TOP > シンデレラガールズ > 【モバマス】飴はあめぇ~

【モバマス】飴はあめぇ~


167: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/17(土)23:31:46 ID:ecT

第14部 飴はあめぇ~


168: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/17(土)23:37:05 ID:ecT

―事務所

バタバタバタ

バタン

仁奈「プロデューサー!神社に着物を着た女の子が沢山いやがりましたけど、何かお祭りでごぜーますか!?」

モバP(以下P)「おう、仁奈、おはよう。まずはあいさつが先かな?」

仁奈「あ、ごめんなさい……えっと、おはよーごぜーます」

P「よしよし、よくできました」

「って、七五三の時期だからな。みんな手に千歳飴を持っていただろ?」

(イメージ画像)

18111800071.jpg


仁奈「うーん、わからねーですよ」

P「もしかして、仁奈。七歳の時にあんな恰好しなかったか?」

仁奈「七歳ですか?……その頃から仁奈は一人ぼっちでごぜーましたよ」

P(あちゃー)


169: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/17(土)23:42:58 ID:ecT

P「よし、ちょっと待ってな」

ピポパポ

アー、アノシゴトマダアキハアルカ?

ウンウン、ウチノニナヲ

ヨッシャ!

P「じゃあ、明日にもあの恰好をしてみようか」

仁奈「本当でごぜーますか!?」

P「あぁ。P、嘘つかない」

仁奈「やったでごぜーますよ!」

バタン

P「ふぅ……考えてみれば残酷な仕事なのかもな。あくまでイメージキャラに過ぎない、ただのコスプレといっても」

ちひろ「でも、仁奈ちゃん喜んでいたじゃないですか」

P「……あいつの笑顔を壊したくないだけですよ」

ちひろ「ふふっ、そういって顔を真っ赤にしちゃって」

P「うるせぇ……そんなことを言うのは」

チュッ

「この口だな」

ちひろ「ぁ……も、もぅ!」プンプン


170: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/17(土)23:45:01 ID:ecT

イチャイチャ



杏「まったく、イチャイチャするなら事務所の外でやってくれないかな」

かな子「あはは……でも七五三かぁ。懐かしいなぁ」

杏「かな子ちゃんのことだから、千歳飴をバリバリ食べていたんでしょ」ニヘヘ

かな子「美味しいから大丈夫だよ」

智絵里「ひ、否定しないんだ……」


171: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/17(土)23:48:42 ID:ecT

杏「なんかそんな事言ってたら、飴が欲しくなっちゃたよ」

かな子「じゃあ、作ってみようか」

智絵里「え?私たちでも……できるのかな?」

かな子「大丈夫。最近、電磁調理機が入ったから簡単だよ」

杏「うぇ~めんどくさそう」ゴロゴロ

かな子「じゃあ、さっそく」

グイッ

杏「あ……ちょ、ちょっと!」

かな子「るんらら~」





智絵里「すごい……杏ちゃんを片手で持ち上げるなんて、きらりちゃんみたい……」


172: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/17(土)23:52:50 ID:ecT

かな子「じゃあ、材料は砂糖と水飴。それから後は色づけぐらいかな?」

杏「食紅とかブルーハワイとかね」

かな子「まず砂糖と倍の量の水飴を交ぜます」

「混ざったら弱火にかけてよく溶かしますね」

杏「レンチンじゃないの?」

かな子「せっかく新しい調理機が入ったからね」ウキウキ

智絵里「レンジでチンする時は、ハネがありますのでラップ等で蓋をしてください」

かな子「で、色がツイてきたら火を止めて少し冷まします」


173: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/17(土)23:58:23 ID:ecT

かな子「そうしたら、クッキングシートか鉄か何かの台に溶かしたのを入れて……」

杏「べっこう飴ならこのまま棒を刺すだけだね」

かな子「で、これをなるべくあったかい内に練ります」

智絵里「色をつける時はこの時にお願いします」

かな子「よく練って形を整えたら、よく冷まして小さく切り、さらに固めます」

杏「藍子ちゃん、出番だよ」

藍子「今日はこのための出番ですよ」

「ゆるふわ~ゆるふわ~」

かな子「これで完成です」カチカチ

智絵里「焦げやすいので慣れない内は材料にお水を足してください」

杏「じゃあ食べようか」ペロペロ


174: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/18(日)00:01:48 ID:6TG

―次の日

仁奈「ふわぁ……着物はきつかったでごぜーますよ」

P「お疲れ。じゃあ、美味しいものを食べて帰ろうか」

「あ、後これ。かな子からのプレゼントだそうだ」

仁奈「なんでごぜーますか?」ワクワク

「あ、千歳飴でごぜーますよ!わー!」

P「よかったな」

仁奈「はいっ、でごぜーます!」


175: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/18(日)00:03:51 ID:6TG

仁奈「はいっ、プロデューサーにも」

P「お、くれるのか?」

仁奈「おすそわけのせーしんですよ」

P「ありがとうな」

ペロペロ

仁奈「ミルク味でごぜーます」ペロペロ

P「あぁ、うまいな」ペロペロ

仁奈「さいこーでごぜーます!」ニコッ



(o・▽・o)&(●・▽・●)おわりだよー


176: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/18(日)00:07:24 ID:6TG

知人の姪っ子さんが今年3歳の七五三とのことで、今回ネタに使わさせていただきました

今回まんま砂糖と水飴で作りましたが、練乳やら牛乳を入れて(極めて焦げやすいので注意)ミルク飴にすることもできますので、お暇な方どうぞ



次回は大正時代の飲物「乙女の祈り」の予定です





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿