TOP > 宇宙の騎士テッカマンブレード > アキ「Dボゥイ、ボルテッカってイクのやめて」

アキ「Dボゥイ、ボルテッカってイクのやめて」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:12:24 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「何?」

アキ「やめて」

Dボゥイ「アキ、一体何の話をしてるんだ?」

アキ「Dボゥイ……貴方、気づいてなかったの?」


アキ「……単刀直入に言うわ」

アキ「貴方……イク時、ボルテッカって叫んでるのよ」


Dボゥイ「……」

Dボゥイ「えっ?」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:14:32 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「アキ、それは何の冗談だ?」

アキ「冗談じゃないわ、事実よ」

Dボゥイ「俺が……イク時、ボルテッカと言ってるだって?」

アキ「そうよ」


アキ「他にも、色々と言ってるけど……」

アキ「でも、イク時のボルテッカだけはやめて欲しいの」


Dボゥイ「!?」

Dボゥイ「他にも、何か口走ってるのか!?」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:17:28 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「そんな……そんな馬鹿な!」

アキ「信じられないのも無理は無いわ」

Dボゥイ「アキ! 俺をからかってるんだろう!?」

アキ「Dボゥイ……貴方が、私を愛してくれてるのは、わかるの」


アキ「だから、私はテッカマンセックスにも耐えられる」

アキ「でも、イク時にボルテッカって言うのだけはやめて」


Dボゥイ「テッカマンセックス!?」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:20:50 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「待ってくれ、アキ! 何だそれは!?」

アキ「お願いよ、Dボゥイ」

Dボゥイ「テッカマンセックス!? そんな事、ある筈が無い!」

アキ「……あるのよ!」


アキ「ねえ、どうしてわかってくれないの!?」

アキ「それとも、ボルテッカって言わないとイク事が出来ないの!?」


Dボゥイ「っ……!?」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:23:26 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「そんな……俺が、まさか……!?」

アキ「Dボゥイ、イク時のボルテッカだけで良いの」

Dボゥイ「……その言い方だと、他にも何か言ってるのか?」

アキ「ええ、色々と」


アキ「本当なら、全部やめて欲しい所だけど……」

アキ「……とりあえず、イク時のボルテッカだけはやめて」


Dボゥイ「……」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:28:07 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「……やはり、素直に信じる事は出来ない」

アキ「Dボゥイ?」

Dボゥイ「俺の……この目で確かめるまでは!」

アキ「……ふふっ、貴方ならそう言うと思ったわ」


アキ「――ペガス!」

アキ「私とDボゥイが次に愛し合う時、撮影しなさい!」


ペガス『ラー……えっ!?』


アキ「ペガス! 命令よ!」


ペガス『……ラーサ』


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:32:20 ID:6BstBBYg

  ・  ・  ・

Dボゥイ「……まさか、ペガスに見られながらする事になるとはな」

アキ「けれど……ちょっと興奮しなかった?」

Dボゥイ「……まあ、悪くは無かった」

アキ「でも、今回はそれが目的じゃないわ」


アキ「――ペガス!」

アキ「昨晩の、私達の映像を見せて頂戴!」


ペガス『ラーサ』


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:35:22 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「……始まったな」

アキ「Dボゥイ、決して目を背けないで」

Dボゥイ「ああ、わかってる」

アキ「まずはキスして、上着を脱ぐ時よ」


『テックセッタァァ――ッ!!』


Dボゥイ「!?」

Dボゥイ「待ってくれ! 服を脱ぐ時から!?」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:37:53 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「俺は、上着を脱ぐ時にこんな事を!?」

アキ「ええ、そうよ」

Dボゥイ「何て事だ……!?」

アキ「だから、服を脱ぐ時は気を遣ってるの」


アキ「さあ、始めましょうって言う時に……」

アキ「テックセットしないよう、クリスタルを遠ざけてるのよ」


Dボゥイ「!?」

Dボゥイ「お、俺は……アキに、そんな苦労をかけてたのか!?」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:40:53 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「全く気付かなかった……!」

アキ「下を向いてる暇はないわ、Dボゥイ」

Dボゥイ「あ、ああ」

アキ「見て、とても情熱的なキスよね」


『テッカマンブレード!!』


アキ「キスだけで、大きくなったのね」


Dボゥイ「待ってくれ!」

Dボゥイ「俺は……大きくなったら、こう言ってたのか!?」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:47:24 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「そんな……立ちポーズまで決めてるじゃないか!」

アキ「勃ちポーズは、いつもの事よ」

Dボゥイ「いつもの事!?」

アキ「映像を見て、Dボゥイ。私が、今から口でするから」


『くっ!? うおおおっ!!』

『ハアッ!! トウッ!!』


アキ「実は、これだけ反応が良いと……私も楽しいのよね」


Dボゥイ「そんなっ!?」

Dボゥイ「これが、俺が感じている時の姿なのか!?」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:51:14 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「まるで覚えていない……!」

アキ「見て、そろそろイクわ」

Dボゥイ「っ!」

アキ「ペガス、ちょっとだけ音量を下げて頂戴」

ペガス『ラーサ』


『……ううおおおおおおおおっ!!』

『ボルテッカアアァァ――――ッ!!』


Dボゥイ「……」

アキ「……」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:55:57 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「そんな……本当だったなんて……!」

アキ「いっぱい出る時程、声が大きいわ」

Dボゥイ「! まだ、映像が続いてるぞ!?」

アキ「そうね、一つ聞きたい事があったの」

アキ「Dボゥイ……貴方が、私のを舐めてくれる時――」


『クラッシュ……イントルゥ――ド!!』


アキ「これ、どういう意味かしら?」


Dボゥイ「……」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 20:59:00 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「お……俺には、わからないな」

アキ「Dボゥイ、誤魔化すのはやめて」

Dボゥイ「ほ、本当にわからないんだ!」

アキ「……映像を見て」


『ぐおおっ!? ぐっ、ラダム!!』

『フンッ!! 俺は、負けん!! うおおおっ!!』


アキ「ねえ、どういう意味かしら?」


Dボゥイ「……」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 21:06:00 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「アキ……俺は、キミを傷つけたくない」

アキ「Dボゥイ、それは答えを言ってるようなものよ」

Dボゥイ「……」

アキ「……」


『でぃっ、Dボゥイ! 私……私、もうっ!』

『あっ、ああっ! いっ、い――』

『――テックランサ――ッ!!』プシャアア!


Dボゥイ・アキ「!?」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 21:10:01 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「アキ!?」

アキ「ペガス!?」

ペガス『コチラニ、ハナシヲ、フラレテモ』

Dボゥイ・アキ「!!?」


『アキ……! うううおおおおおおおおっ!!』

『さっきよりも大きい……! まさか、ブラスター化!?』


Dボゥイ「アキ!?……アキ!?」

アキ「ペガス!?……ペガース!?」

ペガス『……』


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 21:17:13 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「アキ! ノリノリじゃないか!」

アキ「そんなっ!? 私も、こんな事を!?」

Dボゥイ「さすがに、ブラスター化は無いだろう!?」

アキ「でも……でも、だって!」


『ハアッ!! フッ!! トアッ!!』

『クッ♡ ハアッ♡ セヤァッ♡』


Dボゥイ「喘ぎ声で、セヤアッ!?」

アキ「ペガス!/// ペガース!/// 映像を止めて!///」

ペガス『ラーサ』


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 21:24:59 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「……アキ」

アキ「お願い、Dボゥイ! 何も言わないで!」

Dボゥイ「いや、聞いてくれ! アキ!」

アキ「っ!?」


Dボゥイ「確かに、俺たちの行為にはテッカマンが関わっている!」

Dボゥイ「――だがっ!」

Dボゥイ「それだけ、俺たちの相性が良いという事にならないか!?」


アキ「! Dボゥイ……!」


ペガス『……』


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 21:28:34 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「お互い、無意識で言っている事なんだ!」

アキ「でもっ! イク時の、ボルテッカだけは!」

Dボゥイ「……方法は、ある」

アキ「!」


Dボゥイ「俺ではなく……アキ!」

Dボゥイ「アキが先にイって、気にならない様にすれば良い!」


アキ「私が、先に!?」

アキ「成る程……その手があったわね!」


ペガス『……』


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 21:33:00 ID:6BstBBYg

Dボゥイ「そういう訳だ……ペガス!」

アキ「ペガス、二人きりにして貰える?」


ペガス『ラーサ』


Dボゥイ「アキ……何も気にせず、愛し合おう!」

アキ「ええ……Dボゥイ!」

ぎゅっ!


ペガス『……』

シュインッ――パシュン


「「テックセッッタァァ――ッ!!」」


ペガス『……』


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/07(金) 21:45:24 ID:6BstBBYg

ペガス『……』キュイインッ


『うううおおおおおおおおっ!!』

『はあああああああああっ?』ビクンビクンッ!

『ボルテッカアアァァ――――ッ!!』ビクンビクンッ!


ペガス『……映像でーたヲ、破棄』


「クラッシュ……イントルゥ――ド!!」

「……ねえ、やっぱり待って。それ、どういう意味?」

「ぐっ!? ううおおおっ! ペガス、援護を頼む!」

「Dボゥイ? ねえ、Dボゥイ?」


ペガス『……』


ペガス『ガンバレ、Dボゥイ』



おわり





おすすめ記事

コメントの投稿