TOP > シンデレラガールズ > モバP「ニューウェーブ」村松さくら「ざっぱぁん!」

モバP「ニューウェーブ」村松さくら「ざっぱぁん!」

1: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 17:52:16.68 ID:3g4qXoTDO

P「なんだいまの」

さくら「効果音でぇす!」

P「効果音か」

さくら「はぁい!」

P「さくらは元気だなぁ」

さくら「えっへへー!」

P「まあ今日は事務所でお留守番なんだけどね」

さくら「しょーん……」

P「なんだいまの」

さくら「効果音でぇす…」

P(しょ?)


2: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 17:55:06.33 ID:oRn0rQ6xo

P「ちゃんと留守番できるか?」

さくら「で、できますよぉ?わたしだって、おるすばんくらいしたことありますぅ」

P「ほお」

P「いいか。事務所を守るんだぞ」

さくら「はぇ?」

P「そこに留まり番をする。事務所はうちとは違う。いつどんな難事に襲われるか分からない」

さくら「はわわ」

P「さくらはそんな場所を、一人で、本当に守れるのか?」

さくら「無理でぇす!」ウワーン

泉「こらP、さくらをいじめないの」ガツン

P「そのPCの使い方はおかしいよ」イタイ

亜子「あ、ほらいずみ。PもPCも壊したらただじゃ済まんのやから、丁寧に扱わないかんよ」

P「あれ?亜子のなかでは俺とPCが同じ扱いなの?」


3: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 17:58:06.55 ID:3g4qXoTDO

さくら「イズミーン。プロデューサーさんがいじめるんだぁ」

泉「よしよし」

泉「お留守番って言っても、そもそもPは一緒なんだから。なにも不安なことなんて…」チラ

P「?」

泉「Pがいること以外には、ないはず」

P「矛盾してるぞ。おい」

泉「論理的な整合性が取れないところにこそ、大事なことがあることもあるよね。最近学んだ」フフ

P「あっそ」

さくら「ふわあー…イズミンいい匂いですぅ……」

泉「ち、ちょっと」

P「おいこら変態。二人が仕事に行くのを邪魔しちゃだめだろ」グイ

さくら「うきゅ」

亜子「じゃまたーさくら、Pちゃん。アタシがいない間に無駄遣いしたらあかんよー?」

泉「またあとでね」

P「おう」

さくら「早く帰って来てねぇー…」パタパタ


パタン


4: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:00:33.98 ID:oRn0rQ6xo

ポスン


さくら「はぷ…」

さくら「……」パタパタ

P(さて。昼飯は…もう一仕事してからでいいかな。……)チラ

さくら「……」コロコロ

P「…」

P「なあ」キュ

さくら「ふにっ…、あ、あんですかぁ?」

P「なんでちょっと言葉遣いが荒くなってんの?」

さくら「ぷ、ぷろでゅーさーさんが、はにゃをつまんでるからでぇす!」

P「ほう。俺のせいにするのか」プニプニ

さくら「ふぇーん」


5: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:02:33.38 ID:3g4qXoTDO

パッ


さくら「はふん…」スリスリ

P「レッスンはべつに入れてないが、なにかすることはあるだろ?まあ…休養にするのも使い方だが、せっかく事務所に出て来たんだし――」

プイ
さくら「……」コロコロ

P「…。」

P「まあ、いいけど」

さくら「……」コロコロ

さくら「…あの、プロデューサーさん」

P「なんだ?」

さくら「今日はどうして、イズミンとアコちゃんの、二人でお仕事なんですか?」

P「……どうしてって」

さくら「むすー」

P「効果音?」

さくら「すねてるんでぇす!」

P(自分で言うのか)


6: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:05:12.86 ID:oRn0rQ6xo

P「……」ハア

P「ちょっと早いけど、一緒に昼飯でも食いに行くか」

さくら「お弁当があるのでけっこーでぇす」

P「…あ、そ」

P「…留守番はできるんだっけ?」

さくら「で、できますってばぁ!」

P「そっか。がんばれ。じゃあな」パタン

さくら「…………」コロコロコロ…

ガチャ

P「勝手に事務所の物をピンク色にしたりするなよ」

さくら「そ、そんなことしませんよぉ!もぉお!!」

P「それはよかった」パタン

さくら「……もぉー」

さくら「……」コロコロ


7: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:07:30.30 ID:3g4qXoTDO

・・・・・


P「…牛丼でも食おうかな。いや、そういえば近くに新しい定食屋が……」ウーム

P「……」

P「…コンビニでいいか」



P「……さくらのやつ、桃が好きなんだっけ……ピンクならなんでもいいのか?」


8: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:09:18.84 ID:oRn0rQ6xo

ガチャ


P「ただいまー」

さくら「」ビクッ

P「うお」ガサ

さくら「あ、う、…あっ……と、その…」サササッ

ポスン

さくら「……」コロコロコロ…

P「?トイレにでも行ってたのか」

さくら「ち、ちがいますぅ。お花を摘みに行ってたんでぇす」

P「事務所に花が咲いている場所があったとは」

さくら「び、びっくりですよねぇ」

P「そうだな」


9: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:11:21.19 ID:3g4qXoTDO

P「やっぱりさくらに留守番は無理だったか」クス

さくら「?プロデューサーさん、いまなんて…」

P「ほら」ポイ

さくら「ひん」ゴン

P「あ、悪い」

さくら「……いえ。わたしの、運動神経がにぶいのが悪いですから…」サスサス

P「さいですか」

さくら「なんですかぁ?…桃のぜりー?」

P「やるよ。昼飯のデザートにでも食べろ」

さくら「……えへへ。ありがとうございまぁす!」

P「どういたしまして」


10: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:14:51.60 ID:oRn0rQ6xo

パカ


P「頂きます」

さくら「……」

P「…」モグモグ

さくら「……」

さくら「あのぉプロデューサーさん」

P「ん?」

さくら「わたしはいらない子ですかぁ?」

P「……」モグモグ

P「さくらはもうご飯食べた?」

さくら「は、話をそらさないでくださ――」

P「もう食べたのか早食いだなぁ。太るぞ」

さくら「もぉお!まだでぇす!」


11: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:16:47.09 ID:3g4qXoTDO

P「じゃあ一緒に食べるか」

さくら「…………」

さくら「…むすぅ。はぁい」

P「おう」


12: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:18:16.42 ID:oRn0rQ6xo

パカ


さくら「いただきます」

P「どうぞ」

さくら「……作ったのはわたしですぅ。プロデューサーさんじゃないでぇす」

P「へえ。自分で作ったのか。すごいな」

さくら「えへへ。わたしすごいですかぁ!」

P「からあげ美味そう」ヒョイ

さくら「ああっ!と、取らないでくださぁい!」モー

P「美味い」モグモグ

さくら「……あっ…」

さくら「そ、ですかぁ……えへ、へ…もー……」


13: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:20:08.90 ID:3g4qXoTDO

P「ご飯ってさ」

さくら「?はい」

P「一人で食べると寂しいだろ」

さくら「……そうですね」

P「うん。でも俺はさくらがいるからな。寂しくない」

P「ほら。さくらはいる子だろ?」

さくら「……むぅ」

さくら「そういうことじゃないでぇす…」

P「そういうことだよ。大体、さくらがいらない子なら、二人と一緒に仕事に行っていない俺までいらない子になっちまう」

さくら「えぇっ。そ、そんなことはないでぇす!」

P「うん。だからまあ、俺もさくらも同じことで、いらない子じゃない」

さくら「…………」

さくら「うー……」

さくら「……ふふ」


14: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:21:48.58 ID:oRn0rQ6xo

さくら「ふふ、ふふふっ」

P「なんだよ」

さくら「…いえ、なんでも……えへ、えへへ」

さくら「プロデューサーさん、言ってること、むちゃくちゃです。イズミンやアコちゃんとお話するときは、もっと……??あれ…でも、そのときも、私には難しいから、めちゃくちゃな話だなぁ……?」

さくら「……」プシュゥ

P(煙が)

さくら「と、とにかく、今日のプロデューサーさんは、変でぇす」

P「そうか?」

さくら「はい」コクン

P「そっか」

さくら「はぁい!」

P「まあ、いいだろ。ときには変になることも必要だ。泉もそんなようなことを言ってたし」

さくら「そうですねぇ!」

P「さくらはいつも変だけどな」

さくら「はぁい!?」


15: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:23:33.32 ID:3g4qXoTDO

さくら「き、急にひどいでぇす」

P「いいんだよ。ニューウェーブは三人だろ?お前一人が変でも、三人なら、たまに変だな、くらいにバランスが取れる」

さくら「??…あぇー…?そうなりますぅ?」

P「そうなります」

さくら「そうですかぁ!なら、よかったでぇす!」

P「うん」


16: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:26:32.54 ID:oRn0rQ6xo

P「話が逸れた気がするが」

さくら「あ、いえ……もぉ大丈夫でぇす。…えっへへっ」

P「そうか。ならよかった」

さくら「はぁい」ニコニコ

P「それなら早く、ご飯を食べる作業に戻らないとな。おかずなくなっちまうぞ」パクパク

さくら「ふあぁあ!?ぷ、プロデューサーさんが取るのをやめてくれたらいいと思いまぁす!」


18: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:29:15.67 ID:3g4qXoTDO

……・・


P「お」

P「足音がするな。二人とも戻って来たかな」

さくら「!ほんとですかぁ。えへへー」

P「うん」

さくら「よぉーし。プロデューサーさん、いろいろありがとうございましたぁ。いる子なさくらはこれからもがんばりまぁす!」

P「おう。がんばれ。今日はもう帰るだけだけど」

さくら「行きますよぉ!にゅーうぇーぶ!ざっぱぁん!」

P「全部一人で言うのかよ」

さくら「えっへへ♪」


19: ◆aHZi9fzbc. 2013/09/27(金) 18:30:39.85 ID:3g4qXoTDO

終わりです。短い。さくらが可愛くて生きるのがつらくないでぇす
お付き合い感謝でしたー


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/27(金) 18:34:25.80 ID:tq2Q5dUy0


さくらの口調好き





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿