TOP > シンデレラガールズ > モバP「過激な黒髪、無邪気な茶髪、大人の金髪」

モバP「過激な黒髪、無邪気な茶髪、大人の金髪」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:00:10.17 ID:Wrf2R1/0P

モバマスSSです

敬語のPが出てきます。苦手な方は注意してください
それでも良ければオナシャス


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:00:50.59 ID:Wrf2R1/0P

夏樹「なぁPさん」

P「なんでしょうか木村さん」

夏樹「明日の午後って空いてるか?」

P「んー、仕事はありますが急ぎって訳ではないですね。どうかしましたか?」

夏樹「そうか。んじゃ明日事務所の前に13時な!」

P「……?」

夏樹「あ、それとスーツじゃダメだからな?厚着してこいよ!」

P「? 意味がよくわからないんですが……」

夏樹「遅れんなよー!」

P「えっ、ちょっと!どういうことですかー!?」

P「……行っちゃったよ」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:02:09.66 ID:Wrf2R1/0P

― 翌日 ―

P(暑い……ただでさえ暑いのに何で厚着……)

拓海「よぉP」

P「おはようございます向井さん」

拓海「おぅ。その服装なら……まぁ大丈夫か」

P「……何の話ですか?」

拓海「……は?」

P「? 向井さんはこれからツーリングでも行くんですか?」

拓海「チョット待て!……夏樹からは何にも話聞いてないのか?」

P「事務所前に厚着してこい、と言われましたね」

拓海「……それ以外は?」

P「何も」

拓海「……」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:02:43.18 ID:Wrf2R1/0P

夏樹「よっ!拓海にPさん!」

李衣菜「おはよー!」

P「おはようございます木村さん、多田さん」

李衣菜「Pさんその服装……」

P「?」

李衣菜「ロックっぽくないですよ!そんなんじゃ私のプロデューサーはできないですよ!」

P「……そうですか」

夏樹「おし!それじゃ行くか!」

拓海「待て夏樹。お前Pに何も説明してないだろ?」

夏樹「Pさんは行ったら来ないだろ?」

拓海「それもそうだけどよぉ」

P「あの、話がよくわからないのですが……」

夏樹「海行こうぜ!」

P「」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:03:23.67 ID:Wrf2R1/0P

P「今日も仕事あるんですけど――」

夏樹「ちひろさんがOKくれたぜ」

P「……海ってここから遠いですよね?どうやって行くんです――」

夏樹「アタシと拓海がパイク持ってるからそれで行く」

P「…………僕水着持ってないです――」

夏樹「大丈夫! ちゃんとPさんのも用意してるぜ」

P「………………どうやって用意したんですか?」

夏樹「留美さんに頼んだ」

P「……え?」

李衣菜「早く行きましょうよPさん!時間がもったいないですよ!」

拓海「あー……あきらめろ。無理にでも連れてくからな」

P「」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:04:00.26 ID:Wrf2R1/0P

夏樹「はいこれ。Pさんのグローブとヘルメットな」

夏樹「だりーはアタシの後ろ、Pさんは拓海の後ろに乗ってくれ」

拓海「さっさと乗れよ、P」

P「……行くしかなさそうですね」

李衣菜「海だー!」

P「それじゃお願いします向井さん」

拓海「おぅ。それとP……」

P「はい?」

拓海「変なとこ触ったらぶっ飛ばすからな!覚悟しておけよ!」

P「……わかりました」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:04:32.36 ID:Wrf2R1/0P

P「結構時間が経ちましたね」

拓海「あー!聞こえねぇよ!」

P「後どのくらいで着くんですかー!」

拓海「もうそろそろだ!」

拓海「……!見えてきたぞ!」

李衣菜「うっひょー!海だー」

P(ずいぶん遠くへきちゃったなあ)


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:04:59.79 ID:Wrf2R1/0P

P「人がいないですね……」

夏樹「この前ツーリングしてた時に見つけたんだ。プライベートビーチってやつになんのかな」

李衣菜「私が見つけたんだよ!」

拓海「オラッ、P」ポイ

P「……? これは?」

拓海「アンタの水着だよ」

P「着替える場所ってあるんですか?」

夏樹「あそこの岩場の影とかぐらいしかねぇな」

拓海「アタシたちはあっちで着替えるからアンタは向こうな」

P「……わかりました。それと……」

拓海「何だ?」

P「見ないでくださいよ」

拓海「アンタが言うなバカ!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:05:26.20 ID:Wrf2R1/0P

P(サイズがちょうどだ……)

P(何で留美さんが知ってるんだよ)

李衣菜「Pさん着替えましたー?」

P「うわ!?……せめて声かけてかけてくださいよ」

李衣菜「ごめんごめん。ところでPさんこれどう思いますか!?」

李衣菜「この水着ロックぽくないですか!?」

P「かわいいですね似合ってますよ」

李衣菜「いやロックっぽい……いやでもカワイイのも……」ブツブツ

夏樹「おっ、着替え終わったかPさん……って何やってんだだりー」

李衣菜「ロック……カワイイ……ロック……カワイイ……」

夏樹「だりー置いてくぞー」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:06:00.68 ID:Wrf2R1/0P

拓海「おう来たかP」

夏樹「そんじゃ泳ぐか!」

李衣菜「よっしゃー!あの岩までみんなで競争しよう!」

拓海「競争か。ぜってぇ負けねぇ……!」

P「……」

李衣菜「レディー、ゴー!」

拓海「行くぜぇ!」

夏樹「よっしゃぁ!……って何やってんだよPさん!」

P「…………あの……」

拓海「そんなことで座ってないで行くぞ!」

P「僕泳げないんですよね……」

夏樹・拓海「……」

李衣菜「私が一番だー!」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:06:31.26 ID:Wrf2R1/0P

拓海「それならさっさと言えよ!」

P「言うタイミングがなかったじゃないですか」

拓海「……ぐっ。それはそうだけどよ……」

夏樹「あー……アタシか拓海が泳ぎ教えてやるよ」

拓海「んじゃアタシが教えるしかねぇな……」

夏樹「いいのか拓海?」

拓海「あぁ……夏樹はあっちの世話してやれ」

李衣菜「もう少しっ……! うっ足つった……!」

夏樹「ってあいつ何やってんだよ!」

タスケテー!

拓海「世話しねぇな……んじゃ始めるぞP」

P「お願いします……」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:07:35.33 ID:Wrf2R1/0P


拓海「ほらP、もっと足動かせ!」

P「……」バシャバシャ

拓海「そうそうそのままだ!」

P(……おっぱいが水に浮いてる)

P(てか近い……!)

拓海「おい、P」

P「!……はい?」

拓海「じろじろ見んな沈めるぞ」

P「分かりました……向井さんって……」

拓海「あん?」

P「本当大きいんですね」

拓海「」パッ

P「ちょっ!?……アブッ……プハッ……!」

拓海「沈んでろ!」

P「おぼっ……れ……アプッ……!」

拓海「……おいP……そこ足つくぞ」

P「…………」プカー

拓海「ホントに溺れんなよ!」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:08:11.17 ID:Wrf2R1/0P

P「…………ここは……」

拓海「……! やっと気が付いたか……」

P「あれ……?」

拓海「……アンタは溺れたんだよ」

P「あぁ」

拓海「次はマジで沈めるからな」

P「気を付けます……あの……」

拓海「何だよ」

P「何で膝枕してくれてるんですか?」

拓海「あー……こうすれば男は元気になるって奏が言ってたんだよ」

P「……そうですか」

P(違うとこが元気になりそうだ)


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:09:33.05 ID:Wrf2R1/0P

P「もういいですよ向井さん」

拓海「気にすんな。もう少しこのままでいろよ」

P「いや、大丈夫です!」

拓海「あん?アタシが良いって言ってるんだから良いんだよ!」

P「ほんともう大丈夫ですから!違う方が大丈夫じゃなくなってしまいますから!」

拓海「意味わかんねぇこと言ってねぇでおとなしくしてろ!」

夏樹「おい拓海」

拓海「何だよ夏樹!」

夏樹「Pさんもう元気になってるぜ。……一部だけだけど」

拓海「はっ!?何言っ……」

P「」ギンギン


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:09:59.78 ID:Wrf2R1/0P

拓海「P……!てめぇっ!」

P「え?これは僕のせいじゃないですよ!?」

拓海「うるせぇ!」

夏樹「まぁまぁ落ち着けって拓海。Pさんも男なんだから反応ぐらいすんだろ」

李衣菜「なつきちー!見て見てー!」

夏樹「今度は何だだりー?」

李衣菜「へへぇ!イブさんのまねー!」

P「」

拓海「!? バカ!水着脱いでんじゃねぇ!」

李衣菜「水着脱ぐわけないじゃん。ホラッ」ピラ

夏樹「何して――」

李衣菜「ちゃんと下に水着来てるよ」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:10:33.12 ID:Wrf2R1/0P

李衣菜「そんな怒らなくてもいいじゃん……」

拓海「さっきのはダメだろ!」

夏樹「大丈夫かー、Pさん」

P「」

夏樹「そんな気にすることじゃねぇだろ」

P「……」

夏樹「別にアタシは気にしてないぜ」

P「……木村さんは気にしないんですか?」

夏樹「ほら、ロックとかってそういうの多いだろ?だから別に」

P「……それもそうですね」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:11:00.52 ID:Wrf2R1/0P

夏樹「なぁPさん」

P「何でしょう?」

夏樹「何でPさんってアタシたちにまで敬語なんだ?」

P「……」

夏樹「留美さんとか大人に敬語なのは分かるんだけどさ」

夏樹「年下にまで敬語使うってのはどうなんだ?」

P「……仕事の関係ですからね。敬語を使うのは普通じゃないですか?」

夏樹「まぁアタシは社会に出たのがこれが初めてだからさ。会社の常識とか分からないさ」

夏樹「でもアイドルとプロデューサーって意思疎通が大切だろ?」

夏樹「だったらもうちょいアタシたちに近づいて来てくれてもいいんじゃないか?」

P「皆さんとちゃんと話はしてますよ」

夏樹「そうだけどよ。敬語だと何か壁があるように感じるんだ」

P「……」

夏樹「……何か理由でもあるのか」

P「……」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:11:29.05 ID:Wrf2R1/0P

夏樹「まぁ別に言わなくてもいいや」

P「……良いんですか?」

夏樹「答えたくないんだろ?ならやめる」

P「……」

夏樹「Pさんはアタシたちを嫌ってるって訳じゃないだろ?」

P「当然です」

夏樹「ならいいさ。話したくなるまでアタシは待つよ」

P「……木村さんは大人ですね」

夏樹「そうか?」

P「えぇ……僕よりずっと」

李衣菜「なつきちー!Pさーん!ビーチバレーやろー!」

夏樹「おう!今行く!ほらっ、Pさん早く行こうぜ!」

夏樹「早くしねぇとだりーがすねちまうからな」

P「……ははっ。そうですね行きましょうか」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:12:00.99 ID:Wrf2R1/0P

拓海「ヤベッ、結構時間経っちまったな」

夏樹「おー、もうこんな時間か。早く戻らないと完全に日が落ちるな」

P「それじゃ戻る準備しましょうか」

李衣菜「疲れたー。眠りたーい」

夏樹「バイクで寝たらシャレになんねぇぞ」

李衣菜「うぅ……」

拓海「行きと同じでPはアタシの後ろでいいか?」

P「えぇ、お願いします」

李衣菜「帰りはシャッフルしよう!」

拓海「何言ってんだ?」

李衣菜「私が拓海の後ろ!Pさんがなつきちの後ろ!交流を深めよー!」

拓海「あのなぁ――」

李衣菜「拓海は私のこときらい……?」

拓海「……さっさと準備しろ」

李衣菜「やったー!」

夏樹「んじゃアタシの後ろがPさんか。よろしくな」

P「お願いします」

夏樹「おう、任せろ」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:12:34.04 ID:Wrf2R1/0P

夏樹「なぁPさん!」

P「何ですか!」

夏樹「今日は楽しめたか!?」

P「……?」

夏樹「いつもアタシたちのために仕事ばっかしてただろ!?息抜きになればと思って誘ったんだ!」

夏樹「誘い方は強引だったけどな!」

P「……えぇ!十分楽しめましたよ!」

夏樹「ハハッ!そりゃ良かった!」

夏樹「なぁPさん!」

P「はい!?」

夏樹「また来ような!」

P「そうしましょう!」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:13:13.15 ID:Wrf2R1/0P

おまけ


李衣菜「うぅ……眠いよー……痛いよー……」

拓海「結構日焼けしちまったな」

夏樹「明日には痛みも引いてるだろ」

P「……え?……もしかして……」

P「日焼け止め塗ってなかったんですか?」

夏樹「海に入る予定だったし塗っててもあんまり意味ないぜ」

李衣菜「そうそう。溶けてきえちゃうもんね」

P「皆さん明日グラビア撮影ですよ……」

李衣菜・拓海・夏樹「」



おわり


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:14:16.51 ID:Wrf2R1/0P

これで終わりです

なつきちは金髪じゃない!むしろだりーと同じ色だ!
なつきちPに謝るわ……すまんかった





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿