TOP > アイドルマスター > 真「純真イメージビデオ」

真「純真イメージビデオ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:26:33.15 ID:5QuPNAxb0

ガチャッ


真「プロデューサー!」

P「おう真、どうしたんだ? なんか大怪我してるけど」

真「イメージビデオ作ったんですよ!」

P「真、どうしたんだ? なんか無視されたけど」

真「イメージビデオ作ったんですけど!」

P「……うん、それで?」

真「販売したいので、観てもらえませんか?」

P「おお、すっごい唐突」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:27:23.30 ID:5QuPNAxb0

P「イメージビデオも何も、そんな話聞いてないんだが……」

真「テーマは『純真』! タイトルは『純真 2013秋』です!!」

P「え、タイトルまで決定してるの?」

真「今決めました、ボクが決めました!」

P「……というか、真って動画とか作れたのか?」

真「小鳥さんに手伝って貰いました!」

P「……」

真「それじゃ、早速再生しますねー」ガガー


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:29:13.20 ID:5QuPNAxb0

―――――
―――――


――皆さんは、『虫』はお好きだろうか――


P「待て」ピッ

真「どうかしました?」

P「うん……突っ込んでいいか? これ」

真「まぁ、発売までに改善することも必要ですし」

P「……」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:30:21.69 ID:5QuPNAxb0

P「改めて聞くが、これ、真のイメージビデオだよな?」

真「はい!」

P「ここは何だ? ドラマパートか?」

真「オープニングです!」

P「そうか……」

真「続き行きますよ、すぐ止めないで下さいね!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:31:19.30 ID:5QuPNAxb0

―――――
―――――


――1口に『虫』と言っても、その種類は膨大だ――


――カブトムシ、アブラゼミ、カマキリ……――


――今回は、その中でも……『害虫』をクローズアップしていこう――



『菊地真vs害虫!炎の三番勝負!!』


P「ストォーップ!!」ピッ


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:32:17.10 ID:5QuPNAxb0

真「ちょっと、すぐ止めないで下さいよー」

P「うん……これ、イメージビデオだよな?」

真「今更何言ってるんです、そうに決まってるじゃないですか!」

P「何でだ? 何でアイドルのイメージビデオに害虫なんて言葉が出てくるんだ?」

真「ボクがその害虫を倒すっていう構図です!」

P「どこに害虫駆除をアピールするアイドルがいるんだよ!」

真「害虫は悪くありません!」

P「そこじゃねぇ!」


P「……っていうか、ナレーション、高木社長だし」

真「協力して貰いました!」

P「……」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:33:14.57 ID:5QuPNAxb0

―――――
―――――


~① 恐怖! 大繁殖のコバエ~

――やって来たのは、都内のとある民家――


雪歩『皆さんこんにちは、萩原雪歩です』



P「あれ、雪歩だ」

真「友情出演です!」



雪歩『本日は、こちらの家に害虫が発生したとのことなんですが……』

雪歩『すいません、お話、聞かせて貰っても?』

やよい『はい……』



P「あれ、やよいだ」

真「友情出演です!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:34:11.42 ID:5QuPNAxb0

やよい『家にコバエが出たんです』

やよい『いつも掃除していたつもりなんですが……』

雪歩『そうなんですか……では、早速見てみましょう』


やよい『こっちですー』

雪歩『うわっ!これは……ひ、ひどいですね……』

やよい『殺虫剤とかも無いので、どうしようかと……』

雪歩『なるほど……』


デーレーン デーレレレレー デーレー デレレレレレーン♪


雪歩『……こっ、この曲は!!』



P「この曲は?」

真「ジェロの『海雪』です!」

P「また微妙なチョイスだな……」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:35:14.94 ID:5QuPNAxb0

真『とうっ!』スタッ

やよい『あ!真さん!』

真『ふ……待たせたね、少年』

やよい『少女です!』

真『心配ご無用……アップは済んでるんだ』



真『始めようか』



P「アレ? 真ってこんな口調だったか?」

真「カッコ可愛いじゃないですか!」

P「……」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:36:13.93 ID:5QuPNAxb0

雪歩『真ちゃ……き、菊地さん。 勝算の方は?』

真『もう勝算しかありません、大船に乗ったつもりで……まずは、これを』ヒュン

やよい『これは……』

真『奴らの発生源はそこのシンクです、その殺虫剤を使って下さい』



P「あ、何、結局殺虫剤とか使っちゃうんだ」

真「必要悪ってやつですね!」

P「お前意味分かってる?」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:37:16.32 ID:5QuPNAxb0

――コバエが発生した場合、まずは発生源にしっかり対処する必要がある――


やよい『これで……はい!大丈夫ですー!』

雪歩『じゃ、じゃあ、今飛んでる成虫は……』

真『ボクが潰します』

雪歩『!』

やよい『え……でも、いっぱい』

真『……その為にボクが来たんですから』



P「あ、何、結局普通に素手も使うんだ」

真「素手喧嘩(ステゴロ)ってやつですね!」

P「あー、うん」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:38:18.67 ID:5QuPNAxb0

真『それじゃ……お手柔らかに……』

コバエ『……』プーン

真『……いきますよッ!!』ダッ


雪歩『……!』

やよい『!!!』


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:39:09.58 ID:5QuPNAxb0

――その時の様子を、高槻家長男・高槻長介君(12)は語る――


P「何でだよ! 長介居なかっただろ!」



長介『いやァ…………ビックリしましたよ、マジで』


長介『真さんが………こう、シュッとやるんですよ。 シャドーボクシングの要領で』


長介『その度に……目に見えて、減るんですね、コバエが』


長介『もう目を疑いましたね………ハイ』


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:40:12.06 ID:5QuPNAxb0

長介『え? ウソじゃないかって?』


長介『はは、あなたもおかしなことを言う』


長介『だってあの人は………あの、菊地真ですよ?』



P「長介こんなキャラじゃないだろ! バキ的手法に巻き込むんじゃねぇ!」

真「プロデューサー、うるさいです」

P「ん、ああ、すまん」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:41:18.56 ID:5QuPNAxb0

真『………』パラッ

真『終わりましたよ』


雪歩『す、すごい……』

やよい『すごいですーっ! ありがとうございます! 真さん!』

真『いいや、礼には及ばないよ』


真『それじゃあ……ボクは次のレッスンがあるから』

やよい『あのっ……名前、名前を教えて下さい!』

真『真……菊地真。 しがない流しのアイドルさ』


~① 恐怖! 大繁殖のコバエ~ 終


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:42:27.25 ID:5QuPNAxb0

P「……」ピッ

P「……普通に名前呼んでたよな、やよい」

真「まぁ、そこは……ハイ」


P「というか、さっき三番勝負って言ってたけど」

真「ハイ」

P「……後二つもコレを見るのか………」

真「楽しいですよ!」

P「うん、まぁ、そこは否定しない」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:43:25.56 ID:5QuPNAxb0

―――――
―――――

~② 戦慄! 闇に潜むゴキブリ~


雪歩『皆さんこんにちは、萩原雪歩です』

雪歩『本日は、こちらのお宅に来ているんですが……』


P「あれ、雪歩はレギュラーなのか」


雪歩『すいませーん!』

美希『あふぅ……』

雪歩『今回は、一体どのような……?』


P「あれ、今回は美希か」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:44:17.46 ID:5QuPNAxb0

美希『…………ゴキなの』

雪歩『え』

美希『ゴキが出て……スプレー探してる間に、どっか行っちゃったの』

雪歩『そ、そんな……』


美希『ミキ的には、この辺にいるって思うな』

雪歩『ゴキ的には?』

美希『……さぁ?』


テーレッテッテッ テーレッテッテッ テーレーテレレレレーン♪
テーレッテッテッ テーレッテッテッ テーレーテレレレレー♪


雪歩『……こ、この曲は!!』



P「この曲は?」

真「『きよしのズンドコ節』です!」

P「何? 演歌好きだったっけ?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:45:18.10 ID:5QuPNAxb0

真『とうっ!』スタッ

美希『あ、真クンなのー!』

雪歩『……だっ、ダメですよ! おさわりはダメですぅ!』

美希『ヤ! 助けてー真クーン!』

真『む……むむむ……』



P「何をイチャついてるんだ、お前ら」

真「これには困りましたよ……」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:46:26.32 ID:5QuPNAxb0

真『あー、ゴホン……何はともあれ、まずはGだ』

真『君の部屋に案内して貰えるかな?』

美希『オッケーなの!』

雪歩『……』


美希『ここだよ。 なんかお菓子食べる?』

真『いいや、その必要は無い』

雪歩『それって……』


真『この近くに、奴はいる……ボクのサイドエフェクトがそう言ってる』


雪歩『!』



P「唐突に中二病盛り込んで来たな」

真「設定と呼んで下さい、設定と!」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:47:30.00 ID:5QuPNAxb0

真『それじゃ……今から探知に入るから、静かにしていてくれ』

雪歩・美希『はーい』



真『…………』


美希『……』

雪歩『……』


真『……………』


美希『……』

雪歩『……』


真『………………』


美希『ねぇ、いつまでやるの? コレ』ヒソヒソ

雪歩『ダメだよ美希ちゃん、静かにしてないと……』ヒソヒソ


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:48:11.30 ID:5QuPNAxb0

真『……………………』


雪歩『お茶、持ってきたよ』コトッ

美希『わーい、なの』


真『…………………………』


美希『……』ズズー

雪歩『……』ズズー

美希『………苦いの』

雪歩『そういうものだよ、美希ちゃん』


真『………………………………』


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:49:07.87 ID:5QuPNAxb0

雪歩『あ、でもおにぎりには合うんじゃないかな……梅とか』

美希『そう? それじゃ……おお! コレすごいの!』

雪歩『美味しい?』

美希『美味しさ倍返しなの!』

雪歩『意味不明だよ美希ちゃん……』



P「何イチャついてんだ雪歩!!!」バン

真「ちょっ、プロデューサー落ち着い」

P「何でだ? 何で真のビデオにこれが収録されてるんだ!?」

真「何でそんな興奮してるんですか!?」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:50:16.31 ID:5QuPNAxb0

美希『じゃあ、雪歩も――』

真『……………上だ』

雪歩『え?』

真『この家に屋根裏部屋はあるかい?』

美希『えっ、あるけど……』

真『そこだ。 そこに奴がいる』



P「……これまた唐突に判明したな」

真「探知は大変なんですよ?」

P「探……いや、うん」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:51:21.96 ID:5QuPNAxb0

美希『よい……しょっと』

雪歩『せ、狭いね……』

真『美希、これを』ヒュン

美希『?』パシッ

真『それを置けば……これからは、奴らに会うことも少なくなるはずだよ』



P「やっぱり、ああいうの使うのな」

真「アフターケアです!」

P「うん」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:52:24.44 ID:5QuPNAxb0

真『今ここにいる奴は……ボクが』


カサカサッ


雪歩『真ちゃん!』

真『分かってる!』ブン

G『残像だ……』カサッ

真『!?』



P「え、なんで社長声当ててんの?」

真「その方が強そうじゃないですか」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:53:15.91 ID:5QuPNAxb0

真『なっ……ボクが遅い!? ボクがスロウリィ!?』

美希『真クン、うるさいの』

真『……』


G『フン……小娘ごときに、この俺が』ガシッ

真『……なーんちゃって、っと』

雪歩『!』

G『何……だと……?』

真『おおっと、暴れないでくれよ……手荒な真似はしたくないからね』


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:54:28.57 ID:5QuPNAxb0

雪歩『す、凄い……』

美希『ベテラン、ってカンジ?』

G『ぐっ……放せぇ!』

真『ボクはね……ゴキブリ君。 よく君とスパーリングしてるんだ』

真『君の種族がどのように動くのか……体で覚えてる』

G『……』

真『だから、何も恥じることは』グシャァ



雪歩『……』

美希『……』

P「……」



真『……あ』


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:55:15.75 ID:5QuPNAxb0

――ゴキブリは、その体に雑菌を宿していることが殆どだ――


――もし直接触ったり、潰したりした場合は……すぐに丁寧な水洗いが必要である――


~② 戦慄! 闇に潜むゴキブリ~ 終



P「……」ピッ

P「なぁ、真って……虫、苦手じゃなかったか?」

真「……」

P「真?」

真「……やっぱり、修行パートもカットしない方がいいですかね?」

P「あー、グロそうだからいい」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:57:14.48 ID:5QuPNAxb0

―――――
―――――

~③ 慟哭! 最凶のスズメバチ~


雪歩『皆さんこんにちは、萩原雪歩です』



P「そういえば、これって誰が撮影してるんだ?」

真「小鳥さんです!」

P「あぁ……」



雪歩『本日は……こちらのお宅に、来て……いるんですが……』

バウッ!!

雪歩『ひうっ!』

伊織『こら、止めなさい』



P「お、ラストは伊織か」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:58:10.58 ID:5QuPNAxb0

伊織『すいません、うちの犬がご迷惑お掛けして』

雪歩『あ、いえ……その、今回はどのような?』

伊織『……どうぞ、こちらに』



P「伊織は演技派だな」

真「ボクはきのこ派ですね」

P「……」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 22:59:19.49 ID:5QuPNAxb0

伊織『この木の、根元なんですけど……』

雪歩『これ……って』

伊織『はい、蜂の巣です。 いつの間にか出来ていて……恐らく、スズメバチだと思います』

雪歩『ス……スズメバチ……』ゴクリ

伊織『本当なら、専門の業者に頼むべきなのでしょうが……』


デレデレデレッ デーッデッデッデッ デッデッデレッデーッデッ♪


伊織『!?』

雪歩『……こっ、この曲は!!』



P「この曲は?」

真「『おジャ魔女カーニバル!!』です!」

P「そこは演歌じゃないのか?」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:00:33.85 ID:5QuPNAxb0

真『とうっ!』スタッ

伊織『あ、貴女は一体……!?』

真『話は全て聞きましたよ、お嬢さん』


真『後は……ボクに任せて下さい』



P「どうでもいいけど、真のキャラ結構ブレブレだな」

真「ボクはボクですよ!」

P「うん、突っ込みにくいのはやめてくれ」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:01:21.09 ID:5QuPNAxb0

雪歩『でも、ま……菊地さん。 スズメバチに挑むのは、危険なような……』

真『大丈夫ですよ、ボクを誰だと思ってるんです?』

雪歩『……っ』



P「おお、今回は役に入ってる」



真『さて、それじゃ……』コキッ

伊織『ちょ、ちょっと待って下さい!』

真『どうかしました?』

伊織『その状態で駆除するんですか!? スズメバチを!? 丸腰で!?』

真『……』


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:02:09.06 ID:5QuPNAxb0

伊織『貴女が強いということは……何となく、分かります。 ですが』

真『武装なんて、要りませんよ』

伊織『!』


真『いつだってボクは、拳一つでやって来た……その生き方を、曲げる気はありませんから……!!』


伊織『……~~~ッッッッッ』

雪歩『っ……』

真『……』


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:03:26.24 ID:5QuPNAxb0

伊織『………ふふっ、分かりました。 余計なこと言って、ごめんなさいね?』

真『いえ……』

伊織『でも、これだけは言わせて……』




伊織『どうか、死なないで』




P「……なぁ、これ本当に伊織か?」

真「……た、多分」

P「なんで真も自信無いんだよ!」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:04:13.88 ID:5QuPNAxb0

真『…………さて、と』


ハチ『……』ブゥゥゥゥン

ハチ『……』カチカチカチ



真『いっちょ、やりますか!』


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:05:27.27 ID:5QuPNAxb0

P「……なぁ、真?」

真「どうしたんですか?」

P「心なしか、モザイクが画面を埋め尽くしているような気がするんだが」

真「……社長の配慮、ですかね?」

P「そうか……」



真『うおおおおおおおおおお!!!』

真『ぐ……っ』

伊織『[ピー]』

真『[ピー][ピー][ピー][ピー]!!!!』



P「聞こえない! 自主規制で何も聞こえないんだけど!」


~③ 慟哭! 最凶のスズメバチ~ 終


P「いつの間にか終わってるし!」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:06:30.80 ID:5QuPNAxb0

―――――
―――――

ガララッ


真『……あぁ、雪歩』

雪歩『まこ……菊地さん、体調の方はどうですか? リンゴむいてきましたよ』

真『へへ、おかげ様で元気ですよっ』



P「……え、何これ」

真「エピローグです!」


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:07:31.46 ID:5QuPNAxb0

――さて……害虫の恐ろしさは、分かって頂けただろうか――


キャアアアアア!!!

真『!?』

雪歩『い、今のって……』


――また同時に、彼女についても――


真『……よし! ちょっくら行ってきます!』

雪歩『えっ、でも……』

真『大丈夫……ボクを、信じて下さい!』

雪歩『……』


雪歩『はいっ!』



――アイドル・菊地真は……何事にも負けない強さを持っているのだ――


『菊地真vs害虫!炎の三番勝負!!』 終


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:08:12.09 ID:5QuPNAxb0

P「……真」ピッ

真「どうでしたか?」

P「その怪我は……さっきのスズメバチだったのか……」

真「いえ、交通事故です」

P「違うのかよ!」


P「………まぁ、いいや。 これを販売したい、だったな」

真「いいんですか!?」

P「ああ、面白かったしな……出来るだけ早く、売り出せるようにするよ」

真「へへっ、やーりぃ!」


――――

――


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:09:15.10 ID:5QuPNAxb0

ウィーン


店員「いらっしゃいませー」

雪歩「……」ザッザッザッ


雪歩(今日は、真ちゃんのビデオの発売日……)

雪歩(真ちゃんのビデオ! なんていい響き!)


雪歩「ねーえー♪ 愛しててもー♪」

店員「……」

雪歩(保存用、鑑賞用、布教用……)



雪歩(あ、未来に託す用も買おうかな)


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:10:21.93 ID:5QuPNAxb0

雪歩「これ、下さい」

店員「はい、こちら4枚で間違いありませんか?」

雪歩「異議なし!」バン


店員「それでは…………」




店員「何か、年齢を確認できるものをご提示頂けますか?」




雪歩「………え?」




51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/01(火) 23:11:27.44 ID:5QuPNAxb0

以上です。読んで下さって、ありがとうございました。


正直、真の虫苦手は見落とし……ゲフン





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿