TOP > 咲-Saki- > 透華「はたして清澄でも阿知賀の松実玄さんには勝てるかどうか」

透華「はたして清澄でも阿知賀の松実玄さんには勝てるかどうか」

2018/12/02 00:02 | 咲-Saki- | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 18:52:47.45 ID:oL8n8jx40

竜華「せやな!くろちゃんめっちゃ強いから決勝ではチャンピオンも倒して優勝やな!」

透華「頑張ってくださいまし玄さん!」ぎゅっ

竜華「うちらの分も頑張ってや!」ぎゅっ

玄「オゥフwwww私に唐突なモテ期到来wwww頑張りますのだwwwwお任せあれwwww」ドゥフドゥフwww


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 19:01:53.25 ID:oL8n8jx40

穏乃「あれ?龍門渕の透華さんに、千里山の龍華さん?」

玄「これはこれはwwwwしずちゃんではありませぬかwwwwコポォwwww」

穏乃「皆さんどうしたんですか?玄さんに抱きついたりなんかして?」

玄「お二人はwwww私の応援に来てくれたのですのだwwww」

穏乃「へー。他校の人が来てくれるなんて、玄さん結構顔が広いんですね」

透華「まぁ、玄さんは特別と言うか・・・」ぎゅっ

竜華「どうしても応援したなってしまうんや!」すりすり

玄「フォカヌポォwwwwかつてない両手におもち状態wwwwこれはたぎりますのだwwww」ドゥフドゥフ


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 19:08:38.27 ID:oL8n8jx40

穏乃「それで、お二人はどうして玄さんに抱きついてるんですか?」

透華「こうして玄さんにずっとくっ付いていれば、私たちの運が玄さんに移るかもしれませんわ」すりすり

竜華「せやで。こうやってずーっとおると、私のパワーがくろちゃんに移んねん!」ぎゅぅ

玄「コポォwwwwもっとですのだwwwwもっとおもちを押し付けてくださいですのだwwwwwwww」コフーコフー!

穏乃「そ、そうなんですか・・・」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 19:18:34.64 ID:oL8n8jx40

竜華「押し付ける・・・こうすればええんか?」ぎゅむっ

透華「もっと肌を密着させるように・・・ですわね?」ふにゅん

玄「コポォオオオwwwwなるほどなるほどなるほどぉおおwwww」コフーコフー!

透華「あらあら玄さんったら。これくらいで興奮なさっていては身体がもちませんわよ?」むぎゅっ

竜華「せやで?一晩中ずっとこうして抱き合ってるつもりやからな」すりすり

玄「オゥフwwwwこれはこれは失礼をばwwww私でよろしければ一晩だろうと百晩だろうとお付き合いしますのだwwww」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 19:23:36.59 ID:oL8n8jx40

透華「あら、玄さんったら」なでなで

竜華「くろちゃんはほんまに可愛えなぁ」すりすり

玄「おまかせあれwwwwコポォwwww」

コンコン ガチャ

一「透華ー?いるー?」

一「って!なにしてんの透華!?」

透華「一ですの?今忙しいので邪魔しないでくださいまし!」すりすり

一「いやいや!本当に何をやってるのさ透華!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 19:31:20.27 ID:oL8n8jx40

透華「今私の運とパワーを玄さんに分けているところですの」ぎゅっ

一「はい?」

玄「ご挨拶が遅れましたですのだwwww阿知賀の松実玄ですのだwwww」コポォ

一「えっ?あ、どうも」(うっわ!あのすごく気持ち悪い口調で話す人だ!)

透華(はぁ、キモオタ口調で話す玄さん。とっても素敵ですわ///)キュンキュン

玄「透華さんのご厚意に甘えておもちを押し付けてもらってますのだwwwwドゥフッwwww」

透華「もうっ!玄さんったら、おもちだなんて」ふにゅんむにゅん

玄「オゥフwwwwなるほどなるほどwwww」

一「・・・今すぐ透華から離れてもらえないかな?」イラッ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 19:44:49.05 ID:oL8n8jx40

透華「こら一!玄さんに失礼ですわよ?」

一「いや、だって透華セクハラされてるみたいだし」

透華「そんなことはありませんわ!これは私の望んだ事。一は下がっていなさい」

一「でも透華・・・」

透華「くどいですわよ!」

一「うっ・・・。わかりました透華お嬢様」

透華「まったく。すみません玄さん。うちのメイドが」

玄「まったく気にしていませんですのだwwwwおまかせあれwwww」

透華「それではさっそく続きを///」むにっ

玄「コポォwwwwこれはなかなかのなかなかぁ~wwww」


一(ううっ、気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 19:52:01.79 ID:oL8n8jx40

一(そうだ!)

一「ボクが透華を止められないなら、他の人に止めてもらえばいいんだ!」

一「あの部屋には透華と、あの気持ち悪い人の他にもう一人いたんだよね」

一「そうだ、阿知賀と戦ってた千里山の部長さんだ!」

一「ハギヨシさん!千里山が泊まってるホテルの場所調べられますか?」

萩原「すでに千里山の方に電話をお繋ぎしました。どうぞ」サッ

一「ありがとうございます!さすがハギヨシさんだ」ピッ

一「もしもし、突然すみません。ボクは龍門渕高校の国広と申します」

怜『事情はうかがいました。ウチの連れがなんや迷惑かけとるらしくて、えろうすいません』


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:00:50.78 ID:oL8n8jx40

一「いえ、こちらこそ急にすみません」

怜『今すぐ連れて帰るんで、まっとってください』ピッ

一「よし、これであの三人を引き離しことが出来るぞ」


透華「あんっ!もう、玄さんったら」

玄「これは失礼をばwwww」

竜華「もー!くろちゃんこっちもやで?」

玄「オゥフwwwwおまかせあれwwww」


一「~~~~っ!!」イライライライラ


怜「竜華ぁ!なにしてんねん!!」

竜華「なっ!?怜?」


一「来たか!!」ガタッ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:12:07.97 ID:oL8n8jx40

怜「竜華!ホテルにおらんと思ったら、こんなところで松実さんとイチャイチャと・・・!」わなわな

竜華「イチャイチャて、ちゃうねんこれは」

怜「いいわけすんな!」

玄「オゥフwwww落ち着いてくださいですのだwwww」

怜「うっ!」(うっわ!やっぱり気持ち悪いなこの人のしゃべり方)

玄「竜華さんは私を応援するためにパワーを分けてくれていたんですのだwwww」

怜「・・・えっ?」ドキッ

竜華(ヤバイ空気や・・・)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:19:48.46 ID:oL8n8jx40

怜「えっ?今、なんて?パワーを・・・分ける?」

玄「そうですのだwwwwおもちを押し付けてもらうとパワーを分けられると教えていただいたんですのだwwwwおまかせあれwwww」

竜華「あー、えっと、それはやな?」おろおろ

怜「りゅ~う~か~!!」くわっ

玄「オゥフwwww」

竜華「ひいっ!?」ガタガタガタガタ

怜「これはお仕置きやなぁ?」

竜華「そ、それは堪忍や怜~!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:24:19.42 ID:oL8n8jx40

怜「やかましい!竜華は今から30時間膝枕禁止や!」

竜華「そんな!それだけは許してぇや!私はくろちゃんを応援したかっただけなんやー!」

怜「知らんわ!」

玄「ケンカはやめるようにですのだwwww」

透華「あらまぁ。困りましたわね」

一「仕方ないね透華。今夜はこれでお開きにしよう」ささっ

透華「・・・仕方ありませんわ」

玄「でも、おもちパワーはしっかり補給できましたのだwwww決勝はおまかせあれwwwwコポォwwww」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:27:36.31 ID:oL8n8jx40

【決勝当日】

宥「頑張ってね玄ちゃん」なでなで

玄「うんっ!いってくるねおねーちゃん!」ぎゅっ

穏乃「頑張ってください玄さん!」
憧「しっかりしてよね玄!」
灼「まぁ、緊張しないように」

玄「いってきますのだwwwwおまかせあれwwww」コポォ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:34:33.19 ID:oL8n8jx40

【決勝会場】


玄「よろしくお願いしますですのだwwww」

タコス「だじぇ!」

辻垣内「よろしく」

照「!」ピクッ
照(・・・阿知賀の松実姉妹の妹。なんだか準決勝とは雰囲気が違う)

玄「オゥフwwwwおもちwwwwですのだwwww」

照(・・・探りを入れておくか)カッ

辻垣内「チッ!」
タコス「ふぇっ!?」びくっ
玄(オゥフwwww見られる快感がwwww)ジュンッ

照(これは・・・!)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:37:56.04 ID:oL8n8jx40

照(二匹の、竜!?)

玄(コポォwwww熱の竜と冷の竜!二匹のドラゴンが憑いてる私は無敵ですのだwwww)


照「ロン。24000」

玄「ひょっ!?」びくっ


タコス「8000だじぇ!」

玄「ふぁっ!?」ガーン


辻垣内「16000!」

玄「うわわわわ・・・」ジョボジョボジョボ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:40:47.97 ID:oL8n8jx40

玄(こんなのって!こんなのってないよぉ!)

玄(助けてぇ、誰か助けてぇ・・・)ガクガクブルブル

熱の竜『諦めたらダメやで!』

玄「えっ?」

冷の竜『そうですわ。まだ終わりではありません』

玄(これは・・・2匹のドラゴンが私に喋りかけているの?)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:44:51.90 ID:oL8n8jx40

熱の竜『大丈夫!まだ手はあるでくろちゃん!』

冷の竜『そうです。最後の手段が残っていますわ』

玄(それって・・・まさか!)

熱の竜『そうやでくろちゃん!』

冷の竜『ドラを切ってくださいまし』

玄(そんなっ!そんなこと出来ないよぉ!)ぶわっ

玄(こんなピンチな状況でドラまで切っちゃったら、私、一人ぼっちになっちゃうよ!?)

玄(そんなのダメっ!ドラは・・・切れないよ)ぐすっ


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:49:30.88 ID:oL8n8jx40

熱の竜『自信を持ってくろちゃん!』

冷の竜『そうですわ玄さん。自分を信じて』

玄(でもっ!でもぉ・・・)ブルブル

冷の竜『あなたは闘える。たとえ一人になろうとも』

熱の竜『いいや、一人やないはずやで?』

玄(一人じゃない?)

冷の竜『仲間が・・・
熱の竜『友達が・・・

冷の竜『待っていますわよ』
熱の竜『待ってるんやろ』

玄(そうだ!私、みんなと決勝に来て、和ちゃんと遊ぶんだ!)


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:52:46.59 ID:oL8n8jx40

玄(和ちゃんと闘うまで、トぶわけにはいかない!)キリッ

冷の竜『さぁ、ドラを切るのですわくろちゃん!』

玄(うん!今までありがとう、ドラゴンさんたち!)

熱の竜『大丈夫やで!いつもの、可愛い口調に戻っていつも通り闘うんや!』

玄(そうだね!私、頑張るよ!!)



玄「コポォwwwwwwww」カチャ

照「っ!」びくっ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:55:46.75 ID:oL8n8jx40

玄「ドラを切りますのだwwww」カッチーン!

タコス「なにっ!?」

照(阿知賀のドラゴン使いが!?)

辻垣内(ドラを切るだと!?)


玄「リーチですのだwwwwwwww」



憧「玄・・・」
穏乃「玄さん。やったんだね」
宥「玄ちゃん・・・」うるうる


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 20:59:30.09 ID:oL8n8jx40

【先鋒戦終了】

アナウンサー「阿知賀の松実玄。序盤大きくリードされましたが盛り返し、現在2位につけています」


玄「オゥフwwwwやりましたのだwwwwドラゴンさんたちwwww」

竜華「・・・。」
透華「・・・。」

玄「コポォwwwwお二人とも待っていてくださいましたかですのだwwwwお待たせしてこれは大変失礼をばwwww」

竜華「はい?」
透華「近寄らないでくださいまし」

玄「オゥフ?wwww」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11(火) 21:02:27.46 ID:oL8n8jx40

竜華「つーか、アンタしゃべり方気持ち悪いねん」

透華「汚らわしい。そばによらないでくださいまし!」


玄「オゥフ・・・ドラが、おもちが離れていきますのだ・・・」ガビーン


こうして玄はますますおもちを求めるようになり、わいせつ罪で逮捕されて終わった


完!





『咲-Saki-』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿