TOP > シンデレラガールズ > 杏「あなたのうた」

杏「あなたのうた」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:19:32.54 ID:P0UtpBnSO

会うたび あなたに魅かれていきます

明日も ますます会いたくなります

あなたに会うたびそのたびに

会うたびふたたびそのたびに


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:21:22.42 ID:P0UtpBnSO

「おはよう、プロデューサー」

――また来たのか

「せっかく来てあげたのにその言い方は酷くない?」

――いや、毎日来てるから飽きないのかと思っただけだ

「好きで来てるのに飽きるも何もないでしょ」

――今気づいたが、その袋はなんだ?かなり膨らんでるけど

「お、さっそく気がついたね。これ、食べ物をどっさり入れて来たんだ」

――俺が食べれないものが入ってたり……?

「いくら杏でもそんなことはしないよ。ちゃ~んと食べれるかどうか調べてから持って来てるって。心配ご無用」

「えっと、どれから食べる?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:24:02.55 ID:P0UtpBnSO

月火水木金土日 止まることない時間足早に

過ぎていく中で疲れて負けそうになって

でもいつも心にあなた居て

「今日もまた頑張ろう」って思えて

本当いつも支えてくれて感謝してるよ


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:24:49.68 ID:P0UtpBnSO

「……おはよう、プロデューサー」

――どうした?少し顔色悪いぞ?

「……仕事がどっさりだからね。ちょっと疲れてる……のかも」

「今まで『何かを頑張って疲れた』って経験がないから、わからない」

――無理するなよ。頑張り過ぎは身体に毒だぞ

「わかってるって。体調管理も仕事のうち。どこかで休みとって1日だらだらしてみるよ」

「とれるかわからないけどね。最近杏、人気出てきたし」

――マネージャーの人に言ったら休みを調整してくれるんじゃないのか?

「……そうだね。一応ちひろさんに言ってみるよ」

――と言うより、俺に毎日会いにくる時間を休みにあてたほうがいいんじゃないか?

「それとこれは話が別。杏が会いたいから来てるんだよ」

「――お、もうこんな時間だ。仕事行ってくるね」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:25:41.60 ID:P0UtpBnSO

あなたと出会い強くなれた

あなたと出会い 毎日を生きる意味

見つけたよ 大切な人


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:26:34.98 ID:P0UtpBnSO

「――おはよう、ちひろさん」

――杏ちゃん、大丈夫?昨日より顔色悪いですよ

「……大丈夫、全然問題ないよ」

――問題ないわけないでしょ。フラフラしてますよ。ほら、そこの椅子に座ってください。……はい、体温計

「大丈夫だって言ってるじゃん……」

――やっぱり熱がありますね。……今日の仕事は断りを入れましょう。

「ダメ。せっかくもらえた仕事なんだから、絶対にやる」

――確かに仕事は大切ですけど、杏ちゃんの身体のほうが大事ですよ

「それでもやる。今までやらなかったぶん、今やる」

「プロデューサーのためにも、やらなきゃいけないんだ」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:27:35.82 ID:P0UtpBnSO

会うたび あなたに魅かれていきます

明日も ますます会いたくなります

あなたに会うたびそのたびに

会うたびふたたびそのたびに


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:28:49.37 ID:P0UtpBnSO

「おはよう、プロデューサー」

――まったく、ホントに飽きないな

「言ったでしょ、好きで来てるって。プロデューサーに会いたいから来てるんだよ」

――昨日も会ったじゃないか

「明日会えなくなるかも知れない。だから毎日会いたいんだよ」

――大げさだな

「……大げさなんかじゃない。大げさなんかじゃない!」

「また会えるかなんてわからないから、だから……!」

――……ごめん、君の気持ちを考えずに、酷いことを言ってしまった

「……杏こそごめんなさい。いきなり怒鳴っちゃって」

――…………

「……もう時間だね。今日は帰るよ」

「プロデューサー、またね。明日も来るよ」

――ああ、また明日


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:33:26.26 ID:P0UtpBnSO

疲れたら僕の肩貸すから

迷ったら立ち止まればいいから

無理はしないで 強がらないで 僕は知ってるよ

頑張り屋で負けず嫌いだし

自分捨てても誰にでも優しい

だから涙隠したまま いつもの笑顔


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:34:38.78 ID:P0UtpBnSO

――そういえば前から気になってたんだが

「どうしたの?プロデューサー」

――どうして君はいつも出会い頭の挨拶がおはようなんだ?

「…………」

――おーい?聞こえてるか?

「……あ、ごめん、聞こえてるよ」

「癖になってるんだよね」
――癖、か

「そう。仕事でそうだから、朝昼晩全部『おはよう』で挨拶しちゃうんだ」

「……もうそろそろ時間だね。行ってくるよ」

――おう。仕事頑張ってこいよ

「うん。また明日」



「教えてくれたのはプロデューサーじゃん」

「……プロデューサーのバカ」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:35:53.09 ID:P0UtpBnSO

そんないくつものエピソードが

僕の胸を焦がすから

いつも僕は歌うから あなたのうたを


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:37:35.97 ID:P0UtpBnSO

――久しぶりだな、杏!

「……久しぶりだね、お兄さん」

――風の噂で引きこもってるって聞いたけど、ホントだったんだな。そんなお前にいい話がある

「学校にいく気もないし、働く気もない。お兄さんまで実の家族と同じこと言うの?余計なお世話だよ」

――いいのかな?そんなこと言っても

「……?」

――楽してお金を稼げる方法を持って来たんだが、残念だなぁ。この話は他の誰かに……

「待った。話だけでも聞こうじゃないか」

――よし、じゃあ杏。お前、アイドルになる気はないか?

「……」

「……アイドル?」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:38:37.03 ID:P0UtpBnSO

会うたび あなたに魅かれていきます

明日も ますます会いたくなります

あなたに会うたびそのたびに

会うたびふたたびそのたびに


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:39:49.56 ID:P0UtpBnSO

「おはよう、プロデューサー」

――びっくりした。こんな時間に来るなんて

「仕事が遅くなって」

――それは仕方ないか。だけど、こんな時間に女の子の1人歩きは危ないぞ?特に君はアイドルなんだから

「心配ない。そのあたりは気をつけてるよ」

「プロデューサー、晩ごはんはもう食べた?」

――いや、まだだな。家の中と君からもらった書類に目を通してたら食べ忘れてた

「……あきれた。やっぱりプロデューサーはプロデューサーだね」

「杏がなにか適当に作るよ。そこで待ってて」

――そういえばさ

「なに?」

――こんな時間に君と話すのは初めてだと今気づいた

「……そうだね、昨日までは8時がタイムリミットだったし」

「うわぁ、冷蔵庫何もないよ」

「……そういえば、杏が片付けたんだった。忘れてたよ」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:43:32.29 ID:P0UtpBnSO

あなたの昨日が僕になって 僕の未来があなたになって

どんな時でも そうずっと 泣き笑い繰り返しながら

繋いだ手は離さないまま 幸せを探そう


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:44:23.24 ID:P0UtpBnSO

――どうだ杏、アイドルやってみたくなっただろ?

「い、いきなりそんなこと言われても」

「どうせ、レッスンもたくさんやれって言われるんでしょ」

――大丈夫だ、心配するな。活動はお前のやりたいようにやればいい

「……どういうこと?」

――アイドルやるのに必要最低限のレッスンの指示はするけど、それ以外はお前の自由だ

――やりがいがあれば続ければいい。目標ができたら挑めばいい。しんどければやめればいい。強制なんてしない

「……」

――杏が楽しめれば、それでいいんだ

「……やってみるよ、お兄さん」

「家も出れるし、楽して稼げるなら話にのらない理由がないね」

――よし。じゃあ早速、荷物をまとめるぞ!

「うん!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:45:33.37 ID:P0UtpBnSO

あなたと出会えて ほんとに良かった

いつでも思うよ ほんとにアリガトウ


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:46:52.29 ID:P0UtpBnSO

「プロデューサー。杏、プロデューサーに出会えてよかった」

――どうしたんだ、いきなり

「杏が楽しいときはいっしょに笑ってくれて、辛いときは支えてくれた。……杏を、外の世界に連れ出してくれた」

「家族に意地はって、ただ無駄に時間を過ごしてた杏に手を差し伸べてくれた。」

「――本当に、本当に嬉しかった」

――いったい、なんの話を……

「わからなくてもいい。聞いてくれるだけでいいよ」

「今までずっと言えなかったから、言いたかったから、今伝えようと思ったんだ」


「――ホントは続きがあるんだけど」

「それは、『また会えたら』、会うことができたら、その時伝えるね」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:47:49.51 ID:P0UtpBnSO

会うたび あなたに魅かれていきます

明日も ますます会いたくなります

あなたに会うたびそのたびに

会うたびふたたびそのたびに


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:49:02.10 ID:P0UtpBnSO

――えっと、あのファイルは……

「1段下、右から3つ目」

――あった。ありがとな

「どういたしまして」

「どう?仕事はなれた?」

――だいぶな。早く一人前のプロデューサーになれるように頑張るよ

「その心意気だね」

――よし、今日はこれで終わりだ。寮まで送ろうか?

「杏、まだやることがあるんだ」

――わかった、先に失礼するよ。お疲れさま

「お疲れさま、プロデューサー」

「また、明日」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:51:24.49 ID:P0UtpBnSO

とある雑誌の、インタビュー記事

――双葉さんの今後の目標はトップアイドルとのことですが、その理由を教えてください

「――会いたい人がいるんだ」

「杏をアイドルの道に導いてくれた人なんだけどさ。トップアイドルになったら、杏のことに気づいてくれるんじゃないかなって」

「会うことができたら、感謝の気持ちとか、いろいろ伝えたいことがあるんだ」

「それが、理由かな」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:52:30.39 ID:P0UtpBnSO

――どうした、杏。言いたいことがあるって聞いたけど

「……プロデューサー、憶えてる?『また会えたら』、続きを伝えるって杏が言ってたの」

――憶えてるさ

「そっか、よかった」

「じゃあ、今こそ伝えるね」

「プロデューサー……ううん、お兄さん」

「杏は、あなたのことが――」




おしまい


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/28(月) 03:57:28.26 ID:P0UtpBnSO

あなたのうたを聞いてたらふと頑張る杏が頭に浮かんだ。無性にssが書きたくなったから書いた。気がつけばこんな時間だが、反省も後悔もしてない。


だらける杏もかわいいけど、プロデューサーのために頑張る杏もかわいいと思うんだ。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿