(よーし、決めた!この目で拝んでやる!)


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:26:34.06 ID:wdV767dh0

穏乃「ねえ、憧ー」ジー

憧「なに、しず?」

穏乃「胸の話なんだけど…」

憧「胸?」

穏乃「そうそう」ジー

憧「ああ、和の話ね。なんだか、またおっきくなってたよねー」

穏乃「いや、和の話じゃなくて…」

憧「?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:29:01.50 ID:wdV767dh0

穏乃「憧の胸の話だよ」ジー

憧「へ?ってなに見てるのよ!」

穏乃「2年半ぐらいでやたらと大きくなってるじゃんかー」

憧「そ、そうだね」

穏乃「なんか秘訣でもあるのかなー、なんて思ってさー」ジー

憧「べ、別に…何もないわよ」

穏乃「ちょっと見せてほしいなー」

憧「あ、電話電話…あとでねー」

穏乃(怪しい…)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:33:10.71 ID:wdV767dh0

穏乃「…という訳なんですよ」

玄「ふむ、なるほどなるほど」

灼「穏乃は憧と同室だし、否が応でも見てそ…」

穏乃「いやー!それが、全然で!」

玄「それはいけませんな!」

穏乃「玄さんはわかるんですか!?」

玄「ふっふっふー。おもちマイスターの私をなめちゃあかんとですよ」

灼「わずらわし…」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:36:00.28 ID:wdV767dh0

穏乃「教えて、玄さん!」

玄「実は私も直接、見たことはないんだけど…」

穏乃「ないんだけど?」

玄「触ったことなら、あるよ!」

穏乃「さすが、玄さん!」

灼「いや、ただのセクハラじゃ…」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:41:03.57 ID:wdV767dh0

穏乃「それで、それで!?」

玄「それが、ちょっとわからない…」

穏乃「どういうことですか?」

玄「なんていうか、反応が薄かったんだよねー」

穏乃「ふむふむ…」

玄「でも、気付いた途端に抜け出されちゃって」

穏乃「そうなんですか!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:43:53.84 ID:wdV767dh0

玄「そして、普段見せないような顔で睨まれた…と思ったらいつもの憧ちゃんにもどってたんだよ」

穏乃「感触はどうでしたか?」

玄「それが、なんていうか人工物のおもちの感触だったっていうか…」

灼「いや、なにいってるかわからな…」

穏乃「人工物ですね…なるほどなるほど…」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:49:23.25 ID:wdV767dh0

穏乃(よし、憧が寝静まったところを確認するぞ…)ジー

憧(なんだか寒気がする…)

穏乃(まだ起きてるのかなー?)ジー

憧(あたし、霊感とかないんだけどなー)

穏乃(…)

憧(あれ?おさまった…)

穏乃「zzz」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:52:38.15 ID:wdV767dh0

穏乃「あーもう!私が先に寝てどうするんだよ!」

宥「どうしたの?」

穏乃「宥さん!」

宥「なにか悩み事?」

穏乃「憧のことなんですけど…(中略)…というわけで」

宥「確かに…」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:56:03.93 ID:wdV767dh0

穏乃「なんでもいいから、知っていることがあったら教えてください!」

宥「なんでそんなに気になるの?」

穏乃「うーん…ちょっと気になって…」

宥「そういえば憧ちゃん…」

穏乃「なんですか?」

宥「合宿の時、お風呂誰と入ってた?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:58:37.05 ID:wdV767dh0

穏乃「そういえば…一人だったような?」

宥「皆で一緒に入ったこともあったけど…覚えがないような…」

穏乃「確かに…隠してたような気がします…」

宥「なんでだろうね?」

穏乃「怪しいですね…」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:01:17.97 ID:wdV767dh0

穏乃(よーし、お風呂を覗くぞー…)ジー

憧(また寒気が…もしかして風邪?)

穏乃(湯気がすごくてよく見えないなー)ジー

憧(換気扇をみるとそこには…なんてあるわけないかー)

穏乃(うーん…あれ?思ったより小さいような…)ジー

憧(まさか排水溝!?いや、ないない)

穏乃(これは、突入してたしかめるしかないな!)ゴソゴソ

憧(しず?)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:06:44.24 ID:wdV767dh0

穏乃「憧、一緒に入ろー!」

憧「うわあ!ちょ、ちょっとなによ!?」

穏乃(あれ、タオル巻いちゃったー…)

憧(まだ洗ってないんだけど…まあ後でいっか)

憧「じゃあ、あたし先に出るから!」

穏乃「あ、待てよ憧!」

憧「のぼせちゃいそうなのよ!しずも気をつけなよ」

穏乃(くそー、またもや逃げられた…)

穏乃(あれ!?なんだこれ…)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:11:31.23 ID:wdV767dh0

穏乃「これが、お風呂にあったんですよ…」

玄「ふーん…なんだろうね?」

灼「憧…」

宥「憧ちゃん…」

晴絵「あー、憧のやつ、とうとうばれちゃったかー」

穏乃「え?」

晴絵「あれ?まだ気付いてない?まあでも、もう潮時だろ」

玄「どういうこと?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:16:09.30 ID:wdV767dh0

晴絵「穏乃、ジャージのジッパーあけてみて」

穏乃「こうですか?」

晴絵「いや、そんなにあけなくてよろしい」

穏乃「はい!」

晴絵「これでよし!閉じていいよ」

穏乃「?」

晴絵「さあ、玄!やることといえばもちろん…」

玄「おもちチェーック!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:18:50.83 ID:wdV767dh0

穏乃「わわっ、なんですか!」

玄「ビンゴです隊長!憧ちゃんの反応と一致しました!」

穏乃「…どういうことですか?」

憧「やばっ…あたしとしたことが…」

穏乃「憧!どしたの?」

憧「もう後にはひけないか…」

穏乃「?」

灼(いや、まだ気づいてなさそ…)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:24:03.93 ID:wdV767dh0

憧「…というわけよ。わかった?」

穏乃「そうなのか。でもなんで胸を盛ってたの?素だって結構あるのに」

憧「それは…少しでも和に…」

穏乃「和に?」

憧「近づこうと…」

穏乃「ふむふむ…」

憧「恥ずかしいから和には内緒にして!一生のお願い!」

穏乃「うん、わかった!」

憧「ありがと」

穏乃「どういたしましてー」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:28:42.89 ID:wdV767dh0

憧「まあ、これで楽になったなー」

穏乃「それで、なんで和なの?」

憧「しず、和のこと好きでしょ?」

穏乃「うん、大好き!」

憧「あたしは?」

穏乃「もちろん好きに決まってるじゃん!」

憧「まー、そういうことよ…」

穏乃「?」

カン!


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:34:04.31 ID:wdV767dh0

穏乃「おもちチェーック!」

憧「…」

穏乃「あれ?反応がないぞ」

憧「…」

穏乃「ねてるのかなー?」

憧「…」

穏乃「くすぐってみるか…」

憧「あっ、ちょっと…やめてっ!」

穏乃「あれ、起きてたのか?」

憧「うん…ちょっと眠れなくて」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:39:22.86 ID:wdV767dh0

穏乃「おもちチェックはいやじゃないの?」

憧「しずは玄と違っていやらしい揉み方しないでしょ」

穏乃「じゃあどこまでがボーダーなのか試してみるかな」

憧「やってみなさいよ」

穏乃「ちょっと激しめに…どうかな?」

憧「全然ね。玄の1/10にも及ばないわよ」

穏乃「じゃあ先っぽをつまんで…これでさすがに」

憧「むだね」

穏乃「気はひけるけど…」ペシッ!

憧「あっ//」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:44:26.48 ID:wdV767dh0

穏乃「どう?今度こそ玄さんに届いたはず…」

憧「おしかったけどびっくりしただけよ」

穏乃「じゃあ舌もつかって…」

憧「ねえしず…」

穏乃「なに?」

憧「もうあきらめたらどう?」

穏乃「絶対あきらめないよ!」

憧「しずクラスが玄に勝つには…」

穏乃「うんうん…」

憧「既成事実を作るぐらいにやらないとダメよ」

穏乃「なにそれ?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:52:19.93 ID:wdV767dh0

憧「つまり…手当たり次第いける所まで行かないとダメなのよ」

穏乃「くわしく説明して」

憧「攻めるのは胸だけじゃ足りないし、キスとかその他いろいろと…」

穏乃「?」

憧「そもそもしず自身、どこが気持ちいいのかとかわかってないでしょ」

穏乃「恥ずかしながら…」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:56:55.44 ID:wdV767dh0

憧「じゃあ…これからしずが私にしたことをそっくりそのまま返してあげる」

憧「さあ、どこからでもかかってきなさいよ」

穏乃「…うんっ!」

憧「しずとあたしが一緒に気持ちよくなれば玄もきっと超えられるはず!」

穏乃「よーし、頑張ろう憧!」

宥(玄ちゃんが姦(カン)材に…)

玄(私がものすごいテクニシャンになっちゃってるよ…)

灼(自業自得…)

加筆分・完


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:59:57.83 ID:g4VGUiMh0

乙でー





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿