TOP > SSSS.GRIDMAN > 六花「響くん…セックスへたすぎ…」

六花「響くん…セックスへたすぎ…」

2018/11/30 13:02 | SSSS.GRIDMAN | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 03:11:58.335 ID:41EgCxYnM

裕太「ご、ごめん……はじめてで…」

六花「……」

六花「……はぁー。なんか最近いいエッチしてないな」

六花「内海くんは細すぎて合わないし、キャリバーさんは勃たないし」

六花「アンチくんはがっつくだけで鬱陶しいし……」

六花「なんかさ、嫌んなっちゃうね。アカネの気持ちわかるかも」

裕太「……」


6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 03:16:15.295 ID:41EgCxYnM

アカネ「ふーん。響くんってエッチへたくそなんだ」

アカネ「童貞っぽいもんね」

六花「うん。反応は結構かわいかった……かも?」

アカネ「あ、そだ。そういえば六花はね、セックスでなかなか満足できないようにつくったんだよー」

六花「え……」

アカネ「んふふふふー。でもセックスは好きになるようにつくったんだよ」


7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 03:19:00.538 ID:41EgCxYnM

内海「あいつまじ不感症ビッチだよな」

響「内海もしたんだ…いつ」

内海「この前お前が戦ってるときに盛り上がって…」

内海「なんか気づいたら…ヤってた」

響「そ、そうなんだ」

キャリバー「ぜ、全員と…した……」

響「みんな…俺が戦ってるときに……」


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 03:22:13.341 ID:41EgCxYnM

アカネ「イッてみたい?イッてみたい~ね」

六花「い、いい。別に、そんなこと」

アカネ「出してあげよっか」

六花「何を」

アカネ「怪獣~♥」

アカネ「退屈してる六花のためにつくってあげよう♥」

六花「は……?」

アカネ「もちろん、六花用のちっちゃいサイズだから安心して」


11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 03:24:54.391 ID:41EgCxYnM

裕太「……!! 怪獣が」

内海「また出たのか!? でも、街は静かだぞ」

ボラー「ほんとに出たのかよー。てかあいつはー?」

六花母「六花遅いわねぇ……」

裕太「さっきから電話してるけど出ないんだ」

グリッドマン「裕太。悪い予感がする」


12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 03:27:32.902 ID:41EgCxYnM

アカネ「どう?きもちいい?」

アカネ「きもちいいよねぇ。六花の性感帯にぴったりハマるようにつくった六花のための怪獣だもん」

六花「あっ…♥ あっ…♥」

アカネ「うんうん。このサイズの怪獣なら、お邪魔虫のグリッドマンも見つけられないよね」

六花「うぎっ♥ あひっ♥」

六花(なによこれっ♥ やばすぎ♥)


15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 03:30:07.442 ID:41EgCxYnM

グリッドマン「裕太。どうする」

グリッドマン「怪獣がどこかにいるはずだ」

内海「みんなで手分けして探そうぜ」

内海「裕太はここに残れ」

裕太「うん」


18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 03:32:46.043 ID:41EgCxYnM

六花「あんっ♥ あんっ♥」

アンチ「……」

アカネ「あんた何勝手に入ってきてみてんの」

アンチ「女が……」

アカネ「うん。いまお楽しみ中。はい、早く出てって。あんた臭いから」

アンチ「……」

アンチ「俺の女。他の怪獣にはやらせない!」

アンチ「うおおお!」ベキベキ

アカネ「ちょっ、何勝手に変身してんの」


19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 03:35:21.176 ID:41EgCxYnM

内海「いたぞ裕太。いつものやつだ」

裕太「わかった。グリッドマン!」

グリッドマン「あぁ、行こう裕太」

裕太「アクセスチャージ!」


アンチ「グリッドマン!今日はお前とは戦わない」

アンチ「邪魔するな!」

アカネ「んもー。こっちのセリフだよ。ていうかあんたのせいでグリッドマンまで出てきちゃったじゃん」

六花「た、助かった…」


21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 03:41:39.840 ID:41EgCxYnM

翌日

アカネ「あーあ。グリッドマンのせいで六花の調教失敗しちゃった」

六花「もうあんなことしないで」

裕太(ど、どんなことされてたんだろう…)

内海(エロエロ触手怪獣…くそっ、見たかったぜ)

アカネ「つまんないなー」

六花「そんなに毎日退屈なら、アカネもセックスすればいいじゃん…」ボソッ

アカネ「あ。そっか」

アカネ「にひひひー。じゃあ……響くん!」 

裕太「お、俺!?」

アカネ「六花で練習して、もっとうまくなったら私としようね」

裕太「え…///」


23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 03:46:41.381 ID:41EgCxYnM

六花「は?何言ってんの」

アカネ「おっきいんでしょ?」

アカネ「さすがグリッドマンだね」

響「いやっ、それは関係ないっていうか」

アカネ「あとはテクニックだけー♥」

アカネ「頑張って練習して、私を満足させてね」

六花「ちょっと、あたし響くんの練習台になんてならないから!」

六花「合体ならグリッドマンとしてなさい!!」


マックス「サノバビッチ」

ボラー「お、アメリカ人っぽいな」

end





『SSSS.GRIDMAN』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿