TOP > とある魔術の禁書目録 > 美琴「クリスマスなんざクソ喰らえじゃァァァァッッ」黒子「…(察し)」

美琴「クリスマスなんざクソ喰らえじゃァァァァッッ」黒子「…(察し)」

1: ◆3rfPz4lVbmKs 2018/12/25(火) 06:57:07.92 ID:tSEzZ7wl0

・何でも許せる人向け。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 06:59:13.32 ID:tSEzZ7wl0

~常盤台女子寮、美琴と黒子の部屋~


美琴(E:ミニスカサンタ)「ヒック、ひぐっ…ばーろーちくしょー!!」グスン

黒子「…」

美琴「あのバカ!!ぬぅあにが『ゴメン今日は野郎だけで”彼女居なくてメニークルシミマス会”するから』よ!!!」ガン!

美琴「だったら断んなよぉおお!!可愛い女の子の私が誘ってんだろぉおお!!!クルシミマス会を断れよぉおお!!私を誘えよぉおお!!!一気に性夜な聖夜のハッピーホワイトメリークリスマスにしてやるわよ!!!一生忘れられない一夜をプレゼントしてやるっつーの!!!!」

黒子「…」

美琴「なんなら来年にはアンタをパパにしてやってたっての!」

黒子「!?」

美琴「バッカじゃねーの!!バッカじゃねーの!!」

黒子「お姉様今ちょっととんでもない失言が」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:04:18.33 ID:tSEzZ7wl0

美琴「ハァ~…ぐだぐだして結局何もしないとかマジで最悪じゃない…」グダ

美琴「もう聖ニコラウスとか死ね…本来のキリスト教のイベントからかわりやがって…日本仕様の商業クリスマス商戦文化とかマジ滅びろ喪女とかぼっちクリスマスとかの言葉作ったクソ野郎は私の最大電圧食らっておっちね」グス

美琴「学園都市だけ某国みたいにクリスマス禁止令とかすればいいのよ!!」

美琴「…ハァ~…こんな事なら佐天さんとか婚后さんとか初春さん誘ってクリパでもやれば良かった…」

美琴「もう最悪食蜂とヤケケーキ食いパーリィとか」グスン

美琴「あのバカに断られた一昨日からショック過ぎて殆ど寝てたしなぁ…ハァ~…もう夜遅いし…」グスン

黒子「あ、あのお姉様」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:05:34.94 ID:tSEzZ7wl0

美琴「…あによ」ギヌロ

黒子「お、お姉様…?あの、よろしかったらミニスカサンタな黒子がおりますわ?」オズオズ

美琴「うっさいわね!黒子サンタはお呼びじゃないのよ!!」ビリビリ

黒子(E:ミニスカサンタ)「えっと…ほら、私が寮監に内緒でこっそり用意しましたちっちゃいクリスマスケーキとチキンとノンアルの子供シャンパンとかありますし、」

黒子「私もお姉様に喜んで頂きたくて部屋もキャンドルやらリースで大人なムードのクリスマス仕様にしたりとか!」

黒子「その…実はクリスマスプレゼントも用意してありますの!」

美琴「え?それはひょっとしてまさかアイツをサプライズゲストとしてその袋に入れてるとか!?」ガバッ

黒子「い、いえ…この袋の中身は 美琴「じゃあ要らない。どうせアンタの事だからリボン身体に巻いて『私がプレゼントですの~』でしょ!」プイッ 手編みのマフ…」

黒子「…」

黒子「ば、バレましたの~」てへっ

美琴「全く…」ハァ




黒子「…」エグエグ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:09:07.17 ID:tSEzZ7wl0

美琴「…私さぁ…今日のためにすっごい頑張ったのよ」グス

黒子「そうですわね」

美琴「アイツに『アレ?御坂って思ってたよりだいぶロリ体型なんだなw』とか言われないように器具とかいっぱい買ってダイエットとかバストアップ体操とか毎日やってさ…」グスン

黒子「ええ…軍隊にでも入隊される気なのかと思ってましたの」

美琴「なわけないでしょ」

黒子「風紀委員の訓練でもあそこまでハードではありませんの」

美琴「ランニングマシン使ったり腹筋背筋とかくらい普通でしょ」

黒子「そうですわね。首にでっかいバーベルぶら下げて身体中に重りと拘束器具と圧迫ベルトつけてやってなかったら普通でしたわね」

美琴「それに他のも別にそんな大した事してないわよ…ちょろーっと弓とか合気とかテコンドーとかコマンドサンボとか製造とか取引とか研究と脱獄とかぐらいで」

黒子「後半の不穏なワードについてちょっとお聞きしたいですわね」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:11:30.86 ID:tSEzZ7wl0

美琴「デートプランもAからZまで用意してさ…」グスン

黒子「ああ、この冊子の束…凄いですわね」

美琴「頑張ったの」グスン

黒子「ええ…作戦内容とデートする場所と店の抑え方とかエグいですの」ペラ

黒子「ちなみに…なんですの?この…店の予約やいい夜景場所の確保する時に頼む人達…”屍食部隊”?”アイテム”?いかがわしそうな業者名ですの」

美琴「知り合いよ。安くやってくれるっていうから」

黒子「…仕事1件につき500万は安いんですの?」ペラ

美琴「安いわよ?だってプランによってはやってもらう事が犯ざi」

黒子「」

美琴「…」

黒子「…」

美琴「困った時に専門知識がある知り合いがいると助かるわよね!!」フフッ

黒子「逮捕ですのぉおお!!!」つ手錠














美琴「黒子はいい子だからほっぺにちゅーしてあげたら聞かなかった事にしてくれるわよね…?///」ウルウル

黒子「もう!仕方ありませんわね!」ハァ…

美琴(ちょろい)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:13:15.22 ID:tSEzZ7wl0

黒子「しかしコレ幾らかかるんですの…?作戦の総額でいったら、」

黒子「この…ヘリ飛ばすのとか特注の花火で告白とか」

黒子「第3学区のVIP御用達の高級ホテルのディナー予約してその時間帯の隣のビル借り切って窓の光で絵を作るのを数時間分とか」

美琴「ロマンチックでしょ」

黒子「…お姉様は少女マンガによく出てくる富豪系スパダリですの?」

美琴「フン!別にお金なんてやり方次第で幾らでも稼げるんだからどうでもいいじゃない」グス

黒子「お姉様前にもそんなような事言ってた事ありましたけどそういう発言はくれぐれも私の前でだけにしてくださいね?」

美琴「今はアンタしか居ないんだからいいじゃない」

黒子「はあ…」




美琴「私は…ただアイツと最高のクリスマスを過ごしたかっただけよ…」グスン

黒子「…」ハァ


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:14:25.11 ID:tSEzZ7wl0

黒子「…」パラパラ…

黒子「…」ペラ

黒子「…どのプランも最後に必ず『2人はベッドで激しく幸せキスをして終了』の一文が入ってるんですのね」

美琴「譲れないのよ」

黒子「…」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:15:24.91 ID:tSEzZ7wl0

美琴「あーあー…本当は朝からアイツと待ち合わせしてさ…」

黒子「…」

美琴「ゲーセン行ったりさ、散歩したりさ…」

黒子「…」

美琴「アイツ普段美味しいのとか食べてないみたいだから5000円くらいだけどオススメのランチとか一緒に食べたりさ」

美琴「で、服とか買いに行くの。いつかアイツがまた何かに巻き込まれて外国に行く時とかで着るヤツとかさ、」

美琴「おそろいのとか、ペアリングとか私がアイツが選んだ服着たりとかさ…」

黒子「…」

美琴「映画とか観に行ってさ…」

美琴「このミニスカサンタ服だってさ、ヤケクソで着たけど…ホントはディナーの後のホテルのスイートでアイツに見せようと思って…」

美琴「それで、それで…」ジワ…

黒子「…」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:15:57.51 ID:tSEzZ7wl0

美琴「ああああ!!どんだけ準備してきたと思ってんのよーッ!!!」

美琴「ホントマジ最悪のクリスマスよッ!!」

美琴「あンのバカァァァァァァァ!!」














黒子「お姉様もあの類人猿と同じでしょう」






美琴「へ…?」

黒子「…」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:19:06.54 ID:tSEzZ7wl0

美琴「何がよ」

黒子「…」ジワ…

美琴「…」

黒子「…」プルプル

黒子「私にとってはお姉様だって同じですの」グス

美琴「だから、何がよ…」

黒子「お気づきになりませんの?」

美琴「…?」

黒子「…ああ、一昨日あの類人猿に断られてからほとんど死んだようになってらっしゃってたのですから無理もないですわね」

黒子「お姉様を元気づけたくて…私もお姉様と楽しみたくて。黒子も色々準備しましたのよ?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:20:23.12 ID:tSEzZ7wl0

黒子「あの壁のハート型の紙チェーン…サプライズにするために空き教室で作ったりとか!」


黒子『少しでも飾り付けとかあったらいいですわよね』セッセッ


美琴「…あ…」

黒子「燭台とか…キャンドルとか…お姉様の好きな色や香りに拘りたくて何軒もお店回って!」


黒子『ぐぬぅ、中々良いものがありませんの…ええい!次ですの!』


黒子「リースとか…お姉様がゲコ太お好きですからそれがあしらわれたモノを探して!!」


黒子『くぅっ!レア物とは…!何故あのカエルのグッズは大抵何かの景品だったり限定品が多かったりしますの!?』


黒子「個人的なパーティになりますから、常盤台のクリスマス仕様の食事の後ですから少しの大きさのモノをケーキ屋や肉屋に注文して!!」


黒子『小さくお願い致しますの!ええ、食事の後ですから…』



黒子「シャンパンだって…」グス…

美琴「黒子…」

黒子「本当は…クリスマスプレゼントもご用意しておりましたの…」

黒子「手編みですけど…ゲコ太のアクセントをつけたマフラー…」

美琴「…あ…」





黒子『い、いえ…この袋の中身は 美琴『じゃあ要らない。どうせアンタの事だからリボン身体に巻いて『私がプレゼントですの~』でしょ!』プイッ 手編みのマフ…』


美琴「ゴメン…」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:21:00.87 ID:tSEzZ7wl0

黒子「確かに私はお姉様程の努力はしておりませんの。確かにお姉様ほどお金なんてかけてませんの」

黒子「でも!!黒子も頑張ったんですのよ!?」

黒子「ええ、ええ!私が勝手にやった事ですし!良かれと思って少しでも慰めになればと思ってやっただけですの!」

黒子「…でも…少しくらい」スカート裾ギュ…

黒子「…」プルプル

美琴「…」

美琴「…」スッ…



美琴「…」ギュ

黒子「お姉様…?」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:23:04.21 ID:tSEzZ7wl0

美琴「ごめんね、黒子」ギュ

美琴「あんたも私のために色々準備してくれたのに…私、自分の事で頭いっぱいになっちゃってた」

黒子「ほねぇさば…」ズビッ




美琴「ねぇ良かったらさ、あんたと私のクリスマスパーティー、やり直させて貰ってもいい?」

黒子「…っ!…っ!」コクンコクン!

美琴「あ、あとさ…//」モジ

黒子「?」

美琴「さっきは要らないなんて言っちゃったけど…あんたからのクリスマスプレゼント、やっぱり貰ってもいい?//」モジモジ

黒子「勿論ですのぉお!!」ズビー


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:23:53.98 ID:tSEzZ7wl0

・・・




オサレデザインゲコ太マークマフラー

美琴「わぁ…!」パアッ!

黒子「お気に召しまして?」ニコッ

美琴「うん!え、何コレ凄っ!ホントに手作り?」

黒子「愛が有れば例え初心者でも死ぬ気で学び造りあげる事ができますのよ?」フフン

美琴「…!」まふっ。

美琴「ふふっ!あったかい…」ホッコリ

美琴「ありがと、黒子」ナデナデ

黒子「!」

黒子「はにゃーん…///至福ですの…///頑張った甲斐がありましたの…///」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:25:40.15 ID:tSEzZ7wl0

美琴「ん?」ゴソ

美琴「アレ?もうマフラー1つあんの?」

黒子「あっ、えっと、それは…ですね、」

美琴「?なんかコレ随分長いわねー」

黒子「…2人で巻ける仕様ですの」

美琴「…」ジッ

黒子「…はい。白状しますの。もしよろしかったらお姉様と私でと思って」

黒子「教室行く時とかに巻いて…」

黒子「ですけど…それについてはやっぱり辞退しますの」フルフル

黒子「あの類人猿と仲が首尾よく行った時にでも一緒に巻いてくださいまし」ニコッ


ふわっ。


黒子「!」





美琴「///」
黒子「!?///」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:26:39.09 ID:tSEzZ7wl0

美琴「別に…///あんたでいいわよ。このマフラーを一緒に巻くのは」

黒子「!!!?!?!///////」

美琴「言っとくけど罪悪感とか罪滅ぼしとかでじゃないから」

美琴「私があんたと巻くのは…その、気持ちが嬉しかったし」テレ

黒子「~~っっ////」

美琴「…あんたと私は…こういう事するくらいは、仲がいいとも…思うし…///」テレ

黒子「お姉様ァァァアアアッッ!!!/////」ダキッ

美琴「もう!あんまくっつくな!///」

黒子「…」

黒子「あ!あの!お姉様は明日お暇ですの?」

美琴「え?…まあね」

黒子「その、よろしかったら///」モジ

美琴「…何よ//」

黒子「コレ付けて遊びに行ったりしませんこと?///」モジモジモジモジ


美琴「///」

美琴「まぁ、どうせ暇だし//」プイッ

黒子「っ!!!」パアッ…!



\イヤッホォオオオオオオウ!!!!!ウルサッ!?/


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/25(火) 07:28:08.84 ID:tSEzZ7wl0

黒子「あっ、そういえば一つ言い忘れてましたの」

美琴「何よ?」







黒子「MerryX'mas!ですの!お姉様っ!」ニコッ!

美琴「うん。MerryX'mas、黒子。」ニコッ!


19: ◆3rfPz4lVbmKs 2018/12/25(火) 07:29:49.40 ID:tSEzZ7wl0

おしまい。

みこくろのようなもの、初めて書いたな…依頼吐いてきますぼろろろろ





『とある魔術の禁書目録』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

617. 2018年12月27日(木) 19:29 ▼このコメントに返信
いいやん
『ほねぇさば』で笑った
コメントの投稿