TOP > 艦隊これくしょん > 【艦これ】ミカンかシカンの長門さん

【艦これ】ミカンかシカンの長門さん

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:34:20.46 ID:oBXbYTYC0

時代の流れ。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:36:35.41 ID:oBXbYTYC0

陸奥「長門、すこし言いかしら」

長門「あぁかまわん。と言いたいところだが、陸奥よ。お前がそんな顔をしている時は決まって悪い話しの時だ」

陸奥「あらよくわかってるじゃない。いい話しなんてこれっぽっちもないわよ。100%の悪い話しよ」

長門「生憎、そういった身にならない悪い話しに時間を費やさないタイプなんだ。すまないが他に話しを聞いてくれる艦娘をあたってくれ」

陸奥「長門はこれをなんて読むのかしら?」

長門「...無視か。まあいい。これか?ダンボールミカン100ケースだ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:37:36.74 ID:oBXbYTYC0

陸奥「シカン、て読めない?」

長門「...陸奥よ、疲れているのか?」

陸奥「いいえ健康体よ」

長門「...なら、視力が衰えたか?」

陸奥「いいえ視力良好よ」

長門「...ならなぜそんな答えに行き着く?」

陸奥「あるがままを受け止めた結果、こう行き着いたのよ」

長門「つまりは陸奥の中には邪念がある、ということか...」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:38:21.64 ID:oBXbYTYC0

陸奥「...なんでその答えに行き着くのよ」

長門「陸奥よ。私に対する文句を言う、という邪念を消し去り、曇りなき眼で見つめなおしてみろ。この際シカンについては忘れてやる」

陸奥「ダンボールシカン100ケース」

長門「そういうことだ」

陸奥「そもそも文がおかしい。って言いたいのかしら?」

長門「うむ」

陸奥「知ってるわよそんなこと。知ってて言っているのよ」

長門「やはり邪念か...」

陸奥「違うわ、じゃあこう考えてみましょう。なぜ、ダンボールシカン100ケースと読んだのか」

長門「邪念だ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:39:08.76 ID:oBXbYTYC0

陸奥「ミとシが見分けにくいからよ」

長門「陸奥よ。言いがかりはやめたほうがいい」

陸奥「邪念を消し去って、その曇りなき眼でもう一度見直しなさい。自分の字を」

長門「ダンボールミカン100ケースだ」

陸奥「少しでも、ダンボールシカン100ケースに見えなかったかしら?」

長門「...あぁ、ダンボールミカン100ケースだ」

陸奥「二枚紙を渡すから、ミルクとシルクって書きなさい」

長門「いいだろう」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:40:01.24 ID:oBXbYTYC0

陸奥「...」

長門「...」

陸奥「書けたかしら?」

長門「あぁ書けた」

陸奥「なら長門が書いた文字を見せるからどっちがミルクで。シルクか当てなさい」

長門「無粋だな」

陸奥「これは?」

長門「ミルクだ」

陸奥「こっちは?」

長門「シルクだ」

陸奥「残念外れよ」

長門「...いや、そんなはずはない。異議申し立てをする」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:45:09.02 ID:oBXbYTYC0

陸奥「私が嘘をついている、ってことかしら」

長門「そうだ。こっちがミルクで、こっちがシルクだ」

陸奥「...ファイナルアンサー、かしら?」

長門「ファイナルアンサーだ」

陸奥「残念、長門が最初に言ったのが正解よ」

長門「陸奥よ、お前はいつからそんなに卑怯になってしまった」

陸奥「卑怯も何も、正解なんて解らないわよ。そもそも字が読めないのだから」

長門「...」

陸奥「自分自身でさえ分からなかったのだから、負けを認めなさい」

長門「話を戻そう、陸奥」

陸奥「いいわよ。どこからかしら」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:50:10.05 ID:oBXbYTYC0

長門「文脈からだ」

陸奥「いいわよ。でも先に言っておくけど長門、いままで言わなかっただけで何度も同じような私を配慮したことあるわ。それを踏まえて何が言いたいのかしら?」

長門「…文脈を読めば意味が解るはずだ」

陸奥「その配慮よ長門。何度もミとツを私が配慮して、文脈を読んできたわ」

長門「…なら何故今になっていう?」

陸奥「さすがにムカついたからよ何度もやるから」

長門「すまない…」

陸奥「ならその原因は何だと思うのかしら?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:51:02.33 ID:oBXbYTYC0

長門「…」

陸奥「…」

長門「…おそらく、私の内なる乙女心のせいだ」

陸奥「…その心は?」

長門「私の中には女の子が棲みついている」

陸奥「大前提として、あなたは女よ」

長門「そうだしかし、世の中には私を男だという人間もいる。複数形で、男たちの長門だ」

陸奥「その理屈なら大和も男ね」

長門「まぁそうともいう」

陸奥「それで?」

長門「私は女だ。その隠しきれない乙女心がな、文字にも表れたんだ。字は体を表す、人柄は文字に現れる。そうだろう?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:51:42.55 ID:oBXbYTYC0

陸奥「で?」

長門「それが原因だ」

陸奥「そう。それで、長門の隠しきれない乙女はよくわかったわ。それはいいことだと思うわよ」

長門「そうか。なんだか久しぶりに陸奥に褒められたみたいで嬉しいぞ」

陸奥「で、まぁこの際原因は、どうでもいいわ」

長門「どうでもいいとは何だ」

陸奥「いえ、いいことよ長門が乙女心を持っていることわ。でも今私が求めていた答えとは違うから、どうでもいいのよ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:52:41.37 ID:oBXbYTYC0

長門「なんだめんどくさいな。なんて言えばよかったんだ」

陸奥「対策を聴くべきだったのよ。ごめんなさい、長門は悪くないわ、私のせいよ」

長門「…いやすまない。察しが悪かった私のせいだ」

陸奥「…」

長門「…」

陸奥「…」

長門「コンピューターで書くことにする」

陸奥「根本的な解決になってないけど、まぁ長門の個性を潰すわけにはいかないわね。数少ないのだから」

長門「あと文字の下線を長くすることにする」

陸奥「えぇそうしてほしいわ」

長門「これで解決だな」

陸奥「あともう一つお願いしてもいいかしら」

長門「なんだ」

陸奥「リといをもっと解りやすくしてほしいわ」

長門「…この原因はだな…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 00:53:51.65 ID:oBXbYTYC0

おしまいです。





『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿