TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「変態との毎日」

ガヴリール「変態との毎日」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:38:20.097 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール「助けてサターニャ!」

ヴィーネ「ガヴガヴガヴガヴ」

サターニャ「や、やめなさいヴィネット!」

ヴィーネ「今すぐガヴを渡しなさい。今日は星座占いが1位だったから犯してあげなきゃ!」

サターニャ「どんな理由なの!? ダメよガヴリール泣いてるじゃない!」

ガヴリール「ふえーん」グスグス

ヴィーネ「あぁぁ…がゔぅ…! 泣き顔も最高ね…いっぱい犯してあげるからね」ムラムラ

ガヴリール「ひぃぃ!?」

サターニャ「くっ、奥の手を使うしかないわね……サタニキア デビル・パイソン!!」パンッ パンッ

ヴィーネ「こら、やめっ……ぐふぅ!」チュイ-ン

ヴィーネ「…ふふ……うふふふ、あはははははは!! 」

ヴィーネ「あはははははは!! 大人しく犯されなさいガヴぅふふふふふふふふふふ!!!」

サターニャ「逃げるわよガヴリール!」

ガヴリール「うわーん余計怖いよー!」


2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:40:01.628 ID:NH7GS/7Op

ヴィーネ「ガヴったらまたゴミの分別しないで!」

ヴィーネ「飲んだ後のペットボトル! これはゴミじゃなくて資源!!」

ヴィーネ「もう、大事に取っておかなくちゃ」

ヴィーネ「他には…鼻かんだティッシュ、髪の毛、食べかけのカステラ、天使の抜け羽毛……全部大切なものばかりじゃない!」

ヴィーネ「ああ! 使用済み歯ブラシまで!?」

ヴィーネ「これもまだまだ使えるじゃない!」シャコシャコシャコ


サターニャ「あれ……ヴィネット? ゴミ捨て場で何してるのかしら?」

ラフィエル「しっ! 見ちゃいけません!」


3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:42:22.733 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール「くっそ回復タイミング遅れてんじゃんポンコツヒーラーめ……」

ガヴリール「あとでポーション代請求するぞコラ」カチカチカチ

ガヴリール「はぁー、やっと倒せたわ……トイレ休憩するかぁ」ガチャ

ヴィーネ「ようこそガヴ」

ガヴリール「なんでいんの」

ガヴリール「ちょっとどいてよ。私おしっこしたいんだから」

ヴィーネ「私はトイレです」

ガヴリール「は?」

ヴィーネ「私はトイレです」

ガヴリール「……」ガチャ バタン

「ガヴ? どこいくのよ。我慢は身体に良くないわよー?」

ガヴリール「バルサン炊いとこ」シュワワワワ


4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:44:14.753 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール「ん、今日のヴィーネのお弁当美味しそうじゃん」

ヴィーネ「少し食べる?」

ガヴリール「うん。ハンバーグ食べたい」

ヴィーネ「ちょっと待っててね」ベロベロベロジュルルルル

ヴィーネ「はいっ、どうぞ!」ニコ

ガヴリール「……自分の箸使うからいい」

ヴィーネ「あっ、間接キスはイヤだった……?」

サターニャ「そういう問題じゃないのよヴィネット」


5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:45:04.796 ID:NH7GS/7Op

ヴィーネ「ガヴの飲み物に利尿剤を混ぜたわ」

ガヴリール「じゅ、ジュースにそんなものを入れるなんて……あぁ!」ブルッ

ヴィーネ「ふふ、天使の聖水ってキラキラしてるしとっても良い匂いなのよね」

ヴィーネ「ほらガヴ。我慢しないで出して」グッグッ

ガヴリール「あっ、あっ! やめて! お腹押さないでぇ!!」

ヴィーネ「ほらほら」クリクリクリ

ガヴリール「ああああああああああ!!」

ジョロロロロロロロ

ヴィーネ「あぁぁ……とっても素敵……!」ウットリ

ガヴリール「うっ……ぐすっ…………そんなに素敵ならヴィーネも漏らせよ!」ガバッ

ヴィーネ「な、なにを……んぐ?! 利尿剤が…………あああああああああああ!!!」

デロデロデロデロデロ

ガヴリール「…………悪魔のおしっこって真っ黒なんだ」

ヴィーネ「……ふぇぇ、ふえーん」グスグス


6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:46:01.768 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール『♪』

ラフィエル「……」

サターニャ「……」

ガヴリール『~♪』

ガヴリール『~♪、♪』

サターニャ(ガヴリールってトイレ入ってるとき鼻歌うたうのね……)

ガヴリール『~♪ ~~♪』

ラフィエル(しかもめっちゃ上手です)

ジョロ……

サターニャ(あっ)
ラフィエル(あっ)

ジョロロロロロロロロロロロロ

サターニャ(出た)

ラフィエル(出ましたね)

ジャアアアア…………

ガヴリール「ふー、すっきりした! ……なんだよ二人とも変な顔して」

ラフィエル「いえいえ何も」ムラムラ

サターニャ「何でもないわ」ムラムラ


7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:47:01.888 ID:NH7GS/7Op

タプリス「ふんふんふーん♪」

ガヴリール「お、タプリスじゃん」

ガヴリール「おーいタプリスー」

タプリス「~♪~♪…………あ、天真先輩!」

タプリス「すみません、イヤホン付けてたので気が付くのが遅れました」

ガヴリール「ふーん、何の曲聴いてんの?」

タプリス「天真先輩のおうちのトイレの音です!」ニコニコ

ガヴリール「」


8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:48:03.033 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール「ら、ラフィ…! んっ、だめっ……」

ラフィエル「ガヴちゃん、いっぱい気持ちよくしてあげますね…」

ガヴリール「あぁっ……! そこいじっちゃ……ぁぁ……」

ラフィエル「ふふ、可愛いですよ」チュッ

ヴィーネ「ガヴいるー? 犯しにきたわよー……」ガチャ

ヴィーネ「ってなにしとんじゃ!!! この腹黒天使!!!!???」

ラフィエル「あらヴィーネさん」

ガヴリール「や、やだ…! 見ないでヴィーネ……!」

ラフィエル「ヴィーネさんの独りよがりな犯し方よりも、私の優しい犯し方が好きってガヴちゃんも言ってますよ?」クチュ

ガヴリール「はぁん!」ビクン

ヴィーネ「」ブチ

ヴィーネ「殺す」


9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:49:02.786 ID:NH7GS/7Op

タプリス「先輩、食べた後のカップ麺。ほっといたらいつかこぼしますよ?」

ガヴリール「んー、捨てといてー」

タプリス「もー仕方ないですね。じゃあ私が台所で処分しますよ! いいですね?」

ガヴリール「おー頼むわー」

タプリス「全くもう」トコトコ

ドア「」バタン

タプリス「……」

タプリス「げへへへへ、先輩の食べかけのカップラーメン……!」グビグビグビ


「タプちゃん」


タプリス「!?」ビクッ

ヴィーネ「良いもの持ってるわね。私にちょうだい?」

タプリス「い、いやです! これは私が貰ったものなんです! 誰にも渡しませんよ!」ガクガクブルブル

ヴィーネ「そう。じゃあ」

ヴィーネ「肋骨の1~2本は覚悟しててね?」グワッ


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:50:23.252 ID:NH7GS/7Op

ヴィーネ「ねえガヴ、恋バナしましょ?」

ガヴリール「……」

ガヴリール「私とヴィーネで?」

ヴィーネ「そう!」

ガヴリール「人選おかしいだろ」

ヴィーネ「私の好きな人はねー、えっと、小さくて、ふわふわで、とっても可愛いくて、何だかんだやさしくて」テレテレ

ガヴリール「へー」

ヴィーネ「ガヴの好きな人は? もしかして黒髪でお料理上手な人とか」

ガヴリール「特にいない」

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「作って」

ガヴリール「は?」

ヴィーネ「今すぐ作って」

ガヴリール「いや好きな奴って作るものじゃ……」

ヴィーネ「じゃあ例えばこの部屋の中で誰が一番好きなの!!」

ガヴリール「この部屋私とヴィーネしかいないじゃん!!?」


11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:52:02.123 ID:NH7GS/7Op

ラフィエル「お邪魔しまーす」ガチャ

ヴィーネ「あ、ラフィ」

ラフィエル「ガヴちゃん、本当に好きな人いないんですか?」

ガヴリール「お前盗み聞きしてたな」

ラフィエル「私はガヴちゃんのこと好きですよ?」

ガヴリール「へー」

ラフィエル「ずっとずっと、好きでしたよ」

ガヴリール「え」

ラフィエル「そして今も……」

ガヴリール「いや、あの、ラフィそれどういう意味……」

ラフィエル「ふふ、どういう意味でしょうねー?」


ヴィーネ「オイコラなに横取りしとんじゃ腹黒天使が!!!」

ラフィエル「おおん? 悪魔ごときハナから眼中にないんですけど?」

ヴィーネ「ガヴには私が必要なの! しゃしゃってくんなや!!」

ラフィエル「はぁ? 毎回毎回勝手に家に上がり込んでガヴちゃん迷惑してるのわからないんですかね??」

ヴィーネ「地に堕とすぞ」

ラフィエル「天に召してあげます」


12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:53:10.852 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール「最近布団がいい匂いするんだよね」

サターニャ「なんでよ?」

ガヴリール「いやー、なんでか分からないんだけどさ。甘くて落ち着くような不思議な匂いっていうか?」

ガヴリール「私がいない間に妖精的な何かが布団洗濯してくれてんのかな」

サターニャ「えー? あんたの部屋に湧くのは蚊とかダニしかいないでしょ」プフー

ガヴリール「なんだとこら!」

サターニャ「ん、でもあんたも割といい匂いするわよ」クンクン

ガヴリール「こっ、こらやめろ///」


ー昨日ー

ヴィーネ『お邪魔しまーす……』コソコソ

ヴィーネ『ガヴのお布団……!』モゾモゾ

ヴィーネ『すぅぅぅぅぅ、はぁぁぁぁぁぁぁ』

ヴィーネ『あああああぁぁぁ……まるでガヴに包まれてるみたい…』ウットリ

ヴィーネ『私の匂いもマーキングしておこ』スリスリ

ヴィーネ『ふふふ、天使の香りを悪魔の香りで犯してあげるね?』ハァハァ


ガヴリール「……なんかちょっと湿ってるのも気になるんだよね」

サターニャ「きちんと干せばいいじゃない」


13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:55:26.349 ID:NH7GS/7Op

ヴィーネ「ていうか、私いまガヴの彼女みたいなものよね?」

ヴィーネ「4人の間では一番親密な関係だし?」

ラフィエル「いやいやいや、仲の良さなら旧知の仲の私が一番でしょう? お互い分かり合ってるし、ヴィーネさんより心が通じてると思いますけど」

ヴィーネ「ちっ……元カノ風情が」

ラフィエル「おぉん? いまなんて言いました?」

ヴィーネ「私はガヴのお世話してるし、合鍵だって持ってるんだけど?」

ラフィエル「勝手に世話押し付けてるだけでしょう? あと犯罪ですよそれ」ニコニコ

ヴィーネ「あぁ??」

ラフィエル「私にはそれなりに長く付き合った距離感というものがありますから」

ヴィーネ「……はぁー、私より先に知り合った事ぐらいしか偉そうにできないのよね。かわいそー」

ラフィエル「」ガンッッッ

ヴィーネ「あー、机にヒビ入っちゃった! こわーい」ニヤニヤ

ラフィエル「表出ろや」

ヴィーネ「上等だこら」


サターニャ「最近あんたヴィネットとラフィエルと帰らないわね」

ガヴリール「なんか二人とも放課後はどこかに行っちゃうんだよね」

サターニャ「じゃあ私とロッテリアでテリヤキバーガー食べに行きましょ!」

ガヴリール「おーいいね」


14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:57:03.570 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール「金が尽きた。食べるものも何もない」

ガヴリール「しにそう」グーグー

ガヴリール「まあ死んでも天界に帰るだけなんだけどねー」ギュルルルル

ガヴリール「あー」

ガヴリール(お腹が減って身動きできない)グッタリ

ヴィーネ「ガヴ! 大丈夫!?」バーン

ガヴリール「ヴィーネ……!」

ヴィーネ「お腹空いてるのよね!? すぐに用意するから!」

ガヴリール(ああ、ヴィーネは私が辛い時にいつも助けてくれる。やっぱり天使のような悪魔だ)

ヴィーネ「さあ私のパンツを食べて!」

ガヴリール「……」

ガヴリール「……なんでパンツなの」

ヴィーネ「私がお金ない時はよくガヴのパンツ食べてるから」

ヴィーネ「ほらはやく」ヌギヌギ

ガヴリール「ははは。姉さん、今そっち帰るわ」チーン


15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:58:04.130 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール「昨日うちの風呂壊れちゃってさー」

ガヴリール「まあべつに風呂入らなくたって死ぬわけじゃないし良いんだけどね」

ヴィーネ「こらこら、お風呂はきちんと入りなさい。身体かゆくなっちゃうわよ」

ラフィエル「そうですよ。女の子たるもの常に清潔で良い香りをさせていなければなりません」

ガヴリール「いいよ洗うのめんどいし」

ヴィーネ「もー…」

ラフィエル「ガヴちゃんったら…」

ヴィーネ「私が洗ってあげるから家に来なさい」
ラフィエル「私のお家で一緒に入りましょうか」

ヴィーネ「ん?」

ラフィエル「は?」

ヴィーネ「ラフィは別にいいでしょ? ガヴのお世話は私がするから」

ラフィエル「ヴィーネさん悪魔でしょう? 天使は天使同士で触れ合った方が健全だと思いますけど」

ヴィーネ「お? 舐めとんか?」

ラフィエル「あぁ? 調子のらないでくださいよ」

ガヴリール「さたーにゃー、今日泊まりに行って良い?」


16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 01:59:01.914 ID:NH7GS/7Op

サターニャ「悪魔のおにぎり? 何よそれ」

ガヴリール「うっま」モグモグ

サターニャ「そんなのより絶対私の作ったおにぎりの方が美味しいんだから!」

サターニャ「少しぐらい食べさせてあげてもいいわよ? ガヴリール」フフーン

ガヴリール「そういやお前、階段で一人飯やってた時もおにぎり食べてたな」

サターニャ「どうでもいい事覚えてんじゃないわよ!!」

ガヴリール「……中身なに?」

サターニャ「こっちが激辛高菜で、こっちが混ぜ込みわかめ」

ガヴリール「で、それが2つずつ?」

サターニャ「え? うん。だって一人分じゃ足りないで……あっ」

ガヴリール「へー、私のために握ってきてくれたんだ」ニヤニヤ

サターニャ「も、もー!! 黙って食べなさいよ!///」


17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 02:00:01.989 ID:NH7GS/7Op

ヴィーネ「悪魔のおにぎり? もうガヴったらまたコンビニでご飯買ってるのね!」

ヴィーネ「ほら、今日は私が握ってあげたから。最高級のお塩を使った自慢の一品よ」

ガヴリール「塩どこ製?」

ヴィーネ「え、月乃瀬家特製の……」

ガヴリール「どこ産?」

ヴィーネ「…………私の家」

ガヴリール「……」

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「やっぱりタプちゃんにあげてくるわね」

ガヴリール「うん」


18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 02:01:05.291 ID:NH7GS/7Op

ヴィーネ「ガヴちょっと協力して!」

ガヴリール「えっ、なになに?」

ヴィーネ「タプちゃんとかくれんぼしてるの! ほらロングスカート渡すから履いて! 早く!!」

ガヴリール「えっ、えっ」

ガヴリール「は、履いたけど?」

ヴィーネ「ありがとうここに隠れさせてもらうわ!」バッ

ガヴリール「ひゃぁぁ!? なんで入ってくるの!?」

ヴィーネ(しっ! 静かにしないとバレちゃう)ナデナデ

ガヴリール「ヴィーネ……太もも撫でないで……!」プルプル

タプリス「月乃瀬せんぱぁ~い! どこですかぁー?」

ヴィーネ(来た!)

タプリス「閃きました! ここですね!!」バッ

ヴィーネ「あああー! バレちゃった!」

タプリス「やったぁ!」ピョンピョン

ヴィーネ「じゃあ今度はタプちゃんが隠れる番ね!」

タプリス「負けませんよー!」



ラフィエル「隠れる方も見つける方も変態ですね」

ガヴリール「…………」

サターニャ「ガヴリール、慰めてあげるわ」


19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 02:02:01.638 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール「悪魔の課題を手伝ってくれ?」

ヴィーネ「お願い! ガヴの宿題も手伝うから」

ガヴリール「別にいいけど私が手伝える事なんてあるの?」

ヴィーネ「むしろガヴにしかできない事なの。これが課題内容ね!」

『課題:色欲』

ガヴリール「ごめんやっぱ無理」

ヴィーネ「いいって言った」

ガヴリール「いやほんと、まじで、これは流石に」

ヴィーネ「ベッドのシーツも変えたし道具も用意したしムードの出る曲も選んだの」

ヴィーネ「さ、始めましょう」

ガヴリール「だれか助けてー!!!!!」


20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 02:03:04.883 ID:NH7GS/7Op

ヴィーネ「トリックオアトリート!」

ヴィーネ「犯してくれなきゃイタズラしちゃうぞ♪」ウキウキ

ガヴリール 「お菓子だろ!? 絶対やらないよ!!」

ヴィーネ「じゃあイタズラコースね。私の悪魔的イタズラを舐めてるとやらしい目に合うわよ」グイグイ

ガヴリール 「こ、こら服を脱がそうとするな!! どうせ舐めようが舐めまいが私にやらしい事するつもりのくせに!」

ヴィーネ「あ、そうだ! せっかくだし記念にガヴに舐めてもらう方向でお願いするわ」ヌギ

ガヴリール 「いやお前が脱ぐのかよ!」

タプリス(全裸)「天真先輩! 犯しください!!」バ-ン

ガヴリール 「タプリスその格好でウチまで来たの!?」

ヴィーネ(全裸)「あらタプちゃん。準備万端ね」

タプリス(全裸)「月乃瀬先輩……やはり既にここへ来ていましたか!」

ヴィーネ(全裸)「ガヴにイタズラするのは私だけよ。どうしてもと言うなら私を倒しなさい」

タプリス(全裸)「強敵ですが、いいでしょう。全力を尽くします」

ヴィーネ(全裸)「はああああああああああ!!」

タプリス(全裸)「でやあああああああああ!!」



変態と変態の戦いが、いま始まる……!

ガヴリール「お前らどっちも風邪ひけ」


21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 02:04:24.818 ID:NH7GS/7Op

ヴィーネ「ガム食べる?」

ガヴリール「さんきゅ」

ヴィーネ「ラフィもどうぞ」

ラフィエル「ありがとうございます」ニコニコ

ヴィーネ「そう言えば最後って出しちゃう? そのまま飲んじゃう?」

ラフィエル「んー、出しますね」

ガヴリール「私は飲むわー。捨てるの面倒臭いし」

ヴィーネ「私も飲んじゃうなー」

ガヴリール「へー、意外だな」クチャクチャ

サターニャ「なになに? なんのはなしー?」

ヴィーネ「パンツの話よ」

ガヴリール「パンツの話だったのこれ!?」

ラフィエル「ヴィーネさんこの前うっかり喉に詰まらせてましたし、出してしまった方が良いですよ」

ヴィーネ「でもガヴのパンツが私の身体の元になると思うと幸せな気持ちになるのよね」

ヴィーネ「あ、ガヴ? そのガム食べ終わったらちょうだい」

ガヴリール「絶対やだ」ゴックン


22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 02:07:29.781 ID:NH7GS/7Op

ヴィーネ「ガヴの下着……! ガヴの香り……! ガヴのおうちはまさに天国ね」ハァハァ

ヴィーネ「ガヴガヴガヴガヴ」

ガヴリール 「……あのさぁヴィーネ」

ヴィーネ「なに?」クンクン

ガヴリール 「私の下着とか歯ブラシとかいっつも盗んでるけどさ、私の事好き……なんだよね?」

ヴィーネ「当たり前でしょ。ガヴのためにこの一生を捧げているといっても過言ではないわ」

ガヴリール 「じゃあさ」

ガヴリール 「もうちょっと私をみてよ」ギュッ

ヴィーネ「っ!?」

ガヴリール 「私は、下着とかに夢中になられるより、たまには私自身を構って欲しいと思ってるんだけどな……」

ヴィーネ「ひょっ…」

ガヴリール 「ヴィーネ?」

ヴィーネ「ひょええええええええええ///」ダダダダ

ガヴリール 「あっ、こらおい! 逃げるな!!」


23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 02:10:00.104 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール「くっそ、あいつどこに行ったんだ」

ガヴリール「いつもは見境なく襲ってくるくせにこっちから近付いたら逃げ出すなんて」

ガヴリール「探しても全然見つからないしウチ帰ってきちゃったけど大丈夫かな……」ガチャ

ガヴリール「……」

布団『……』こんもり

ガヴリール「おいこら!!」バサァ

ヴィーネ「ひゃああああ!?」

ガヴリール「いつここに戻ってきたんだよ!?」

ヴィーネ「いっ……1時間ぐらい前……」

ガヴリール(私が探しに行ってちょっと経ったぐらいじゃん)ガ-ン

ヴィーネ「私……ガヴの事大好きだけどどうしようもなく変態だし、気持ち悪いし、迷惑ばっかりかけちゃって……」

ガヴリール「自覚あったんだ」


24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 02:12:15.452 ID:NH7GS/7Op

ヴィーネ「ガヴが私の近くに来てくれると嬉しくなっちゃうから、自分じゃ全然止められないの」

ヴィーネ「だから…だからこれ以上変なことして、ガヴに嫌われるのが怖くて……思わず、逃げちゃった……」

ヴィーネ「……ぐすっ……ごめん」

ガヴリール「……」

ヴィーネ「……」グスグス

ガヴリール「嫌わないよ。こんな目にあったって友達やめてないでしょ」

ヴィーネ「え……」


25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 02:14:03.174 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール「別に、これまでの事も、まあイヤっちゃイヤだけど、本当に嫌な一線は超えてこないし、そこまでじゃないっていうか……」

ガヴリール「なんだかんだ私の事いつも気にかけてくれるし、根はすごく優しいし、素直だし」

ガヴリール「一緒にいて……まあ少なくとも退屈しないしさ?」

ガヴリール「私はヴィーネのこと、好きだよ」

ヴィーネ「が、がゔぅ……」ウル




ヴィーネ「……もしかしてドMなの?」

ガヴリール「ちがう!!!!」


26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/17(月) 02:15:40.348 ID:NH7GS/7Op

ガヴリール「はぁ、学校だる……やっと昼だよ」

ガヴリール「あー……お腹すいた」

ヴィーネ「ねぇねぇガヴ、私の血を吸っても良いわよ!」

ガヴリール「は? 吸血鬼でもないし吸わないよ。なんなの急に」

ヴィーネ「昨日本で読んだの。一回吸ってみれば案外ハマるかもしれないでしょ?」

ガヴリール「ハマったとして私は誰の血を吸い続けるんだよ」

ヴィーネ「私」

ガヴリール「……」

ヴィーネ「首でも良いけどおすすめは唇ね」

ガヴリール「いや、あの……」

ヴィーネ「ほらほら早くっ」ニコニコ

ガヴリール「お前単にちゅーしたいだけだろ!」

ヴィーネ「あっ、ごめん少しかがんだ方がいい?」

ガヴリール「そういう事じゃなくて……!」

ヴィーネ「……///」

ガヴリール「恥ずかしげに目を閉じるなぁ!!」


おわり





『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿