TOP > 笑ゥせぇるすまん > 喪黒福造「先生の交響曲第9番は、悪魔に捧げる特別な音楽となるのです」 作曲家「悪魔に捧げる音楽!?」

喪黒福造「先生の交響曲第9番は、悪魔に捧げる特別な音楽となるのです」 作曲家「悪魔に捧げる音楽!?」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:44:24.241 ID:stk3bmGAD

喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。

    ただの『せぇるすまん』じゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。

    この世は、老いも若きも男も女も、ココロのさみしい人ばかり。

    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

    いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

    さて、今日のお客様は……。

    吉富敏(66) 作曲家

    【交響曲第9番】

    ホーッホッホッホ……。」


2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:46:21.102 ID:stk3bmGAD

東京、台東区。東京文化会館。館内の壁には、クラシック音楽のコンサートのポスターが貼られている。

ポスターには、白髪交じりの長髪をした初老の作曲家の写真が写っている。

テロップ「吉富敏(66) 作曲家」

コンサートで上演される予定の音楽は、吉富の作った「交響曲第8番」のようだ

大ホール。とある交響楽団により、吉富敏の「交響曲第8番」が演奏されている。

指揮棒を振るパーマ頭の指揮者。楽器を奏でる交響楽団のメンバーたち。重厚な音楽が室内に響き渡る。

観客席で、音楽を聴き入る観客たち。観客の中には、例の男――喪黒福造もいる。

指揮者が持つ指揮棒が止まる。演奏をやめる交響楽団。惜しみない拍手を送る喪黒ら観客。


ある街。緑に囲まれた中に、吉富の仕事場がある。机に向かって、紙に何かを書こうとする吉富。

しかし、吉富の持った鉛筆は動いていない。眉間にしわを寄せ、悩んだ表情をする吉富。彼は、両手で頭を抱え込む。

吉富(交響曲第9番……。私の作曲活動で、ここまでの産みの苦しみを味わったのは初めてだ……)


3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:48:15.136 ID:stk3bmGAD

仕事場を出る吉富。吉富は、森の中を一人で歩く。

吉富(それにしても、森は私の心を落ち着かせてくれる……)

山道を歩く吉富の目の前に、喪黒が姿を現す。吉富に話しかける喪黒。

喪黒「こんにちは、吉富先生」

吉富「あなたは一体……?」

喪黒「私ですか?私は先生のファンなんですよ」
   「この間、東京文化会館で先生の『交響曲第8番』を聴きました」

吉富「東京文化会館でのコンサート……。JBCフィルによる演奏のですか?」

喪黒「そうです。『交響曲第8番』の重厚深遠な世界観が反映されていて、実に見事でしたよ」
   「『交響曲第8番』は、先生がお作りになった楽曲の中でも最高傑作と言えるでしょう」

吉富「『交響曲第8番』が最高傑作……。私にはそうは思えませんよ」

喪黒「どうしてです?謙遜することはないでしょう」

吉富「私の作曲家人生の最高傑作は、やはり来るべき交響曲第9番であるべきでしょう」


4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:50:15.025 ID:stk3bmGAD

喪黒「交響曲第9番ですか。交響曲第9番を作るのは、作曲家の夢と言っても過言ではありませんし……」
   「歴史上の偉大な作曲家を見ても、交響曲第9番が最高傑作となった人物が多いですからねぇ」

吉富「そうですよ。ベートーベンも、ドヴォルザークも、シューベルトも交響曲第9番が最高傑作となったのですから」

喪黒「ええ。マーラーの最高傑作である『大地の歌』は、彼の9番目の交響曲ですし……」
   「ブルックナーだって、もしも交響曲第9番を完成させていれば、間違いなく彼の最高傑作となったでしょう」

吉富「その通りです。交響曲第9番とは作曲家にとって、最後の交響曲にして最高傑作という特別なものになるわけですから……」

喪黒「先生が交響曲第9番を完成させたならば、歴史に残る最高傑作になるでしょうねぇ」
   「第9番の完成、心から楽しみにしていますよ」

吉富「まあ、そのことなんですけど……。今の私は、その交響曲第9番の作曲に取りかかったところなんですが……」

喪黒「おそらく、音楽の作曲があまりはかどっていないのでしょう」

吉富「はい。それどころか、構想すら頭に浮かんでこないのです」

喪黒「そうですか……。私はファンの一人として、そんな先生のお力になりたいところですよ」

喪黒が差し出した名刺には、「ココロのスキマ…お埋めします 喪黒福造」と書かれている。


6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:52:18.585 ID:stk3bmGAD

吉富「ココロのスキマ、お埋めします?」

喪黒「私はセールスマンです。お客様の心にポッカリ空いたスキマをお埋めするのがお仕事です」

吉富「聞いたことのないお仕事ですね……」

喪黒「どちらかと言うと、ボランティアみたいなものですよ。いい店を知っていますから、そこでゆっくり話でもしましょうか」


BAR「魔の巣」。喪黒と吉富が席に腰掛けている。

喪黒「吉富先生の音楽の世界観には、ある特徴があります。 大自然や生命に対する畏敬の気持ち……」

吉富「はい。私は森の中を散歩するのが日課ですから……。大自然への畏敬の気持ちは、そこで培われたのでしょう」

喪黒「それと……。人間の苦悩や絶望感を描くものの、最後の方での一抹の希望を感じさせる終わり方……」
   「先生の後期の交響曲は、まさにそういった重苦しい内容になっていますねぇ」

吉富「ええ。私は若いころ、息子と妻を相次いで亡くしました」
   「最愛の家族を失ったことにショックを受け、『生命とは何だろう』と考えるようになったのです」

喪黒「それだけではありません。吉富先生の音楽活動は、一貫して古典回帰を目指したものでもありますよねぇ」


7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:54:13.622 ID:stk3bmGAD

吉富「はい。私は昔から、現代音楽というものに対して批判的でしたから……」

喪黒「先生の音楽の世界観は、誰にも真似できるものではありません。哲学的なものさえ感じますよ」

吉富「哲学的なもの……ですか。喪黒さん。あなたによる私の音楽の分析には、あるものが抜けていますよ」

喪黒「ほう……。それは何ですか?」

吉富「神に対する信仰ですよ。私の音楽の根底にあるのは、神への信仰心です」

喪黒「おお、そうでした。吉富先生は敬虔なクリスチャンでしたなぁ」

吉富「はい。私は信仰のおかげで、数々の困難を乗り越えてきました。息子や妻との死別、精神的な苦悩、数々の作曲活動……」

喪黒「なるほど……。そんな先生のために、いいものをあげましょう」

喪黒は鞄から何かを取り出す。机の上に置かれたのは、ハードカバーの分厚い書物だ。この書物は、年代物のように見える。

吉富「何ですか、これ?」

喪黒「グリモワールです。日本語で言うところの、いわゆる魔導書ですよ」


8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:56:13.864 ID:stk3bmGAD

吉富「グリモワール……。悪魔を呼び出して願い事をかなえさせるための、手順が書かれた本ですか」

喪黒「そうです。悪魔とクラシック音楽のつながりといえば、先生ならご存知でしょう」
   「ほら、タルティーニの傑作『悪魔のトリル』にまつわるエピソード……」

吉富「ええ、存じてますよ。タルティーニが自ら見た夢をもとに作った音楽でしょう」

喪黒「はい。ある夜、タルティーニは悪魔に魂を売る夢を見ました」
   「悪魔がバイオリンを弾いて彼に聞かせた音楽は、人間業とは思えないほど見事なものだったそうです」

吉富「夢から目覚めた後、タルティーニが自らの記憶を辿りながら作ったもの……。それが『悪魔のトリル』ですよね」

喪黒「そうです。先生がこれから作る交響曲第9番もまた、そのような意味合いの音楽になるはずでしょう」

吉富「喪黒さん……。あなた一体、何が言いたいんですか?」

喪黒「このグリモワールを使って、悪魔を呼び出してください。そうすれば、先生の願いはかないますよ」

吉富「まさか、悪魔を利用して交響曲第9番を作れと……」

喪黒「その通りです。しかも、この第9番は、単に悪魔の力を借りた音楽になるだけではありません」
   「先生の交響曲第9番は、悪魔に捧げる特別な音楽となるのです」


9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 20:58:17.568 ID:stk3bmGAD

吉富「悪魔に捧げる音楽!?喪黒さん、あなた何てことを言うんですか!!」
   「作曲家としての私の人生の全否定じゃないですか!!それどころか、神に対する冒涜に他なりませんよ!!」

喪黒「神に対する冒涜……。それがどうしたというんですか?」

吉富「あ、あなたはどうかしている……」

喪黒「そもそも、神が自分に似せて人間を作ったならば、今の世界は完璧なのものになっているでしょう」
   「しかしながら……。人間の内面は混沌としていて醜いですし、世界は矛盾と悪に満ちています」
   「だとすると、こういう仮説に行き着くはずです。実は、世界を作った神の正体とは、悪魔そのものなのではないかと……」

吉富「そんなことはありません!!そんな恐ろしいことが、世の中の真理であってたまりますか!!」

喪黒「ねぇ、先生。神が作ったはずの世界で、何でこんなに苦悩が満ち溢れているんですか?」
   「先生の息子さんも奥様も、『生きたい』という望みをかなえられないまま夭折しましたし……」
   「それによって、先生は心からの悲しみを味わいました」

吉富「で、ですが……」

喪黒「人間に数々の苦難を与え、世界を苦悩に満ちたものにするのが神の仕事ならば……」
   「やはり、神こそが悪魔そのものに他ならないのではないですか?」

吉富「そ、そんなはずはありません……」


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:00:35.237 ID:stk3bmGAD

喪黒「それどころか……。悪魔そのものである神に対し、人間は必死で何かを祈っている。それが現実かもしれませんよ」

吉富「悪魔そのものである神に祈る……。考えただけでも恐ろしい!!神を冒涜するのは、もうよしてください!!」

喪黒「吉富先生、現実を見ましょうよ。神を信仰して、先生が心から救われたことはなかったでしょう」
   「だったら、思い切って悪魔に全てをゆだねてみたらどうですか?」

吉富「悪魔に全てをゆだねる……」

喪黒「そうです。このグリモワールを使えば、先生は最高傑作を作ることができるはずです。先生、一歩を踏み越えてください」

吉富「……分かりました。あなたがそこまでおっしゃるのなら……。グリモワールを使ってみましょう」

喪黒「いやぁ……、よく決断してれました。その代わり、先生は私とある約束をしていただきます」

吉富「約束!?」

喪黒「はい。グリモワールを使うのは、今回の作曲活動のためのたった1回のみにしてください」
   「この書物は、使用後は私の元へちゃんと返却してくださいよ。いいですね!?」

吉富「そ、そうしますよ……。こんな恐ろしいものを使うのは、今回だけにしておきますから……」


11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:02:35.540 ID:stk3bmGAD

夜。吉富の仕事場。机に向かい、必死でグリモワールを読む吉富。グリモワールには、横文字の文章が並んでいる。

吉富(なるほど……。音楽に関する悪魔を呼び出すやり方は、こうやるのか……)

グリモワールを閉じる吉富。しばらくした後、吉富は床に白墨で魔法陣を描く。魔法陣に向かってひざまずき、手を組んで祈る吉富。

吉富「●△■☆◆◎、○▲□★▽●」

何かの祈りの言葉を唱える吉富。それとともに、白墨で描かれた魔法陣が光り輝く。

吉富「!?」

光る魔法陣の中から、人型をしたあるものがみるみると出現する。人型であるが、人間とは似ても似つかぬものだ。

彼の姿はまさに、典型的な悪魔のそれである。灰色の肉体をし、頭の角、背中の翼、尻尾を持った得体の知れぬ生き物――。

悪魔「私を読んだのはお前か……」

吉富「は、はい……。あなたがあの本で紹介されている、音楽の悪魔なんですか!?」

悪魔「そうだ……。私はお前の望みをかなえに来たのだ。お前の望みは何だ……?」

吉富「わ、私は交響曲を作りたいのです!!私が作った音楽の中で、最高傑作のものを……」


12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:04:24.680 ID:stk3bmGAD

悪魔「いいだろう……。お前に特別な交響曲を聴かせてやる」

仕事場の空間の輪郭が歪み、別の空間へと飛ばされる吉富。気がつくと、彼はとある劇場の観客席に座っている。

吉富「こ、ここは……」

ステージの上に、勢ぞろいする悪魔たち。指揮者も、交響楽団も全て悪魔で構成されている。

それどころか客席にいる観客も、吉富を除いて全員が悪魔だ。音楽の演奏を始める悪魔たち。

吉富(おおっ……!!まさに、この世のものとは思えない美しい音楽だ!!これが悪魔の交響曲なのか……)

悪魔の音楽に感銘を受ける吉富。悪魔たちの楽団は、交響曲の上演を続ける。うっとりと聴き入る吉富。

そして――。最終楽章の演奏を終える悪魔の楽団。観客席にいる悪魔たちと吉富が、割れんばかりの拍手を送る。


仕事場。床の上で、目が覚める吉富。

吉富(さ、さっきの光景は夢か……)

起き上がって、辺りを見渡す吉富。彼の近くには、白墨で魔法陣が描かれている。


13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:06:16.426 ID:stk3bmGAD

吉富(い、いや……。夢じゃない……。私はさっき、音楽の悪魔を呼んだんだ……)
   (そのことにより……。私は変わった劇場で、悪魔の楽団が奏でる交響曲を聴いた。これ以上ない美しい音楽を……)

急いで机に向かう吉富。吉富は鉛筆を持ち、紙に何かを書き始める。


テロップ「1年後――」

東京、渋谷区。新国立劇場。とある交響楽団が、吉富の新しい交響曲を上演している。

指揮棒を振る指揮者。音楽に聴き入る喪黒ら観客たち。最終楽章を演奏し終える交響楽団。

壇上に上がり、挨拶をする吉富。吉富に対し、スタンディングオベーションで応える喪黒ら観客たち。

観客たち「ブラヴォーーーー!!!」


BAR「魔の巣」。喪黒と吉富が席に腰掛けている。

喪黒「吉富先生、おめでとうございます。あなたの新曲の初演、成功に終わりましたよ」

吉富「ありがとうございます……」


14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:08:20.300 ID:stk3bmGAD

喪黒「それにしても、不思議な雰囲気の音楽でしたねぇ。聞いた人間の胸をわしづかみにする、蠱惑的な何かがあります」
   「まさに題名の通り、『悪魔に捧げる交響曲』にふさわしいものですよ」

吉富「ええ。ですが……」

喪黒「先生、謙遜することはありません。『悪魔に捧げる交響曲』は、先生の最高傑作ですよ」
   「それに……。先生はあのグリモワールをお使いになった後、約束通り私に返却したのですから……」

吉富「そのことなんですが……。私が作ったのは、『悪魔に捧げる交響曲』であって交響曲第9番ではありません」

喪黒「確かに……。あのマーラーだって、9番目の交響曲は『大地の歌』でしたけど……」
   「その次に作った交響曲には、『交響曲第9番』のタイトルを付けていますからねぇ」

吉富「ええ。『悪魔に捧げる交響曲』を作ったならば、次は神に捧げる交響曲を作るべきなのだと思うのですよ」
   「何しろ……。過去の先人たちは、神に捧げる意味を込めて交響曲を作ってきたでしょう」

喪黒「ほう……。では、その神に捧げる交響曲とやらが、今度こそ交響曲第9番になるというわけですね?」

吉富「そうです、喪黒さん。私は今度こそ、真の交響曲第9番を作って見せますから!」


仕事場。机に向かい、紙に何かを書く吉富。しかし、吉富は紙をクシャクシャに丸める。


15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:10:16.868 ID:stk3bmGAD

吉富(ダメだ……!!どんなに頑張っても、あの『悪魔に捧げる交響曲』を超える交響曲が作れない……!)
   (あの交響曲は完成度が高すぎた……!あれを超えるものを、どうやって作ればいいのか……!)

頭を抱え、悩む吉富。

吉富(グリモワール……。グリモワールさえあれば、完成度の高い音楽ができるかもしれないのに……。でも……!!)


吉富の自宅。書斎で、ノートパソコンを操作する吉富。

吉富(グリモワールがあった……!!まさか、こんなところに見つかるとは……!!)

巨大通販サイト「アムザン」に、例のグリモワールが販売されている。


数日後。吉富家。宅急便業者から、グリモワールが入った小包を受け取る吉富。

吉富(もう、後には戻れない……。しかし、私はやるしかない……)


夕方。吉富の仕事場。白墨で、床に魔法陣を描く吉富。


16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:12:17.306 ID:stk3bmGAD

吉富(不本意ながら、私は今回もグリモワールを使うことになってしまった……)

魔法陣に向かってひざまずき、祈りの言葉を唱える吉富。

吉富「●△■☆◆◎、○▲□★▽●」

白墨で描かれた魔法陣が、光を発する。光る魔法陣の中から出現する、人型をした何か――。それは、徐々に姿を現す。

魔法陣から現れたのは、音楽の悪魔……ではない。何と、喪黒福造である。

吉富「も、喪黒さん!!何で、あなたがこんなところに!!」

喪黒「吉富先生……。あなた約束を破りましたね」

吉富「い、いえ……。私は約束通り、喪黒さんに例のグリモワールを返却しましたけど……」

喪黒「ねぇ、先生……。あのグリモワールは、世界にたった1冊だけではありませんよ」
   「他にもいくつか存在しているはずです。それが証拠に……」

吉富の机を指差す喪黒。机の上には、グリモワールが置かれている。

吉富「ああっ!!」


17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:14:21.816 ID:stk3bmGAD

喪黒「おそらく、何かの手段を使って購入したのでしょう。例えば、ネット通販とか……」

吉富「くっ……」

喪黒「ほう……、図星ですか。私は言ったはずですよ。あなたがグリモワールを使うのは、たった1回のみにしておけ……」
   「それにも関わらず、先生は再びグリモワールを使用しましたねぇ……」

吉富「喪黒さん!私が前回グリモワールを使用したのは、『悪魔に捧げる交響曲』を作るためでした!」
   「しかし、今回は神に捧げる交響曲を作るため……。だから、私は……」

喪黒「弁解は無用です。約束を破った以上、あなたには罰を受けて貰わなくてはなりません!!」

喪黒は吉富に右手の人差し指を向ける。

喪黒「ドーーーーーーーーーーーン!!!」

吉富「ギャアアアアアアアアア!!!」


とある劇場。観客席に座る吉富。壇上で、交響楽団が何かの交響曲を上演している。

指揮棒を振る指揮者。楽器を演奏する交響楽団。楽団が奏でる音楽に聴き入る吉富。


18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 21:17:36.256 ID:stk3bmGAD

吉富の仕事場。交響楽団による演奏の幻を聴きながら、恍惚とした状態となる吉富。

吉富「こ、これだ……。この音楽こそ、私が作りたかったものだ……。そうだ、これこそが交響曲第9番……だ……」

吉富はうわごとをつぶやき、そのまま床へと倒れる。急激な速度で実年齢以上に老化し、衰弱する吉富。

吉富の机に向かい、グリモワールを持つ喪黒。喪黒がグリモワールを手にした時、書物は一気に風化していく。

床に倒れている吉富を見つめる喪黒。吉富は、服を着たままの白骨死体となっている。


夜。緑に囲まれた場所にある、吉富の仕事場。建物の前には、喪黒がいる。

喪黒「音楽には、人間の感情を動かす力がありますし……。いつの時代も、音楽の魅力は人を惹きつけてやみません」
   「この世には様々な種類の音楽がありますが……。中でも、クラシック音楽の魅力は格別のものと言えるでしょう」
   「なぜなら、音楽の芸術性や世界観、楽曲が作られた背景など……。クラシック音楽は聴く人の想像力を駆り立ててくれます」
   「それに何と言っても、クラシック音楽の魅力とは……。作曲家の人生が楽曲に現れていることの奥深さなのかもしれません」
   「だから、吉富先生が死ぬ直前に聴いた幻の交響曲は、さぞ美しいものだったのでしょう。私も聴いてみたかったんですけどねぇ……」
   「オーホッホッホッホッホッホッホ……」

                   ―完―





『笑ゥせぇるすまん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿