TOP > 魔法少女まどか☆マギカ > マミ「佐倉さん!オマエラがそっちにいったわ!」

マミ「佐倉さん!オマエラがそっちにいったわ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 02:10:16.40 ID:cjSzmY7V0

杏子「くそっすばしっこいな!」

オマエラ「アンコチャ~ン」

杏子「おりゃああ!」 ドスッ!

オマエラ「アンアン!」

杏子「くそっ効いてねえ!あっマミ、またそっちにいったぞ!」

オマエラ「デブサン!スモウトウロゼ!」

マミ「なんですってぇ~もう怒ったわよ…ティロ・フィナーレ!」

オマエラ「ボッチボッチ!」

マミ「そんな!私の全力の一撃が…


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 02:53:07.02 ID:GnpVlJuZ0

ほむら「こら…!離しなさい……!!」

オマエラ「ウェヒヒヒヒヒ…ホムラチャンノヒンニュー…ウェヒヒ」

ほむら「……殺す!」パァンッ

オマエラ「ゴホウビ…ゴホウビ…」シュウゥゥゥゥ…

ほむら「ひっ…!?」

まどか「たっ…たすけてぇ!!」

オマエラ「マドッチ…マドマドマドマドマドマド」スリスリスリスリ

まどか「ふえぇぇぇぇっ!?」

さやか「抱きつくな!離せ!!あたしは…恭介にしか…!」

オマエラ「イチズナサヤカチャンマジサヤサヤ」

さやか「うわあああっ離せぇぇ!!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 03:07:48.45 ID:GnpVlJuZ0

オマエラ1「……!オイソロソロ」

オマエラ2「ジカンダ、イコーゼイコーゼ」

オマエラ3「……コンキハホウサクダカラナ」

オマエラ4「レコーダーモッテナイヒンミンオツ」

オマエラ5「ナンダカンダリアタイデミルクセニ、ウルセーヨ」スタスタスタ…

QB「……皆、大丈夫かい?」

まどか「行っちゃった…」

マミ「今回も倒せなかった…!」

杏子「今度こそ殺す」

さやか「うえーサイアク…」

ほむら「そんなに私、胸無いのかしら……」ボソッ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 03:20:28.82 ID:GnpVlJuZ0

翌日

まどか「おはよーっさやかちゃん、仁美ちゃん」

仁美「お早う御座います」

さやか「…おはよ、まどか」

仁美「あら、さやかさん御元気がありませんわね?」

さやか「いや、ここ最近ちょっと寝不足で」

まどか「あー…」

仁美「あら、まどかさん思い当たる節でも?」

まどか「うぇ!?…そ、そんなことないよ仁美ちゃん、あははっ」

仁美「…まさかお二人とも…!?もう私にお二人の間に入り込む余地は無いのですねー!?」タッタッタッタ…

さやか「ちょ…そんな事ありえないからっ!待って仁美っ」

仁美「そんな事言って…っ!?」ドンッ

お前ら「あ…すみませ……」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 03:27:03.64 ID:GnpVlJuZ0

仁美「いえ、こちらこそ済みません。よそ見をしてしまって」

お前ら「あ、はい…良いです」

まどか「ねぇさやかちゃん、あれって同じクラスの…」

さやか「あー…あんなのいたっけ?」

まどか「いたよぉ。暗い感じで喋ったことないけど…」

さやか「あっ思い出した!いつも休み時間机に突っ伏してるアレでしょ!?」

お前ら「…」ビクッ

まどか「ちょっとさやかちゃん声大きいってっ」

お前ら「……」スタスタスタ…

さやか「あっちゃー…でも事実じゃん」

まどか「あんな言い方あんまりだよぉ…」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 03:53:39.59 ID:GnpVlJuZ0

お前ら2「朝から幸運でござるなwww軍曹殿はwww」

お前ら3「クラスのお嬢様との衝突wwwwwそれなんてエロゲwww」

お前ら「…フラグなんて立ちませんがねwww我ながらモブ乙www」

ほむら「ちょっと貴方達、どきなさい」

お前ら1・2・3「!」ビククッ

ほむら「横並びに歩かれると通行の邪魔だって事、分からないのかしら?」

お前ら1・2・3「あ…はい……スミマセン…」

ほむら「以後気をつけなさい」スタスタスタ…

お前ら「あ、分かりました……」

お前ら1・2・3「………」

お前ら2「…………転校生美人じゃねwww」

お前ら3「叱られて興奮してんじゃねーよwwwwwおまわりさんこの人ですwwwwww」

ほむら「……」ギロッ

お前ら1・2・3「………」トボトボトボ…


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 04:06:09.27 ID:GnpVlJuZ0

三年教室

お前ら4「あの……巴さん……」

マミ「?あら、えと……なにか御用?」

お前ら「あえと…今日日直僕で…その宿題……」

女生徒1「巴さんおっはよー!って何でコイツいるのよ」

女生徒2「巴さん大丈夫?コイツになんかされなかった?」

お前ら4「……」

マミ「いえ、宿題を回収したいみたいなの」

お前ら4「……」コクコク

女生徒1「とかなんとか言って巴さんのノート欲しいだけじゃないのwwww」

女生徒2「ありえるwwww顔からしてあやしいもんwwww」

マミ「えと…はい、これ宜しくね」

お前ら4「……」タッタッタッタ…


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 04:26:20.05 ID:GnpVlJuZ0

コンビニ

お前ら5「うおおおクジの景品が残っているじゃあござりませんかwwwww運良過ぎワロスwwww」

杏子「……」ゴソゴソ

お前ら5「(ちょwwwwJCの万引き現場wwwwwwこれどうするよwwww)」

杏子「さて…こんなもんか…」スタスタスタ…

お前ら5「(これ声掛けて捕まえるおwwwww学校着いたらアイポンでスレ立てwwwメシウマwwwww)」

杏子「……」スタスタスタ…

お前ら5「あ、ちょっと君…その…服の中見せてみなさい」

杏子「あ?」

店員「そこの君」

お前ら「あ、あのこの子万び…」

店員「お嬢ちゃん早く逃げなさい!君は事務所に来て」

お前ら5「……え!?あえ!?」

店員「あ、もしもし店長ですか?前から怪しいって言ってた客を…そうですオドオド君です。そいつが今…」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 04:43:09.37 ID:GnpVlJuZ0

昼休み

まどか「さやかちゃん、屋上行く?」スタスタスタ…

さやか「そうだね、良い天気だし」スタスタスタ…

仁美「私も是非ご一緒したいですわ」スタスタスタ…

おまえら1・2・3「wwwwwww」スタスタスタ…

さやか「ねえ、あいつらも屋上向かってない?」

まどか「みたいだね」

さやか「だよねえ…屋上行くのやめよっか」

仁美「さやかさん、人を見た目で判断してはいけませんわ。ね、まどかさん」

まどか「うん…わたしもそう思うけど……あの人達集まると何か怖いよ…笑い方おかしいし」

さやか「それをあんたが言うかい。でも確かに気持ち悪いし怖いのは放課後だけで勘弁。屋上はパスだわ」

仁美「お二人がそう仰るなら…お昼は教室で食べましょうか…」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 05:03:40.12 ID:GnpVlJuZ0

屋上

お前ら4「いやwwwwホント酷い目に遭ったわwwww遅刻したしwwwww」

お前ら5「痴漢冤罪乙wwwwww訴えたら勝つるwwwwwww」

お前ら1・2・3「先輩達wwwwww来ましたよwwwwwww」

お前ら4・5「フヒwww待ってたわwwwwwwwww」

マミ「鹿目さん達…屋上にいるかしら」ガチャ

お前ら1~5「!」ビククッ

マミ「…お邪魔しちゃった?」

お前ら4「…あ、いえ」

マミ「貴方…朝のことごめんなさいね。あの子たちも悪い子じゃないのよ」

お前ら4「あ気にしてないから…」

マミ「よかった…それじゃ」タッタッタッタ…

お前ら1~4「………やっぱ超美人wwwwwwwwww性格良過ぎwwwwwww」

お前ら5「クラスメイトの俺一人勝ちワロッシュwwwwwwwwww………さて、これからの話だがね」

お前ら1~4「はいはい」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 05:18:44.88 ID:GnpVlJuZ0

放課後

マミ「いやあぁぁっやめてえぇぇ!」

オマエラ1~3「マミサンマジテンシー!!」マミマミマミ…

杏子「今日はやけにマミが人気だな…」

オマエラ5「ウラミハラサデオクベキカー」ガシッ

杏子「くっそ抱きつくなコラァ!!」ゲシゲシ

オマエラ4「……マミサン、マジテンシー!!」ガバッ

さやか「こいつら性懲りもなく…許せない!」

まどか「マミさん!今たすけるよ!」

ほむら「やっぱりそういうことなのね…大は小を兼ねるのね…全員殺してあげるわ」

――――――――――――――――――――


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 07:01:14.14 ID:GnpVlJuZ0

QB「今回も派手にやられたね…」

マミ「ぐすん……」

さやか「あいつらホントに何なの!?魔女よりよっぽどタチが悪いっ」

まどか「でも攻撃は強くないよね、変なことしてくるだけだし…」

杏子「その分頑丈すぎるぜ」

ほむら「今回も一匹も消せなかった…頑丈というか異常よ」

杏子「攻撃しても大して効いてねーみてーだしな」

さやか「そのくせ深夜になると勝手に帰るし…強いんだか弱いんだか」

QB「それこそが君らの新たな敵オマエラの習性だよ、魔法少女への肉体的接触と頑丈さ、そして身勝手さ」

さやか「うえ…ストレスで胃に穴が開きそう」

QB「自分の魔法で直せばいいじゃないか、美樹さやか」

さやか「そういう問題じゃない」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 07:14:01.03 ID:GnpVlJuZ0

お前ら1「いやwwwww今日も派手にやられましたなwwwww」

お前ら2「俺www転校生からマミさんに目覚めそうワロスwwwwwwww」

お前ら3「ちょwwwwwおまいの愛はそんなもんかwwwww」

お前ら4「お前ら少しは自重汁www俺マミさんにぜんぜん絡めなかったでござるwwww」

お前ら1~3「サーセンwwww先輩wwwww」

お前ら5「おまいも杏子ちゃんこいよwwwwww」

お前ら4「俺wwwww純情だからwwwwwサバサバ系ノーセンキューwwwww」

お前ら5「そんな事言ってwwwwwちょっとおまいのアレ見せてみろよwwwww」

お前ら4「ほらwwwww見せてやるおwww」

お前ら1~3「黒www過ぎwwwww」

お前ら5「おまwww選り好みしてる場合かwwwwww……自分のグリーフシードが完全に黒くなったら…」

お前ら4「……フヒwwww分かってるでござるよwwww」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 07:51:29.81 ID:GnpVlJuZ0

QB「気をつけておくれよ、君たちも」

お前ら1~5「!…インキュベーター」

QB「君たちには幸せになって貰わなきゃ困る。その為の契約だ」

QB「それにそろそろ期限が迫っている。ノルマが達成できないなら」

お前ら1「分かってるよ」

QB「君に関しては心配していない、一番心配なのは」

お前ら4「はいはい」

QB「心残りはなるべく無くしておきなよ。そして君は幸せにならなければいけない」

お前ら5「それは俺達も一緒だがな」

QB「それぞれ、伝えたいことがあるなら近いうちにね。それじゃ…」スタタタ…

お前ら4「……フヒ…フヒヒwwwwこの生活ももう終わりですかwwwww」

お前ら5「そういう契約でござろうwww」

お前ら3「楽しめたからいいじゃないすかwwwwwww」

―――――――――――――――――――――


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 08:09:46.54 ID:GnpVlJuZ0

翌日

お前ら3「あ、あの…鹿目さん…お話が…」

まどか「うぇ?…なにかな…?えと…」

お前ら3「あ、いや…名前なんて覚えてないのは分かってる」

まどか「…ごめん」

お前ら3「あの…そうやって…すぐに謝らない方が良い。損する」

まどか「うぇ?」

お前ら3「…もっと自分に自信を持たないと損するよ、絶対。それだけ」

まどか「話って…それだけ?」

お前ら「……ごめん、これだけ…」

まどか「すぐ謝らないほうが良いって…」

お前ら3「僕は良いんだ。それじゃ」スタスタスタ…

まどか「?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 08:21:03.66 ID:GnpVlJuZ0

お前ら1「……美樹さん」

さやか「…うえ、何よアンタ」ジロ

お前ら1「……っ…上条の事好きっしょ」

さやか「っ…」パシンッ

お前ら1「痛!?」

さやか「なんでアンタそんな事言うのよ何なの!?」

お前ら1「……申し訳ないけど、とっとと告白して下さい」

さやか「何でそんなこと言われなきゃいけないのよ!」ゴツッ

お前ら1「後悔するから、気持ち伝えないのって」

さやか「そんなこと!…できるわけ…あたしは…」

お前ら1「お願いします、告白して下さい。じゃこれ以上殴られない内に俺行くから」スタスタスタ…

さやか「何なのよ…気持ち悪い」

さやか「…でも、後悔かぁ…」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 08:33:49.08 ID:GnpVlJuZ0

お前ら2「…暁美さん」

ほむら「……」ギロッ

お前ら2「あの…もっと気楽にしてて良いと思う」

ほむら「…はい?」

お前ら2「多分これから良くなっていくこともあるから」

ほむら「一体何の話かしら」

お前ら2「魔ほ……」

ほむら「何?」

お前ら2「…あ、いや。僕は小さい方が好きですよ」

ほむら「……」ギロッ

お前ら2「そ、そんな売られていく豚を見るような目で見ないで欲しいな、それじゃ」スタスタスタ…

ほむら「死ねばいいのに…」

ほむら「…良くなれば良い物ね」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 08:45:07.75 ID:GnpVlJuZ0

お前ら5「あ…いた…杏子ちゃん?」

杏子「あ?…お前この前コンビニで捕まってた」

お前ら5「き…君のせいなんだけどな…」

杏子「しらねーよ…何だよ、何か用か」

お前ら5「もう、ああいう事しちゃいけないよ」

杏子「てめーに何が分かるんだよ、あたしに餓死しろってか」

お前ら5「君を心配して、見守ってくれる人がいるはずだ」

杏子「そんなのいるわけねー…じゃあ何かてめーがあたしを養ってくれるってのか」

お前ら5「……少しの足しにはなれるよ。そういう人がこれからも出てくるから。じゃあね…」

杏子「何言ってんだ……お?財布落ちてる。ってアイツのかよ。気持ち悪い絵がついてやがる」

杏子「ま、中身だけは大事に使ってやるよ」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 08:51:58.94 ID:GnpVlJuZ0

お前ら4「あ……巴さん」

マミ「はい?…あら、宿題?」

お前ら4「いや…その…っ一緒にお昼でも!」

マミ「……」

女生徒1「ちょっとちょっと何言ってんのよ!」

女生徒2「巴さんがアンタなんかと食べる訳ないじゃん!」

マミ「ご一緒するわ」

お前ら4「え?」

女生徒1・2「へ?」

マミ「食事は誰かと一緒に食べた方がおいしいもの。皆で仲よく食べましょう、ね?」

女生徒1・2「う…うん」

お前ら4「………」

マミ「素敵なお誘い、ありがとうね」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 09:02:23.42 ID:GnpVlJuZ0

放課後

お前ら1「皆の衆wwwww準備おk?wwwwww」

お前ら2「うはwwwwおkwwwwww」」

お前ら3「先輩wwww間にあいましたかねwwwwww」

お前ら5「シラネーヨwwwwwwつーかこれからっしょwwww」

お前ら4「待たせたなおまいら!wwwwww」タッタッタッタ…

お前ら2「おっそwwwwってwwww先輩のグリーフシード輝き過ぎワロリーヌwwwwww」

お前ら4「マミさんのwwww手作り弁当wwwwちょっと喰ったwwwww」

お前ら1「テラウラヤマシスwwwwwww」

お前ら3「羨ま死刑wwwwww」

お前ら5「これで万事だなwwwww……そんじゃ最期の変身と行きますか」

お前ら1~5「変身!!」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 09:19:33.89 ID:GnpVlJuZ0

QB「希望からソウルジェムが産まれ、絶望によってグリーフシードになるなら」

QB「人生に絶望した君たちが産むのは当然グリーフシードだ」

QB「そしてジェムからシードがエネルギーの排出であるならば、シードからジェムはエネルギーの蓄積だろう」

QB「君たちが幸せになればなるほど、エネルギーは蓄積される」

QB「魔法少女と接触し、穢れを自身に移しながらも、ゆっくりと蓄積されていく」

QB「臨界まで達したそれを魔法少女に破壊させれば、蓄積は排出に切り替わる」

QB「その収率がソウルジェムを上回れば、君たちの勝ちだ」

QB「僕らはソウルジェムシステムを改め、オマエラ・魔法少女システムを本格化させよう」

QB「魔法少女はオマエラと戦う限り魔女化しない」

QB「君達が望んだことだよ」

QB「さあ、行くんだ。オマエラ」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 09:35:13.80 ID:GnpVlJuZ0

オマエラ1「サヤカチャンマジサヤサヤ」

さやか「近づくなぁぁぁ!!気持ち悪い!!」ジャキンッ

オマエラ1「グアァァァァ!!」ピシピシッ

さやか「効いてる!?あのグリーフシード見たいのが弱点なんだ!!」

マミ「美樹さん!本当に!?」

杏子「喰らえぇぇぇ!」ザシュッ

オマエラ5「アン…コ…チャン…ペロペロ…」ガクッ

杏子「マジだ!効いてるぜ!ってかきょーこだっつーのっ」ザシュッザシュッ

オマエラ5「グアアアアァァッ!!」ドオオォォォォォォンッ

オマエラ5「(ちゃんと回収してくれよ…インキュベーター…!)」

杏子「やった!ついに倒してやったぜ!!!」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 09:44:27.97 ID:GnpVlJuZ0

オマエラ2「ホムラチャーン!!ヒンニ」カシャン

ほむら「それ以上は喋らせない。死になさい」カチャ…パァンッ

オマエラ2「グアァァァァァッ!!」ドオォォォォォォンッ

ほむら「今まで手こずってたのが嘘みたいね…」

マミ「今までは弱点が露出してなかったわ。だから頑丈だったのね」

オマエラ1「サヤ…アアアァァァァァッ!!」ドオォォォォォォンッ

さやか「あー気持ち悪かった…せいせいしたよっ」

まどか「えっ…えーい!!」ドシュゥッ

オマエラ3「マドッチマドマドマドマ…」ドスッ

まどか「わたしだってやればできるんだからっ」

オマエラ3「………グアァァァァァッ!!」コクリ…ドオォォォォォォンッ


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 09:52:28.80 ID:GnpVlJuZ0

マミ「貴方で最後よ」

オマエラ4「……マミサン」

マミ「どうしたの?いつもみたいにかかってらっしゃい」

オマエラ4「マミ…マミサンマジテンシー!!」ガバッ

マミ「ティロ…フィナーレ!!」ドオオォォンッ

オマエラ4「マミ…サン…マミ…マミ…」ピシ…ピシ…

マミ「!?まだ生きているの!?」

オマエラ4「マミ…」

ほむら「しつこいわよ」パァンッ

杏子「とっとと死ね」ザシュッ

さやか「気持ち悪い!」ジャキンッ

まどか「えいっ!!」ドシュゥッ

オマエラ4「……(そう…それで…良いんだ)」ドオォォォォォォンッ


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 10:09:29.52 ID:GnpVlJuZ0

お前ら5「一番最初にwwwwwwやられたでござるwwwww」

お前ら2「喋る事すらwwwww許されんかったwwwwww貧乳万歳wwwwww」

お前ら1「基本的にwwwww気持ち悪いしか言われてませんがwwww何かwwww」

お前ら3「自信がついたみたいでwwwww大満足でございwwwwww」

お前ら4「一番エネルギーたまってたせいでwww死にそこなってwww一斉攻撃ワロスwwwwww」

お前ら5「……これでよかったよな」

お前ら1「おう、おまいらとの中学生ごっこも楽しかったぜ」

お前ら2「いやー中学時代ってあんな感じだったわ、趣味のあう奴らでつるんでさ」

お前ら3「周りから白い目で見られるのは当時からなんだよなぁ」

お前ら4「言っても中身おっさんだもんな俺ら、良く頑張ったよ」

お前ら5「同級生になるのも契約のうちだからな、名前はだれも呼んでくれんが」

お前ら1「設定されてないから印象にも残らんだろ…ところで俺らどこに向かってるん?」

お前ら4「…”円環の理”さ」

お前ら1~3・5「厨二乙wwwwwwwwwwwwwwww」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 10:24:22.59 ID:GnpVlJuZ0

QB「ねえ、君」

QB「そう、そこの画面の前にいる君の事だよ」

QB「僕はキュゥべぇ。君に話があるんだけど、聞いてくれるかい?」

QB「そして君は人生に絶望しているね?自身の命を持て余している」

QB「過去に後悔を抱え、未来に希望を見出せず、今を生きることも叶わない命を」

QB「その命、少女達を救うために使ってみたいと思わないかい?」

QB「どういうことかって?」

QB「君の命で魔法少女の命を繋ぐんだ。もちろんオマケもついてくる」

QB「君は青春をやり直せるし、幸せになれる」

QB「ただ君の寿命はぼくらが握らせてもらうよ」

QB「そうかい…じゃ、あらためて」

QB「僕と契約して、オマエラになってよ!」




103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/24(土) 10:30:37.64 ID:HiFImwMy0


ちょっと契約してくる





『魔法少女まどか☆マギカ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿