TOP > シンデレラガールズ > 栗原ネネ「みんなを元気にしたいんです!」 モバP「ほう」

栗原ネネ「みんなを元気にしたいんです!」 モバP「ほう」

1: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 02:57:02.49 ID:r/J7JESvo

P「なんだ、この漫画……イマイチだな」

バンッ

栗原ネネ「Pさん!」

P「ヒッ!? な、何だよ急に!!」

ネネ「私、皆を元気にしたいんです!」

P「はぁ!? お、お前何言って……」

ネネ「Pさんも手伝ってくれませんか?」

P「元気にって、LIVEとかとは違うのか?」

ネネ「そうですね、いつもはファンのみんなを元気にしていますけど」


3: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 02:58:26.79 ID:r/J7JESvo

ネネ「……この雑誌を見てそれどころじゃないって!」

P「んー……なになに、深刻化するアイドルの不健康」

P「こんなもん面白おかしく書いただけだって」

ネネ「でも、私少し思い当たる節があって……」

P「まぁ、いないわけじゃないとは思うけどさ……」

ネネ「ちょっとだけでも、アドバイスだけでも良いんです!」

ネネ「健康だったら私何も言いませんから! ねっ?」

P「それオレがついて行く必要あるのか?」

ネネ「やっぱり、一人で行くのはちょっと恥ずかしいですから……」

P(そ、そんな理由でかよ……)


4: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 02:59:03.13 ID:r/J7JESvo

------

北条加蓮「んん……ちょっと熱があがっちゃったかな」

加蓮「今日はレッスンお休みしちゃったから、プロデューサーに迷惑かけちゃったな……」

ガラッ

P「お邪魔しまーす」

ネネ「さすがPさん! 予想通りですね!」

加蓮「だ、だれ!? 人の家に窓から上がってくるなんて、なんなの!?」

P「北条加蓮ちゃんだね? オレ達は君のプロデューサーから健康を見るように言われている」

加蓮「ぷ、プロデューサー……から?」

P「あぁ、その名も特殊部隊ヘヴンズだ!」

ネネ「違いますよ、Pさん! アイドル健康お守り隊です!」

P「そんなだっさい名前なんか嫌に決まってんだろ!!」

加蓮(なんなんだろ、この人達……)


6: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:00:54.30 ID:r/J7JESvo

P「あーもう、とりあえずネネ。さっさと始めちゃって」

ネネ「そうですね……言い合ってても仕方ないですから」

加蓮「な、何をする気なの……」

ネネ「行きます! ネネスキャン!!」 ピカッ

加蓮「きゃっ!?」

P「……どうだった?」

ネネ「んー……風邪ですね」

加蓮(み、見れば分かんじゃん……)


7: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:01:29.57 ID:r/J7JESvo

ネネ「とりあえず、このドリンクを飲んでゆっくりと身体を休めてください。すぐに治りますから」

加蓮「あ、ありがとう……」

P「よし、この子はもう大丈夫だ! さっさと次に行こうぜ!」

ネネ「はい、お大事にしてくださいね!」

加蓮「う、うん……」

P「じゃあな、健康に気を使えよ!」

ネネ「きゃっ!? P、Pさん……先に降りたらスカートの中が!」

P「今更減るもんじゃねーだろ!」

ガラッ

加蓮「えっと……とりあえずドリンク飲めば良いのかな」 ゴクッ

加蓮「あっ、これ美味しい……」


8: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:01:56.18 ID:r/J7JESvo

------

バンッ

加蓮P「加蓮! 風邪は大丈夫なのか!?」

加蓮「あっ、プロデューサーそんなに急いでどうしたの?」 ケロッ

加蓮P「えっ……あっ……ね、熱出したって聞いたんだけど」

加蓮「ふふっ、もう治っちゃったよ」

加蓮P「そ、そんなにすぐに治るものなのか?」

加蓮「心配しすぎだよプロデューサーは、私だって体力付いてきたんだから」

加蓮P「そ、そうか……良かったよ」

加蓮(ありがとう……ヘヴンズ健康お守り隊……)


9: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:02:54.80 ID:r/J7JESvo

------

椎名法子「今日も頑張ったご褒美のドーナツ! いっただっきまーす!」

ヒョイ

法子「あ、あれ!? どこにいったの! あたしのドーナツ!?」

P「……ドーナツが好きなのはかまわねぇけど、食べすぎはいけねぇな?」

ネネ「常人の5倍近く食べてますね、これはレッドゾーンですよPさん!」

法子「だ、誰なの!? あたしのドーナツ返してよっ!」

P「オレ達か? 君のプロデューサーからドーナツを抑えるように依頼された不健康ブレイカーズだ!」

ネネ「違いますよ、Pさん! みんなの不健康を退治し隊です!」

P「ネネのはセンスが悪すぎんだよ!」

ネネ「Pさんこそ!!」

法子(なにもしてないのに喧嘩始めちゃった……)


10: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:03:24.35 ID:r/J7JESvo

P「まぁいい、早速診断を開始するんだ!」

ネネ「わかりました! ネネスキャン!!」 ピカッ

法子「きゃっ! まぶしっ!?」

ネネ「……こ、これは」

P「どうしたんだ、何かあったのか?」

ネネ「ど、ドーナツの食べすぎです……」

P「なんだって……!?」

法子(それさっき言ってなかったっけ……)


11: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:03:52.05 ID:r/J7JESvo

ネネ「今日からはこのドーナツを食べるようにしてくださいね!」

法子「えっと、これってなんなの?」

P「砂糖を使っていないドーナツだ、カロリーも抑えてある」

ネネ「食べすぎはよくないですけど、これだけでも大分変わりますよ」

法子「あっ、これ確か聞いたことあるよっ!」

P「うしっ、次に行くぞネネ!」

ネネ「はい! レシピはこれですから、今度からは自作してくださいね!」

法子「あ、ありがと……」

P「おっ、さっきの子が食べようとしてたドーナツ、限定のやつだラッキー♪」

ネネ「もう、Pさん! 一人で食べるのは駄目ですよ!」

タッタッタッタッ

法子「あ、あれっ……なんか納得いかないよぉ!」


12: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:04:20.71 ID:r/J7JESvo

------

法子「えへぇ♪ やっぱり美味しいなぁー!」 モグモグ

法子P「こら、法子! またドーナツばっかり食べて! 少しは抑えないといけないぞ!」

法子「大丈夫だよ、プロデューサー! ちょっと、食べてみてっ!」

法子P「……ん、これはいつものとは違うんだな」 モグモグ

法子「うんっ、ヘルシードーナツだからいくら食べても大丈夫なんだっ!」

法子P「なるほど、この手があったか……これなら少し食べ過ぎても安心だ!」

法子「あはっ、プロデューサーももう一個食べる?」

法子P「あぁ、今日はドーナツパーティーだな!」

法子「えへへっ、やったね! あたし楽しみだよぉ!」

法子(ありがと……みんなをブレイカーズ隊……)


14: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:06:17.74 ID:r/J7JESvo

------

森久保乃々(来ないでいいですけど……神様仏様プロデューサー様……来ないで気づかないで……)

P「だめだめ、こんな所に隠れても見つかるって。だいたい探してるやつの机の下じゃねーか」

ネネ「さ、三人だと狭いですね……」

乃々「な、なんなんですかあなたたち……急に入ってこられても困るんですけど……」

P「お前さんとこのプロデューサーに頼まれてきた、ネガティヴクラッシャーズだ」

ネネ「もう、病は気からを正し隊ですよ……」

乃々「い、いや……名前とか聞いてないんですけど……」

乃々「それより……狭くて……あうぅ……」

P「ほうほう、こりゃ重症だね」

ネネ「そうですね、なんというか心が疲れている感じがします……」

乃々(さらに追い詰めてるのは……あなたたちなんですけど……)


16: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:08:15.70 ID:r/J7JESvo

P「ま、一応診断しとくかね。ネネ、やっちゃって」

乃々「えっ……な、なにを……」

ネネ「死ぬほど痛いですよ? ネネスキャン!!」 ピカッ

乃々「ひっ!? あっ……あぁ……」

ネネ「ふむ、これは……ネガティヴですね」

P「やはりか……なんとなく予想は付いていたけど」

乃々(予想ついてたなら……さっきの光はいらないと思うんですけど……)


17: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:08:57.11 ID:r/J7JESvo

ネネ「どうするんですか、Pさん。すぐにどうにかなる問題じゃありませんよ?」

P「そうだな……じゃあこの紙をやろう」

乃々「これは……なんなんですか……」

 04:00 ~ ジョギング
 05:00 ~ 朝ご飯 & お弁当づくり
 06:00 ~ ラジオ体操の後に出発の準備

 19:00 ~ エクササイズ
 20:00 ~ 宿題・予習・復習などの勉強
 21:00 ~ 就寝

ネネ「私と同じメニューです、心が元気になりますよ!」

乃々「えっ……寝るのと起きるの早すぎなんですけど……」

ネネ「早寝早起きは身体に良いって言いますし」

P「ま、できる範囲から続けてみろよ。諦めるのはいつでもできる」

乃々「うぅ……むーりぃー……」

P「じゃあな、これからの君の活躍を楽しみにしてるぜ!」

ネネ「行きましょう! 次の人が待っていますよ!」

P「にしても机の下ってのもなかなか良いな、あれパッと見て分からないぞ!」

ネネ「Pさんが隠れてどうするんですか!」

タッタッタッタッ

乃々「こんなの……心が……折れますけど……ち、ちょっとだけ……」


18: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:10:02.90 ID:r/J7JESvo

------

乃々「あの……えっと、おはよう……ございます」

乃々P「あれ? 乃々、今日はえらくはやいんだな?」

乃々「なんか……最近、目が冴えてしまって……やることないから事務所に来ただけなんですけど……」

乃々P「ん? 家でゆっくりしてから来ても良いのに……」

乃々「でも……宿題も終わってるし……家の用事もなくなって……あうぅ……」

乃々P「そうか、前は朝が辛いって言ってたのにな」

乃々「最近は……4時に起きてるから……」

乃々P「4時!? 凄いな、やる気になってくれて嬉しいよ!」

乃々「ほ、ほめても……なんもでない……嫌いじゃないですけど……」

乃々(えっと……あの、そのネガティヴ隊……あ、ありがとう……)


19: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:10:45.98 ID:r/J7JESvo

------

柊志乃「ふぅ……仕事も終わったことだし一杯やろうかしら」

志乃「あら? 確かここに置いておいたはずだけど……」

P「……貴方のお探しのものはここですよ、柊志乃さん」

ネネ「調査によると一日一本は空けているみたいですね……」

志乃「ふふ、誰だか知らないけれど。人の楽しみにケチつけるもんじゃないわ」

ネネ「飲みすぎ、ダメ絶対です!」

P「ま、本来ならそうなんですけどね。これは貴方のプロデューサーの望みなんですよ」

志乃「プロデューサーさんの?」

P「せめて3分の1くらいは減らしてくれないかと頼まれましてね……」

志乃「あら、そんなこと言っていたのね。相変わらず心配性なんだから……」

志乃「ところで、あなた達は誰なの?」

ネネ「酒は飲んでも飲まれるな隊です!」

P「そのセンスの無い名前やめろよ、飲酒撲滅隊キメラだっつーの!」


21: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:12:33.79 ID:r/J7JESvo

志乃「……で、何かしてくれるのかしら?」

ネネ「先手必勝! ネネスキャンです!」 ピカッ

志乃「!?」 サッ

ネネ「よけられた!?」

P「なんて反射神経だ……」

志乃「なんだかよくわかないけど、いきなりは感心しないわね……」

P「くっ……」

ネネ「P、Pさん……」

志乃「さて、不審者のお相手は警備員さんにやってもらおうかしら」


22: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:13:03.85 ID:r/J7JESvo

ガシッ

志乃「なっ!?」

P「さ、させるかっ!!」

ネネ「P、Pさん!?」

志乃「は、離しなさいっ!」

P「ネネ、今だ! オレごとやれっ!!」

ネネ「で、でも……!」

P「はやくしろぉーー!!」

ネネ「すみません、Pさん……ネネスキャン!」 ピカッ

志乃「きゃっ!?」

P「よ、よくやったな……ネネ」

志乃「今のはいったいなんなの……」

ネネ「えっと、診断結果はズバリ……飲みすぎですね」

志乃(えっ……今更……?)


23: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:13:45.75 ID:r/J7JESvo

P「柊志乃さん、あなたは禁酒をしなければいけませんね」

志乃「そうは言われても、生きがいを奪われるのは困るわ」

ネネ「だったらこのノンアルコ……」

志乃「ノンアルコールは嫌いなのよ」

ネネ「あうぅ……」

P「ふむ、これは難題だな……」

志乃「別にあなた達にどうこう言われなくても、自分で制御できるから大丈夫よ」

ネネ「そ、そうは言っても……」

志乃「ふふっ、じゃあ私は一杯始めて良いかしら?」

P「……じゃあ、これはどうでしょうか? 飲みたい時には貴方のプロデューサーと一緒にってのは?」

志乃「プロデューサーさんと? でもあの人、中々付き合ってくれないわよ?」

ネネ「そ、そっか……それなら!」

P「オレからもきつく言っときますから! 大丈夫ですって!」

志乃「好きにすれば良いわ、飲みに行けるのなら嬉しいけどね」

P「よしっ、そうと決まれば行くぞネネ!」

ネネ「は、はいっ!」

タッタッタッタッ

志乃「ふぅ……美味し……」


24: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:14:14.58 ID:r/J7JESvo

------

志乃P「あ、あの志乃さん……」

志乃「あら、お疲れ様……どうかしたのかしら?」

志乃P「その、今日も飲んでいるんですね……」

志乃「ふふっ、ダメかしら? 仕事の後はどうしても、ね」

志乃P「だ、駄目じゃないですけど……その、飲みすぎは……」

志乃「あら、珍しいわね、そんなこと言うなんて」

志乃P「だ、だから今度は……」

志乃「?」

志乃P「今度からは僕と一緒に飲みに行きましょう! お、お酒の量は僕が見ますから!!」

志乃「あら……うふふっ」

志乃(こんな粋なことしてくれるなんてね……酒はキメラ撲滅だったかしら……感謝するわ……)


25: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:14:42.24 ID:r/J7JESvo

------

P「…………」

ネネ「…………」

P「ふむ……」

ネネ「あの、Pさん。今回は行かないんですか?」

P「なぁ、ネネ……」

ネネ「は、はい……」

P「お前はあれが不健康に見えるのか?」

日野茜「もぐもぐ……んん! はー、パーティーというのは初めてですがおかずがいっぱいですね!」

諸星きらり「うきゃー! 茜ちゃん凄い食べるにぃ! きらりもいっくよー☆」

ネネ「見えません……」

P「よく食べ、よく動き……元気のお手本みたいな子達だな……」

ネネ「あれは私も見習わないといけませんよ」

P「ここはオレ達の出る幕じゃないな、次に行こう……」

ネネ「はい、そうですね……」


27: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:17:04.21 ID:r/J7JESvo

------

喜多見柚「へへっ、このピョッキー新作なんだって」

小早川紗枝「もう、柚はんはお菓子食べすぎどすえ?」

柚「良いじゃん、やっぱり新しいのがでたら一回は食べとかないと気になるっしょ?」

紗枝「いつもそう言って食べはるんやから……」

柚「ま、あんまり細かい事は気にしちゃ駄目だよっ!」 ポリポリ

P「このピョッキーってすげぇよな、最後までチョコたっぷりだもん」 ポリポリ

ネネ「本当ですね、お得な感じがします」 ポリポリ

柚「へへっ、そう思うでしょ? 普通のより高いんだよこれっ!」

紗枝「…………」

柚「どうしたの、紗枝チャン?」

紗枝「その人達、柚はんのお知り合いなんどすか……?」

P「あっ、ども」 ポリポリ

ネネ「お邪魔してます」 ポリポリ

柚「だ、誰なのアンタたち!?」

紗枝「え、えぇ!? 知り合いやなかったんどすか?」


29: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:22:20.83 ID:r/J7JESvo

P「えーっと、オレ達はだな。お前らのプロデューサーから……もういいや、ネネ」

ネネ「はい、スキャン開始」 ピカッ

柚「へっ!?」

紗枝「き、きゃっ!?」

P「どうだった?」

ネネ「健康体ですね。お菓子は過剰ですけど、その分運動はしているので大丈夫です」

柚「ち、ちょっと! いきなり何するのっ!?」

紗枝「うち、びっくりしましたわぁ……」

P「そっか、じゃあ心配するほどでもなかったな」

ネネ「そうですね、じゃあ行きましょうか」

柚「え? な、なに言って……」

P「あばよ、健康なのに慢心して食べ過ぎんじゃねーぞ!」

ネネ「また、どこかでお会いましょうね!」

紗枝「あっ、ち、ちょっとまっとくれやす!」

タッタッタッタッ

紗枝「柚はん……なんや悪いことでもしたんどすか?」

柚「ア、アタシはしてないよっ! って言うかアタシのピョッキー!!」


30: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:23:31.98 ID:r/J7JESvo

------

ガチャッ

柚「はぁ……なんか今日は疲れたね」

紗枝「なんやったんですやろな……」

佐城雪美「……柚……紗枝……おかえり……」

柚「ただいま、ゆきみん。今日は散々な目にあったよ」

雪美「……元気に……なった……?」

紗枝「ど、どういうことなんどすか?」

雪美「……これ……お願い…した……」

不健康そうな人がいたらすぐにここまで連絡を!!

紗枝「じ、じゃあさっきの人等は……」

柚「ゆ、ゆきみんのせいだったの!?」

雪美「……よく…わからないけど……多分…そう……」

柚「ねぇ、紗枝チャン。アタシって不健康そうに見える……?」

紗枝「う、うちにはようわかりまへんなぁ……」


32: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:25:22.60 ID:r/J7JESvo

P「ふぅー、これで一日の業務は完了だな!」

ネネ「はい、みんな元気になってくれそうで良かったです!」

P「あぁ、これでしばらくは心配要らねーだろ」

ネネ「……まだです」

P「ん? まだ心配事があんのか?」

ネネ「一番不健康な人が残っています」

P「それって……」

ネネ「……はいどうぞ、健康志向で作りましたから」

P「これ……弁当か?」

ネネ「私は、Pさんの健康が一番気になりますから……」

P「ネネ……ったく、心配性な奴だな」

ネネ「そ、そんなことないですよ!」

P「でも、ありがとな……」

ネネ「はい、これからも元気な私のプロデューサーでいてくださいね!」

おわり


33: ◆delkBMjP.Ce4 2013/09/09(月) 03:26:01.01 ID:r/J7JESvo

ここまで読んで下さった方、ありがとうございます

おもいつきで書いたネタです

このスレはHTML化依頼を出しておきます





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿