TOP > シンデレラガールズ > 智香「ポンポンが壊れちゃいました……」

智香「ポンポンが壊れちゃいました……」

1: ミガサ 2013/11/08(金) 20:52:44.19 ID:fvMRy4Xa0

このものがたりには ほんのすこし ふぃくしょん(?)が ふくまれています

げんじつにそんざいしないものは みとめない!というかたは ばっくをすいしょうします

……これでいいのー?


3: ミガサ 2013/11/08(金) 20:56:22.48 ID:fvMRy4Xa0

――― レッスン場 ―――

智香「フレー☆フレー☆まっゆっちゃん☆」

まゆ「はぁ、はぁ……トレーナーさん、もう一度、お願いしてもいいですかぁ?」

トレーナー「だ、大丈夫なんですか?」

まゆ「はい。智香ちゃんの応援のおかげでまだ行けそうですぅ」

トレーナー「なら……もう一回、行きますよ」

まゆ「お願いします……!」


4: ミガサ 2013/11/08(金) 20:57:30.36 ID:fvMRy4Xa0

――― 事務所 ―――

まゆ「お疲れ様でしたぁ……ふぅ」

智香「お疲れ様でしたっ☆」

P「お、二人共お疲れ」

まゆ「Pさぁん、まゆ、頑張ったんですよぉ。頭撫でてくれませんかぁ?」

P「はいはい。お安い御用だよ」ナデナデ

まゆ「ふふっ……」


6: ミガサ 2013/11/08(金) 20:58:35.14 ID:fvMRy4Xa0

智香「じーっ」

P「なんだ?」

智香「な、なんでもないですっ」

P「そうだ。二人共レッスン終わりで疲れてるだろ?何か飲むか?」

まゆ「まゆはPさんが選んでくれたものならなんでもいいですよぉ」

智香「私もなんでもいいですっ」

P「そっか。じゃあお茶でも買ってくるな。ちょっと待っててくれ」スタスタ

まゆ「……それにしてもぉ」

智香「なんですか?」

まゆ「智香ちゃんの応援は本当に凄いですねぇ……疲れが一時的になくなっちゃう感じがします」

智香「そう言ってもらえると嬉しいなっ☆」


7: >>5 画像ありがとうございます! 2013/11/08(金) 21:00:47.27 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「あれって、何かコツがあるんですかぁ?」

智香「えーっとね……まず初めに、応援したい人をじーっと見つめるんだっ」

まゆ「ふむふむ……」

智香「そしたら、【この人を元気にしたい!】【この人にパワーをあげたい!】って強く心の中で念じながら、応援するのっ☆」

まゆ「なるほどぉ……私が常日頃やってる事と似ていますねぇ」

智香「そうなの?」


8: ミガサ 2013/11/08(金) 21:02:42.23 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「はい。【この人に私を好きになってもらいたい】【この人とずっと一緒にいたい】そう強く念じながら、私はいつもPさんとお話してますからぁ」

智香「じゃあまゆちゃんにもチアの素質があるかもねっ!」

まゆ「え?えーっとぉ……それは、どうでしょう……?」

P「買ってきたぞー。ほいよ」

まゆ「ありがとうございますぅ」

智香「ありがとうございますっ☆」

P「何か話してたのか?」


10: ミガサ 2013/11/08(金) 21:03:41.34 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「はい。智香ちゃんの応援について話してましたぁ」

P「ああ……凄いよな、あれ」

まゆ「Pさんも経験してるんですかぁ?」

P「一度、仕事で疲れてる時にな。応援してもらった途端、疲れなんかどっか行っちまったよ」

智香「えへへ……まゆちゃんにも同じ事言われたんですよっ☆」

P「そうなのか」

まゆ「そうですよぉ。一緒ですねぇ」

智香「あとあと、応援のコツなんだけど、私の場合もう一つあるんだよっ☆」

まゆ「そうなんですかぁ?」

智香「うん、このポンポンなんだけどねっ?」


11: ミガサ 2013/11/08(金) 21:05:19.21 ID:fvMRy4Xa0

P「智香がいつも使ってるやつだな。この前のチアの時も使ってた」

まゆ「……かなり使い込まれてますねぇ」サワサワ

智香「お母さんからの誕生日プレゼントなんだっ☆もう10年くらい使ってるのかも……」

まゆ「10年、ですかぁ……大切に使ってるんですねぇ」

智香「うんっ☆でも最近、持ち手の部分がちょっと脆くなってきちゃってるの……」

P「10年も使ってればな……そもそもそんなに長持ちするもんでもないだろう」

智香「でもまだまだ大丈夫ってこの子は言ってますから、買い換えないで使い続けますっ!フレー☆フレー☆」


12: ミガサ 2013/11/08(金) 21:06:19.65 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「……」

P「まゆ?」

まゆ「え?あ、なんですかぁ?」

P「いや、ボーッとしてたからやっぱレッスンの疲れがあるのかなって思ってさ」

まゆ「大丈夫ですよぉ。智香ちゃんを見てただけですからぁ」

P「そっか。それならいいんだ」

智香「フレー☆フレー☆みっんっな☆」


14: ミガサ 2013/11/08(金) 21:07:57.83 ID:fvMRy4Xa0

――― 一週間後 レッスン場 ―――

まゆ「ワン、ツー……」

トレーナー「この前よりも良くなってますよ!その調子です!」

智香「フレー☆フレー☆まっゆっちゃん☆」

まゆ「ここでターンッ!」

智香「フレ―――」

ブチッ!!

智香「えっ?!」

まゆ「ふぅ、どうですかぁ?」


15: ミガサ 2013/11/08(金) 21:08:46.19 ID:fvMRy4Xa0

トレーナー「もう完璧ね。問題ないわ」

智香「……」

トレーナー「それじゃあ次は智香さん……智香さん?」

智香「あ、は、はいっ」サッ

まゆ「ちょっと待ってください」

トレーナー「え?」

まゆ「智香ちゃん、今後ろに何を隠したんですかぁ?」

智香「な、何でもないよっ☆」

まゆ「嘘をついてもダメですよぉ。さっき、変な音がしましたからぁ」


17: ミガサ 2013/11/08(金) 21:10:25.09 ID:fvMRy4Xa0

智香「……そっか」スッ

まゆ「あ……ポンポンの持ち手の部分が……」

智香「うん、ちぎれちゃったみたい」

まゆ「その、大丈夫ですかぁ?」

智香「大丈夫大丈夫、そろそろかなって思ってたし……」

まゆ「そう、ですかぁ……」

智香「それじゃトレーナーさん、お願いしますっ☆」

トレーナー「わかりました」

まゆ「……」


18: ミガサ 2013/11/08(金) 21:11:19.57 ID:fvMRy4Xa0

――― 事務所 ―――

P「智香のポンポンが壊れた?」

まゆ「はい。そうなんですよぉ」

P「一週間前は大丈夫そうだったのにな」

まゆ「でも、そのせいで今日の智香ちゃん……元気なさそうですし、レッスンにも集中できてませんでしたぁ」

P「そうか……ふむ」

智香「ご、ごめんなさいっ。レッスンが遅れちゃって……待たせちゃったよね、まゆちゃん」

まゆ「いいえ、まゆは大丈夫ですよぉ」

P「今日は一緒に帰るのか?」


19: ミガサ 2013/11/08(金) 21:12:25.86 ID:fvMRy4Xa0

智香「はい、そうなんですっ。まゆちゃんがどうしてもって」

まゆ「智香ちゃんはセンスいいですから、買い物の時に参考になるんですよぉ」

智香「ま、まゆちゃんほどじゃないよっ」

P「そうなのか……まゆ」

まゆ「はい?」

P「智香の事、よろしくな」ボソッ

まゆ「……わかりました」

智香「それじゃあPさん、お疲れ様でしたっ☆」ガチャ

まゆ「お疲れ様でしたぁ。また明日」バタン


21: ミガサ 2013/11/08(金) 21:13:41.78 ID:fvMRy4Xa0

P「……さってと」

ちひろ「プロデューサーさん、事務所のPCの私的利用はほどほどにお願いしますね?」

P「ちひろさん、いたんですか」

ちひろ「ええ、朝からずっとデスクワークですが何か?」ニコッ

P「あ、いや、すみません……」

ちひろ「まぁいいんですけど。それで、ポンポンの値段でも調べるんですか?」

P「わかっちゃいましたか。あれってポンポンで調べれば出ますかね?」

ちひろ「さぁ……私も専門用具の名称まではよくわからないですね」


22: ミガサ 2013/11/08(金) 21:14:43.06 ID:fvMRy4Xa0

P「とりあえずポンポンで検索かけてみますね……あ、出ました出ました」

ちひろ「正式名称だったんですか?」

P「いえ、『スターポンポン』っていうのがどうも正式名称っぽいですね」

ちひろ「なるほど」

P「それで……あれ?」

ちひろ「どうかしました?」

P「いや、智香が持ってるポンポンとはまた違うなって思いまして」

ちひろ「そうなんですか?」


24: お腹の事だと思ってる人が多くて何か申し訳ない 2013/11/08(金) 21:16:02.57 ID:fvMRy4Xa0

P「はい。アイツの使ってるポンポンはなんかこう……安っぽくないんですよ」

ちひろ「安っぽくないって……そんなの分かるんですか?」

P「何となくなんですが、こういう、オークションとかで売ってるのじゃない気がするんです」

ちひろ「そうですねぇ……なら、智香ちゃんの母親に電話とかで直接聞いてみたらどうでしょうか?」

P「そっか。そうしてみます!」

ちひろ「その前に仕事はちゃんと終わらせてくださいね」

P「アッハイ」


25: ミガサ 2013/11/08(金) 21:17:23.70 ID:fvMRy4Xa0

――― デパート ―――

まゆ「これとかどうですかぁ?」

智香「可愛いかもっ!これにしようかなぁ……」

まゆ「智香ちゃんの意見も聞いてみたいです」

智香「私はこれがいいなーって思ったんだけどっ」

まゆ「なるほど……服の色に合わせたわけですねぇ?」

智香「そうだよっ☆」

まゆ「じゃあ私は智香ちゃんが選んでくれたこれにしましょうかぁ」

智香「じゃあ私はまゆちゃんが選んでくれたこれにするっ!」


26: ミガサ 2013/11/08(金) 21:19:48.64 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「……そうだ、智香ちゃん。聞きたい事があったんです」

智香「なんですかっ?」

まゆ「あのポンポンって、多分普通のものじゃないですよねぇ」

智香「……うん、そうだよっ」

まゆ「普通、ポンポンってほとんどが半年……長くても一年くらい使って壊れちゃうらしいんですよぉ。でも、智香ちゃんのは10年以上も持ち続けてましたよねぇ」

智香「あれはね、お母さんが教えてくれたんだけど、特別性なんだってっ」

まゆ「特別性?」


27: ミガサ 2013/11/08(金) 21:21:08.45 ID:fvMRy4Xa0

智香「うん、オーダーメイドってやつかなっ?私の気持ちを知ってくれたお母さんが頼んでくれたんだって!」

まゆ「……ふむ」

智香「お母さんも10年も持つとは思ってなかったみたいだけどねっ」

まゆ「それだけ智香ちゃんがポンポンを大切にしてたって事ですよぉ」

智香「そう言ってくれると嬉しいなっ☆あ、レジ混んじゃうから早く行こっ!」タタッ

まゆ「……オーダーメイド、ですかぁ」


28: ミガサ 2013/11/08(金) 21:21:45.63 ID:fvMRy4Xa0

――― 翌日 事務所 ―――

P「……むむむむむ」

まゆ「おはようございますぅ」ガチャ

P「ああ、まゆ。おはよう」

まゆ「どうしたんですかぁ?何か、悩み事でも?」

P「いや、実は……智香のポンポンなんだが」

まゆ「ああ、オーダーメイドなんですよねぇ」

P「まゆも知ってたのか。いや、たかがポンポンって高を括ってたら……驚いたよ」


30: ミガサ 2013/11/08(金) 21:23:48.92 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「もしかして、値段とか調べたんですかぁ?」

P「ああ。そしたら十数万円とか普通にするのな……」

まゆ「えっ」

P「本来プロみたいな人しか使わないんだってさ。何年も長持ちさせてる分、総合的に見たら質のいい物を何個も買うよりも安くなるらしい」

まゆ「……」

P「智香の事を本当に信頼してたんだな、智香のお母さんは……」

まゆ「結局Pさんはどうするんですか?」

P「俺は買ってやりたいんだが……給料日前だし食費や生活費的な意味で俺が死ぬ。だから智香にはもう少し我慢してもらう事になるかな……」

まゆ「そう、ですかぁ」


31: >>29 そうでした 誤変換申し訳ない…… 2013/11/08(金) 21:25:33.18 ID:fvMRy4Xa0

智香「おはようございますっ☆」ガチャッ

P「ああ、おはよう智香」

智香「……?もしかしてPさん元気ない、ですか?」

P「まぁ、そうなるのかな」

智香「そんな時は私のパワーを分けてあげますねっ☆」バッ

まゆ「それは……」

智香「代替品ですっ☆安いものなので、私の物みたいにそんな長くは持たないと思いますけど……持ってないと落ち着かなくて!」

智香「フレー☆フレー☆Pーさんっ☆」

P「……えっ」


32: ミガサ 2013/11/08(金) 21:26:53.87 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「?」

P「あ……ありがとうな智香!元気出たよ!」

智香「よかったですっ☆」

まゆ「どうかしたんですかぁ?」

P「いや……その、いつもの感覚が全くなかった」

まゆ「いつもの感覚?」

P「疲れが一気になくなるような感覚だよ」

まゆ「じゃあ智香ちゃんが言ってた事は本当、なんですねぇ……」

P「そうみたいだな……出来るだけ早く買ってやれるといいんだが……ちょっとちひろさんに相談してみるか」

まゆ「智香ちゃん……」


33: ミガサ 2013/11/08(金) 21:28:10.78 ID:fvMRy4Xa0

――― レッスン場 ―――

智香「あうっ」ステッ

トレーナー「智香さん、大丈夫ですか?!」

智香「すみませんっ。大丈夫です!」

トレーナー「それならいいのですけど……その、少し休んだらどうですか?さっきからミスを連続してますし……」

智香「……そう、ですね。お言葉に甘えて、少し休憩させてもらいますっ」

まゆ「智香ちゃん、大丈夫ですかぁ?」

智香「大丈夫だよっ☆今日は調子が悪いだけっ」


34: ミガサ 2013/11/08(金) 21:31:04.17 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「……そうだ。智香ちゃん、見ててくださいねぇ」

智香「えっ?」

まゆ「フレーっ、フレーっ、ともかちゃんっ」バッ

智香「あ……」

まゆ「智香ちゃんの真似なんですけど……元気、出ましたかぁ?」

智香「うんっ!ありがとっ☆」

まゆ「それならよかったです」

智香「よーっし!トレーナーさん、もう大丈夫ですっ!よろしくお願いしますっ☆」タタッ

まゆ「(智香ちゃん、大分まいってますねぇ……)」

まゆ「(あ……そういえば、部屋にまだ……)」


35: ミガサ 2013/11/08(金) 21:32:02.92 ID:fvMRy4Xa0

――― 夜 まゆの部屋 ―――

まゆ「……ここら辺に……」ゴソゴソ

まゆ「あ、ありましたぁ。これですねぇ……よかった、捨ててなくて……」

まゆ「何とかなるといいんですけどぉ……」

まゆ「……まぁ、何とかさせるのがまゆの仕事ですけどねぇ」プルルルル

まゆ「もしもし、久しぶりですぅ。ちょっと相談があって―――」


36: ミガサ 2013/11/08(金) 21:32:51.87 ID:fvMRy4Xa0

――― 翌日 夕方 事務所 ―――

まゆ「こんばんはぁ、Pさん」

P「話があるって……なんだ?まゆ」

まゆ「実はですねぇ、こんなものがあったんですよぉ」ドサッ

P「何かの箱だな……開けてもいいのか?」

まゆ「ええ」

P「じゃあ遠慮なく……って、これ……?!」パカッ

まゆ「部屋の奥にあったので、思い出すのに時間がかかっちゃったんですけど」

P「智香のとほぼ……いや、全く一緒のタイプのポンポンじゃないか」


37: ミガサ 2013/11/08(金) 21:34:04.94 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「前にモデルの仕事でチアリーダーをした時にもらったんですよぉ」

P「まゆ、お前これを……?」

まゆ「ええ、Pさんにあげてもいいです。まゆよりPさんがあげた方が、智香ちゃんは喜ぶでしょうし」

P「本当か?!」

まゆ「た・だ・し……Pさん、そこで提案があるんですぅ」

P「提案?」

まゆ「はい。流石のPさんでもぉ、まゆ的にはタダでこのポンポンを渡すのは忍びないんですよぉ」

P「……何が言いたい?」


38: ミガサ 2013/11/08(金) 21:35:58.09 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「このポンポンをPさんにあげる代わりに……まゆのお願いを1つ、聞いて欲しいんです」

P「交換条件……か?」

まゆ「はい」

P「……そのお願いの内容によるな」

まゆ「そんな難しいものじゃないですよぉ」

P「まゆにとってはそうかもだが、俺にとっては難しい場合もある」

まゆ「うーん……恋人になって欲しい、とかは言いませんよぉ。例えばそうですね―――」

P「なら大丈夫だ」

まゆ「え?」

P「恋人になって欲しい、とか妻にして欲しい、って言われたら断ってたが、それ以外なら何でも聞いてやるよ」

まゆ「……例えば、まゆの足裏を舐めて欲しいとか言っても、ですかぁ?」

P「なんだ。まゆはそんな事をして欲しいのか?」


39: ミガサ 2013/11/08(金) 21:36:55.96 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「あ、いえ、冗談ですけどぉ……」

P「じゃあ俺に何をして欲しいんだ?」

まゆ「……Pさん、どうしてですか?」

P「何がだ?」

まゆ「どうして、こんなポンポンごときに熱心になれるんですかぁ?」

P「そうだなぁ……それがあるだけで、喜んでくれるヤツがいるんだよ。理由なんてそれだけで十分だ」

まゆ「……なるほど」


40: ミガサ 2013/11/08(金) 21:38:27.88 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「わかりましたぁ……じゃあこれを智香ちゃんに今すぐプレゼントしてきてください。それがまゆからのお願いです」

P「えっ……だけどそれは」

まゆ「どうしたんですかぁ?何かおかしな事、まゆ言いましたかぁ?」

P「本当にいいのか?」

まゆ「あっさり受け入れられても、案外つまらないって思っただけですよぉ。だからさっさと行ってきてください」

P「わ、わかった。ありがとな、まゆ」

まゆ「お礼なんていいですよぉ。まゆはポンポンを餌にPさんを釣ろうとした悪者なんですからぁ」

P「悪者って……」


41: ミガサ 2013/11/08(金) 21:39:27.21 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「いいから早く行ってください。まゆの気が変わっても知りませんよぉ?」

P「わ、わかったよ。じゃあな」ガチャッ




まゆ「……はぁ」バタン

まゆ「やっぱりPさんはPさんですねぇ……そこがいいんですけど」

まゆ「とりあえず、オーダーメイド代に……無理矢理一日で仕上げるように依頼した分の追加料金とかも合わせてぇ……」

まゆ「……当分は、贅沢はできませんねぇ」

まゆ「食費から切り詰めなくちゃですねぇ……むぅ」


43: ミガサ 2013/11/08(金) 21:40:16.66 ID:fvMRy4Xa0

――― 翌日 ―――

まゆ「おはようございま―――」

智香「まゆちゃんっ☆」ギュッ

まゆ「ひゃっ?!と、智香ちゃん?」

智香「すっごくすっごくありがとっ!」

まゆ「何のことですかぁ?」

智香「ポンポンのことっ、あれ、まゆちゃんからのプレゼントなんでしょっ?」

まゆ「えっ……」

智香「違うの?」


44: ミガサ 2013/11/08(金) 21:41:57.25 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「あれはまゆじゃなくてぇ、Pさんからの」

P「まゆ」

まゆ「Pさん……どうして」

P「おかしいと思ったんだよ。完全オーダーメイドのポンポンをいくらまゆがモデルとして人気があったとはいえ、それだけのために注文するような事があるのかってさ」

P「で、ポンポンの会社に電話してみたら案の定だったよ。先日、ポンポンをたった一晩で仕上げてくれ、なんて無茶言う女の子がいたってね」

P「最初からまゆは、智香のためにポンポンを買ってたんだよな」

P「ってか……お前、それで一体いくら使ったんだよ……値段聞いて俺もビビったぞ」

まゆ「それは……」


46: ミガサ 2013/11/08(金) 21:45:04.97 ID:fvMRy4Xa0

P「そういえば連絡先はどうやって?」

まゆ「チアリーダーのモデルの仕事をした時に、スポンサーになってもらったのが智香ちゃんのオーダーメイドの会社さんだったんですよぉ。一晩で仕上げてくれって無茶を聞いてくれたのも、そのおかげです」

P「あと……悪者ぶったのは、それがバレて余計な心配を智香や俺にかけさせたくなかったからだろ?」

まゆ「……そんな真っ直ぐ演技の事言わないでくださいよぉ。恥ずかしいじゃないですかぁ」

P「すまんすまん」

智香「ごめんねまゆちゃんっ!凄く心配かけちゃったみたいで……」

まゆ「いいんですよぉ。まゆとしても、友達が元気ないのは寂しいですから……」

智香「まゆちゃん……」


48: ミガサ 2013/11/08(金) 21:45:53.01 ID:fvMRy4Xa0

P「うんうん、よかったよかった」

まゆ「あ、でもぉ……Pさん。まゆ、ポンポン買ってお金なくなっちゃったんですよぉ」

P「ああ、やっぱりか……」

まゆ「で、今のPさんはまゆの本当の事情を知ってますよねぇ?」

P「ああ、そうだな」

まゆ「つまり、あの時のお願いは無効って事でぇ」

P「うん……うん?」


49: ミガサ 2013/11/08(金) 21:47:44.96 ID:fvMRy4Xa0

まゆ「だ・か・ら……」ギュッ

P「ま、まゆ……?」

まゆ「改めてお願いです……まゆを養ってください♪」

P「……いやいやいや!でも」

まゆ「妻にしてくれ、とか、恋人にしてくれ、以外だったらいいんですよねぇ?」

P「……」

智香「あ、Pさんずるいですっ。だったら私もまゆちゃんと一緒に養われますっ☆友達ですからっ!」

まゆ「ふふっ、楽しくなりそうですねぇ。Pさん♪」

P「」


おわり


50: ミガサ 2013/11/08(金) 21:49:28.75 ID:fvMRy4Xa0

お疲れ様でした。

実際に数十万もするポンポンは恐らく存在しません(高くても5000円程度だったはず……)。そこが今回のフィクション(?)でした。

稚拙な文章でしたが、ここまで読んでくださった方々に感謝を。ありがとうございました。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿