TOP > アイドルマスター > 千早「やったわ春香!!!」春香「な、何千早ちゃん?」

千早「やったわ春香!!!」春香「な、何千早ちゃん?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:16:05.97 ID:rK56UDEuo

※モバマス要素を含みます。
※清々しいまでの胸ネタ。



千早「私は!」

千早「私はついに勝ったのよ!!」

春香「あ、あのさ、嬉しいのは分かったからさ」

春香「落ち着いて、ね?」

春香「ほら、深呼吸深呼吸」

千早「スーーーーーーーーーーーッ」

千早「……………………」

春香「……」

千早「……………………」

春香「……」

千早「……………………」

春香「……」

千早「ハーーーーーーーーーー…………」

千早「……ありがとう春香、おかげで落ち着いたわ」キリッ

春香「相変わらずすごい肺活量だね」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:18:59.93 ID:rK56UDEuo

春香「それで、何があったの?」

千早「最近、シンデレラガールズプロで新人アイドルがデビューしたのは知ってるかしら?」

春香「あー、また新しくデビューしたんだ。何人いるんだろあそこのアイドル」

千早「200人超えも近いって話らしいわ」

春香「うわー、多いね!」

千早「それでいてアシスタント付きとはいえ、プロデューサー一人で仕事を全部回してるって話だから驚きよね」

春香「そうだよね! それ聞いた時は私もびっくりしちゃった」

千早「って!! 私が話したいことはこんなことじゃないの!」

春香「話題ズラしたの千早ちゃんだよね!?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:22:26.37 ID:rK56UDEuo

千早「その新人アイドルの一人が、この子よ」ペラッ

春香「えーっと、乙倉悠貴ちゃん?」

千早「そうよ」

春香「これホームページのプロフィールをプリントアウトしたやつだよね?」

千早「そうだけど、何か?」

春香「よく印刷できたね」

千早「……」

春香「……」

千早「……そこまで機械オンチじゃないわよ」

春香「そ、そうだよね、ごめんごめん」

千早「(学校の図書館で友人に手伝ってもらったことは黙っておきましょう)」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:26:56.30 ID:rK56UDEuo

千早「話を続けるわね」

千早「注目してもらいたいのが、この子の身長と」

千早「バ ス ト サ イ ズよ」

春香「強調しなくてもいいからね……どれどれ……」

春香「身長が164cmで、バストが……70!?」

千早「そう! そうなのよ春香!!」ズイッ

春香「うわっ!?」ビクッ

千早「その子は身長164cmでバストが70!」

千早「胸が70なのよ!!」

春香「そ、そんなに言わなくても分かったって」

春香「というか顔近いってば! ツバかかってる!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:25:41.20 ID:rK56UDEuo

千早「そして私は!」

千早「身長162cmのバスト72!」

千早「くっ……なんて言うのはもう終わりよ!」

千早「どういうことが分かるわね春香!?」

春香「えっと」

千早「そう! その子、乙倉悠貴さんは!」

春香「(口を挟む間が無かったんだけど)」

千早「私より背が高い上で私よりバストサイズが小さいの!」

千早「私より胸が小さいのよ!!」

千早「私の方が大きいのよ!!!」

春香「分かったから何度も言わないでってば!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:31:00.97 ID:rK56UDEuo

千早「ついに!」

千早「ついに私に春が来たのよ!!」

千早「もう壁だの板だのバキュラだのサスペンスドラマの最終シーンだのと!」

千早「散々イジられる時代は終わったのよ!!」



真美「それは違うよっ!」バァーン

亜美「残念ながらそんなことは無いのさっ!」ドォーン

千早「なっ!? 真美に亜美!?」

千早「いつからいたの!?」

春香「最初から私と一緒にいたよ」

真美「はるるんが作ってきたクッキー片手にダンジョンしてたんだよー」

春香「談笑、ね」

千早「なんで教えてくれないの!?」

春香「千早ちゃん気がついてなかったの!?」

亜美「そりゃもー千早お姉ちゃんがほか弁してたから目に入らなかったんだろうねー」

春香「熱弁、ね」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:34:11.05 ID:rK56UDEuo

千早「……まあいいわ、つまり最初からいたということね」

千早「すなわち、私の話を全部聞いた上で反論すると」

千早「そういうことなのかしら……?」

真美「そういうことなんだZE!」

亜美「さすが千早お姉ちゃん、理解が早いZE!」

千早「適当を抜かしてるのなら、タダじゃ置かないわよ……?」ゴゴゴ

春香「(なんか千早ちゃんが怖い)」

真美「まずはこの子、えーと悠貴ちゃんだっけ?」

亜美「このゆーちゃんの年齢を見てみるのだー!」

春香「えーと、13才!?」

春香「この身長で13才なんだ!?」

千早「……まさか?」

真美「そのまさかだよ!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:36:53.04 ID:rK56UDEuo

真美「ゆーちゃんはまだまだ成長期!」

亜美「これからお胸が大きくなってせくちーになる可能性が十二分にあるっ!」

春香「そっか、13才ならまだ成長するよね」

春香「ということは、将来的に同じ事務所のきらりさんみたいになるのかな……」

千早「……甘いわ」

亜美「ん?」

千早「正直な話、そう言われるのは予想していたわ」

千早「だけど!」

千早「あくまでそれは可能性の話!」

千早「その子の胸が大きくなる保証なんてあるのかしら!」

真美「……高槻やよい」

千早「……っ!?」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:39:43.68 ID:rK56UDEuo

真美「そう、やよいっちさ」

亜美「やよいっちは一年前までは千早お姉ちゃんと同じ胸だった」

真美「しかし! やよいっちはこの一年間で胸が大きくなったのだー!」

亜美「具体的には72から74だね!」

千早「くっ」

春香「やよいって、一年前は13才……あっ!」

真美「そういうことだ! 千早お姉ちゃんが散々言ってるゆーちゃんも13才!」

亜美「一年後の14才になる頃には胸が大きくなってる可能性は激高なのだーっ!」ドバァーン

千早「ぐふぅーーっ!?」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:42:51.41 ID:rK56UDEuo

千早「……ふ、ふふふ」

千早「確かにその子は成長して胸が大きくなる可能性が高いということは分かったわ……」

千早「だけどそれは一年後の話!」

千早「一年あれば私の胸だって成長するわ!」

千早「するはずよ!!」

真美「72言ってんの千早お姉ちゃん」

亜美「一年前から成長してないじゃん」

春香「わわっ、ちょっと二人共、本人の前であっさり言っちゃ……あ」

千早「……………………」

千早「……………………」

春香「……千早、ちゃん?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:47:01.24 ID:rK56UDEuo

千早「……………………」

真美「返事が無い、ただの壁のようだ」

亜美「まな板にしようZE!」

千早「……………………」

亜美「……マジでハンノーが無いよ?」

千早「……………………」



千早「FUUUUUUUGYAAAAAAAAAAAA!!!」

春香「うわあ!?」

真美「千早お姉ちゃんが壊れた!?」

千早「VUUUUUOOOOOOOOOOOOOO!!」ガンガン

春香「わわわ! 壁に頭を打ち付けてる! やめて千早ちゃん!」

亜美「自傷行為もイイトコだね!」

真美「んん? どんな意味なのかなー?」

春香「ちょっと! 二人共手伝ってよ!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:51:16.84 ID:rK56UDEuo





千早「……」

春香「やっと落ち着いた……」

真美「千早お姉ちゃんってケッコー石頭だったんだね」

亜美「壁がヒビ割れるどころかクレーターが出来てるもんね」

春香「それでも伊織には負けるんじゃないかな」

真美「ぶふっ! 笑わせないでよはるるーん」

千早「……」

千早「決めたわ」

春香「え?」

千早「私が小さいというのならば」

千早「いっそ私が基準になればいいのよ」

春香「千早ちゃん? よく分からないけど、話が飛躍してる気がするよ?」

千早「冗談よ、流石に」

春香「そ、そうだよね」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:54:14.31 ID:rK56UDEuo






真美「次の日から……千早お姉ちゃんは事務所に来なくなった……」

亜美「その頃と同時に、うちのあずささんやCGプロの及川雫さんなど」

亜美「キョニューなアイドルが次々と姿を消していった……」

真美「果たしてこれは、千早お姉ちゃんの失踪と関連があるのか」

真美「真相は彼女本人と被害者しか知らない……」



春香「そーんな大層な話は無いからね?」

春香「昨日のアレで頭蓋骨骨折してたらしいから入院したってだけだからね?」

千早「皆、お見舞いありがとう」

千早「ところで春香、聞きたいことがあるんだけど」

春香「何かな?」

千早「病院食って胸にいいのかしら?」

春香「知るかよそんなこと」



おしまい


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 14:55:16.01 ID:rK56UDEuo

ちーちゃんが胸でイジられなくなる日はアイマスコンテンツが衰退するまで来ないと思ってる。

見てくれた人ありがとう、正直すまんかった


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 15:58:32.92 ID:i0o+SMnyo


ちーちゃんはそのままでええんやで





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿