TOP > 魔法少女まどか☆マギカ > マミ「…勢いで鹿目さんを連れ去ってきちゃったわ」

マミ「…勢いで鹿目さんを連れ去ってきちゃったわ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 03:21:03.23 ID:0CYjvzfy0

マミ「…どうしましょう」

マミ「鹿目さんはまだ眠ってるから大丈夫だとして」

マミ「…」

マミ「とりあえず落ち着くために…」

マミ「脱ぎましょう」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 03:27:59.39 ID:0CYjvzfy0

マミ「…やっぱりこっちの方が落ち着くわね」

マミ「…これからどうしましょう」

マミ「…」

まどか「…マミさんって裸族なんですね」

マミ「!」

マミ「え?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 03:30:05.81 ID:0CYjvzfy0

まどか「すみません、はじめから気付いてました」

マミ「…そう」

マミ「も、も、も、もちろんすぐに目が覚めるようにしていたのよ」

まどか「…」

マミ「そ、それよりも暑いわね」

マミ「か、か、鹿目さんも脱がない?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 03:31:48.65 ID:0CYjvzfy0

まどか「…そんに動揺しなくてもいいですよ?」

マミ「ど、ど、動揺ちゃうわ」

まどか「変な言葉遣いになってます」

マミ「…」

マミ「…ごめんなさい!」

まどか「…」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 03:37:19.65 ID:0CYjvzfy0

まどか「…」

まどか「謝らなくて良いですよ?」

マミ「でも…無理矢理連れてきちゃったから」

まどか「いいんです、でなければ私は魔の手に連れ去られてましたから」

マミ「魔の手?」

まどか「はい…」

マミ「誰かしら」

まどか「ほむらちゃんです」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 03:40:07.14 ID:0CYjvzfy0

マミ「暁美さん?」

まどか「はい…ほむらちゃんは気付いてないかもしれませんけど」

まどか「毎夜毎夜、私の部屋に入っては下着を漁って…」

まどか「今日なんか」

ほむら『今夜を楽しみにしてて』

まどか「って学校で言ってきたんです」

まどか「多分家にいたら犯されてました…」

マミ「…」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 03:46:04.93 ID:0CYjvzfy0

マミ「…それは酷いわね」

まどか「はい」

マミ「それじゃあ鹿目さん、脱いでもらっていいかしら」

まどか「はい」

マミ「私は犯すなんてことはしないから」

マミ「ただ、鹿目さんの裸体が見たいだけ」

まどか「はい」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 03:48:14.07 ID:0CYjvzfy0

まどか「あ、マミさん…」

マミ「なにかしら」

まどか「私がいいって言うまで後ろを向いててください」

マミ「?」

マミ「えぇ」

まどか「…」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 03:49:30.01 ID:0CYjvzfy0

まどか「…」

まどか「……」

まどか「いいですよ」

マミ「!」

まどか「ハッピーバレンタインです、マミさん」

マミ「鹿目さん…」

マミ「裸体にリボンを巻くなんて官能的すぎるわ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 03:57:39.15 ID:0CYjvzfy0

マミ「あぁ、やっぱり鹿目さんは私の近くに置いておきたいわ…」

まどか「マミさんが…その…エッチなことをしなければ」

マミ「大丈夫、私はそっちの趣味はないの」

マミ「美しいものを見ていたいのよ…」

マミ「そう、私自身の裸体も美しいから家では裸なの」

まどか「マミさん…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 04:01:55.94 ID:0CYjvzfy0

マミ「鹿目さんちょっといいかしら」

まどか「なんですか?」

マミ「…」ギュッ

マミ「暖かい」

まどか「…はい」

マミ「…ここから先を行うことはないから安心してちょうだい」

まどか「よかったです」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 04:03:17.48 ID:0CYjvzfy0

マミ「そうだ、鹿目さん」

マミ「四つん這いになってもらえないかしら」

まどか「四つん這いですか?」

マミ「えぇ」

まどか「…」

まどか「こうですか?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 04:05:05.72 ID:0CYjvzfy0

マミ「…最高よ」

マミ「とっても輝いているわ」

マミ「…誰かに見せたいわね」

まどか「さやかちゃんなら…大丈夫です」

マミ「早速美樹さんを呼びましょう」

まどか「はい」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 04:06:56.47 ID:0CYjvzfy0



さやか「御邪魔しまぁす」

さやか「ってもうやってますねー」

マミ「えぇ、鹿目さんの裸は最高よ」

まどか「ティヒヒ」

さやか「よーし、さやかちゃんも脱いじゃいますかー」

マミ「…美樹さんの裸体はどんなかしら」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 04:09:54.77 ID:0CYjvzfy0

さやか「…」

さやか「どうですか?」

マミ「…美樹さんも最高ね」

マミ「スラッとした手足…モデルみたいね」

さやか「もーそんなにおだてても何も出ませんよ?」

マミ「ふふ、美樹さんの裸を見られれば満足だわ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 04:12:17.64 ID:0CYjvzfy0

まどか「さやかちゃん、すごく綺麗」

さやか「まどかまでー」

さやか「まどかのその控えめな身体もたまらん!」

まどか「ありがと、さやかちゃん」

さやか「どーいたしましてー」

マミ「最高よ、二人とも」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 04:14:54.58 ID:0CYjvzfy0

さやか「なに言ってるんすか!」

さやか「マミさんのそのダイナマイトボディ!」

さやか「くー、うらやましい!」

まどか「うん、私もあんな風になりたいな」

マミ「…ただの脂肪よ」

まどか「そんなことないですよ」

さやか「うんうん」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 05:16:23.42 ID:0CYjvzfy0

マミ「もぅ、そんなこと言っても…あ」

マミ「二人ともいらっしゃい」

まどか「?」

さやか「はい?」

マミ「…」

マミ「…」ギュッ

さやか「柔らかくて…」

まどか「暖かい」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 05:18:05.09 ID:0CYjvzfy0

さやか「最高です!」

まどか「さやかちゃん、鼻血出てるよ」

さやか「しょうがない!」

さやか「マミさんの豊満な身体に抱かれたら誰だって」

まどか「そうだよね」ティヒッ

マミ「鹿目さんも鼻血出てるわよ」

マミ「…」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 05:19:37.36 ID:0CYjvzfy0

マミ「あぁ、二人の白い肌に赤い血が…」

マミ「美しすぎてクラクラしちゃうわね」

さやか「照れますなぁ」

まどか「さやかちゃん、さらに出てるよ」

さやか「おっと、こりゃ失礼」

マミ「いいのよ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 05:22:29.08 ID:0CYjvzfy0

さやか「あ!マミさん、あのポーズがみたいです!」

マミ「あのポーズ?」

さやか「はい…」

さやか「昔流行った…だっちゅーのってやつです」

マミ「また渋いものを、いいわ」

マミ「…だっちゅーの」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 05:23:51.01 ID:0CYjvzfy0

さやか「す、凄い」

まどか「うわぁ…」

まどか「胸が強調されて」

さやか「見惚れちゃう」

マミ「…」

マミ「ありがとう」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 05:40:33.74 ID:0CYjvzfy0

さやか「よーし、さやかちゃんはこんなポーズをとっちゃうよ」

マミ「…」ゴクリ

まどか「…凄い」

まどか「綺麗なM字開脚だよ、さやかちゃん」

マミ「私もここまで綺麗な開脚は初めて見たわ」

さやか「これだけは得意なんですよ~」

マミ「やるわね」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 05:43:58.03 ID:0CYjvzfy0



杏子「どういうことだよ、おい」

杏子「鍵が空いてるから勝手に入ってみたら…」

QB「僕にもわけがわからないよ…」

杏子「こいつら…」

杏子「変態じゃねーか!」



おわり





『魔法少女まどか☆マギカ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿