TOP > シンデレラガールズ > 美優「エッチ」由愛「スケッチ」愛海「ワンタッチ」

美優「エッチ」由愛「スケッチ」愛海「ワンタッチ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 12:40:32.53 ID:NdA2w43Y0

棟方愛海「っていうユニットを考えたんだけど」

モバP「…」

愛海「どうかな?プロデューサー」キラキラ

P「却下で」

愛海「えー!なんで!」

P「どう考えてもお前の煩悩丸出しじゃねーか」

愛海「そんなことないって!ちゃんとバランスのとれたメンバーでしょ」

P「胸のサイズ的にな」

愛海「もー!あたしが女の子のやわらかいふくらみのことしか考えてないと思ったら大間違いだよ!」

P「え?逆にそれ以外考えてることあるの?」

愛海「ぐぬぬ」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 12:44:37.07 ID:NdA2w43Y0

P「いや確かに美優さんはえっちだよ?」

愛海「だよね!」

P「でもこのユニットまとめ役いなくね?」

愛海「じゃあ発案者のあたしで」

P「はいアウト」

愛海「どうして!」

P「どうしてもくそもあるかい!」

愛海「いやどう考えてもあたしが適任だと思うけどな」

P「逆に聞くがどうしてだよ」

愛海「ふっ…由愛ちゃんと美優さん…小さい山と大きい山…この2つの山を登り渡れる存在はこのあたしだけだよ」

P「ごめん何言ってるか全然わかんない」

愛海「ひどい!」ガーン


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 12:47:18.39 ID:NdA2w43Y0

P「ともかくこんなユニット企画書却下却下」ポイー

愛海「ああ!あたしのふたご山登山計画書が!」

P「俺だって三船さんの胸揉みてえんだよ!」

愛海「急に逆ギレ!?」

P「はっ・・・いかん取り乱した、すまん愛海」

愛海「とにかく、いったん落ち着いて。ねぇ、ちょっとだけでも考えなおそ?プロデューサー」

P「じゃあちょっと考え直してみる」

愛海「さすが!」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 12:52:56.07 ID:NdA2w43Y0

P「考え直した結果、どうみても愛海が三船さんに手を出してユニット解散の黄金パターンの未来しか見えない」

愛海「セリフいっこ分すら考え直してくれてない!」

P「なこといっても、今まで何人のアイドルの柔肌が愛海ハンドの犠牲になってきたか…」

愛海「ちょっ!あたしそんなことしないよ!」

P「いやするだろ」

愛海「まぁするよね」

P「マヌケが見つかったようだな」

愛海「はっ!しまった!つい本音が!」

P「つーわけで解散解散ー。そもそも組んでないけど解散ー」

愛海「ああ!せめてワンタッチだけでも!美優さんにワンタッチだけでも!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 12:54:56.76 ID:NdA2w43Y0

よくじつ



愛海「新しいユニットを考えてきたよ」

P「今度こそまともなやつだろうな」

愛海「とんでもない、あ、これユニットの計画書ね」

P「うん、あとで読んでおくよ」

愛海「今度はちゃんと2人で考えてきたもん!」

P「ほう。今回は2人なのか」

愛海「さっそく相方も呼んでおいたよ」

P「手際がいいな」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 12:59:17.87 ID:NdA2w43Y0

多田李衣菜「こんにちはー」ガチャ

P「おお李衣菜か。なんか意外な組み合わせだな」

愛海「でしょ!」

李衣菜「へへん、このユニットは間違いないですよ、プロデューサー!」

P「じゃあ肝心のユニット名をきこうか」

愛海「ユニット名は…『ロッククライマーズ』」

P「あれ、なんか思ってたよりふつうだな」

李衣菜「そうそう、なかなかクールでロックないいユニット名ですよねー!」

P「あれ、俺の感想きいてた?」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:00:59.01 ID:NdA2w43Y0

愛海「じゃあプロデューサー、社長に新ユニットの許可とってきて!」

P「そんなホイホイ決められるかよ」

愛海「昨日のよりは全然まともでしょ?」

P「まぁそうなんだけど…なんかひっかかるっつーか」

李衣菜「私からもお願いしますよー、プロデューサー!」

P「…」




P「俺の愛海がこんなまともなユニット名をつけるわけがない」

愛海「!?」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:04:22.66 ID:NdA2w43Y0

P「因みにこのユニット名の名付け親は?」

愛海「ぎく」

李衣菜「愛海ちゃんですね!」

P「え?李衣菜じゃないの?」

李衣菜「はい、愛海ちゃんが誘ってくれたんです。ロックときいて私がユニット組まないわけにはいかないじゃないですかー」

P「ほほう」

愛海「う…うん…」

P「まさかロックって言葉を使って李衣菜を誘いよからぬことを企んでたわけじゃあるまいな」

愛海「そ…そんなわけないじゃん。やだなープロデューサーったら人聞きの悪い」

李衣菜「そーですよー!」

P「でもさっき愛海ぎくって言ったよね?」

愛海「ぎくうっ」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:07:02.20 ID:NdA2w43Y0

愛海「まぁまぁ、とにかくっ、やってみようって。あたしと李衣菜さんでロックなユニット目指そうよ!」

李衣菜「うっひょー!燃えてきたー!」

P「あ や し い」

愛海「だから怪しくないって!そんなものロックなユニットにはいらないもん!」

P「その、愛海のキャラじゃないロックって言葉を多用し始めたところとかとくにあやしい」

愛海「うっ」

李衣菜「わかってないなープロデューサーさん、愛海ちゃんはロックに目覚めてくれたんだよ!」

P「確かに愛海の生き様はある種ロックだがこれ以上ロックなアイドルはいらん」

愛海「そこをなんとか!」

P「うーん…」

P(何か…何かあるはずだ…ここに愛海の不埒な思惑が…)

李衣菜「ところでプロデューサーが持ってるそれってなんですか?」

P「え?これは愛海からもらった…はっ」

李衣菜「?」

P(これだ!)




愛海「ともかく、やましいことなんて何もないから、李衣菜さんとユニット組ませてよ!」

P「それは違うよ!」バァーン

愛海「なっ!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:11:30.19 ID:NdA2w43Y0

P「これは先程愛海からもらった今回のユニットの計画書だ」

愛海「え?」

P「今から読み上げる」

愛海「…あっ」

P「ユニット名「ロッククライマーズ」結成理由:ユニット活動をする片手間に李衣菜さんの見かけにしてはなかなかロックに主張する胸を揉みしだく」

愛海「しまったあああ!つい計画書の方にあたしの抑えきれなかったリビドーを無意識に書き記していた!」

P「つまり、ロックなユニット活動を目指していたのではなく、ただの個人的な私欲を満たすためだとしか…考えられないんだよ。違うかな、棟方さん」

愛海「ぐぐっ!」

李衣菜「愛海ちゃん…それ、ほんとなの?」

P「ゲームセットだ。観念するんだな、棟方愛海」






愛海「…フ」

李衣菜「え?」

愛海「ねえ、李衣菜さんはロックってなんだと思う?」

李衣菜「え…ええ?」

P「急にどうした」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:16:15.13 ID:NdA2w43Y0

李衣菜「そうだなぁ…、やっぱり、ロックを追い続けることが、ロック、ってやつかな?」ドヤ

愛海「そう。その気持ちはあたしも同じ」

P(いったい何が同じだというのか)



愛海「ことにロッククライミングにおいても、同じことが言える」

李衣菜「ロック…クライミング…?」

愛海「あたしもひとりの、山を追い求め続ける身…」

愛海「この前ハワイで幾度となく目にしてきた大小さまざまな美しき山々の数…この手で挑み、掴みたい。でも掴めたのはココナッツの実だけ…無残に散っていったあのツアーライブの日々」

李衣菜「お…おぉ…あんまりよくわかってないけどなんだかすごいロックだね!」

P(いったいどのあたりがロックだというのか)


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:23:10.08 ID:NdA2w43Y0

愛海「かの有名な登山家ジョージ・マロリーは、『なぜ山に登るのか?』という問いに『そこに山があるから』と答えている」

愛海「そう…そこに『山』がある限り、どれだけ断崖絶壁が立ちはだかろうとも、私はこの両手を武器に、登りつめる…!」

愛海「そう…数ある山々を自らの手で這い上がり、登頂を目指し、その先にある高みを目指して…!」

P(全然違うが、まるで追い詰められた犯人が最後に独白する自供のようだ。全然違うが)



愛海「それは、日本の山とて、同じこと。そう、ロッククライミングにおいて二種に分かれる、より安全なフリークライミングよりも…」

李衣菜「……?」ゴクリ




愛海「落ちたら最後、生死隣り合わせのアルパイン・クライミングを!というわけで李衣菜さん、いただきまーす!」

李衣菜「へ?ひゃあっ!///」

P「おま!!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:26:50.21 ID:NdA2w43Y0

愛海「ふむ…これは…やはり見かけとは裏腹にかなりのものをお持ちで…」モミモミ

李衣菜「ちょ…愛海ちゃん…何を…うぅ~…///」モミモミ

P「やめろォ!」

愛海「この感じ…李衣菜さんロック!いいよ!これ!すごいロックだよ!」モミモミ

李衣菜「そ、そっか…私…ロックしてるかな…あはは…あぅっ///」モミモミ

P「まんざらでもない感じになるな!俺もまz…いや、止まれェ!」

愛海「うひひひ…この感触…これこそがNYU THE ROCK!」

P「違うだろ!いい加減にしろ!」スパァン

愛海「がふっ」

P「まったく油断もすきもない」

李衣菜「び…びっくりした…」ドキドキ







新ユニット「ロッククライマーズ」は本日をもって解散となった。


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:28:54.89 ID:NdA2w43Y0

さらによくじつ



愛海「また新しいユニットを考えてきたよ」

P「お前も懲りないやっちゃな」

愛海「まあまあまあ。あ、これ計画書ね」

P「……」ポイー

愛海「ちょっとぐらい読んでくれても!」

P「なんかもう同じ結末しか見えないし…」

愛海「これが最後のチャンスってことで!」

P「じゃあ話だけはきくよ」

愛海「さすがプロデューサー、話が分かる!」

P「それで、ユニットのメンバーは?」

愛海「えっとね、あたしと鷹富士茄子さんのユニットでね…」

P「…ユニット名は?」

愛海「『富士登山』」






P「……」ケイカクショビリー

愛海「ああ、あたしの世界遺産が!世界に一つだけの世界遺産ユニットがー!」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:31:26.81 ID:NdA2w43Y0

よくよくじつ


愛海「プロデューサー、おはよー…」

P「どうしたクライマー愛海。元気がないじゃないか」

愛海「だってプロデューサー私の意見全部却下するんだもん」

P「実はそのことなんだが、最初に愛海が提案したユニットに関して、社長からOKもらえたぞ」

愛海「ほんとっ!!」ガバッ

P「あれから考え直したんだが、せっかく提案してくれた愛海の案を全却下するのも悪いなと思って手回ししておいた」

愛海「プロデューサーありがとー!一生肩もんであげる!」

P「ははは。ただ、三船さんはエッチ枠はいろいろと問題がありそうなので残念ながらそこはメンバーチェンジしておいた。あとユニット名も」

愛海「そ、そんな~!」




P「大丈夫だ!三船さんとメンバーチェンジしたアイドルも体系はかなりエッチだ!」

愛海「よし、許すッ!」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:35:41.80 ID:NdA2w43Y0

さらによくよくじつ


成宮由愛「あの…成宮由愛です。今日から…よ、よろしくね…」

愛海「うん!よろしくね由愛ちゃん!同じ山好きどうしがんばってこうね!」

由愛「や…やま…?」

愛海「なんでもない!忘れて!」

由愛「あ、もしかして絵の話…?それなら私も…風景で描くの…好きだよ」

愛海「そうそう!よければ今度描いてほしいなーなんて…」

由愛「うん…もちろんいいよ」

愛海「やった!ありがとね!」





愛海(計 画 通 り)

愛海(にへへ…プロデューサーはハレンチ行為禁止っていってたけど…)

愛海(その件に関しては全く問題なし!だって、これスキンシップだから!ユニット間のスキンシップだから!ハレンチ行為じゃないから!)

愛海(由愛ちゃんが絵を描いてるところを後ろからやさしくささやくように手を回せば…ぐへへへ…今から楽しみ~)

愛海(そして由愛ちゃんともうひとり、まだ見ぬもうひとりのナイスバディ…はやくふれあいたいなぁ~うひひひひ…)






木場真奈美「おや、話にきいていた通り、私とユニットを組むのは君たちだね?」ガチャ

愛海(なんてこった)


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:38:13.72 ID:NdA2w43Y0

由愛「あの、成宮…由愛です。よろしく…お願いします」

真奈美「うむ、よろしく。お嬢ちゃんは…ハワイ以来だね。よろしく頼むよ」

愛海「あ、あはは~…よろしくお願いします…」

真奈美「ただ、私がいるうちは軽率な行動は慎むようにね」ニコ

愛海「ふぁい…」

愛海(なんてこった)

真奈美「では、ただ今から私がこのユニットの指揮を勤めさせてもらう!二人とも、足手まといにならないようにな」

由愛「は…はい!」

真奈美「なんて、そんなに気を張らなくていい。フフ…3人ひとつで私達の力を見せつけてあげようじゃないか!」









愛海(あたしの夢は…ここで終わってしまうのか。)

愛海(でも、あたしはまだ諦めない。そう、目の前に山が立ちはだかる限り、絶対に負けない。)

愛海(だってあたしはようやくのぼりはじめたばかりだからだ…この果てしなく遠い山道を…!)


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/23(金) 13:39:30.34 ID:NdA2w43Y0

以上でおわりです。いろいろ混ぜ込みましたが続かない。
エッチな三船さん登場せずごめんなさい。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿