TOP > シャイニーカラーズ > 【シャニマス】怪獣なーちゃん

【シャニマス】怪獣なーちゃん

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:11:39.41 ID:Qe96wmYH0

果穂「てやーっ!」

樹里「ぐわああああ! やられたああああ!」バタン

果穂「正義は必ず勝つ!」ビシッ

パチパチパチ

智代子「果穂カッコいい!」

果穂「えへへ……」

智代子「それに樹里ちゃんも、敵役が日に日に上達してるよね」

樹里「褒めてるのかそれ」スッ

智代子「もちろんだよ! すごく悪そうで、ヒーローの果穂が引き立ってたよ!」

果穂「すごくワルモノでした!」

樹里「イマイチ褒められてる気がしねーな……」

スタスタ

夏葉「アナタたち、ここにいたのね」

凛世「そろそろ、レッスンの時間です……」

智代子「あっ、ホントだ!」

果穂「樹里ちゃん、またあとでヒーローごっこやりましょう!」

樹里「ヘトヘトになってなけりゃな」

智代子「そういえば、今日のトレーナーさんって厳しい人なんだっけ? 不安だなぁ」

夏葉「やり遂げれば大きなパワーアップが待っているわ。頑張りましょう」

果穂「大きなパワーアップ……!」キラキラ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:13:21.11 ID:Qe96wmYH0

果穂「みなさん、早くレッスン場に行きましょう!」スタタタッ

樹里「おい果穂、急に走ると転ぶぞ」

夏葉「なるほど、ちょうどいいウォーミングアップになるわね。私も続くわ!」スタタタッ

凛世「これぞ青春、ですね……参ります……」スタタタッ

樹里「へ?」

智代子「樹里ちゃん、私たちも行こう!」スタタタッ

樹里「はあ!? ちょっ、待てって! なんで走る流れになってんだよ!」

智代子「樹里ちゃん置いてっちゃうよ!」

樹里「だからっ……あーもう! 仕方ねーな!」

スタタタ…

甘奈「ふふ♪ 放クラの人たちって、いつも元気いっぱいだね」

甜花「うん……」

甘奈「アグレッシブって言うのかな。見てると、甘奈まで『やるぞ!』って気になるよ」

甜花「て、甜花は……そうでもないけど……」

甜花「……それより、懐かしい……」

甘奈「え?」

甜花「果穂ちゃんたち見てて……昔の記憶、思い出した……」

甜花「甜花と、なーちゃんも……ああいうのやってたな、って……」

甘奈「追いかけっこ?」

甜花「ううん、ごっこ遊び……」

甘奈「そうだったっけ」

甜花「よ、幼稚園の時だから……思い出せないのも、仕方ないかも……」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:15:24.76 ID:Qe96wmYH0

甜花「ママ、パパと、デパートへお買いものに行ったとき……ヒーローショーやってて……」

甜花「それに出てきた、怪獣のマネして……」

甘奈「あー! 思い出した! 屋上でやってたよね!」

甘奈「通りすぎただけなんだけど、興味が出てきちゃって。見えなくなるまでじーっと見てたね」

甜花「うん……」

甘奈「で、帰ったら怪獣ごっこが始まったんだよ。『がおー!』ってさ」

甜花「甜花、それで喜んでた……」フフ

甘奈「そうそう! 甜花ちゃんがあまりにも楽しそうにするから、甘奈も嬉しくなっちゃったんだ☆」

甘奈「ノリノリで怪獣やってたら、パパも参加してきて」

甜花「にへへ……パパ、強かった……」

甘奈「簡単に捕まえられちゃったよねー」クスクス

甘奈「そっか。そういえば、そんなことあったなぁ」

ピロリン♪

甜花「あ……千雪さんから連絡……。『あとちょっとで事務所に着きます』だって……」

甜花「よかった……新しくできたカフェ、3人で行けそうだね……なーちゃん……」

甘奈「……」

甜花「なーちゃん……?」

甘奈「……」


甘奈「がおーっ!」

甜花「!?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:17:52.31 ID:Qe96wmYH0

甘奈「怪獣の登場だよー! がおー!」

甜花「な、なーちゃん……怪獣って……」

甘奈「食べちゃうぞー」ギュー

甜花「ひゃっ」

甘奈「がぶがぶ、美味しいなぁー」コチョコチョ

甜花「ふふっ、えへへっ。や、やめてなーちゃんっ……」ジタバタ

甘奈「今の甘奈はなーちゃんじゃないよー、怪獣なーちゃんだよー☆ がおー」コチョコチョ

甜花「く、くすぐったい……!」スッ

甘奈「あっ、逃げた! 待てー♪」

甜花「怪獣なーちゃん、おそろしい……にへへ……♪」

甘奈「待て待てー、逃がさないよー」

甜花「きゃー……甜花、食べられちゃう……」

甘奈「そっちは行き止まりだよー、いいのかなー?」

甜花「しまった……!」

甘奈「つーかまーえたっ☆」ギュッ

甜花「捕まっちゃった……」ニコニコ

甘奈「甜花ちゃん美味しいから、どんどん食べちゃうなー」コチョコチョ

甜花「ふふふっ……こ、こうなったら……甜花、変身する……!」

甜花「正義のみかた……テンカロボ……!」シャキーン

甘奈「わー、可愛いロボットが現れた」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:19:51.01 ID:Qe96wmYH0

甜花「テンカロボは、強いよ……必殺・ハイパーこちょこちょ……!」コチョコチョ

甘奈「あはははっ! そ、そこだめ!」ジタバタ

甘奈「怪獣なーちゃんもやり返しちゃうぞー!」コチョコチョ

甜花「ふふふっ……ま、負けないよ……!」ツンツン

甘奈「きゃっ!? もう、お腹をつつくのは反則だよー」アハハ

甜花「怪獣を倒すには、弱点を突かなきゃ……」ニヘヘ

甜花「あっ」

甘奈「強いなぁ。よーし、こうなったら怪獣なーちゃんも必殺技を出しちゃお」

甘奈「必殺・お腹ぷにぷに!」プニプニ

甜花「ひゃっ! ま、待ってなーちゃん……」

甘奈「やめないよ☆ むむ、ちょっとしか摘まめない。甜花ちゃんお腹引き締まったねー」プニプニ

甜花「あぅ……な、なーちゃん、ストップ……!」

甘奈「がおー! テンカロボは、怪獣なーちゃんの攻撃に成す術なしかな?」

甘奈「なんとかしないと負けちゃうよー! がおがおー!」

甜花「あ……あのね、なーちゃん……後ろ……」

甘奈「後ろ?」


P「……」

甘奈「!!」


甘奈(ぷぷ、プロデューサーさん! う、ウソ……今の見られてた!?)カァァ

甘奈「ああ、あのねプロデューサーさん! こここれは、えっと!」アタフタ

P「甘奈、来週の仕事について話があるんだけどいいか?」

甘奈「えっ?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:21:39.02 ID:Qe96wmYH0

P「ほら、例のファッション雑誌に載る写真を撮影するんだよ。表紙を飾れるってウキウキしてたじゃないか」

甘奈「う、うん……覚えてるけど……」

P「それについて話したいことがあるんだ。時間いいかな」

甘奈「大丈夫だよ」

P「レッスンも仕事も無い日なのに悪いな。デスクで話すから来てくれ」

甘奈「うん」

甜花「……」

甘奈「……行ってくるね」

甜花「甜花、ここで待ってる……千雪さんが来たら、お仕事のお話してるって、言っておくね……」

甘奈「ありがとう」

――――

P「――ということなんだ。頭に入れておいてほしい」

甘奈「わかった」

甘奈(プロデューサーさん、何事も無かったかのようにいつも通りの接し方をしてくれてる)

甘奈(気を遣ってくれたのかな。甘奈としては、反応してくれた方が気が楽になったかも)

甘奈(まさかあんな姿を見られるなんて、恥ずかしすぎるよ……)プシュー

P「どうした甘奈、顔が赤いけど風邪か?」

甘奈「ううん、何でもない」

P「ならいいんだけど。最近流行ってるらしいし、体には充分気をつけてな」

甘奈「うん……」

甘奈(うー、やっぱり見て見ぬ振りされるのはイヤ! プロデューサーさんの頭に怪獣ごっこが焼きついてると思うと耐えられない!)

甘奈(忘れてもらおう、何としても!)グッ


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:24:03.44 ID:Qe96wmYH0

甘奈「あ、あのさ、プロデューサーさん」

P「なんだ怪獣なーちゃん」

甘奈「!?」

P「テンカロボが待ってるぞ。確か千雪と3人でスイーツを食べに行くんだよな?」

甘奈「……」カァァ

P「怪獣なーちゃんは何を食べるんだろうなぁ」

甘奈「……っ」プルプル

甘奈「ぷ……プロデューサーさん……?」ジトー

P「あ……ご、ごめん甘奈。意地が悪すぎたな」ハハ…

P「見なかったことにしようとしたんだけど、可愛いことをしてたものだから、ついからかいたくなって……」

甘奈「ひどい! 女の子の秘密を覗き見した上にからかうなんて!」プンスカ

P「覗き見たわけじゃないって! 甘奈を呼ぼうとしたら、偶然目に入ったんだ」

P「本当にごめん」ペコリ

甘奈「ゆ、許さないもん! 甘奈を怒らせたプロデューサーさんには罰を与えないと!」

P「罰……?」

甘奈「がおーーーっ!」

P「!?」

甘奈「怪獣なーちゃん再び! プロデューサーさんをこらしめてやる!」カァァ

P(開き直った!?)

甘奈「がぶがぶ! がぶがぶがぶ!」コチョコチョ

P「あ、甘奈! やめっ、あはははっ!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:27:06.12 ID:Qe96wmYH0

甘奈「すっごく笑うねー。くすぐりが弱いの?」

P「だ、ダメなんだ俺! 横腹でも脇でも、ふふっ、くすぐられると苦し、あはははっ!」

P「ひぃ、ひぃ、甘奈悪かった! この通りだ許してくれ!」

甘奈「楽しいからもうちょっと続けよ♪」コチョコチョ

P「やめてくれ頼む! 笑い死ぬ!」

――――

アハハハハ!

甜花「!」ピクッ

甜花(これって……)

ガチャ

千雪「ただいまー」

甜花「あ、おかえりなさい……」

千雪「少し遅くなっちゃった。ごめんね」

甜花「ううん……お仕事だから、仕方ない……」

ヒーヒヒヒヒ!

千雪「あら? 何かしら」

甜花「笑い声……」

千雪「プロデューサーさんみたいね。どうしたのかしら」

甜花(……もしかして、なーちゃん……)

千雪「見てくるわ、ここで待ってて」

甜花「え……!? あ……ま、待って千雪さん……今は……!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:28:14.84 ID:Qe96wmYH0

アハハハ!

千雪(プロデューサーさんのデスクから聞こえる。一体何が)

千雪「プロデューサーさん?」ヒョコッ

P「い、いい加減にしてくれ甘奈、もう……!」

甘奈「だーめ♪ 怪獣なーちゃんが満足するまでやるよ♪」

甘奈「がおー! がぶがぶ、美味しいなー」コチョコチョ

P「ちょっ、本当に……息ができなく……」

千雪「……」ジー

P「はっ!? 千雪!!」

甘奈「え!? ち、千雪さん……」

千雪「な……何をしてたんですか?」

P「えっと、これは……」

甘奈「うう……」カァァ

P「……」

P「じ、実は俺……くすぐられるのが大好きなんだ!」

千雪「え……」

P「ただくすぐられるだけじゃなくて、怪獣のマネをしながらくすぐられるのがすごくいい! だから甘奈に『やってくれ』とお願いを」

千雪「そ、そう……なんですか……」

P(引かれてる。無理もない)

甘奈「プロデューサーさん! そんなウソつかなくていいよ!」

甘奈「千雪さん、本当はね?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:29:19.13 ID:Qe96wmYH0

――――

千雪「なるほど」

甘奈「調子に乗り過ぎちゃったね、反省」

P「元はと言えば俺が甘奈をからかったのがいけないんだよ。何も反省しなくていい」

千雪「ふふっ……でも、2人ともすごく楽しそうでしたね」クスクス

P「へ?」

甘奈(否定できない……)

P「いやいや、あれはくすぐられてたから笑いが生まれたんだよ。楽しいとは別だ」

千雪「そうですか? なんとなく嬉しそうに見えたんですけど」

P「気のせいだって」

千雪「そういうことにしておきます」フフ

P「何故信じてくれないんだ……」

千雪「あっ、そうだ。甘奈ちゃん、駅前のお店に行く準備はできた?」

甘奈「できたよ。あとは出発するだけ」

千雪「よかった。じゃあ今から向かいましょうか」

千雪「プロデューサーさん。私たちはこれから限定スイーツを食べに行ってきます」

P「ああ、行ってらっしゃい」

甘奈「……プロデューサーさん」

P「?」

甘奈「あと千雪さんも。甘奈がやってたこと、誰にも言わないでね?」

甘奈「っていうか忘れてほしい! お願い!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:30:47.69 ID:Qe96wmYH0

P「もちろん」ニコッ

千雪「言うとおりにしますよ」ニコッ

甘奈「なんか裏がありそうな笑顔だよね? 絶対だよ?」

P「少なくともこの事は誰にも言わないから」

甘奈「忘れるかどうかは分からないんだ」

千雪「ふふ、だってあんなに可愛い怪獣さん、忘れちゃうのはもったいないもの」

甘奈「うぅ……まあ、心の中にしまっておくなら……」

P「しまっておくよ。約束だ」

千雪「それじゃ、今度こそ行ってきます」

P「行ってらっしゃい」ヒラヒラ

甘奈「うー……」


P「……」

P(子供向けの番組で……いや、今約束したしな……)

P(もったいない。もったいないな、これは)


おわり


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:33:15.40 ID:Qe96wmYH0

おまけ


千雪「……」キョロキョロ

千雪(誰もいない……よし)


千雪「が、がおー! 食べちゃうぞー!」


千雪「……」カァァ

千雪(甘奈ちゃんなら可愛いけど、私の年齢だとちょっと……でもプロデューサーさん喜んでたし……)

千雪(機会をうかがって、チャレンジしてみる……?)

千雪「がおー! がぶがぶ、美味しいですよー!」

千雪「や、やっぱり恥ずかしい……!」カァァ

千雪(あら? どこからか視線を感じ…)

P「……」

千雪「ぷ、プロデューサーさん!?」

千雪「あ……ち、違うんです! 今のは違います!」ブンブン

P「分かってるよ千雪、分かってるから」ススス…

千雪「どうして後ずさりを!?」

P「見なかったことにする。安心してくれ」

千雪「……だ、ダメです……」

P「え?」

千雪「がおーっ! きっちり忘れていただくまで、くすぐりの刑ですよ!」スタタタッ

P(怪獣になって襲いかかってきた!?)

P「千雪、忘れるよ! 絶対に忘れると約束する! だから待って、あはっ、やめっ、あはははは!」

千雪(私、勢いに任せてなんてことを……)カァァ

千雪(でも、楽しい……♪)


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:36:34.44 ID:Qe96wmYH0

千雪「がおー♪」

P「くっ!」ガシッ

千雪「あっ」

P「はぁ……はぁ……」

P(甘奈の時もこうして手を掴めばよかった。くすぐったくて思考が……)

P「千雪、悪かった。今のは絶対に忘れるよ」

千雪「はい……」ドキドキ

P「あ……す、すまん! 止めるためとはいえ、手を強めに」ササッ

P「痛くなかったか?」

千雪「だ、大丈夫です……」ドキドキ

P「よかった」


甘奈「……」

甘奈(甘奈も、もう一回怪獣になろうかな……)

甜花「なーちゃん……ここにいた……」

甘奈「あ、甜花ちゃんごめんね! 一緒にケーキ食べる約束してたのに」

甘奈「行こっか。美味しい紅茶も淹れないとね☆」

甜花「うん……」

甘奈(怪獣になるための動機を作らなきゃ。難しいなぁ)

甘奈(怪獣じゃなくて別のもので攻めてみるのも……うーん……)


おわり


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:38:22.68 ID:Qe96wmYH0

おまけその2


甘奈「がぶがぶ! がぶがぶがぶ!」コチョコチョ

P「あ、甘奈! やめっ、あはははっ!」


恋鐘「……」ジー

――――

恋鐘(プロデューサーはああいうのが好きなんやね)

恋鐘(よーし……!)

恋鐘「がおーーー! 怪獣こがたんだぞーーー!」

恋鐘「好物はプロデューサーばーい! がおーーー!」

結華「こがたーん、借りてたタオル返しに…」ガチャ

恋鐘「プロデューサーを食べさせろー! がおー!」

結華「……」

恋鐘「はっ!? ゆ、結華」

結華「タオル、ここに置いとくね」スッ

恋鐘「えっと……結華? 今んは事情があって…」

結華「大丈夫、分かってるよ」ニコッ

恋鐘「その優しすぎる目、絶対分かっとらん!! 勘違いしとー!!」

結華「大丈夫大丈夫。こがたんのことなら何だって理解してるもん」

恋鐘「……本当?」

結華「一緒に厳しいレッスンを耐え、ステージに上がってきた仲でしょ?」フフ

恋鐘「……」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:39:02.05 ID:Qe96wmYH0

結華「当ててみせようか。ずばり、プロデューサー絡み!」

恋鐘「!!」

恋鐘「ゆ、結華……正解ばい!」

結華「だから言ったじゃん」アハハ

恋鐘「すっかり疑っとった、ごめん」エヘヘ

結華「じゃ、さっきも言ったけどタオル置いとくね」

恋鐘「うん!」

パタン

結華『みんな大変ー! こがたんがプロデューサーを求めすぎておかしくなったー!』

恋鐘「結華!?」ガーン

恋鐘「やっぱり分かっとらんかった!! 誤解やって結華ーーー!!」スタタタッ


おわり


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:39:41.48 ID:Qe96wmYH0

ふと思い立って書きました

読んでくださった方、ありがとうございます





『シャイニーカラーズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿