TOP > アイドルマスター > 響「千早の腹筋?」

響「千早の腹筋?」

1: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:03:09.06 ID:wREsLGjY0

響「そういえばさ、千早の腹筋って羨ましいよなぁ……」

千早「え? い、いきなりどうしたの我那覇さん?」

響「いや、千早の腹筋はよく引き締まっててダンスやってる自分としては羨ましいなぁ……って」

千早「うーん、そうかしら?」


2: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:03:48.41 ID:wREsLGjY0

響「ねぇ千早、良かったらその……腹筋をさ、触って見てもいい?」

千早「え、えぇ、別にかまわないけれど」

響「それじゃ、し、失礼するぞ……」サワッ

千早「んっ……くっ、ふふっ……」


3: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:05:31.36 ID:wREsLGjY0

響「うん、やっぱりとても引き締まってる……ぞ?」スリスリ

千早「んふふっ……くふふ……」

響「どうしたんだ千早?」

千早「ご、ごめんなさいちょっとくすぐったくて……」


4: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:06:42.65 ID:wREsLGjY0

響「もしかして千早って、くすぐりに弱いのか?」

千早「え、えぇ、そうみたい……って、ひゃぁ!?な、何をするの我那覇さん!?」

響「いやぁ、お腹が弱いって聞いてくすぐらないわけにはいかないぞ!」サワサワ

千早「やめ、ふふっ……やめて我那覇さん!」


5: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:08:04.72 ID:wREsLGjY0

響「やめてと言われても簡単には辞められないさー、最近千早とは余り話せていないし自分としては、千早のもっと色んな顔が見てみたいぞ」サワサワ

千早「ふふっ、言って、ることは、まともだけど……行動が、言葉に、くぅ……反してるわ!」

響「まぁまぁ、気にしないさー」サワサワ

千早「いいから、くすぐるのを……ひゃっ! もうっ、我那覇さ……んっ!」


6: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:09:04.84 ID:wREsLGjY0

響「笑うのを我慢しなくていいさー!この際、思いっきり笑ちゃえ!」

千早「だから、もう! そこまでするならこっちから!」

響「うわぁ!?ち、千早!?」

千早「もうっ、それっ!」コチョコチョ


7: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:10:38.36 ID:wREsLGjY0

響「うわわわっ!?やめっ、自分、く、くすぐりには弱いんだぞ!?」

千早「ふふっ、さっきのお返しよ!」フー

響「うわわ!? 耳に息を吹きかけないでぇ!?」

千早「あら、我那覇さんは耳が弱いのかしら?」


8: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:11:48.71 ID:wREsLGjY0

響「よ、弱いだなんて……そ、そんなわけないぞ! なんて言ったって自分、完璧だからな!」

千早「でも、さっきくすぐりには弱いって言っていたわよね?」

響「あっ……う、うぎゃー! つい、口が滑って話してたぞっ!」

千早「それじゃ、もう少し……」ツー


9: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:12:52.75 ID:wREsLGjY0

響「く、くびすじはひゃめぇ~!」

千早「あら?我那覇さんはくすぐりに弱いところが多いのね、こことかもそうかしら?」サワサワ

響「う、うふふっ、やめっ、太腿もよわいからぁ!」

千早「ふふっ、我那覇さんかわいい」ボソッ


10: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:13:57.74 ID:wREsLGjY0

響「ッ!?」ゾクゾクッ

千早「このまま、我那覇さんをくすぐり倒しちゃおうかしら?」

響「な、なんだってぇ!?」

千早「だって、我那覇さんが悪いのよ? 腹筋を触るだけの約束なのに、くすぐったりするから……」


11: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:15:03.66 ID:wREsLGjY0

響「そ、それは謝るさー! だ、だからやめ……っ!?」

千早「……ふふっ、冗談が過ぎたわ、ごめんなさい我那覇さん」

響「はぁ……はぁ……本当に冗談がキツいぞ……確かにくすぐった自分が悪かったけど」

千早「ごめんなさい……つい、ちょっと、イジワルしたくなっちゃって……」


12: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:15:48.64 ID:wREsLGjY0

響「別に怒ってないぞ。でも、千早の色んな顔が見れてよかったさー、ちょっとイタズラな一面も見れたし。くすぐったがり屋な可愛い一面も見れたし」

千早「あ、あまりからかわないで……さっきの私がやりすぎちゃったことは反省してるから……」

響「いじわるな千早に、自分も少し仕返しがしたかっただけさー」

千早「もう、我那覇さんたら……」


13: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:17:02.55 ID:wREsLGjY0

響「まあまあ、そんな怒らないでほしいぞ。実際こうやって千早のことを知りたかったのは本当のことなんだから」

千早「……そうね、私も我那覇さんのことを今まで深くは知らなかったし、今回のことで我那覇さんのことをよく分かったわ。イタズラ好きなところとか、可愛いところとか」

響「むっ、千早ぁ~さっきの仕返しかぁ!」

千早「ふふっ、ごめんなさい我那覇さん」


14: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:17:55.53 ID:wREsLGjY0

響「……自分は心が広いから、許してあげる! 」

千早「そう、ありがとう我那覇さん」ナデナデ

響「う、うがぁー! 頭を撫でて子供扱いしないで!」

千早「ふふっ、本当に我那覇さん可愛いわね……」


15: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:19:20.39 ID:wREsLGjY0

響「ま、まぁ、自分完璧だからな!当たり前だぞ!」

千早「ちょっと、抜けてるところがあるけれど、ね?」

響「今日の千早は本当にいじわるだぞ……」

オーイ チハヤ ヒビキ-!


16: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:20:45.97 ID:wREsLGjY0

千早「ふふっ、ごめんなさい。プロデューサーが呼んでいるし、我那覇さん行きましょう?」

響「そうだね、ちょっと待っててー! プロデューサー!」


おわり


18: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:22:36.71 ID:wREsLGjY0

初めて書かせていただきましたが
ここまで読んでいただきありがとうございました!





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿