TOP > ストライクウィッチーズ > ハルトマン「世界はとても無価値なものに見えるけれど」

ハルトマン「世界はとても無価値なものに見えるけれど」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 21:51:43.76 ID:33Ob21nEO

―501基地―

芳佳「えっと、次は……」

ハルトマン「あれ、宮藤。なにやってるの?」

芳佳「ハルトマンさん。お世話になった方に挨拶をして回ってるんですよ」

ハルトマン「……ああ、そっか」

芳佳「はい。ここに居られるのも、あと数日ですから……」

ハルトマン「扶桑に帰るの?」

芳佳「え? まあそうですけど……なんでですか?」

ハルトマン「ううん、なんでもない」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 21:56:26.70 ID:33Ob21nEO

バルクホルン「まったく。奴め、どこに行ったんだ?」

芳佳「バルクホルンさん、誰か探してるんですか?」

バルクホルン「宮藤! ちょうど――あ、いや、忘れてくれ」

芳佳「何ですか、教えて下さいよ」

バルクホルン「うむ……ハルトマンを見なかったか? 部屋の掃除をするぞと言っておいたんだが」

芳佳「さっき会いましたよ。呼んできましょうか」

バルクホルン「そこまでしなくても」

芳佳「ちょっと探してきます!」

バルクホルン「そうか? 悪いな、宮藤」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 22:02:09.92 ID:33Ob21nEO

芳佳「おかしいなぁ……さっきすれ違ったとき、こっちに歩いて行ったのに」

芳佳「……あ、いた!」

ハルトマン「……」

芳佳「なにやってるんだろう、ぼーっとして……ハルトマンさーん!」

ハルトマン「……」

芳佳「あれ? 聞こえなかったかな」

ハルトマン「……」

芳佳「ハルトマンさん!」

ハルトマン「わっ」ビクッ

芳佳「ひゃっ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 22:07:30.76 ID:33Ob21nEO

ハルトマン「み、宮藤。どうかしたの?」

芳佳「はい。バルクホルンさんが探してましたよ」

ハルトマン「……それってまさか、部屋を片付けろとか……」

芳佳「はい!」

ハルトマン「……ねぇ、見なかったことにしてくれないかな?」

芳佳「ええっ、ダメですよ。基地を離れるまでもう何日も無いんですから、最後くらい綺麗にしましょうよ」

ハルトマン「うー……」

芳佳「私も手伝いますから、ね」

ハルトマン「……しょーがない、ちょっとだけ頑張るか」

芳佳「えへへ。行きましょう!」

ハルトマン「……」

ハルトマン「そうだよね……最後なんだ……」

芳佳「?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 22:12:38.98 ID:33Ob21nEO

バルクホルン「ハルトマン! お前、今までどこで油を売っていたんだ!」

ハルトマン「いいじゃん、別に」

バルクホルン「いいわけあるか! 大体」

芳佳「ま、まあまあ……ちゃんとこうして戻ってきてくれたわけですし……」

バルクホルン「……全く!」

芳佳「じゃ、始めましょうか」

ハルトマン「うん」

バルクホルン「すまないな、こんなことまで手伝わせて」

芳佳「構いませんよ。一人でも多ければ、その分早く終わりますから」

ハルトマン「宮藤は優しいね。トゥルーデにも聞かせてあげたいよ……って、トゥルーデいたの!?」

バルクホルン「き、貴様……」

芳佳「抑えて! 抑えて下さい!」

ハルトマン「にしし」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 22:17:51.68 ID:33Ob21nEO

―夕方―

バルクホルン「ふう、これで終わりか?」

芳佳「そうですね。お疲れさまです」

バルクホルン「宮藤もな。ほとんど私と宮藤が片付ける形になってしまった」

ハルトマン「私だっていつもより手伝ったじゃん」

バルクホルン「立場的には、私たちがお前を手伝うのが正しいんだが」

ハルトマン「宮藤、ありがとね」

バルクホルン「おい!」

芳佳「はい。もう散らかさないで下さいね」

ハルトマン「むう、宮藤まで……」

バルクホルン「はっはっは! あと数日は持たせないといけないからな」

ハルトマン「……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 22:22:44.46 ID:33Ob21nEO

バルクホルン「さて、私は風呂に入ってくるが……お前たちはどうする?」

芳佳「私も一緒に」

ハルトマン「宮藤!」

芳佳「?」

ハルトマン「……ちょっとさ、話したいことがあるんだ。いいかな」

芳佳「私は大丈夫ですけど……」

ハルトマン「良かった。トゥルーデ、私たちは後から行くよ」

バルクホルン「そうか。それじゃあ、先に入ってるぞ」

ハルトマン「うん」

バタン

芳佳「ハルトマンさん……?」

ハルトマン「……ね、ベッドに座ってよ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 22:28:14.40 ID:33Ob21nEO

芳佳「話したいことって、何ですか?」

ハルトマン「……宮藤は確か、将来はお医者様になりたいんだっけ?」

芳佳「はい! って言っても、まだまだ勉強することばっかりですけど」

ハルトマン「そっか」

芳佳「……そういえばハルトマンさんも――」

ハルトマン「ねえ」

芳佳「は、はい」

ハルトマン「お医者様になるってことは、良いことばっかりじゃ……いや、宮藤は501にいるから知ってるよね」

ハルトマン「どんなに手を尽くしても、助からない人はきっといるよ。世界は広いし、戦争や病気は無くならない。それは分かるでしょ?」

芳佳「……」

ハルトマン「そんな世界で、宮藤は変わらずにいられる? 5年、10年経っても、今と同じことが言えると思う?」

芳佳「……」

ハルトマン「……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 22:34:09.88 ID:33Ob21nEO

芳佳「……正直、自信はありません……ストライクウィッチーズに来て、戦争を目の当たりにして……自分じゃ無理かもしれないって想いの方が、強くなった気がします」

ハルトマン「……うん」

芳佳「でも、出来ないから諦めるなんて絶対にしたくないです。ストライクウィッチーズでみなさんに出会って、学んだんです!」

芳佳「私は一人じゃない、みんなと一緒なんだ。みんながいるから、私にも出来ることが見つけられたんだって!」

ハルトマン「……!」

芳佳「だから……これからも、私の目標は変わりません! みんなを守るために」

ハルトマン「宮藤!」ムギュッ

芳佳「わっ!?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 22:38:40.36 ID:33Ob21nEO

ハルトマン「宮藤、もういいよ、ありがとう……」

芳佳「ハルトマンさん……?」

ハルトマン「宮藤がそう言ってくれて本当に良かった……ぐすっ、みやふじー……」

芳佳「えっと、私がなにか……」

ハルトマン「……宮藤が501に来てから、みんな凄く変わったんだよ。トゥルーデもミーナもリーネも、私だってきっと」

ハルトマン「だからこそ、宮藤には変わって欲しくなかったんだ……そのままの宮藤でいて欲しかったんだよ」

芳佳「私が、みんなを?」

ハルトマン「うん。自分じゃわからなかったかもしれないけどね」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 22:46:43.42 ID:33Ob21nEO

芳佳「……ハルトマンさん。私はいつまでも私のままです。時間が過ぎていっても、変わったりなんかしませんよ」

ハルトマン「……やめてよ、また泣きそうになるじゃんか……」

芳佳「へへ」

ハルトマン「……宮藤。これから先、きっと辛いことも悲しいことも沢山降りかかってくるよ。逃げ出すことも出来ないような……」

ハルトマン「そんなとき、世界がとても無価値なものに見えるかもしれないけれど……宮藤の夢は、無駄なんかじゃないって、忘れないで」

ハルトマン「だってさ…ほら、空に虹がかかるのはいつ? 雨が降ったあとだけだよね。だから……」

芳佳「……ハルトマンさん、また泣いちゃってるじゃないですか。ふふ……」

ハルトマン「あ……」

芳佳「……私たちはいつでも、同じ月の下にいるんです。離ればなれになんかなりませんよ」

芳佳「でも、もしどうしても寂しくなったら、いつでも会いに来て下さい。私が寂しくなったら、きっと会いに行きますから!」

ハルトマン「っ……くぅ…」

ハルトマン「宮藤、大好きだよ! ずっと……ずっと…!」

芳佳「……私も、大好きです。ぐすっ……忘れないで…くださ……うえーん……!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 22:55:55.41 ID:33Ob21nEO

―数日後―

ハルトマン「じゃあね、宮藤。立派なお医者様になってね」

芳佳「はい! ハルトマンさんも頑張って下さい」

ハルトマン「トゥルーデがいるから、サボろうったって難しいけどね」

バルクホルン「何か言ったか?」

ハルトマン「なんでもないよー」

芳佳「あはは」

坂本「宮藤、そろそろ出港の時間だ。名残惜しいが、扶桑に帰ろう」

芳佳「あ……」チラッ

芳佳「……その、私…」

ハルトマン「宮藤!」

芳佳「は、はい」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 23:01:14.14 ID:33Ob21nEO

ハルトマン「……虹が見えるのは雨の後だけだって言ったでしょ? 今は悲しいかもしれないけど、こんなとこで立ち止まるな! 行け、宮藤!」

芳佳「……そうですよね。ありがとうございました!」

芳佳「さよなら、ハルトマンさん、バルクホルンさん!」

バルクホルン「また会おう! 武運長久を祈ってるぞ!」

ハルトマン「……っ」

バルクホルン「……」

ハルトマン「……トゥルーデ、私……な、泣かなかったよ。宮藤の前だもん……」


バルクホルン「……ああ。よく我慢したな」

ハルトマン「うっ、くぅ……みやふじ……」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 23:06:55.08 ID:33Ob21nEO

―数週間後―

芳佳「はぁ……ハルトマンさん、今頃何してるんだろ……」

芳佳「あんなこと言ったけど、やっぱり側に誰か居てくれないと寂しいな……」

「もしもーし!」

芳佳「あ……はーい!」

芳佳「診療所に御用なら……」

ハルトマン「久しぶり! 元気だった?」

芳佳「ファッ!?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 23:12:19.84 ID:33Ob21nEO

ハルトマン「いやー、あのあと上の人に特別に休暇を貰ってさ。ウルスラのとこを回って、ここに来たんだ」

芳佳「えっと……」

ハルトマン「何日かここでお世話になってもいいかな?」

芳佳「はあ……大丈夫だとは思いますけど」

ハルトマン「……なんか、あんまり嬉しそうじゃないね?」

芳佳「嬉しいですけど、ちょっとびっくりして……」

ハルトマン「はは、まあしょうがないか。それより……」ギュッ

芳佳「ひゃっ!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 23:17:49.97 ID:33Ob21nEO

ハルトマン「欧州にいた頃はこんなこと出来なかったし……んっ、恋人同士なら普通だよ?」

芳佳「恋人同士なんて、まだそんな……」

ハルトマン「いいじゃん、ね……『芳佳』」

芳佳「ああっ……こんなとこで……」

ガラガラッ

みっちゃん「芳佳ちゃ――」

ハルトマン「!!」

芳佳「みっ……」

ハルトマン「お、お邪魔してます」

みっちゃん「……芳佳ちゃんのばかぁーっ!」

芳佳「みっちゃん! 待ってみっちゃん!」ダッ

ハルトマン「もー、宮藤ったら……まだ焦らすの?」

ハルトマン「まあいいか。きっといつか、明日にも、宮藤を私のものにして見せるよ。私が幸せにしてあげるからね、芳佳!」


おわり


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 23:19:47.68 ID:33Ob21nEO

Bob Crosby & The Bobcatsの
『Happy Times』が元ネタでした
聞いて、どうぞ
http://www.youtube.com/watch?v=GFfaR3I--zI


みんなもストライクSS書こう、きっと続編あるから
支援サンクス
おやすみ





『ストライクウィッチーズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿