TOP > アイドルマスター > P「やよいって苦手なんですよね……」

P「やよいって苦手なんですよね……」

1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:00:46.19 ID:xEuVa6MK0

【事務所・給湯室】

やよい(え……?)

小鳥『どうしてですか?あんなにいい子はそうそう居ないと思いますけど……』

P『いえその……いい子なのは理解してるんです』

P『でも、あれぐらいの年の子ってテンション高いというか、元気というか……』

P『とにかく、俺にはついていけないんですよね……』

小鳥『……プロデューサーさんでついていけなかったら私は何ですか?周回遅れですか?』

P『い、いえっ!そんなつもりじゃ……』

小鳥『まあいいです。何にしても、やよいちゃんを悲しませる事だけはしないでくださいね?』

P『善処します……』

小鳥『政治家みたいな事を言わない』

P『す、すみません!』

やよい(……私、プロデューサーから迷惑に思われてたんだ)

やよい(どうしよう……あ、小鳥さんに訊いてみようかな)


2: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:01:38.04 ID:xEuVa6MK0

【事務所】

P「じゃあ、営業に行ってきますね」

小鳥「はい、行ってらっしゃい」

バタン……

小鳥「さて、私も仕事しないと――」

やよい「あの、小鳥さん!」

小鳥「やよいちゃん?どうしたの?」

やよい「ちょっと相談が……」


3: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:02:10.58 ID:xEuVa6MK0

小鳥「そう……あれ、聞こえちゃってたのね……」

やよい「はい……それで、プロデューサーと仲良くなるにはどうしたらいいかなーって」

小鳥(こんなにいい子を……あの人、本当に駄目ね……)

やよい「何かいいアイデア、ありませんか?」

小鳥「そうね……あ、そういえば」

やよい「何ですか?」

小鳥「プロデューサーさんは、『千早みたいな子がいいんだ』って言っていたわね」

小鳥「何でも、あまり干渉してこないと気が楽なんだとか」

やよい「じゃあ、千早さんみたいにすればいいって事ですか?」

小鳥「多分ね。後は……そう。自分と好みが似てると落ち着くんですって」

やよい「分かりました!早速やってみます!」

小鳥「頑張ってね、応援してるわ」

やよい「はいっ!」


4: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:03:42.83 ID:xEuVa6MK0

【プロデューサーが戻ってきた後、事務所】

P「ふぅ……喉が渇いたな……」

やよい「プロデューサー、コーヒーどうぞ」

P「お、ありがとう。やよいが淹れてくれるなんて――」

やよい「話しかけないでください」

やよい(千早さんって、こんな感じだったかな……?)

P「え?あ、ごめん……」

P(ちょっと待って?何でこんな事になってるんだ?)

P(話しかけないでって……じゃあコーヒー淹れてくれたのは一体……?)

やよい(プロデューサー、黙っちゃいました……いや、黙らせたのは私ですけど……)

やよい(これで合ってるのかなぁ……)


5: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:04:20.48 ID:xEuVa6MK0

P「…………」

ズズッ……

やよい「…………」

チビッ……

やよい(苦っ!え?コーヒーってこんなに苦いの!?)

やよい(お砂糖とミルク――は、取りに行けない……)

小鳥『自分と好みが似てると落ち着くんですって』

やよい(うぅ……苦いよ……)

P(やよいが物凄い顔でコーヒーを飲んでる……)

P(もうなんか、般若のような顔で……)

P(苦いのかな……?いや、それなら砂糖とか足せばいい話だし……)

P(どうして足さないんだ……?)

P(もしかして、俺に気を遣って……?だとしたら――)


6: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:05:02.02 ID:xEuVa6MK0

P「あ、あー……何だか今日は砂糖とミルクが――」

やよい「喋らないでください」

P「ごめん……」

やよい(ごめんなさいプロデューサー……でも、気を遣わせる訳にはいかないんです……)

やよい(仕事から帰ってきて疲れてるのに、私と話すのなんてしんどいですよね……)

P(あ、やよいがこっち見た)

P(嫌われてるような感じはしないな……やっぱり気を遣わせてるのかな?)

P(自分だけ砂糖とかミルクを入れるのは悪いと思っているとか……?)

スクッ

P「…………」

スタスタ……←給湯室へ


7: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:05:55.65 ID:xEuVa6MK0

P(砂糖とミルクは……あった)

P(これをコーヒーに入れて……)

スタスタ……ギシッ

スッ……←砂糖とミルクをやよいの方へ

P「ああ、たまにはカフェオレもいいなー」

やよい「…………」

ポチャポチャポチャ……ドボッ

P(角砂糖三個にミルクどっさり……もはやカフェオレかどうかも怪しいな……)

チビッ……

やよい(あ、美味しいです!)

P(すっげぇ笑顔……まるでおたふくさんみたいな顔してる……よっぽど苦かったのか……)


8: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:06:34.48 ID:xEuVa6MK0

P「…………」

やよい「…………」

P(俺はいつまで黙っていればいいのだろう……)

やよい(無言って、思ったよりも居心地悪いかもです……)

やよい(確か、プロデューサーはテンション高いのが苦手って言ってました……)

やよい(じゃあ、テンション下げて話しかけてみようかな……)

やよい「あの、プロデューサー……」

P「え?あ、何だ……?」

やよい「ダルいです……」

P「そ、そうなのか……それはその、お大事に?」

P(いや、何これ?俺と一緒に居るのはダルいって事なの?)

P(なのに何で一緒に居るの?もう訳分からん……)

やよい(プロデューサー、あんまり喜んでくれてないです……)

やよい(はっ!?ダルいって、よく考えたらそんなにいい言葉じゃなかったかも……!)

やよい(うぅ……反省です……)


9: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:07:11.06 ID:xEuVa6MK0

やよい「あのっ!」

P「うぇっ!?ど、どうした?」

やよい「さっきの『ダルい』はなかった事に……」

P「え?ああ、うん。それはよかった」

やよい「…………」

P「…………」

やよい(会話が……)

P(続かない……)

やよい(ダルい以外で何か……こう、疲れてる感じで……)

やよい「私、疲れちゃいました……」

P「えぇっ!?」

やよい(あ、驚いてます。これって手ごたえアリなのかな)

P(疲れてる?やよいが?何に?)

P(もしや人生に!?それは不味い!)


10: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:07:38.37 ID:xEuVa6MK0

P「やよい!今すぐ病院に行こう!」

やよい「え!?何でですか!?」

P「何でもだ!いいから早く準備を――」

やよい「私、別にどこも悪くないですよ?」

P「いや、身体のどこかというか……さっき、疲れてるって言っただろう?」

やよい「あれは収録で疲れただけですけど……どうしましたか?」

P「え?あ、そうなのか……すまん、取り乱した……」

やよい「いえ……」


12: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:08:25.93 ID:xEuVa6MK0

やよい(私はどこも悪くないのに、病院に行こうって事は……)

やよい(もしかして、プロデューサーが病院に行きたかったとか……?)

やよい(私と一緒なのは、一人だと心細いからで……)

やよい(そういえば、プロデューサーはブラックが好きでしたね……)

やよい(どうしてあんなに苦いのが好きなんでしょう……甘い方が美味しいのに……)

やよい(なのに苦いブラックが好き――ううん、苦いブラックしか飲めないとしたら……)

やよい(まさか、プロデューサーは糖尿病!?大変!すぐ病院に行かないと!)

やよい「プロデューサー!病院に行きましょう!」

P「え!?何で!?」

やよい「いいから早く!プロデューサーは病気なんですっ!」

P「いや、俺は至って健康なんだけど……」

やよい「糖尿病じゃないんですか!?」

P「何で俺が糖尿病なんだ!?この歳でそんなのになってたまるか!」

やよい「あぅ……ごめんなさい……」

P「あ、ああ……すまん、俺も強く言いすぎたみたいだ……」


13: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:09:07.35 ID:xEuVa6MK0

P(しかし、どうしてやよいは俺の事を糖尿病だと思ったんだ……?)

P(まさか、お父さんが糖尿病なのか……?)

P「なあ、やよい」

やよい「何ですか?」

P「やよいのお父さん、元気か?」

やよい「お父さんですか?元気ですよ」

P「何ともないのか?」

やよい「何が訊きたいのか分かりませんけど……普通に元気ですよ?」

P「そ、そうか……」

P(普通に元気……それを言葉通りに受け止めていいのだろうか……?)

P(確かに、健康だから元気……という解釈もできるが……)

P(逆に、糖尿病だけど普通に元気なように振る舞ってます……という風にも考えられる……)

P(いや、家庭の事情に他人が踏み込むのはよくない……考えるのは止めにしよう)


14: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:11:30.42 ID:xEuVa6MK0

やよい(プロデューサー、何だか難しい顔してます……)

やよい(やっぱり、私と居てもつまらないですよね……)

やよい(どうにかして――あ)

やよい(そういえば、前に貴音さんとラーメン食べに行った時……)

――――――――――――――――――――
【回想】

貴音「いいですか、やよい」

貴音「人は、一から十まで教えられるだけでは……それを実行するだけでは駄目なのです」

貴音「一を聞いて十を知る事……それこそが、真の知性と言うもの……」

貴音「わたくしがらぁめんのすぅぷを一口飲んで、その材料を全て当てるように……」

貴音「貴女も、そんな素晴らしい人間になるのですよ……」

――――――――――――――――――――

やよい(貴音さんの言葉から分かるのは……)

やよい(小鳥さんは、私にそういう事を求めていたんじゃないかな……って事)

やよい(多分、千早さんみたいに振る舞うとか、好きな物を合わせるとか……大事なのは、そこじゃなくて)

やよい(プロデューサーが本当にして欲しい事を、そこから考える事……)

やよい(だから、私が本当にしないといけないのは――)

やよい(仕事以外では誰にも構って欲しくない疲れきったサラリーマンの気持ちになりきる事!)

やよい(私、プロデューサーみたいになります!)


15: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:13:34.39 ID:xEuVa6MK0

やよい(でも、プロデューサーってどんな事を考えてるんだろ?)

やよい(今に対する不満?誰かの悪口とか……?ううん、悪口なんて駄目……)

やよい(それでも、何か不満をぶつけるとしたら……)

やよい「最近は不況で、ホントやんなっちゃいますよね」

P「え?ああ、うん……そうだな……」

P(不況!?やよいが不況って言ったの!?)

P(いや待て、落ち着くんだ俺……もしかしたら、仕事のギャラに不満があったのかもしれないじゃないか)

P(いや有り得ないけど……でも万が一って事もあるし……)

P「あーその……もしあれだったら、もうちょっと割のいい仕事に絞っても……」

やよい「でも、仕事を選ぶ余裕なんてありませんよね……部下が上司を選べないみたいに……」

やよい(確か、ドラマのセリフでこんなのあったよね?)

P「うん、その通りなんだけど……」

P(何なの?この日々の仕事で疲れきったサラリーマンみたいなやよいは……)

P(いや、もしや――中二病か!?患ってしまったのか!?)

P(確かにやよいは中二だけども!そんなのからは一番遠い子だって思ってたのに……)

P(しかし、誰もが通る道と思えば叱る事も憚られる……どうしたものか)

やよい(あれ?プロデューサー、黙っちゃいました……)

やよい(と思ったらこっち見てます……あの目は――)

やよい(綺麗に咲いていた花が枯れていくのを見つめるような……そんな慈愛と憐憫が混ざり合ったような目をしてます……)


16: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:14:23.75 ID:xEuVa6MK0

やよい(でもでも、私はプロデューサーになりきらないと!)

やよい(後は……お金が大事、とか言えばいいのかな……ドラマでもそんな事を言ってたし……)

やよい「はぁ……」

P「やよい?どうしたんだ?」

やよい「いえ……この世は結局、お金が全てなんだなーって……」

P「え」

P(やよいってこんなキャラだっけ?違うよね?患ってるからだよね?)

P「そんな事はなんじゃないかな……ほら、お金で買えないものとかたくさんあるしさ」

やよい「それって何ですか?」

やよい「寝ても一日で抜けきらない疲れが取れる方法とかですか?」

P「やよいぃ!?一体どうしたんだ!?」

やよい「たいむいずまねー……時は金なり、ですか」

やよい「なんですか『なり』って。変な語尾つけないでください」

P「違うから!『なり』は口癖とかじゃないから!」


17: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:15:20.15 ID:xEuVa6MK0

P「やよい、本当にどうしたんだ?今日は何だかおかしいぞ?」

やよい「おかしい……ですか?」

P「うん。お金が全てとか、いつもだったら言わないだろう?」

やよい「そう……ですね。だって、違いますもんね……」

P「え?」

やよい「買えないもの……あります」

P「あ、ああ。ほら、世界の平和とか――」

やよい「そんなの要りません!私が欲しいのは、プロデューサーの笑顔なんです!」

P「ど、どういう事だ……?」

やよい「私、聞いたんです。プロデューサーが、私の事を『苦手だ』って言ってた事」

やよい「でも、私はプロデューサーと仲良くしたくて……それで……」

P「もしかして……今日のおかしなやよいは、俺に気を遣って……?」

やよい「はい……でも、上手くいきませんでした。こんなだから、プロデューサーに嫌われるんです……」

やよい「ごめんなさい……もう、話しかけたりしませんから……」

やよい「だから、嫌わないでくださいっ……!」

P「やよい……」


18: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:15:46.56 ID:xEuVa6MK0

P「ごめんな。仕事に追われるばっかりで、ちょっと疲れてたんだ」

P「俺がやよいを嫌う事なんてないから、安心してくれ」

やよい「本当……ですかぁ?」

P「ああ、本当だ。辛い思いをさせて、すまなかった」

P「普通は、俺が年下に合わせてあげるべきだったのにな……」

P「なのに、年下の子に合わせて貰うなんて……プロデューサー失格だ」

P「だけど、今回の事で目が覚めたよ。俺は、ちゃんとやよいに向き合う」

P「だから……これで仲直りしよう――」

P「うっうー!やよいちゃん!はい、たーっち!」

やよい「……プロデューサー、気持ち悪いです」

P「ごめん……」


――END――


20: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:17:31.30 ID:xEuVa6MK0

以上で完結となります。お楽しみ頂ければ幸いです

何と言うか、思いつきです。なので酷いです。申し訳ありません
一応ギャグにしたかったような感じです。そんな感じでお願いします


22: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/22(日) 01:55:00.45 ID:QjZgetOF0


貴音さんすごすぎだろ…





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿