TOP > アイドルマスター > P「皆……許してくれ」

P「皆……許してくれ」


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 14:39:56.28 ID:W6E+eIqZ0

春香「………チッ」

千早「…………………」

雪歩「………」ケータイトリダシポパピプペ

真「うわっ!?誰だよ、事務所にこんな大きなゴミ置いたのは!邪魔だなぁ」

やよい「うぅー…邪魔だからお掃除したいけど、近づきたくないですー……」

伊織「やよい!ダメよ、あんなのに触っちゃ!」

亜美「真美→、あれ邪魔だから捨てて来てYO!」

真美「ヤだYO→!亜美が捨てて来れば良いじゃん!」

響「うぎゃー!!しかも臭くてたまんないぞ!!!」

貴音「なんと汚らわしい…!」

美希「むぅー…あのゴミから耳障りな音がして、全然眠れないの………」

あずさ「律子さん、ここのゴミの日っていつだったかしらー?」

律子「それが明日なんですよ…はぁ………」

小鳥「困りましたね………」

P「………頼む」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 14:48:11.82 ID:W6E+eIqZ0

社長「あの事件から、もう1週間か………」




P「…………………………」





社長「未だに『アイドルマスター ワンフォーオール』を買っていないだけでも、許されない事だというのに………」





P「…………………………」





社長「よりにもよって………―――」

























社長「よりにもよって、『ラブ○イブ』のBlu-ray全巻購入とは、どういうつもりなんだねっっっ!?キミはっっっっ!!!!!」






P「……………申し訳ありません」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 15:02:10.04 ID:W6E+eIqZ0

社長「何故なんだね?何故、こんな事を………」


P「この前、T○UTAYAに行って借りて見てみたら、思いの外オモシロくて、つい………」



社長「なのに、『ワンフォーオール』は?」



P「………まだ買ってません」



社長「はぁ…………キミには失望したよ」



P「……………」



社長「もう二度と、あの子達には近づかないでくれたまえ」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 15:28:01.73 ID:W6E+eIqZ0

春香「あーぁ、早く新しいプロデューサーさん来ないかなー」

千早「本当よね、律子1人で13人を管理するだなんて………」

雪歩「あ、もしもしお父さん?ちょっと事務所に、腕のたつ人を何人か寄越して欲しいんだけど…うん…そう…お願い」

真「今度こそ、ボクを可愛い
お姫様にしてくれる、素敵な王子様が来ないかなー」

やよい「うぅー…律子さん、とっても忙しくて大変そうですー……」

伊織「本当よ!もし律子が倒れたりなんてしたら、私たち………っ」

亜美「りっちゃん、大丈夫…?」

真美「りっちゃん、無理しちゃダメだかんね…?」

響「完璧な自分が、なんでも助けてやるからな!」

貴音「律子嬢、あなたには、わたくし達がついております」

美希「律子…さん、ミキいっぱい迷惑かけちゃうかも知れないけど、頑張るから!これからもお願いね?」

あずさ「律子さん、困った時は何でも言って下さいね?」

律子「…っ……ありがとう、皆」

小鳥「これからも、皆で頑張っていきましょう!」





P「そんな……皆、待ってくれ!!!!」






ガチャッ ドタドタ!!


強面な人達「「「………」」」ゾロゾロ







P「皆、頼む!!もう一度だけ俺にチャンスを………!!待ってくれ、皆…………皆あああああぁぁぁーーーーー!!!!!」ズルズル


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 15:37:17.27 ID:W6E+eIqZ0


―――――

―――











P「―――………なんて夢を見てしまいまして」

社長「大丈夫かね?疲れているんじゃないかね?………それとも、何かやましい事でも…?今の話も……………」

P「まさか、そんな訳ないじゃないですか!」


























P「ちゃんと『アイドルマスター ワンフォーオール』買いましたよ」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 15:57:20.61 ID:W6E+eIqZ0

春香「プロデューサーさん!!!」ギュゥッ

千早「プロデューサー、これからも私達の事を支えていて下さい」

雪歩「うぅ…こんなひんそーでひんにゅーでちんちくりんな私ですけど、お願いしますぅ」

真「プロデューサー!早くボクの事、可愛いお姫様にして下さいねっ」

やよい「うっうー!嬉しいですー!!」

伊織「これからも、私達の傍にいられるなんて感謝しなさいよねっ!にひひっ♪」

亜美「これからも頼むよ、兄ちゃん!」

真美「兄ちゃん、これからもお願いね!」

響「自分、頑張るからな!」

貴音「信じておりますよ、あなた様」

美希「ハニー!ミキ達の事、これからももーっとキラキラさせてね!アハッ☆」

あずさ「うふふ…プロデューサーさん、私達が迷子にならない様に、しっかり見ていて下さいねー」

律子「私も負けませんよ、プロデューサー殿!これからもお願いしますね!」

小鳥「これからも、一緒に頑張っていきましょう!」

P「ああ!当たり前だろっ!だって――」

春香「私たち―――」




「「「「「 仲 間 だ も ん げ ! ! ! ! ! 」」」」」











35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 16:02:59.36 ID:W6E+eIqZ0

最後ぐらいハッピーエンドの方が良いよね

実際、俺はまだOFA買ってないけど、SSでぐらい良いよね

こんなネタで何回も書いてすまんね

HTML依頼出してくる

今まで読んでくれた方々、感謝です


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 16:29:54.31 ID:W6E+eIqZ0

あ、忘れてた

まだ完結させずに引っ張るか、バッドエンドにしようと思ってた時の別オチ

一応、貼っておく







―――――

―――











P「―――………なんて夢を見てしまいまして」

社長「大丈夫かね?疲れているんじゃないかね?………それとも、何かやましい事でも…?今の話も……………」

P「まさか、そんな訳ないじゃないですか!」









P「『ウェイクアップガールズ』見てるだけですよ」



社長「え?」

P「え?」





アイドル達「「「………」」」ポパピプペ


ガチャッ ドタドタ!

強面な人達「「「………」」」ゾロゾロ






P「……………え?」ズルズル






終わり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿