TOP > ドラゴンクエスト > 【ドラクエ3】勇者「エスケープ・フロム・ピラミッド」

【ドラクエ3】勇者「エスケープ・フロム・ピラミッド」

1: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 20:49:55.46 ID:YeVPZO5Y0

― ピラミッド(地下2F) ―

勇者(男)「みんな、準備はいいか…」

戦士(女)「あぁいいぜ! 俺はいつでも大丈夫だ!」

魔法使い(女)「ホント、たまにアンタのその単細胞が羨ましく思うわ…」

僧侶(女)「われらが神のご加護がありますように…われらが神のご加護がありますように…われらが神のご加護がありまs」ブツブツ

勇者「よし、いくぞ!」

ガラガラガラ

ゆ う し ゃ は  ひ つ ぎ を  し ら べ た。



な ん と  お う ご ん の つ め を  み つ け た !


2: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:22:00.22 ID:YeVPZO5Y0



ゆ う し ゃ は  お う ご ん の つ め を  て に い れ た !



3: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:22:58.67 ID:YeVPZO5Y0

勇者「みんなっ!! 出口まで走れぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

ドガァァァァァァァァァン!!

魔物の群れ「「「「ぐ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛…っ!!」」」」

戦士「あははは! やっぱこの瞬間は何度やってもテンション上がるぜぇぇぇ! ひゃっほ~う♪」

魔法使い「…っ!」

戦士「って、おいコラ魔法使い! フライングスタートはズルいだろ!」

魔法使い「うっさい! ズルいもへったくれもないわよ! この作戦はスピードが命なんだから!」

僧侶「いやぁぁぁぁぁぁ~…!!」泣

戦士「お前もいい加減に慣れろよなぁ。ほら、いくぞ♪」グイッ


4: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:24:51.46 ID:YeVPZO5Y0

勇者「魔法使い!」

魔法使い「なによ!」

勇者「本当に起死回生の策があるんだろうな!?」

魔法使い「えぇ! でも、その前に勇者が持っているその黄金のツメを私に貸して!」

勇者「はぁ? お前に渡してもコイツは装備できな」

魔法使い「いいから早く! モタモタしているとまたアイツらの餌食になるわよ!?」

魔物の群れ「「「「ま゛た゛お゛ま゛え゛た゛ち゛か゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛…っ!!」」」」

勇者「くっ…! わかった! ここはお前にまかせるぞ!」スッ

魔法使い「ありがとう」

勇者「それで、次はどうすれb」

ま ほ う つ か い は ま だ ら く も い と を つ か っ た

勇者「へっ?」ドゥ~ン(すばやさダウン)

魔法使い「てへっ♪」


5: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:26:31.23 ID:YeVPZO5Y0

勇者「ちょ! お、おまっ!? いきなりなんちゅーことしt」

ま ほ う つ か い は ま ど う し の つ え を ふ り か ざ し た

ドガァン!

勇者「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ…っ!!!」

魔物の群れ「「「「い゛ま゛だ゛ぁ゛や゛っ゛ち゛ま゛え゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛…っ!!」」」」

ドガッ!! バキッ!! グシャ!! グシャ!!

戦士「……」

魔法使い「ふぅ。これで少しは逃げやすくなったわね」ニコッ

戦士「待てコラ」


6: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:27:29.60 ID:YeVPZO5Y0

魔法使い「ん? なにかしら?」

戦士「流石に今のはないだろ…普通に引くわぁ…」

魔法使い「あらやだ。アンタに引かれるなんて最高に名誉なことじゃないの」

戦士「あはは。魔法使いにしては笑えるジョークじゃねーか。あぁん…」ギロッ

魔法使い「私にケンカ売る暇があるのなら、走るスピードをもっと上げた方がいいわよ?」

戦士「はぁ?」

魔法使い「う♡し♡ろ…」ニコッ

戦士「えっ」チラッ

ミイラおとこ「ぐへへ…」

戦士「なっ…!?」


7: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:28:35.02 ID:YeVPZO5Y0

ミイラおとこ「う゛ぁ゛ぁ゛…っ!!」

戦士「あっぶねっ…!!」ザシュ

ミイラおとこ「あ゛ぁ゛ぁ゛…!?」

戦士「ちっ! 走りながらだと剣に力が入らな」

だいおうガマ「ゲロ~ン」ペローン

戦士「ひゃんっ…///」

だいおうガマ「ゲーロゲロゲロwww」

戦士「て、てめぇぇぇぇ!!/// どさくさに紛れてどこ触ってんだゴラァァァァァ!!///」

ドガァァァァァァァァァン!!

戦士「はぁ…はぁ…っ!///」



魔法使い「プークスクス…」ニヤニヤ

戦士「っ…///」


8: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:29:17.38 ID:YeVPZO5Y0

魔法使い「アンタも意外とカワイイ声出すじゃないの~」

戦士「うあぁぁぁぁぁ!!///」

魔法使い「これがいわゆるギャップ萌えってやつかしら? 参考にさせてもらうわ~」

戦士「殺す…! てめぇは後で必ずぶっ殺すぅぅぅぅっ!///」

魔法使い「きゃ~こわい♪」

魔物の群れ「「「「ぐ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛…っ!!」」」」

魔法使い「って、ふざけている場合じゃないわね。そろそろ階段が見えてくるはずよ…」

戦士「ちっ。言われなくてもわかってるつーの…」


9: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:30:20.72 ID:YeVPZO5Y0

戦士「でりゃぁ…っ!!」ザシュ

あやしいかげ「dlぐい@:lr☆!!?」

戦士「くそっ…! こいつらマジでキリがねーぞ!」

僧侶「ニフラムニフラムニフラムニフラム!!」

魔法使い「いやだから! ピラミッドの地下では呪文が使えないって何度言ったらわかるの!? このおバカァ!」

戦士「命拾いしたなぁ魔法使い。呪文が発動していたら今頃お前は浄化されてるぜ?」

魔法使い「ははっ。なにそれ最高に笑える」(真顔)

戦士「そりゃどうも♪」

魔法使い「…………よし! 階段が見えてきた!」

戦士「殿(しんがり)はこの俺にまかせな! お前たちは先に行け!」

魔法使い「言われなくたってそうするわよ! 僧侶急いで!」

僧侶「は、はい…!」


10: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:31:19.17 ID:YeVPZO5Y0

魔法使い「はぁ…はぁ…!」

魔法使い(よ、よし…! この階段を上れば後は…)

ズルッ

魔法使い「ふぎゃっ!」ズテン!

戦士「おい! 大丈夫か魔法使い!」

魔法使い「ア、アンタに心配されなくたって私は平気だs――いたっ!」

魔法使い「やば…足を挫いたかも…」

戦士「何やってんだ! ほら、さっさと手を伸ばせ!」バッ

魔法使い「あ、ありがとう…戦s」


11: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:32:09.14 ID:YeVPZO5Y0

戦士「ちげーよバカ。黄金のツメを持っている手を伸ばせって言ってんだよ…」ニヤッ


魔法使い「ちょ!」


12: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:33:04.90 ID:YeVPZO5Y0

戦士「へへっ」

魔法使い「な、なにするのよバカ戦士! 返しなさいよ!」

戦士「やなこっ~た。コイツは俺が責任を持って勇者に渡してやるよ」

魔法使い「はぁ!?」

戦士「じゃ、そういうことだから後はよろしく頼むぜ」

魔法使い「えっ? え、え、え、ちょ、ちょっと待って…ア、アンタまさかこのまま私を…」

戦士「……そう心配しなさんな。魔法使い」


13: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:33:36.66 ID:YeVPZO5Y0

戦士「俺は≪一度口にした言葉≫は必ず実行する女だぜ?」ニコッ(ウインク)


魔法使い「こんのぉ…人でなしがぁぁぁぁ…っ!!」泣


14: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:35:02.74 ID:YeVPZO5Y0


――――――
――――
――


16: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:35:47.89 ID:YeVPZO5Y0

― ピラミッド(地下1F) ―

僧侶「はぁ…はぁ…!」

僧侶(もうダメ…ホントむりぃ…)

僧侶「はぁ…はぁ…!」

僧侶(こ、これ以上は…走れな)チラッ

シーン…

僧侶「へっ?」

僧侶「……」



僧侶(なんで誰も付いてこないの!?)


17: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:37:15.66 ID:YeVPZO5Y0

僧侶「ちょっとぉ! これじゃ私の作戦まで失敗に終わっ」

ドドド…

僧侶「うん?」

ドドドドド…

僧侶「……」

ドドドドドドドド…

僧侶「あわわわわ…っ!!」

ドガァァァァァァァァァン!!

戦士「だぁ~~もう!! こいつらマジで何処まで追いかけてくるつもりだぁぁぁ!!」泣

魔物の群れ「「「「か゛え゛せ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛…っ!!」」」」

僧侶(なんかめっちゃ増えてるんですけどぉ…!!)


18: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:38:23.84 ID:YeVPZO5Y0

戦士「おぉ僧侶! よかった無事だったか!」ニコッ

僧侶「せせせ戦士さん! なんか魔物の数が凄い事になっていませんか!?」

戦士「そんなこと俺に言われても知らん! アイツらに直接聞け!」

魔物の群れ「「「「か゛え゛せ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛…っ!!」」」」

僧侶「ひぃぃぃぃ…っ!!」

僧侶「って、あれ? 魔法使いさんはどうしたんですか?」

戦士「ん? あ~アイツなら一足先にリタイアしたぜ」

僧侶「えぇぇぇ!? それじゃまさか今回も黄金のツメは…」

戦士「へへっ。俺がアイツらの形見を置き忘れるわけがねーだろぉ?」サッ

僧侶「……」

戦士「そんなことよりも僧侶! お前は出口までの道案内を頼む!」

僧侶「あ、はい! わかりました!」


19: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:39:23.62 ID:YeVPZO5Y0

戦士「でりゃぁ…っ!!」ザシュ

マミー「う゛ぁ゛ぁ゛っ!!」

僧侶「戦士さん! この角は左に曲がってください!」

戦士「オーケー! 左だな!」

僧侶「次の角は右です!」

戦士「了解!」

魔物の群れ「「「「ぐ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛…っ!!」」」」

戦士「あ~~マジでうぜぇ!! こんな状況じゃ剣なんてまともに振れるわけねーだろ…っ!!」

僧侶「良かったら黄金のツメは私が運びますよ! 少しは戦いやすくなりませんか!?」

戦士「たしかに! それじゃコイツはお前にまかせるぜ!」スッ

僧侶「まかせてください! あ、その十字路は直進です!」

戦士「わかった!」


20: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:41:01.37 ID:YeVPZO5Y0

戦士「あー早く地上に出て美味い空気が吸いたいぜぇ…」

ドガァァァァァァァァァン!!

戦士「あっぶね!」

だいおうガマ「ゲーロゲロゲロwww」

戦士「あぁ!! て、てめぇはさっきのエロガエル…っ!/// まだ生きていやがったかっ!?///」

戦士「僧侶! 後ろは俺にまかせてお前はそのまま突っ走r」チラッ

戦士「って、あれぇ!? 僧侶がいない!?」

戦士さーん! すみませーん! その十字路は直進だと行き止まりでしたー!

戦士「はぁ?」

とりあえず私は出口に向かいますので、後は自力でなんとかしてくださーい!

戦士「……」


22: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:42:37.20 ID:YeVPZO5Y0

戦士『あ~~マジでうぜぇ!! こんな状況じゃ剣なんてまともに振れるわけねーだろ…っ!!』

僧侶『良かったら黄金のツメは私が運びますよ! 少しは戦いやすくなりませんか!?』

戦士『たしかに! それじゃコイツはお前にまかせるぜ!』スッ

僧侶『まかせてください! あ、その十字路は直進です!』






まかせてください! あ、その十字路は直進です!






ま か せ て く だ さ い !  あ 、そ の 十 字 路 は 直 進 で す !(満面の笑み)


23: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:43:54.44 ID:YeVPZO5Y0

戦士「あんのぉ……ぶりっ子僧侶がぁぁぁ!! 土壇場で裏切りやがったなぁぁぁ!!!!」

だいおうガマ「ゲーロゲロゲロwww」

戦士「何がおかしいんだゴラァ! とりあえずてめぇはこの場で絶対に殺s」

だ い お う ガ マ B が あ ら わ れ た

だ い お う ガ マ C が あ ら わ れ た

だ い お う ガ マ D が あ ら わ れ た

だ い お う ガ マ E が あ ら わ れ た

戦士「へっ?」


24: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:44:37.45 ID:YeVPZO5Y0

だ い お う ガ マ F が あ ら わ れ た

だ い お う ガ マ G が あ ら わ れ た

だ い お う ガ マ H が あ ら わ れ た

だ い お う ガ マ I が あ ら わ れ た

(以下略)

戦士「……」

だいおうガマたち「…………」

戦士「……」



戦士「…っ!」バッ

せ ん し は  に げ だ し た !


25: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:45:08.90 ID:YeVPZO5Y0


し か し  ま わ り こ ま れ て し ま っ た !


戦士「いや、なんでだよぉぉぉ…っ!!」泣


26: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:46:57.42 ID:YeVPZO5Y0

戦士「俺はもう黄金のツメなんて持ってねーぞ!? ほら、よく見ろ! なっ! 持ってないだろ!?」

だいおうガマたち「…………」

戦士「そ、そもそもなんでお前らだけが集まってくるんだよ…っ!! おかしいじゃねーか…っ!!」

だいおうガマたち「…………」

戦士「わわわわかった! こ、降参する! 降参するからそれ以上こっちへ来るな…」

だいおうガマたち「…………」

戦士「ひぃ…! た、頼むってぇ…実は俺…カエルが苦手なんだよぉ…」ウルッ

だいおうガマ「…………」

戦士「い…やだぁ…おねがいだから…もうこないでぇ…」

だいおうガマ「「「「ゲーロゲロゲロwww」」」」ガバッ

戦士「ひぇぇぇぇぇぇん…っ!!」


27: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:47:25.32 ID:YeVPZO5Y0


――――――
――――
――


28: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:47:56.60 ID:YeVPZO5Y0



僧侶「はぁ…はぁ…!」



29: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:48:55.20 ID:YeVPZO5Y0

― 地上 ―

僧侶「ち、地上に…出られた…」

僧侶「は…ははっ…」

僧侶(勝った…)

僧侶「はは…あはははは…」

僧侶「あははははは! やっと黄金のツメをゲットできたぁぁぁぁ!」


30: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:51:41.52 ID:YeVPZO5Y0

僧侶「これを売れば11250Gで買い取ってくれるんでしょ!」

僧侶「もう笑いが止まらないわ! きゃぁ♪ どうしましょう!」

ツンツン

僧侶「とりあえず、まずはアッサラームの高級エステに行ってお肌をキレイにしたいしぃ~」

僧侶「イシスの女王様が来ているような服も欲しいわねぇ~」

ツンツン

僧侶「あっ! それからそれから!」

僧侶「アッサラームのイケメンたちが集うお店に行ってチヤホヤされるのも悪くないわぁ~。ぐふふ…」

ツンツン

僧侶「って、ちょっとさっきから何よっ!! 人が気持ちよく妄想に耽ってい」

魔物の群れ「…………」

僧侶「る…のに…」

魔物の群れ「…………」

僧侶「……」


31: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:53:36.18 ID:YeVPZO5Y0

僧侶「え、ごめんなさい。ちょっと待ってもらえるかしら」

僧侶「……」

僧侶「た、たしか黄金のツメの呪いって…ピラミッドから脱出すれば無効になるのよね?」

僧侶「……」

僧侶「えっ? FC版は違う? えーと、ちょっとなに言ってるかわからないわね」

僧侶「……」

僧侶「あ、そうだ! こ、この中で誰かキメラのつばさを持っている素晴らしいモンスターの方はいないかしら!? もしよかったら一つだけ譲っt」

僧侶「……」

僧侶「あ、はいすみません…そうですよね…私たち墓荒らしですもんね…」

僧侶「……」



僧侶「…っ!」バッ

そ う り ょ は  に げ だ し た !


32: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:54:07.71 ID:YeVPZO5Y0


し か し  ま わ り こ ま れ て し ま っ た !


僧侶「もうやだぁぁぁぁ!! こんな話聞いてないわよぉぉぉぉ…っ!!」泣


33: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:54:39.15 ID:YeVPZO5Y0


――――――
――――
――


34: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:58:06.77 ID:YeVPZO5Y0

― アッサラームの酒場 ―

ガヤガヤ ワイワイ

戦士「マスター! 酒のおかわりだ! じゃんじゃん持ってきてくれ!」

あらくれ「よう戦士の嬢ちゃん。今日も盛大に全滅したってのに、だいぶ景気の良い飲みっぷりしてるじゃねーか」

戦士「いやぁ~実はこいつが今夜はどーーーしても俺に酒を奢りたいっていうからさー」ガシッ

僧侶「……」

戦士「なぁそうだろ? ぶりっ子僧侶ちゃんよぉ…」ニコッ

僧侶「お、お酒の飲み過ぎは体に悪いですよぉ? 戦士さん…」ニコッ


35: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 21:59:07.21 ID:YeVPZO5Y0

勇者「マスター! 俺には≪いっかくうさぎと薬草の燻製焼き≫を追加で頼む!」

魔法使い「ね、ねぇちょっと…」

勇者「なんだよ」モグモグ

魔法使い「アンタもいい加減にしなさいよぉ…いったいどれだけ人のお金で食べるつもr」

勇者「ぐはぁっ!」ガタッ

魔法使い「!?」


36: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 22:03:12.97 ID:YeVPZO5Y0

戦士「おいどうしたんだ勇者!? しっかりしろぉぉぉ!」ガシッ

勇者「す、すまない戦士…俺が不甲斐ないばかりに…」

戦士「もういい…もういいから喋るな…っ!」ウルッ

魔法使い「……」

勇者「へへっ…まさか、いきなり顔面にメラぶっ放されるとはなぁ…」チラッ

戦士「ちくしょう…! いったい誰が勇者にそんな外道なことを…」チラッ チラッ

魔法使い「く………っ……あぁぁぁもうわかったわよ!! 好きなだけ飲み食いすればいいでしょ!!」

勇者「わかればよろしい。あ、それから100G追加でよろしく。この後ぱふぱふの予約入れたから」

魔法使い「はぁぁぁぁぁ!?///」


37: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 22:04:03.29 ID:YeVPZO5Y0

魔法使い「な、な、な、なんで私がそんなモノまで支払わなきゃいけないのよ!!/// バカじゃないの!!///」

戦士「たしかに。幼馴染のお前が相手してやりゃタダだしなぁ~」ニヤニヤ

魔法使い「ちょ!?/// ア、アンタはいきなり…ななななんちゅーことを言い出s」

勇者「チェンジで」

魔法使い「えっ」

勇者「いやだからチェンジだっつーの。俺にだって選ぶ権利はあr」

魔法使い「……」ガシッ

勇者「んぐっ!?」


38: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 22:09:12.17 ID:YeVPZO5Y0

魔法使い「右手でアンタの口を塞いでいるこの状態で…イオを唱えたらどうなるかしらねぇ…」ニコッ

勇者「ん゛っ゛!?」

戦士「あははは! いいぞぉ魔法使い! やっちまえ~!」

ギャーギャー ワイワイ 

あらくれ「お、おいアンタ! 止めなくていーのかよ!?」

僧侶「あ~はいはい。あれくらい通常営業なので放っておいても平気ですよ。どーせ、間に入ってもかませ犬になるのがオチですから…」

勇者「ん゛ぅ゛ぅ゛ぅ゛…っ!!」

魔法使い「心配しないで…アンタの埋葬費用も私がちゃ~んと出してあげる…」

勇者「ん゛ぐ゛ぅ゛ぅ゛ぅ゛!!!」ジタバタ

魔法使い「だから…………心 置 き な く 眠 る と い い わ っ !!」ギロッ


ドガァァァァァァァァァン!!


39: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 22:09:55.60 ID:YeVPZO5Y0

お し ま い


40: ◆3QFkN49T2. 2018/11/20(火) 22:13:13.53 ID:YeVPZO5Y0

以上です
最後までありがとうございました。

因みに話を書き終えてから気が付いたのですが
FC版はおうごんのつめを入手後にデスルーラが可能で入手することは簡単みたいですね…





『ドラゴンクエスト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿