TOP > 魔法少女まどか☆マギカ > まどか「みんなのファーストキスをかっさらうよ!」

まどか「みんなのファーストキスをかっさらうよ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 19:31:41.64 ID:6VQb/1vDO

まどか「てぃっひひ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 19:36:15.24 ID:6VQb/1vDO

まどか「まず最初は誰にしようかなぁ」

まどか「さやかちゃんやほむらちゃんは簡単にキスできちゃいそうでつまんないし…」

まどか「よし、杏子ちゃんにしよう!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 19:40:08.86 ID:6VQb/1vDO

まどか「杏子ちゃーん!」

杏子「むぅ?」モチャモチャ

まどか「またおかし食べてるんだね」

杏子「まぁな。で、なんか用か?差し入れなら大歓迎だぞ」

まどか「まぁ差し入れと言えなくもないよね」

杏子「マジか。やった」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 19:47:36.73 ID:6VQb/1vDO

まどか「杏子ちゃんは今どんなおかし持ってるの?」

杏子「いっぱいだぞ。ポテチにチョコにドーナツに飴ちゃん。ポッキープリッツトッポも完備。とっておきのたいやきにおせんべもあるぞ」

まどか「わぁーそのちっちゃい身体のどこに隠してるのか不思議でしょうがないよー」

杏子「ちっちゃいいうな。で、まどかはどんなおかしをくれるんだ?」

まどか「おかし…というよりスウィーツだよ。とびっきり甘いやつ」

杏子「マミがくれるケーキみたいのか?それも大好物だ!」

杏子「よくケーキ食べにマミんちに通ってんだー」

まどか「それ餌付けじゃないの?杏子ちゃん」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 19:52:48.92 ID:6VQb/1vDO

杏子「それよりはやいとこそのスイーツとやらをくれよまどか」

まどか「せっかちだなぁ杏子ちゃんは。そんなに食べたいの?」

杏子「たべたーい!」

まどか「私の、甘いの、そんなに食べたい?」

杏子「うん!」

まどか「きゃっ///」

杏子「?」

まどか「じゃあポッキーちょうだい?」

杏子「む、物々交換かよ。まぁいいけど」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:00:35.74 ID:6VQb/1vDO

まどか「私はこのポッキーが大好きでねぇ…」

杏子「そりゃよかったな。ありがたく食べな」

まどか「ねぇねぇ杏子ちゃん」

杏子「んぅ?」

まどか「ポッキーにはおいしい食べ方があるって知ってた?」

杏子「チョコをペロペロ舐めきってから棒をカリカリ食べるんだろ?知ってる!」

まどか「いや違うよ。そんな胸を張らないでよ。そんなにないよ」

杏子「お前よりはある!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:06:56.30 ID:6VQb/1vDO

まどか「教えてあげるから私のいうとおりにしてね」

杏子「うむ。いいだろう」

まどか「まず杏子ちゃんはポッキーのチョコついてないとこくわえてて」

杏子「あむ」

まどか「それで私はチョコついてるとこを食べていくんだよ」

杏子「ふぇ?」

まどか「ぽりぽりぽりぽり…」

杏子「ひょっ!ひょっとまふぉか!」

まどか「もぐもぐ。どうしたの杏子ちゃん」

杏子「ふぉ、ふぉえにゃまふぉかのかほが…!」

まどか「喋るときまで律儀にくわえてなくていいんだよ?」スポンッ

杏子「あぷっ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:13:35.64 ID:6VQb/1vDO

まどか「何が言いたかったの?」

杏子「い、いやあんな食べ方したらまどかの顔が近づいてさぁ…」

まどか「?」

杏子「だ、だから…まどかの口が…あたしの口にくっついちゃうだろぉ…///」

まどか「そうだね。だからこれはそういうゲームなんだよ杏子ちゃん」

杏子「へ?」

まどか「いわばチキンレース…先に口を離した方が負けになるの」

まどか「つまりこれは私と杏子ちゃんの決闘…!」

杏子「そ、そうだったのか…!?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:18:09.00 ID:6VQb/1vDO

まどか「もちろん杏子ちゃんは私からの決闘…受けてくれるよね?」

杏子「あ、当たり前だ。あたしは逃げも隠れもしないぞ!」

まどか「てぃひひ。じゃあもっかいくわえて杏子ちゃん」

杏子「あんむ!」

まどか「じゃあいくよー?」

杏子「ふぉんほぽいふぁ!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:23:21.49 ID:6VQb/1vDO

まどか「ぽりぽりぽりぽり…」

杏子(ま、まどかの顔がどんどん近づいてくる…)

まどか「ぽりぽりぽりぽり…」

杏子(あれ?ぜんぜん止まらないぞ?く、くっついちゃうだろこれ…!)

まどか「ぽりぽりぽりぽり…」

杏子(あ、あたしからは離れないぞ!まどかに負けるなんてくやしいだろ!)

まどか「ぽりぽりぽりぽり…」

杏子「…ちょ…ま、まふぉか…!」

まどか「ちゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」

杏子「んむー!?」

ズッキューン


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:29:55.73 ID:6VQb/1vDO

まどか「むちゅぅぅ…」ギュゥゥ

杏子「んー!んー!」ジタバタ

まどか「杏子ちゃんのお口あまぁい…」ペロペロ

杏子「ぷぁん!?な、舐めて…」

杏子(まどかがあたしの唇を舐めてる!?あたしの口が食べられてる!!)

まどか「むっちゅ!もっちゅ!みちゅぅー!」

杏子「んみぃー…!!」

まどか「…っぷはぁ!」

杏子「ぁぇ……」ビクンビクン

まどか「どんなスウィーツよりも…杏子ちゃんが一番甘くておいしいよ…」キリッ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:36:05.72 ID:6VQb/1vDO

杏子「はぁはぁ…まろか…」ビクンビクン

まどか「杏子ちゃんのファーストキッス、ゲットだぜ!」マドーン!

まどか「あ、頑張ったらお腹すいちゃったな…」ハラペコグー

まどか「ちょっと服を脱ぎ脱ぎしようね杏子ちゃん」

杏子「い、いやぁー!やめろよー!うわぁーん!」ジタバタ

まどか「もう。こんなとこに甘いもの隠しちゃ溶けちゃうでしょ!」プンカプンカ

まどか「おかし貰ってくね杏子ちゃん。てぃひひ」

杏子「うぅー…」グスン


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:39:40.63 ID:6VQb/1vDO

まどか「次は…どうしようかな…」モッチャモッチャ

まどか「うーん…やっぱりマミさんかな…」モッチャモッチャ

「それには及ばないわ…」

まどか「はっ!この声は!」モッチャモッチャ

ほむら「私よ」ファサッ

まどか「出たなほむらちゃん!」モッチャモッチャ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:47:12.48 ID:6VQb/1vDO

ほむら「まどか!もうこんなことはやめなさい!」

まどか「なっ!どうしてほむらちゃん!」モッチャモッチャ

ほむら「こんなの悲しみしか生まないわ!あなたは人の大事な初めてを奪ってしまったのよ!?」

まどか「…………」モッチャモッチャ

ほむら「今ならまだ間に合うわ…もうやめましょ…?」

まどか「…………」モッチャモッチャ

ほむら「私の知っているまどかなら…誰よりも人の幸せを願う子よ…」

まどか「……ほむらちゃん…」モッチャモッチャ

ほむら「私、あなたのことを信じているわ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 20:54:08.18 ID:6VQb/1vDO

ほむら「でも…あなただって一人の人間…我慢できないことの1つや2つはあっても仕方ないことだわ」

まどか「」モッチャモッチャ

ほむら「私もそこまであなたを縛るつもりはないわ…だからこれは提案なのだけど…」ホム

まどか「」ケプッ

ほむら「もう他の人にちゅうしないと言うのなら、私のファーストキッスをあげてもいいわ」ホムホム

まどか「お腹いっぱい元気いっぱい」

ほむら「さぁまどか!私があなたの欲望を全部受け止めてあげる!ばっちきなさい!」ホムホムホ

まどか「さて…マミさんのおうちに向かおうかな」

ほむら「やん!まどか!あなたの目的地は私の唇よ!」ホムホムホ


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 21:02:15.72 ID:6VQb/1vDO

まどか「」テッケテッケ

ほむら「まどか!まどか!こっちみて!私はここにいるわ!」テケテケ

まどか「」テッケテッケ

ほむら「ほらほら!私の初めてが今ならフリーよ!ビッグチャンスよ!」テケテケ

まどか「」テッケテッケ

ほむら「まどか!まどか!無視しないで!あなたの愛する未開の唇が今か今かと待ちわびているわ!」テケテケ

まどか「はぁ…ほむらちゃん?これはお仕置きなんだよ?」

ほむら「?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 21:11:53.78 ID:6VQb/1vDO

まどか「私、知ってるんだよ?」

ほむら「な、なんのことかしら?」

まどか「さっき私と杏子ちゃんの甘いひとときを覗き見してたでしょ」

ほむら「!!」ホムーン

ほむら「ななななななななんのことだがわからないわまどどどど…」

まどか「わかるよ。だってさっきから鼻血が滴ってるんだもん」

ほむら「こ、これは…その…」

ほむら「そ、そう!時を止めてまどかのスカートの中覗いただけなの!う、嘘じゃないんだからねっ」

まどか「それが嘘じゃなくても駄目だよ!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 21:19:38.98 ID:6VQb/1vDO

まどか「だからほむらちゃんはおとなしく見てなさい」

ほむら「うぅ…」シュン

まどか「といってるうちにマミさんちについたよ」

ピンポーン

マミ「はぁい!あら鹿目さんに暁美さんじゃない!」

まどか「遊びに来ました!」

ほむら「ふんだ!巴さんのおっぱい馬鹿!むね肉!パイだけ星人!」

マミ「えぇ…?」

まどか「こらほむらちゃん!おとなしくしてなさい!いいこだから!」

ほむら「ほむぅ…」シュン


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 21:29:47.40 ID:6VQb/1vDO

QB「誰だい!?今うちのマミのわるくち言った子は!!」

マミ「QB!」

QB「お前か!それともお前か!」

ほむら「がう!まどかにお前とは何様のつもりよこの淫獣!!」

QB「きゅぷっ!君こそ目上の者に対する礼儀がなってないね!こちとら君が赤子の時から営業営業で毎日駆けずりまわってたというのに!」

ほむら「ふん!あんたなんか社蓄どころか家畜以下よ!牛や馬の方がまだ有意義な働きをしているわ!」

QB「おのれ!それはインキュベーター差別だな!?訴えてやる!!」

マミ「暴れないのQB」ヒョイ

QB「しかしだねマミ!」ジタバタ

マミ「さ、あがって?」

まどか「お邪魔しまーす」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 21:37:09.04 ID:6VQb/1vDO

ほむら「うぅー…!」

QB「きゅぷぅー…!」

まどか「これほむらちゃん!威嚇しないの!」

ほむら「ほむぅ…」シュン

QB「やーい怒られてやんのー!きゅぷぷっ」

マミ「QB!お客さんに向かってどういう口の聞き方ですかっ!正座よ!」

QB「そ、そんなマミ!?」

ほむら「ぷっ」

QB「ぐ…」

マミ「それでどんなご用件かしら?」

まどか「私、マミさんと遊びたいなーって思って!」

マミ「まぁ!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 21:42:04.86 ID:6VQb/1vDO

マミ「ほんと!?私と遊んでくれるの!?」

まどか「はい!もちろんです!」

マミ「やったぁ!私、お友達をおうちに招待して遊ぶのが夢だったの!」

QB「よかったねマミ!」

マミ「うん!」

QB「でも僕が毎日遊んであげたじゃないか」

マミ「え?…あぁ、ペットってたまにかまってあげないとストレスがたまるらしいからね」

QB「ん?ペット?」

マミ「うん。ペット」

QB「僕はマミの父親的ポジションじゃ…」

マミ「ううん。ペット」


67: >>62 なにそれ素敵 2012/04/13(金) 21:49:04.19 ID:6VQb/1vDO

マミ「ね、鹿目さん!なにして遊ぶ!?」ワクワク

まどか「んー…じゃあおままごとなんてどうですか?」

マミ「おままごと…?」

まどか「はい」

マミ「くすっ…鹿目さんって子供みたいなところがあるのね。可愛いわ」

まどか「マミさん…名前で呼んで…?」ギューッ

マミ「え…?」

ほむら「な…」

QB「に…」

まどか「私はマミさんのお嫁さんの役なの…」

マミ「え…///」

ほむら「な…」

QB「に…」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 21:55:40.63 ID:6VQb/1vDO

まどか「ね、マミさん…名前で呼んでほしいな」

マミ「あ、あら…なんだか恥ずかしいわ…///」

まどか「名前で呼んでくれなきゃやだ」ギュゥ

マミ「……ま、まどか…」

まどか「えへへ…うれしい!」パフッ

マミ「うふふ…まどかはあまえんぼさんね」ナデナデ

QB「う、うう、うちのマミになにをするんだまどか!!まだ嫁入り前なんだぞっ!!」

まどか「ペット役のQBは黙っててよ」

ほむら「がうがう!いくらなんでもくっつきすぎよ巴さん!!」

まどか「ペット役のほむらちゃんは黙っててよ」

ほむら「私もペット!?ペット二役なの!?」ホムガーン


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 22:04:03.59 ID:6VQb/1vDO

まどか「私とマミさんは新婚さんなのっ!イチャイチャでラブラブで嬉し恥ずかしナイスなアベック!子供もいなけりゃ親もいない二人だけのスイートホーム!!」

まどか「だからほむらちゃん達はペット役しかないのです」

ほむら「ひどいひどい!」キャンキャン!

QB「僕たちにだって人権はあるんだぞ!」ニャーニャー!

まどか「うるさいなぁ…そういえばペットには首輪に鎖で繋いでおかないとね、マミさん」

マミ「それはあんまりじゃ…」

まどか「いやだなマミさん本気にしちゃってー。これは単なる遊びなんですから」

マミ「そ、そっか!なら安心ね!」

まどか「よし、いけマミさん!リボン攻撃!」

マミ「はい!」シュルンパシッ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 22:12:20.67 ID:6VQb/1vDO

ほむら「きゃん!リボンが身体中に食い込む…!」ギュッ

QB「あはぁ!う、動けないよマミぃ…!」ギュッ

まどか「これでやっと二人だけの世界ですね…マミさん…」ジッ

マミ「や、やだ…そんなに見つめたら照れちゃうわ…///」

まどか「私、ずっとマミさんとこうしたかったんですよ…?」

マミ「か、鹿目さん…!」

まどか「まどか、ですよ」

マミ(こ、これはただの遊びなんだから…本気にしちゃダメよ私…!)ドキドキ


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 22:19:21.34 ID:6VQb/1vDO

まどか「はぁ…マミさんの身体、温かいな…」

マミ「そ、そうかしら?」

まどか「ねぇマミさん。今度はマミさんから抱きしめて?」

マミ「え…」

まどか「私からばっかりは不公平じゃないですか」

マミ「そ、そうね!私がリードしないとね!」ギュゥ

マミ(鹿目さんの身体…ちっちゃくて可愛い…本当に私のお嫁さんみたい…///)

マミ(ってなに考えてるの私!これはただのおままごとなんだから…)

ほむら「うぅぅぅぅぅぅぅ…まどかぁぁぁぁぁぁ…」

QB「まみぃぃぃぃ…いかん、いかんぞまみぃぃぃぃ…」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 22:28:51.96 ID:6VQb/1vDO

まどか「あは…マミさんに抱きしめられたらほんとにドキドキしてきちゃった…」

マミ「や、やだ鹿目さん。これは遊びなのよ」ドキドキ

まどか「憧れのマミさんとこうして抱きあって…私ほんとに幸せ…」

まどか「遊びだなんて、思いたくないよ…」

マミ「え、え、えぇ?///」

まどか「…マミさん、大好きなの」

マミ(えぇぇぇぇー!?ど、どうしようどうしよう!!)

まどか「キス…してください…」

マミ「…あ、あうあう…///」

QB「おのれぇ!!おい鹿目まどかぁ!!マミを傷物にしてみろ!!インキュベーター総力で君を魔法少女にしてやるっ!!」ジッタンバッタン

ほむら(あれ…私、興奮してる…!)ドキドキ


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 22:39:00.18 ID:6VQb/1vDO

マミ「まどか…いえ鹿目さん!考え直しなさい!?私とあなたは…」

まどか「…私…ずっと前からマミさんのこと大好きだった」

まどか「でも私には告白する勇気が出なかった…」

まどか「だから今日は遊びのふりしてマミさんに想いを伝えたの…」

マミ「鹿目さん…」

まどか「お願いマミさん…今だけ、今だけでいいから…私のマミさんになってよ…」ギュゥ

マミ「……まどか…わかった…」

マミ「まどかの想いには答えられないけど…わ、私の初めてをあげる…///」

まどか「マミさん…えへ、やっぱりマミさんは優しいや」

マミ「あなたは大事な私の後輩ですもの」ナデナデ

QB「あぁ…マミ…君は僕の元から去ってしまうんだね…」

QB「でも君が幸せなら…僕は陰ながら祝福するよ…」グスン

ほむら(目の前でまどかが私以外の誰かとイチャコラしてるっていうのに…私ドキドキしてる…)ホムホムホ

ほむら(な、なにかに目覚めちゃったみたい…)ホムホムホ


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 22:46:42.54 ID:6VQb/1vDO

まどか「じゃあ…マミさん?」

マミ「え、えぇ。まどかがお嫁さん役なら私がお婿さんよね。こういうのは男性から…」ドキドキ

まどか「え?両方お嫁さん役だよ?」

マミ「え…」

まどか「ちゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」


マミ「ふむぅん!?」

まどか「むちゅっ!むちゅっ!ちゅっぱっぱ!」

マミ「あふぅ!ま、まど…ちゅぅぅ!?」

まどか「まちゅぴちゅまちゅぴちゅちゅばっちゅばっ!」

マミ「は、激し…んむぅぅぅぅぅぅ///」

QB「ま、まみが…ぼくのまみが…あんなみだらなこういを…」

QB「」ガクッ

ほむら「はぁはぁ…まどかぁ…まどかぁ…!」ダバダバダ


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 22:57:19.44 ID:6VQb/1vDO

まどか「ぷはっ…」

マミ「ぁぅー…///」

まどか「ふ…マミさんの溢れるくらいの愛を一滴残らずすすっちまったぜ」キリッ

QB「うぅ…まどか…マミを幸せにしてやっておくれ…」

まどか「QB…」

QB「あの子は…マミは…いつも愛に飢えている…誰かに愛してほしいと…」

QB「だから君という相手ができてよかったのかもしれないね…僕も心配しなくていい…これからは君が傍にいて、マミを守っておくれ」

まどか「いや、これただの遊びだし…」

QB「きゅぷ!?」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:03:41.25 ID:6VQb/1vDO

まどか「これただのおままごとだし…これからずっとマミさん守ってとか頼まれても私には荷が重いっていうか…」

QB「」ブッッッチィィィィィッッッッ!!!!

QB「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ鹿目まどかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!貴様ぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ジッタンバッタン

ほむら「はぁ…はぁ…」

まどか「よく我慢できたね。ほむらちゃん」

ほむら「あぁ…まどかが私に声かけてくれた…私なんかに…」

まどか「ごめんね?ずっといじわるしちゃって。でも安心して…私はほむらちゃんのことが大好きだよ」

ほむら「まどかぁ…」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:11:57.62 ID:6VQb/1vDO

まどか「ね、どうだった?私とマミさんのキッスは」

ウガァァァァァマドカァァァァキサマダケハユルスマジィィィィィ

ほむら「あんなの見たくなかったのに…私、目が離せなかったの…まどかが他の人とちゅうしてるのに興奮しちゃったのぉ…」グスン

ボクノアイスルマミヲステルトハァァァァニンゲンノスルコトジャネェェェェェェ

まどか「よしよし。大丈夫だよほむらちゃん。ほむらちゃんが私のこと好きなのちゃんとわかってるから…」

コッチコイヤァァァァカカッテコイカナメェェェェェボクトショウブシロォォォォォォォ

ほむら「ごめん…ごめんねまどか…変な子でごめんなさい…」グスグス

ムシシテルンジャナイヨカナメェェェェェリボンハズセヤカナメェェェェェ

まどか「自覚はあったんだねほむらちゃん」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:19:09.30 ID:6VQb/1vDO

まどか「でも私、マミさんとキッスしながらほむらちゃんのこと見てたよ」

ほむら「え…?」

まどか「悔しそうに眉間にしわを寄せて歯をくいしばってるほむらちゃん、すごく可愛かった…」

まどか「私、好きな子にはついいじわるしたくなっちゃうのかもね」

ほむら「まどか…うぅぅ…」グスッ

まどか「あぁ…泣いてるほむらちゃんも可愛い…」

ほむら「私…幸せ…まどかにかまってもらえて、好きっていってもらえてすごい幸せだよぉ…」フルフル

まどか「あはは、大袈裟だなぁほむらちゃんは」

QB「おい…!!せめて…せめてマミがいる前でイチャコラするのはやめてくれ…!!」

QB「マミの教育に悪いでしょお!!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:26:33.68 ID:6VQb/1vDO

まどか「ふふ…今度はマミさんが私達のキッスを眺める番ですよ」

マミ「いや…いやよまどか…私そんなの見たくない…」

まどか「なにいってるんですか…後輩のほむらちゃんが我慢したのに先輩のマミさんが我慢できなくてどうするんですか?」

マミ「いや…いや…」

まどか「マミさんは自分の指でもしゃぶっててください!!」

QB「やめて…やめてよまどか…!わけがわからないよ…どうしてそこまでマミをいじめるんだい…!!」

まどか「私はマミさんだって大好きだからね…ま、QBにはなにもできないからおとなしくしてなよ」

マミ「ちゅぱ…せめてまどかの指が舐めたいわ…ちゅぱ…」

QB(え…本当にしゃぶってるのかいマミ…)


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/13(金) 23:54:51.05 ID:6VQb/1vDO

まどか「さ、ほむらちゃん。おまたせ!」

ほむら「まどか…私…まどかの一番じゃなくていいから…まどかに愛してほしい…」

まどか「あぁ…ほむらちゃん!私は今すごくほむらちゃんがいとおしいよ!!」ゾクゾク

まどか「ほむらちゃんみたいな可愛い子にこんなに想ってもらえるなんて私は幸せものだぁっ!!」

ほむら「まどか…嘘でも嬉しいわ…」

まどか「嘘?私は嘘なんてつかないよ?ほむらちゃんは失敬だなぁ」

ほむら「あっ!お、怒らないでまどかっ…ごめんなさいごめんなさい…謝るから許して…」

まどか「てぃひひ…これはちょっとお仕置きしなきゃねぇ…」ゾクゾク


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:02:27.59 ID:6VQb/1vDO

まどか「いきなり私の口とちゅうなんてほむらちゃんにはまだ早いかな?」

ほむら「え…わ、私はまどか以外の人となんて嫌よ…!?私…まどかのために初めてを…」

まどか「あれぇ?ほむらちゃんは私とマミさんのキッスを見て興奮したのにほむらちゃんは私とじゃなきゃ駄目なの?」

まどか「私もほむらちゃんと他の人のキッス見てみたいなぁー」

ほむら「い、いや!そんなの耐えられない!私…私ぃ…」フルフル

まどか「あぁ…ビクビクするほむらちゃん可愛い…!」ゾクゾク

まどか「しょうがないなぁ…ほむらちゃんのファーストキッスは私がもらってあげる」

ほむら「ま、まどか…!」パァッ

まどか「私の…足でね」

ほむら「ふぇ?」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:07:10.78 ID:WL/zksyBO

まどか「さ、ほむらちゃん?私の足とちゅっちゅしよ?」

ほむら「まどか…私…まどかの足、嫌じゃないけど…初めてはやっぱい口がいい…」

まどか「あれぇ?ほむらちゃん、そんなにわがままだったの…?残念だなぁ…」

ほむら「!!な、舐める!まどかの足を舐めるから!」ビクビク

まどか「違うよほむらちゃん?私の足を舐めるんじゃなくて私の足とちゅうするの」

まどか「ほむらちゃんのファーストキッスは私の足とするんだよ?」

ほむら「…は、はい…私の初めて…まどかの足にあげます…」

まどか「あはぁ…」ゾクゾクゾクゾク

マミ「……///」ドキドキドキドキ

QB「マミぃ!見ちゃダメだマミぃ!」ジタバタ


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:13:32.91 ID:WL/zksyBO

まどか「はい、ほむらちゃん!ほむらちゃんのだぁいすきな私の足だよ!」ギュムッ

ほむら「ひぁっ…!」

まどか「てぃひひ…ほむらちゃん縛られてるから私の足に口が届かないんじゃない?」

ほむら「はぁ…はぁ…」ズリズリ

まどか「…ぷ、あはは!ほむらちゃんいもむしみたいだよ!あははは!」

ほむら「あぁ…まどかの足…足…はぁはぁ…」

ほむら「んっ!んっ!」

まどか「そんなに必死で舌を伸ばして…でも届いてないねぇほむらちゃん?」

ほむら「ふぅ…ふぅ…んっ!んんっ!」ズリズリ

まどか「あぁ…いいよほむらちゃん!その顔最高だよ!」

まどか「ご褒美にほむらちゃんの顔、踏んであげる!」ムギュッ

ほむら「あぁ…ん…っ」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:19:22.83 ID:WL/zksyBO

まどか「さぁ思う存分初めてのキッスを私の足にするといいよっ!!」

ほむら「はぁはぁ…まどかの足…まどかの足!」

ほむら「ちゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」

まどか「!?」

ほむら「ほむっ!ほむちゅっ!ほむっちゅるん!!」

まどか「い、いぃぃ…」ブルブル

ほむら「ペロペロペロペロベロペロペロペロペロベロ」

まどか「やだっ!や、やめ!?いやあはははははは!?やめっ…やめぇっ!?」ガクガク

ほむら「ペペロペロペロペロジャムジャム!」

まどか「やめてぇぇぇぇ足は弱いのぉぉぉあははははははは!!いやぁぁぁぁひひひひ!!」ガクガク

マミ「わ、私もされてみたい…」ドキドキ

QB「マミ!?」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:27:27.85 ID:WL/zksyBO

まどか「はぁっ…はぁっ…まさか逆にほむらちゃんがあそこまで変態とは…」ゲッソリ

ほむら「ふふふっ!まどかの足おいしかったわぁっ!」ホムッツヤー

マミ「調子に乗った罰よ、まどか!」ギュッ

ほむら「そう言いつつまどかにくっつくんじゃないわ巴マミ。そのおっぱいぺちゃんこにしちゃうわよ」

マミ「あらひどい。暁美さんほどぺちゃんこになっちゃったら悲しいどころじゃないわ」

ほむら「表出なさい乳牛」

まどか「ほむらちゃん!めっ!」

ほむら「まどかぁ♪」スリスリ

まどか「ほむらちゃんとマミさんには手伝ってほしいことがあるの。だから仲良くしてね」

ほむマミ「はいっ!」

QB「ちょ…僕を解放しろぉ!マミに変なことさせるなぁ!まどかぁぁぁぁぁ!!」ギチギチッ


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:35:48.43 ID:WL/zksyBO

まどか「さって、次はいよいよさやかちゃんなわけだけど…」

まどか「難易度的にさやかちゃんはザコキャラなのです」

まどか「まぁ普段からさやかちゃんとはスキンシップが多いからちゅうくらいすぐにできちゃいそうなのです」

まどか「まぁさやかちゃんは意外と乙女だから口と口のキッスはしたことないんだけどね」

まどか「そんなわけでほむらちゃんたちにはあることをしてもらいたいのです」

マミ「はいっ!」

ほむら「任せなさいまどか」

まどか「てぃひひ。まっててさやかちゃん!さやかちゃんの純潔は幼なじみたる私がかっさらうよ!!」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:48:57.83 ID:WL/zksyBO

ピンポーン

さやか「はぁーい?美少女さやかちゃんにつられて来ちゃったのはどなたー?」

まどか「私です!」

さやか「おうまどかちゃんじゃないかい!これは歓迎しなきゃねい!」

まどか「いやいやさやかちゃん。今日は私からのお誘いなのです」

さやか「ほう?お誘いとは?」

まどか「私のおうちであそびましょー!」

さやか「マジかよ…まどかの家で、まどかの部屋で、まどかのベッドで遊ぼうってか…さすがのさやかちゃんもたじろいじゃうぜ」

まどか「だめ?さやかちゃぁん…」

さやか「嫁の誘いを断るさやかちゃんがこの世にいるのか!?いやいてはならないっ!今すぐいこうまどか!」


ほむら「仲が良すぎてムカつくわ」コソコソ

マミ「まぁまぁ。私たちはやることやりましょう」コソコソ


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 00:54:47.54 ID:WL/zksyBO

まどか「さぁついたよさやかちゃん」ガチャンコ

さやか「お邪魔しまーす」ガチャンコ

まどか「パパとタツヤは放浪の旅にでたからいません」

まどか「つまり私とさやかちゃんのふたりっきり!」

さやか「それはあれか?あれなのかぁ?若い二人がやることといったら1つって感じなのかぁ?まどかの淫乱ピンクがぁっ!」

まどか「あ、ごめんさやかちゃん。ふたりっきりではなかったみたい」

さやか「え?お客さんでもいるの?」

まどか「うん。私の部屋にいると思うよ」ガチャンコ


まどか「はい、上条くん」

上条「や、やぁ…」

さやか「」ホーホケキョ


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:02:53.39 ID:WL/zksyBO

さやか「なな、なんで恭介が!?なんか縛られてるし!!」

上条「なんでだろう。僕にもさっぱり」

ほむら(私が時とめて盾に収納して連れてきて)

マミ(私が縛りました)

まどか「ところでさやかちゃん、巷で噂になってるんだけど上条くんのことが好きって本当?」

さやか「え…」

上条「そうなのかい?そりゃハッピーだよわーい」

さやか「ち、ちち違うし!恭介なんてこれーっぽっちも好きなんかじゃないんだし!///」

上条「そうなのかい?そりゃバッドじゃないかどうしてくれるんだい期待させといて」

まどか「そうだよねー!さやかちゃんのお嫁さんは私だもんねー!」

さやか「そ、そうそう!そりゃまどかみたいなべっぴんさんがいるのに恭介なんか好きになんかならないってーあはは…」

上条「ちくしょう寝取られた…」

上条「しかしあれだね。女の子に寝取られるとなんかこう、興奮するね」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:13:57.75 ID:WL/zksyBO

まどか「私知ってるよ?さやかちゃんは正義感の塊のようなおにゃのこだって」

さやか「え…」

まどか「だからサヤカチャン嘘ツカナイ。私が信じてるさやかちゃんは絶対嘘つかないよ!だよね上条くん?」

上条「うんさやかは嘘ついたことないよ!僕がもう命をかけて保証するさ!僕はこんなに嘘つかない子見たことないね!いやさやかが嘘ついたら死んでもいいよ!」

さやか「…………」

まどか「だからさやかちゃんがいうことは本当なのです!つまりさやかちゃんのお嫁さんは私!」

まどか「私達、結婚します!!」グスッ

上条「おめでとうさやか!祝福するよ!」グスッ

リーンゴーンリーンゴーン


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:24:03.80 ID:WL/zksyBO

ほむら「新婦どの。あなたはどんなときもどんなときも僕が僕らしくあるために美樹さやかを愛し続けることを誓いますか?」

さやか「いやあんた転校生だよね?なんでそんなことやってんのさ」

まどか「誓います!!」

ほむら「くっ…えー美樹さやか。あんたみたいな馬鹿野郎は馬鹿なりに新婦どのを愛し続けることを馬鹿だからやっぱりできないでしょ」

さやか「いやなんで苛ついてるのさ…むしろあたしが苛ついていい場面でしょうに」

ほむら「それでは誓いのキッスを…しなくてもいいのよ?」

まどか「さやかちゃん…」トジリ

さやか「いやなんで目を閉じて口を尖らせてるの!?しないよ!?しないからね!?」

上条「かーらーのー?」

さやか「しないっつってんだろ恭介の馬鹿!!」

上条「馬鹿に馬鹿呼ばわりされちゃったよ。こりゃまいった」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:34:55.06 ID:WL/zksyBO

まどか「もう!さやかちゃん焦らさないでよ!そんなに焦らしちゃ女の子は別の人のところにいっちゃうんだよ!」プンカプンカ

さやか「えー…状況整理する時間をください」

まどか「時代は常に流れていくの。そして私たちは今を生きる現代人。1秒1秒を後悔しないように生きなゃね」

さやか「まどかについてきてちょっと後悔してるよ…」

恭介「さやか!それはいけない!僕はさやかに素直に生きてほしい!」

さやか「恭介…あ、あたしね?本当は…」

恭介「レズだったんだろう!?それくらい僕にもわかる!!さやかは僕をいじめてるのかい!?」

さやか「全然わかってないよ幼なじみのくせに!!」

まどか「こっちにも幼なじみはいるよさやかちゃん!さぁ愛の言葉を囁き合おうよ!!」

さやか「駄目だ!あたしの幼なじみにはろくな奴がいない!!」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:43:21.00 ID:WL/zksyBO

まどか「うぅ…さやかちゃんがお嫁さんであるはずの私を愛してくれないよ…」グスッ

上条「あー!なーかせたっ!なーかせたっ!」パン!パン!

さやか「ちょ…!」

まどか「さやかちゃん…私のことを嫁って言ったのわ嘘だったの…?」

さやか「そ、それとこれとは…」

上条「なーかせたっ!なーかせたっ!」パン!パン!

上条「ほらみんなも一緒に!」

ほむら「なーかせたっ」パン!

マミ「なーかせたっ!」ピョン!

上条「なーかせたっ!なーかせたっ!」パン!パン!

さやか「恭介!!さすがにぶん殴るよ!?」

上条「おっとと!こりゃ大目玉じゃないかやれやれ」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:50:10.93 ID:WL/zksyBO

まどか「さやかちゃん…」ウルウル

さやか「わかったよ!ちょっとちゅうすればいいんでしょ!?それくらいしてあげるよ!」

上条「はい中止たぁ~なんてオチはいらないよ?はっはは!」

さやか「っ!」パチーン!

上条「おぅふっ!」

さやか「で、でも恥ずかしいからみんなはちょっと部屋出ててよ…」

ほむら「そうね…こればっかりは二人の問題だわ」ガンミ

マミ「プライバシーというものもあるしね」ガンミ

上条「僕のこの目はただの飾りさ!気にしないでいてくれ」ガンミ

さやか「こ、こいつら…」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 01:56:05.55 ID:WL/zksyBO

まどか「さやかちゃんさやかちゃん!」

さやか「わ、わかったよ…えいっ」チョン

まどか「……」

さやか「ちゅ、ちゅうしたよ?」

上条「はぁー…どっちらけー」

さやか「!?」

上条「君はいつからそんな根性なしになったんだい?」

上条「男なら女の子に恥をかかせるんじゃないよっ!もっとガバッといってムチュッとしたらどうなんだい!見損なったよ!」

さやか「恭介…」

上条「いったれさやか!」

さやか「あたしだって女の子だ馬鹿ぁっ!」パチーン!

上条「おっふぅ!これは手厳しいね!」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:03:35.82 ID:WL/zksyBO

まどか「あーあーさやかちゃん…これじゃあ私の想いは離れていく一方だよ」

さやか「近すぎるからちょっとは離れてほしいんだけど」

まどか「これじゃ上条くんのとこにいっちゃおっかなぁ…」

さやか「え!?」

上条「僕はウェルカムだよ!鹿目さん!いやまどか!いやまどっち!式場はどこにする!?」

上条「え?色情にするって?はっはは!面白いこというねまどっち!僕は勿論いつでもどこでもどこまでも!」

上条「誰とでも!ってそれはさすがに口が裂けても言えないけどね!はっははは!」

ほむら「一人でなにいってんのこいつ…」

マミ「さぁ…?」


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:10:27.11 ID:WL/zksyBO

さやか「そ、それはさすがに笑えないって…」

まどか「どうするのさやかちゃん!」

さやか「それなら…そうなるくらいならあたしがまどかをもらってやるわぁっ!!」

まどか「きゃーさやかちゃん男らしい!」

さやか「もう男でもなんでもいいよちくしょう!」

上条「おいおい君には男の勲章、野球セットがないじゃないか」

上条「え?野球セットがどうしたかって?棒と球ってことだよっ!こりゃまいった!はははは!」

さやか「正直もう恭介を見る目も大分変わっちゃったしね…」

まどか「あぁ…」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:17:05.98 ID:WL/zksyBO

まどか「それじゃ…私をもらってくださいっ、さやかちゃん」

さやか「う、うん…よぉし…!」

まどか「……」トジリ

さやか「う、うーむ…///」

上条「どうしたんだいさやか!その立派な腰が大分引けてるじゃないか!」

上条「バッタービビってるHEY!HEY!HEY!」

さやか「マミさん」

マミ「はい!ティロ・フィナーレ!!」ガツンガ!

上条「おっふ…!上条失神……!!」ガクッ

ほむら「どこまでも憐れな男…」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:27:15.20 ID:WL/zksyBO

まどか「さやかちゃん…」チュッ

さやか「ま、まどか…」

まどか「ん…ちゅ…」

さやか「………………っ」プルプル

まどか「…さやかちゃん?」

さやか「……ぷはぁっ!なんか息するタイミングがわかんなくてさ…てへへ///」

さやか「そっかーまどかがあたしの初めての相手かぁ…あ、あんま顔見ないで恥ずかしい…///」

まどか「もう辛抱たまらんよさやかちゃん!」

さやか「ほへ?」

まどか「純愛路線はこれにて終了だよ!これからは…ただ愛欲の世界だー!」

さやか「ひぃー!?」

まどか「ちゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:36:43.77 ID:WL/zksyBO

まどか「むっちゅ!ちゅっぱ!ちゅっぱやっぱや!」

さやか「おぷっおぷぷぷぷぅー!?」

まどか「ちゅっぽろちゅくちゅくちゅなんちゅちゅ!」

さやか「んももぉーっ!?んんむ…!」

まどか「むっちゅっぷはぁっ!」

さやか「ふぇぇ…」ピクッピクッ

まどか「ふぅ…まさに一生に一度のカーニバルだったぜ」キリッ

ほむら「まどかぁ…見てるだけなんて辛いわぁ…」モジモジ

マミ「わ、私にも…」モジモジ

上条「僕にも是非お願いしたい」

さやか「お、おひてたのきょーしゅけっ!?」

上条「あれくらいじゃこのハッピーボーイこと上条恭介はくたばらないさ」

上条「それよりこれを見てくれないか。縛られてるせいで前屈みにもなれやしない。まったく自己主張の強いやつだね。我ながら呆れるばかりさ…」

まどか「マドキック!!」バキッ!

上条「おぅふっ!出る杭は叩かれるとはまさにこのことさっ!」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:46:15.17 ID:WL/zksyBO

まどか「ふぅ…今日は満足だったなぁ!」

ほむら「私は満足してないわまどか…私にもまどかのお口の味を…」ホムジュルリ

まどか「ほ、ほむらちゃんにされたら私がもたなそうだから…また今度ね…」

ほむら「ほむぅ…」シュン

まどか「マミさんもさやかちゃんもまた今度しようね!」

マミ「はいっ!楽しみにしてるわっ!」ワクワク

さやか「も、もうしないもん!またしたらまどかを見る目が変わっちゃう…」

まどか「恋しちゃう?恋しちゃうの?」

さやか「し、しない!もうさやかちゃんはおかえり!」ダッ

マミ「またね。まどか」

ほむら「さようならまどか。次会うときは夢の中ね」

まどか「そうだね。今度からはほむらちゃんは夢の中の私にちゅうしてね」

ほむら「まどかぁー!」


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:50:58.84 ID:WL/zksyBO

ピンポーン

まどか「やっぱりきたね」ガチャンコ

杏子「……けっ!」

まどか「どうしたのこんな時間に?」

杏子「…あ、あんたには世話になったからねぇ…復讐しにきてやったんだ!」

まどか「ごめんね杏子ちゃん。うち、復讐お断りなの」ガチャンコ

杏子「ちょ!開けろ!冗談だから!開けてー!」

まどか「じゃあ何しに来たの?」ガチャンコ

杏子「……け、決闘を申し込みにきたんだ…っ///」

杏子「ポッキー…くうかい?///」

まどか「……ふふ」

終わり


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/14(土) 02:58:30.37 ID:WL/zksyBO

蛇足

ほむら「ちゅっ…まどかぁ…」

まどか「ちゅ…ちゃんと加減してねほむらちゃん…」

杏子「あたしの番はまだかまどかー?」

さやか「転校生ばっかりずるい!」

マミ「もう指をしゃぶって待つのは辛いわ…」チュパチュパ

QB「まどか!マミだけはビップ待遇にしてしかるべきだ!」

上条「いや、それはいけない。人類みな平等。上条さんも女の子みんなのものだよ?さぁ僕をおいしく食べてくれ」

さやか「恭介…あんたQBが見えるのか…」

上条「僕も心は魔法少女さ。野球セットは持ってるけどね。はっはは!」

まどか「やれやれ…これじゃ身体がもたないよ…てぃっひひ!」

仁美「この面子で私がハブられるのが納得いきませんわ」

終わり





『魔法少女まどか☆マギカ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿